山本 一 磨。 研修医業績 2017年度

おれは清麿 (祥伝社文庫)

山本 一 磨

略歴 [ ]• 四代目系健國会若頭袖岡勝二は、健國会の解散に伴い、須磨連合を結成し、須磨連合代表に就任後、四代目山健組に昇格した。 2015年12月、須磨連合から健國会に改称し、四代目山健組舎弟頭補佐山本一廣は、健國会総裁に就任した。 歴代 [ ]• 初代 - 山本國春 当代 [ ]• 総裁 - 山本一廣(四代目山健組舎弟頭補佐/三代目山健組若頭補佐/二代目山健組系二代目健竜会副会長)• 代表 - 袖岡勝二(四代目山健組若中/四代目山健組系健國会若頭) 構成 [ ]• 総裁 - 山本一廣• 代表 - 袖岡勝二• 副代表 - 西野雅之(國將会会長)• 若頭 - 長田直樹(二代目東侠連合会長)• 舎弟頭 - 山部亮二(二代目羽布津組組長)• 本部長 - 吉川正雄(國誠連合会会長)• 本部長補佐 - 井上晃一• 本部長補佐 - 宮原清孝• 舎弟頭補佐 - 佐々木悟(國道会会長)• 舎弟頭補佐 - 立花勝二(國心会会長)• 若頭補佐 - 郷田孝行(郷田組組長)• 事務所長 - 山神智也(山神総業組長)• 最高顧問 - 陶山悦治(國守会会長• 顧問 - 平林芳典(平林会会長)• 顧問 - 田中和帆(雄道会会長)• 顧問 - 石田尚行(石田総業会長)• 特別相談役 - 竹谷繁輝(竹谷組組長)• 相談役 - 高岡祐幸• 相談役 - 牧野利紀• 相談役 - 徳永美智男• 相談役 - 松田 徹• 舎弟 - 杉本 仁• 幹部 - 小椋慶一(二代目賢仁組組長)• 若中 - 久保龍之助• 若中 - 上野真一• 若中 - 宮本保之• 若中 - 長尾直樹• 若中 - 松浦光明• 若中 - 羽田野剛• 若中 - 加嶋宗弓• 若中 - 光岡芳仁• 若中 - 小谷英弘• 若中 - 本田健二• 若中 - 鶴見敬次• 若中 - 石黒武志• 若中 - 東 武史• 若中 - 山部 真• 若中 - 大塚真人• 若中 - 中村健一• 若中 - 荏原正吾 注釈 [ ]• 産経ニュース 脚注 [ ] [].

次の

『日本国憲法の初心 山本有三の「竹」を読む』書評 今こそ思い起こせと誘う|好書好日

山本 一 磨

Sponsored Links 山本権兵衛(本称:ごんべえ、公称:ごんのひょうえ)は海軍大将で、16代・22代内閣総理大臣にもなった人です。 彼はその写真から現在ではイケメンと評価されています。 そんな山本権兵衛のモテエピソードはあるのでしょうか。 そして当時(明治・大正時代)のかっこいいとされてきた人たちは現在でも通用するイケメンなのでしょうか。 山本権兵衛が首相だった頃の「イケメン」とは 山本権兵衛が最初に内閣総理大臣に就任したのは、1913年(大正2年)のことです。 このころは「大正デモクラシー」の時流に乗って、西洋の文化が取り入れられ、それまでの伝統的な枠組みにとらわれないモダニズム(近代化推進)の気風をもった若い男女の新風俗が現れるようになりました。 このモダニズム精神を持った男性のことを「モボ」と言います。 山高帽にステッキなど西洋文化を思い切り取り入れたファッションが流行りました。 この頃は明治から続く西洋文化の推進運動に従い、顔の好みも西洋化してきました。 つまりそれまでは切れ長で小さな鼻の顔がモテたみたいですが、目が大きく二重で彫りの深い顔が良しとされてきました。 明治~大正にかけて美意識は現在と同じようになってきたということです。 お顔はこの時代でもだいぶんモテたのではないでしょうか。 また山本は強いリーダーパワーを持っていました。 弁舌に優れマネージメント能力にも長け、強い信念を持ち、的確な計画をたてそれを遂行する事のできる能力がありました。 そんな山本のリーダーシップがあったからこそ日本は大国ロシアに日露戦争で勝利したのだとする人もいます。 山本が元帥であった事実はないですが、元帥だったと誤解されるほど数々の業績を残しています。 幼少時代はガキ大将と言われた山本ですが、端整な顔立ちとこの常にリードしてくれそうな男らしい性格はきっとモテたことでしょう。 しかし、山本の恋愛譚はあまり見ることはありません。 それは山本は自分がモテたかモテなかったかに関わらず、一人の女性を愛し抜いたという事実があるからではないでしょうか。 山本は海軍少将時代、遊女であったトキに一目ぼれをし、彼女を遊郭から助け出して自分の妻とします。 そして彼は妻に誓約書を渡します。 それには 一、夫婦は互いに礼儀を守ること。 一、夫婦睦まじく生涯互いに不和を生ぜさせぬこと。 一、夫婦たるの義務に破るにあらざれば、いかなる事実あるも決して離縁ゆるすべからず。 一、一夫一婦は国法の定る処なれば、誓ってこれに背かざること と書かれていました。 当時まだまだ身分制度が残っており、海軍士官が士族の娘ではない、平民の娘と結婚することは当時は異例のことで、周囲からの非難もあったらしいですが、それには耳を貸さず、山本はこの妻を誓約書のとおり生涯愛し続けました。 この一途に想ってくれる情熱はとてもかっこよく、奥さんからしたら女冥利につきるのではないでしょうか。

