ドラえもん 犬。 「落とし物つりぼり」「強いペットがほしい」|ドラえもん|テレビ朝日

「落とし物つりぼり」「強いペットがほしい」|ドラえもん|テレビ朝日

ドラえもん 犬

概要 「」に登場するキャラクターで、劇場版「ドラえもん 」にも登場する犬。 原作はてんとう虫コミックス22巻「のら犬『イチ』の国」であり、計3回アニメに登場している。 名前の「イチ」は、のび太が鳴き声の「ワン」を英語の「one(数字の1)」から連想したものにちなむ。 ある日捨て犬だったイチはに懐きのび太に付いていったが、彼はに隠れつつ「かべがみ犬小屋」を使って飼うようになっていった。 しばらくして同じく捨てられた猫も付いていくようになったが、同じく飼うようになった。 しかしママが犬と猫の存在を知り、のび太に捨ててくるよう叱ると、のび太達は悲しみながら離れた山奥の方へ別れようとする。 ただしそこには同じく捨て犬と捨て猫が沢山存在しており、そこでの提案で3億年前の地球で集団で暮らそうと提案し、「無料バーガー製造機(劇場版では「無料フード製造機」、わさドラ版では「アニマルフード製造機」)」で食材を確保し、「進化退化放射線源(劇場版では「進化退化光線銃」、わさドラ版では「進化退化ビーム」の名前)」で独立できるようにすると、のび太とイチは別れを惜しみながらそのまま別れていった。 のび太と別れた後は犬と猫の国の大統領となっており、感謝の気持ちとしてのび太を象った像が造られ、のび太の時代にも遺跡に残っている。 イチの時代から1000年後(現代から2億9999万9000年前)には彼の子孫が登場しているが、その時代には異常気象で国が滅びるらしく、彼ら国民は他の星に移住している。 アニメでの展開 登場作品のうち、通常時のイチが原作と同じ成犬として描かれたのはのぶドラ版通常回のみであり、他の2作品は子犬として描かれている。 また、イチの子孫が登場したのもその回のみとなっている。 のぶドラ版 1987年1月2日の「のら犬『イチ』の国」に登場。 ストーリーは原作準拠であるのに加え、イチの子孫はのび太を見て上記の像をフラッシュバックし、そのイチ達の救世主であるのび太のことを気づいていた。 ちなみに国の滅亡の原因は氷河期によるものとされていた。 のび太のワンニャン時空伝 メインキャラとして登場。 ちなみにドラえもん一行が山に向かうタイミングがママに見つかる前に変更されており、イチの事は・・も知っている。 のび太からけん玉を教わった後彼と別れ、再会の約束を果たすためにを開発しつつ、彼が統一する国「ワンニャン国」の初代大統領となっていった。 のび太のけん玉の球の部分を持参しており、持つところはのび太が持参していた。 老犬になってからは念願の再会をすべくタイムマシンで未来(イチの元いた世界)に行こうとするが、時空間の中のねじれゾーンによって幼児化し、そのまま1000年後の世界に着いてしまう。 記憶を失ったイチは猫に拾われ、イチの子孫の「 ハチ」として暮らしていくようになった。 後半では、首元に掛けていたけん玉の球を見て記憶を取り戻し、のび太と共にへ立ち向かう。 終盤では隕石落下による滅亡から逃れるため全国民と共に宇宙へ避難し、そこでのび太と別れた。 わさドラ版 2010年10月22日と29日に「子犬『イチ』の国」として、前後編に分かれて登場。 原作・のぶドラ版通常回で登場したイチの子孫は登場しておらず、移住するタイミングもイチの時代に変更されている。 このエピソードのみ、上記の進化退化ビーム(進化退化放射線源)に「生物に使うと、それまでの記憶が失われる」というデメリットが付加されており、使用されたあとはのび太との思い出を忘れていった。 (その割には、のび太を象った上記の像が建造されており違和感がある) 3億年前から数年後にの大規模な火山活動が起きるのを警戒しており、その対策をしている途中でのび太と会い、当初はよく分かっていない様子を見せていたがのび太が落としたイチの首輪を見て記憶を取り戻し、のび太の味方をしていって全国民の避難を促していった。 終盤ではタイムマシンで帰る2人を助け、のび太像の前にイチの首輪を置いて行って、自分は皆と共に無事に宇宙へ避難していった。 関連タグ 関連記事 親記事.

