スラムダンク 彦一 声優。 スラムダンクの仙道に学ぶ!強さの秘密と、頼もしい名言10選

SLAM DUNK

スラムダンク 彦一 声優

学年:山王工業高校3年 身長:198cm 背番号:5 ポジション:センター(C) 山王工業バスケ部のスタメンの中で、最も高身長の選手。 そのリバウンド力を買われてスタメンに抜擢され、パワーと体重を生かしたスクリーンアウトでゴール下のポジション争いだけでも相手選手を疲弊させることができ、湘北戦の前半では花道にほとんどリバウンドを取らせなかった。 しかし、後半に花道の反則行為を受けてからは、花道の脅威のジャンプ力に翻弄されて途中交代となってしまった。 前半、流川にダンクを決められてから交代で退くまでに手首を痛めたかのような描写がされていたが、それについて本人および双方の選手と監督からの台詞は一切なかった。 「トーテムポールみたいな顔」という理由で、花道からは「(トーテム)ポール」と呼ばれている。 学年:海南大附属高校1年 身長:178cm 体重:65kg 背番号:10 ポジション:センターガード(SG)、センターフォワード(SF) 身長は178cmと小柄ながらも、ダンクが出来るほどの身体能力の持ち主。 相田弥生に「とんでもない逸材」と評価されるほどの優れた素質を持ち、ルーキー離れした能力を買われ、1年にして海南のスタメンの座を射止める。 自身を「ゴールデンルーキー」や「No. 1ルーキー」、「ルーキーセンセーション」と自称し、流川には強いライバル心を持っている。 湘北戦では流川とマッチアップし、最終的に18得点を記録した。 作中ではほとんどの得点描写がダンクであり、それ以外の得点描写は湘北戦前半にレイアップシュートを一度決めたのみであるが、観客に「すげえボールさばき」と驚愕されるほどのドリブルの技術やシュート技術を持つほか、自身より20cm以上も身長が高い魚住の上からもダンクを決めることが可能であり、彼のダンクには1発で試合の流れを引き寄せる力がある。 学年:山王工業高校3年 身長:180cm 背番号:6 ポジション:ガード(G) 山王工業バスケ部のスタメン選手。 湘北戦で は一之倉と入れ替わる形でベンチスタートとなり、前半途中に今ひとつ調子の出ない沢北との交代で途中出場。 後半は一之倉がベンチに下がったため三井とマッチアップ。 疲労の見え始めた三井を圧倒して山王の得点源となり、武藤に「沢北がいなければ、どこでもエースを張れる男」と言わしめた。 しかし、体力を限界まで消耗した三井をその後も幾度となく抜き去るも復調した湘北メンバーの懸命のカバーによって得点を阻まれ、さらに三井の執念を推し量れず翻弄され度々得点を許す。 終盤には1点差に追いつかれるきっかけとなる三井のスリーポイントシュートに対するファウルを誘発されるなど、なかなかその強さが見られなかったのが残念。 学年:翔陽高校3年 身長:197cm 体重:83kg 背番号:5 ポジション:センター(C) 藤真に次ぐ翔陽のスター選手で、翔陽のゴール下の要。 田岡には、赤木、魚住と共に神奈川No. 1センターを争う3人のうちの1人に挙げられた実力者。 パワーを活かしたプレイが得意な赤木や魚住とは対照的に、高野とのコンビによるポストプレイや、赤木のブロックを読んでのフェイダウェイ・ジャンプショットといった頭脳プレイを得意とする選手。 最初は花道を全く相手にしていなかったが、後半は花道に幾度もリバウンドを取られ、試合終盤には永野とともに花道のダンクに吹き飛ばされた。 バスケの常識やルールすら知らず、バスケ部主将の赤木剛憲にしごかれ、毎日退屈な基礎練習ばかりやらされるが、次第にバスケの面白さに目覚め、持ち前の体力や、ライバルとの勝負で才能を開花させてゆく。 驚異的な身体能力の持ち主で、パワー、スピード、スタミナはいずれも一級品。 垂直跳びの最高到達点は赤木をも凌ぎ、到達までの時間も早いので、魚住のダンクを赤木の上からブロックするほど。 プレイヤーとしてはマッチアップの相手が上手ければ上手いほど実力を開花させていくタイプ。 作中でもバスケの技量では大きく上回る選手に競り勝ち続け、山王工業戦では河田から得点を奪うまでに成長した。 2メートルを越す巨漢であり、赤木の最大のライバル。 