私たちはどうかしてる ネタバレ。 私たちはどうかしているの原作は完結してる?最終回の結末はどうなる?

私たちはどうかしている 最新 44話 ネタバレ 感想 椿と七桜 3年ぶりの再会

私たちはどうかしてる ネタバレ

私たちはどうかしている【第58話】のネタバレ 椿は自分を雇うよう提案 道具が燃やされる前日、女将から電話を受けていた椿。 それを知った彼は、七桜を助けに来たのだ。 椿は忘れ物を取りに来たといい、2人は光月庵へ。 餡作りの畑中と田村の姿はすでになかった。 彼の心情が理解できない七桜は、早く忘れ物を持って帰るよう告げる。 すると彼は、 光月庵の職人として、自分を側においてほしいと口にした。 明日の準備も間に合っていないので、七桜の手が治るまでは人手がいるだろうと言う椿。 彼の目的がわからず、そもそも自分の下で働くことにプライドが許さないのではと尋ねると、 椿は光月庵の羽織を着て見せた。 目は手術して治ったと聞き、安堵の表情をみせる七桜。 再び椿の赤に飲まれそうになったところで、 多喜川が割り込んできたのだった。 結婚を迫る多喜川 多喜川は、椿ほど優秀な職人はいないといい、七桜に彼への想いが残っているなら別だと言う。 そんなことはないと答える七桜。 睨みあう椿と多喜川。 椿は、自分が宿泊してる旅館の連絡先を七桜に渡し、その場を立ち去る。 城島は、椿の使っていた道具はそのままにしてあることを伝える。 椿は、未開紅の出来が甘いと指摘して、部屋を後にした。 一方、2人きりになった多喜川は、七桜のことを後ろから抱きしめる。 そして、全部終わってから考えてほしいと言ったが待てそうになく、結婚を迫る。 七桜は、ちゃんと考えていると答えると、多喜川は額にキスをし、彼女を信じてると口にした。 18年前の真実 後日。 七桜は、6歳の時に光月庵を追い出されてから、ずっとここが無くなればいいと思っていた。 しかし、客が商品が無いのを残念がる様子を目の当たりにし、ここにくれば思い出の味や幸せの味に出会えると信じており、絶対の安心感のようなものを守ってきたことを知る。 一方椿は、父が死んだ時の夢を見て目を覚ます。 あの日、大切ななにかを見落としていたのではと想い、もしかしたら自分が父を殺したのではと考えていた。 そこへ、七桜からのある物が送られてくる。 それは、光月庵の羽織で、七桜が力を貸してほしいと想っている証拠だった。 着替えるなか、椿は夕子から聞かされたことを思い出す。 18年前のあの日、何があったのか。 真実を知らないと先へは進めないと思う椿だった。 月額1,990円 税別 が 31日間無料!解約も簡単!• 無料体験で 600円分の漫画が読める!• 映画やアニメ・ドラマが見放題!さらに、 人気雑誌も読み放題• 月額会員になると毎月1,200P付与!さらに、 全作品購入費用最大40%ポイントバック!• 4人までアカウントシェア可能!1人あたり実質500円 U-NEXTは、国内最大級の動画配信サービスです。 無料トライアルで31日間無料で動画を見ることができます。 登録時に600ポイントもらえるので、 私たちはどうかしているを1巻無料で読めちゃいます。 31日経過すると、月額1,990円かかってしまいますが、解約すればもちろん料金はかかりません。 解約はわずか1分でできるのも手間がなく魅力。 また、動画配信サービスであるため、 映画やアニメが見放題なのも評価ポイントです!• 月額1,922円 税込 が 30日間無料!• 無料期間で 600円分の書籍&1,000円分の映画を楽しめる!• お得なクーポンが毎月もらえる! 100%OFFも!• スポーツや音楽の専門チャンネルも見放題!• ダウンロード可能でどこでも作品を楽しめる! music. jpは、国内最大級の総合エンタメサービスです、音楽だけでなく、動画やマンガも楽しむことができます。

次の

私たちはどうかしているの原作は完結してる?最終回の結末はどうなる?

私たちはどうかしてる ネタバレ

さくらと呼ぶのがポイント! ねこまろ しかし、ある日椿(横浜流星)は、父親(鈴木伸之)が血まみれで倒れているところを見つけて、犯人を見たと言います。 椿が指を指したのは、 七桜の母親で、そのまま七桜の母親(中村ゆり)は逮捕されて、七桜は施設に預けられました。 そして、七桜の母親は取り調べ中に倒れて亡くなりました。 15年後、2人が結婚 15年後、花岡七桜(浜辺美波)は、和菓子職人になって小さな和菓子店でひっそりと働いていました。 しかし、お店に 「花岡七桜の母親は人殺しです」というメールが頻繁に届くようになって、解雇されます。 そして、七桜の前に突然現れた多喜川(山崎育三郎)にもらった手紙で、母親の無実を証明するべく、光月庵に乗り込みます。 そんな中、椿は老舗の旅館の娘・栞(岸井ゆきの)と結婚させられそうになっていた時に七桜に出会います。 幼なじみだった「さくら」とは知らずに、結婚を破談するべく、プロポーズします。 2人の利害が一致して始めた結婚生活、お互いに愛し合っていきますが、正体もバレていって愛憎劇へ! そして、3年後になります。 ねこまろ 七桜は、母親の百合子の和菓子のファンだった多喜川に支えられて、和菓子屋を経営していました。 七桜の夢が叶ったら、結婚してくれと多喜川にプロポーズされていました。 光月庵の跡継ぎ対決で、椿と戦って、七桜が認められました。 七桜は、光月庵の跡継ぎになって、夢が叶ったので、次は多喜川との結婚問題です! 対決の前に一夜を過ごして、椿への想いを吹っ切った七桜は、多喜川と結婚するのでしょうか。 失明の危機にある椿はどうなる? 多喜川の正体 しかし、そんな中、多喜川の正体が判明します。 多喜川の父親と椿の母親の今日子(観月ありさ)は、深い仲でした。 多喜川の母親が病んで亡くなってしまったことで、多喜川は光月庵を恨んでいました。 そこで、母親が殺人容疑だった七桜を利用しようと、働いていた和菓子屋にメールを送って辞めさせて、七桜に近づきました。 そして、椿は多喜川と兄弟でした。 椿の父親の樹と結婚したのに見向きもされなかった今日子が、多喜川の父親との間に作った子が椿でした。 最終回の結末は事件の犯人 そして、改めて椿と七桜は事件の真相を見つめ直します。 椿の記憶では、今日子は朝まで一緒に隣で寝ていた。 しかし、七桜は庭で今日子を見ていた。 すると、椿の隣で寝ていたのは、今日子になりすました多喜川の父親? 事件の朝には、多喜川も今日子の姿を見ていますから、犯人は今日子なのでしょうか。 最終回の結末は、ドラマが終わる11月には原作の連載漫画も終わりそうです。

