ペアーズエンゲージ 会員 数。 ペアーズエンゲージ(Pairs Engage)が会員登録を開始!ペアーズがつくった結婚相談所アプリの詳細は?

あのペアーズがオンライン結婚相談所を開設!料金・できること・評判まとめ

ペアーズエンゲージ 会員 数

編集部の中本です。 今回は大人気アプリ「ペアーズ」の姉妹サービス〝Pairsエンゲージ〟について細かく解説します。 「マッチングアプリで異性の友だちはできるだろうけど、結婚相手としてはどうなの?」 「マッチングアプリって安全性が気になって、婚活としては不安になってしまう」 「結婚相談所に行くのはちょっと・・・でもアプリはお手軽すぎる感じ」 こんな迷いやお悩みを一気に解決してくれるのが「Pairsエンゲージ」です。 ペアーズエンゲージは、有名なマッチングアプリ・ペアーズが作った「結婚コンシェルジュアプリ」つまり、ただのマッチングアプリではなく、結婚が最大の目的のアプリです。 今回はPairsエンゲージをまるっとすべて、紹介していきますね。 ペアーズエンゲージは、 が作った1年以内に結婚したい人のための結婚コンシェルジュアプリです。 【結論】実際に使ってみた感想・口コミ評価まとめ 3ヶ月間ペアーズエンゲージを使い、合計で8名の異性とお会いしてきました。 私の評価としては、 真剣に結婚を考えている人やマッチングアプリで真剣な人がいないと感じていた人はぜひ一度使ってみて欲しいです。 ただ、自分が相手を選べるわけではないため、好みの異性像がハッキリしている人には向かないかなと思います。 向いているなと思ったのは、 ズバリ、首都圏に住んでいて、1年以内の結婚を目指している人にオススメの婚活サービスです。 ペアーズエンゲージの大きな特徴は3つあります。 独身証明書の提出が必須で安全性が高い• 結婚相談所のような紹介システムだが、全てオンラインで完結• () 首都圏以外に住んでいる人にオススメのマッチングアプリ 残念ながら、ペアーズエンゲージは2020年現在、首都圏在住の人しか利用できません。 そのため、東京・千葉・埼玉・神奈川以外に住んでいる人はペアーズや別の婚活サイトの利用をおすすめします。 さらに、プロカメラマンによる無料プロフィール写真撮影会もあり、始めるのにベストな時期です。 参考 ペアーズエンゲージとは ペアーズエンゲージは 結婚相談所と婚活サイトの中間とも言える「完全オンライン型・結婚前提の婚活サイト」です。 婚活にはマッチングアプリ・婚活サイト・結婚相談所・婚活パーティーといくつかの方法がありますが、Pairsエンゲージは 「結婚相談所と婚活サイトの中間」と言われる、オンライン結婚相談所に分類されます。 婚活サイトよりもさらに徹底した「身元確認」をし、信頼性を非常に高めているからです。 結婚相談所と同じような担当者(コンシェルジュ)のサービスも受けられます。 オンライン結婚相談所とは? オンラインのみで完結する結婚相談所のことです。 結婚相談所の大きな特徴である、以下の特徴を満たしながらも、全てがオンラインで完結するサービスです。 その代わり、一般的な結婚相談所よりも費用が抑えられています。 各種証明書の提出・確認• 仲人が異性を紹介してくれる• アドバイザーへ婚活や恋愛の相談ができる また、様々な婚活サービスの特徴や具体的なサービスは各ページで解説をしていますので、あわせて参考にしてください。 ペアーズエンゲージは「結婚コンシェルジュアプリ」です。 その名の通り、エンゲージ(婚約)を目標とし、結婚を大前提とした出会いを目的としています。 「なんとなく、誰かいい人がいたらお付き合いして、結婚とかもできたらいいな〜」ではなく、 「1年以内に結婚したい!結婚相手を見つけたい!」真剣な婚活をしたい人が対象です。 ペアーズエンゲージの大きな特徴を3つ解説していきます。 【特徴1】独身証明書提出や収入証明書の入会審査があり、100%安全に出会える 入会に必要な書類• 本人確認書類• 独身証明書• 収入証明書• 国家資格証明書(一部の職業のみ必須) ここがマッチングアプリや婚活アプリとの大きな違いです。 ペアーズエンゲージでは、結婚相談所と同じように、入会時に証明書を提出してから活動をします。 独身証明書・収入証明書等の取り方 独身証明書は、本籍地のある役所で取得できます。 住民票がある(住んでいる場所)ではなく、本籍地なので人によっては遠い場合もあるでしょう。 郵送でも取り寄せができますから、本籍のある役所にまず問い合わせてみましょう。 収入証明書という書類自体はありません。 