は る どなり。 どなり X ナインティナインのオールナイトニッポン

JA板野郡「JAグリーン どなりマルシェ」|県内直売所一覧|JA徳島中央会

は る どなり

経歴 [ ] プロ入り前 [ ] に入学して間もなく、3年生からしか入部を認められていない久世少年野球部に、を持参して入部を願い、その熱心さにより入部を認められとして野球を始め、3年生から投手に転向した。 京都市立久世中学校では京都ライオンズでを始めて全国大会へ出場した。 にに入学し、1年からベンチ入りした。 、3年春の近畿大会では毎試合2桁奪三振を記録し優勝を果たす。 しかし夏の大会前に肩を痛め、その影響もあり京都大会準々決勝で敗れた (前身の京都商業から京都学園に校名変更してからは初のプロ野球選手である)。 、に進学し、2年春にベンチ入りした。 の全日本大学選手権でチームは準優勝に終わったが、1試合19奪三振の大会新記録を樹立し 、自責点0で最優秀防御率と特別賞を受賞した。 にも同大会で4強入り。 世界大学野球選手権の日本代表にも選出される。 同学年で同じ左腕である・とはライバル関係にあり、何度も熱戦を演じた。 金刃と投げ合った4年秋の9月30日の対立命館大学戦()では自身初のを達成した。 通算41試合に登板し22勝11敗、防御率1. 14、284奪三振。 3年春、4年春にリーグMVPとベストナインを獲得した。 11月21日のにおいて最大の目玉とされ、一時は以外の11球団が獲得に名乗りを挙げるほどの争奪戦の末、で福岡ソフトバンクホークスに入団した。 どっしりとした体形から「近大の江夏」と異名を取っていたため 、背番号は時代のと同じ 28となった。 ドラフト指名時には「トータルバランスの取れた投手が理想像」と語り、母校・京都学園の大先輩・の名が付くの獲得を目標に掲げた。 ソフトバンク時代 [ ] ソフトバンク時代(2014年10月2日 福岡ヤフオク! ドームにて) 、キャンプ前の1月26日新人合同自主トレ期間中の午後西戸崎室内合宿所内の階段で足を踏み外して右足をひねり、1月27日福岡市内の病院で検査を受けた結果、右足首第4中側骨の捻挫で全治一週間と診断された。 2月21日にはキャンプ中に腰を痛めて再び病院で精密検査を受け別メニュー調整となった。 6月2日に出場選手登録され6月9日にとのでプロ入り初先発し7回3失点 自責2 、2点ビハインドで降板した。 8回にのスリーランなど一挙4点と逆転し、広島のエースを相手にプロ入り初勝利を手にした。 9月は2連敗し、先発8試合2勝4敗、防御率5. 98と期待を裏切る形でシーズンを終えた。 、3月25日、開幕ローテーション5枚目に抜擢され本拠地で先発、右打者を9人並べたロッテ打線に対し3回と8回を除いて全て三者凡退に抑えるなど1失点でプロ初完投でシーズン初勝利を記録 、チームを2005年以来の開幕5連勝へと導いた。 またこの試合でプロ初二桁奪三振(12奪三振)で球団6人目となる毎回奪三振を達成。 3月中の毎回奪三振はプロ野球史上初の快挙だった。 続く4月2日の対戦でも先発し、初回にの先制スリーランホームランで3点を貰うと、日本ハム打線に二塁を踏ませない投球で2安打6奪三振でプロ初の完封勝利、前回登板から15イニング無失点、2試合連続の完投、凖本拠地であるでの初白星も手にした。 しかしその後の4月の試合は先発4連敗。 前日にはチームメイトで同じく投手のもソロ本塁打を打っており、パ・リーグの投手による2試合連続本塁打はのの・以来39年ぶりの記録となった。 投球では6回まで無失点と好投、7回に先頭から3連打となるのセンター前2点タイムリーにより118球で途中降板し、代わった、が1点差まで詰め寄られたもののチームトップタイの5勝目を記録、北九州でも連勝となった。 その試合も含め交流戦に入ってから4試合連続のと立て直し、交流戦5試合目の6月19日の対戦では5失点したものの打線の援護に恵まれ、交流戦5試合の先発で4勝0敗、防御率3. 06と活躍、球団初となる交流戦優勝へ貢献した。 その後順調に勝ち星を重ねチーム最多の11勝を挙げたが、8月31日に福岡市内の病院で精密検査を受け、左肘遊離軟骨による炎症が認められ、9月1日に出場選手登録を抹消された。 オフの10月21日に群馬県内の病院で左肘除去手術を受けた。 、開幕6枚目としてローテーションに入るも、先発8試合で防御率6. 39と振るわず、6月3日福岡市東区で自家用車を運転中に他の乗用車に接触され、同市内の病院で左手小指打撲と診断、出場選手登録を抹消された。 6月20日の対横浜戦で8回5点リードからプロ入り初の中継ぎ登板し、下位打線ながら1回を無失点2三振に抑えた。 次の6月30日から再び先発に戻ったが10先発で4勝5敗4. 30という成績だったため、肘の炎症から復帰したが代わりにローテーションに入り、大隣は9月8日から再び中継ぎへ、9月10日対千葉ロッテ戦で初の救援初黒星も記録した。 9月21日対千葉ロッテ戦で先発復帰し7回を無失点に抑え、との完封リレーで勝利した。 最終的に8勝でシーズンを終えた。 、開幕ローテーション2戦目の先発を勝ち取り、安定した投球を見せていたが打線の援護に恵まれず勝ち星につながることは少なかった。 黒星がこみ始めると調子を落とし、6月9日に1勝7敗となり二軍での再調整を命じられた。 その後は昇格、降格を繰り返し最終的に4勝9敗と負け越した。 では10月18日第5戦に先発5回を投げ3安打無四球7奪三振無失点で1点リードのまま降板した。 しかし後を継いだ投手が打たれたため勝ち投手になれなかった。 、自主トレ中の1月29日にインフルエンザに感染し てキャンプ合流が遅れ、春季キャンプ中の2月6日に父親が急性心不全で他界。 調整遅れで開幕は二軍で迎えた。 5月6日に一軍復帰しリリーフとして起用されるも4試合で防御率6. 00と結果を残せず5月30日に登録抹消された。 7月14日に再昇格して同日の対戦で8回を1安打無失点に抑えたが、前で次の登板機会が無いため7月15日に登録抹消された。 8月4日に一軍で先発予定だったが8月2日に体調不良に見舞われて昇格を断念、代役にはが選ばれオリックスを5回1失点に抑えた。 9月16日に一軍昇格すると先発で3連勝し9月を終えた。 では全試合ベンチ入りも出番が無かった。 11月10日に第5戦の先発をかけて行われた紅白戦でに敗れたため 、では第2戦から第6戦までベンチ入りしたが登板機会は無かった。 10月25日、には参加せず、のへの派遣が決まった。 オフには11月22日にタレントのとの結婚を発表し 、同日ドミニカ共和国へ向けて出国した。 ウィンターリーグでは11月26日から12月21日までの期間に5試合先発登板して23回を投げ、0勝2敗、防御率3. 52、WHIP1. 48の成績を残した。 、調整不足からの対オリックス戦で5回4失点 自責2 とアピールに失敗し 、開幕ローテ入りこそ逃したものの、、、の離脱などで開幕直後にローテの座をつかむと、4月12日の対日本ハム戦で9回を投げ3安打無四球11奪三振と4年ぶりの完封勝利を挙げた。 妻の勧めで2011年オフからメンタルトレーニングを導入した効果か 、初戦から10試合連続でクオリティ・スタート達成、7月8日の対日本ハム戦で勝利を皮切りに8月24日対千葉ロッテ戦まで自身初の7連勝を記録して、7月度の月間MVPを受賞。 以降シーズン終盤には0勝4敗と負けが続いたが、最終的に自身最多の12勝(5敗)を挙げ、防御率も自身最高の2. 03 リーグ4位 を記録、リーグトップタイの3完封、チーム最多の6完投 リーグ2位 もマーク、率88. は10月15日の第3戦に先発し、4回にのレフトフェンス直撃のタイムリーツーベースで2点の援護を貰い、裏にに左中間へソロホームランを許したものの、5回4安打1失点で1点リードのまま降板、無事クライマックスシリーズプロ入り初勝利を挙げ、チームのファイナルステージ進出を決めた。 オフの11月6日に、「」の日本代表が発表され 代表入りした。 11月16日の試合で、先発登板し強打のキューバから3奪三振を奪うなど2回無失点パーフェクトに抑えた。 