エリオット。 エリオット波動の基礎講座

荒地 (岩波文庫)

エリオット

エリオット波動理論 エリオット波動理論の基本的な考え方 エリオット波動はR. エリオット氏の理論で、相場というのはフィボナッチ数のもと一定の基本的リズムがあると考えました。 それは、 5つの上昇波と3つの下降波で構成され、合計8つの波をもって、それが1つの周期となり、そのパターンで相場は展開するとしたのです。 エリオット波動は、上昇1波、下降1波で構成されるスーパーサイクルという一循環があり、これは上昇5波の下降3波の8つの波でサイクルと成り、これは下降13波、上昇21波の計34波のプライマリーとなります。 更にこれは下降55波、上昇88波の計144波のインターミディエートになるとしています。 この波の数はとなります。 では、基本パターンを見てみましょう。 波1・3.5は衝撃波(impuls waves 波2.4は修正波(corrective waves と言われ、波2は波1を修正し、波4は波3を修正する。 そして1・2・3・4・5の連続はa・b・cによって修正されます。 これで1つのサイクルが終わるのです。 その他に、エクステンションと言うのがあり、波1・波3・波5が、さらに5つの波に分かれて延長することもあります。 基本波動パターンの分解 ・相場の起点となる波。 ・エクステンション(5波に分かれる)する場合がある。 ・波2が波1を下回らないことで、この波を確認することになる。 ・波1の38. 2%、61. 8%押しをすることが多い。 ・フラットかジクザグ型の3波動の構成となるが、a波=c波となることが多い。 ・波1の4波レベルまで押すことがある。 ・衝撃波の中で最も強力な波動。 ・5波にエクステンションする場合あり。 ・波1の1. 618倍となる場合あり。 ・途中ギャップを生じる場合あり。 ・波3の38. 2%押し、または波3の4波までの押しもある。 ・フラットかジクザグ型では、a波=c波となることが多く、トライアングルになることもある。 ・波2と同じ長さになることも多い。 ・ 波1と波4が重なることはない。 ・波1と同じ長さや1~3波の61. 8%の長さとなることがある。 ・エクステンションする場合あり。 斜型のトライアングルを作ることもある。 ・波3の高値を抜けないフェイラー(未達成)も有り得る。 波A ・3波構成だとフラットかイレギュラーフラット型。 ・5波だとジグザク型。 波B ・波Aの初めまで戻ればフラット型でA波を超えればイレギュラーで波Aの1. 382倍となることがある。 ・ジグザク型だと波Aの38. 2%、50%、61. 8%のいずれかに戻ることが多い。 ・基本的に3波構成だが、たまにトライアングルとなる。 波C ・フラットかジグザグ型だと波Aと同じ長さになるが、イレギュラーフラットだと波Aの1. 618倍になることがある。 注意点 ・エリオット波動理論は、市場平均を想定しており、個別銘柄ではあまり機能しない。 ・波動を見る者の主観(強気か弱気)が強く影響する。 例えばある下落局面の波動を強気の人が見た場合、波動の期間を大きく取ったりして上昇波動の中の調整とするが、逆に弱気な人が見た場合は、また違った見解になることもある。 TOPに戻る.

次の

荒地 (岩波文庫)

エリオット

エリオット波動をグラフにしたもの 実際には小刻みに値段が変動するものの、上昇局面では5波動・下降局面では3波動で値動きが推移している。 上昇局面では、以下のような「5つの波動」を描く。 これらの波動については、「 上昇5波動のうち第3波動が最短になることは無い」という理論がある。 従って、第3波動が最も短くなる波動の捉え方は、そもそも波動の捉え方自体に誤りがあると解釈されることとなる。 また、上昇第5波の最高値は通常上昇第3波よりも高くなるが、時折第5波の最高値が第3波の最高値を超えられずに下回る場合がある。 これをフェイラーと呼び、相場の転換点となる可能性が高い波形であるとされている。 この他に、トレンドの勢いが強い場合は上昇5波または下降3波を超えて波動が描かれることがあり、これをエクステンションと呼ぶ。 波動の規模 [ ]• グランドスーパーサイクル … 100年以上• スーパーサイクル … 50年• サイクル … 10年• プライマリー … 3~5年• インターミディエット … 30週~50週• マイナー … 10週• ミニュット … 3~5週 関連項目 [ ]•

次の

エリオット波動のカウント法【客観性99.9%の数え方】

エリオット

今日は少し昔の話をしていこうと思います。 FXでけっこう人気のある理論としてがあります。 僕もエリオット勉強してみようと思ってガッツリ勉強した事があります。 基本的にここに載ってる理論が多分一番詳しく書いてあります。 まず理論を徹底的に勉強して次に実際のチャートに落とし込んでみたり かなり時間をさきました。 そうして僕なりの結果にたどり着きました。 まず で相場で勝っていく事は普通に可能です。 ただかなり深い所でエリオットを理解しないとかなり厳しいですし 突き詰めていくと理論的に説明する所は難しい部分があります。 ちなみには 後付理論で説明しやすいのでほとんどの人は ちゃんと使えていません。 というよりリアルに は 後付理論になってしまう所が多々あります。 まず調整波はその最たる例だと思っています。 別の相場の見方をしてて 調整波なんてありませんし ちゃんと意味があって波を形成しています。 なので 後付でここは調整波だったですね。 なんていくらでも 言える理論なのです。 そして理論を相場に当てはめるのが 容易ではありません。 なので難しい理論なのでなんかFXをしてる感はめちゃめちゃ出ますが 実際の所は後付理論を含んだ理論だと僕は思っています。 なのでを勉強してFXで勝っていく事は 可能ですし それで勝っている人も多数いらっしゃると 思いますが 足りない部分は誤魔化してる理論だと思っています。 そんな事はないという人は完璧に3波目をとらえる事が出来るはずです。 結局3波目を確認してからの一番おいしい所をとれない理論だと思っています。 戻しはどれくらいとかほぼ完璧に予想する事はエリオットでは難しいです。 なのでってどんなものなんだろうとか 使えるのかな?って思ってる方には正直時間はかかりますし 理論的に使えない部分も多数あるので取捨選択が出来ればしっかり勝てますが それが出来ないと確実に迷路に入って出られなくなるというパターンになるはずです。 なのでは自分がトレードが好きで別で勉強してみたいという方に おススメかもしれません。 基本 は思考になりやすいので そのあたりを分かって勉強するといいと思います。 最後に再度説明しますが の全てが使いないという事ではなく 理論的に後付理論になってしまう部分があるのでその部分は使えない。 しかし この理論で勝っていく事は出来るという事です。 多分これはで勝てるようになって相場を勉強しなかったら 気付けない事です。 なのでを勉強する場合は今説明した事を理解した上で勉強するといいと思います。 実際を勉強する事で別の相に気付く事もあるからです。 僕は気付く事は出来ました。 本当に相場って面白いですよね^^ から別の理論に気付けたらそれはかなり有力な理論になります。 それに気付けるかは保障しかねるのでそこを期待して勉強はしない方がいいです^^ 好きで勉強するのが結局の所一番という事です。 Natsume0.

次の