織田 信長 アベンジャー。 魔王信長(織田信長)

織田信長の妻「濃姫(帰蝶)」とは何者なのか?【織田信長の妻は濃姫だけじゃない!?】

織田 信長 アベンジャー

織田信長の家系図 ここでは織田信長の家系図をご紹介。 とりあえず、織田信長のひいお爺ちゃんからはじめています。 信長は特別に 赤色で表示。 その他の、家督を継いでいる人は 青色で表示しています。 また、息女は生没年が不明なものが多いので、ずらっと最後に並べています( ピンク色)。 その他養女は オレンジ色。 こうやってみると、織田信長はとっても子沢山!父の信秀も子沢山なので、そういう家系なのでしょうか?また、この家系図では、信長の子供までしか載せていませんが、子孫の方は今でもおられます。 では全部でどのくらい居るのか…となると子供の数からして果てしない話になりそうですね。 ちなみにフィギュアスケートで有名な織田信成選手もテレビで子孫の一人と言われていますね。 (詳しい経緯はわからないので正確に子孫だと断言することは私にはできませんが…(汗)) なので、これをご覧になっている あなた! もしかしたら織田信長の子孫かもしれませんよ!?.

次の

【FGO】魔王信長(織田信長(アヴェンジャー))の最終再臨画像と1~3の再臨イラストを紹介!