一般的には 面倒なようですが、ペアーズエンゲージは「安全と信頼」に重点を置いていますし、会員すべての人がこうした証明書を提出している=どんな人と出会っても、本人の確認は信頼できる大きなメリットがあります。 サクラや業者、ヤリモク、既婚者などの迷惑ユーザーは100%いない マッチングアプリでは独身証明や収入証明の確認は行っていないため、迷惑ユーザーを100%除外することはできません。 一方でペアーズエンゲージは入会時に審査があるため、100%独身で結婚願望がある人しか入会ができません。 さらに、ファーストコンタクト(顔合わせ)は二人きりですが、細かなルールが決められており、違反があった場合は強制退会や紹介停止の対応が取られます。 マッチングアプリのように自己責任ではなく、 ペアーズエンゲージ側がきちんと間に入り守ってもらえるため、男性も女性も安心して婚活することができます。 私自身もこんなサービス待ってました!と思えるくらい、安心して利用できるサービスだと思います。 【特徴2】24時間チャットで相談できる専属コンシェルジュチーム 婚活では、人それぞれ小さな悩みを抱えることは少なくありません。 「メッセージって、最初はどんな感じがいいのかな」 「どれくらいメッセージ交換したら、デートに誘ってもいいの?」 「どこで会う約束をするのが相手の負担にならない?」 こんな細かい相談にも、ペアーズエンゲージの担当アドバイザーが丁寧にアドバイスをくれます。 婚活を支えてくれるのは専属のコンシェルジュチームです。 また、有料の場合もありますが、プロコーチもいます。 婚活に関わるアドバイスが必要な時は、こうしたサービスも利用できます。 マッチングアプリのように「ひとりで何もかも考えて行動する」のと違い、ペアーズエンゲージ専属のコンシェルジュがサポートをしてくれるので、 婚活初心者や恋愛経験が少ない方でも安心ですね。 【特徴3】結婚相談所のサービスが低価格で利用できる 従来の結婚相談所の場合、入会金・月会費・成婚料とかかり、平均して15万〜100万円ほどの費用が必要です。 しかし、ペアーズエンゲージでは、月会費の9,800円のみで活動ができ、入会金・成婚料が不要ととても安いです。 ) ペアーズエンゲージの料金について 気になるPairsエンゲージの利用料金や最初にかかる費用について解説します。 毎月の会費9,800円がかかるだけです。 現在は入会費用もキャンペーンで無料ですので、毎月の費用のみでOK。 さらに、1ヶ月プランなら期間の縛りなく退会も可能で安心です。 有料オプション(プロの婚活コーチングなど)もありますが、上記だけの料金で専属コンシェルジュの相談も含まれていますから、他の課金をあまり気にしなくて大丈夫です。 ペアーズエンゲージは結婚相談所と比べても料金が安い! ペアーズエンゲージと似ているサービス(結婚相談所・オンライン結婚相談所)の料金を比較しました。 1年間の利用料金を見ても、とても安いことがわかります。 結婚相談所は料金も高額でハードルが高いという方にとっては、手軽に利用できるサービスです。 しています。 ペアーズエンゲージの全額返金制度 について ペアーズエンゲージには全額返金制度があります。 会員の手続きを行ってから90日以内に、マッチングが成立しない場合、入会金と全額返金対象期間の月会費が返還されます。 ペアーズエンゲージのマッチングは、良さそうな相手に「いいね」を送ったり貰ったりし、実際に会うことを前提として、双方が同意したことを言います。 このマッチングがもし3ヵ月できなかった場合には、全額返金してくれるという保証制度ですね。 全額返金については、会員登録に必要な書類等をすべて期限内に提出し、約3ヵ月の間に自動スキップをしていないこと、などいくつか条件があります。 公式サイトの利用規約を確認してください。 細かい規定はあるにしろ、もし全くマッチングしないようなことがあれば、会費が戻ってくるというのは、それだけ「出会い」に関して自信がある証拠かな、と思います。 ペアーズエンゲージ入会から使い方、出会いの流れ ペアーズエンゲージの使い方を簡単に紹介します。 1:入会申し込み まずはから登録を行ってください。 2:各証明書やプロフィールの準備 約14日間の準備期間が設けられています。 この期間は月会費は発生しません。 2週間の間に本人確認、独身証明書、収入証明を撮影し、アップロードします。 その後、プロフィールを登録します。 3:毎日19時に異性を1名紹介 毎日、19時にPairsエンゲージから1名の紹介があります。 紹介は2つのタイプから選ぶことができます。 