12月4日に、日本代表候補選手34人が発表され 候補入りした。 、2月20日に第3回WBC日本代表選手28人が発表され 代表入りした。 この大会では、3月6日の対戦に先発し、2回まで6者連続凡退に抑えたが、3回先頭打者のに低めのスライダーを左中間中段に運ばれソロホームランで先制され、3回2安打無四球1失点で1点リードのまま降板し、敗戦投手となった。 では3月12日対戦に先発し、初回先頭打者のに投じた2球目を左中間への本塁打とされたが、続く、、を3者連続の空振り三振とすると、2回先頭打者のまで4者連続の空振り三振を奪った。 2回裏に大量8点の援護を得て、3回表は三者凡退に抑え、3回を投げ1安打1四球6奪三振1失点で勝利投手となり、チームは1位通過での決勝トーナメント進出を決めた。 ペナントレースでは開幕4戦目の4月2日対西武1回戦から先発ローテーション入りした。 5月3日にを訴え出場選手登録を抹消され 、5月23日に一軍に戻り、同日の対DeNA戦で腰の違和感を感じたが 、強行出場して6回4失点で敗戦。 5月31日の対広島戦でも先発し勝利投手となるが腰痛再発により6回途中で降板。 ここまで3勝3敗、防御率3. 38の成績を残していたが、6月1日に当季二度目の戦線離脱となった。 福岡市内病院での診察の結果、 と診断され、シーズン中の復帰は絶望的となった。 6月21日に東京都内の病院で手術を受けた。 10月22日、対ロッテ戦で144日ぶりに実戦復帰し、8回から2番手として登板し打者3人をわずか5球で三者凡退に抑えた。 、キャンプはB組でスタートし、2月15日からの首の張りで2月18日の紅白戦登板回避があったが 、3月20日シーズン3度目の実戦となる3軍の練習試合対戦に3番手として登板し、術後最長の4回を投げ6安打2失点という投球だった。 7月10日に一軍に合流し、7月11日に406日ぶり出場選手登録され 、7月13日のでの対日本ハム戦において8回4点ビハインドから中継ぎで408日ぶりの一軍登板を果たし、打者3人全て内野ゴロで三者凡退と1回を無失点に抑えた。 7月27日、対オリックス戦に先発し初回に1失点したものの、2回以降を無失点に抑え、7回を投げ3安打2四球1失点と好投し422日ぶりの勝利を果たした。 黄色靭帯骨化症から復帰して一軍で勝利をあげた初めての例となった。 9月16日の首位攻防対オリックスで先発登板し、味方の2失策がありながらも9回を4安打無失点に抑え2012年7月15日以来の完封勝利をあげた。 10月2日、両チームの優勝がかかったオリックス・バファローズとのシーズン最終戦に先発、2回にの犠牲フライで1点の援護を得ると6回まで4安打無四球7奪三振無失点と好投して1点リードで降板、代わったがに同点タイムリーヒットを打たれて勝ち投手の権利は消失したが、延長10回ののサヨナラ打により3年ぶりのリーグ優勝となった。 10月20日第6戦も先発し7回を投げ6安打1四球6奪三振の無失点に抑えて勝利投手となり進出に貢献した。 日本シリーズは10月28日第3戦に先発、初回にの先制タイムリーで援護を得ると、7回を投げ3安打1四球6奪三振の無失点に抑えてプロ入り初の日本シリーズ勝利投手となり、チームは勝ち越しの2勝目となった。 10月30日はベンチ裏の選手サロンで日本一決定の瞬間を迎えたが、監督、松田選手会長に続き胴上げされ5度宙に舞った。 、3月31日にで行われた開幕第4戦目の対戦において、被安打4、無失点の完封勝利で順調な開幕スタートを切り 、6月中旬までに、3完投、2完封で5勝を積み上げていたが、6月24日、左肘関節の炎症と診断され、離脱を余儀なくされる。 結局、一軍公式戦では、通算で11試合に登板。 54を記録した。 、7月10日の楽天戦に先発し、6回1失点で勝利投手となるが、一軍での登板はこの1試合のみに終わった。 では20試合に登板し、7勝7敗で防御率4. 34という成績を残した。 二軍でも22戦6勝4敗と勝ち越したが防御率は5. 20と振るわず 、11月5日に球団より戦力外通告が発表される。 12月2日付で、自由契約選手として公示された。 ソフトバンク退団後 [ ] 他球団での現役続行を希望していたことから、11月15日には()へ参加。 形式で4人の打者と対戦したところ、から二塁打を浴びながらも、残りの打者を2つの見逃し三振と三塁へのゴロに抑えた。 トライアウト後は、他球団からの獲得のオファーを待ちながら、母校の近畿大学で自主トレーニングに取り組んでいた。 後に、から、入団テストを兼ねての春季キャンプへの参加を打診。 合格へ至った。 ロッテ時代 [ ] 、2月16日付で、ロッテと正式に契約。 ソフトバンク時代のチームメイトで、2017年シーズンまでロッテに在籍していたから、背番号 55を引き継いだ。 移籍後の一軍初登板は5月2日の古巣のソフトバンク戦()の先発登板となったが、2回持たず7失点を喫し、即日二軍へ降格した。 そのまま一軍に再昇格することなく、9月25日に球団からシーズン限りでの現役引退が発表された。 10月3日、ヤフオク! ドームでの古巣ソフトバンク戦、先発で引退登板。 先頭に右前安打を打たれて降板、2番手のが2四球と一塁手の失策で上林が生還しそれが決勝点となり敗戦投手となった。 10月16日、球団から二軍投手コーチへの就任が発表された。 プロ入り当初は三振へのこだわりがあったが、力任せの投球から打たせて取るスタイルへとシフトしたことからスランプを脱しつつあったの話を聞いてからは変化球を低めに集めてゴロを打たせる投球を心掛けるようになった。 ソフトバンクのとは生年月日が同じである。 また、にはソフトバンク入団時にを考えてもらったことがある。 詳細情報 [ ] 年度別投手成績 [ ] 8 8 0 0 0 2 4 0 0. 333 196 43. 2 43 7 24 0 2 33 3 0 30 29 5. 98 1. 53 22 21 6 2 2 11 8 0 0. 579 621 155. 2 122 16 39 0 5 138 1 0 58 54 3. 12 1. 03 26 21 0 0 0 8 10 0 0. 444 565 129. 1 144 19 41 0 5 107 2 0 73 66 4. 59 1. 43 20 19 0 0 0 4 9 0 0. 308 482 110. 2 116 12 43 0 1 91 4 1 57 53 4. 31 1. 44 9 4 0 0 0 3 0 0 0 1. 000 133 34. 2 22 2 4 0 3 33 1 0 9 9 2. 34 0. 75 25 25 6 3 1 12 8 0 0. 600 705 177. 1 147 9 46 0 4 134 4 0 45 40 2. 03 1. 09 7 7 0 0 0 3 3 0 0. 500 179 42. 2 42 3 10 0 1 29 0 0 19 16 3. 38 1. 22 9 8 1 1 0 3 1 0 0. 750 204 55 34 2 14 0 2 45 0 0 11 10 1. 64 0. 87 11 11 3 2 1 5 4 0 0. 556 300 74. 1 62 9 15 0 6 35 1 0 25 21 2. 54 1. 04 1 1 0 0 0 1 0 0 0 1. 000 25 6. 0 4 0 2 0 2 4 0 0 1 1 1. 50 1. 00 1 1 0 0 0 0 1 0 0. 000 20 3. 2 9 3 1 0 0 1 0 0 6 6 14. 73 2. 73 2 2 0 0 0 0 2 0 0. 000 14 1. 2 8 2 0 0 0 0 0 0 8 7 37. 80 4. 80 通算:12年 141 128 16 8 4 52 50 0 0. 510 3444 834. 2 753 84 239 0 31 650 16 1 342 312 3. 36 1. 各年度の 太字はリーグ最高 WBCでの投手成績 [ ] 2 2 1 1 0 22 6. 