県内で一番でかい中学生として鳴り物入りで陵南に入学するも、当初は基礎練習にもついていけず、田岡に毎日怒鳴られ、「デカいだけ」などと陰口を叩かれ一時は退部を本気で考えたが、田岡にその大きな体は立派な才能であると諭される。 赤木が自らガンガン攻めて行く主役型センターであるのに対し、魚住はチームメイトを活かす為に自らを日陰に置く脇役型のセンター。 県内で唯一赤木に真正面から対抗できる男 大きさ的にもパワー的にも)。 ただし、赤木に比べると自身のオフェンス能力が劣っているのを自覚しており、チームの中での自分の在り方を「俺は主役じゃなくて良い」と達観するに至った。 フリースローはヘタ。 普段は監督という立場上シックスマンだが、司令塔としてチームに及ぼす支配力は絶大。 178cmとバスケ選手にしては若干小柄だが、ジャンプの最高点に到達する前にシュートを放つという独特のタイミングを持ち、さらに左利きであることから、彼のシュートはブロックするタイミングが合わせづらいと言われる。 監督としての性格は極めて冷静沈着で、プレイで熱くなったメンバーをなだめたり、試合進行上での的確なアドバイスを与えたりするが、選手としてコート上に立つと、監督の時とは別人のように熱い性格になる。 翔陽高校の歴史上、1年生にしてスタメンの座を勝ち取った唯一の選手。 優勝への原動力となった安西の「あきらめたらそこで試合終了」という言葉に感銘を受け、安西への恩返しを誓って強豪高校からの誘いを断り湘北へ入る。 バスケット選手として天性の素質を持ち、ディフェンスも上手いが、不良と化していた2年間のブランクの影響でスタミナに大きな不安がある。 そのため試合終盤には疲労しきっている事が多いが、そういった状態の方が実は3Pが良く決まったりする。 実は湘北では流川と並ぶオールラウンダーであり、スリーポイントシュートという技と、巧みなプレイングでチームを支える。 学年:海南大附属高校2年 身長:189cm 体重:71kg 背番号:6 身体能力はそれほど高くないが、託されたボールを確実にバスケットに収めることができるピュアシューターで、本作屈指のスリーポイントシューター。 元々のポジションはセンターだったが、線が細く、練習で牧や高砂に何度も吹っ飛ばされ続け、高頭にも「センターは到底無理だ」と言われる。 1年前はベンチ入りも出来なかったが、その後、1日500本のシューティング練習を毎日欠かさず続けたことでシューターとしての才能を開花させ、海南のスタメンの座を獲得。 牧から神の流れのスリーポイントシュートで、最強コンビとまでいわれるようになる。 湘北戦では少ない出場時間ながら22得点を記録し、インターハイ予選では流川を抑えて1試合平均の得点1位を記録した。 湘北にとっては代えの利かない大黒柱であり、魚住や牧といった他校のライバルからもそう認識されている。 木暮からは「誰よりもバスケを愛する男」と評され、小学生の頃から全国制覇の夢を持つ。 地道な練習により自身の実力も確実につけてきたもののチームメイトに恵まれずに埋もれてきた逸材。 高校も強豪校には進学できなかったが、それでも弱小の湘北で全国制覇の夢を持ち続け、そのために部員の多くが退部するほどの厳しい練習を課す。 3年でようやく強力なチームメイトを得て才能を開花させ、海南戦では前半途中で足を捻挫しながらも試合の最多得点となる33得点を記録。 予選から豊玉戦までの1試合平均で25. 3得点・12. 3リバウンド・4. 0ブロックを記録して名実ともに県内No. 1センターにのし上がった。 学年:名朋工業高校1年 身長:199cm 体重:100kg 背番号:15 ポジション:センター(C) 1年生ながらにして2m近い長身、100kgという巨体の持ち主。 なんと中2の夏からバスケを始めたばかりにも関わらず、全国大会の初戦でいきなり1人で50得点・22リバウンド・10ブロックというとてつもない怪記録を出し、脚光を浴びた。 性格は思ったことを口や行動で表す直情型。 また、山王工業を知らず、湘北対山王の試合では観戦中に居眠りをするなど、試合に興味のない様子だったが花道をそれなりに意識していた。 牧にすら「高砂1人でどうにかなる相手じゃない」と言わしめ、パワー自慢の花道が因縁をつけるために肩でぶつかろうとした際、軽く触れただけにもかかわらず花道を吹っ飛ばした。 