次の

『日本国憲法の初心 山本有三の「竹」を読む』書評 今こそ思い起こせと誘う|好書好日

山本 一 磨

述 志 一死君国に報ずるは素より武人の本懐のみ、 豈戦場と銃後とを問はむや。 勇戦奮闘戦場の華と散らむは易し、 誰か至誠一貫俗論を排し斃れて後已むの難きを知らむ。 高遠なる哉君恩、悠久なるかな皇国。 思はざるべからず君国百年の計。 一身の栄辱生死、豈論ずる閑あらむや。 語に曰く、 丹可磨而不可奪其色、蘭可燔而不可滅其香と。 此身滅す可し、此志奪ふ可からず。 昭和十四年五月三十一日 於海軍次官官舎 山本五十六 (注) 1. 本文は、山本義正著『父・山本五十六 その愛と死の記録 』( 昭和44年8月15日 初版発行・昭和44年9月20日20版発行、 光文社) <カッパブックス>によりました。 ただし、「斃れて後已むの難きを知らむ」は、上記の本文に「斃れて 已むの難きを知らむ」とあるのを(同書165頁)、下記「注10」に記した 朝日新聞掲載の写真によって「後」を補いました。 また、仮名の「ん」を 「む」に直しました。 (2008年12月2日追記) 2. 文中の「丹可磨而不可奪其色、蘭可燔而不可滅其香」は、 上掲書では、「 丹 あか 磨くべくして其の色奪ふべからず、 蘭 燔 や くべ くして其の香滅すべからず」と読ませています。 この言葉は、 「 丹可磨而不可奪其色 、 蘭可燔而不可滅其香。 玉可碎而不可改其白 、 金可銷而不可改其剛 」という形で用いら れているようです。 また、「 玉可碎而不可改其白、竹可破而 不可毀其節 」という形も見られます。 3.読みの注を補っておきます。 豈 ……あに。 誰か……たれか。 斃れて後已む……たおれてのちやむ。 難きを……かたきを。 論ずる閑……ろんずるいとま。 4.が、資料4にありますので、ご覧下さい。 5. 長岡市のホームページの中に、 「 」の紹介と、 「 」の ページ(肖像写真あり)があります。 (写真をクリックすると拡大写真になります。 ) 7 . というサイトの「会ってみたいな、この人に」(銅像と の出会い)の中に、があって、参考になりま す。 8. というサイトに、 というページがあります。 9. 半藤一利著『山本五十六』(平凡社、2007年11月23日初版第1刷発行)が出ま した。 同書「まえがき」によれば、「本書は、昭和61年(1986)に恒文社から刊行し た『山本五十六の無念』を支柱として、それに比較的最新の作を集めて新編集した もの」だそうです。 堀元中将の業績を調 べている大分県教育委員会が1日発表した由です。 見つかったのは、海軍次官だった39年と、連合艦隊司令長官時代の41年に書 かれたもので、いずれも便箋に毛筆で書かれている由です。 大分県出身の堀悌 吉氏は、1930年のロンドン軍縮会議に海軍省軍務局長としてかかわり、軍縮を進 める「条約派」の立場を取り、山本とは海軍兵学校の同期で互いに信頼し合って いたそうです。 新聞に掲載された昭和14年の述志の写真によれば、改行等は次の通りです。 (なお、文字に一部変体仮名が用いられていますが、ここでは普通の仮名に直し て記しました。 また、末尾の「海軍次官々舎」の「々」は、原文は平仮名の「こ」を 潰した形の繰り返し符号になっているようです。 ) 述志 一死君國に報するは素より 武人の本懷のみ豈戰場と 銃後とを問はむや 勇戰奮闘戰場の華と散ら むは易し誰か至誠一貫俗論 を排し斃れて後已むの難き を知らむ 高遠なる哉君恩 悠久なるかな皇國 思はさるへからす君國百年 の計 一身の榮辱生死 豈論する閑あらむや 語に曰く 丹可磨而不可奪其色蘭可 燔而不可滅其香 と 此身滅す可し此志奪ふ可 からす 昭和十四年五月卅一日 於海軍次官々舎 山本五十六 (花押) (2008年12月2日追記) 11. 『asahi. com』 に「山本五十六の遺書「述志」の原本発見 堀悌吉の子孫宅 」 とい う 平成20年(2008)12月2日付け朝日新聞夕刊の記事が出ていましたが、現在は見 られないようです。 12. かつて、『YOMUIRI ONLINE』に、「山本五十六の述志、大分の先哲史料館で展示 始まる」という記事(2008年12月7日読売新聞)が出ていました。 これは平成20年(20 08)5月に、山本五十六の親友で大分県杵築市出身の元海軍中将・堀悌吉の孫宅 (東京)で見つかった「述志」ほかの資料を展示したことについて報じたものでした。 しかし、『YOMUIRI ONLINE』のこの記事も、現在は見ることができないようです。 13. というサイトに、と いうページがあり、昭和14年5月31日付けの「述志」の写真の他、参考になる記事が 掲載されています。

次の