0 3 2 1 0 0 7 0 0 2 2 3. 00 表彰 [ ]• :1回 (2012年7月) 記録 [ ] 投手記録• 初登板・初先発・初勝利:2007年6月9日、対4回戦()、7回3失点• 初奪三振:同上、1回裏にから空振り三振• 初完投勝利・毎回奪三振:2008年3月25日、対2回戦()、9回12奪三振1失点• 初完封勝利:2008年4月2日、対2回戦()• 初打席・初安打:2007年6月9日、対広島東洋カープ4回戦(広島市民球場)、2回表にから左前安打• 初本塁打・初打点:2008年5月29日、対2回戦(北九州市民球場)、2回表にから左越2ラン その他記録• 出場:1回 (2012年) 背番号 [ ]• 28 (2007年 - 2017年)• 55 (2018年)• 78 (2019年 - ) 登場曲 [ ]• 「My Way」• 「IT'S OK feat. 「ONE」AK-69(2012年)• 「SWAG WALK」AK-69(2013年)• 「START IT AGAIN」AK-69(2014年 - 2015年、2018年)• 「」(2016年 - 2017年) 代表歴 [ ]• 脚注 [ ] [] 注釈 [ ]• 日刊スポーツ. 2017年1月8日閲覧。 2006年11月23日 日刊スポーツ九州• 2006年11月22日 日刊スポーツ• 2007年1月28日• 2007年2月25日日刊スポーツ• 2007年4月29日日刊スポーツ• 2007年06月18日• 2007年6月26日日刊スポーツ• 2008年3月25日日刊スポーツ• 2008年9月9日 日刊スポーツ• 福岡ソフトバンクホークス オフィシャルサイト ニッカンニュース 2008年10月24日配信• 2009年6月4日スポニチ• 2011年1月30日スポーツ報• 2011年8月5日 日刊スポーツ• 2011年11月11日 日刊スポーツ• 2011年10月26日 日刊スポーツ• 2011年11月23日スポニチ• 2011年11月22日 日刊スポーツ• 2011年Aguilas Cibaenas成績• 2012年3月23日 日刊スポーツ• 2012年4月12日 日刊スポーツ• 2012年6月15日 日刊スポーツ• [ ] NPB公式サイト 2012年11月6日 2015年4月14日閲覧• NPB公式サイト 2012年11月6日 2015年4月14日閲覧• 2012年11月16日 日刊スポーツ• 日本野球機構 2012年12月4日 2015年4月3日閲覧• 日本野球機構 2012年12月4日 2015年4月3日閲覧• 日本野球機構オフィシャルサイト 2013年2月20日 2015年4月2日閲覧• [ ] WBC公式サイト 英語 2015年4月2日閲覧• 日本野球機構オフィシャルサイト 2013年2月20日 2015年4月2日閲覧• 2013年2月20日 日刊スポーツ• 2013年3月12日 日刊スポーツ• 2013年5月4日 日刊スポーツ• 2014年7月14日西日本スポーツ• 2013年6月1日 日刊スポーツ• 2013年6月14日. 2013年6月14日閲覧。 2013年6月21日 日刊スポーツ• 田尻耕太郎(ホークスオフィシャルメディア) 福岡ソフトバンクホークス・オフィシャルサイト. 2013年10月23日. 2013年10月24日閲覧。 2013年10月23日 日刊スポーツ• 2014年2月18日 日刊スポーツ• 2014年3月20日 日刊スポーツ• 2014年7月11日 日刊スポーツ• - 日刊スポーツ、2014年7月14日• - 日刊スポーツ、2014年7月28日• - 日刊スポーツ、2014年9月16日• 2014年10月31日スポーツナビ 田尻耕太郎コラム• オフィシャルサイト 2015年3月31日. 2017年11月23日閲覧。 2015年6月25日. 2017年11月23日閲覧。 2017年11月2日閲覧。 オフィシャルサイト 2017年11月5日. 2017年11月11日閲覧。 日本野球機構オフィシャルサイト 2017年12月4日閲覧。 2017年11月15日. 2017年11月30日閲覧。 2017年11月15日. 2017年12月29日閲覧。 スポーツ報知 2018年2月16日. 2018年2月16日閲覧。 THE PAGE(ザ・ページ) 2018年5月3日. 2018年9月25日閲覧。 千葉ロッテマリーンズ. 2018年9月25日. 2018年9月25日閲覧。 千葉ロッテマリーンズ• 『2015 プロ野球オール写真選手名鑑』日本スポーツ企画出版社、2015年、10頁。。 月刊ホークス増刊 2013福岡ソフトバンクホークスイヤーブック 2013年 04月号、ジャパンプリント、P32• 福岡ソフトバンクホークスパーフェクトガイド2012、ジャパンプリント、P42• 『2013 プロ野球オール写真選手名鑑』日本スポーツ企画出版社、2013年、141頁。。 福岡ソフトバンクホークス ドラフト1位のその後、2013年、P198、宝島社• 2009年11月20日 日刊スポーツ• オフィシャルサイト. 2017年6月3日閲覧。 関連項目 [ ]• 外部リンク [ ]• - NPB. jp 日本野球機構• 選手の各国通算成績 、• LOTTE55Ohtonari - 2018年2月23日~ 旧ユーザー名 hawks28ohtonari ~2018年2月22日.

次の

「どなり」の索引 1ページ目

は る どなり

経歴 [ ] プロ入り前 [ ] に入学して間もなく、3年生からしか入部を認められていない久世少年野球部に、を持参して入部を願い、その熱心さにより入部を認められとして野球を始め、3年生から投手に転向した。 京都市立久世中学校では京都ライオンズでを始めて全国大会へ出場した。 にに入学し、1年からベンチ入りした。 、3年春の近畿大会では毎試合2桁奪三振を記録し優勝を果たす。 しかし夏の大会前に肩を痛め、その影響もあり京都大会準々決勝で敗れた (前身の京都商業から京都学園に校名変更してからは初のプロ野球選手である)。 、に進学し、2年春にベンチ入りした。 の全日本大学選手権でチームは準優勝に終わったが、1試合19奪三振の大会新記録を樹立し 、自責点0で最優秀防御率と特別賞を受賞した。 にも同大会で4強入り。 世界大学野球選手権の日本代表にも選出される。 同学年で同じ左腕である・とはライバル関係にあり、何度も熱戦を演じた。 金刃と投げ合った4年秋の9月30日の対立命館大学戦()では自身初のを達成した。 通算41試合に登板し22勝11敗、防御率1. 14、284奪三振。 3年春、4年春にリーグMVPとベストナインを獲得した。 11月21日のにおいて最大の目玉とされ、一時は以外の11球団が獲得に名乗りを挙げるほどの争奪戦の末、で福岡ソフトバンクホークスに入団した。 どっしりとした体形から「近大の江夏」と異名を取っていたため 、背番号は時代のと同じ 28となった。 ドラフト指名時には「トータルバランスの取れた投手が理想像」と語り、母校・京都学園の大先輩・の名が付くの獲得を目標に掲げた。 ソフトバンク時代 [ ] ソフトバンク時代(2014年10月2日 福岡ヤフオク! ドームにて) 、キャンプ前の1月26日新人合同自主トレ期間中の午後西戸崎室内合宿所内の階段で足を踏み外して右足をひねり、1月27日福岡市内の病院で検査を受けた結果、右足首第4中側骨の捻挫で全治一週間と診断された。 2月21日にはキャンプ中に腰を痛めて再び病院で精密検査を受け別メニュー調整となった。 6月2日に出場選手登録され6月9日にとのでプロ入り初先発し7回3失点 自責2 、2点ビハインドで降板した。 8回にのスリーランなど一挙4点と逆転し、広島のエースを相手にプロ入り初勝利を手にした。 9月は2連敗し、先発8試合2勝4敗、防御率5. 98と期待を裏切る形でシーズンを終えた。 