ダンクシュートを得意とし、敵を吹っ飛ばしてダンクした時、そのままリングにぶら下がり吹っ飛ばされた選手を眺めるのが好き。 しかし、その行為でよくファウルをもらうのが欠点。 広い視野とパスセンス、強固なディフェンス力を併せ持ち、前年度インターハイ準決勝の海南戦では牧を苦戦させた。 普段は黒子役に徹しつつも、要所要所で相手に傾きかけた流れを確実に呼び戻す決定的な仕事をするプレイが代名詞で、牧には「相手が行けるというムードの時こそ仕事する男」と評されている。 また、ミスや動揺している選手への声かけや気を抜いた選手へのさりげない叱咤などのチーム操作術・指揮能力は、選手たちからはもちろん監督の堂本からも絶大な信頼を寄せられており、大接戦となった湘北戦の終了間際におけるゲームメイクを託された。 語尾に何かつけるのに凝っていて、湘北戦の時は「~ピョン」をつけて喋っていた。 そのせいで宮城からは「ピョン吉」と呼ばれている) 宮城のような小さくて素早い選手は苦手だが、湘北戦でマッチアップした宮城に対し成功率の低いジャンプシュートをわざと見届けたり、終盤での沢北への奇策を妨害したりと最後まで翻弄した。 学年:湘北高校1年 身長:187cm 体重:75kg 誕生日:1月1日 背番号:11 ポジション:スモールフォワード SF 中学時代からスタープレイヤーとして活躍し多くの高校から誘いを受けたが、「家から近い」という理由で弱小の湘北高校へ入学。 非常に高いオフェンス能力を持ち、身体能力も非常に高いが、まだ1年生故スタミナが足りず、試合時間のすべてで全力プレーする事が出来ない事が弱点。 花道とは文字通り「犬猿の仲」で、殴りあいの喧嘩などは日常茶飯事。 趣味は睡眠。 バスケをやっている時以外は寝ていると言っても過言ではなく、朝は眠りながら自転車を漕いで登校し、授業中ももちろん居眠り。 バスケでは一流プレイヤーだが、「何人たりとも俺の眠りを妨げる者は許さん」と、教師ですらぶん殴る問題児。 精神的にタフで、緊張とは無縁。 無口で無礼な態度をとるため、目上の者から生意気だと反感をかうこともしばしば。 但し、バスケへの真摯さや敬意があれば実力で相手を一切卑下しない。 強い向上心を持ち、マイペースを通り越した唯我独尊に見えるが、安西に諭された際には「よろしくご指導ご鞭撻のほどお願いします」と頭を下げ、ゴリをキャプテン、宮城や彩子をセンパイと呼ぶなどその辺はきちんと弁えている。 学年:海南大附属高校3年 身長:184cm 体重:79kg ポジション:G ガード あだ名:ジイ、帝王、監督 海南バスケ部の主将で、神奈川No. 1プレイヤーと称されるほどの実力者である。 1年の頃から怪物と呼ばれる実力を持ちながらも、それに驕ることなく自らを鍛え続けると共に、貪欲に勝利を求めている。 パワーとスピードを兼ね備えた非常に強力なスラッシャーであり、牧を1~2人で抑え切るのは難しいとされている。 主将らしくリーダーシップも強力で仲間思いな面もあり、厳しくも熱く味方を鼓舞し、チームメイトにもその油断も妥協もない厳しい姿勢を徹底させる。 自身の老け顔を気にしており、その点を指摘されるとショックを受けるという意外な一面もある。 その実力は全日本センターの杉山に高3の現時点でも大学バスケのセンターでベスト3には入ると評されたほど。 高校入学当初のポジションはガードで、その時は165cmと小柄だったが、1年間で25cmも身長が伸び、ガードからフォワード、さらにはセンターへのコンバートを経験する。 その結果、「鋼のような筋肉」と評された肉体とガードフォワード並みの技術、素早さや強力なインサイドプレーを併せ持つ異色のプレイヤーに成長した。 また、センターでありながらシュートエリアやプレーエリアも広く、ドライブやスリーポイントシュートもこなし、リバウンドにおいても他を圧倒するなど、5番(センター)から3番(スモールフォワード)までこなすと評された。 インターハイ2回戦で対戦した赤木にも圧倒的な実力差を見せつけ、最終的に現時点では敵わないことを認めさせた。 「うはは」という笑い方をし、ブロックするときは「ぶし」と声を上げる。 女性ファンの多い沢北に嫉妬している様子。

