フォート ナイト チャプター 2 マップ。 【フォートナイト】建築編集エイムが上手くなる練習用マップのコードを紹介!【最新版】

【フォートナイト】建築編集エイムが上手くなる練習用マップのコードを紹介!【最新版】

フォート ナイト チャプター 2 マップ

この記事にはないマップ変化を見つけた方は「」まで一報下さい! シーズン3の気になる場所 北西にある大きな渦 チャプター2シーズン3より登場した渦だが、北西にある物だけ極端に大きい。 今後、何かしらに影響してくるとみて、間違いないだろう。 北東にある魚の形をした島 上から見ると魚の形をしているように見える。 今の所、特別なことは確認されていないが、気になったら行ってみてはどうだろう。 シーズン2からの変更点 チャプター2シーズン2マップ チャプター2シーズン3マップ 多くのロケーションが水没してしまっているのが分かる。 沈んでしまった場所は、もう訪れることは出来ないのだろうか…。 リブートバンも水中に…。 シーズン3新ロケーション 新ロケーションまとめ シーズン3の新ロケーションは4箇所ある。 ザ・オーソリティ キャティー・コーナー ザ・フォーティーラ リッケティ・リグ スラーピー・スワンプの名残 スラープ池は無いが、スラーピー・スワンプの名残として、スラープタンクや、スラープ缶がある。 シーズン3マップ変化予想 陸地が増える…?.

次の

フォートナイト: チャプター2・シーズン2でのマップ変化

フォート ナイト チャプター 2 マップ

「Fotenite」フォートナイトチャプター2の考察 オロの正体とは? オロの正体として考えられるのはマイダスの成れの果てという説とマイダスに恨みを持つ勢力のどちらだと考えられます。 オロスキンの別名は多くの人が気づいたように「マイダスリベンジ」という名前です。 この名前からしてマイダスにリベンジしようとしている者か、マイダス自身の姿が変わりリベンジしようとしているかのどちらかでしょう。 ただしオロにも右目に傷があり、武器を持つと金色になることからマイダスの姿が変わったものだと考えられます。 オロはマイダスがタヒんだ後骨になって出てきたっていう事かな 何か知らんがこの画像にはないけど、 オロとマイダス、両方に右目に傷がある事 武器を触ると金色になる事 これはマイダス特有の技 — Hope1st ohepts1 6月16日のワンタイムイベントでは何が起こったのか? 6月16日のワンタイムイベントではマイダスの「終末のデバイス」が完成してストームの破壊作戦を実行しました。 「終末のデバイス」によってストームの破壊を試みたところ、予期せぬトラブルが起こる。 今回は破壊しようとしたストームはただのストームではなく。 完全に破壊することはできませんでしたがストームを止めることには成功。 しかし、終末のデバイスは破損。 かろうじてストームをいったん止めることはできましたがあの洪水とともにいつまでもつかはわかりません。 この出来事はエージェントジョンジーのセリフによって明らかになりました。 We were overwhelmed by the response to The Device. At 12M players in-game, we capped participation for stability while 8. JP fortniteleaksJP スポンサードリンク チャプター2もループしている世界の一つ? マイダスは終末のデバイスによってストームを止めようとしていましたが、そこで起こった予想外の出来事がおこりました。 それがストームの力が予想以上に強かったということと、終末のデバイスがループに反応したということです。 チャプター1ではタピオカイベントによりループを抜け出すことが出来ましたが、おそらくチャプター2の世界でまたループの世界に足を踏み入れそうになった。 もしくはまだループの世界にいるということなのでしょう。 おそらく止めることに成功したストームが再び動き出して、マップが水に飲み込まれるのだと考えられます。 ザ・グラトウやザ・エージェンシーなどの施設がどうなるかはわかりませんが次のマップでは島全体が水浸しになることでしょう。 バトルパスもそれに対応したスキンになると考えられます。 とくにティザー画像のトライデントはポセイドンを連想されられるため水に海に関するスキンが続々と登場することでしょう。 2020. 17 — フォートナイト FortniteJP からのメールにこんなティザー画像が んー!ポセイドン!?楽しみです! — むーんばなな munbana スポンサードリンク シーズン3開幕!世界は水の世界へ!? なぜマップは海に沈んだのか? マイダスがストーム破壊を『終末のデバイス』で実行しましたが、予想以上にストームの力が強く完全に破壊することに失敗。 かろうじてストームを海と同化することによって止めることには成功したが、いつまでもつかはわからない。 そして、ついにタイムリミットが来て島に大洪水が襲うことになる。 大洪水によって戦利品シャークが増えてます。 サメに困ったら倒すか、リンゴ、トウモロコシ、バナナなどの作物を海に投げると飛びつきを防げます。 釣り竿で移動手段にしてしまってもいいでしょう — エージェントK KB05434825 保険に入っておけばよかったのに 舞台はシーズン3の世界。 マップのほとんどが海のそこへと沈んでいます。 しかし、『ノースウェット』という保険会社に入っていた建物は安全装置が作動して無事に浮いたまま残っている。 反対に『ノースウェット』に加入していないスラーピーなどの建物は海の底に沈んでしまいました。 しかし、バトルパスのトレーラーでは新しい移動手段の車が映っています。 今のマップのままでは降りる場所がほとんど水なのに車なんて追加されても正直走るところがありません。 そのため降下できる場所が少ない+車を追加するという観点からマップの水はどんどん引いていって今後は陸地が増えると考察できます。 ちなみに公式のトレーラーでも徐々に水が引いて車が追加されるという発表がされています。 シーズン3のバトルパスがきました! — エージェントK KB05434825 時間が過ぎると共に、確実に水が引くと思います! — FNJPNews 日本向け情報アカウント 🇯🇵 FortniteJPNews 「Fotenite」フォートナイトチャプター2・シーズン2の考察まとめ いかがでしたでしょうか? マイダスがニャッスルが操るサメに引かれてしまったようにチャプター2・シーズン2の出来事はいったん幕を閉じ新しいシーズン3の物語が始まります。 (ブルータスもぼこぼこにされている) 現在は夏も近く海のテーマにピッタリなマップですが、秋ごろになるにつれて水はマップからどんどんひいていくと予想されます。 その頃にはおそらく 新しい移動手段である車も追加されると考えられます。 夏の終わりまで今の海マップを思いきり楽しみましょう! マイダスどんまい…. — エージェントK KB05434825.

