馬券種類。 馬券の買い方おすすめ7選!全種類を競馬初心者にわかりやすく解説!フォーメーションからボックスまで|うましる

馬券の種類は全部で8通りあります

馬券種類

この記事では、 【馬券の全10種類】と 【おすすめの買い方7選】をご紹介します。 購入方法や払戻しの方法まで解説していきます。 馬券の買い方10種類の比較表 馬券の買い方は全部で10種類。 まず、全種類の特徴と初心者へのおすすめ度を比較表にまとめてみました。 馬券の意味が非常にわかりやすく初心者でも非常に買いやすいです。 正式名称は「馬番号二連勝単式勝馬投票法」と言います。 選んだ2頭が、1,2着と着順通りにゴールしなくても組み合わせだけ当たればよい「馬連」に比べて、配当は高いものの当てにくいため、 いきなり初心者が買うには少しハードルの高い馬券です。 馬単のメリットは、配当が高いことです。 1着と2着を当てるだけですが、 配当は50倍を超えることも珍しくありません。 (100円が5000円以上に!) 選んだ2頭を着順通りに当てなければいけない馬単は、着順は関係なく組み合わせだけを当てればよい「馬連」よりは難しく、選んだ3頭を着順通りに当てなければいけない「三連単」よりは易しい。 そんな馬券です。 【馬券の種類5】「枠連」の特徴とおすすめポイント 枠連とは・・・ 「選ん だ 枠の2頭が1着、2着でゴールすれば的中」 という買い方です。 競馬用語として使われる 「枠」とは、 出走する馬たちそれぞれに割り当てられたスタート時のゲート位置 のことです。 そして、 1枠から8枠までの「枠番」で騎手がかぶる帽子の色が変わります。 馬が付けているゼッケンに書かれている番号を 「馬番」と言います。 これは通常の馬券を購入するときに使用する一般的な番号ですね。 つまり!枠連とは、この馬番ではなく、 「枠番」を組み合わせて購入する馬券ということです。 1つの枠で2頭の馬を選ぶことができるので、低資金で競馬を楽しむことができるということですね。 ちなみに、正式名称は「枠番号二連勝複式勝馬投票法」と言います。 騎手が被っているヘルメットの色さえ見ていれば当たったかどうかがわかるので、非常にわかりやすい!競馬初心者には最もおすすめしたい馬券の一つです。 【馬券の種類6】「ワイド」の特徴とおすすめポイント WIN5とは・・・ 「対象の5レースの1着をすべて当てたら的中」という馬券です。 単勝(各レースで1着を当てる馬券)を5回連続で当てるわけですから、的中させるのが非常に難しいことは言うまでもありません。 その難しさゆえ、配当はとてつもなく高く、WIN5が導入された2011年以降の最高額はなんと 4億6718万8320円となっています。 (2011年6月26日) 初心者におすすめの馬券の買い方7選! ここからは、全10種類の馬券を応用した馬券の買い方7選をご紹介します!競馬に「必ず儲かる」という必勝法のようなものは一切ありませんが、初心者でも少額で勝ってる人も多くいます。 ぜひ参考にしてください! 【馬券の買い方1】単複|単勝と複勝の強みを生かした買い方 「単複?なんじゃそりゃ」と思われる方もいるかと思いますが、要は 「単勝と複勝の同時購入する」という方法です。 2つの買い方の同時購入なんて聞くと、お金がかかりそう……と思うかもしれませんが、そんなことは一切ございません! 100円ずつ購入して、計200円しかかからないので、初心者でも気軽に手が出せますよ。 「単勝」と「複勝」、これらのお互いの強みと弱みを組み合わせた最強の買い方が「単複」なんです! 複勝で当たる喜びを味わいつつ、選んだ馬が1着に入れば単勝でお金も増える!といった感じです。 単複は、初心者向けの買い方でありながら、何人もの競馬通の方も実践する手段。 経験者に競馬場に連れて行ってもらった時などに、あなたがいきなり単複で馬券を買っているのを見たら、経験者の方も驚くこと間違いなしです。 【馬券の買い方2】馬連流し|複数の馬を選んでもお金が増えにくい 「馬連流し?なんじゃそりゃ」と思われる方もいるかと思いますが、 要は 「軸馬1頭と、その他複数馬(相手)を組み合わせる」というのが流しという買い方です。 