お腹 が ゴロゴロ なる。 お腹が鳴る原因はコレ!食後なのに鳴るのはなぜ??

お腹がゴロゴロ鳴る原因と対策 & おうちでできる簡単ケア

お腹 が ゴロゴロ なる

季節の変わり目は人間にとっても体調を崩しやすい季節ですが、うさぎにとっても体調を崩しやすい季節です。 季節の変わり目でうさぎが調子悪くてうっ滞になったので、そのときの症状、様子・対応した方法は以下となります。 もし、飼っているうさぎが同じようなことが起きた際の参考にしていただければと思います。 症状 先日、いつものようにうさぎの朝食をあげようと準備して、 うさぎに与えたところ、いつも、嬉しそうに走り回って喜んで食べるのですが、 今回は、匂いを嗅いだだけでたべようとしませんでした。 「あれ、おかしいな、どうしたのかな」と思い、食べたい気分ではないのかなと考え、そんなときもあるよねって思い、 うさぎが大好物なオーツヘイをだしてみたのですが、 これも全く食べず、じゃあ、ずっと好きでいるペレットをあげてみたけど、ペレットにも興味を持たないでいました。 ただ、じっとしているのではなく、動き回っているので、うっ滞ではないのかなと思い、お腹を触ってみたら、 固くて、これはやばいと、どうしようかと必死に考えました。 ゴロンの仕方もお腹がきになるのか、変なたいせいのごろんの仕方をして、 イライラしているのか、すぐ起き上がってほりほりし、また、ごろんして、また起き上がってほりほりするの繰り返しをしてた。 それからもちろん便秘で全然糞をしなくなりました。 対処方法 どうしてもいかなくてはいけない用事があり動物病院にはいけず、その際にとった対応は以下となります。 お腹をマッサージする お腹を触らせてくれるのでしたら、まずは、お腹をマッサージしてあげるといいです。 ただ、マッサージする際にきつくほぐすのではなく、やさしくマッサージしてあげて中につまっているものをほぐすイメージでマッサージをしてあげるといいかもしれません。 背中をマッサージする なぜ、うさぎの背中をマッサージするのと思うかもしれませんが、うさぎのツボは、背中に集中しているらしくそこをマッサージして、つぼをしげきしてあげるといいみたい• お腹を温めてあげる これも、お腹を触らせてくれるようだったら、手でもホカロンでもいいので、あっためてあげて、うさぎの胃腸を活性化させるといいです。 上記は、あくまでも、暫定処置となります。 今回はこれらを1〜2時間ぐらいやっていたら、うさぎのお腹がキュルキュルと大きめな音で鳴り出しました。 最初は、大丈夫かと心配になりましたが、 しばらくすると便秘が治り、排便をするようになって、もう大丈夫かなとでかけて、夜帰ってきたら、朝たべなかったものがきれいなくなっていて、完璧に復調しました。 うさぎのお腹が鳴るのは、胃腸が動き出した証拠だったようです。 また、参考までですが、お腹の音がするときというのはうさぎさんの場合腸内にガスが多いときによく起きるそうです。 これは胃腸の運動能力が何らかの原因で悪くなったときに、腸内の食塊が発酵し、ガスが発生してこれが動くときにごろごろ音が鳴るという仕組みだそうです。 一番いいのは、やっぱり動物病院行くのがいいので、飼っているうさぎが少しでもおかしいと思いましたら、すぐに、お近くの動物病院に連れてって上げてください。 うさぎは弱い生き物なので、処置が遅れてしまうとすぐに亡くなってしまう場合もあります。

次の

お腹が鳴る8つの原因とは?病気の可能性も!

お腹 が ゴロゴロ なる

The most common way to say that your stomach is making noises because you are hungry is: My stomach is rumbling! To rumble is to make a low noise similar to thunder. This is a very common native phrase. Often when you want to express your embarrassment you can say: How embarrassing! That is an informal phrase which means this is really embarrassing! I hope that helps! "My stomach is rumbling, I'm so embarrassed" My stomach is rumbling explains that your stomach is making a noise. I'm so embarrassed explains that you are embarrassed about it. "Its so embarrassing, my tummy is making noises. " Its so embarrassing explains that you are embarrassed. "Tummy" also means stomach. We use the word "grumbling" to refer to the sound our stomach makes when we are hungry. You can also say something like "My grumbling stomach wants some food! " for example. "Starving" is not literally used in the second example. We use starving to exaggerate how hungry we are. Both of these examples would suffice if you would like to emphasize that you are hungry and embarrassed about the sound your stomach makes. Hope this helps!

