中央 大学 アイス ホッケー。 試合速報:

スケート部

中央 大学 アイス ホッケー

子どものチアが大挙来場し、いつもとは違う雰囲気で行われた10月21日の中央-慶應戦。 1ピリ途中、慶應のFW史リック(4年)に代わってフェイスオフの位置についた主将・FWの滝智弥(4年)を見て、あることに気がついたファンもいたのではないか。 滝と対峙したのは、中央のFW矢野倫太朗(4年)。 名門のCマークをつけてパックを取り合ったこの2人、九州・福岡のクラブチーム「ゴールデンジェット」の出身だったのだ。 アイスホッケーを始めたのは、ともに幼稚園の年長。 父親の仕事の関係で小学校時代は浦安、大阪で過ごした滝が福岡に引っ越してきたことを境に、2人のストーリーが交わった。 香椎ヒリューズとスターズが合併してできたゴールデンジェットでは、ともにFWとDFを掛け持ち。 3ピリオド45分のうち30分以上は氷の上にいた。 「アジアリーグや関東大学Aというのは別次元の世界で、自分たちはまあ、九州や関西でそこそこできるくらいのレベルなんだろうと思っていた」(矢野)という。 高校は、滝が神奈川の慶應義塾、矢野は苫小牧東。 滝とすれば、大学に進んで勉強に重点を置こうと考えての選択であり、矢野は「どうせやるなら北海道でと思ったんですが、唯一、福岡からの受け入れに真剣に対応してくれたのがガタ(東高)だった」中での進学だった。 そんな2人を、高校入学直前、全日本少年(釧路)での一戦が変えた。 予選リーグの栃木戦。 福岡の目標は「格上のホッケーを体感し、勉強する」ことだった。 当時は日光東中が強く、ハリデー慈英(早稲田)がいて、松渕雄太(大東文化)がいて、在家秀虎(慶應)がいて、鶴見耕太朗と三浦和憲(同志社)がいた。 福岡のスタッフとすれば、普段はしないはずの3セット回しで全員が滞氷して、中学トップのホッケーを学ぶことに意義があると考えたのだ。 と、そこに異を唱えたのが滝だった。 「それは違う! 試合が始まる前から勝負をあきらめるなんて、おかしくないですか。 3点差をつけられたら、そこからは3つ回し。 それまでは、勝つつもりでやりませんか」。 果たして試合は、最後まで決着のわからない熱戦となった。 終了2分前に決勝ゴールが決まるまで3-3。 最後は地力に勝る栃木が押し切ったが、福岡の健闘は大きなサプライズだった。 そしてそれは、滝と矢野にとってもサプライズだった。 「俺たち、全国でも案外やれるんじゃね、と」(矢野)。 「結局、当時は自分たちのレベルがよくわかってなかったんです。 謙虚というより、九州にいると比較する対象がなかったので」(滝)。 滝はその後、塾高で1学年上の安藤直哉と出会い、大学では「自分のホッケー観を変えてくれた」山中武司コーチと巡り合った。 矢野は東高で年代別代表の合宿に呼ばれるまでになり、現在も中央で主力セットのセンターを務める。 大学を出たら、アジアリーグへ。 福岡でプレーしていたころは考えもしなかった世界へ、2人ともに夢を描いた時期がある。 一緒にアジアリーグのチームの練習に乗りに行ったこともあった。 それでも2人が最終的に選んだのは、一般就職の道だった。 滝は、尊敬する安藤が迷いに迷って最終的にアジアリーグに進まなかったことを重く受け止めた。 「安藤さんは大きくて、うまくて、何よりホッケーが好きだった。 その安藤さんですら、アジアリーグ入りに踏み切れなかったんです。 条件を聞いたら、それもしょうがないのかなと。 実際、これから結婚して子供を育てるとなると…考えてしまいますよね」。 矢野は、アジアリーグでやっていけるだけの自信を持ちきれなかった。 「僕が入ったころの中央は、それはすごいメンバーでした。 なかなかシフトがなくて、ようやく与えられたのが3つ目。 でも、おまえのプレーは3つ目のプレーじゃないと、よく言われたんです。 おまえがやりたいプレーは1つ目、2つ目の選手がやるプレーで、3つ目に求められているプレーは違うんだよ、と。 大学の2つ目までに入れないのであれば、さらに高いレベルのアジアリーグは厳しいなと思ったんです」 福岡で過ごした中学時代、アイスホッケーだけでなく学習塾も一緒だった。 その後、高校は北海道と関東に分かれ、再び大学リーグで戦った。 そして偶然にも、来春から2人とも広告業界に進む。 しかも同系列の会社で、滝が東京本社、矢野は九州で勤務するという。 「広告には、何かを生み出す力があると思います。 僕は選手としてトップリーグに行くことはなかったですが、違う方向から日本のホッケーを良くしていきたい」(滝)。 「九州でプレーしている子どもは、僕たちを目標にしてくれているんです。 九州支社は本社より規模が小さいぶん、早い段階で仕事を任せてもらえる。 アイスホッケーという競技を評価してもらうためにも、仕事で成功して、ゆくゆくはホッケーの世界で働きたいです」(矢野) かつての日本リーグ6チーム時代から比べれば、大学生がトップリーグに進む数は格段に減った。 それでも彼らは、時代を憎むことも、九州で育ったことを嘆くこともない。 そして、ユニフォームではなく、スーツを着ていても、日本のアイスホッケーを良い方向に変えていけると信じている。 「試合が始まる前から勝負をあきらめるなんて、おかしくないですか」。 中3の春、滝が口にした言葉は、2人の中に今も残っている。 スキルフルでスマートなプレーが身上の矢野。 東高時代から、どういうわけかアゴのケガが多い。 塾高時代は1学年上の安藤、1学年下の長谷川真之介の「次点」という印象だった滝。 大学でスコアラーとして大きく伸びた。 PROFILE やの・りんたろう 中央大学総合政策学部4年。 FW、ライトハンド。 1996年10月1日生。 176㎝・75㎏。 福岡・愛宕幼稚園年長の時にホッケーを始め、愛宕浜小、姪浜中から北海道・苫小牧東高。 「好きなご当地グルメは明太子。 ブランドは、ふくやです」。 弟の竜一朗は東高で「将来の代表」と騒がれた大型センター。 現在は医大進学を目指して勉強中とのこと。 たき・ともや 慶應義塾大学法学部政治学科4年、本年度キャプテン。 FW、ライトハンド。 1997年2月22日生。 172㎝・75㎏。 浦安日の出幼稚園年長の時にホッケーを始め、大阪・箕面萱野小、福岡・城西中を経て慶應義塾高。 「僕はもつ鍋が好きですね。 締めはちゃんぽん麺で」 普段はジェントリーながらけっして妥協することのない滝と、それを見つめる矢野。 中学まで福岡で過ごした選手が名門大学でCマークを付けて対戦するケースは珍しい。