織田 信長 アベンジャー

生駒吉乃(いこま きつの、1528?-66年) 信長の側室。 織田家の家臣・生駒家宗(いこま いえむね)の長女。 土田弥平次に嫁いでいたが、その夫は 弘治2(1556)年に討ち死に。 その後実家に戻っていたところ、20歳の信長に目をかけられて妊娠。 やがて嫡男の信忠と次男の信雄、続いて徳姫を産む。 永禄8(1567)年に生駒家から信長の居城・小牧山城に移転するも、出産後の肥立ちが悪かったことで翌年に死去。 享年39とされる。 慈徳院(じとくいん、?-?年) 信長の側室。 信忠の乳母を務めたのが縁で側室となった。 坂氏(さかし、?-?年) 信長の側室。 三男織田信孝の母で名は不明。 永禄元(1558)年に信孝を生んでいる。 この女性の出自は伊勢の豪族の娘ということだけわかっているが、これは息子の信孝がのちに伊勢の神戸氏の養子に入ったことと関係しているとみられる。 信長の死後、信孝が柴田勝家と結び、秀吉に岐阜城へ攻め込まれた際に降伏して秀吉の人質となった。 その後、 天正11(1583)年の賤ヶ岳の戦いの際に再び信孝が挙兵したため、孫娘と共に処刑された。 養観院(ようかんいん、?-?年) 信長の側室。 四男羽柴秀勝の母。 お鍋の方(おなべのかた、?-1612年) 信長の側室で、七男信高、八男信吉、水野忠胤に嫁いだ於振の母。 近江の土豪・高畑源十郎の娘。 信長と出会う以前に六角家臣の小倉実房に嫁いでおり、二人の男児(小倉甚五郎・小倉松寿)を儲けている。 その小倉実房は信長に内応したために六角氏に滅ぼされる。 未亡人となったお鍋はやがて信長の下を訪れ、側室となって信高、信吉、於振を産んだ。 信長死後は秀吉の庇護下に置かれ、晩年は秀吉の正室・ねねの側近筆頭として仕えたという。 土方氏(ひじかたし、?-?年) 信長の側室。 信長との間に九男・信貞をもうけた。 土方雄久の娘と伝わる。 信忠(のぶただ、1557-82年) 信長の長男。 母は側室の生駒吉乃。 幼名は顔が奇妙だったことから "奇妙丸" と名づけられたという。 永禄10(1567)年に武田信玄の五女・松姫との婚約が成立。 元亀3(1572)年に初陣、続く翌年には元服し、以後は信長の後継者としての道を歩んでいく。 天正2(1574)年の長島一向一揆殲滅戦の頃には織田家中での初の大軍団として信忠軍団が形成されて甲斐武田氏の押さえを担うと、翌年には信長から家督を譲渡されている。 天正10(1582)年3月に武田を滅ぼした甲州征伐では織田軍の総大将を務めたものの、わずか数カ月後の本能寺の変で父同様に自害の運命をたどった。 信雄(のぶかつ、1558-1630年) 信長の二男。 母は側室の生駒吉乃で幼名は茶筅丸(ちゃせんまる)。 信長の伊勢攻略の際、北畠具房の養子に送りだされ、 天正3(1575)年に北畠家当主となったことで、事実上北畠家は織田家に乗っ取られている。 その後は畿内を中心に各地を転戦。 天正7(1579)年には信長に無断で伊賀に出陣して惨敗したことで厳しく叱責されている。 信長の死後は、織田家の覇権を握った秀吉に対抗するため、 天正12(1584)年に家康を頼って小牧・長久手の戦いを引き起こすも結局は降伏し、やむなく秀吉に臣従。 豊臣政権下では秀吉の転封命令に難色を示したことで一旦は追放されてその後は出家。 やがて秀吉の御伽衆(おとぎしゅう)として、再び秀吉の側近となっている。 天下分け目の決戦である関ヶ原の戦いではどちらにも加担しなかったが、長男の秀雄が西軍に属したために所領を失う。 その後俗世を離れて暮らし、徳川vs豊臣の戦いである大坂の陣にも関与せず、晩年はのんびりと過ごした。 羽柴秀勝(ひでかつ、1569-86年) 信長の四男、母は側室の養観院。 秀吉が子の羽柴石松丸秀勝を亡くしたため、羽柴秀吉の養嗣子となる。 信長死後は秀吉に与し、賤ヶ岳の戦いや小牧・長久手の戦い(1584年)に従軍したが、その後まもなくして病没した。 