自分のことを希望条件としている相手• 自分が好む異性の条件に当てはまった人 返事は7日間の有効期限がありますが、7日以内であれば自分の好きなタイミングでチェックができます。 4:ファーストコンタクト(顔合わせ) お互いに「いいな」と感じ、一度会ってみたいと思ったら、ファーストコンタクト(出会い)になります。 システム上で日程調整等を行い、初回は1時間程度のお見合いタイムになります。 マッチングアプリのような事前のメッセージ交換はありません。 初デートではなく顔合わせというイメージです。 お互いに「いいね」をした後に、女性から日程調整を行います。 マッチング後7日以内に女性から日時と待ち合わせ場所を複数提案• 男性が候補日の中から日程を選ぶ• 男性は、提案された候補日や待ち合わせ場所では難しい場合は再提案を依頼• 再提案を依頼された女性は、男性が出した提案をもとに新しい候補日と場所を再提案 このやりとりを繰り返して日程と場所を確定します。 5:カップリング ファーストコンタクト後にお互いに気持ちが一致したら、カップリングが成立し、メッセージ交換へと進みます。 カップリングは複数の方と可能です。 お断りの場合は、コンシェルジュへお断りの理由を伝えて終了です。 理由は相手には直接伝わりません。 自分がお断りされた場合も、どこがダメだったのか聞くことができるので、恋愛経験が少ない人でも学びながら婚活を進めていけます。 6:真剣交際〜結婚 カップリングした相手との遣り取りを続け、結婚したいと思える運命の相手を選んで、真剣交際へとつなげていきます。 ペアーズエンゲージの退会方法 ペアーズエンゲージは毎月30日ごとの契約ですが、 自動更新になっています。 つまり、自分で更新を停止しないと退会になりません。 利用していないからといって放置しておくと、料金だけ引き落としされるので注意が必要です。 ペアーズエンゲージの退会を希望する場合、次回更新日の3日前までに連絡をしましょう。 退会の方法 ペアーズは恋愛目的なのに対し、ペアーズエンゲージは結婚目的 まず、一番の違いは「出会いの目的」です。 Pairsエンゲージは明確に「結婚」を前提とした出会いです。 いっぽうペアーズは、独身男女が恋人を見つけるための恋活が主流ですが、同じ趣味を持つ異性の友人を見つけたり、「楽しく過ごすための相手」を探したり、出会いの目的は様々です。 ペアーズエンゲージには専属コンシェルジュがつく ペアーズはいわば自由恋愛、相手が見つかり、メッセージ交換からスタートして、自力でなんとかしてね、ということです。 Pairsエンゲージは、コンシェルジュが存在します。 コンシェルジュは365日24時間、いつでも相談に乗ってくれます。 オンラインで常に専属のコンシェルジュに連絡ができる、相談ができるのは、悩みや不安が生まれやすい婚活ではとても心強いことです。 Pairsエンゲージは成婚にむけて、マンパワーで対応してくれます。 メッセージなしで初回顔合わせに進む Pairsエンゲージでは、いいねのマッチングが成立したら必ずファーストコンタクト(=実際に会うこと)を実施しなくてはなりません。 Pairsエンゲージは結婚相手を探すことについて真剣な男女が利用することが前提のサービスなので、いいね!をしたお相手がいいね!をしてくれたら必ず会うのがルールです(より抜粋) ここが、通常のペアーズとの大きな違いですね。 通常のペアーズでは、いいねをして、相手も承諾すれば、それからメッセージ交換をします。 その後、メッセージ交換で好感を持てば、実際の出会い(初デート)に誘います。 ちょっとわかりづらいかもしれませんが、 通常のペアーズとPairsエンゲージでは、同じ言葉でも、ちょっと違った意味合いで使われたりするんです。 混乱しがちなので、次に主な違いがわかる単語比較表を載せておきますね! ペアーズとペアーズエンゲージの言葉の違い ペアーズとPairsエンゲージでは、同じ言葉遣いでも、システム上「内容が違う」ところがあります。 以下に混乱しそうな言葉の違い、ペアーズエンゲージのみ使用されている言葉を一覧したので、参考にして下さい。 用語 ペアーズ ペアーズエンゲージ いいね 次のメッセージ交換へと 進むために相手に興味があること 気軽に気持ちを伝える言葉 いいねは、相手と実際に会ってみたい という意思表示。 真剣度が高い。 