ガル ちゃん コロナ。 未来放浪ガルディーン

新型コロナウイルス、退院した患者が体に起きた異変を明かす。「動くにも動けない状態だった」

ガル ちゃん コロナ

動物保護団体「ACFアニマル・レスキュー()」のアイシャ・チュンドリガル()代表によると、市場が閉鎖されて2週間が経過した頃、最大で1000匹もの動物たちを収容していた複数の店舗の外にまで動物たちの悲鳴が聞こえていたという。 チュンドリガル氏はAFPに対し、「私たちが中に入ると、大半の動物たちが死んでいた。 約70%だ。 動物たちの死骸は、地面に横たわっていた」「言葉にできないほど、本当に悲惨だった」と語った。 おなかをすかせ、明かりも風通しもない中で、おりに閉じ込められながらも生き延びた動物たちは、死骸に囲まれた中で震え、座り込んでいたという。 新型コロナウイルスの感染が世界規模で拡大する中、パキスタンでは主要都市が封鎖され、多くの店が閉鎖を余儀なくされた。 食べ物や医薬品などの必要不可欠な商品を売る店だけが、営業の継続を認められた。 封鎖により、ペットショップの店主らは営業を停止させられたものの、一部の店主は動物に餌を与えるため、夜間にこっそりと店へ通っている。 絶望的な救出活動を経て、チュンドリガル氏は現在、カラチの当局に対し、ペットショップの店主や従業員らに日常的な店への立ち入りを許可するよう説得している。 映像前半は救出された動物たち、3月28、29日撮影・提供。 後半は1日2時間のみ営業が許可されている、カラチのペットショップ。 4月2日撮影。

次の

インドで誕生した双子、両親が「コロナ」ちゃん「コヴィット」君と命名|ニフティニュース

ガル ちゃん コロナ

母親のリーティ・マさん(Preeti Ve)に妊娠合併症の症状がみられたため帝王切開での出産となったが、双子は0グラムとグラムで誕生し健康上の問題はないという。 リーティさんは双子の出産や名付けの経緯について、次のように語っている。 「陣痛が始まり、地元政府が運営するを呼んで『・ラーオ・アンベードカル・アル病院(Dr. Bhim Rao Ambedkar pital)』に向かいました。 夜中の頃でしたが、外出禁止令が出ているため何度か警察に止められ、本当につらい思いをしました。 」 「病院に到着してからはあっという間で、45分以内に双子が誕生しました。 子供たちをとコヴィットと名付けたのは、こんな状況下で出産したことをいつまでも忘れることなく、特別なものにしたかったからです。 」 「『』という言葉を聞くと不安や恐怖を感じる人もいるかもしれませんが、双子にこの名前を付けることで、少しでもそういった感情が和らいでくれるよう願いを込めました。 は危険で命を脅かすものですが、その一方で人々はより衛生的になり、健康を気遣うようになったことは注目すべきだと思うのです。 」 リーティさんは「病院のが双子をとコヴィットと呼び始めるのを聞いて、この名前にしようと決意しました」と当時を振り返っているが、世界中から注目されたことで、『ro』のには「もしかしたら、この先、双子の名前を変えることもあるかもしれません」と明かしている。 なおリーティさんは、すでに双子と一緒に退院しているという。 画像は『New r 付「t Covid and — during the down in Chhatgarh」(Photo EPS)』の (Techinht編集部 A.

次の

ワンダーウーマンのガル・ガドットも新型コロナウイルスのパンデミックから退散‼️、Netflix製作の最新作「レッド・ノーティス」が、イタリア以外のロケ地を模索中‼️

ガル ちゃん コロナ

徒歩で故郷を目指すインドの出稼ぎ労働者ら=3月28日、ニューデリー 【ニューデリー時事】13億超の人口を抱えるインドでも新型コロナウイルスの感染が深刻化しており、「全土封鎖」状態になって1カ月が過ぎた。 こうした中、経済活動が停止になり失職した12歳の出稼ぎ少女が、帰郷しようと約150キロ歩いた末に命が尽きた悲劇は、社会に大きな衝撃を与えた。 徹底した外出禁止など感染防止措置のしわ寄せは、人口の多くを占める貧困層に集中。 モディ首相が貧困層対策で謝罪する事態にまで発展した。 職を失い帰郷せざるを得なくなったとみられる。 日中の気温は30度を超えるが、公共交通機関も止まる中、徒歩しか選択肢はなかった。 インド政府は3月25日から感染防止のため全土で徹底した外出禁止措置を取っている。 外出が見つかり捕まれば、棒でたたかれるなどの罰が待っており、帰郷もできなくなる。 マクダムさんは検問を避けるため、一緒に出稼ぎに来ていた親族らと森を切り開きながら約150キロ歩いたが、自宅までは残りあと15キロ足らずの地点で力尽き、息絶えた。 父のアンドラムさんはNDTVに対し「3日間歩き続けていた」と話した。 死因は脱水症状と栄養失調とみられている。 マクダムさんは「1日に最大で400ルピー(約560円)程度を稼ぎ、ほとんどを家族に送金していた」(英BBC放送)とされ、新型コロナを契機に貧困層の悲惨な現実も改めてクローズアップされている。 このほかにも、公共交通機関が動かないため、数百キロを歩いて故郷を目指す人たちが相次いでいる。 背景には、人口の6割が住む農村部で職が見つからないため、貧困層が短期労働者として都市などで出稼ぎを迫られている現実がある。 貧困層は政府調査では2割強だが、実態は6割近くに上るという見方もある。 外出禁止措置を受け、ニューデリーなどでは、当局が食料を配布し、滞在場所となるシェルターを用意するなどの対策を取っているが、十分には周知されていないもようだ。 テランガナ州でも出稼ぎ労働者に対して米、小麦を配給しているが、マクダムさんには届かなかった可能性がある。 モディ首相は3月29日の演説で、貧困層対策が不十分と認め、「私を許してほしい」と謝罪。 対策を急ぐ考えを示したが、今月28日までに2万9000人超が感染し、930人超が死亡する中、感染拡大の防止が貧困層に及ぼすしわ寄せの厳しさに苦悩している。

次の