次の

【フォートナイトの歴史】シーズンによるマップの変化やバックストーリーは?

フォート ナイト チャプター 2 マップ

本稿では新たに登場したロケーションやコンテンツ,チャプター1からの変化などを紹介する。 一見すると釣りは遊びコンテンツのようだが,釣りをすることでレアリティの高い武器や強力な回復アイテムを入手できるため,有効に活用すればゲームを有利に進められる。 さらに乗り物として水辺を移動するためのモーターボートもあり,マップ上を高速移動したり,ボートに搭載されているミサイルで攻撃したりできる。 チャプター2で追加された新ロケーション 一気にアイテムを入手できるぞ リテイル・ロー リテイル・ローはG6からH6にかけて位置する住宅街だ。 大きな変化はないが,街のいたるところに隠れられるゴミ箱が設置されているため,待ち伏せには注意したい。 また,街の北東からジップラインでダーティ・ドッグス,スチーミー・スタックスまで手軽に移動できるようにもなっている。 まずは泳ぎのアクションから紹介したい。 泳ぐ方法はとても簡単で,ある程度の深さのある場所でダッシュボタンを押すとクロールをする。 これだけだ。 その状態でジャンプボタンを押すと,バタフライのように飛び上がり,そのあと水中に潜る泳ぎ方ができる。 「フィッシングフック」は樽からも入手できる チャプター2からは 「フィッシングフック」が新しい道具として登場する。 このフィッシングフックを川や湖に向かって使うと釣りができ,ウキが沈んだタイミングで射撃ボタンを押せば魚や武器などのアイテムを入手できる。 このとき,何もない場所で釣りをしていると魚(スモールフライ)や空き缶がよく手に入る。 この魚は回復アイテムであり,包帯よりも回復速度が速いため,数をそろえればそれなりに使える回復アイテムとなる。 より強力な回復アイテムやレアリティの高い武器が欲しい場合は,魚が飛び跳ねたり波紋を立てたりしている場所にフィッシングフックを使おう。 ここで釣れる魚のうち,フロッパーは1秒でHP50回復,スラープフィッシュは1秒でHPかシールドを50回復できる強力な回復アイテムだ。 「スラープフィッシュ」はシールドも回復できるが入手しづらい しかしこの釣りポイントはずっと使えるわけではなく,何度か釣ると消えてしまうため,狙ったアイテムを入手するのは難しい。 とくにスラープフィッシュは入手できる確率が低く,数は揃えられないだろう。 なお,釣りをしているときは無防備になる点にも注意したい。 あらかじめ釣りのための小屋を建築し,遠距離攻撃から身を守りながら釣りを楽しむことをおすすめする。 せっかく追加された釣りアクションではあるが,フィッシングフックが1スロットを占有するうえに,狙ったアイテムを入手できるとは限らないため,有効なアクションになるかは未知数だ。 序盤から中盤にかけて強い武器や回復アイテムを入手できなかったとき,釣りをすることで逆転の目を引き出せるかもしれない。 このモーターボートを使うと,水上を泳ぐよりも高速で移動できる。 最大4人が乗れるため,スクワッドでチームメイトと一緒に行動することも可能だ。 その際に運転手はミサイルで攻撃ができ,ほかの座席の仲間もそれぞれ手持ちの武器で攻撃できる。 目標に特攻するといった楽しみ方もできそうだ。 ちなみにモーターボートではあるが,ブーストを使えば陸上も移動できる。 ちょっとしたテクニックとして覚えておきたい。 エピックかレジェンダリーの武器を入手できる チャプター2では,レアリティの高い武器が出てくるレア宝箱がまれに登場するようになった。 通常の宝箱は黄色だが,レア宝箱は青色のためとてもわかりやすい。 見つけたらなるべく開けるようにしたい。 また,多くの弾薬や回復アイテムが出てくる大きな弾薬箱も追加されている。 アップグレードベンチで武器のレアリティをアップ チャプター2からは アップグレードベンチが追加された。 