みなと 保健所。 みなと保健所

新型コロナウイルス感染症にかかる相談窓口について 東京都福祉保健局

みなと 保健所

更新日:2020年6月23日 【みなと保健所】新型コロナウイルス感染症への対応について• 中華人民共和国湖北省武漢市における新型コロナウイルス感染症について、国内でも1月15日から複数患者の報告がされています。 国内では、1月28日の閣議において、新型コロナウイルスを とすることが決定され、2月1日に施行されました。 区民の皆様へ 帰国者・接触者等相談窓口 港区では、を設置しました。 を実施していただくとともに、に当てはまる方はご相談ください。 最新の情報については下記をご確認ください。 心の不調に対応する窓口 精神保健福祉士や臨床心理士等の専門職による電話相談を行い、継続フォローが必要な方を適切な窓口につなぐことにより、区民 区内在勤・在学者を含む の不安軽減及びメンタルヘルスの向上を図ります。 医療関係者の皆様へ 区内医療機関向けマスクの提供について 区内12病院・医師会・芝歯科医師会・麻布赤坂歯科医師会・薬剤師会に加盟する医療機関以外で、希望する区内医療機関へマスク1箱(50枚入り)を提供します。 その他医療機関関連情報• 区内企業の皆様へ 経営に関する特別相談窓口 新型コロナウイルス感染症の流行により、事業活動に影響を受ける、またはそのおそれがある中小企業等を支援するため、経営に関する特別相談窓口を設置し、中小企業等からの相談を受け付けます。 【対象者】区内の中小企業者および小規模企業等• 【相談時間】午前9時から午後5時(土日・祝日は除く)• 【相談内容】資金繰り・経営に関する相談• 【予約・問合せ】03-3578-2560・2561 企業等に対するみなと保健所の調査について 港区内の企業等において新型コロナウイルス感染症の患者が発生した際には、みなと保健所が感染症法に基づく積極的疫学調査を実施します。 患者の所在地が港区外の場合には、患者が所在する自治体の保健所から依頼を受け、調査を行います。 この調査に関するみなと保健所の対応についてまとめました。 参考にしてください。 新型コロナウイルス感染症を予防するためには、風邪やインフルエンザと同様に咳エチケットや手洗い等、通常の感染症対策を行うことが重要です。 咳をする場合は、口や鼻をティッシュで覆う等の咳エチケットを守り、周りの人たちへの感染を予防するため、マスクを着用し、人が多く集まる場所は避けましょう。 新型コロナウイルス感染症に関するQA• Q1コロナウイルスとはどのようなウイルスですか?• A1発熱や上気道症状を引き起こすウイルスで、人に感染するものはこれまで6種類あることが分かっています。 そのうちの2つは、中東呼吸器症候群(MERS)や重症急性呼吸器症候群(SARS)などの、重症化傾向のある疾患の原因ウイルスが含まれています。 残り4種類のウイルスは、一般の風邪の原因の10~15%(流行期は35%)を占めます。 新型コロナウイルスは7種類目になります。 マスクの着用については、屋内や乗り物など換気が不十分な場所では一つの感染症予防策と考えられますが、屋外などでは、相当混み合っていない限り、マスクを着用することによる効果はあまり認められません。 相談・受診の前に心がけていただきたいこと• 発熱等の風邪の症状が見られるときは、学校や会社を休み外出を控えてください。 発熱等の風邪症状が見られたら、毎日、体温を測定して記録してください。 基礎疾患(持病)をお持ちの方で症状に変化がある方、新型コロナウイルス感染症以外の病気が心配な方は、まずは、かかりつけ医等に電話でご相談ください。 電話相談窓口(帰国者・接触者相談センター)にご相談いただく目安 少なくとも以下のいずれかに該当する方は、にご相談ください。 症状には個人差がありますので、強い症状と思う場合にはすぐに相談してください。 解熱剤などを飲み続けなければならない方も同様です。 ) 妊婦の方へ 妊婦の方については、念のため、重症化しやすい方と同様に、早めににご相談ください。 お子様をお持ちの方へ 小児については、小児科医による診察が望ましく、やかかりつけ小児医療機関に電話などでご相談ください。 なお、この目安は、区民の皆様が、相談・受診する目安です。 これまで通り、検査については医師が個別に判断します。 相談後、医療機関にかかるときのお願い から受診を勧められた医療機関を受診してください。 複数の医療機関を受診することはお控えください。 医療機関を受診する際にはマスクを着用するほか、手洗いや咳エチケット(咳やくしゃみをする際に、マスクやティッシュ、ハンカチ、袖・肘の内側などを使って、口や鼻をおさえる)の徹底をお願いします。 つぎのいずれかにご相談ください。 帰国者・接触者電話相談センター みなと保健所電話相談窓口(港区在住・在勤の方) 【対応時間】平日:8時30分から17時15分 【電話番号】 03-3455-4461 感染の拡大を防ぐため、来所相談は行っておりません。 現在、電話でのご相談が多数となっており、お繋ぎするまでお時間がかかることがありますが、ご理解、ご協力をお願いします。 都・特別区・八王子市・町田市合同電話相談センター 【対応時間】平日:17時から翌9時 土日祝日:終日 【電話番号】 03-5320-4592 新型コロナウイルス感染症に関する一般電話相談窓口 みなと保健所電話相談窓口(港区在住・在勤の方) 【対応時間】平日:8時30分から17時15分 【電話番号】 03-3455-4461 聴覚障害のある方などからの相談 【ファックス番号】03-3455-4460 港区内の旅館業、住宅宿泊事業、興行場の管理者の方(施設の消毒相談について) 【対応時間】平日:8時30分から17時15分 みなと保健所 生活衛生課 環境衛生指導係 【 電話番号】 03-6400-0042• 東京都 電話相談窓口(コールセンター) 【対応時間】9時から22時(土日・祝日を含む) 【対応内容】感染の予防に関することや、新型コロナウイルス感染症に関する一般的な相談 【電話番号】 0570-550571 (ナビダイヤル)多言語(日本語、英語、中国語、韓国語)対応 聴覚障害のある方などからの相談 【ファックス番号】03-5388-1396 厚生労働省 電話相談窓口 【対応時間】9時から21時(土日・祝日も実施) 【電話番号】 0120-565653(フリーダイヤル) 指定感染症とは 指定感染症とは、感染症法に定める対策と同様の対策を講じなければ、当該疾病のまん延により国民の生命及び健康に重大な影響を与える恐れがあるもとのして政令で定める疾病です。 指定感染症に指定された新型コロナウイルス感染症については、入院勧告、就業制限、医療費公費負担制度、移送、健康診断、消毒命令、疫学調査などの対応を行うこととなります。