勝長(かつなが、? -1582年) 信長の五男、母は不明。 実名は織田源三郎信房。 幼少のころ、美濃 岩村城の遠山氏の養子とされている。 元亀3(1572)年には岩村城が武田方に奪われたことで甲府の武田信玄の下に送られ、そこで7年ほどの時を過ごす。 天正8(1580)年には織田家に返還されている。 天正10(1582)年の武田攻めに出陣して手柄をあげるが、まもなくして勃発した本能寺の変では信忠の側にいて、明智軍と奮戦して討ち死にした。 信秀(のぶひで、1571?-1597年以降) 信長の六男、母は不明。 祖父と同じ名前である信秀は、父信長の死後に秀吉に仕えて羽柴姓・豊臣姓を賜った。 天正15(1587)年への従軍や文禄の役での肥前名護屋城への駐屯などの記録が残る。 時期は定かではないが、関ヶ原合戦の前後には病死した。 信高(のぶたか、1576-1603年) 信長の七男、母は側室のお鍋の方。 信長死後、氏家行広に養育を受ける。 関ヶ原の戦いでは東軍と西軍のどちらに属したかは史料が一定せず、定かではない。 信吉(のぶよし、1573-1615年) 信長の八男、母は側室のお鍋の方。 関ヶ原の戦いでは三成率いる西軍につき、戦後に改易となった。 信貞(のぶさだ、1574-1624年) 信長の九男、母は側室の土方氏。 豊臣政権下で秀吉の馬廻となり、関ヶ原の戦いでは三成方に与して戦後は改易となった。 その後は家康から赦免されて、大坂の陣(1614-15年)では徳川方として従軍している。 信好(のぶよし、1573-1615年) 信長の十男、母は不明。 秀吉に仕え、茶人となった。 長次(ながつぐ、?-1600年) 信長の十一男、母は不明。 豊臣秀吉の馬廻衆となった。 のちに関ヶ原の戦いの本戦で戦死した。 徳姫【松平信康室】(とくひめ、1559-1636年) 信長の長女、母は側室の生駒吉乃。 松平信康室。 相応院【蒲生氏郷室】(そうおういん、1561-1641年) 信長の二女、母は側室の養観院。 蒲生氏郷の正室。 永姫【前田利長室】(えいひめ、1574-1623年) 信長の三女、母は不明。 前田利長室。 報恩院【丹羽長重室】(ほうおんいん、1574-1653年) 信長の四女、母は不明。 丹羽長重室。 秀子【筒井定次室】(ひでこ、?-?年) 信長の六女、母は不明。 筒井定次の正室。 実父は明智光秀という説もある。 於振【水野忠胤室】(おふり、?-1643年) 信長の七女、母は側室のお鍋の方。 水野忠胤正室、のちに佐治一成継室。 源光院【万里小路充房継室】(げんこういん、?-1600年) 信長の八女、母は不明。 万里小路充房の継室。 三の丸殿【豊臣秀吉側室】(さんのまるどの、?-1603年) 信長の九女、母は側室の慈徳院。 豊臣秀吉の側室、秀吉死後は公家の二条昭実の継室となった。 鶴姫【中川秀政室】(つるひめ、?-?年) 信長の十女、母は不明。 中川秀政の正室。 月明院【徳大寺実久室】(げつみょういん、?-1608年) 信長の十一女、母は不明。 公家の徳大寺実久の正室。 慈眼院(じげんいん、? -1641年) 信長の十二女、母は不明。 織田・北条両家での縁組で北条氏直の婚約者になったとされる。 しかし、本能寺で信長が横死したため、縁組は消滅したとみられている。 簡単にお伝えしてまいりましたが、ここで少し要点をまとめます。 まずは信長の男児についてですが、六男以下の事績はハッキリしておらず、一部の史料の情報から以下のような疑問点が浮かび上がっているようです。 七男の信高は八男以下ではないか• 十男の信好は八男ではないか• 一部の系図類に登場する「信正」という人物は実在したのか 次に女児について。 信長女児の多くは誕生年が不明のため、年齢順に並べるのは難しいようです。 また、実在が確かなのは慈眼院を除く10人としています。 こうしてみると実に多くの子がいた信長ですが、その意外な女性観がわかる記事もご用意してますので、もしよかったらご一読ください。