次の

アイスホッケー

中央 大学 アイス ホッケー

政策科学科 4年 矢野倫太朗さんが、7月22日~28日にイタリア・アジアーゴで開催される「世界インラインホッケー選手権大会2018」の日本代表選手12人(うち大学生は本学学生2人を含む4人)のメンバーに選ばれました。 矢野さんは、本学スケート部アイスホッケー部門に所属し、フォワード(FW)を担う中心選手として試合や大会で活躍しています。 今回はインラインホッケー 1 の選手として大会に出場するため、イタリアへの出発を目前に控えた矢野さんに、大学生活で力を入れたことや、今回の大会への意気込みについてインタビューしました。 どのような勉強をしていますか? 矢野 高校生の頃から宗教がどのように人の生き方に影響を与えるのか興味があり、総合政策学部では東南アジア社会文化、インドネシアのイスラームを研究する加藤ゼミで学んでいます。 昨年の12月にはゼミ合宿でベトナムのホーチミンとハノイを訪れ、ベトナムにおける宗教の社会的意義についてリサーチしました。 試合直後の合宿だったので体力的に厳しい面もあったのですが、スポーツ以外も全力で取り組もうという心構えで調査活動をしました。 そこには「宗教において善悪を判断する」という共通認識があり、宗教があるからこそ社会全体の「善」が保たれているという考えを知ることができました。 また、街を観察する時間を大切にして過ごしました。 街のさまざまな場面で社会主義の特徴を発見することができたので、資本主義と比較しながら歩きました。 たとえばイスラーム教徒の方が競技とラマダン期間が重なってしまった場合や、女性アスリートが競技中も肌を覆う衣裳を身に着けなくてはならないなど、スポーツと宗教を選択しなければならない場面でどのように考え、行動するのかを調べています。 矢野 インラインホッケーはいつも取り組んでいるスポーツとは違う種目ですが、日本代表としての誇りを持って全力で戦ってきます! 7月28日に最終日を迎えた「世界インラインホッケー選手権大会2018」で、日本代表男子チームは全7試合を戦い、6勝1敗で大会を終えました。 順位は昨年より4つ上げて9位の成績を収めました。

次の

ブルーズ選手紹介 7矢島翔吾(中央大学2年)

