ジアミン フリー 白髪染め。 ジアミンフリーの白髪染めでかぶれない!おすすめの3商品を比較

ノンジアミンの白髪染め@買えるのは【4タイプ】!1番人気はどれ?

ジアミン フリー 白髪染め

白髪染めに含まれるジアミンとは? それでは初めに、そもそも市販の白髪染めに含まれている事があるジアミンとは、どんな成分なのか解説しましょう。 ジアミンという成分は、髪の毛を強く染める作用を持ちます。 白髪というのは通常の髪の毛よりも染まりにくいため、染める力が強いこのジアミンという成分が白髪染めには配合されるのです。 しかし、このジアミンは、肌に対しての毒性が強く何度も繰り返し肌に付着すると、体が抗体を作り、それが引き金となってアレルギー反応が出る事があります。 例えば、頭皮のかゆみやかぶれ、腫れなどといった反応です。 また、酷くなると頭皮だけでなく、顔の一部にまでアレルギー反応が出る事もあります。 そのため、市販の白髪染めを使って定期的に髪の毛を染める人は、特にこのジアミンによるアレルギー反応には注意しなければいけないと言えるでしょう。 かぶれないジアミンフリー白髪染めの種類 これからそれぞれのジアミンフリーの白髪染めの特徴について、1つ1つ詳しく解説していきます。 ジアミンフリーの白髪染めを検討している方は、どれが自分に合いそうか確認しながら読み進めてみてください。 ヘアマニキュア 最初に解説するジアミンフリーの白髪染めは、ヘアマニキュアと呼ばれるものです。 ヘアマニキュアとは、髪の表面に色を付ける事で髪色を変えるタイプの白髪染めで、特徴は2つあります。 1つ目の特徴は、強い化学成分を使って脱色せずに髪色を変えるため、髪や頭皮へのダメージが非常に少ない事。 そして、2つ目の特徴は、髪の毛の上に色を付けるだけなので、自然な色合いに仕上げられる事です。 このような特徴があります。 特に、白髪染めをする事でダメージを髪に与えたくない人には向いているジアミンフリーの白髪染め種類だと言えるでしょう。 カラートリートメント 次は、カラートリートメントと呼ばれる種類のジアミンフリーの白髪染めについてご紹介していきます。 このカラートリートメントは名前からも分かる通り、トリートメントとカラーを混ぜ合わせて作られたタイプに白髪染めです。 このカラートリートメントにも2つの特徴があります。 1つ目の特徴は、ヘアマニキュアと同じように髪の毛の表面に色を付ける仕組みのため、髪や頭皮へのダメージが少ない事。 そして、2つ目の特徴は、トリートメントによるヘアケア効果がある事です。 この2つの特徴があります。 カラートリートメントは、既に髪の毛のダメージに悩んでいる人におすすめの白髪染めの種類だと言えます。 ヘナカラー ジアミンフリーの白髪染めの3つ目の種類としてご紹介するのは、ヘナカラーです。 ヘナカラーとは、ヘナと呼ばれる植物から作られた染料を使って染める仕組みのカラー方法を指します。 このヘナカラーには、3つの特徴があります。 1つ目の特徴は、ヘナという植物100%で作られているため、髪や頭皮、それ以外の身体の部分にとっても優しい事です。 2つ目の特徴は、ヘナの持つトリートメント効果によって髪にハリやコシが出る事。 そして、3つ目の特徴はコストパフォーマンスが良い事です。 このように、ヘナカラーには様々なメリットがあります。 しかし、ヘナ特有のニオイが長期間とれない事があったり、放置時間が長かったりといったデメリットもあるので注意が必要です。 お歯黒式白髪染め 4つ目にご紹介するジアミンフリーの白髪染めは、比較的昔からあるお歯黒式白髪染めと呼ばれる種類のものです。 このお歯黒式白髪染めでは、江戸時代に女性が鉄の溶液を使って歯を黒くしていたお歯黒と同じように、鉄の反応を活用して髪の毛を黒く染めます。 このお歯黒式白髪染めでもジアミンの成分を使う事なく髪の毛を黒く染められます。 しかし、長期間の使用で髪がごわついたりするので注意が必要です。 