次の

お館様

織田 信長 アベンジャー

概要 [ ] 「」の。 「織田信長」は越後に、「」は江戸に、「織田吉法師」は甲斐に、「魔王信長」は安土に、「」は尾張に、「」は加賀に、「」は駿河に拠点を構え、真の信長を決める戦いを繰り広げてゆく。 結局はカルデア一行を味方につけた「織田信長」が「魔王信長」を撃破した事で全ての信長が統合され、「織田信長」が「魔王信長」の能力を身につける事になる。 最終的には自身の存在が『三千信長世界 デ・アルカ』を維持している事に気が付き本能寺の炎の中に消えるが、他の信長と違って「織田信長」のみはカルデアから来ていたため切り離してカルデアに帰還。 彼女を媒介にして「魔王信長を始めとする、信長の可能性が顕れる存在」と化した。 人物 織田信長 アヴェンジャークラスの召喚だが、状態としてはでの召喚に近しい姿。 しかし神仏衆生の敵としてその身に宿す数多の民衆の恐怖と怨嗟の業は、いかに英霊といえど元はただの人間である霊基には収まり切らず、再臨を重ねるごとに「更なる信長の可能性」を開いてしまっている。 「数多の可能性」と言えば聞こえはいいが、その果てに待つものは「拡散による意味消失」である事を信長自身は気付いてはいるが、口にはしない。 織田吉法師 織田信長が霊基再臨によって人格・外見が変化した姿。 幼少期の信長。 幼少時から奇天烈な行いが多く、周囲からは「うつけ」と呼ばれた。 信長の生涯の中でも最も破天荒かつ危うい尾張のうつけ時代を彷彿とさせる凛々しい若武者姿。 その体から立ち上る覇気と迸る熱き血潮は、正に時代を切り開いた風雲児としての霊基を如実に表している。 ちなみに腰に差しているのは桶狭間の戦いで今川義元からぶんどった宗三左文字。 魔王信長 織田吉法師が霊基再臨によって人格・外見が変化した姿。 あらゆる信長の可能性から最も遠く、最も深淵に近しい信長。 神仏を否定するものではなく「人の可能性は人のもの、神仏は尊びこそすれ頼むものではない、ましてや御仏になる事もない」という信長の信念を示す姿。 能力 新武装として回転して連射できる謎のウルトラ火縄銃「魔王ガトリング砲」なるものを獲得している。 また、魔王信長は信長が所持した刀剣の全てが集約された剣「魔王剣」を用いて戦う。 [ ] 波旬変生・三千大千天魔王(はじゅんへんじょう・さんぜんだいせんてんまおう) ランク:A- 種別:対神宝具 レンジ:1~99 最大捕捉:1000人 過去・現在・未来において信長に注ぎ込まれた数多の衆生の恐怖と畏敬をその身に宿す、第六天魔王すら超えた異形の姿。 あらゆる神仏を 毀 こわす真の魔王「三千大千天魔王」へと己を変生させる。 神秘を焼き尽くす紅蓮の反英雄「魔王信長」の終末点。 この形態は本来の歴史には存在しえないため存在そのものが不安定であり、短時間での顕現に留まっている。 真名:魔王信長 [ ] 魔王信長。 過去・現在・未来における「あらゆる織田信長の可能性」の集合体ともいえる霊基を持つ、極めて特異な英霊。 第六天魔王を自称し、あらゆる時代の信長に対する恐怖と畏敬の念に焼き焦がれたその体は虚ろにして強大、真の魔王ともいうべき存在に変生している。 無辜の怪物に近い状態だが、神仏の敵となり苛烈な生を衆生に強いる反英雄としての魔王信長の在り方は、最終的には仏法の味方となるともいわれる天魔の在り方に近しい。 登場作品と役柄 [ ] Fateシリーズ [ ] 『オール信長総進撃 ぐだぐだファイナル本能寺2019』の開催に伴い期間限定サーヴァントとして実装。 マントの形などは若干異なるが自分に近い存在のため、カッコ良さを自画自賛している。 水着の織田信長。 ナイスバディーなのを自画自賛している。 アーチャー、水着、アヴェンジャーの三人の織田信長で「トリオ・ザ・ノッブ2019」として世界に羽ばたく事を考えている。 アヴェンジャー化した事を軽く報告している。 バーサーカーだのアヴェンジャーだの我ながらろくでもない血筋と称した。 なお、茶々からは「一緒にするな」と言われた模様。 織田吉法師 [ ] 『ぐだぐだファイナル本能寺』で世話していた相手。 カルデア家に戻るように言ったが聞き入れられず、共に決戦に臨むことになった。 魔王信長 [ ] 『ぐだぐだファイナル本能寺』での配下。 「彼の前で秀吉の話をしない」ことを条件に部下として働かせている。 『ぐだぐだファイナル本能寺』での配下。 織田吉法師が帯びている刀「宗三左文字」はまたの名を義元左文字、三好左文字ともいう。 筑紫の名工・左安吉(正宗の門人とも伝えられ、銘に「左」とのみ切ることからその作刀は「左文字」と通称される)の作で、義元左文字は今川義元が所持していたことから、宗三左文字と三好左文字は義元以前の所持者・三好政長(隠居後の名が半隠軒宗三)に由来する。 桶狭間の戦いで今川義元を討ち、この太刀を手に入れた信長はことのほか喜び、長さを四尺ほど磨り上げ(=短くすること)、金象嵌で「永禄三年五月十九日 義元討捕刻彼所持刀 織田尾張守信長」と銘を入れ愛用した。 のちに本能寺の変で焼け跡から豊臣秀吉が回収し、それを受け継いだ秀頼が慶長6(1601)年、徳川家康に贈った。 以来、徳川将軍代替わりの際に象徴として引き継がれる刀となる。 明暦3(1657)年、明暦の大火により被災し焼身となるも再刃され、幕末まで代々受け継がれた。 明治2(1869)年、明治天皇により織田信長に「建勲(たけいさお)」の神号が贈られ、建勲神社が創建されると徳川宗家からこの宗三左文字が奉納された。 天下人三傑の間を渡り歩いた末に、一周回って信長の元へ戻ってきた格好である。 性別不明になっているのは統合の過程で「」も取り込んだため。 ちなみに吉法師も男疑惑が浮上しており、マイルーム会話でにつっこまれている。 実際、バレンタインには「織田吉法師」にはチョコを贈るイベントが、「魔王信長」にはチョコを貰うイベントが実装された。 脚注 [ ] 注釈 [ ].

次の