、3月25日、開幕ローテーション5枚目に抜擢され本拠地で先発、右打者を9人並べたロッテ打線に対し3回と8回を除いて全て三者凡退に抑えるなど1失点でプロ初完投でシーズン初勝利を記録 、チームを2005年以来の開幕5連勝へと導いた。 またこの試合でプロ初二桁奪三振(12奪三振)で球団6人目となる毎回奪三振を達成。 3月中の毎回奪三振はプロ野球史上初の快挙だった。 続く4月2日の対戦でも先発し、初回にの先制スリーランホームランで3点を貰うと、日本ハム打線に二塁を踏ませない投球で2安打6奪三振でプロ初の完封勝利、前回登板から15イニング無失点、2試合連続の完投、凖本拠地であるでの初白星も手にした。 しかしその後の4月の試合は先発4連敗。 前日にはチームメイトで同じく投手のもソロ本塁打を打っており、パ・リーグの投手による2試合連続本塁打はのの・以来39年ぶりの記録となった。 投球では6回まで無失点と好投、7回に先頭から3連打となるのセンター前2点タイムリーにより118球で途中降板し、代わった、が1点差まで詰め寄られたもののチームトップタイの5勝目を記録、北九州でも連勝となった。 その試合も含め交流戦に入ってから4試合連続のと立て直し、交流戦5試合目の6月19日の対戦では5失点したものの打線の援護に恵まれ、交流戦5試合の先発で4勝0敗、防御率3. 06と活躍、球団初となる交流戦優勝へ貢献した。 その後順調に勝ち星を重ねチーム最多の11勝を挙げたが、8月31日に福岡市内の病院で精密検査を受け、左肘遊離軟骨による炎症が認められ、9月1日に出場選手登録を抹消された。 オフの10月21日に群馬県内の病院で左肘除去手術を受けた。 、開幕6枚目としてローテーションに入るも、先発8試合で防御率6. 39と振るわず、6月3日福岡市東区で自家用車を運転中に他の乗用車に接触され、同市内の病院で左手小指打撲と診断、出場選手登録を抹消された。 6月20日の対横浜戦で8回5点リードからプロ入り初の中継ぎ登板し、下位打線ながら1回を無失点2三振に抑えた。 次の6月30日から再び先発に戻ったが10先発で4勝5敗4. 30という成績だったため、肘の炎症から復帰したが代わりにローテーションに入り、大隣は9月8日から再び中継ぎへ、9月10日対千葉ロッテ戦で初の救援初黒星も記録した。 9月21日対千葉ロッテ戦で先発復帰し7回を無失点に抑え、との完封リレーで勝利した。 最終的に8勝でシーズンを終えた。 、開幕ローテーション2戦目の先発を勝ち取り、安定した投球を見せていたが打線の援護に恵まれず勝ち星につながることは少なかった。 黒星がこみ始めると調子を落とし、6月9日に1勝7敗となり二軍での再調整を命じられた。 その後は昇格、降格を繰り返し最終的に4勝9敗と負け越した。 では10月18日第5戦に先発5回を投げ3安打無四球7奪三振無失点で1点リードのまま降板した。 しかし後を継いだ投手が打たれたため勝ち投手になれなかった。 、自主トレ中の1月29日にインフルエンザに感染し てキャンプ合流が遅れ、春季キャンプ中の2月6日に父親が急性心不全で他界。 調整遅れで開幕は二軍で迎えた。 5月6日に一軍復帰しリリーフとして起用されるも4試合で防御率6. 00と結果を残せず5月30日に登録抹消された。 7月14日に再昇格して同日の対戦で8回を1安打無失点に抑えたが、前で次の登板機会が無いため7月15日に登録抹消された。 8月4日に一軍で先発予定だったが8月2日に体調不良に見舞われて昇格を断念、代役にはが選ばれオリックスを5回1失点に抑えた。 9月16日に一軍昇格すると先発で3連勝し9月を終えた。 では全試合ベンチ入りも出番が無かった。 11月10日に第5戦の先発をかけて行われた紅白戦でに敗れたため 、では第2戦から第6戦までベンチ入りしたが登板機会は無かった。 10月25日、には参加せず、のへの派遣が決まった。 オフには11月22日にタレントのとの結婚を発表し 、同日ドミニカ共和国へ向けて出国した。 ウィンターリーグでは11月26日から12月21日までの期間に5試合先発登板して23回を投げ、0勝2敗、防御率3. 52、WHIP1. 48の成績を残した。 、調整不足からの対オリックス戦で5回4失点 自責2 とアピールに失敗し 、開幕ローテ入りこそ逃したものの、、、の離脱などで開幕直後にローテの座をつかむと、4月12日の対日本ハム戦で9回を投げ3安打無四球11奪三振と4年ぶりの完封勝利を挙げた。 妻の勧めで2011年オフからメンタルトレーニングを導入した効果か 、初戦から10試合連続でクオリティ・スタート達成、7月8日の対日本ハム戦で勝利を皮切りに8月24日対千葉ロッテ戦まで自身初の7連勝を記録して、7月度の月間MVPを受賞。 以降シーズン終盤には0勝4敗と負けが続いたが、最終的に自身最多の12勝(5敗)を挙げ、防御率も自身最高の2. 03 リーグ4位 を記録、リーグトップタイの3完封、チーム最多の6完投 リーグ2位 もマーク、率88. は10月15日の第3戦に先発し、4回にのレフトフェンス直撃のタイムリーツーベースで2点の援護を貰い、裏にに左中間へソロホームランを許したものの、5回4安打1失点で1点リードのまま降板、無事クライマックスシリーズプロ入り初勝利を挙げ、チームのファイナルステージ進出を決めた。 オフの11月6日に、「」の日本代表が発表され 代表入りした。 11月16日の試合で、先発登板し強打のキューバから3奪三振を奪うなど2回無失点パーフェクトに抑えた。 12月4日に、日本代表候補選手34人が発表され 候補入りした。 、2月20日に第3回WBC日本代表選手28人が発表され 代表入りした。 この大会では、3月6日の対戦に先発し、2回まで6者連続凡退に抑えたが、3回先頭打者のに低めのスライダーを左中間中段に運ばれソロホームランで先制され、3回2安打無四球1失点で1点リードのまま降板し、敗戦投手となった。 では3月12日対戦に先発し、初回先頭打者のに投じた2球目を左中間への本塁打とされたが、続く、、を3者連続の空振り三振とすると、2回先頭打者のまで4者連続の空振り三振を奪った。 2回裏に大量8点の援護を得て、3回表は三者凡退に抑え、3回を投げ1安打1四球6奪三振1失点で勝利投手となり、チームは1位通過での決勝トーナメント進出を決めた。 ペナントレースでは開幕4戦目の4月2日対西武1回戦から先発ローテーション入りした。 5月3日にを訴え出場選手登録を抹消され 、5月23日に一軍に戻り、同日の対DeNA戦で腰の違和感を感じたが 、強行出場して6回4失点で敗戦。 5月31日の対広島戦でも先発し勝利投手となるが腰痛再発により6回途中で降板。 ここまで3勝3敗、防御率3. 38の成績を残していたが、6月1日に当季二度目の戦線離脱となった。 福岡市内病院での診察の結果、 と診断され、シーズン中の復帰は絶望的となった。 6月21日に東京都内の病院で手術を受けた。 10月22日、対ロッテ戦で144日ぶりに実戦復帰し、8回から2番手として登板し打者3人をわずか5球で三者凡退に抑えた。 、キャンプはB組でスタートし、2月15日からの首の張りで2月18日の紅白戦登板回避があったが 、3月20日シーズン3度目の実戦となる3軍の練習試合対戦に3番手として登板し、術後最長の4回を投げ6安打2失点という投球だった。 7月10日に一軍に合流し、7月11日に406日ぶり出場選手登録され 、7月13日のでの対日本ハム戦において8回4点ビハインドから中継ぎで408日ぶりの一軍登板を果たし、打者3人全て内野ゴロで三者凡退と1回を無失点に抑えた。 7月27日、対オリックス戦に先発し初回に1失点したものの、2回以降を無失点に抑え、7回を投げ3安打2四球1失点と好投し422日ぶりの勝利を果たした。 黄色靭帯骨化症から復帰して一軍で勝利をあげた初めての例となった。 9月16日の首位攻防対オリックスで先発登板し、味方の2失策がありながらも9回を4安打無失点に抑え2012年7月15日以来の完封勝利をあげた。 