マッチング いいねをして相手も いいねを返したらマッチング成立 いいねをして相手も いいねを返したらマッチング成立 ファーストコンタクト 特に使用しない マッチング後にふたりで 最初にあうお見合いタイム カップリング マッチングとほぼ同じような 意味で使うことが多い ファーストコンタクト後に ふたりの気持ちが同意した場合 カップリング成立 真剣交際の前段階 真剣交際 特に使用しない カップリングは複数できるが その後、ひとりに決めて成婚退会に 向けてのお付き合いをすること コンシェルジュ いない 婚活をサポートするスタッフ ペアーズエンゲージの注意点やデメリットは? ペアーズエンゲージを利用するにあたっての注意点やデメリットについてです。 ファーストコンタクトの制約が厳しい!? ペアーズエンゲージでは、マッチングアプリのように最初にメッセージ交換するのではなく、いきなり相手と会うことになります。 「すぐに初デートできるの?」と思うかもしれません。 が、けっこう、この初回お見合いはルールが厳しいのです。 ファーストコンタクトのルール• 10時〜19時の間• 1時間で切り上げるが、30分以内に切り上げてはいけない• 相手のフルネームを聞いてはいけない• 連絡先など個人情報の遣り取りはできない• 食事や飲酒は禁止• 相手のプロフィールを見ながら話してはいけない 実はもっとあるんですよ。 ご丁寧に「携帯電話を見ながら話してはいけない」なんていう、マナー違反的なものも注意書きされています。 食事や飲酒は禁止となっていますが、ペアーズエンゲージの公式サイト活動マニュアルでは、食事禁止は「デザートを含む」となっています。 相手に踏み込みすぎる行為は全般的に禁止と覚えておけばいいと思います。 使い方を把握するまで時間がかかる ペアーズエンゲージの利用方法は、けっこう複雑です。 マッチングアプリの感覚からすると、面倒くさいなと思うことはあるかもしれません。 提出する書類も多いので、口コミを見ると「あれこれ出すのが大変」という声も。 一度実際に利用すれば、その後はだいたいの流れがわかると思いますが、最初は「いつまでに連絡しなくちゃ」「真剣交際までは連絡先を聞いてはいけないんだ」といった細かい段取りやルールが面倒に思うかもしれませんね。 でも、 ペアーズエンゲージのこうした詳細な規則は、安全に利用するため、そして結婚につながる真剣なお付き合いを目的としているからです。 面倒なのはデメリットであると同時に、安全であるというメリットでもあります。 【体験談】ペアーズエンゲージを3ヶ月間使ってみた評価 冒頭で軽く評価を書きましたが、もう少し具体的に体験談と評価をまとめて紹介していきますね。 結婚を考える女性にとって、マッチングアプリは軽すぎた 真剣な交際を考えている人にとって、一般的なマッチングアプリは少し手軽すぎる面がありました。 様々な人と出会えるのがマッチングアプリの良さですが、異性の友だちが欲しい人も、結婚相手も見つけたい人もいるわけで、お互いの婚活に対する温度差が大きかったわけです。 私自身、マッチングアプリで出会った男性は結婚を前提に本気で活動しているというよりも、なんとなく女性と出会いたくて使っているんだろうなと感じることがとても多かったです。 だからといって、結婚相談所に行くほど切羽詰まっているわけでもないと感じていました。 (ちょうどアラサー世代の女性は共感してくれると思います。 ) 誰でも始めやすい、気楽に使いやすい、でも真剣度の高い人しかいない。 ペアーズエンゲージのサービス内容は、真剣だけど必死ではないアラサー世代の女性にぴったりでした。 毎日5分、効率の良い婚活で続けられる ペアーズエンゲージの使い方はとても簡単で、毎日紹介された人と会いたいかを決めるだけ。 お互いに会いたいと思ったら、日程調整をして1時間お茶をして、もう一度会いたいか考える。 この繰り返しです。 ペアーズエンゲージの場合は、入会審査と細かなサポートがあるため、マッチングしていきなり顔合わせでも不安やトラブルはありませんでした。 ルールは会う時間、場所、NG行動などがかなり細かく決まっているため、嫌な思いをすることはありません。 メッセージの対応をする手間がないので、婚活アプリやマッチングアプリよりも随分楽です。 忙しくて続けられない、同時進行が面倒、メッセージのやりとりが苦手。 こんな人でも大丈夫です。 私はマッチングアプリのペアーズも、ペアーズエンゲージも両方経験しましたが、1時間でも会ってしまう方が早いです。 マッチングアプリで2〜3週間かけて作っていた流れが、ペアーズエンゲージなら1〜2時間で完結するので、とても効率が良い婚活方法だと感じました。 紹介してもらえる異性は選べないけれど、理にかなった紹介基準 自分の好みの異性を選べない点で、良い人に出会えないのでは?とネックに感じていました。 ですが、紹介は自分にいいねをくれた人や自分が出会いたい条件に当てはまる人など、ランダムやコンシェルジュが独自に選んだものではありません。 きちんとお付き合いに発展する可能性がある人を紹介してもらえるので、「全然好みの人じゃない」なんてことはありませんでした。 結婚相談所の前の選択肢としてはベスト 3ヶ月使ってみて、この価格でこのサービスであれば、活用しない手はないと思いました。 結婚相談所に行くことを検討しているならば、ペアーズエンゲージでまずは3ヶ月間活動してみることをおすすめします。