また、硫黄のような臭いが数日間残る事もあるため、特別な理由がない限り使用しない方が良いでしょう。 ジアミンフリーの白髪染めのメリット・デメリット それでは次に、ジアミンフリーの白髪染めを使う事で得られるメリットとデメリットについて解説していきましょう。 メリットとデメリットが理解出来ると、それを比べる事によって自分にとって使う価値があるものなのか判断する事が出来るようになります。 反対に、これらの理解しないままジアミンフリーの白髪染めを使うと、思わぬ結果が出てしまい後悔してしまう事もあるのです。 そういった事を防ぐためにも、ここでジアミンフリーの白髪染めを使うメリット・デメリットについてしっかりと確認しておいてください。 メリット では初めに、白髪染めを使うメリットについて見ていきましょう。 ジアミンフリーの白髪染めを使うメリットは様々なものがあります。 例えば、最大のメリットとして挙げられるのは、やはりジアミンが配合されていないため、かゆみやかぶれといったアレルギー反応が起きない事です。 また、一度あたりの費用が1,000円前後と、美容室での白髪染めを行う場合と比べて非常に安くなっているメリットもあります。 さらには、既に解説したように、多くのジアミンフリーの白髪染めからは、ヘアトリートメント効果が得られるメリットもあるのです。 このように、ジアミンフリーの白髪染めを使うメリットは多くあります。 ただ、その中でもアレルギー反応が無い事が最大の特徴として挙げられます。 おすすめ出来るのは、やはりアレルギー反応に困っている方や心配している方だと言えるでしょう。 デメリット ジアミンフリーの白髪染めには、上記の通り多くのメリットがあります。 しかし、デメリットになる点もいくつかあるので注意が必要です。 例えば、ジアミンが配合されている白髪染めは、1度でしっかりと色が染まります。 しかし、ジアミンフリーの白髪染めは染める力が弱いため、何度かに分けて使用して初めて色が染まるようになるというデメリットがあるのです。 また、既に触れているようにジアミンフリーの白髪染めの種類の中には、硫黄のような臭いがするものもあります。 人によってはそれが苦手だと感じたりします。 このように、ジアミンフリーの白髪染めにはデメリットもあるので、しっかりと理解した上で使うようにしましょう。 おすすめのジアミンフリー白髪染め3選 最初にご紹介するおすすめのジアミンフリー白髪染めは、利尻ヘアカラートリートメントです。 この利尻ヘアカラートリートメントがおすすめ出来る理由は2つあります。 1つ目は、過去7年間連続で白髪用ヘアカラートリートメントブランドシェアで第1位を獲得している圧倒的な実績がある事。 そして、もう1つの理由は利尻昆布エキスを始めとした植物由来の美容成分が豊富に入っているため、高いヘアケア効果がある事です。 これだけの大きな実績を持つジアミンフリー・ノンジアミンの白髪染めは、他にはほとんどありません。 ですので、ジアミンフリー白髪染めを探すのであれば、この利尻ヘアカラートリートメントは一度はチェックしておきたい製品だと言えます。 最後にご紹介するおすすめのジアミンフリーの白髪染めは、ルプルプ ヘアカラートリートメントです。 ルプルプ ヘアカラートリートメントがおすすめ出来る理由は3つあります。 1つ目の理由は、ガゴメコンブから作られたガゴメエキスやオリジナル成分でもあるルプルプWフコダインなどにより髪の健康状態をよく出来る事。 2つ目の理由は、白髪染めでは珍しい微アルカリ性で、髪の毛へのダメージが非常に少ない事です。 そして、3つ目の理由はエッセンシャルオイルが含まれており、癒やされるような香りも楽しむ事が出来る事にあります。 以上の理由からも分かる通り、ルプルプ ヘアカラートリートメントも優秀なジアミンフリー白髪染め剤の1つなのです。 特に、香りが楽しめる事はユニークな特徴でもあるので、気になる方は一度チェックしてみてください。

次の

ノンジアミンの白髪染め@買えるのは【4タイプ】!1番人気はどれ?