10月2日、両チームの優勝がかかったオリックス・バファローズとのシーズン最終戦に先発、2回にの犠牲フライで1点の援護を得ると6回まで4安打無四球7奪三振無失点と好投して1点リードで降板、代わったがに同点タイムリーヒットを打たれて勝ち投手の権利は消失したが、延長10回ののサヨナラ打により3年ぶりのリーグ優勝となった。 10月20日第6戦も先発し7回を投げ6安打1四球6奪三振の無失点に抑えて勝利投手となり進出に貢献した。 日本シリーズは10月28日第3戦に先発、初回にの先制タイムリーで援護を得ると、7回を投げ3安打1四球6奪三振の無失点に抑えてプロ入り初の日本シリーズ勝利投手となり、チームは勝ち越しの2勝目となった。 10月30日はベンチ裏の選手サロンで日本一決定の瞬間を迎えたが、監督、松田選手会長に続き胴上げされ5度宙に舞った。 、3月31日にで行われた開幕第4戦目の対戦において、被安打4、無失点の完封勝利で順調な開幕スタートを切り 、6月中旬までに、3完投、2完封で5勝を積み上げていたが、6月24日、左肘関節の炎症と診断され、離脱を余儀なくされる。 結局、一軍公式戦では、通算で11試合に登板。 54を記録した。 、7月10日の楽天戦に先発し、6回1失点で勝利投手となるが、一軍での登板はこの1試合のみに終わった。 では20試合に登板し、7勝7敗で防御率4. 34という成績を残した。 二軍でも22戦6勝4敗と勝ち越したが防御率は5. 20と振るわず 、11月5日に球団より戦力外通告が発表される。 12月2日付で、自由契約選手として公示された。 ソフトバンク退団後 [ ] 他球団での現役続行を希望していたことから、11月15日には()へ参加。 形式で4人の打者と対戦したところ、から二塁打を浴びながらも、残りの打者を2つの見逃し三振と三塁へのゴロに抑えた。 トライアウト後は、他球団からの獲得のオファーを待ちながら、母校の近畿大学で自主トレーニングに取り組んでいた。 後に、から、入団テストを兼ねての春季キャンプへの参加を打診。 合格へ至った。 ロッテ時代 [ ] 、2月16日付で、ロッテと正式に契約。 ソフトバンク時代のチームメイトで、2017年シーズンまでロッテに在籍していたから、背番号 55を引き継いだ。 移籍後の一軍初登板は5月2日の古巣のソフトバンク戦()の先発登板となったが、2回持たず7失点を喫し、即日二軍へ降格した。 そのまま一軍に再昇格することなく、9月25日に球団からシーズン限りでの現役引退が発表された。 10月3日、ヤフオク! ドームでの古巣ソフトバンク戦、先発で引退登板。 先頭に右前安打を打たれて降板、2番手のが2四球と一塁手の失策で上林が生還しそれが決勝点となり敗戦投手となった。 10月16日、球団から二軍投手コーチへの就任が発表された。 プロ入り当初は三振へのこだわりがあったが、力任せの投球から打たせて取るスタイルへとシフトしたことからスランプを脱しつつあったの話を聞いてからは変化球を低めに集めてゴロを打たせる投球を心掛けるようになった。 ソフトバンクのとは生年月日が同じである。 また、にはソフトバンク入団時にを考えてもらったことがある。 詳細情報 [ ] 年度別投手成績 [ ] 8 8 0 0 0 2 4 0 0. 333 196 43. 2 43 7 24 0 2 33 3 0 30 29 5. 98 1. 53 22 21 6 2 2 11 8 0 0. 579 621 155. 2 122 16 39 0 5 138 1 0 58 54 3. 12 1. 03 26 21 0 0 0 8 10 0 0. 444 565 129. 1 144 19 41 0 5 107 2 0 73 66 4. 59 1. 43 20 19 0 0 0 4 9 0 0. 308 482 110. 2 116 12 43 0 1 91 4 1 57 53 4. 31 1. 44 9 4 0 0 0 3 0 0 0 1. 000 133 34. 2 22 2 4 0 3 33 1 0 9 9 2. 34 0. 75 25 25 6 3 1 12 8 0 0. 600 705 177. 1 147 9 46 0 4 134 4 0 45 40 2. 03 1. 09 7 7 0 0 0 3 3 0 0. 500 179 42. 2 42 3 10 0 1 29 0 0 19 16 3. 38 1. 22 9 8 1 1 0 3 1 0 0. 750 204 55 34 2 14 0 2 45 0 0 11 10 1. 64 0. 87 11 11 3 2 1 5 4 0 0. 556 300 74. 1 62 9 15 0 6 35 1 0 25 21 2. 54 1. 04 1 1 0 0 0 1 0 0 0 1. 000 25 6. 0 4 0 2 0 2 4 0 0 1 1 1. 50 1. 00 1 1 0 0 0 0 1 0 0. 000 20 3. 2 9 3 1 0 0 1 0 0 6 6 14. 73 2. 73 2 2 0 0 0 0 2 0 0. 000 14 1. 2 8 2 0 0 0 0 0 0 8 7 37. 80 4. 80 通算:12年 141 128 16 8 4 52 50 0 0. 510 3444 834. 2 753 84 239 0 31 650 16 1 342 312 3. 36 1. 各年度の 太字はリーグ最高 WBCでの投手成績 [ ] 2 2 1 1 0 22 6. 0 3 2 1 0 0 7 0 0 2 2 3. 00 表彰 [ ]• :1回 (2012年7月) 記録 [ ] 投手記録• 初登板・初先発・初勝利:2007年6月9日、対4回戦()、7回3失点• 初奪三振:同上、1回裏にから空振り三振• 初完投勝利・毎回奪三振:2008年3月25日、対2回戦()、9回12奪三振1失点• 初完封勝利:2008年4月2日、対2回戦()• 初打席・初安打:2007年6月9日、対広島東洋カープ4回戦(広島市民球場)、2回表にから左前安打• 初本塁打・初打点:2008年5月29日、対2回戦(北九州市民球場)、2回表にから左越2ラン その他記録• 出場:1回 (2012年) 背番号 [ ]• 28 (2007年 - 2017年)• 55 (2018年)• 78 (2019年 - ) 登場曲 [ ]• 「My Way」• 「IT'S OK feat. 「ONE」AK-69(2012年)• 「SWAG WALK」AK-69(2013年)• 「START IT AGAIN」AK-69(2014年 - 2015年、2018年)• 「」(2016年 - 2017年) 代表歴 [ ]• 脚注 [ ] [] 注釈 [ ]• 日刊スポーツ. 2017年1月8日閲覧。 2006年11月23日 日刊スポーツ九州• 2006年11月22日 日刊スポーツ• 2007年1月28日• 2007年2月25日日刊スポーツ• 2007年4月29日日刊スポーツ• 2007年06月18日• 2007年6月26日日刊スポーツ• 2008年3月25日日刊スポーツ• 2008年9月9日 日刊スポーツ• 福岡ソフトバンクホークス オフィシャルサイト ニッカンニュース 2008年10月24日配信• 2009年6月4日スポニチ• 2011年1月30日スポーツ報• 2011年8月5日 日刊スポーツ• 2011年11月11日 日刊スポーツ• 2011年10月26日 日刊スポーツ• 2011年11月23日スポニチ• 2011年11月22日 日刊スポーツ• 2011年Aguilas Cibaenas成績• 2012年3月23日 日刊スポーツ• 2012年4月12日 日刊スポーツ• 2012年6月15日 日刊スポーツ• [ ] NPB公式サイト 2012年11月6日 2015年4月14日閲覧• NPB公式サイト 2012年11月6日 2015年4月14日閲覧• 2012年11月16日 日刊スポーツ• 日本野球機構 2012年12月4日 2015年4月3日閲覧• 日本野球機構 2012年12月4日 2015年4月3日閲覧• 日本野球機構オフィシャルサイト 2013年2月20日 2015年4月2日閲覧• [ ] WBC公式サイト 英語 2015年4月2日閲覧• 日本野球機構オフィシャルサイト 2013年2月20日 2015年4月2日閲覧• 2013年2月20日 日刊スポーツ• 2013年3月12日 日刊スポーツ• 2013年5月4日 日刊スポーツ• 2014年7月14日西日本スポーツ• 2013年6月1日 日刊スポーツ• 2013年6月14日. 2013年6月14日閲覧。 