ファミリーマート 早期 退職。 ファミマ、早期退職制度で1025人退職 割増金150億円を費用計上へ

ファミリーマートの早期退職は何を間違えたのか|キャリアフルコース【公式】|note

ファミリーマート 早期 退職

かいつまんだところで概要から紐解いていこう。 ファミリーマート早期退職の概要 2019年11月、ファミリーマートは人員削減計画を発表します。 本部社員の約1割にあたる800人の「希望退職」を実施することを内外に発表したのです。 条件は勤続3年以上で、現場社員の場合40歳以上、本部社員の場合45歳以上の社員。 人件費が割高になる中高齢以上の社員を削減し、人件費の圧縮を目指したものであることが伺えます。 対象となるのは3,000人以上いるとされ、希望退職での退職が確定すれば最高で2,000万円の退職金と再就職支援を受けられるとのこと。 客観的に言えば、希望退職(早期退職)の制度としてはかなり条件面は良さそうに感じます。 応募殺到という悲劇 この条件での希望退職の実施に対して、1,500人以上が応募しているようです。 希望退職は応募に満たない場合も難しい対応を迫られますが、応募が殺到した場合も大変です。 筆者も1,500人規模のリストラ(希望退職や整理解雇)を経験しましたが、なかなか大変でした。 なぜ応募が殺到するのかと言えば、 「会社に愛着がないから」の一言に尽きます。 そして、会社側も経営難を盾に従業員に対してのリストラを実行している訳ですから、従業員への愛着がないことを自らの態度で示してしまいました。 本来、このようなリストラに移行する前に様々なステップを踏みます。 それこそ経費削減から役員報酬の減額。 経営管理体制の見直しなどなど・・・ これらのステップをどこまで行ったかは存じませんが、いきなり「希望退職の実施」という手段には出なかったと予測はできます。 恐らく、この段階で(あるいはそれ以前から)従業員と経営陣の関係性はこじれていたでしょう。 でなければ、募集人数の約2倍という数の応募件数にはなるとは考えにくいからです。 会社が従業員を守ろうとしない以上、従業員が会社に貢献する義理はありません。 会社に残って経営再建に協力するよりも、この条件で辞めた方が得。 そう思われてしまうような環境があったというのが一番の問題点でしょう。 グループ分けという事実が何を意味するか この状況下でファミリーマート側は従業員を4つのグループに分けていたとの情報も出回っています。 応募して欲しい人材と引き留めたい人材を細かく分類していたようです。 こうなれば会社への不信感は一気に加速。 本来退職を検討していなかった層も応募するという環境になるのは火を見るよりも明らかです。 さらに、希望退職に応募しても「適用否認」されることがアナウンスされます。 「適用否認」された場合、退職金や転職支援サービスは受けられません。 それでも辞めたいならどうぞということになりますが、ことここに来ては不信感を増幅させるだけの措置でしかありません。 もちろん、「希望退職」という制度ですので会社側は引き留めることもできますし適用否認が違法性を持つということではありません。 グループ分けそのものが問題という訳でもありません。 しかしながら、これから会社を立て直すという段階で経営陣と従業員に深い溝が生じるのはマイナスでしかありません。 リストラは人件費の削減という意味ではない 人件費というのは企業経営にとって大きな負担となるのはわかります。 経営を立て直す上でコストを削減していくのも定石です。 しかし、『人材』は「人件費」というコストを生み出すためのものではありません。 人には無限の可能性があります。 早期退職や整理解雇で失われた人材は今後会社にとって価値を生み出してくれることはありません。 その可能性を自ら捨てる前に取るべき施策は何もなかったのでしょうか? 先ほども述べた通り、早期退職を実施する以前から様々な形で何らかの手を打っていたことと推察はいたします。 しかし、それが現場の心を動かすほどの効果はなかったのでしょう。 今回のリストラで一時的に状況が改善されたとしても、それは「大幅なマイナスの可能性が消えた」ことに過ぎません。 セブンイレブンやローソンといったライバルに対してどのようなポジショニングで勝ちにいくのか。 ファミリーマートというブランドの価値を向上させるためにどのような手段があるのか。 真剣に策を実施していかなければ、今後追加でのリストラ策が出てくるだけでしょう。 リストラという言葉を「人件費の削減」程度に捉えているだけでは何も解決しません。 リストラクチャリング。 つまるところ「経営再建」をどれだけ実行していけるかという部分があまりにも希薄なまま「人件費」だけを攻撃目標にしているようにしか見えません。 本気で経営再建を目指しているのならば、 早期退職に応募殺到などという悲劇は生じていなかったと思います。 これからの課題 今回の希望退職によって明らかになったのは「経営陣と従業員の相互不信感が増した」ということくらいでしょう。 今後早期退職が実施されたとして、残った従業員がどのくらいのパフォーマンスを発揮するかは完全に未知数となってしまいました。 また、応募しておきながら会社に結果的に残った従業員たちに対して会社側も不信感を抱くでしょう。 事実、ダイヤモンドオンラインの記事中には 「早期退職制度に応募した社員は忠誠心が低い奴らだ。 降格を覚悟してもらう!」というセリフも出てきます。 本来望ましいのは、「早期退職は実施したけれども、残された人たちで『経営再建』を成し遂げよう!」という形で会社がまとまることです。 この状況下では、恐らくそれは難しいでしょう。 早期退職を実施する前段階、実施中、実施後それぞれのフェーズで不信感が増大するように仕向けているようにしか思えません。 しかしながら、現状ではとにかく「早期退職の完遂」がスタート地点です。 そして、着実に経営再建策を実施していく。 ファミリーマートが再浮上するにはそれしかありません。 そのためにも、今回生じた「不信感」をどのように払拭するかというのは大変重要な課題となってしまいました。 このままでセブンイレブンやローソンに対抗するのは難しいでしょう。 一致団結、スクラム体制こそが目指すべき姿ですがそのために越えなければいけない精神的なハードルは非常に高いものになってしまったのが残念なところ。 大きな疑問として、 なぜ社内情報がマスメディアにリークされているのかというのもあります。 これも従業員側の不信感の現われでしょう。 本格的な再建を行うための代償としてはあまりにも大きなものを払わされている気がします。 増して、深夜営業の見直しやフランチャイズ契約のあり方などでコンビニチェーンは世間的な風当たりが厳しい時代です。 従業員までも敵に回した形でリストラを実施することになってしまったのは、大きな痛手となるのではないでしょうか。 今後のファミリーマートの動向はどうなるか、非常に気がかりです。