ジアミン フリー 白髪染め

ジアミンアレルギーでヘアカラーを諦めていませんか? ヘアカラーはかぶれる、しみる・・・という方にお試しいただきたいのが、頭皮と髪に優しい「ノンジアミンカラー」。 ノンジアミンカラーは、ジアミンフリー(ジアミン不使用)でありながら黒髪のカラーも白髪染めも一回の施術で綺麗に染色できる特別なヘアカラーリングです。 刺激も少なく、ジアミンアレルギーの方でも安心して染められます。 豊富な色味とトリートメント効果も魅力です。 サロンでも多くのお客様がヘアカラーを施術されますが、残念ながらアレルギーでかぶれてしまう方もいらっしゃいます。 ヘアカラーリングのかぶれの多くはジアミン系の染料が原因です。 今回は、ヘアカラーのかぶれの原因と、かぶれにくい「ノンジアミンカラー」について詳しくご説明します。 関連コラム: CONTENTS• ヘアカラーのかぶれの原因とは? ヘアカラーリング時に起きる「かぶれ」の原因は何でしょうか? かぶれまではなくても、カラーは「しみる」「刺激が痛い」という方もいらっしゃると思います。 カラー剤に含まれる「過酸化水素」や「アルカリ剤」その他の原因でかぶれたり、しみたりすることもありますが、多くの場合は「酸化染料」と呼ばれる染料に含まれる「ジアミン」成分がアレルギー症状の原因です。 酸化染料は、酸化反応で発色する染料です。 酸素に触れていない時は無色で、その染色過程から「酸化」染料と呼ばれています。 発色した酸化染料の分子には、くっつき合って元の分子よりも大きくなるという特性があり、大きくなった染料はキューティクルの間から逃げられなくなるため、髪の内部にしっかりと色が定着します。 染毛力・定着力が高いという、ヘアカラーリング剤の染料としては優れた特性を持つ酸化染料ですが、残念なことに「パラフェニレンジアミン」や「パラトルエンジアミン」などの「ジアミン」成分が、体質や体調によってアレルギー反応を引き起こすことがあります。 これまでに何回もヘアカラーを使用してかぶれなかった方も油断はできません。 花粉症のようにある日突然アレルギー症状が出ることもあるのです。 一度ジアミンアレルギーと診断されてしまうと、酸化染料(ジアミン系染料)が入ったヘアカラーリング剤を使うことはできなくなります。 ヘアカラーリング剤の種類・・・かぶれるカラー剤とは? かぶれの原因になることのある「酸化染料」ですが、全てのカラーリング剤に含まれている訳ではありません。 薬事法上の分類にしたがって「医薬部外品」「化粧品」それぞれのカテゴリーのヘアカラーリング剤の種類と特徴を詳しく見てみましょう。 現在、最も広く使用されているのは、医薬部外品の「ヘアカラー(酸化染毛剤)」で、一度染まると数ヶ月色が持つ優れた染色力が特徴です。 黒髪を明るくすることもでき、白髪染めから明るい髪色へのチェンジまで幅広く使用されています。 色のバリエーションも多く、カラーリング剤として優れた働きを持つものの、酸化染料(ジアミン系染料)が含まれているのでジアミンアレルギーの方には使用できません。 化粧品分類には「ヘアマニキュア」や「カラートリートメント」などが含まれます。 染色力は酸化染毛剤に及びませんが、酸化染料(ジアミン系染料)が含まれない、髪が傷みにくい、などの理由で利用されています。 特に、自宅で手軽に染められるカラートリートメントは最近注目を浴びていますが、1回で染まらない、色が落ちやすい、色味が限定される、黒髪を明るくすることはできない、などのデメリットもあります。 医薬部外品および化粧品ヘアカラーリング剤の主な種類と特色をまとめると以下のようになります。 医薬部外品ヘアカラーリング剤 ヘアカラー(酸化染毛剤) 一般的に「ヘアカラー」というと酸化染毛剤のことを指します。 ヘアダイ、おしゃれ染め、白髪染め、などとも呼ばれています。 過酸化水素で髪のメラニン色素を酸化分解・脱色しながら「酸化染料」で染めるので、黒髪も明るくでき、白髪交じりの髪もキレイにそろえて染められます。 発色がきれいで色の定着がよく、一度染まると2~3ヶ月と長期的に色が持ちますが、成分として含まれる酸化染料(ジアミン系染料)がかぶれの原因になることがあります。 おはぐろ式カラー(非酸化染毛剤) 髪の内側で鉄イオンと多価フェノールが反応して黒く発色します。 酸化染料は含まれていませんのでジアミンアレルギーの方でも使えますが、黒色系にしか発色しない、黒髪を明るくできない、パーマとの相性が悪いなどの理由から近年はあまり製品化されていません。 