次の

アニメ「スラムダンク」がリメイクされない理由wwwwwwww(画像あり)

スラムダンク 彦一 声優

スラムダンクに登場する陵南高校バスケ部で、特に素晴らしいプレーヤーとして知られているのが、 仙道彰です! 作中では神奈川県ベスト5に入るほどの実力の持ち主で、とても人気があるキャラクターです。 そんな仙道といえば、ただバスケがうまいだけではなくて、チームのメンバーから絶大な 信頼を集めている「頼られる人物」でもありますね。 陵南バスケ部の仙道彰は、どうしてここまで強くて、しかもまわりの人から頼られるのでしょうか? というわけで、ここでは スラムダンクの仙道に学ぶ、強さの秘密と頼もしい名言10選についてご紹介していきます。 スラムダンクの仙道に学ぶ、強さの秘密! スラムダンクに登場するさまざまな選手のなかでも、特に スター性と天才性をもちあわせていたのが仙道です。 陵南高校のチームとしては、山王工業バスケ部などとくらべるとあまり目立つことはありませんでしたね。 しかし、仙道ひとりだけに注目すると、かなり素晴らしいレベルのプレーヤーでした! そんな、才能と技術の両方を兼ねそなえている仙道の姿をよく見てみると、強くなるための秘訣をたくさん学ぶことができます。 ふつうなら、あまりにも難しいテストや、強すぎる相手との試合に遭遇したらガッカリしちゃいますよね。 でも、仙道のように、さらに強く 成長したいのなら「難しい」ことに立ち向かうことも楽しめなくてはなりません! いつまでも難しい問題に取り組まず、確実に点が取れるような カンタンな問題ばっかり解いていても学力は上がらないし、弱い人と試合してばかりだと体はどんどん弱ります。 そのため、たとえ仙道以外のチームメイトの調子があまり良くない時でも、上手く チームを勝利へと導くことが出来るのです。 自分だけのことではなく、チームメイト全員のことを考えるのは、勝負では本当に大切なことですよね。 個人プレーじゃなく、バスケのようにたくさんの 仲間と戦う勝負であれば、なおさらチーム全体のことを考えられた方がいいでしょう。 特に印象的なのが、仙道がのんびり海で 釣りをしているシーンですよね。 スラムダンクに登場する選手たちは、ほとんどがバスケひとすじで、頭の中はバスケのことばかり!という選手ばかりです。 そんな中でも、仙道だけはのんびり 遊ぶことを考えていたりする場合が多いのです。 このシーンからは、仙道は天才で努力もするけど、遊ぶことも我慢しないキャラクターであるということが伺えます。 たしかに、どれだけ努力が大切だとはいえ、四六時中バスケのことを考えてしまうと、頭が固くなっちゃいそうですよね。 仙道のように、 柔軟なプレーが出来るようになるには、息抜きも忘れずにしたほうがいいでしょう。 最近、仕事や勉強のことばかり頭にあって息がつまりそうだ!という方は、ちょっとでも 息抜きしてみた方が、効率アップに繋がるかも知れません。 しかし、彼は高校生とは思えないくらいに、鋭い 観察力と分析力を持つ選手なのです! 他のチームメイトが自分のプレーに精一杯になってしまっている時や、心の余裕を失いかけている時も、仙道だけは冷静に相手を分析することができます。 やはり、総合的に強くなるためには、仙道のように相手のことも観察して 分析できるようにならなきゃいけないのですね。 仙道の鋭い観察力を感じられるシーンの例としては、まだ誰にも見抜かれていなかった 桜木の才能を、仙道だけはいち早く気づいていたということがあります! やっぱり、天才は、ほかの天才を見抜くことに長けているのかもしれません。 スポンサーリンク それでも、さすがは天才、仙道はどんなに強い相手との試合でもしっかり自分の ペースを守りぬくことができます! わかってはいても、実際に自分のペースをくずさないというのは、本当に難しいことですよね。 では、自分のペースを崩してしまわないようにするには、どうしたらいいのでしょう? それは、何よりもまず努力して 自信をつけることです。 少しづつでもいいので、相手のペースに飲まれないように頑張ってみるのがおすすめです! どんな試合でも常にマイペースにいられる仙道は、実は誰よりも研究や努力をしてきた選手といえるでしょう。 スラムダンクの仙道に学ぶ、頼もしい名言! 作中で、その天才的なバスケの才能をしっかり見せ付けた仙道は、二年生からは 主将として大活躍していましたね。 勝つから楽しーんだ。 」 なぜバスケットボールが楽しいのか?という問いに対する、仙道の答えがこの名言になります。 いつかの試合で、相手チームとの点差が10点以上という絶望的なシーンがありましたが、仙道が巻き返したため勝利することができたほどです。 このころの桜木には、とうてい仙道を倒せるほどの実力はありませんでした。 仙道はこのとき、死ぬほど練習してバスケの選手として成長した桜木と、またいつか 対戦するのが楽しみでしかたなかったのでしょう。 もちろん、2人の対戦は再び実現することになるのですが、 勝負の行方が気になるという方は、ぜひその目でお確かめくださいね。 たった一戦をまじえただけなのに、仙道はこのシーンでしっかりと流川のプレースタイルや才能を見抜いちゃいました。 さすがは仙道、桜木の 才能を見抜いた時と同じで、流川に対しても人並みはずれた観察力と分析力を働かせました。 ここまでさまざまな選手の、まだ花開いていない才能を見抜けてしまう仙道なら、将来すばらしい 監督にもなれそうですね。 それを見た視聴者たちも「なんだか陵南が負けてしまいそうな空気かも…」と不安になったことでしょう。 しかし、あの仙道だけはいつものように落ち着き払って、この名言をいったのです! まさにどんな時でもマイペースをつらぬける、仙道らしい 頼もしい名言ですね。 このときの仙道のひと言によって、チームメイトたちもすこし 落ち着きを取り戻すことができました。 この名言は、仙道のリーダーとしての器の大きさと、天才プレーヤーとしての素質の両方を感じられる名言となっています。 まとめ いかがでしたでしょうか? 今回は、スラムダンクの仙道に学ぶ、強さの秘密と頼もしい名言10選についてご紹介しました。 「おちついて攻めよう」と言って仲間の気持ちをやわらげたり、敵のプレースタイルをしっかり 分析したり、仙道は本当に優秀な選手でしたね! 仙道のような鋭い観察力と、他人の気持ちをしっかり考えられる 思考を養っていくことで、どんな人でも強く成長していけることでしょう。