例えば、5番を軸、1,3,12番を相手として購入したとき、馬券の組み合わせは5-1,5-3,5-12の3通りとなります。 つまり、的中のためには軸馬が2着以内に入ることが絶対条件となります。 馬連流しのよさは、複数の馬を選んでも点数が少なくて済むというところ。 「気になる馬が6頭もいる……!」というときでも、軸馬さえ決めてしまえば、購入額は500円(相手5頭)で済みます。 【馬券の買い方3】馬単1着流し|1着になる自信のある馬が一頭いるときに! 「馬単1着流し?なんじゃそりゃ」と思われる方もいるかと思いますが、 要は 「軸馬1頭と、その他複数馬(相手)を組み合わせる」というのが流しという買い方です。 つまり、軸として選んだ馬を1着に固定するんですね。 馬を4頭選んで、その組み合わせでも当たり!(ボックス)という買い方をしてしまうと買い目が多くなってしまうので、 最も自信のある馬を1着に置くことで、買い目を減らすことができます。 例えば、5番(軸)を1着に固定し、1,3,12番(相手)を2着に配置して購入したとき、馬券の組み合わせは5-1,5-3,5-12の3通り。 2着を当てるのが難しいので、1着だけ当てればよい「単勝」よりリスクは高いですが、 その分配当は高くなるため、よりドキドキ感を味わえます。 【馬券の買い方4】ワイド3頭ボックス|3点すべて的中の可能性も! 「3頭ボックス?なんじゃそりゃ」と思われる方もいるかと思いますが、要は 「3頭の中なら、どの2頭が来ても当たり!」というのがボックスという買い方です。 例えば、3,5,12という3頭をボックスで購入したとき、馬券の組み合わせは3-5,3-12,5-12の3通りとなります。 つまり、 もし3,5,12が1,2,3着でゴールした場合、3通りのすべてが的中ということになります! これはおいしい! 【馬券の買い方5】三連複フォーメーション(1-2-5)|より少ない資金で三連複を楽しめる 「三連複フォーメーション?なんじゃそりゃ」と思われる方もいるかと思いますが、 要は 「1着、2着、3着にそれぞれどの馬がくるのかを複数頭選び、その組み合わせで当てる」というのがフォーメーションという買い方です。 ボックスで馬券を購入すると、そこまで自信がない馬3頭の組み合わせの買い目も購入額に含まれてしまうため、お金もかかってしまいもったいないのです。 つまり、 フォーメーションはより少ない資金で三連複を楽しむことができる超お得な買い方ということです! 例えば、最も自信のある5番(軸)を1頭目、3,12番を2頭目に配置し、最後に1,3,8,12を3頭目に置いて購入したとき、馬券の組み合わせは5-3-1,5-3-8,5-3-12,5-12-1,5-12-8の5通りとなります。 的中のためには5(軸)が3着以内に入ることが絶対条件で、あとは3か12のどちらかが3着以内に入り、残り1頭が1,3,8,12のどれかが入ればOKということになります。 【馬券の買い方6】三連単フォーメーション(1-4-4)|より少ない資金で三連単に挑戦できる 「三連単フォーメーション?なんじゃそりゃ」と思われる方もいるかと思いますが、 要は 「1着、2着、3着にそれぞれどの馬がくるのかを複数頭選び、その組み合わせで当てる」というのがフォーメーションという買い方です。 例えば、最も自信のある5番(軸)を1着、1,3,8,12番を2着と3着に配置して購入したとき、馬券の組み合わせは5-1-3,5-1-8,5-1-12,5-3-1,5-3-8,5-3-12,5-8-1,5-8-3,5-8-12,5-12-1,5-12-3,5-12-8の12通りとなります。 1,3,5,8,12と 全部で5頭も選んでいるにもかかわらず、わずか1200円(1点100円が12通り)で三連単を楽しむことができるのです。 (5頭ボックスの場合6000円必要なので、4800円もお得!) 【馬券の買い方7】協力馬券|盛り上がる!みんなの予想を結集して勝負! 筆者がおすすめする初心者の競馬の楽しみ方は、 「誰かと一緒に馬券を買う」です。 まぁ簡単に言うと、 一緒に悩んで一緒に決める、ただそれだけです。 