次の

お腹がゴロゴロする原因

お腹 が ゴロゴロ なる

胃のぜん動運動 胃や腸などの消化器官では、食べたものを次の器官へ送り出すために筋肉の伸縮運動を行います。 これを ぜん動運動といいます。 胃に入ってきたものはぜん動運動により小腸へと送られています。 食べたものが小腸へ送られ、お腹が空くと、胃は次の消化に備えてぜん動運動を開始します。 この時、胃は空っぽの状態なので唾液などと一緒に入ってきた空気が動かされてぐるぐると音が出ます。 これが空腹時の音の原因です。 空腹時に鳴るのは病気ではありませんが、肝心な時に鳴ると緊張感がないと思われたり、恥ずかしい思いをしたりします。 どうしてもお腹の音を鳴らしたくない時はゆっくり消化される食事をとっておくと良いですよ。 朝は時間がないからと、軽くパンなどを一気に食べて終了という方はいませんか? パンは消化が早く、それ自体に空気を多く含んでいますので、空気と一緒に飲み込んでしまいお腹の音が鳴りやすくなります。 ごはんをよく噛んで落ち着いて食事をとると良いですね。 また、一時的にお腹の中を膨らませることで音が出ないようにするという方法もあります。 これはお腹に意識を集中してしまうので他のことに集中できなくなる場合があります。 これは、あくまでも緊急手段です。 呑気症(どんきしょう) 空腹時に胃のぜん動運動で音が鳴るのは仕方がないことですね。 空気を全く飲み込まないというのは難しいものです。 しかし、必要以上に空気を飲み込んでしまう 呑気症という症状があります。 これは 不安やストレスなどが原因で多量の空気を飲み込んでしまう症状です。 空気を飲み込むとその分お腹が鳴りやすいのです。 呑気症は、職場でのプレッシャーなどから不安や緊張が生じ、強いストレスを感じた時に無意識に起こってしまいます。 思い当たる方は少しでもストレスを軽減できるようにリラックスできる時間を作るようにしてみましょう。 下痢や吐き気を伴う場合 お腹がぐるぐるなる場合で、下痢や吐き気を伴うときは、胃腸系の病気の可能性も考えられます。 代表的な2つの原因について紹介しますので、ぜひ参考にしてみてください。 胃腸の機能低下 不安や緊張により強いストレスを感じると、自律神経のバランスが崩れ胃酸を過剰に分泌させてしまうことがあります。 胃酸を分泌させる際にはぐるぐると音が鳴りますが、空腹であればこの音はより大きく聞こえてしまうのです。 この場合、お腹の音も気になりますが、胃腸の機能低下により 下痢・嘔吐などの症状が現れることも多いので改善したいところです。 胃腸の機能を回復させるため、規則正しい食生活を心がけましょう。 過敏性腸症候群 お腹がぐるぐる鳴ると同時に、 胃の痛み・下痢・便秘などを伴う症状がある場合、 過敏性腸症候群の疑いがあります。 消化状態によって大腸では多少のガスが発生します。 便秘の方はこのガスが多く発生し、このガスが圧縮されることでぐるぐると音がします。 過敏性腸症候群は大腸カメラでの検査をしても異常が見られないため、ストレスなどによる心因性の原因で起こると言われています。 自身の環境の中で感じているストレスを少しでも軽減できるよう心がけましょう。 まとめ 空腹時にお腹がぐるぐる鳴るのは病気ではありませんが恥ずかしいですよね。 食事の仕方を工夫すると解決するかもしれませんので試してみましょう。 空腹が原因でない場合は心因性による場合がほとんどですので、お腹が鳴っても気にしないようにして、少しでも自身が感じているストレスを軽減できるようにしていきましょう。 どうしても気になる場合は心療内科などで相談してみると良いですね。 誰かに話すだけでも気持ちが楽になり、気にならなくなるかもしれません。

次の