トイレットペーパー無い。 トイレットペーパーやテッシュが無い買い占めはデマが原因・紙類は無くならない

トイレットペーパーがない!?1週間後には店頭に並ぶので、いまは1人1ロールあれば十分: J

トイレットペーパー無い

「コロナウイルスの影響でトイレットペーパーが不足するというデマを流した人物はこの人だ!」として、ネット上で特定の個人を叩く状況が起きています。 でも、それもデマなんです。 その人物の発信前にも「不足」デマが流れている デマを流したとされる人物は、たしかに「トイレットペーパーが不足する」というデマを『Twitter』と『Facebook』に投稿していました。 拡散しているキャプチャ。 個人情報削除の加工は筆者。 Twitterより しかし、調べたところその人物がツイートする前にも「トイレットペーパーが不足する」とのデマや憶測が流れていることを確認できます。 発信元の証拠として出回っているツイートのキャプチャ画面の投稿日時は2月27日です。 けれど3日前の2月24日時点でも、中国での生産不足からトイレットペーパーが不足するというデマや憶測が流れていました。 「コロナの影響でトイレットペーパーが供給不足に」。 Twitterより 「トイレットペーパーは中国製」。 Twitterより 「中国で作られている」との伝聞。 Twitterより たしかにいま叩かれている人物は、分かりやすいように情報をまとめてツイートしました。 問題の人物のツイートは単純に拡散したデマのうちのひとつにすぎません。 この人物にすべての責任を負わせるのは間違っているのではないでしょうか? ネットリンチに参加する必要はない でも書きましたが、ネットリンチは間違っています。 そんなことに参加する必要ありません。 仮にその人物がデマを流していると判断できるだけの理由があれば、警察に通報してください。 特定の個人を寄ってたかって叩き、名前や顔写真、職場などを晒しあげる行為は新たな犯罪となる可能性も考えられます。 デマを流す人間は許されないという気持ちは、デマの検証や話題のファクトチェックを行っている筆者としてもよく理解できます。 だからといって、特定個人を叩くのも間違っている。 そう思うのです。

次の

トイレットペーパーの品切れが簡単に解消しない複雑な事情

トイレットペーパー無い

新型コロナウイルスの感染拡大につれ、使い捨てマスクだけでなく、トイレットペーパーやティッシュペーパーが店頭で品薄になっている。 ここ数日、主にSNSで「マスクとトイレットペーパーの原料は同じ」「新型肺炎の影響でトイレットペーパーが今後なくなる」「トイレットペーパーを買いだめしておけ」といったデマが拡散したことが品薄を招いているようだ。 業界団体や政府は「在庫は十分ある。 冷静な行動を」と呼びかけている。 (朝日新聞『』2020年2月28日)より引用) かつて日本史の教科書で見た「トイレットペーパー買い占めに殺到する人びと」の光景を、まさか2020年にリアルタイムでお目にかかることになるとは思いもよらなかった。 状況は瞬く間に拡大し、ドラッグストアや雑貨店の棚からはトイレットペーパーどころか、ティッシュペーパーや生理用品もその姿を消してしまった。 「国内生産されている紙類が(マスクのように)なくなることはない」との呼びかけが続くなか、今度はスーパーマーケットから米が消えてしまった。 「米の供給に影響はない」と落ち着くよう求めていると、さらに納豆が消えた。 納豆がコロナウイルスに効果あり、という噂が流れたせいだという。 ついには、「花崗岩がコロナウイルスに効く!」などと称して、その辺に落ちている石ころが高値で売りに出され、人びとはそれに群がっていった。

次の

トイレットペーパーの「買い占めや転売しないで」。 岡田官房副長官が呼びかける

トイレットペーパー無い

オイルショック以来の騒動? オイルショックのきっかけは、 1973年に起こった第四次中東戦争(だいよじちゅうとうせんそう)です。 これは中東のエジプト・シリアなどのアラブ諸国(しょこく)と、イスラエルが起こした戦争です。 この戦争でアメリカがイスラエルに協力をしたため、苦戦(くせん)したアラブ諸国がある決定をしました。 これによって アメリカと同盟関係(どうめいかんけい)にある日本も、石油が輸入できなくなるのではという可能性(かのうせい)が生まれたのです。 このアラブ諸国の決定により、世界中に経済的(けいざいてき)な混乱(こんらん)を巻き起こしました。 これを 「オイルショック」と呼んでいます。 原油価格が上がったことや、輸入できなくなる可能性から、ガソリンや灯油などが足りなくなっていったんだよな。 また物の価格(物価・ぶっか)もどんどん上がっていき、インフレ状態にもなってしまいます。 オイルショック前の20%も物価が上がったんだ。 日本でトイレットペーパーがなくなるというウワサ? これは紙がなくなってしまうというデマが発生したことにより、 トイレットペーパーが手に入らなくなるという「ウワサ」が日本中をかけめぐったからだそうです。 当時はオイルショックにより、日本中がパニック状態(じょうたい)になっていました。 しかし紙が無くなるというのは完全にデマでした! ネット「オイルショックから学べよ!」の声も テレビのインタビューでトイレットペーパー買いに行ったおじさんが、「オイルショック経験してるから心配で買いに来た」って言っててオイルショックから何も学んでなくて笑った。 やっぱり人間の本質は変わらない。 中国では今回のコロナ騒動の転売で2000万円も儲けた人がいたそうです。 トイレットペーパーが無くなるとかの嘘のツイート。 これは転売目的でメルカリやヤフオクといった場所で高額販売しています。 課徴金などの罰則もあるし、 わずかな小遣い稼ぎのために大きなリスクを負うのは損だぞ。 — プロの話聞き屋🇧🇴 桜井🌺 sakurai7715 ティッシュとかは「国民生活安定緊急措置法」に関わる特定品目に入っているので、高額で売ってると法律違反になるのね けめ子 ドラッグストアの店員も困惑!? 買い占めや客が毎日のように在庫を確認する中、店員にも困惑の声が広がっているそうです。 ドラッグストア店員に 「マスクどこ?マスクありますか?いつ入荷しますか?」を聞いているあなた。 日本全国のドラッグストア店員は一日中「無いです、入荷未定です」を繰り返してます。 無いものは無いんだって。 — たこわさ(初心者💊登販) takowasabi310 ドラッグストアで働く母に 毎日必ず1人は 『 あなたはどこでマスクを手に入れたの😡?』 と怒る客が居るそうです。 — 加藤よしき DAITOTETSUGEN.

次の