2013年6月21日 日刊スポーツ• 田尻耕太郎(ホークスオフィシャルメディア) 福岡ソフトバンクホークス・オフィシャルサイト. 2013年10月23日. 2013年10月24日閲覧。 2013年10月23日 日刊スポーツ• 2014年2月18日 日刊スポーツ• 2014年3月20日 日刊スポーツ• 2014年7月11日 日刊スポーツ• - 日刊スポーツ、2014年7月14日• - 日刊スポーツ、2014年7月28日• - 日刊スポーツ、2014年9月16日• 2014年10月31日スポーツナビ 田尻耕太郎コラム• オフィシャルサイト 2015年3月31日. 2017年11月23日閲覧。 2015年6月25日. 2017年11月23日閲覧。 2017年11月2日閲覧。 オフィシャルサイト 2017年11月5日. 2017年11月11日閲覧。 日本野球機構オフィシャルサイト 2017年12月4日閲覧。 2017年11月15日. 2017年11月30日閲覧。 2017年11月15日. 2017年12月29日閲覧。 スポーツ報知 2018年2月16日. 2018年2月16日閲覧。 THE PAGE(ザ・ページ) 2018年5月3日. 2018年9月25日閲覧。 千葉ロッテマリーンズ. 2018年9月25日. 2018年9月25日閲覧。 千葉ロッテマリーンズ• 『2015 プロ野球オール写真選手名鑑』日本スポーツ企画出版社、2015年、10頁。。 月刊ホークス増刊 2013福岡ソフトバンクホークスイヤーブック 2013年 04月号、ジャパンプリント、P32• 福岡ソフトバンクホークスパーフェクトガイド2012、ジャパンプリント、P42• 『2013 プロ野球オール写真選手名鑑』日本スポーツ企画出版社、2013年、141頁。。 福岡ソフトバンクホークス ドラフト1位のその後、2013年、P198、宝島社• 2009年11月20日 日刊スポーツ• オフィシャルサイト. 2017年6月3日閲覧。 関連項目 [ ]• 外部リンク [ ]• - NPB. jp 日本野球機構• 選手の各国通算成績 、• LOTTE55Ohtonari - 2018年2月23日~ 旧ユーザー名 hawks28ohtonari ~2018年2月22日.

次の

「どなり」の索引 1ページ目

は る どなり

経歴 [ ] プロ入り前 [ ] に入学して間もなく、3年生からしか入部を認められていない久世少年野球部に、を持参して入部を願い、その熱心さにより入部を認められとして野球を始め、3年生から投手に転向した。 京都市立久世中学校では京都ライオンズでを始めて全国大会へ出場した。 にに入学し、1年からベンチ入りした。 、3年春の近畿大会では毎試合2桁奪三振を記録し優勝を果たす。 しかし夏の大会前に肩を痛め、その影響もあり京都大会準々決勝で敗れた (前身の京都商業から京都学園に校名変更してからは初のプロ野球選手である)。 、に進学し、2年春にベンチ入りした。 の全日本大学選手権でチームは準優勝に終わったが、1試合19奪三振の大会新記録を樹立し 、自責点0で最優秀防御率と特別賞を受賞した。 にも同大会で4強入り。 世界大学野球選手権の日本代表にも選出される。 同学年で同じ左腕である・とはライバル関係にあり、何度も熱戦を演じた。 金刃と投げ合った4年秋の9月30日の対立命館大学戦()では自身初のを達成した。 通算41試合に登板し22勝11敗、防御率1. 14、284奪三振。 3年春、4年春にリーグMVPとベストナインを獲得した。 11月21日のにおいて最大の目玉とされ、一時は以外の11球団が獲得に名乗りを挙げるほどの争奪戦の末、で福岡ソフトバンクホークスに入団した。 どっしりとした体形から「近大の江夏」と異名を取っていたため 、背番号は時代のと同じ 28となった。 ドラフト指名時には「トータルバランスの取れた投手が理想像」と語り、母校・京都学園の大先輩・の名が付くの獲得を目標に掲げた。 ソフトバンク時代 [ ] ソフトバンク時代(2014年10月2日 福岡ヤフオク! ドームにて) 、キャンプ前の1月26日新人合同自主トレ期間中の午後西戸崎室内合宿所内の階段で足を踏み外して右足をひねり、1月27日福岡市内の病院で検査を受けた結果、右足首第4中側骨の捻挫で全治一週間と診断された。 2月21日にはキャンプ中に腰を痛めて再び病院で精密検査を受け別メニュー調整となった。 6月2日に出場選手登録され6月9日にとのでプロ入り初先発し7回3失点 自責2 、2点ビハインドで降板した。 8回にのスリーランなど一挙4点と逆転し、広島のエースを相手にプロ入り初勝利を手にした。 9月は2連敗し、先発8試合2勝4敗、防御率5. 98と期待を裏切る形でシーズンを終えた。 、3月25日、開幕ローテーション5枚目に抜擢され本拠地で先発、右打者を9人並べたロッテ打線に対し3回と8回を除いて全て三者凡退に抑えるなど1失点でプロ初完投でシーズン初勝利を記録 、チームを2005年以来の開幕5連勝へと導いた。 またこの試合でプロ初二桁奪三振(12奪三振)で球団6人目となる毎回奪三振を達成。 3月中の毎回奪三振はプロ野球史上初の快挙だった。 続く4月2日の対戦でも先発し、初回にの先制スリーランホームランで3点を貰うと、日本ハム打線に二塁を踏ませない投球で2安打6奪三振でプロ初の完封勝利、前回登板から15イニング無失点、2試合連続の完投、凖本拠地であるでの初白星も手にした。 しかしその後の4月の試合は先発4連敗。 前日にはチームメイトで同じく投手のもソロ本塁打を打っており、パ・リーグの投手による2試合連続本塁打はのの・以来39年ぶりの記録となった。 投球では6回まで無失点と好投、7回に先頭から3連打となるのセンター前2点タイムリーにより118球で途中降板し、代わった、が1点差まで詰め寄られたもののチームトップタイの5勝目を記録、北九州でも連勝となった。 その試合も含め交流戦に入ってから4試合連続のと立て直し、交流戦5試合目の6月19日の対戦では5失点したものの打線の援護に恵まれ、交流戦5試合の先発で4勝0敗、防御率3. 06と活躍、球団初となる交流戦優勝へ貢献した。 その後順調に勝ち星を重ねチーム最多の11勝を挙げたが、8月31日に福岡市内の病院で精密検査を受け、左肘遊離軟骨による炎症が認められ、9月1日に出場選手登録を抹消された。 オフの10月21日に群馬県内の病院で左肘除去手術を受けた。 、開幕6枚目としてローテーションに入るも、先発8試合で防御率6. 39と振るわず、6月3日福岡市東区で自家用車を運転中に他の乗用車に接触され、同市内の病院で左手小指打撲と診断、出場選手登録を抹消された。 6月20日の対横浜戦で8回5点リードからプロ入り初の中継ぎ登板し、下位打線ながら1回を無失点2三振に抑えた。 次の6月30日から再び先発に戻ったが10先発で4勝5敗4. 30という成績だったため、肘の炎症から復帰したが代わりにローテーションに入り、大隣は9月8日から再び中継ぎへ、9月10日対千葉ロッテ戦で初の救援初黒星も記録した。 9月21日対千葉ロッテ戦で先発復帰し7回を無失点に抑え、との完封リレーで勝利した。 最終的に8勝でシーズンを終えた。 、開幕ローテーション2戦目の先発を勝ち取り、安定した投球を見せていたが打線の援護に恵まれず勝ち星につながることは少なかった。 黒星がこみ始めると調子を落とし、6月9日に1勝7敗となり二軍での再調整を命じられた。 その後は昇格、降格を繰り返し最終的に4勝9敗と負け越した。 では10月18日第5戦に先発5回を投げ3安打無四球7奪三振無失点で1点リードのまま降板した。 