次の

ペアーズエンゲージ(Pairs Engage)の評判/口コミは?ペアーズとの違いも分かりやすく解説

ペアーズエンゲージ 会員 数

ペアーズエンゲージとは?婚活コンシェルジュアプリの評判・口コミ 「アプリで自分で相手を見つけられないけど結婚相談所は高すぎる・・・」 「積極的になるのが苦手だから結婚までサポートして欲しい」 「オンラインで徹底的にサポートして欲しい」 アプリは万能ではありませんので、このような悩みは尽きません・・・。 そのニーズに答えるようなアプリが「」から、ついに 婚活専用のアプリが登場することが決まりました! その名も「 ペアーズエンゲージ」です。 2019年7月11日から事前登録受付がスタートし、さっそく熱い注目を集めています。 サービス内容も目新しく、さながら「 マッチングアプリと結婚相談所のいいとこ取り」といった感じです。 そんなペアーズエンゲージについて、現時点でわかっている情報を余すところなくお伝えしていきたいと思います! 目次• ペアーズエンゲージとは 画像引用:公式サイトより ペアーズエンゲージは、国内最大級のマッチングアプリ「ペアーズ」から生まれた、「結婚コンシェルジュアプリ」です。 ただの「婚活マッチングアプリ」ではなく、その名の通り コンシェルジュサービスが付いている点が特徴となっています。 ペアーズは、累計登録者数が1,000万人を突破している、超人気のマッチングアプリ。 しかし、婚活専用ではないため、今すぐ結婚したい人々にとっては必ずしも使い勝手がいいとはいえませんでした。 (そのため当サイトの婚活アプリランキングでも「番外編」として紹介していました。 ) そこで、運営元のは婚活市場を徹底分析し、効率重視のサービスを研究。 その結果、充実したサポート体制と会員の真剣度の高さが魅力の「結婚相談所」と、手軽に多くの異性と出会える「マッチングアプリ」の両方の特性を備えた「結婚コンシェルジュアプリ」が開発されたのです。 公式には、「1年以内に結婚したい人のための、まったく新しい手軽な婚活体験を提供するアプリ」とうたわれています。 ペアーズエンゲージは、iPhone版が7月31日から、Android版は8月28日から運用開始の予定です。 これまでの結婚相談所との違い ペアーズエンゲージは、結婚相談所とマッチングアプリの双方の魅力をドッキングさせたサービスが特徴です。 これまでの結婚相談所とは、以下のような違いがあります。 月会費が安い!お見合い料や成婚報酬もなし! 結婚相談所は、プロのスタッフによる手厚いサポートを受けられる点が魅力ですが、その分、料金が高い点がネックです。 入会金や登録料などの初期費用だけで10万円ほどかかるところが多い上、毎月の会費が1~3万円、さらにお見合い料 1件5,000円~10,000円 が別途かかるところもあります。 そしていざ成婚となった場合は、20万円~50万円の成婚料が発生する相談所も少なくありません。 トータルで見ると、かなりの出費ですよね。 一方、ペアーズエンゲージは 入会金9,800円、 月会費9,800円の明朗会計で、お見合い料や成婚料は一切かかりません。 店舗に行かなくてもOK。 オンライン完結型の本格派サービス! 結婚相談所は、最近はオンラインで活動できるシステムが普及してきましたが、基本的には店舗に直接出向いて面談を受ける必要があります。 入会時はもちろん、入会後も定期的にアドバイザーと面談することで、婚活の進捗状況を確認したり、これからの戦略を立てたりするのです。 一方、ペアーズエンゲージはオンライン完結型のサービスですから、店舗に出向く必要はありません。 かといって、普通の婚活マッチングアプリのように自分一人で気ままに婚活を進めるのではなく、お相手の紹介から初デート、真剣交際、そして成婚に至るまで、しっかりと管理・サポートを受けられます。 しかも専属のコンシェルジュには、24時間いつでも相談できますので、忙しい方でも安心ですね。 