次の

ファミリーマートの早期退職に応募殺到、リストラ資料が明かす大混乱の裏側

ファミリーマート 早期 退職

希望退職者募集の衝撃 が2019年11月に人員削減計画 800人 を発表した時には驚いたのですが、更に驚くことが起きました。 対象は以下の通りです。 勤続年数3年以上• 本部社員:45歳以上 現場社員:40歳以上 希望退職に応募すると以下のことが受けられます。 最高2000万円の早期退職金• 再就職支援 上記に該当する社員は約3000人だということです。 希望退職に応募が殺到? の仕事始めである2020年1月6日に社長が年頭のあいさつで、以下のことを話したそうです。 会社が、貴方に何をしてくれるのか?ではなく、貴方が会社に何をできるか考えて欲しい。 昨年の11月に人員削減を発表し年頭で、この言葉を聞かされれば、人員削減の対象社員は、「会社のために辞めろ」と言われていると感じるのも当然です。 それも仕事始めの日に言われたのでは、精神的にもショックを受けたことでしょう。 更に追い打ちは続きます。 2020年1月に創業から関わってきた副社長・役員を人事で異動させたのです。 現在、ファミリマートはの子会社です。 このため、出身者で役員を固めたかったのでしょう。 年頭の社長あいさつ、1月の役員人事もあり、希望退職者に応募しようか迷っていた社員が一斉に応募したことで募集人数の800人を遥かに超えて、1月時点で1500人程度の応募があったそうです。 実は、会社側では、希望退職の対象社員を以下のようにグループ分けして、辞めて欲しい社員の優先順位が決まっていたようです。 グループA:面談で慰留を行う• グループB:面談で会社への貢献意思を確認し決定• グループC:面談で応募を勧める 2002年頃だったと思いますが、自分が勤めていた会社でもリストラがありました。 経営層からの指示です。 指示された人に話を聞いたのですが、辞めて欲しいと伝えると泣き出す社員もいたそうです。 それでも心を鬼にして「あなたは会社に何をしてくれましたか?」「あなたの代わりはいくらでもいます」等と追い打ちをかけたそうです。 まさに、今回ファミマの社長が年頭の挨拶で社員に発した言葉です。 指示された方も結果を出さないと明日は我が身です。 何の恨みもない人に辞めて欲しいと伝えないといけない。 辞めて欲しいと言われる方も辛いですが、伝える方も辛いと思います。 個人的には辞めて欲しいと伝える側より、辞めて欲しいと言われる側の方がましだと思います。 想定外だった応募殺到 ファミリーマーとしては想定外の結果です。 経営陣は、こんなはずではなかった・・・と思ったことでしょう。 1500人も辞められてしまっては逆に業務に支障が出ます。 経営陣は、急遽、希望退職の募集期間を短縮すると共に、応募しても「適用否認」と判断する場合があると社員に伝えました。 適用否認された場合は、辞めても早期退職金2000万円は支払わないというのです。 こんな会社の対応に社員は不安を感じたはずです。 そして、の店舗についても不安要因があります。 はと統合したことで、同じエリア内にが複数店舗あるという状態にあります。 先日、「いきなりステーキ」が同店舗による顧客の取り合いが発生したことで多数の店舗を閉店にしています。 の店舗は個人経営のため簡単には閉店というわけにはいきません。 このような状況なので加盟店舗が店を閉めていけば店舗数が減少します。 これを補うために、店舗再生本部を新設し加盟店が店を閉めた場合に、本部が店を引き取り直営店として運営するというのです。 この店舗再生本部に副社長をはじめとする創業当初からの役員達が異動させられたのです。 商社が小売業へ このようなことが起きている原因は、コンビニと商社の関係が強くなったからでしょう。 