愛子様 ペット。 愛子様の影武者の真実!同級生や歯の噂とは

愛子様の猫がかわいい!ニンゲンって名前はデマ?本当か調べてみた結果

愛子様 ペット

天皇家で飼われているペットといえば、 「血統書付きのどんなにお高い犬種なんだろう?」 と考えてしまう庶民は私だけではないはず。 ですが、なんとゆりちゃんは血統書付きではなく雑種なのです。 しかも、動物病院で保護されているのをまだ子犬の時に譲り受けたのだそうです。 天皇家のペット猫 セブンちゃん 天皇家では猫ちゃんも飼われています。 猫のセブンちゃんです。 お顔立ちの整ったキジトラちゃんですね。 まるで手袋をはめたような白いお手々がキュートです。 猫のセブンちゃんも、犬のゆりちゃんと同様に保護されているところを譲り受けたという経緯で、皇室で飼われるようになったそうです。 まさに動物版シンデレラストーリーですね! なんて強運なワンちゃんと猫ちゃんなのでしょう!! 動物への愛を感じる愛子さまの卒業文集、工作 動物が大好きな愛子さまは、動物愛にあふれた文集や書を書かれ、工作を作られているので、紹介します。 桜愛集より 桜愛集より 桜愛集は愛子さまが小学6年生のときのものです。 すばらしい文集ですね。 『生き物が好き』『手先が器用』という長所はお従兄弟である秋篠宮悠仁様とも同じですね。

次の

愛子様と動物愛について

愛子様 ペット

スポンサーリンク 愛子さまの猫の名前はニンゲンでペットの由来・意味は?現在は天才! 愛子様は猫を3匹飼っており、「ミー」「ニンゲン」「セブン」という名前の猫を飼っています。 (画像引用元:) 猫の名前で「ミー」「セブン」は分かりますが、猫に「ニンゲン」と名付けるのはかなり個性的ですね。 そのため、宮内庁担当記者によると 「報道する時、猫の名前が『ニンゲン』であることを明かすのはNGです。 愛子さまに悪気はありませんが、やはりペット=人間というのはイメージが良くありませんから」 やはり「ペット=人間」と連想してしまうそうで、愛子様には悪気がないですが、報道規制なさっておるのです。 猫の名前が「ニンゲン」の理由は? 愛子様が猫の名前が「ニンゲン」にしたのは、• 猫が人と人の『間』に入り込み、身体をこすりつけてくるから• 人間のような仕草をするから という理由で名付けたのでした。 独特なセンスをお持ちですが、それだけペットを家族のように愛しているということなのでしょう。 スポンサーリンク 愛子様の現在は天才 猫の名前が「ニンゲン」と天才肌のようなセンスをお持ちの愛子様ですが、 現在は頭脳明晰で本当に天才のようです。 実は愛子さまは、学業が大変優秀で、通信簿はほぼオール5、常に学年でトップクラスの成績だそうです。 ただ愛子様はストイックな性格で、くだんのダイエットのように1つのことに集中しすぎてしまうところがあります。 しかし、そのストイックさが熱心な勉強に向かい、 自分の興味があるものに特化している天才のようです。 現在は人間観察、行動学、心理学に関心が強いようで、その部分の評価は学内でも随一とのこと。 反対に気乗りしない英語の成績は芳しくなかったりと、やはり興味のあることに没頭する天才肌のようです。 そんな 愛子様は天才肌だから、猫の名前が「ニンゲン」といった個性的な名前を付けたのかと納得ですね! 愛子様のペットの猫の名前はニンゲン!現在は天才になられる! 愛子様はペットの猫の名前は「ニンゲン」だったりと独特なセンスを持っていますがそれもそのはず。 愛子様は頭脳明晰で自分の興味があるものに特化している天才で、だから凡人には共感できないセンスを持っているのです。 今後もその天才的な感覚で凡人との感覚のズレで悩むかもしれませんが、突き進んで日本の象徴として頑張っていただきたいです。