次の

港区公式ホームページ/みなと保健所

みなと 保健所

2020年6月29日午後1時00分現在、のページを作成しました。 2020年6月29日午後1時00分現在、のページを更新しました。 2020年6月29日午前8時30分現在、のページを更新しました。 2020年6月26日午後4時00分現在、 のページを作成しました。 2020年6月26日午後4時00分現在、 のページを作成しました。 2020年6月26日午前8時30分現在、 のページを更新しました。 2020年6月24日午後4時30分現在、のページを更新しました。 2020年6月24日午後4時30分現在、のページを更新しました。 2020年6月24日午前10時00分現在、のページを更新しました。 2020年6月24日午前8時30分現在、のページを作成しました。 港区で行っている取組一覧については をご覧ください。

次の

港区公式ホームページ/みなと保健所

みなと 保健所

更新日:2020年6月23日 【みなと保健所】新型コロナウイルス感染症への対応について• 中華人民共和国湖北省武漢市における新型コロナウイルス感染症について、国内でも1月15日から複数患者の報告がされています。 国内では、1月28日の閣議において、新型コロナウイルスを とすることが決定され、2月1日に施行されました。 区民の皆様へ 帰国者・接触者等相談窓口 港区では、を設置しました。 を実施していただくとともに、に当てはまる方はご相談ください。 最新の情報については下記をご確認ください。 心の不調に対応する窓口 精神保健福祉士や臨床心理士等の専門職による電話相談を行い、継続フォローが必要な方を適切な窓口につなぐことにより、区民 区内在勤・在学者を含む の不安軽減及びメンタルヘルスの向上を図ります。 医療関係者の皆様へ 区内医療機関向けマスクの提供について 区内12病院・医師会・芝歯科医師会・麻布赤坂歯科医師会・薬剤師会に加盟する医療機関以外で、希望する区内医療機関へマスク1箱(50枚入り)を提供します。 その他医療機関関連情報• 区内企業の皆様へ 経営に関する特別相談窓口 新型コロナウイルス感染症の流行により、事業活動に影響を受ける、またはそのおそれがある中小企業等を支援するため、経営に関する特別相談窓口を設置し、中小企業等からの相談を受け付けます。 【対象者】区内の中小企業者および小規模企業等• 【相談時間】午前9時から午後5時(土日・祝日は除く)• 【相談内容】資金繰り・経営に関する相談• 【予約・問合せ】03-3578-2560・2561 企業等に対するみなと保健所の調査について 港区内の企業等において新型コロナウイルス感染症の患者が発生した際には、みなと保健所が感染症法に基づく積極的疫学調査を実施します。 患者の所在地が港区外の場合には、患者が所在する自治体の保健所から依頼を受け、調査を行います。 この調査に関するみなと保健所の対応についてまとめました。 参考にしてください。 新型コロナウイルス感染症を予防するためには、風邪やインフルエンザと同様に咳エチケットや手洗い等、通常の感染症対策を行うことが重要です。 咳をする場合は、口や鼻をティッシュで覆う等の咳エチケットを守り、周りの人たちへの感染を予防するため、マスクを着用し、人が多く集まる場所は避けましょう。 新型コロナウイルス感染症に関するQA• Q1コロナウイルスとはどのようなウイルスですか?• A1発熱や上気道症状を引き起こすウイルスで、人に感染するものはこれまで6種類あることが分かっています。 そのうちの2つは、中東呼吸器症候群(MERS)や重症急性呼吸器症候群(SARS)などの、重症化傾向のある疾患の原因ウイルスが含まれています。 残り4種類のウイルスは、一般の風邪の原因の10~15%(流行期は35%)を占めます。 