本人確認書類(必須)• 独身証明書(必須)• 収入証明書(必須)• 学歴証明書(短大・専門学校・高専卒以上の場合必須)• 国家資格証明書(一部の職業のみ必須) 従来の婚活マッチングアプリでは、年齢確認のための本人確認書類の提出は義務づけられていますが、それ以上の書類は提出できないか、できたとしても任意になっていることがほとんどです。 そのため、独身を装ったや、身分を詐称した業者などが普通に紛れ込んでいました。 しかし、ペアーズエンゲージでは上記の書類提出が必須となっていますので、会員の質はかなり担保されるはずです。 独身証明書などは、役場で発行してもらわなければいけませんが、だからこそ、その手間を惜しまない真剣な会員とだけ出会うことができます。 独身証明書の発行方法 「独身証明書」というのをはじめて聞いた方も多いかと思いますが、本籍のある市町村役場で発行できる公的な書類になります。 運転免許証などの身分証明書のみあれば発行できますので、窓口もしくは郵送で発行してください。 「え?自分で検索できないの?」と思われる方も多いかもしれませんが、普通のマッチングアプリのように検索メインの活動ですと、マッチング率が安定しにくいですし、時間と手間もかかりますよね。 その点、自動的に紹介を受けるサービスなら、1日1回お相手をチェックして「あり」か「なし」かを選ぶだけでスマートに婚活できます。 しかもペアーズエンゲージは、これまでペアーズで培ったマッチングのアルゴリズムを採用しているため、理想に合ったお相手と出会える可能性が高いのです。 また、紹介は1日1回ですが、お相手からの「いいね!」も届きますので、実際にはもっと出会いのチャンスは多いと思われます。 それを乗り越えてゴールインするためには、常に支えてくれる存在が必要です。 そこで、ペアーズエンゲージでは 会員1人ひとりに専属のコンシェルジュが付きます。 婚活に関することならどんな相談でも可能、しかも 24時間365日の対応です! アプリの使い方など、簡単な質問にはAIが回答しますが、複雑な恋愛相談などには、有人のコンシェルジュがしっかりと対応してくれます。 これは心強いですね。 プロコーチとは、自分磨きの専門アドバイザーのこと。 たとえば、プロフィール写真の選び方や、デートに着ていくファッションの選び方、コミュニケーションのとり方などは、専門の知識を備えたプロコーチが情報を提供してくれます 個別の相談は有料。 いわば、コンシェルジュは「総合窓口」、プロコーチは「専門窓口」といったところですね。 こうしたダブルのサポート体制があることで、オンライン完結型でも充実した婚活ができます。 まず、お互いに「いいね!」を送りあってマッチングが成立したら、 7日以内に「ファーストコンタクト 初デート 」の日程調整をしなければいけません。 それをしなかった場合は、強制退会などのペナルティが課されることもあります。 日程調整もルールが決まっており、まず女性から日時や待ち合わせ場所をいくつか提案して、男性がその中から選ぶ、という手順になっています。 待ち合わせ時間は10時〜19時の間、場所は喫茶店やカフェで、食事や飲酒は禁止となっているのも、普通の婚活マッチングアプリにはないルールです。 これらは、まさに結婚相談所のルールと同じですね。 成婚退会まで確実に進んでいけるよう、きっちりとレールが敷かれています。 まず、ファーストコンタクトの後、お互いが「もう一度会いたい」と希望すれば「カップリング成立」となります。 カップリングは複数の人と可能ですが、カップリング期間は「90日以内」と決まっていますので、その間にデートを何度か重ねて、結婚相手としてふさわしいかどうかを判断しなくてはいけません。 その後、お相手を一人に絞ったら「真剣交際」のスタートとなり、他のカップリングはすべて解除され、紹介も停止されます。 この段階にきて、ようやくアプリ外での連絡先交換ができるようになります。 最終的には、2人でアプリを卒業して成婚退会、という流れです。 宿泊をともなう旅行や、婚前交渉、同棲などをした場合は、強制的に成婚退会となります。 このように、すべてのプロセスにおいて細かいルールが色々と決められていますので、普通の婚活マッチングアプリのように自由に行動することはできません。 その点は、結婚相談所のシステムに準じています。 だからこそ、遊び目的の人や業者などは入り込む余地がありませんし、面倒くさがりの人でも着実に成婚に向けて活動できるのです! ペアーズエンゲージの利用料金 画像引用元: ペアーズエンゲージの料金は、男女とも同じで、基本的には入会金と月会費だけです。 