Aさん:「おれはこの 7番の馬が気に入った」 Bさん:「私はこの 10番のかわいい馬にする」 という2つの意見があったら、 7番と10番のワイドを買ってみる、みたいな感じです。 「そんな買い方当たり前!」「常識じゃんww」と思う方も多いかもしれませんが、 意外にこの買い方をしている方は少ないように思います(めっちゃ楽しいのに……)。 自分は自分で馬券を買い、友達は友達で馬券を買う。 「友達はいっぱい当たったけど、自分は全部外れた……」なんてことがあると、 初めての競馬が嫌な思い出になってしまう可能性もあります。 せっかく競馬場に来たなら気持ちよく楽しんで帰ってほしいのです! 「一緒に馬券を買う」ことにはメリットがたくさん! みんなで同じ馬を応援できる!みんなで買うのでお金もかからない!当たったらみんな嬉しい!などなど、いいことづくし。 初心者にはとってもおすすめの楽しみ方です。 馬券の買い方(購入方法)と払戻し方法 馬券の買い方がわかったら、実際に購入手順~払い戻し方法について説明していきます。 そもそも馬券ってどこで買えばいいの?スマホで買えるの?という疑問にお答えしましょう! 馬券の買い方(購入方法) 馬券の購入する方法は以下の3つです。 競馬場で購入する・・・競馬場で馬券を購入する最大のメリットは、何と言っても現地で競馬・馬を見ながら馬券を買える王道の楽しめるということ。 WINSで購入する・・・WINSとは「場外馬券場」という馬券を購入するためのJRAの施設で、日本全国で41カ所存在します。 スマホ・ネット投票で購入する・・・現在JRAでは即PAT、A-PAT、JRAダイレクトというサービスが存在し、一番人気があり筆者もオススメするのはです。 マークカードを用いた馬券の買い方 まず、馬券を購入するための マークカードには3種類のカードが存在します! 緑色のカード・・・基本となるマークカードです。 これさえあれば全ての馬券を購入することができます。 最初は緑の馬券から買うのがおすすめです! 青のカード・・・連複ながしと連単ながし。 自分が購入しようとしている買い目の中に、 軸となる馬がいる場合、この青いカードを使って購入すると緑のカードよりもより楽に、簡単に馬券を購入することができます。 赤のカード・・・ボックスとフォーメーション。 軸となる馬を決められず、何頭も購入したい馬がいる場合、それらを楽に購入できるカードです。 文面だけで理解するのは難しいと思いますので、短くまとめると、 「 青と 赤のカードは沢山の馬を一気に買いたい時に、 緑のカードよりも楽に買える便利ツール」 といった感じです。 続いて、すべてのマークカードで基本となる共通部分の書き方を説明させていただきます! 【マークカードの書き方5ステップ】• 購入しようとしているレースの 競馬場名を塗る• そのレースの レース番号を塗る• 購入しようとしている 馬券の式別(種類)塗る• 購入したい 馬の番号を塗る• JRAが運営している 「即PAT」というサービスは、開設・維持費は一切かからず無料!そしてたったの5分で馬券投票を始めることが可能です。 間近で見る迫力満点の競馬には、何にも代え難い感動がありますからね! 老若男女全ての方にぜひ競馬を楽しんでいただきたいと心から思っています。 馬券の払い戻し方法 馬券の払戻しも、購入時と同じように自動の払戻し機を用いて行います。 実際の払戻し方法や具体的な手順については以下の記事で確認しましょう! 馬券の払戻しには3種類の方法があります。 当日に競馬場で払戻す・・・各競馬場に払戻し機は大量に用意されています。 そのため、レースを楽しんだ後すぐの払い戻しはもちろん可能です。 全国の中央競馬場で払戻す・・・当日にその場で換金しなくても、後日他の競馬場で払戻しすることもできます。 開催日以外の土日でも基本的に開場されているので、週末なら払い戻しが可能です。 全国のWINSで払戻す・・・近くに競馬場がない!という方も安心してください。 全国には場外馬券売り場と言われる「WINS」あります。 ここまで読めば、初心者の方でも馬券の「買い方(購入方法)」と「払戻し」の方法が理解できたのではないでしょうか! 馬券の買い方のまとめ 最後にもう一度、馬券の全10種類をまとめておきます。 それでは、また競馬場でお会いしましょう!.