次の

私たちはどうかしているの原作は完結してる?最終回の結末はどうなる?

私たちはどうかしてる ネタバレ

母親の汚名を晴らすため、椿と婚約し同じ部屋で暮らす。 幼なじみだとは気付かず、七桜にプロポーズしてしまう。 祖父の大旦那さまと確執あり。 11話:15ねんまえの春 「さくら」が現れたら永遠に俺の前から消えてもらう そう言い放つ椿は、15年前の出来事を話す。 明け方、父親の部屋にさくらの母がいた。 2人はいい仲だったが、さくらの母は父を殺したと言う。 七桜は平静を装って、椿と距離を置く。 女将は七桜の身辺調査をして、15年前の事件の殺人犯の娘だということを知ったっぽい。 七桜を脅していると、椿が陰から見ていた。 もしやバレた? そんなとき、七桜の母と名乗る女性が現れた。 誰だかわからない七桜は、上手く話を合わせる。 そのおかげで、女将は七桜を責められなかった。 見送りに出た七桜は、母役の女性に事情を尋ねると、店の常連客に頼まれたとか。 七桜はその人に会いたいと土下座し、お店の名刺をゲットする。 家に戻ろうとすると、玄関に椿がいた。 自分たちの結婚式に作りたいお菓子があるとかで、奥の間に通される。 椿の行動が突飛すぎて、愛なのか嫌がらせなのかイマイチわからない… (電子書籍のebookjapan) 13話:閉じ込められた部屋で 結婚を破談に出来るなら誰でもよかった。 ただ1人を除いては… さすがに椿も気付いたよね。 七桜は結婚を決めた理由は、お菓子作りをしたかっただけだとウソをつく。 すると椿は扉につっかえ棒をして出ていった。 引き戸だけど体当たりしてもびくともしない。 どうしたものか… 女将は七桜にこだわり続ける息子に気を揉んでいた。 椿が来月の23日に式を挙げると伝えると、うろたえる女将。 もしや父の命日? 七桜が閉じ込められた部屋の本棚には、古いレシピがたくさん並んでいて、開くとママの字だった。 その後、椿が扉を開けると、七桜が倒れていた。 慌てて抱き起こすと、七桜が椿に熱いキス!かなり濃厚ですよ。 一瞬の隙を突いて部屋を飛び出す七桜。 椿と女将の親子がほんと頭おかしい。 14話:お茶会のお菓子 壺が上から落ちてきて、絶体絶命の七桜。 椿が覆いかぶさって助けたよ。 でも大事な手をケガしてしまった。 (ふつうなら大事故だよ…) 椿は女将の仕業だと言う。 部屋に閉じ込めたのは、女将の仕返しを受けないためだったとか(はぁ?!) 七桜は子どもの頃から椿が助けてくれていたことを思い出し、キュンときてる(マジで?!) そんなとき、10日後に茶会が開かれるとか。 ケガをした椿は全力でお菓子作りが出来ないため、断ろうとする。 「大丈夫です。 引き受けます」 しゃしゃり出る七桜。 店を立て直す手助けをしたいと訴える。 そして、お茶会での主役のお茶の特訓が始まる。 七桜は酷い目に遭いまくってるのに、可哀想だと感じないんだよね。 だから気軽に読めていいのかも。 15話:茶室 お茶を知らずに茶会の御菓子は作れない 茶室にて、七桜は椿の特訓を受ける。 そんななか、大旦那さまがやってきた。 椿が立てたお茶をひと口飲んで、今度のお茶会でお菓子を食べることはなさそう、とか嫌味を言って去っていった。 感じわるー!! 茶会で作る予定のお菓子は「落とし文」 昆虫が葉に卵を産み付けるのを模したお菓子で、親の愛を表しているとか。 朝になり、部屋に七桜はいなかった。 椿が探すと、夜じゅうお菓子のデザインを考えていたとか。 その姿勢にキュンときた椿。 大好きな気持ちを七桜に伝える。 でもあの女の子だったら諦めなきゃいけない。 本人の口から真実を聞きたいってこと?諦め悪い男だな。 もう親のやったことなんてほっといて、好き同士ならそれでいいじゃん。

次の