といえば総合商社です。 商社は本来小売業には手を出さないものでした。 そして商社は資源・エネルギーがビジネスの柱だったはずです。 中国の成長期は金属・燃料の需要が多く高値で売れていましたが、現在は安定してきたこともあり、需要が減り価格も急落しています。 そんな中、目をつけたのがコンビニです。 コンビニで扱う食品・弁当などのプラスチック容器の原材料の調達、そして物流は総合商社の得意分野です。 安くれて競争力を強化することもできます。 勿論、海外展開も総合商社の得意とするところです。 はを子会社化、はローソンを子会社化します。 最初は、商社側が現場サイドに余計な口出しをすることはなかったのかもしれませんが、徐々に商社業の方が不調だとコンビニを利用しようと考えても不思議はありません。 の事例だと、が扱っている高値のコーヒー豆をれないといけない状況となり、コーヒーマシーンに投資をすることになりました。 店舗コーヒーに関しては、ローソンが先行していますので、後追いのは不利です。 実際、、ローソンではコーヒーマシーンを利用する姿をよく見ますが、は、それほど多くないように感じます。 コーヒーが飲みたければ、ではなく、、ローソンに行くということなのでしょう。 親会社が子会社の足を引っ張るような経営が続けば、経営不振になるのは当然です。 その結果、リストラを発表し社員の不安をあおる。 不安になった優秀な社員は転職を考え、優秀な社員が抜けていくことになります。 今回のの希望退職についても、残って欲しかった社員が抜けて、出ていって欲しかった社員が残るという結果にならないとも限りません。 早期退職を希望する人の心理 しかし、近年、40代を過ぎて会社での仕事を失ってしまうケースが増えているように思います。 会社から自分が必要とされていないと感じながら毎日、会社に行くことは苦痛だと思います。 そんな時に、条件の良い早期退職の募集があれば応募したくなる気持ちもわかります。 しかし仮に45歳で退職して、この先、どうするのでしょうか?優秀な人であれば、転職先はあるでしょうし退職金を元手に起業ということも、できます。 しかし、会社から辞めて欲しいと思われている方の場合は、どうするのでしょう?転職も起業も厳しいのではないかと思います。 現在、人不足だと騒がれているので退職しても職は見つかるだろうという考えもあるでしょう。 しかしが、人手不足だと騒がれている業種であるコンビニなのです。 人手不足であるが人の人員削減だというのはどういうことなでしょうか? 人手不足のコンビニが、なぜ早期希望退職者を募集したのか? の人手不足は店舗であり本部ではありません。 本部に関しては、親会社である、旧の社員もいるので間接人員としては過剰になっているはずです。 人手不足なのは店舗であり、本部が過剰になっているということです。 店舗再生本部を立ち上げて本部の余剰人員を直営店舗に送り込むということも視野に入っているのでしょう。 人手不足の多くは 、現場であり、間接人員ではないのです。 間接人員が必要なのは、中小企業です。 しかし大企業と比較すると給与面での格差が大きいので、転職する側とすれば、足りない分を補填するものが必要になります。 これが早期退職者の特典ともいえる優遇された退職金ということになります。 中小企業側とすれば大企業出身者なので優秀な人だと思うはずです。 そんな人が安い賃金で来てくれるなら大喜びです。 こういう流れが今は出来上がっているのかと思います。 に続きもブラックな面が見えてきたのでコンビニ業界は怖いイメージです。 三大コンビニの内の2社がブラックだと残りのローソンも、もしかして?って思ってしまいます。 コンビニが今後、どうなっていくのか注目です。 seege.

