サツマイモ 肥料。 サツマイモの栽培方法・育て方のコツ

サツマイモの育て方と栽培のコツ

サツマイモ 肥料

関東で人気の 甘みが強い品種です。 果肉の色は黄色く、粉質で繊維質が少ないので、蒸したり焼いたりするとほくほくしておいしいです。 イモの肥大性はよいので、 早くて9月から収穫することもできます。 しかし貯蔵性が低いため、翌年2月ごろまでには食べきるようにしましょう。 高系14号 貯蔵性が高く、中部地方から西側で人気の品種です。 苗は「鳴門金時」「土佐紅」「紅さつま」「五郎島金時」など、栽培地域の名前をつけられ出回っています。 生の果肉は淡いクリーム色をしていますが、熱を加えると黄色く ホクホクした食感の果肉に変化します。 デンプンが糖に変わる熟成後でないと甘みは期待できません。 冬まで楽しみに待ちましょう。 黄金千貫 皮も果肉も白っぽい品種です。 九州は鹿児島などでよく嗜まれる 芋焼酎の原料として、栽培されてきました。 果肉の舌触りはさらっとした粉質が強く、実が崩れやすいため焼き芋には不向きかもしれません。 近年では イモケンピに使用されるなど、人気が高まっています。 安納いも 種子島特産のとても甘い品種です。 水分が多く、粘質性が高いことから、ほかにはないねっとりした感が楽しめます。 じっくりと焼くことで 糖度は40度前後にも達することから、人気に火がつきました。 種子島の気候や土壌で生産されたものと比べ、糖度は落ちるかもしれませんが、苗の流通が行われています。 サツマイモの栽培期間 お住まいの地域や品種によって多少の幅はあるものの、路地植えでの作型は平均してほぼ同じです。 収穫期:8月〜11月半ば 植え付け後120~140日が目安です。 探り掘りしてイモのサイズを確認しましょう• よってアブラナ科の春の収穫後、もしくはタマネギなどと輪作すると、よいでしょう。 また昨年ナス科を植えた場所など、連作障害があって夏場に活かせない場所にも有効です。 サツマイモは吸肥力が強く、やせた土地でもよく育ちます。 施肥は植物主体の完熟堆肥を使用します。 のちに説明いたしますが、『つるぼけ』防止のためにチッソ成分を避け、リン酸を多く含む米ぬかやカリ分の多い草木灰を施肥し、よく耕して土壌と混和させます。 土壌酸度の適正も広く、ph5~7で生育可能なため、過度な石灰の施用は控えましょう。 畝作り 畝の高さは20センチから30センチを目安に、畝幅は80センチ~90センチとします。 黒いマルチで畝を覆うと、定植後の発根に高い効果があります。 つるが繁茂すると雑草が生えることはあまりありません。 植え付け方法 サツマイモの苗は4月下旬ごろからホームセンターや種苗店で販売されます。 茎がしなやかで、 葉の色が濃い緑色をしている新鮮な苗を選びます。 葉が少し萎れていても大丈夫ですが、下葉が黄化していたり、茎の先端が腐りかけたりしているものは避けましょう。 植え付けまで苗を保存する場合は、水を張ったバケツに苗の下側を浸し、日陰で管理します。 植え付け方法は大きく分けて3種類あり、それぞれに収穫できるサツマイモの特徴が異なります。 7月半ばになるとツルの生育が旺盛になり、四方に繁茂します。 その伸びたツルの節から出る根を不定根といいます。 不定根は稀にイモをつけることがありますが、ひょろひょろと細く、 食用には不向きです。 また不定根から養分を吸収し、さらに葉を茂らせて徒長する可能性もあるため、 茂りすぎたツルは持ち上げて、畝の反対側へ倒すことで根を切ります。 あらかじめマルチを張っておくと不定根を防ぐことはできますが、畝からはみ出すことも考慮し、気を付けましょう。 サツマイモの花は悲鳴かも? サツマイモはヒルガオ科の多年草で、花は小ぶりの朝顔に似ており、中心に向かってピンク色が濃い花弁をしています。 開花の例は少ないようですが、 サツマイモの根に障害が出た場合は花を咲かせることがあるようです。 葉茎に異常がないか確認し、花の咲いた株を掘り起こしてみましょう。 スポンサーリンク サツマイモの害虫 ネコブセンチュウ 6月~7月の梅雨時期に発生しやすく、 幼虫・成虫共にサツマイモの汁を吸います。 タバココナジラミが寄生している葉は、白い粒子が付着しているように見えます。 また排泄物がすす病を媒介するため、付着している葉が枯れかけていたら発症の可能性があるため、畑の外で処分しましょう。 ツルを食べる方法と収穫 若い茎とツルの先端部分が食べられます。 皮が硬い場合は葉の付け根を折り、下に引いて皮を剥き下茹でします。 つくだ煮や炒め物、てんぷらなどにしてもおいしいでしょう。 サツマイモのツルは古くから食べられてきましたが、最近ではツル用の品種も開発されています。 サツマイモの収穫では、まず ツルをまくり上げて株元を鎌かハサミで切りとります。 ツルをすべて取り去ってから、掘るのですが、このとき鍬やスコップを使用するとサツマイモの傷めてしまうので、 なるべくなら手で掘り出しましょう。 掘り出したら株元とイモの頭部を切り離して保管します。 おわりに-掃除屋サツマイモ — 今回はサツマイモの栽培についてお話いたしました。 サツマイモには加熱しても損なわれにくい ビタミンCが豊富にあり、食物繊維と不消化性炭水化物も多く含まれています。 これにより腸を刺激して 便秘の改善に寄与します。 また高い吸肥力によって土壌に残った肥料分も吸い上げ、 土をリセットすることから、二重の意味でも、クリーンアップできる作物と言って過言ではないでしょう。