どちらも9,800円 税込 で、月会費は30日ごとに発生します 自動更新。 支払いは、クレジットカード決済 VISA・MasterCard・JCB のみです。 ペアーズと違って、アプリ内決済はできません。 画像引用元:ペアーズエンゲージ登録画面より 公式サイトには「追加費用は一切かからない」とありますが、活動マニュアルを見ますと「プロコーチの個別対応は有料コンテンツ」との説明がみられるため、有料のオプションは存在するものと思われます。 普通に活動するだけなら、月9,800円しかかかりません。 これは従来のよりは2~3倍程度するものの、結婚相談所を利用することから考えると激安ともいえる料金設定です。 ペアーズエンゲージの対象エリア ペアーズエンゲージは、2019年7月現在、「東京・千葉・埼玉・神奈川」にお住まいの方のみ登録可能となっています。 その他のエリアは随時展開予定となっていますので、少し待たないといけないようです。 婚活マッチングアプリは、その性質上、ある程度の会員数を確保しないとサービスを提供できません。 せっかく登録しても、同じ地域に住む会員の数がまだ十分でなければ、お金のムダになってしまいますよね。 ただ、累計登録者数1,000万人突破のペアーズを運営している会社ですから、おそらく近いうちに順次エリアは拡大されていくと思われます。 首都圏以外にお住まいの方は、スタートの情報を見逃さないようチェックしてくださいね。 ペアーズエンゲージの使い方 画像引用元: ペアーズエンゲージの使い方は簡単です。 アプリをダウンロードした後、ペアーズエンゲージでは必須の「本人確認書類」と「独身証明書」をスマホで撮影してアップロードします。 後は自分が入力した内容を元に、合いそうな会員を毎日1名紹介してくれます。 「この人会ってみたい」と思ったらいいね!をして、相手からもいいね!が返ってきたらマッチングです。 ペアーズエンゲージでは、「7日以内に「ファーストコンタクト 初デート 」の日程調整をしなければならない」というルールがあるため、マッチングをすっぽかすことはできなくなっています。 またカップリング期間は「90日以内」と決まっていますので、その間にお相手としてふさわしいのか判断し、お相手が決まったら「真剣交際」スタートということで、他のカップリングや紹介もすべて停止されるのです。 普通のマッチングアプリであればこのあたりは自由恋愛なので期限がないのが普通なのですが、ペアーズエンゲージでは初デートの日程調整やお相手の検討期間などの期限を明確に定めることで、奥手な人でも確実に真剣に行動することができるのです。 これは今までになかった新しいしくみになっています。

次の

ペアーズエンゲージの評判と料金!pairsエンゲージの口コミと使い方・メリット&デメリット解説

ペアーズエンゲージ 会員 数

ペアーズエンゲージ Pairs Engage とは ペアーズエンゲージ Pairs Engage はペアーズの姉妹アプリとなる、 結婚コンシェルジュアプリです。 「1年以内に結婚したい人のための、新しい手軽な婚活体験を提供するアプリ」というテーマでリリースされました。 登録から利用、サポートまで全てオンラインで完結するので、わざわざ店舗に行く必要がありません。 ペアーズエンゲージで婚活する6つのメリット ペアーズエンゲージ Pairs Engage はなぜ、1年以内に結婚したい人におすすめなのかがコチラです! 本気で結婚したい人が活動しやすいシステムがしっかりと用意されています。 <ペアーズエンゲージで婚活するメリット6つ> 1. 各種証明書の提出必須で安心安全 2. 業界最多!毎月30名のお相手紹介 3. 24時間いつでも相談可能 4. スマホで簡単に婚活ができる 6. 会員数が多くなることが期待できる それぞれ詳しく説明していきます。 各種証明書の提出必須で安心安全 ペアーズエンゲージ Pairs Engage に入会するためには 独身証明書、年収証明書、本人確認書類の提出が必須です。 独身証明書が必須なので、 遊び目的の既婚者が紛れ込んでくるリスクがなく、安心して出会いを探せます。 業界最多!毎月30名のお相手紹介 ペアーズエンゲージ Pairs Engage は婚活コンシェルジュからの 1日1名の紹介制度があります。 1ヶ月で最大30名の自分に合った異性の紹介が受けられるのです。 従来のマッチングアプリは出会うためには自分から「いいね!」を送るなど、積極性が求められました。 