次の

イチ(ドラえもん) (いち)とは【ピクシブ百科事典】

ドラえもん 犬

5億円 前作 次作 『 ドラえもん のび太のワンニャン時空伝』(ドラえもん のびたのワンニャンじくうでん)は、に公開された。 および、岡田康則()によってされ、『』2004年2月号から3月号に掲載された、の1つ。 ドラえもん映画化25周年記念作品である。 特集記事が『月刊コロコロコミック』号から2004年4月号まで掲載された。 同時上映は『』と『』。 開局45周年、映画・テレビ25周年記念作品。 概要 [ ] 小学館〈〉『』第22巻に収録の短編作品「のら犬『イチ』の国」を原案として製作された。 3億年前のに存在したイヌとネコの国「ワンニャン国」を舞台に、やたちの活躍を描いた作品。 『』同様、耳をつけた青いドラえもんが登場するが、本作ではデザインが異なる。 本作では野比家の正面から見えるのび太の部屋の窓にが取り付けられている。 これまでのテレビシリーズや過去の作品では描かれていなかった美術設定だが、原作漫画における野比家や、監督のでは描かれている。 また、作中に過去のドラえもん映画に登場したキャラクターを想起させる乗り物などが登場していたり、映画版に出演したゲストキャラクターを担当した声優が多く起用されている。 この映画がらの声優陣とスタッフによる最後の映画作品かつ2019年現在、監督の手がけた最後の映画作品である。 芝山によると制作時に「これが最後になるかもしれない」という話が現場で持ち上がった為、『』のリメイクが企画されるも「荷が重すぎる」と監督の芝山が難色を示した為、「芝山の好きな物を作って欲しい」という依頼を受け勧善懲悪の時代劇をやる事にしたという。 なお、完成作品には時代劇色は薄まっているが劇中でドラえもんが敵相手にチャンバラを繰り広げるシーンなど名残がある。 前年から変更された作画監督による画相の近代化、による映画ドラえもんシリーズでは斬新に取れる演出が好評となり、商業成績は3年ぶりに30億円越えとなった。 また、本作の製作委員会は第22回特別大賞を受賞している。 オープニング前に映画ではおなじみの、のび太の「ドラえも〜ん! 」と叫ぶ後で、ドラえもんが「のび太く〜ん! 」と叫ぶという珍しい手法も取り入れている。 また、のではすでに使用終了していたのオープニングテーマであるによる「」も本作品をもって使用終了となった。 25年間ブランク無しで続いていたシリーズであるが、2004年の本作の次、翌2005年は映画が無く、2006年の『』にて再開となる。 テレビ朝日版第1期最後のレギュラー放送であるにはテレビスペシャルとして放送された。 冒頭の番組紹介にはドラえもんとのび太が登場し、これが大山とがそれぞれのキャラクターを演じた最後の音声となった。 あらすじ [ ] ある日、のび太は川でおぼれていた子犬を助け、ドラえもんの道具「壁かけ犬小屋」でに見つからないようこっそりと飼いはじめる。 のび太は子犬に「 イチ」と名付け、良く懐き頭も良いイチとのび太の間にはたちまち友情が生まれていた。 そんなある日、のび太と遊んでいたイチはのび太の思い出の品であるを見つけるのであった。 のび太の町でも人間の都合により捨てられるのやは多く、のび太の元には町中の野良犬や野良猫も集まり、手に負えない状態となる。 のび太たちはイチらの今後のことを考えて、自由に暮らせる3億年前の世界へで連れていき、生きていけるようで進化させた。 イチはたちまちの操作を覚え、けん玉もマスターする。 「あした、必ず来るからね」とイチと約束し、一行は現代に帰る。 次の日、タイムマシンで3億年前に向かうが、時空間の中で「ねじれゾーン」に巻き込まれ3億年前からさらに1000年経った世界に着く。 