しかし後を継いだ投手が打たれたため勝ち投手になれなかった。 、自主トレ中の1月29日にインフルエンザに感染し てキャンプ合流が遅れ、春季キャンプ中の2月6日に父親が急性心不全で他界。 調整遅れで開幕は二軍で迎えた。 5月6日に一軍復帰しリリーフとして起用されるも4試合で防御率6. 00と結果を残せず5月30日に登録抹消された。 7月14日に再昇格して同日の対戦で8回を1安打無失点に抑えたが、前で次の登板機会が無いため7月15日に登録抹消された。 8月4日に一軍で先発予定だったが8月2日に体調不良に見舞われて昇格を断念、代役にはが選ばれオリックスを5回1失点に抑えた。 9月16日に一軍昇格すると先発で3連勝し9月を終えた。 では全試合ベンチ入りも出番が無かった。 11月10日に第5戦の先発をかけて行われた紅白戦でに敗れたため 、では第2戦から第6戦までベンチ入りしたが登板機会は無かった。 10月25日、には参加せず、のへの派遣が決まった。 オフには11月22日にタレントのとの結婚を発表し 、同日ドミニカ共和国へ向けて出国した。 ウィンターリーグでは11月26日から12月21日までの期間に5試合先発登板して23回を投げ、0勝2敗、防御率3. 52、WHIP1. 48の成績を残した。 、調整不足からの対オリックス戦で5回4失点 自責2 とアピールに失敗し 、開幕ローテ入りこそ逃したものの、、、の離脱などで開幕直後にローテの座をつかむと、4月12日の対日本ハム戦で9回を投げ3安打無四球11奪三振と4年ぶりの完封勝利を挙げた。 妻の勧めで2011年オフからメンタルトレーニングを導入した効果か 、初戦から10試合連続でクオリティ・スタート達成、7月8日の対日本ハム戦で勝利を皮切りに8月24日対千葉ロッテ戦まで自身初の7連勝を記録して、7月度の月間MVPを受賞。 以降シーズン終盤には0勝4敗と負けが続いたが、最終的に自身最多の12勝(5敗)を挙げ、防御率も自身最高の2. 03 リーグ4位 を記録、リーグトップタイの3完封、チーム最多の6完投 リーグ2位 もマーク、率88. は10月15日の第3戦に先発し、4回にのレフトフェンス直撃のタイムリーツーベースで2点の援護を貰い、裏にに左中間へソロホームランを許したものの、5回4安打1失点で1点リードのまま降板、無事クライマックスシリーズプロ入り初勝利を挙げ、チームのファイナルステージ進出を決めた。 オフの11月6日に、「」の日本代表が発表され 代表入りした。 11月16日の試合で、先発登板し強打のキューバから3奪三振を奪うなど2回無失点パーフェクトに抑えた。 12月4日に、日本代表候補選手34人が発表され 候補入りした。 、2月20日に第3回WBC日本代表選手28人が発表され 代表入りした。 この大会では、3月6日の対戦に先発し、2回まで6者連続凡退に抑えたが、3回先頭打者のに低めのスライダーを左中間中段に運ばれソロホームランで先制され、3回2安打無四球1失点で1点リードのまま降板し、敗戦投手となった。 では3月12日対戦に先発し、初回先頭打者のに投じた2球目を左中間への本塁打とされたが、続く、、を3者連続の空振り三振とすると、2回先頭打者のまで4者連続の空振り三振を奪った。 2回裏に大量8点の援護を得て、3回表は三者凡退に抑え、3回を投げ1安打1四球6奪三振1失点で勝利投手となり、チームは1位通過での決勝トーナメント進出を決めた。 ペナントレースでは開幕4戦目の4月2日対西武1回戦から先発ローテーション入りした。 5月3日にを訴え出場選手登録を抹消され 、5月23日に一軍に戻り、同日の対DeNA戦で腰の違和感を感じたが 、強行出場して6回4失点で敗戦。 5月31日の対広島戦でも先発し勝利投手となるが腰痛再発により6回途中で降板。 ここまで3勝3敗、防御率3. 38の成績を残していたが、6月1日に当季二度目の戦線離脱となった。 福岡市内病院での診察の結果、 と診断され、シーズン中の復帰は絶望的となった。 6月21日に東京都内の病院で手術を受けた。 10月22日、対ロッテ戦で144日ぶりに実戦復帰し、8回から2番手として登板し打者3人をわずか5球で三者凡退に抑えた。 、キャンプはB組でスタートし、2月15日からの首の張りで2月18日の紅白戦登板回避があったが 、3月20日シーズン3度目の実戦となる3軍の練習試合対戦に3番手として登板し、術後最長の4回を投げ6安打2失点という投球だった。 7月10日に一軍に合流し、7月11日に406日ぶり出場選手登録され 、7月13日のでの対日本ハム戦において8回4点ビハインドから中継ぎで408日ぶりの一軍登板を果たし、打者3人全て内野ゴロで三者凡退と1回を無失点に抑えた。 7月27日、対オリックス戦に先発し初回に1失点したものの、2回以降を無失点に抑え、7回を投げ3安打2四球1失点と好投し422日ぶりの勝利を果たした。 黄色靭帯骨化症から復帰して一軍で勝利をあげた初めての例となった。 9月16日の首位攻防対オリックスで先発登板し、味方の2失策がありながらも9回を4安打無失点に抑え2012年7月15日以来の完封勝利をあげた。 10月2日、両チームの優勝がかかったオリックス・バファローズとのシーズン最終戦に先発、2回にの犠牲フライで1点の援護を得ると6回まで4安打無四球7奪三振無失点と好投して1点リードで降板、代わったがに同点タイムリーヒットを打たれて勝ち投手の権利は消失したが、延長10回ののサヨナラ打により3年ぶりのリーグ優勝となった。 10月20日第6戦も先発し7回を投げ6安打1四球6奪三振の無失点に抑えて勝利投手となり進出に貢献した。 日本シリーズは10月28日第3戦に先発、初回にの先制タイムリーで援護を得ると、7回を投げ3安打1四球6奪三振の無失点に抑えてプロ入り初の日本シリーズ勝利投手となり、チームは勝ち越しの2勝目となった。 10月30日はベンチ裏の選手サロンで日本一決定の瞬間を迎えたが、監督、松田選手会長に続き胴上げされ5度宙に舞った。 、3月31日にで行われた開幕第4戦目の対戦において、被安打4、無失点の完封勝利で順調な開幕スタートを切り 、6月中旬までに、3完投、2完封で5勝を積み上げていたが、6月24日、左肘関節の炎症と診断され、離脱を余儀なくされる。 結局、一軍公式戦では、通算で11試合に登板。 54を記録した。 、7月10日の楽天戦に先発し、6回1失点で勝利投手となるが、一軍での登板はこの1試合のみに終わった。 では20試合に登板し、7勝7敗で防御率4. 34という成績を残した。 二軍でも22戦6勝4敗と勝ち越したが防御率は5. 20と振るわず 、11月5日に球団より戦力外通告が発表される。 12月2日付で、自由契約選手として公示された。 ソフトバンク退団後 [ ] 他球団での現役続行を希望していたことから、11月15日には()へ参加。 形式で4人の打者と対戦したところ、から二塁打を浴びながらも、残りの打者を2つの見逃し三振と三塁へのゴロに抑えた。 トライアウト後は、他球団からの獲得のオファーを待ちながら、母校の近畿大学で自主トレーニングに取り組んでいた。 後に、から、入団テストを兼ねての春季キャンプへの参加を打診。 合格へ至った。 ロッテ時代 [ ] 、2月16日付で、ロッテと正式に契約。 ソフトバンク時代のチームメイトで、2017年シーズンまでロッテに在籍していたから、背番号 55を引き継いだ。 移籍後の一軍初登板は5月2日の古巣のソフトバンク戦()の先発登板となったが、2回持たず7失点を喫し、即日二軍へ降格した。 そのまま一軍に再昇格することなく、9月25日に球団からシーズン限りでの現役引退が発表された。 10月3日、ヤフオク! ドームでの古巣ソフトバンク戦、先発で引退登板。 先頭に右前安打を打たれて降板、2番手のが2四球と一塁手の失策で上林が生還しそれが決勝点となり敗戦投手となった。 10月16日、球団から二軍投手コーチへの就任が発表された。 