ブリーチ(脱色剤、脱染剤) ヘアライトナーとも呼ばれ、黒髪の脱色や、一度ヘアカラー剤で染めた髪の脱染に使われます。 過酸化水素が髪の内部の色素を酸化分解・脱色して髪色を明るくします。 酸化染料・その他染料は含まれていませんので、単に髪の色を「抜く」だけで、髪を「染める」ことはできません。 化粧品ヘアカラーリング剤 ヘアマニキュア(酸性染毛料) タール系の酸性染料がイオン結合により髪の表面とやや内側に着色します。 浸透剤としてベンジルアルコールやエタノール等が使われています。 1回の使用で染毛が可能で、色持ちは3~4週間程度、シャンプー等で徐々に色落ちします。 酸化染料不使用(ジアミンフリー)でジアミンアレルギーの方でも使用できますが、地肌につくと色が取れないため、根元を少し空けて染める必要があります。 脱色成分は含まれておらず黒髪を明るくすることはできません。 カラートリートメント、カラーリンス トリートメントやリンスをベースにHC染料や塩基性染料を配合した製品です。 HC染料の分子は小さく、髪の内部に浸透しやすく流れやすいという特徴があります。 塩基性染料はイオン結合によって髪の表面に着色します。 繰り返しの使用で徐々に髪を染め、色持ちは1〜2週間程度、シャンプー等で徐々に色落ちします。 脱色成分は含まれておらず黒髪を明るくすることはできませんが、酸化染料不使用(ジアミンフリー)で、地肌についてもすぐに洗い流せば落ちます。 ヘナ、インディゴなどの天然系カラー ヘナはオレンジ、インディゴはブルーに発色する天然染料を含んでいます。 これらの植物のパウダーを水に溶いてペースト状にしたものを髪に塗って染めます。 天然染料だけでは色のバリエーションが少ないため、HC染料や塩基性染料、さらには酸化染料を混ぜた製品もあり、ジアミンアレルギーの方は配合成分に注意が必要です。 ブリーチ作用はなく、黒髪を明るくすることはできません。 ヘアカラースプレー、ヘアマスカラ等 顔料などの着色剤が樹脂の力で髪の表面を覆うことで着色します。 1回~数回のシャンプーで落ち、一時的に着色したい場合に使います。 酸化染料は含まれませんが、汗や雨などで簡単に色落ちします。 銀塩カラー 硫酸銀等の銀塩(銀イオン)が配合された光で発色する製品。 ヘアクリームタイプが多く、繰り返しの使用で徐々にブラウン系の色に染まります。 酸化染料は含まれていませんのでジアミンアレルギーの方でも使えますが、過酸化水素を使ったヘアカラーやブリーチで緑に変色するので注意が必要です。 ノンジアミンカラーとは? ジアミンかぶれでヘアカラーをあきらめている方に、ぜひお試しいただきたいのが「ノンジアミンカラー」です。 ノンジアミンカラーは、その名の通りジアミンが含まれていないカラーリング。 酸化染料不使用(=ジアミン不使用)のカラー剤を使用した特別なヘアカラーリングです。 ジアミンフリーなので、ジアミンかぶれで普通のヘアカラーが出来ない方でも安心して染められます。 ジアミンフリー で「化粧品」に分類される薬剤が穏やかに作用するため刺激が少なく、頭皮に「しみないカラー」をお探しの方にもおすすめです。 ヘアマニキュアと異なり、頭皮に薬液がついても取れなくなる心配がないため、白髪も根元からしっかり染められるのもメリット。 髪へのダメージも少なく、カラーと同時にパーマが出来るのも特徴です。 ノンジアミンカラーに使われている染料は、市販のカラートリートメントと同じ「HC染料」や「塩基性染料」などのノンジアミン染料ですが、プロ用に成分と工程を工夫することで、染まりにくい白髪も1回の施術で染色できるようになりました。 また、色素の定着力をアップさせ、市販のカラートリートメントより長期間の色持ちを可能にしています。 ただ染めるだけでなく、色も楽しみたいというご希望もお任せください。 ノンジアミンカラーには、アッシュなどの寒色系の色からピンクなどの暖色系の色まで、色の種類も揃っています。 専用ライトナーやブリーチを使えば明るい色も表現できます。 白髪染めだけでなく、黒髪のおしゃれ染めにも対応可能。 ハイライトを組み合わせれば、デザイン性の高いおしゃれカラーも実現できます。 ジアミンアレルギーの方には嬉しいジアミンフリーのノンジアミンカラーですが、酸化染料を使った通常のヘアカラーの方が、色のバリエーションが多かったり、色持ちが良かったりというメリットもあります。 ノンジアミンカラーのメリットとデメリットをまとめると以下のようになります。 