次の

スラムダンク

スラムダンク 彦一 声優

CV: 高校1年、165cm 52kg、背番号15、PG。 大阪出身で関西弁をしゃべり、「 要チェックや」「 アンビリーバブルや」が口癖。 お調子者で、にしばしば拳骨を食らう。 本人曰く「ワイのチェックの厳しさは大阪一」で、多くの有名選手をチェックしたマル秘のチェックノートを持つ。 姉・弥生はバスケットボール雑誌「週刊バスケットボール」の記者。 との練習試合前に偵察で湘北高校を訪れた際、個人練習中にダンクをしていたのジャンプ力を見て衝撃を受け、その後、花道に騙される形で彼を天才プレイヤーとして注目するようになる。 また、その時から基本的に親友やライバル以外は名前を呼ばない花道に名前で呼ばれる。 偵察で湘北高校を訪れた際の花道との会話では、自らはベンチ入りもできないと語っていたが、後にベンチ入りを果たした。 ただし、実際にプレイしている描写はなく、マネージャーのような役割をしている。 を尊敬し、大阪府予選を観戦に訪れた際には、彼を侮辱した輝男とに激しい怒りを露にした。 なお、対戦では、自身と同じく身長の低いが翔陽のビッグマンたちを翻弄したことに感動し、アニメではその際に「宮城さんのようなプレイヤーを目指す」と語った。 関連タグ 関連記事 親記事.

次の