新型コロナウイルスは7種類目になります。 マスクの着用については、屋内や乗り物など換気が不十分な場所では一つの感染症予防策と考えられますが、屋外などでは、相当混み合っていない限り、マスクを着用することによる効果はあまり認められません。 相談・受診の前に心がけていただきたいこと• 発熱等の風邪の症状が見られるときは、学校や会社を休み外出を控えてください。 発熱等の風邪症状が見られたら、毎日、体温を測定して記録してください。 基礎疾患(持病)をお持ちの方で症状に変化がある方、新型コロナウイルス感染症以外の病気が心配な方は、まずは、かかりつけ医等に電話でご相談ください。 電話相談窓口(帰国者・接触者相談センター)にご相談いただく目安 少なくとも以下のいずれかに該当する方は、にご相談ください。 症状には個人差がありますので、強い症状と思う場合にはすぐに相談してください。 解熱剤などを飲み続けなければならない方も同様です。 ) 妊婦の方へ 妊婦の方については、念のため、重症化しやすい方と同様に、早めににご相談ください。 お子様をお持ちの方へ 小児については、小児科医による診察が望ましく、やかかりつけ小児医療機関に電話などでご相談ください。 なお、この目安は、区民の皆様が、相談・受診する目安です。 これまで通り、検査については医師が個別に判断します。 相談後、医療機関にかかるときのお願い から受診を勧められた医療機関を受診してください。 複数の医療機関を受診することはお控えください。 医療機関を受診する際にはマスクを着用するほか、手洗いや咳エチケット(咳やくしゃみをする際に、マスクやティッシュ、ハンカチ、袖・肘の内側などを使って、口や鼻をおさえる)の徹底をお願いします。 つぎのいずれかにご相談ください。 帰国者・接触者電話相談センター みなと保健所電話相談窓口(港区在住・在勤の方) 【対応時間】平日:8時30分から17時15分 【電話番号】 03-3455-4461 感染の拡大を防ぐため、来所相談は行っておりません。 現在、電話でのご相談が多数となっており、お繋ぎするまでお時間がかかることがありますが、ご理解、ご協力をお願いします。 都・特別区・八王子市・町田市合同電話相談センター 【対応時間】平日:17時から翌9時 土日祝日:終日 【電話番号】 03-5320-4592 新型コロナウイルス感染症に関する一般電話相談窓口 みなと保健所電話相談窓口(港区在住・在勤の方) 【対応時間】平日:8時30分から17時15分 【電話番号】 03-3455-4461 聴覚障害のある方などからの相談 【ファックス番号】03-3455-4460 港区内の旅館業、住宅宿泊事業、興行場の管理者の方(施設の消毒相談について) 【対応時間】平日:8時30分から17時15分 みなと保健所 生活衛生課 環境衛生指導係 【 電話番号】 03-6400-0042• 東京都 電話相談窓口(コールセンター) 【対応時間】9時から22時(土日・祝日を含む) 【対応内容】感染の予防に関することや、新型コロナウイルス感染症に関する一般的な相談 【電話番号】 0570-550571 (ナビダイヤル)多言語(日本語、英語、中国語、韓国語)対応 聴覚障害のある方などからの相談 【ファックス番号】03-5388-1396 厚生労働省 電話相談窓口 【対応時間】9時から21時(土日・祝日も実施) 【電話番号】 0120-565653(フリーダイヤル) 指定感染症とは 指定感染症とは、感染症法に定める対策と同様の対策を講じなければ、当該疾病のまん延により国民の生命及び健康に重大な影響を与える恐れがあるもとのして政令で定める疾病です。 指定感染症に指定された新型コロナウイルス感染症については、入院勧告、就業制限、医療費公費負担制度、移送、健康診断、消毒命令、疫学調査などの対応を行うこととなります。

次の