ノンジアミンカラーのメリット• ジアミンフリーでジアミンかぶれがない• 低アルカリで頭皮への刺激・髪へのダメージが少ない• 薬剤のツンとくる嫌な臭い(アンモニア臭)がない• 暗い色なら過酸化水素フリーの施術も可• 染めにくい白髪も1回の施術で染色できる• 根元から染色できる(頭皮についても取れる)• ライトナーやブリーチ使用で明るい色にも染められる• 寒色系から暖色系までの豊富な色バリエーション• 化粧品分類の薬剤でパーマと同日施術も可• トリートメント成分で髪の手触り・ツヤ感アップ ノンジアミンカラーのデメリット• 既製色のバリエーションが少ない(調合が必要)• 通常のヘアカラーに比べて色持ちの期間が短い• 髪質によって白髪が1回の施術で十分に染まらないことがある ノンジアミンカラー剤は、基本的には白髪も染まるカラー剤です。 ただし、髪質によっては一回の施術では十分に染まらないことがあります。 その場合には、染め直しをすることで色を足していきます。 また、ノンジアミンカラーを綺麗に染めるには、通常のカラー以上に温度管理や時間設定などが重要となるため、経験のある美容室・美容師を選ぶことが大切です。 ノンジアミンカラーの注意点 ノンジアミンヘアカラーに使用するカラーリング剤には、「ノンジアミン」という名前の通り、「ジアミンアレルギー」の原因となる「ジアミン」は入っていません。 ジアミンの代わりにヘアカラートリートメントにも使われる「HC染料」や「塩基性染料」が配合された特別なカラーリング剤を使用します。 ノンジアミンカラー用のカラーリング剤は、通常のヘアカラーに比べて低刺激で、アレルギー症状を起こす可能性は低いと考えられます。 ただし、ジアミン以外の成分が原因でアレルギー反応が起きることもあり、ノンジアミンカラーだからと言って、全ての方にアレルギーや皮膚刺激が起こらないというわけではありません。 カラー剤のアレルギーというと、ジアミンアレルギーが一般的ですが、「アルカリ剤」や「過酸化水素」などでもアレルギー反応が起きる場合もあります。 通常のヘアカラーは、酸化染料とアルカリ剤を配合した「1剤」と酸化剤の「2剤」を直前に混ぜて使うものが一般的です。 一般的に、1剤の「酸化染料」にはジアミンが、「アルカリ剤」にはアンモニアが含まれています。 2剤の「酸化剤」には過酸化水素が使われています。 アルカリ剤は、髪の表面のキューティクルを一時的に開いて、色の成分を髪の内部へ染み込ませる作用を果たします。 また、酸化剤の過酸化水素を分解して酸素を発生させます。 過酸化水素の分解により発生した酸素はメラニン色素を分解して脱色させ、さらに酸化染料を酸化反応で発色させます。 ノンジアミンカラーには、「酸化染料(ジアミン)」は含まれていませんが、髪のキューティクルを開いて染料を内部に浸透させるための「アルカリ剤」は配合されています。 また、明るい色を表現するためには専用のライトナーを使用しますが、このライトナーには「過酸化水素」が含まれています。 「酸化染料(ジアミン)」「アルカリ剤」「過酸化水素水」以外の成分にアレルギー反応が起きる可能性もあります。 ノンジアミンカラーといっても万能ではありません。 アレルギーが気になる場合は、カラーリング前に「パッチテスト」で、ご自身のアレルギーの原因を確かめる必要があります。 パッチテストとは? パッチテストとは、かぶれなどの症状が起きないかどうかを調べる検査です。 皮膚アレルギー試験とも呼ばれ、成分の異なる数種類のテスト液を使うことで、アレルギーの原因を調べることもできます。 ヘアカラーリング剤のパッチテストは、髪を染める2日前 (48時間前)に行います。 パッチテストでは、腕の内側にテスト液を少量塗布し、48時間の間、異常が起きないことを確認します。 ヘアカラーリングによるアレルギーは、数分から数時間後に発症することもありますが、24時間以降に強く発症する例が一般的です。 パッチテストの所用時間は10分ほどです。 ヘアカラーの前に一度美容室に出かける必要がありますが、アレルギー体質の方、かぶれや刺激が気になる方には、まずはパッチテストで自分が何に反応するのか把握しておくことをお勧めします。 AGNOS GROUPのノンジアミンカラー ノンジアミンカラーは、普通のヘアカラーと薬剤の性質や染まり方が異なるため、綺麗に染めるには十分な知識と経験が必要です。 AGNOS GROUPでは、アレルギー対応はもちろん、より綺麗に、より扱いやすい髪を目指して、豊富な知識と経験を持ったスタイリストが責任を持って対応いたします。 