次の

地方競馬の馬券の種類、買い方、発売場所まとめ

馬券種類

ワイド• 3 連複• 3 連単 それと、• 応援馬券• WIN5 という名前です。 似ているようで、少しずつ違いますので、 それぞれを簡単にご紹介していきます。 1.単勝 1つ目は競馬の基本とも言える「単勝」。 これは、 1着になると思う馬を買う という最もシンプルな馬券です。 これは、 選んだ馬が3着以内に 入れば的中するという 最も当たる可能性が高い馬券です。 ネット投票ではなく、 競馬場やWINSでのみ 購入できるものです。 また、単勝と複勝を 同じ金額ずつ購入するので マークした金額の2倍が 購入金額となります。 4.枠連 続いてご紹介するのは「枠連」です。 枠連は、1着と2着に来る枠の 組み合わせを予想するもので、 1、2着の順番は、関係ありません。 こちらは9頭以上のレースでのみ 販売されています。 枠連と同じく1、2着の順番は 関係ありません。 こちらは3頭以上のレースで販売されます。 こちらも3頭以上のレースで販売されます。 7.ワイド 「ワイド」は1着~3着に入る 2頭の馬番の組み合わせを 予想する馬券です。 こちらは4頭以上のレースで販売されますが 3着が同着の場合、3着3着の組み合わせは 的中にはなりません。 馬連となどと同じく1~3着の順番は 関係ありません。 こちらは4頭以上のレースで販売されます。 こちらも4頭以上のレースで販売されます。 自分ですべて選ぶことも、 totoのようにコンピューター任せで 購入することも可能です。 その他の買い方を解説 ここまでは式別と呼ばれる 馬券の種類についてご紹介しましたが、 続いては、買い方について 解説していきます。 せっかく良い予想をしても 買い方がバラバラだと 抜けが出て的中しない事もあるので 便利な買い方を知っていた方が 的中に繋がります。 フォーメーションでの買い方とは? 「フォーメーション」とは、 1着、2着、(3連の場合は3着も)を 細かく指定して、その組み合わせを すべて購入する買い方です。 まずは、BOX買いです。 (枠で買う場合は9頭までの馬連と同じです) 頭数 馬連 ワイド 馬単 3連複 3連単 2頭 1 2 3頭 3 6 1 6 4頭 6 12 4 24 5頭 10 20 10 60 6頭 15 30 20 120 7頭 21 42 35 210 8頭 28 56 56 336 9頭 36 72 84 504 10頭 45 90 120 720 11頭 55 110 165 990 12頭 66 132 220 1320 13頭 78 156 286 1716 14頭 91 182 364 2184 15頭 105 210 455 2730 16頭 120 240 560 3360 17頭 136 272 680 4080 18頭 153 306 816 4896 続いては「流し」です。 頭数 馬連 ワイド 馬単 (マルチ) 3連複 3連単(マルチ) 軸1頭 軸2頭 軸1頭 軸2頭 1頭 1 1 2 — 1 — 1 6 2頭 2 2 4 1 2 2 6 2 12 3頭 3 3 6 3 3 6 18 3 18 4頭 4 4 8 6 4 12 36 4 24 5頭 5 5 10 10 5 20 60 5 30 6頭 6 6 12 15 6 30 90 6 36 7頭 7 7 14 21 7 42 126 7 42 8頭 8 8 16 28 8 56 168 8 48 9頭 9 9 18 36 9 72 216 9 54 10頭 10 10 20 45 10 90 270 10 60 11頭 11 11 22 55 11 110 330 11 66 12頭 12 12 24 66 12 132 396 12 72 13頭 13 13 26 78 13 156 468 13 78 14頭 14 14 28 91 14 182 546 14 84 15頭 15 15 30 105 15 210 630 15 90 16頭 16 16 32 120 16 240 720 16 96 17頭 17 17 34 136 272 816 といった点数になります。 