次の

【終身雇用の崩壊】ファミリーマートの早期退職に1500名の応募殺到!エグい実態を解説

ファミリーマート 早期 退職

2019年の年間では早期退職を募る企業は前年との比較で3倍、人数も3倍に増加 なるほどと思える記事がありました。 <入社後の5年~10年は教育期間> ・すでにこの期間で出世競争は始まっているが、能力的な差はまだ小さく報酬も大きくは変わらない。 <30歳代~40歳代> ・出世競争激化時期で、会社への貢献度に対してで報酬と昇進で差がでる。 同赤枠部に気になる文言があります。 『途中で脱落しても敗者復活の道も残され、…』の部分。 私が思うには、会社すでに30歳代 40歳になる前 で勝ち組と負け組の判断をしているのです。 企業が早期退職者を募集する前年対比は、 出展:日本経済新聞社 2019年1月~9月の段階で、早期退職対象の企業数と人数は2018年の年間に対して共に2. 5倍で、2019年の年間では共に3倍になると思われます。 青下線の業績が好調な企業とは、2020年のオリンピック・パラリンピックに携わる企業、なかでもに建設業はかなり好調です。 ダイドー、味の素、ファミリーマートの早期退職者の対象条件と理由 飲料業界で有名な、ダイドーグループホールディングスの場合 出展:日本経済新聞社 自動販売機が不調とのことですが、確かにそれは実感します。 自動販売機自体の多さと自動販売機によって飲料の価格にも差があり、安価な商品も多くあります。 設置の競争と、設置してからの価格の競争で業績が悪化するのも理解できます。 早期退職者の対象は、ダイドードリンコが53歳以上、ダイドービバレッジは55歳以上が対象と書かれています。 退職金とプラスで早期退職金をもらっても、この先仕事をしないで生活ができるとは思えません。 そして、53歳という年齢では、ヘッドハントや人脈等のコネでの就職でない限りかなり厳しいです。 食品業界で有名な、味の素の場合 出展:日本経済新聞社 早期退職の対象は50歳以上の管理職で、対象者800人中、100人程度を募集。 対象者の評価はすでに行っていて、企業側としては優秀な人材は手放したくないです。 本音の対象者は評価の低い、企業側からみて退職をさせたい管理職となっているのでしょう。 やはりというか、対象者の年齢は50歳以上になっています。 コンビニ業界2位、ファミリーマートの場合 出展:日本経済新聞社 原則40歳以上とはビックリです。 40歳代といえば今まで得た知識や経験で会社に貢献する年代ですから。 そして、何よりも一番働き盛りの年代でもあります。 ファミリーマートは統合を繰り返す体力があるので、元気な企業と思ってました。 しかし、その統合が要因でもあったのですね。 私はここで不必要になってしまい、経営者から強烈なパワハラを受けて退職に追い込まれました。 上司やまわりの人の態度の変化なども兆候かもしれませんから注意が必要です。 今の時代、「生涯雇用」を前提にしている企業、そして雇用される側の立場ではどのくらい存在するのでしょうか。 もちろん数はどうであれ、この古い時代の日本的な考え方「生涯雇用」を前提とする企業も存在するはずです。 昔風でいうと、「古き良き時代」の会社です。 現在は、毎日時間に追われて仕事をして、仕方なく時間外労働をしての過労死。 逆に言えば、そこまでやって仕事をこなさないと会社や上司の評価を得られないという不安が生じるからでしょう。 もっと悪質なのは、上司からのパワハラです。 自分の思った通りに仕事が進行していないと、部下に対して怒号や暴力で威圧する行為。 『ブラック企業』という言葉さえできてしまいました。 強烈なパワハラを受けて50歳で退職に追い込まれた、私から… やはり50歳というのが、サラリーマンにとって一つの分岐点になると確信しています。 私自身は、次の職を決める前に経営者と上司の強烈なパワハラで退職をしてしまいました。 先にも書きましたが、50歳に近づくと上司の監視、評価が始まります。 そして年齢に達した時点で会社に残すか、去ってもらうかの判断がされます。 自分は大丈夫とか、上司に変化はみられないなどと安易には思わないことです。 私が体験したこととしては、1年くらい前から会社にいてもなんらかの『違和感』を感じるときがありました。 毎日ではないことが、それがパワハラの小さな始まりだとは気づかなかったのです。 いつ、どのタイミングでそのときが来るかはわからないので、スムーズに対処できる準備をしておくことをが大切です。

次の