ノンジアミンカラーには、頭皮と髪に優しいという利点の反面、通常のカラーに比べると色が少ないなどの制約もあります。 現時点でジアミンアレルギーのない方には、頭皮への影響やご希望のスタイルをご相談しながら、ノンジアミンカラー以外のオプションも含め、最適な薬剤・施術方法を選定させていただいています。 AGNOS GROUPでは、「ノンジアミンカラー」(ジアミンフリー)に加えて、香草で染める「ボタニカル香草カラー」(過酸化水素フリー)、髪を保護する「ヘアマニキュア」(ジアミン・過酸化水素・アルカリ剤フリー)、高級天然ヘナを使用した「ヘナトリートメントカラー」など、豊富なヘアカラーメニューを取り揃えております。 ジアミン以外の成分にかぶれてしまう方にも最適な方法をお探しいたします。 カウンセリング、パッチテストだけでも大歓迎です。 美容室・美容院での「かぶれない」「しみない」カラーをお探しの方に、頭皮と髪に優しいカラーリング方法をご提案いたします。 かぶれでカラーリングを諦めていた方もぜひ一度ご相談ください。 ジアミンはもちろん、ジアミン以外のアレルギーについてもお気軽にお問い合わせください。 アレルギーが気になる方は、髪を染める2日前 (48時間前)にパッチテストをお受けください。 カウンセリングとパッチテストは無料です。 ノンジアミンカラーのご予約、パッチテストのご予約はウェブからも受け付けております。 ご来店お待ちしております。 ノンジアミンカラー施術上の注意点• 全ての方にアレルギーや皮膚刺激が起こらないというわけではありません• ジアミン以外の成分でもアレルギーが起きる可能性がありますので、アレルギー体質の方には、髪を染める2日前 (48時間前)にパッチテスト(皮膚アレルギー試験)をお願いしています。 日程には余裕を持ってご相談ください。 パッチテストでは、腕の内側にテスト液を塗布し、48時間経過しても異常がないことを確認します。 ヘアカラーリングによるアレルギーは、数分から数時間後に発症することもありますが、24時間以降に強く発症する例が一般的です。 現時点でヘアカラーリングによるアレルギー症状が出ている方の他、皮膚に何らかの異常がある方には施術をお断りする場合があります。 あらかじめご了承ください。 関連投稿.

次の

【徹底比較】白髪染めの最強おすすめ人気ランキング20選

ジアミン フリー 白髪染め

このページの目次 CLOSE• 白髪染めをすると頭がかゆい・・・ わたしはストレスからか、社会人になりたての頃から白髪が出始めました。 まだ20代だったし仕事に慣れればそのうち白髪はなくなるはず... そう願っていたのに白髪は増える一方。 20代後半には、頭のてっぺんの白髪の量が多くなり、定期的な白髪染めを欠かせなくなりました。 自宅で3週間に1回、美容院で2か月に1回の頻度です。 頭だけではなく、髪が触れるおでこや目の周り、首も痒くて、つい掻きむしっちゃう。 でもしばらくすると痒みが治るので、放置していました。 ところが、そのうち痒い期間が1週間くらいと長くなってしまい、さすがにお医者さんにみてもら事にしました。。。 白髪染めのかゆみの原因はジアミンという成分 お医者さんからは、かゆみの原因は白髪染めに入っているジアミンという成分によるものと言われました。 ジアミンとは、パラフェニレンジアミン PPD やパラトルエンジアミン PTD といった染色剤の一種。 白髪染めやカラーリングの中に含まれている成分です。 ジアミンを使用する事で、少量の色素でも濃く綺麗に色を出すことができ、ブラック、ダークブラウンといった日本人の髪の色はもちろん、イエローやレッドなど自由自在に色調を簡単に作ることができるんですね。 ただ、 皮膚や呼吸からの吸収で、少しずつ体内に蓄積され、ある日突然アレルギー反応が起きてしまうのだとか。 (染色剤によるトラブル:) 私のように痒みが出る人もいるし、痛みやかぶれといった症状が出る人もいます。 その症状を無視して使い続けると、アナフィラキシーショックのような重大な症状が起きることもあるので、 一度でも症状が出たらジアミン入りのものは例え少量でも二度と使ってはいけない、とお医者さんから言われました。 なんでもジアミンほど簡単で綺麗に色を作り出せる成分はないので、白髪染めやヘアカラーの必要悪成分のようです。 でもフィンランドではすでに1991年にはパラフェニレンジアミン PPD の一般向使用が禁止されている位で、他の国でも使用禁止としているところがあるのだそう。 