次の

愛子様の影武者の真実!同級生や歯の噂とは

愛子様 ペット

雅子様の愛犬は保護犬? 雅子様の現在の愛犬は、 「由莉(ゆり)」という名前の保護犬です。 漢字まで付けていらっしゃるなんて、家族同様に大切に育てられているのが想像できますね! ゆりの前に飼われていた、 「ピッピ」と「まり」も元保護犬といわれています。 赤坂御用地内に迷い込んだ犬が産んだ10匹の内の2匹だそうですよ。 まりが2009年2月に老衰で死亡し、さらにピッピも同年9月に犬としては高齢の14歳で病死していますので、同じ年に一度に2頭も旅立たれ、辛いお別れをされました。 愛子内親王殿下が、まりが死亡してから似た犬を飼いたいとのご希望があり、その頃捨てられ保護されていたゆりと出会います。 ゆりは、 親しい動物病院を通じて2009年の春に生後2ヶ月で御一家の元に譲り受けられたそうです。 名前の由来はまりに似た名前をとの思いで、愛子様が 「ゆり」と名付けられたそうです。 近年、犬猫の殺処分ゼロを目指し様々な形で世間に訴えかける団体も増えてきて、ペットを飼うなら保護された犬や猫を、と意識される方も増えてきました。 過去10年での推移を見ると、引き取り数は3分の1に減少しているとはいえ、いまだに年間約43,000匹あまりが殺処分されているといわれています。 天皇御一家の動物たちへの慈悲深い思いは以前からであり、 自然と保護犬を譲り受けるという形を取っていらっしゃったのですね。 雅子様の実家の愛犬ショコラの画像 雅子様の愛犬といえば、 ショコラも有名ですね。 皇太子妃となられた当時の雅子様のお側には、愛犬ショコラがいました。 TVでも度々映像が流れ、 日本一有名な犬と言われましたね。 その可愛らしい姿に私もメロメロになりましたよ。 犬種は ヨークシャーテリアでした。 ヨークシャーテリアという犬種は、小型犬ながら直立した時に堂々とした雰囲気があり、気品を感じます。 愛玩犬の代表的な存在で、美しく艶のある毛並みと、黒目がちな目がとても可愛らしいので、女性からの人気が高い印象があります。 ご結婚後、ご実家に帰省された雅子様を迎えるショコラ。 雅子様の柔らかな表情と、ショコラの身を乗り出してお迎えする姿にも愛を感じますね! 信頼しあう眼差しに心が温まりますね。 今回は、雅子様の愛犬について調べてみました。 由莉(ゆり)をはじめ、ピッピとまり、ショコラと、これまで雅子様が人生を共にされたペットに対して、深い愛情を注がれ、家族同様に大切にされてこられた事が分かりました。 他にも、天皇御一家は現在猫も2匹飼われています。 名前は 「セブン」と 「みー」というそうですよ。 2011年当時に飼われていて、現在は他界している 「ニンゲン」という名の猫もいました。 愛子様が名付けられたそうですが、 茶目っ気のあるネーミングセンスは最高ですね!こちらの猫達も元保護猫という事ですよ。 「みー」と 「ニンゲン」は赤坂御用地に迷い込んできた猫たちで、 「セブン」は動物病院から譲り受けたそうです。 愛子様に関するエピソードになりますが、お母様の雅子様同様動物愛護に大変関心がおありになるとの事で、学習院初等科の卒業文集には、動物たちの命に関する文章を寄せられたそうです。 天才との呼び声も高い愛子様ですが、道徳の授業で知った殺処分の実態にお心を痛められた経験から、お飼いになっている犬と猫たちとの出会いと大切に育てられているご様子で、社会福祉へのご関心までを丁寧に、優しい眼差しと豊かな表現で書かれています。 小学生とは思えないさすがの文章力ですね! 雅子様は以前東宮御所内に入ってきた迷い犬や猫のお世話をされていたとの情報もあります。 心優しき令和の皇后陛下。 新しい皇后陛下となられた雅子様を、愛するペット達がこれからもお側にいながら、お支えしていくのではないかなと感じます。

次の