アップグレードベンチでは,木材・石材・鉄材のそれぞれの資源を消費することで,武器のレアリティをアップさせられる。 ゲーム中盤で資源が余っているときは,悪くない選択肢になりそうだ。 スラープジュースが消えて破壊オブジェクトに 体力/シールド回復の効果が得られる チャプター2シーズン1では,回復アイテムのスラープジュース,チャグチャグ,チャグスプラッシュが保管庫に戻された。 代わりにスラープ系アイテムとして利用できるものが,マップ内の存在しているスラープ系オブジェクトだ。 これらのオブジェクトを破壊すると,体力やシールドを回復できる。 オブジェクトが設置されている場所は限られているものの,場所を把握しておけば回復アイテムが足りない時に有効活用できる。 システムの変更点 3Dヘッドホンの追加 音が立体的に聞こえるようになる3Dヘッドホンが追加された。 ただし,逆に聞こえづらくなったという話も出ているため,まずは試してみよう。 聞きやすくなれば儲けものだ。 リリースすると編集を確定 「リリースすると編集を確定」をオンにすると,編集の確定ボタンを押さなくてもリリースするだけで編集が確定するようになる。 操作時間を省略できるコマンドではあるものの,細かい編集が難しくなる。 オンにするかどうかは好みによるだろう。 負けた後,次のマッチに即移動可能 チャプター2では負けた後に「ロビーに戻る」「観戦」だけではなく, 「次の準備OK」を選ぶことでゲームを観戦しつつ,次のゲームを探せるようになった。 かなり便利な機能だと言える。 一方で何度でも挑戦してしまうため,時間泥棒なシステムだ。 ついついやり続けてしまうから恐ろしい。 チャプター2アップデートは新しいマップを始め,プレイヤーをチャプター1以上にやり込ませる狙いがありそうだ。 (C)2011, Epic Games, Inc. Epic, Epic Games, the Epic Games logo, Fortnite, the Fortnite logo, Unreal, Unreal Engine 3 and UE3 are trademarks or registered trademarks of Epic Games, Inc. in the United States of America and elsewhere. All rights reserved. Fortnite (C)2018, Epic Games, Inc. Epic Games, Fortnite, Unreal, Unreal Engine 4, UE4, and their respective logos are trademarks or registered trademarks of Epic Games, Inc. in the United States of America and elsewhere. All rights reserved. The rating icon is a registered trademark of the Entertainment Software Association. All other trademarks and trade names are the properties of their respective owners. (C)2018, Epic Games, Inc. Epic, Epic Games, the Epic Games logo, Fortnite, the Fortnite logo, Unreal, Unreal Engine 4 and UE4 are trademarks or registered trademarks of Epic Games, Inc. in the United States of America and elsewhere. All rights reserved.

次の