競馬の買い方をマークシートごとにご紹介 ご紹介してきたように 競馬には多くの買い方があり、 それぞれの買い方に適した マークシート(マークカード)が 競馬場やWINSには用意されています。 1.競馬のマークシートの一般用は緑のカード 出展: 最もベーシックなのが緑色のカードです。 単勝、複勝、応援馬券を買う時や 点数を絞って買う際に 利用すると良いでしょう。 2.競馬のマークシートの流しは青のカード 出展: 続いて紹介するのは、青色のカードです。 これは、 流し専用のカードです。 軸馬が決まっている時に使うと便利です。 片面が連複流し用(枠連、馬連、3連複)、 もう一面が連単流し用(馬単、3連単)なので 間違えないようにしてください。 両面を同時に購入することができないので どちらか片方の面だけを使用してください。 3.競馬のマークシートのボックスは赤のカード 出展: 赤色のカードは、片面がボックス用 もう一面がフォーメーション用です。 ピックアップした馬を 組み合わせたい時に使うと便利です。 こちらも両面同時に購入できないので どちらか片方の面だけを使用してください。 4.文字が大きいシンプルなライトカード 出展: 白くて大きな文字で書かれている ライトカードというのもあります。 文字が大きく見やすいので、 初心者の方は落ち着いて記入することが できると思います。 応援馬券が買えないことと 馬単の「ウラ」が買えないこと以外は 緑色のカードと同じです。 期待値とはある試行を行ったとき,その結果として得られる数値の平均値のこと 出展: これが1以上の馬券を買うと 負けないというものなのですが、 競馬における期待値の求め方は様々です。 気になる方は、下の記事をご覧ください。 競馬の初めての買い方 まだ馬券を買ったことがない という方に、簡単に買い方をご紹介します。 インターネット購入 こちらは 「即PAT」の 会員になる必要があります。 オッズがリアルタイムでわかったり 購入点数がすぐに表示されるなど 便利ですので、 最近では競馬場や WINSでもスマホから購入している方も 多いぐらいです。 馬券の買い方を詳しく知りたい方は、 こちらの記事がオススメです。 まとめ 駆け足でしたが、馬券の種類や 買い方をご紹介しました。 複雑に思われる方も いらっしゃるかもしれませんが 一度、買ってみると 理解しやすいと思います。 この記事や、リンクでご紹介した記事を 参考にしていただいて 自分のスタイルにあった馬券の 買い方を見つけてみてください。

次の

JRAの馬券の種類

馬券種類

この記事では、 【馬券の全10種類】と 【おすすめの買い方7選】をご紹介します。 購入方法や払戻しの方法まで解説していきます。 馬券の買い方10種類の比較表 馬券の買い方は全部で10種類。 まず、全種類の特徴と初心者へのおすすめ度を比較表にまとめてみました。 馬券の意味が非常にわかりやすく初心者でも非常に買いやすいです。 正式名称は「馬番号二連勝単式勝馬投票法」と言います。 選んだ2頭が、1,2着と着順通りにゴールしなくても組み合わせだけ当たればよい「馬連」に比べて、配当は高いものの当てにくいため、 いきなり初心者が買うには少しハードルの高い馬券です。 馬単のメリットは、配当が高いことです。 1着と2着を当てるだけですが、 配当は50倍を超えることも珍しくありません。 (100円が5000円以上に!) 