しかも、ねじれゾーンに巻き込まれた際にタイムマシンの部品が飛ばされ、時間移動の手段を失う。 しかし、その時代にはイチらの子孫と思われる進化した犬とネコによる文明社会があった。 そこでタイムマシンの部品を探すことにするドラえもんたち。 この国で、一行は、イチに良く似た ハチのほか、ダク、ブルタロー、チーコら犬の少年少女4人組と出会う。 彼らは ネコジャラという大富豪の経営する遊園地「ネコジャーランド」が怪しく、4人の親がネコジャーランドで行方不明になってしまった、ということを知らされる。 しかし、そのとき地球には直径約20キロメートルの超巨大隕石が衝突しようとしていた。 ドラえもんとのび太達の3億年の時空を超えた冒険が始まる。 舞台 [ ] 3億年前および、その千年後の地球 2018年現在までのドラえもん映画の舞台では最古の世界。 ワンニャン国 約3億年前の地球で千年ほど栄えていた進化した犬およびネコ人間の国。 により統治され、は。 非常に高度な科学文明を持ち、エネルギーはすべて「 ノラジウム」と呼ばれる鉱石で賄われている。 また、タイヤのない自動車や宇宙船、および最高時速300kmのジェットコースター等を作ることができ、工業はかなり発達している。 ただし高層ビルはなく、住宅街などはレンガ造りのレトロなものが多いことから建築技術は一見あまり発達していないように見える。 その一方でネコジャーランドや大統領官邸などの重要施設はかなり高層建築であり、高速道路や鉄道もきちんと整備されているので、レトロな建物と最新技術が合致した都市と言える。 見たところ人口はかなり多い。 信号機の設置や道路の整備が徹底されており、交通事故は起きる気配もない。 郊外には太古からの神殿があり、として祀られているのは、犬・ネコ人間を生み出した のび太である。 なお、この国の犬・猫人間の服装はかなりの厚着であり、当初ののび太たちの普段着は「下着姿」、ドラえもんは「裸」とみなされていた。 全国民が宇宙へ脱出した後に地球に落下した巨大隕石により消滅、現代になって遺跡として都市が発掘されて世界中を驚かせた。 ネコジャーランド 大富豪であるネコジャラが経営する遊園地。 最高時速300キロメートルに達するジェットコースター、滑空して空を飛ぶロコロコ号、ロボットに乗り込んでベルトコンベアーで流れてくるぬいぐるみを掴み取るゴーランドキャッチャーなど多くのアトラクションがある。 しかし、その地下には秘密の工場がある。 声の出演 [ ]• - (幼少時代:)• - (幼少時代:)• やがて進化させられた後、3億年前の世界で暮らすこととなる。 何年ものび太を待ち続け、後に初代大統領として国民に慕われる。 進化直後に使い方を教わったばかりの無料フード製造機を難なく使いこなし、また長い年月をかけて独力でタイムマシンを作り上げてしまうほどの天才。 自分を救い、居場所をくれたのび太を神として称え、ノラジウムで彼の像を作った。 年を老いた時、オープニングの中で、完成したタイムマシンを使ってのび太に会いに行こうとするが、ねじれゾーンに巻き込まれる。 名前の由来は鳴き声の「ワン」から英語の「ONE」を連想し、「ONE」を日本語訳して「イチ」とのび太が名付けた。 ハチ(犬) 声 - 林原めぐみ イチに似た子犬で、仲間のリーダー的存在。 一人称は「オイラ」。 品種は不明。 ネコジャーランドで行方不明になった義母(ネコ)を捜している。 ダクいわく「小さい時(義母に)拾われた」らしい。 水が苦手で泳げない。 一部の雑誌ではイチの子孫と紹介されている(原作でも子孫として登場していた)。 