プロ入り当初は三振へのこだわりがあったが、力任せの投球から打たせて取るスタイルへとシフトしたことからスランプを脱しつつあったの話を聞いてからは変化球を低めに集めてゴロを打たせる投球を心掛けるようになった。 ソフトバンクのとは生年月日が同じである。 また、にはソフトバンク入団時にを考えてもらったことがある。 詳細情報 [ ] 年度別投手成績 [ ] 8 8 0 0 0 2 4 0 0. 333 196 43. 2 43 7 24 0 2 33 3 0 30 29 5. 98 1. 53 22 21 6 2 2 11 8 0 0. 579 621 155. 2 122 16 39 0 5 138 1 0 58 54 3. 12 1. 03 26 21 0 0 0 8 10 0 0. 444 565 129. 1 144 19 41 0 5 107 2 0 73 66 4. 59 1. 43 20 19 0 0 0 4 9 0 0. 308 482 110. 2 116 12 43 0 1 91 4 1 57 53 4. 31 1. 44 9 4 0 0 0 3 0 0 0 1. 000 133 34. 2 22 2 4 0 3 33 1 0 9 9 2. 34 0. 75 25 25 6 3 1 12 8 0 0. 600 705 177. 1 147 9 46 0 4 134 4 0 45 40 2. 03 1. 09 7 7 0 0 0 3 3 0 0. 500 179 42. 2 42 3 10 0 1 29 0 0 19 16 3. 38 1. 22 9 8 1 1 0 3 1 0 0. 750 204 55 34 2 14 0 2 45 0 0 11 10 1. 64 0. 87 11 11 3 2 1 5 4 0 0. 556 300 74. 1 62 9 15 0 6 35 1 0 25 21 2. 54 1. 04 1 1 0 0 0 1 0 0 0 1. 000 25 6. 0 4 0 2 0 2 4 0 0 1 1 1. 50 1. 00 1 1 0 0 0 0 1 0 0. 000 20 3. 2 9 3 1 0 0 1 0 0 6 6 14. 73 2. 73 2 2 0 0 0 0 2 0 0. 000 14 1. 2 8 2 0 0 0 0 0 0 8 7 37. 80 4. 80 通算:12年 141 128 16 8 4 52 50 0 0. 510 3444 834. 2 753 84 239 0 31 650 16 1 342 312 3. 36 1. 各年度の 太字はリーグ最高 WBCでの投手成績 [ ] 2 2 1 1 0 22 6. 0 3 2 1 0 0 7 0 0 2 2 3. 00 表彰 [ ]• :1回 (2012年7月) 記録 [ ] 投手記録• 初登板・初先発・初勝利:2007年6月9日、対4回戦()、7回3失点• 初奪三振:同上、1回裏にから空振り三振• 初完投勝利・毎回奪三振:2008年3月25日、対2回戦()、9回12奪三振1失点• 初完封勝利:2008年4月2日、対2回戦()• 初打席・初安打:2007年6月9日、対広島東洋カープ4回戦(広島市民球場)、2回表にから左前安打• 初本塁打・初打点:2008年5月29日、対2回戦(北九州市民球場)、2回表にから左越2ラン その他記録• 出場:1回 (2012年) 背番号 [ ]• 28 (2007年 - 2017年)• 55 (2018年)• 78 (2019年 - ) 登場曲 [ ]• 「My Way」• 「IT'S OK feat. 「ONE」AK-69(2012年)• 「SWAG WALK」AK-69(2013年)• 「START IT AGAIN」AK-69(2014年 - 2015年、2018年)• 「」(2016年 - 2017年) 代表歴 [ ]• 脚注 [ ] [] 注釈 [ ]• 日刊スポーツ. 2017年1月8日閲覧。 2006年11月23日 日刊スポーツ九州• 2006年11月22日 日刊スポーツ• 2007年1月28日• 2007年2月25日日刊スポーツ• 2007年4月29日日刊スポーツ• 2007年06月18日• 2007年6月26日日刊スポーツ• 2008年3月25日日刊スポーツ• 2008年9月9日 日刊スポーツ• 福岡ソフトバンクホークス オフィシャルサイト ニッカンニュース 2008年10月24日配信• 2009年6月4日スポニチ• 2011年1月30日スポーツ報• 2011年8月5日 日刊スポーツ• 2011年11月11日 日刊スポーツ• 2011年10月26日 日刊スポーツ• 2011年11月23日スポニチ• 2011年11月22日 日刊スポーツ• 2011年Aguilas Cibaenas成績• 2012年3月23日 日刊スポーツ• 2012年4月12日 日刊スポーツ• 2012年6月15日 日刊スポーツ• [ ] NPB公式サイト 2012年11月6日 2015年4月14日閲覧• NPB公式サイト 2012年11月6日 2015年4月14日閲覧• 2012年11月16日 日刊スポーツ• 日本野球機構 2012年12月4日 2015年4月3日閲覧• 日本野球機構 2012年12月4日 2015年4月3日閲覧• 日本野球機構オフィシャルサイト 2013年2月20日 2015年4月2日閲覧• [ ] WBC公式サイト 英語 2015年4月2日閲覧• 日本野球機構オフィシャルサイト 2013年2月20日 2015年4月2日閲覧• 2013年2月20日 日刊スポーツ• 2013年3月12日 日刊スポーツ• 2013年5月4日 日刊スポーツ• 2014年7月14日西日本スポーツ• 2013年6月1日 日刊スポーツ• 2013年6月14日. 2013年6月14日閲覧。 2013年6月21日 日刊スポーツ• 田尻耕太郎(ホークスオフィシャルメディア) 福岡ソフトバンクホークス・オフィシャルサイト. 2013年10月23日. 2013年10月24日閲覧。 2013年10月23日 日刊スポーツ• 2014年2月18日 日刊スポーツ• 2014年3月20日 日刊スポーツ• 2014年7月11日 日刊スポーツ• - 日刊スポーツ、2014年7月14日• - 日刊スポーツ、2014年7月28日• - 日刊スポーツ、2014年9月16日• 2014年10月31日スポーツナビ 田尻耕太郎コラム• オフィシャルサイト 2015年3月31日. 2017年11月23日閲覧。 2015年6月25日. 2017年11月23日閲覧。 2017年11月2日閲覧。 オフィシャルサイト 2017年11月5日. 2017年11月11日閲覧。 日本野球機構オフィシャルサイト 2017年12月4日閲覧。 2017年11月15日. 2017年11月30日閲覧。 2017年11月15日. 2017年12月29日閲覧。 スポーツ報知 2018年2月16日. 2018年2月16日閲覧。 THE PAGE(ザ・ページ) 2018年5月3日. 2018年9月25日閲覧。 千葉ロッテマリーンズ. 2018年9月25日. 2018年9月25日閲覧。 千葉ロッテマリーンズ• 『2015 プロ野球オール写真選手名鑑』日本スポーツ企画出版社、2015年、10頁。。 月刊ホークス増刊 2013福岡ソフトバンクホークスイヤーブック 2013年 04月号、ジャパンプリント、P32• 福岡ソフトバンクホークスパーフェクトガイド2012、ジャパンプリント、P42• 『2013 プロ野球オール写真選手名鑑』日本スポーツ企画出版社、2013年、141頁。。 福岡ソフトバンクホークス ドラフト1位のその後、2013年、P198、宝島社• 2009年11月20日 日刊スポーツ• オフィシャルサイト. 2017年6月3日閲覧。 関連項目 [ ]• 外部リンク [ ]• - NPB. jp 日本野球機構• 選手の各国通算成績 、• LOTTE55Ohtonari - 2018年2月23日~ 旧ユーザー名 hawks28ohtonari ~2018年2月22日.

次の