しかし、 検索したり積極的にアプローチしたりするのが苦手という人でも自分と相性の良い人と出会いやすくなっています。 24時間いつでも相談可能 ペアーズエンゲージは 24時間365日いつでもコンシェルジュチームからのサポートを受けることができます。 アプリでの婚活は端末だけで始められるので手軽である一方、孤独になってしまいがちです。 婚活は悩みや迷い、疑問がつきものですが、コンシェルジュチームに相談をすれば1人で抱え込まずに婚活を進めていくことができます。 この価格で24時間365日のサポートが受けられ、安心して出会えるのは 非常にお得です。 結婚に本気の人とだけ安心して会いたいけれど、大手の結婚相談所は少し高いなという人に向いています。 スマホで簡単に婚活ができる ペアーズエンゲージ Pairs Engage は店舗に出向く必要がなく、 スマホだけで婚活を進めていくことが可能です。 場所や時間を選ばないので忙しい人や出不精な人でも負担になりません。 通勤電車の中、寝る前のひと時、休日の布団の中などで出会いを探すことができます。 会員数が多くなることが期待できる ペアーズは会員数1,000万人以上を誇る大手婚活アプリです。 その姉妹アプリであるペアーズエンゲージ Pairs Engage も会員数が非常に多くなることが予想されます。 元々ペアーズの会員でより婚活に力を入れたい人やアプリで本気の婚活がしたい人が登録をするはずです。 会員数の多さはそのままチャンスの多さに直結します。 ペアーズエンゲージの料金体系 ペアーズエンゲージ Pairs Engage の料金体系について紹介します。 サービス提供開始のタイミングが違うためです。 入会費は9,800円(税込)で、月会費は9,800円(税込)。 その他追加料金は一切ないという、明瞭会計な料金システムになっています。 支払方法はクレジットカード等が利用でき、決済は入会時から30日毎に発生します。 ペアーズエンゲージの入会費0円(2019年10月31日まで) ペアーズエンゲージ Pairs Engage が気になっているのならば無料期間の登録が断然おすすめです! 今だけの特典が2つもあります。 入会費無料 本来9,800円かかる入会費が完全無料です。 0円で本格的な婚活をスタートできるチャンスはそうそうありません。 活動準備期間の月会費無料 相手の紹介を受ける前に行わなければならない プロフィール作成や、独身証明書等の書類を提出するまでの準備期間は 月会費が発生しません。 月会費が発生するのは 紹介が始まる8月1日からです。 ペアーズエンゲージ Pairs Engage は独身証明書の提出が必須なので入会した日からすぐに出会いを探すというわけにはいきません。 今から登録をしてじっくり準備をして紹介開始に備えましょう。 ペアーズエンゲージの登録に必要なもの ペアーズエンゲージ Pairs Engage に登録をするためには各種書類の提出が必須なので安心安全に出会えます。 そのために必要なものは以下の5点です。 ・ 本人確認書類: 運転免許証、パスポート、マイナンバーカードなど• ・ 独身証明書: 本籍地のある役所で取得します。 料金は300円です• ・ 収入証明書: 源泉徴収票、課税証明書、確定申告書等• ・ 学齢期証明書: 大学卒、大学院卒、短大卒、専門卒、高専卒の場合のみ• ・ 国家資格証明書: 医師、弁護士、公認会計士、税理士、歯科医師など ペアーズエンゲージの使い方 実際にペアーズエンゲージ Pairs Engage の使い方について紹介します。 活動の流れは入会から成婚して退会するまでたったの6Step! 【登録から成婚までの流れ】• アプリストアから、アプリをダウンロードします。 出身地など自身の プロフィールを作成し、さらに お相手に求める条件を入力します。 会ってみたいと思ったら「いいね!」を送りましょう。 相手から「いいね!」が届くことも。 2人だけで1時間程度会います。 ここで初めて相手とのメッセージのやり取りが可能になります。 カップリングは複数の相手と可能です。 真剣交際は結婚を視野に入れたもので、1人のみです。 〜 まとめ〜 ペアーズエンゲージ Pairs Engage は真剣に結婚をしたいと望んでいる人にとてもおすすめの婚活コンシェルジュアプリです。 独身証明書の提出が必須なので既婚者が紛れ込んでくる心配がありません。 またお手頃価格なのにもかかわらず、24時間365日コンシェルジュのサポートが受けられます。 2019年10月31日までに入会をすれば特典もあるのでお早めに!.

次の