拾われる以前の記憶を失っていたが、とあるきっかけにより記憶を取り戻す。 実は彼自身がイチ本人であり、タイムマシンでのび太に会いに行く最中にねじれゾーンに巻き込まれ赤ん坊の姿になって千年後に飛ばされてしまっていた。 その後、のび太たちが訪れたハチ達の暮らす時代の数年前にたどり着き、現在のハチの義母に拾われていた。 のび太たちにはハチとして出会った時点ではフランクな口調で会話していたが、記憶を取り戻してからは敬語で話すようになった。 チーコ(犬) 声 - (特別出演) ハチの仲間。。 一人称は「私」。 ネコジャーランドで行方不明になった数学者の父と母を捜している。 また、自身も計算が得意。 とても勇敢な女の子。 ダク(犬) 声 - ハチの仲間。。 一人称は「僕」。 ネコジャーランドで行方不明になったコンピュータ技師の父を捜している。 漫画版では関西弁で喋り、母も登場しているが、映画では未登場。 ブルタロー(犬) 声 - ハチの仲間。。 一人称は「俺」。 ネコジャーランドで行方不明になった父を捜している。 大柄で力が強い。 父(声 - )は自動車修理工場の長。 漫画版では母も登場しているが、映画では未登場。 シャミー(ネコ) 声 - 、島谷ひとみ(歌パート) 女性歌手。 普段はレストラン「山猫軒」で歌を唄っているが、時にはネコジャーランドのステージに上る。 ドラえもんが一目ぼれするほどの美貌を持つ。 その正体はネコジャラ一族の1匹で関係は不明だが身内であり、彼には逆らえずドラえもんを監視していたが、後に卑劣さに我慢できなくなりドラえもんを庇う。 ネコジャラ(ネコ) 声 - (特別出演) 本名は「ネコジャラ左ヱ門之丞景虎(ネコジャラさえもんのじょうかげとら)」。 仲間をネコジャラ一族と称する。 ワンニャン国きっての大富豪で、「ネコジャーランド」という遊園地を経営している。 次期大統領候補ともいわれる実力者だが、裏では先祖(ズブ)が人間から受けた怨みから、未来の人間世界を征服しようとする陰謀を企てており、利己的で冷酷な性格。 名刀電光丸を使用したドラえもんと戦い、電光丸のバッテリーが切れるまで戦い続ける程のスタミナと剣術を持つが、シャミーを攻撃したことで激怒したドラえもんの猛攻に押され、石頭を食らい敗北、その際頭の被り物を失い(映画のみ)、さらに隕石により時の箱舟が水没したことで野望は破綻した。 しかし隕石の落下が始まるとゴーランドキャッチャーの乗り物を使いハチ(イチ)たちがのび太の像を運ぶのを邪魔するために彼らを襲撃、まるで先祖のズブが乗り移ったかのような人間への異常な憎悪と執念を見せるが、ハチ(イチ)とのび太によるけんだまを巨大化した攻撃により再び敗北、その後悪事がばれ、側近のニャーゴ達と共に逮捕され、宇宙船で雑用をさせられることになった。 ニャーゴ(ネコ) 声 - ネコジャラの側近。 ネコジャラへの忠誠は厚いが、性格はきわめて冷淡で、尖った性質の持ち主。 彼の先祖はのび太たちになつかなかったうちの一匹で、常にズブの傍らにいた白猫である。 ズブの仲間は彼の先祖以外にもう一匹いたが、子孫として登場することはなかった。 ニャーゴが時の方舟の原型(イチのタイムマシン)を発見したことから、時の方舟の製造は始まり、時の箱舟を製作した労働者を牢獄で始末しようとしたが、エンジンルームでのび太とハチの連携に敗れた。 大統領(犬) 声 - ワンニャン国の現在の大統領。 移住の準備のため、地球に隕石が接近していることを36時間前まで隠蔽し続けていた。 大統領に相応しい人物で国民を守るために「地球脱出プロジェクト」を行う。 ネコジャラを「ミスターネコジャラ」と呼び、信頼していたが最終的には裏切られてしまう。 