選んだ2頭を着順通りに当てなければいけない馬単は、着順は関係なく組み合わせだけを当てればよい「馬連」よりは難しく、選んだ3頭を着順通りに当てなければいけない「三連単」よりは易しい。 そんな馬券です。 【馬券の種類5】「枠連」の特徴とおすすめポイント 枠連とは・・・ 「選ん だ 枠の2頭が1着、2着でゴールすれば的中」 という買い方です。 競馬用語として使われる 「枠」とは、 出走する馬たちそれぞれに割り当てられたスタート時のゲート位置 のことです。 そして、 1枠から8枠までの「枠番」で騎手がかぶる帽子の色が変わります。 馬が付けているゼッケンに書かれている番号を 「馬番」と言います。 これは通常の馬券を購入するときに使用する一般的な番号ですね。 つまり!枠連とは、この馬番ではなく、 「枠番」を組み合わせて購入する馬券ということです。 1つの枠で2頭の馬を選ぶことができるので、低資金で競馬を楽しむことができるということですね。 ちなみに、正式名称は「枠番号二連勝複式勝馬投票法」と言います。 騎手が被っているヘルメットの色さえ見ていれば当たったかどうかがわかるので、非常にわかりやすい!競馬初心者には最もおすすめしたい馬券の一つです。 【馬券の種類6】「ワイド」の特徴とおすすめポイント WIN5とは・・・ 「対象の5レースの1着をすべて当てたら的中」という馬券です。 単勝(各レースで1着を当てる馬券)を5回連続で当てるわけですから、的中させるのが非常に難しいことは言うまでもありません。 その難しさゆえ、配当はとてつもなく高く、WIN5が導入された2011年以降の最高額はなんと 4億6718万8320円となっています。 (2011年6月26日) 初心者におすすめの馬券の買い方7選! ここからは、全10種類の馬券を応用した馬券の買い方7選をご紹介します!競馬に「必ず儲かる」という必勝法のようなものは一切ありませんが、初心者でも少額で勝ってる人も多くいます。 ぜひ参考にしてください! 【馬券の買い方1】単複|単勝と複勝の強みを生かした買い方 「単複?なんじゃそりゃ」と思われる方もいるかと思いますが、要は 「単勝と複勝の同時購入する」という方法です。 2つの買い方の同時購入なんて聞くと、お金がかかりそう……と思うかもしれませんが、そんなことは一切ございません! 100円ずつ購入して、計200円しかかからないので、初心者でも気軽に手が出せますよ。 「単勝」と「複勝」、これらのお互いの強みと弱みを組み合わせた最強の買い方が「単複」なんです! 複勝で当たる喜びを味わいつつ、選んだ馬が1着に入れば単勝でお金も増える!といった感じです。 単複は、初心者向けの買い方でありながら、何人もの競馬通の方も実践する手段。 経験者に競馬場に連れて行ってもらった時などに、あなたがいきなり単複で馬券を買っているのを見たら、経験者の方も驚くこと間違いなしです。 【馬券の買い方2】馬連流し|複数の馬を選んでもお金が増えにくい 「馬連流し?なんじゃそりゃ」と思われる方もいるかと思いますが、 要は 「軸馬1頭と、その他複数馬(相手)を組み合わせる」というのが流しという買い方です。 例えば、5番を軸、1,3,12番を相手として購入したとき、馬券の組み合わせは5-1,5-3,5-12の3通りとなります。 つまり、的中のためには軸馬が2着以内に入ることが絶対条件となります。 馬連流しのよさは、複数の馬を選んでも点数が少なくて済むというところ。 「気になる馬が6頭もいる……!」というときでも、軸馬さえ決めてしまえば、購入額は500円(相手5頭)で済みます。 【馬券の買い方3】馬単1着流し|1着になる自信のある馬が一頭いるときに! 「馬単1着流し?なんじゃそりゃ」と思われる方もいるかと思いますが、 要は 「軸馬1頭と、その他複数馬(相手)を組み合わせる」というのが流しという買い方です。 つまり、軸として選んだ馬を1着に固定するんですね。 