市販も美容院も罠だらけ。 ジアミンフリーの白髪染めを探す難しさ かゆみの原因「ジアミン」が入っていない白髪染めには何があるの?とういと、 ヘナ(植物染料)、ヘアマニキュア、カラートリートメントがあります。 ただ注意が必要なのが、こういった本来ジアミンフリーの白髪染めの中に、何故かこっそりジアミンが入っているものも多いこと。 私がそうだったのですが、勘違いする人も大勢いると思います。 美容院のノンジアミンカラーにジアミンが入っていた いつも通っている美容院にはジアミンフリーの白髪染めメニューがなかったので、扱っている美容院を探してみました。 私と同じように痒くならない白髪染めを探す人が多いのか、• 植物染料で安心の白髪染め• オーガニックカラー といったメニューを用意しているお店もいくつか。 ただ念のため電話で聞いてみると 全て少量ですがジアミン入りでした。 普通の白髪染めよりはジアミンの量が少ないそうですが、ジアミンが入っていること自体がNGなので全て見送り。 そんな中みつけたのが、「ノンジアミンカラー」メニューのある美容院です。 ノンジアミンだからジアミンが含まれていないはず!という事で予約して遠方の美容院へ出向いたのですが、お店で美容師さんと話しているうちに 実はジアミンが入っていることがわかりました。 ジアミン入っていないのにノンジアミンカラー??? 美容師さんの説明だと、普通の白髪染めに比べるとジアミンの量はごくわずか。 だから頭皮への負担は抑えられるはず... という事だったので、試しに白髪染めをしたのですが、やっぱり痒くなったし.... !!! ネットで調べてみると、同じように「うちのノンジアミンカラーでは、ジアミンがほんの少しだけなので安全です」と書いている美容師さんもいました。 ノンジアミンでジアミン入っているのっておかしくない... ノンジアミン• オーガニック染料で安心• ヘナ と書いてあっても、必ず電話などでジアミンの有無を確認するようにしてください。 経験上、植物のヘナ染めメニューでもジアミンを入れている美容院もありました。 必ず直接聞く事をおすすめします。 私が通える範囲の美容院で、 ほんとうにジアミンフリーで白髪染めが出来たのは1店舗。 100%のヘナ染めです。 ただヘナはすごく時間がかかるので(美容院で2時間くらい)、普通の美容院では早く染められるジアミンを配合して時間短縮をしたいという気持ちも理解できました。 ヘナ自体は植物です。 でもヘナ100パーセントで染めると時間がかかる(準備に1時間くらい寝かせる+染めるのに2時間以上)事に加え、白髪はオレンジ色に染まるので、ジアミンと混ぜた物が非常に多く売られています。 ジアミンを混ぜると黒髪になる上に短時間で染められるからです。 こういう商品は、パッケージに「ヘナ染めだから優しい」みたい書かれているので分かりづらいですが、ブラックやダークブラウンのように、ヘナだけでは出せないカラーだったり、15分くらいの短時間で染められるものは、間違いなくジアミンが入っているので要注意です。 ヘナ商品を買う時は100%ヘナと書かれているものだけにします。 かゆくならない白髪染めの選び方は? 自分でかゆくならない白髪染めを選ぶ場合、選択肢は次の3つです。 100%配合のヘナ• ヘアマニキュア• カラートリートメント 100%ヘナは全て植物染料になるのですが、白髪をオレンジに染めて頭が派手になるので私は使っていません。 あとヘナ染めは2時間以上時間がかかるので、そう頻繁に使えないのも正直なところ。 ヘナは身体を冷やす性質があるので、特に冬はヘナ染めするのはつらい.... ヘアマニキュアも便利ですが、地肌につくと取れないので根元から1〜2mm離して染める必要があります。 ヘアマニキュアで染めても、すぐにまた白髪が目立つんですよね。 白髪が少ないか、目立たないところに白髪がある人には良いのですが、頭のてっぺんの白髪が目立つ私は使っていません。 かゆくならない白髪染めの中でも、• 短時間で染められて• 根元も染められる と、 ヘナやヘアマニキュアの欠点をカバーしたのが、「カラートリートメント」という白髪染めです。 カラートリートメントは髪の外側から着色するので、ヘアマニキュアと呼ばれることもありますが、普通のヘアマニキュアと違って地肌についてもとれるし、髪や肌への負担が少ないものです。 カラートリートメントの特徴• ジアミン無配合• トリートメント代わりにお風呂で使える• 染める時間は10分〜15分• 低刺激なものが多く敏感な人でも使いやすい• 週に1〜3回の使用頻度 カラートリートメントは頭皮や肌に優しいのが最大の特徴です。 