次の

サツマイモの種まき〜収穫までの育て方!栽培時期や病気・害虫の対策!|育て方Labo(育て方ラボ)

サツマイモ 肥料

サツマイモの芋づるを購入 サツマイモは種や苗を売っていることはあまりありません。 私は見たことがありません。 つるが伸びてきて、その先を切り分け、そのつるを土に植え、根付かせることで苗が完成します。 ですから、ホームセンターなどで買ってくるのはサツマイモの種や苗ではなく、一本一本の「芋づる」になります。 私は今年、サツマイモを植えようと思ったのが6月中旬以降でした。 大体芋づるは6月中旬くらいで売られなくなってしまいます。 私もホームセンターから姿を消した後だったので、送料はもったいないけれど、インターネット通販で芋づるを購入しました。 シルクスイートという絹のような舌ざわりを売りにした品種です。 芋づるの植え方 芋づるは先端を土から出し、残りを地中に植えるのですが、植え方によってサツマイモの出来方が違います。 芋づるにある 「節」のところにサツマイモは出来ていきます。 この 「節」がたくさん地中に入るよう、地面と水平気味に植えると、可愛いサイズのサツマイモがゴロゴロとたくさん出来るようになっています。 芋づるを立てて、節があまり地中に入らないような植え方をすると、そこに養分が集中するため、数は少ないけれど1つ1つがとても大きなサツマイモとなって育つようになります。 私は12本植えましたが、10本は水平に、2本を上向きで植えました。 植えた後は出来るだけ乾かないように水をたっぷりあげます。 保水性を高めるため、私は新聞を取っていませんが、銀行に用があった時、ついでに担当さんに頼んで新聞紙をたくさんもらってきて、新聞紙を敷きました。 新聞紙の真ん中に穴を開ける• 穴から芋づるが出るように敷く• 端っこに土を被せて重石代わりにする これだけで十分です。 これで新聞紙が破れない程度に水をたっぷりあげました。 完全に根付いたと思えるまでは1週間半くらいかかりました。 それまでの間、しおれてしまったと感じることも多々ありました。 実際にしおれてしまったと思ったため、慌てて新聞紙を敷いたわけです。 一度しおれて、最初についていた葉っぱは全部枯れて落ちてしまうことの方が多いそうなので、心配せずに保水性に気を付けて水をあげ続けましょう。 きっと1週間半もすれば元気にピンと新しい葉をつけますから。 サツマイモは不死身とも言われるほど強いそうなので、必要以上に不安にならないようにしましょう。 サツマイモの水やりと肥料 サツマイモは乾燥を好むため、よほど日照り続きで見た目がしおれていない限り水はあげないようにします。 しかし2018年の猛暑は半端ではなかったので、何度かしおれていました。 その時は一度にたっぷりと水をやるようにしました。 肥料は元肥をしていなかったため、たった一度だけ簡単な追肥をしましたが、本来は肥料もあまり必要としないそうなので、少な目にあげるようにしました。 あまりあげ過ぎると、つるぼけと言って、つるの方にばかり栄養が行ってしまい、地中のサツマイモが育ってくれなくなってしまうそうなのです。 ですからほどほどにしておきましょう。 芋づるの成長に注意 芋づるは、ある時期を境にものすごい速度で成長します。 それまでは「ちゃんと育っているかな?」「少しずつでも大きくなってくれるといいな」と思っていたのですが、急に成長するのです。 良いことではあるのですが、そうなると芋づるの下は必要以上に保湿されます。 そしてジメジメとした空間が出来上がってしまうのです。 