その後、命懸けでノラジウムを取り戻してくれたドラえもん達に国民を代表して感謝を述べた。 ズブ(ネコ) 声 - のび太に拾われた野良猫。 元々は飼い猫であり、愛嬌のある表情をしていたが、人間に捨てられ苦しみながら生きてきたことで凶暴な猫になってしまった。 同じ飼い猫だった2匹の猫と行動を共にしており、捨て猫3匹のリーダー格。 3億年前にイチたちと共に行き、進化させられた。 実はネコジャラの先祖で、犬や猫が人間から受けた虐待の歴史やドラえもん、タイムマシンのことを「闇の黙示録」という著書として残した。 名前の由来は、のび太に拾われたとき雨が降っていて体が「ズブ濡れ」だったことから。 ハチの母(ネコ) 声 - ハチの義母であるネコ族。 ハチを拾い、我が子として育てる。 エンディング・クレジットには掲載されていない。 漫画版冒頭では彼女が赤ん坊のハチを発見する場面が追加されていると同時に彼女の夫(ハチの義父)と思われる男性ネコも登場しているが、映画では未登場。 タマ 声 - ネコジャラ軍兵士 声 - 、 長官 声 - 、 補佐官 声 - アトラクション司会者 声 - 警官(犬) 声 - 、 魚政 声 - ニャコ 声 - TVアナウンサー 声 - 玉子がテレビでワンニャン国の遺跡に関するニュースを観る場面があり、そこで渡辺が声だけ出演。 人間も恐竜もいなかった太古に文明があったということで世界的な大ニュースになっているという内容であり、映画では遺跡の映像も出ている。 遺跡に関する言及、描写は映画ではここだけである。 したがって短編でこのニュースに触れていた、はこの映画には登場しない。 また、この映画のフィルムコミックではキャスト一覧には記載されているが遺跡のニュースの場面は割愛されている。 の作画による漫画版ではこのニュースの場面が描かれている。 この他、漫画版のみのぬいぐるみ、『』のコンポコのぬいぐるみ、『』のバウバウとミウミウなど、他の藤子作品のキャラクターもわずかに登場している。 用語 [ ] ねじれゾーン ねじれゾーン突入時の声:水谷優子 時空間において、時間の流れが乱れている領域。 時間の進行と退行が入り乱れて発生し、内部にいた者は幼児化(のび太、ジャイアン、イチ)や大人化(しずか、スネ夫)してしまう(ドラえもんはロボットの為、影響を受けなかった)。 タイムマシンに内蔵されている「制御ボタン」を押すことで影響を受けずに済むが、イチはこのねじれゾーンの存在を知らずにタイムマシンを開発したため、年齢の退行を止められなかった。 漫画ではジャイアンとスネ夫のみ幼児化し、空間内を突っ切ることで回避している。 ノラジウム この作品に登場する架空の鉱物。 ワンニャン国にて主要なエネルギー資源として使われている。 直径1ミリメートルほどの小さな粒でも湯を沸かすことができ、また量が多ければドリルを作動させたり、荷物を満載したトラック、果ては超巨大宇宙船までも動かすことが可能なほどの強いパワーを持つ。 そのため、ノラジウムは政府によって厳重に保存、管理されている。 唯一の欠点は、水に濡れると効力がなくなることである。 なお作中でとある像が、純粋なノラジウムのみで作られている。 時の方舟 ネコジャラが自身の仲間と開発していたタイムマシン。 ネコジャラがイチのタイムマシン(ネコジャラ一族はこちらも時の方舟と呼称していた)を発見したことで、完成にまでこぎつけるも、隕石によって破壊され、野望は潰えた。 なお起動するには地球を脱出するためのノラジウムを必要とすることもあり、ネコジャラはそれを奪って使用しようとした。 ネコジャラはタイムマシンで自分の先祖の時代を訪れ、人間たちに復讐するつもりだったことが本人の口から語られている。 