一方、体に負担が少ない反面、染まりにくくて、色落ちしやすいカラートリートメントも昔はありました。 でも 今は染まりやすく色持ちが良いものが増えています。 白髪染めカラートリートメントでかゆみは起きない? カラートリートメントにかゆみの大きな原因「ジアミン」は含まれません。 ただ人によっては配合されている成分で痒みや刺激を感じる事があるかもしれません。 これはカラートリートメントに限らず、ヘナでもマニキュアでも100%全ての人に合うとは言えないからです。 ただし、白髪染めの中でカラートリートメントは頭皮や体への負担は非常に少ないものです。 染める頻度:週に1〜2回。 乾いた髪に使った方がよく染まる• 色持ち:1週間〜10日 恐らくご存じの方も多い、テレビCMや新聞広告でも有名な白髪染めカラートリートメントです。 何度かリニューアルされていてとても使いやすくなっています。 カラートリートメントの中でも特に「無添加」にこだわっていて、ジアミンはもちろん防腐剤のパラベンや酸化剤、シリコン、鉱物油も無配合。 染色にはシコン、クチナシ、ウコン、アナトーといった天然由来の色素成分を使っているこだわりです。 利尻ヘアカラートリートメントと同じくらい無添加にこだわったブランドは他にもありますが、だいたい他の商品は染まるまで4〜5日くらいかかり色落ちも3日くらいと、使い勝手が悪いです。 利尻ヘアカラートリートメントはその点、安全性の高さと使い勝手の良さのバランスがとりわけ優れています。 さすが 白髪染めヘアカラートリートメントブランドシェアで2017年第1位のブランド。 色はライトブラウン、ナチュラルブラウン、ダークブラウン、ブラックの4色。 私は自然にみえるダークブラウンを選ぶことが多いですが、ブラックもよくある白髪染めの不自然な真っ黒とは違って、自然な柔らかいブラックでとても綺麗です。 セミロングの私が使うと、髪全体で4〜6回分。 週に1回の頻度で1ヶ月〜1. 5ヶ月で1本使います。 分け目だけの使用だと10回以上使えるので、もっと長持ちしますよ。 公式サイト限定<1,000円オフ>• 染める頻度:週に1回。 乾いた髪に使った方がよく染まる• 色持ち:1週間〜10日 ルプルプはVOCE(ヴォーチェ)のような女性誌に掲載される事が多く、女性に人気です。 ルプルプも利尻ヘアカラートリートメント同様、紅花、クチナシ、藍といった天然色素を使用し、パラベン、合成香料、鉱物油、タール系色素、動物性原料不使用と安全性にこだわった白髪染めです。 カラートリートメント商品全般、ジアミンが入っていないので頭皮に優しいものですが、利尻カラートリートメントやルプルプ、次にご紹介するレフィーネのように、天然色素の使用にこだわっているのは一部なんです。 これはルプルプが髪を傷めずに良く染まる「微アルカリ性」で絶妙に調整されているから。 早く染めたいという人には、ルプルプが使いやすいですよ。 染まりが良いといっても低刺激に作られています。 セミロングの私が使うと、髪全体で4〜6回分。 色はブラウン、ダークブラウン、モカブラン、ベージュブラウン、ソフトブラックがあり、モカブラウンが一番人気で、濃い自然なこげ茶色になります。 公式サイト限定<34%オフ> ヘナの白髪染めでかゆみが止まらないケースも多い いつもの白髪染めで頭皮が痒くなってしまったのち、ヘナに切り替える人も多いと思います。 でも植物成分のはずのヘナを使っているのに、頭皮が痒いと悩む人もいるんですよね。 考える原因は2つです。 個人的には東急ハンズやロフト、自然派志向のお店ヘナの白髪染めはわりと要注意。 なぜかこれ系の商品が多いです。 見極め方 ブラック、ダークブラウンに染められる 15分程度で染められる 成分表に「ジアミン」と入っている これらはNGです。 必ず100%ヘナと書かれたものを選びます。 うるしなどでも有名ですが、植物だから何でもかんでも安心というわけではないんですね。 パワーが強い植物は、影響もそれなりにあります。 100%ヘナの場合も、痒みがでたら使用はストップ。 続けて使うと症状の悪化を招く恐れがあります。 白髪染めで痒みが出てしまうと、もうこの先白髪染めを使えないのか・・・と不安になってしまうかもしれませんが、カラートリートメントのように低刺激なものもあります。 この先の頭皮や体の健康のためにも、ぜひ自分にあった優しい白髪染めを使ってくださいね。

次の