つるを返したり色々としますが、やはりつるの下の空間のジメジメだけはどうすることも出来ません。 出来るだけ乾燥するように努めても、台風などのシーズンもまたぎますからすぐに雨にやられます。 徐々につるを返すことも面倒になってしまいます。 しかしそれでも、出来るだけ風通しを良くしてあげるようにして下さい。 そうでないと私のような悲劇に見舞われてしまいます。 イモムシときのこの襲来 イモだけにイモムシ・・・なんていう冗談も言えなくなるようなものすごい大きなイモムシが5~6匹発見されました。 台風が連続で来て、長いこと雨が続いた後、恐る恐るつるを返すと、そこにはきのこが数本ありました。 まさかきのこが畑に生えるなんて思いもしませんでした。 その後、反対側に回ると、土になにやら糞のようなものが・・・。 動物的なものではないものの、小さな生物とは思えないものでした。 「なんだろう?」 そう思ってつるを返していくと・・・「うわぁ!」 それまで、ネキリムシという小さな幼虫はいくつも駆除してきましたが、信じられないくらい大きなイモムシが出てきました。 ネキリムシなんかとはもう比べ物にならないほどです。 今書いていても鳥肌が立ちますが、10cmくらいの体長でした。 つののようなものもあり、もう筆舌に耐え難いその姿・・・。 それがいくつも出てきたわけです。 どんなに面倒でも、風通しを良くするべきと書いた意味、おわかりいただけたかと思います。 だってそうしておかないと、楽しみにしている芋掘りの最中にこの巨大なイモムシとご対面なんてことになりかねませんからね。 子どもはトラウマになるレベルですよ・・・。 シルクスイートの収穫 台風を乗り越え、きのこを乗り越え、巨大イモムシを乗り越え、4か月が経ちました。 100日が経過した時に少し試し掘りをしましたが、残りは4か月まで待ちました。 イモムシもいたし、きのこも生えていたくらいだから本当に出来ているのか心配でしたが、掘ってみると本当に立派なサツマイモがゴロゴロと出来ていました。 子どもと一緒に掘りましたが、子どももとても興奮していました。 水平に植えたところは確かにやや小さめのイモがたくさん出来ていて、縦に植えたところは数が少ないものの、他と比べればかなり大きく育っていたのが印象的でした。 植え方1つでこんなにも違うのかと感心しました。 サツマイモは収穫後に干しておこう サツマイモは収穫してすぐは、まだ水分が多く含まれているため、あまり甘くないそうです。 試しに2つほどふかし芋にしてみましたが、ほとんど甘みがありませんでした。 収穫後は1週間くらい天日干しにし、その後は冷暗所で1か月くらい寝かせると、水分が飛んでデンプンが糖になって甘みが増すのだと書いてあるのを読みました。 ですから実際に干しています。 新聞紙の上に置くのがいいんだそうです。 この時、いもといもが重ならないように注意しましょう。 さつまいもは連作障害がほとんどないそうなので、来年も同じ場所にさつまいもを植えて、今度こそ風通しを良くしてイモムシから守りたいと思います。 来年は安納芋にチャレンジしようかな。 まとめ サツマイモは放っておいても出来ると言われるくらい難易度が低いそうですが、実際に育ててみると、栽培途中ではそんな風に思えませんでした。 出来てみれば確かに簡単だったとは思います。 しかしきのこやイモムシとの格闘は本当につらかったです。 それを乗り越えての収穫は本当に嬉しいものでした。 子どもも大喜びのサツマイモ。 プランター栽培も可能なので、是非試してみて下さい。 家庭菜園に対する思いや、トウモロコシの栽培なども是非ご覧下さい。