馬を4頭選んで、その組み合わせでも当たり!(ボックス)という買い方をしてしまうと買い目が多くなってしまうので、 最も自信のある馬を1着に置くことで、買い目を減らすことができます。 例えば、5番(軸)を1着に固定し、1,3,12番(相手)を2着に配置して購入したとき、馬券の組み合わせは5-1,5-3,5-12の3通り。 2着を当てるのが難しいので、1着だけ当てればよい「単勝」よりリスクは高いですが、 その分配当は高くなるため、よりドキドキ感を味わえます。 【馬券の買い方4】ワイド3頭ボックス|3点すべて的中の可能性も! 「3頭ボックス?なんじゃそりゃ」と思われる方もいるかと思いますが、要は 「3頭の中なら、どの2頭が来ても当たり!」というのがボックスという買い方です。 例えば、3,5,12という3頭をボックスで購入したとき、馬券の組み合わせは3-5,3-12,5-12の3通りとなります。 つまり、 もし3,5,12が1,2,3着でゴールした場合、3通りのすべてが的中ということになります! これはおいしい! 【馬券の買い方5】三連複フォーメーション(1-2-5)|より少ない資金で三連複を楽しめる 「三連複フォーメーション?なんじゃそりゃ」と思われる方もいるかと思いますが、 要は 「1着、2着、3着にそれぞれどの馬がくるのかを複数頭選び、その組み合わせで当てる」というのがフォーメーションという買い方です。 ボックスで馬券を購入すると、そこまで自信がない馬3頭の組み合わせの買い目も購入額に含まれてしまうため、お金もかかってしまいもったいないのです。 つまり、 フォーメーションはより少ない資金で三連複を楽しむことができる超お得な買い方ということです! 例えば、最も自信のある5番(軸)を1頭目、3,12番を2頭目に配置し、最後に1,3,8,12を3頭目に置いて購入したとき、馬券の組み合わせは5-3-1,5-3-8,5-3-12,5-12-1,5-12-8の5通りとなります。 的中のためには5(軸)が3着以内に入ることが絶対条件で、あとは3か12のどちらかが3着以内に入り、残り1頭が1,3,8,12のどれかが入ればOKということになります。 【馬券の買い方6】三連単フォーメーション(1-4-4)|より少ない資金で三連単に挑戦できる 「三連単フォーメーション?なんじゃそりゃ」と思われる方もいるかと思いますが、 要は 「1着、2着、3着にそれぞれどの馬がくるのかを複数頭選び、その組み合わせで当てる」というのがフォーメーションという買い方です。 例えば、最も自信のある5番(軸)を1着、1,3,8,12番を2着と3着に配置して購入したとき、馬券の組み合わせは5-1-3,5-1-8,5-1-12,5-3-1,5-3-8,5-3-12,5-8-1,5-8-3,5-8-12,5-12-1,5-12-3,5-12-8の12通りとなります。 1,3,5,8,12と 全部で5頭も選んでいるにもかかわらず、わずか1200円(1点100円が12通り)で三連単を楽しむことができるのです。 (5頭ボックスの場合6000円必要なので、4800円もお得!) 【馬券の買い方7】協力馬券|盛り上がる!みんなの予想を結集して勝負! 筆者がおすすめする初心者の競馬の楽しみ方は、 「誰かと一緒に馬券を買う」です。 まぁ簡単に言うと、 一緒に悩んで一緒に決める、ただそれだけです。 Aさん:「おれはこの 7番の馬が気に入った」 Bさん:「私はこの 10番のかわいい馬にする」 という2つの意見があったら、 7番と10番のワイドを買ってみる、みたいな感じです。 「そんな買い方当たり前!」「常識じゃんww」と思う方も多いかもしれませんが、 意外にこの買い方をしている方は少ないように思います(めっちゃ楽しいのに……)。 自分は自分で馬券を買い、友達は友達で馬券を買う。 