のび太が所持していたけん玉。 彼のおばあちゃんが生前買ってあげた物であり、玉にはのび太の名前(「太」が間違って「犬」になっている)が書かれている。 よく「」の唄に合わせて遊んでいた(他作品・エピソードでは上手く扱えない)。 のび太とイチとの別れ際に紐が切れてしまい、玉はイチが所有することとなった。 イチは晩年までもこれを所有していたことから、のび太とイチの約束と絆を象徴する宝物となっていたことが窺える。 そして終盤ではこのけん玉が重要な役割を果たすことになる。 なお、大統領邸に額縁がかけられているのだが、そこに描かれているイチの左手にはのび太の落としたけん玉の玉を持っている。 また、ワンニャン国の大統領官邸の電飾は、一部このけん玉をモチーフにした物がある。 闇の黙示録 ネコジャラが所持していた分厚い本。 彼の先祖・ズブが著者であり、「時の方舟(タイムマシン)」や「機械ネコ(ドラえもん)」のことが書き記されている。 ネコジャラは常にこの本を持ち歩いており、終盤でロボットの爆発による炎で燃え尽きた。 スタッフ [ ]• 原作 -• 監督 -• 脚本 -• 総作画監督 -• キャラクターデザイン - 渡辺歩、• 美術監督 -• 美術設定 - 沼井信朗• 撮影監督 -• 編集 -• 録音監督 -• 効果 -• 音楽 -• チーフプロデューサー - 、• 絵コンテ - 芝山努、• 演出 - 渡辺歩、藤森雅也• 作画監督 - 加来哲郎、、藤森雅也、• 動画検査 - 原鐵夫、中峰ちとせ、長澤美奈子、江川陽司• 色彩設計 - 松谷早苗、堀越智子• 仕上検査 - 高木理恵、中島淑子、大浦聡子• 仕上担当 - 野中幸子• 基本設定 -• トレススキャン - 柴田邦浩、栗路理栄• デジタル特殊効果 - 三浦理奈、垣田由紀子、笛吹康二• デジタル光学録音 -• 文芸 - 滝原弥生• 制作事務 - 杉野友紀、服部高弘• 制作進行 - 吉田成彦、吉家康介、岡田麻衣子、廣川浩二、菅野淳之• 制作デスク - 、大金修一• プロデューサー - 小倉久美、大澤正享、、• 制作協力 - 、•

次の

ペット|ドラえもん のび太の牧場物語 攻略

ドラえもん 犬

子供向け。 砂漠の盗賊を一掃するため、待ち伏せていたときに、のび太たちと知り合う。 アッバース朝の第5代カリフで、アッバース朝の最盛期を築いた。 たいへんな生き物嫌いで、をひっぱたいて追い出した。 兵器の発達が世界を滅亡させると考え、一切の兵器の開発を禁じた。 大臣のの謀反により、暗殺された。 三保海岸で天上人の飛行服(羽衣)を拾った。 いつもガミガミどなっている。 戦時中に殺されそうになるが、のび太たちに助けられる。 将来、のび太と同じ会社の同じ課にいる。 母親が見つかり、群れへ帰った。 の反乱によって、祖国を追われ地球へ来た。 わずか八歳で大学を卒業した天才。 スネ夫が、キスマークの入ったサイン色紙を持っている。 「」を使い、電子ゲームを三十種手に入れた。 少し太っている。 天上世界にきたしずちゃん達を担当する。 ハルカ星の連合艦隊はこれまでの宇宙戦争で一度も負けたことがないらしい。 あやうく地球と宇宙戦争になるとこだった。 ハルカ星にはない、ガラスのビー玉をもらってよろこんで帰って行った。 決まった場所で糞をしないと気分が悪いらしい。 「」でスネ夫と友達になる。 秘密を知ったジャイアンたちを消そうとするが、間一髪でに逮捕される。 地底でに襲われていたのび太たちを助ける。 マグナブ 【ぴー.えー.まぐなぶ】 P127 公開討論会「ネッシーはいるかいないか」で、が作成した資料に出てきた人物。 ネッシーの写真を撮影した。 大きくなりすぎて、1億年前の世界にタイムマシンで帰された。 