中央 大学 アイス ホッケー

今回は練習の合間に蓑島選手にアイスホッケーとの出会いから、世界への壁、そして弊社タオルについてお話を聞いてきました。 小学校の校庭にもリンクがあって。 中学校もリンクがあります。 野球やサッカーよりも定番で、体育の授業も、ホッケーがありました。 中学からクラブチームに入っていました。 ただ、そのときはあんまりホッケーに夢中じゃなくて、中2まではずっと勉強で大学まで行くと決めていました。 当時は、ホッケーでは注目されるような選手じゃなくて、遅咲き型というか早熟タイプの人には負けていました。 高校に入学してからも、なかなか芽が出なかったんですが、高3になってウェイトトレーニングをするようになって。 練習も一つ一つ目標を持ってやっていったら体がだんだん出来上がってきて、すごく伸びた時期があって。 そこでたまたまナショナルチームの監督が試合を見ていて、目に止まったみたいで、卒業してからすぐ日本代表に入りました。 ああいうプレーが蓑島選手の持ち味ですか? まさにそれです。 攻め上がることもあるんですけど、上手いFWがいたら、全部任せて守りに徹してつなぐ、ピンチを防ぐという考えでやってます。 スケーティングの練習とか、パックを持って色々な所をみてキープするとか、そういう小さいことの積み重ねが大きいと思います。 FWはある程度のところまで行くと才能がものをいいますが、ディフェンスはそこをひっくり返せるのが、面白いと思います。 日本人でラグビーなら、敏捷性が長所と言われるんですけど、そこですらドイツ人は日本人よりいいものを持っていて。 部分部分でも勝てる場所がなかったです。 普段自分は大学生と試合やるとある程度上のレベルになるので負けちゃいけないというメンタルなんですけど、上の相手とやると負けてもいいからチャレンジしようと。 負けて当たり前みたいな状況なので。 国内の大学生でも部分部分には突出した選手はいて、自分よりもはるかにスキルが高い選手もいるので、そういう選手の真似をするようにしています。 自分の中では、この人のこのプレーを真似しようとか、上手い選手のプレーを自分でも再現できるように、コレクションしています。 たとえば、今日はこのディフェンスの動きを1試合を通して見ようとか、流れを俯瞰して見るんじゃなくて、1人のプレイヤーになったつもりで見ています。 小さい頃、何かの漫画で・・・「星のカービィ」を読んでからですね。 ほんとに努力家というか勉強家ですよね。 ブログを見ていても、けっこう本を読まれてますよね? 1ヶ月に20冊くらいは読んでます。 好きな作家は? 「君の膵臓を食べたい」の住野よるさん。 ビジネス本だと、「サピエンス全史」、最近だと西野さんの「革命のファンファーレ」が面白かったです。 広告の記事とかってスポーツでも一緒だなーと。 プロスポーツの広告でもお金が大きいので、リンクさせて読んでました。 アイスホッケーにはバイザー 顔、目を保護する防具 があるんですが、バイザーを拭いたときにつるんとするので、それがすごく気持ち良いです。 今まで使っていた普通のタオルは、毛羽が残ってしまったので。 あと、普通のタオルで試合終わったあとにふくと、顔が赤くなっちゃってかぶれてしまうことがあって、スケートリンクの氷や、照明が反射して顔が焼けるのでけっこうかぶれるんですが、それがなくなりました。 ホッケーだと冬だと外で走り込みとかトレーニングをするので雪焼けがすごくて、それも今年ちょっと改善されるかなと思っています。 試合が終わったあと、シャワーを浴びた後に使うのは、です。 練習終わってすぐだと、拭いても、拭いても汗が出てきますが、オーガニック732を使うと、あっという間に汗が拭くことができて。 あとはスケート靴の刃の横に雪が凍りついていて、それをタオルで落とすんですけど、タオルが切れたりしないので安心して使っています。 今のチームのキャプテンも、僕が使っているのを見て、すぐ欲しいって言ってネットで買ってくれました。 良いタオルが欲しかったみたいで。 スポーツ選手だと、スポーツグッズにはこだわりがあると思いますが、蓑島選手のモノを選ぶ基準は? 最近はすごく長く使えるモノを買うようにしています、ちょっと高くても。 アイスホッケーの防具は、値段が高くて親に買ってもらっているんですが、 周りの人たちはお金持ちが多くてスティック何回も変えたりして、いいなあとは思いますけど、僕の家はお金持ちではくて普通の家だったので、1回買ってもらったらできるだけ長く使うようにしています。 大切に使ってくださいね。 ホッケーの試合、とても迫力があって面白かったので、また見に行こうと思います。 練習前の忙しいときにありがとうございました。 ありがとうございました。 東京近辺だと東伏見のアイスアリーナや、新横浜のスケートリンクで試合をしています。 男子ホッケーはまだまだマイナーなスポーツで、なかなか満員になることはありません。 もっとたくさんの人に見て欲しいと思っていますので、応援宜しくお願いします。

次の