「友達はいっぱい当たったけど、自分は全部外れた……」なんてことがあると、 初めての競馬が嫌な思い出になってしまう可能性もあります。 せっかく競馬場に来たなら気持ちよく楽しんで帰ってほしいのです! 「一緒に馬券を買う」ことにはメリットがたくさん! みんなで同じ馬を応援できる!みんなで買うのでお金もかからない!当たったらみんな嬉しい!などなど、いいことづくし。 初心者にはとってもおすすめの楽しみ方です。 馬券の買い方(購入方法)と払戻し方法 馬券の買い方がわかったら、実際に購入手順~払い戻し方法について説明していきます。 そもそも馬券ってどこで買えばいいの?スマホで買えるの?という疑問にお答えしましょう! 馬券の買い方(購入方法) 馬券の購入する方法は以下の3つです。 競馬場で購入する・・・競馬場で馬券を購入する最大のメリットは、何と言っても現地で競馬・馬を見ながら馬券を買える王道の楽しめるということ。 WINSで購入する・・・WINSとは「場外馬券場」という馬券を購入するためのJRAの施設で、日本全国で41カ所存在します。 スマホ・ネット投票で購入する・・・現在JRAでは即PAT、A-PAT、JRAダイレクトというサービスが存在し、一番人気があり筆者もオススメするのはです。 マークカードを用いた馬券の買い方 まず、馬券を購入するための マークカードには3種類のカードが存在します! 緑色のカード・・・基本となるマークカードです。 これさえあれば全ての馬券を購入することができます。 最初は緑の馬券から買うのがおすすめです! 青のカード・・・連複ながしと連単ながし。 自分が購入しようとしている買い目の中に、 軸となる馬がいる場合、この青いカードを使って購入すると緑のカードよりもより楽に、簡単に馬券を購入することができます。 赤のカード・・・ボックスとフォーメーション。 軸となる馬を決められず、何頭も購入したい馬がいる場合、それらを楽に購入できるカードです。 文面だけで理解するのは難しいと思いますので、短くまとめると、 「 青と 赤のカードは沢山の馬を一気に買いたい時に、 緑のカードよりも楽に買える便利ツール」 といった感じです。 続いて、すべてのマークカードで基本となる共通部分の書き方を説明させていただきます! 【マークカードの書き方5ステップ】• 購入しようとしているレースの 競馬場名を塗る• そのレースの レース番号を塗る• 購入しようとしている 馬券の式別(種類)塗る• 購入したい 馬の番号を塗る• JRAが運営している 「即PAT」というサービスは、開設・維持費は一切かからず無料!そしてたったの5分で馬券投票を始めることが可能です。 間近で見る迫力満点の競馬には、何にも代え難い感動がありますからね! 老若男女全ての方にぜひ競馬を楽しんでいただきたいと心から思っています。 馬券の払い戻し方法 馬券の払戻しも、購入時と同じように自動の払戻し機を用いて行います。 実際の払戻し方法や具体的な手順については以下の記事で確認しましょう! 馬券の払戻しには3種類の方法があります。 当日に競馬場で払戻す・・・各競馬場に払戻し機は大量に用意されています。 そのため、レースを楽しんだ後すぐの払い戻しはもちろん可能です。 全国の中央競馬場で払戻す・・・当日にその場で換金しなくても、後日他の競馬場で払戻しすることもできます。 開催日以外の土日でも基本的に開場されているので、週末なら払い戻しが可能です。 全国のWINSで払戻す・・・近くに競馬場がない!という方も安心してください。 全国には場外馬券売り場と言われる「WINS」あります。 ここまで読めば、初心者の方でも馬券の「買い方(購入方法)」と「払戻し」の方法が理解できたのではないでしょうか! 馬券の買い方のまとめ 最後にもう一度、馬券の全10種類をまとめておきます。 それでは、また競馬場でお会いしましょう!.

次の