ガラパ星で、ネコより強く進化した。 孵化する前の卵に落雷があり、そのエネルギーによって人間並みの知能を得た。 の市長。 たまたま居たドラえもんが電話を取った。 5億年前に起きた「神のいたずら」と呼ばれる生物進化の謎を、卒業論文のテーマとして研究している。 外見は、カマキリに似ている。 犬にかまれ、どぶにおち、車にはねられて交番の前に落ちて御用となった。 おじの工場を手伝うことになり、東京へ行った。 まどビデオ機能によりに告白できた。 何でも燃やそうとするのであぶない。 女神の魔法で、動けるようになった木の人形。 弥生時代に、邪馬台国を支配していた女王。 大井山で紅葉狩りへ出かけたが、途中で迷子になった。 神の声を伝える巫女。 いままで一冊も売れたことがなかったが、「」で明るい気持ちになり、そのままセールスに行ったらやっと売れた。 のび太のパパと契約にこぎつけたが、のび太のママに一喝され、逃げていった。 海の上で、いかだに乗って漂流していたところを、のび太たちに助けられた。 ビンに封じ込まれており、ふたを開けると巨大な魔人になる。 魔人は、ふたを開けた者の命令に従う。 砂漠でさまよっているのび太たちを助けた。 台風だけに、目があり、熱い空気が大好物。 最後は日本に接近した大型台風を阻止するために、体当たりして消えてしまった。 に吼えられて逃げた。 慶応義塾大学の創始者。 いろいろドジをふんだ為、「エッチであわてもの」とうわさになってしまった。 内容の解説でたまに登場する。 すごくいじわるで、のび太のパパをいじめている。 のび太のパパを雨男呼ばわりする。 ネコ好き。 のび太のママとすれちがった。 メガネをかけていて小太り。 はから近い。 連載している雑誌/作品は以下の通り。 が孵化する前の卵に実験的に雷を落としたため、知能を持った。 本が好きな女の子。 に好意を抱いている。 セワシが見に行った。 のび太たちだけでも今までに26個のボールが家のガラスを突き破って飛び込んでいる。 いきなりどなって追いかけてくるが、ちゃんとあやまればこわくない優しいおじいさん。 王国で最も強い。 馬と白鳥を掛け合わせた。 ちょっとした事ですぐに泣き、いつものび太を困らせている。 しずちゃんのお人形と一緒になるが、「」をあびて愛するを探しにきた、しずちゃんのもう一つのお人形と、激しいジャック争奪戦を繰り広げる。 一度死にかけたが、「」で生き返る。 のび太の足をかんだ。 ジャイアンの飼っているにコテンパンにされる。 手段を選ばず、コーヤコーヤ星から住人を追い出そうとする。 ミステリートレインで達と知り合う。 大人族(人間)の乱開発により住む場所を失い、新しい住居地を探す旅の途中で倒れているところを、のび太とドラえもんに助けられた。 「」というアイテムを駆使して移動する。 他のコピーとは違い、鼻の下にホクロがあるため、何かとこき使われる。 性格も他のコピーにくらべて優しい。 のび太の家から車で30分ぐらいのところに住んでいる。 ともに戦うが、「」で自分の放った魔法をはね返され敗れた。 鬼岩城で七千年もの間、報復の時を待ち続けている。 「」が刺さって、のび太を好きになり、家に上がり込んでお菓子を作っていた。 のび太にお年玉をあげる。 ノア計画の審議会で、オランウータン代表として証言する。 そのコネを利用し、発売前の漫画や芸能人のサインを手に入れている。 口がうまくて世渡り上手。 ちょっとナルシストで、自分の顔を鏡で見てため息をつくこともしばしば。 模型を作るのがとても上手く、その知識は半端ではない。 長編「のび太の宇宙小戦争」では、スネ夫の作ったラジコン戦車が活躍した。 生年月日は1965年2月。

次の