次の

サツマイモの育て方

サツマイモ 肥料

サツマイモは、ペルー原産のヒルガオ科の植物で、甘藷とか琉球芋、アメリカなどでは、スイートポテトまたはヤム芋と呼ばれることもあります。 トマトや赤唐辛子、じゃがいもなどと同じく、新大陸から持ち込まれた野菜です。 戦争中はお米がなくて代わりにお芋を食べた、お芋のつるを食べたという話も聞かれたことが多いと思います。 やせた土地で肥料がなくてもよく育ち、連作障害もほとんどなく水やりしなくても手間いらずで成長し収穫できるので、初心者にも簡単に育てられます。 色々な意味で重宝されているのがサツマイモです。 サツマイモの品種は色々ありますが、現在人気があるのは、 火を通した後の食感が、ホクホクしたタイプと、しっとりしたタイプに分けられます。 ホクホク芋のタイプの品種は、紅あずま、金時で、天ぷらや煮物などに向いています。 しっとり芋のタイプの品種は、安納芋、シルクスイートです。 焼き芋にすると、中から蜜が出てきます。 焼き過ぎるくらいがおいしくて、とっても甘くてとろけるようになります。 ホクホク感も残し、しっとり感もあるというのが、紅はるかです。 また、パープルスイートロード 紫色のサツマイモもあります。 どの品種のつるや苗も植え付ける時期、栽培方法、収穫時期は同じです。 水やりも肥料もほとんど手間いらずで簡単、初心者の方でも失敗なく育てられます。 家庭菜園でもプランター栽培もOKなので、初心者の方もお好きな品種を選んで栽培しましょう。 サツマイモは春の時期になると、苗よりもつるを10本とか30本とか束で売っているのが主で、初心者の家庭菜園向けにはちょっと多い量です。 が、バラ売りしているホームセンターも見かけました。 ほとんどのホームセンターや園芸店では、4月初め頃からサツマイモのつるの予約を受け付けています。 すぐ売り切れることもありますから、初心者の方ははやめに問い合わせてみてください。 ホームセンターによっては、6月初めくらいまで置いてあるところもあります。 また、苗として売っているが、そこから育ったつるを切って植えるタイプ、ビニールポットに植えられていて、そのまま簡単に定植すればいい苗も売っていますので、お好みのものを選びましょう。 今年の春はサツマイモを植えよう!と早くから準備するならば、スーパーやデパートで買ったお芋から、自分で育てて芽を出して、そのつるを植えてみましょう。 初心者でも簡単に出来ます。 じゃがいもの種イモの場合は、スーパーで買ったものよりも、殺菌してある園芸店のものが推奨されますが、サツマイモはスーパーで買ってきたサツマイモを種イモに出来ます。 種イモにするサツマイモは、黒斑病予防のために、47度くらいのお湯に30分ほど浸けましょう。 その後、プランターなどに種イモを入れて土をかぶせて水やりをして栽培します。 肥料はいりません。 すると種イモから芽が出てくるので、約2か月ほど育てて2,30cmほどに伸びてきたら、茎を切って数時間置いてから、プランターや家庭菜園に定植します。 尚、種イモをそのまま植えておいても、サツマイモは出来ません。 ホームセンターか園芸店で、深く大きめの野菜用プランターを用意し、鉢底石を入れ、花と野菜の土を入れておきます。 ひとつのプランターに、サツマイモの苗かつるは、1,2本植えられます。 見栄えを気にしない方は、花と野菜の土の入ったビニール袋とか、スーパーや八百屋さんでもらってきた、発泡スチロールの箱に苗やつるを植え付けると、初心者でも失敗なく簡単に育てることが出来ます。 花と野菜の土のビニール袋の下の方(底に穴を開けると土がこぼれるので、横側に)に、水はけ用に穴を20個ほど開け、ビニール袋の開け口を丸めるようにふちを作ります。 このとき、水やりのときに水があふれないように、ふちと土の間に数センチはあけます。 サツマイモの生育状態によって増し土をするので、最初は70%くらいの容量にしましょう。 ビニール袋容器で育てるサツマイモのつるや苗は、2本です。 発泡スチロールの箱は、底に5個程度の穴をあけて、虫よけの網を張り、発泡スチロールを適当に砕いたものを入れて鉢底石の代わりにしてから、花と野菜の土を入れます。 この容器で育てるサツマイモのつるや苗は、2,3本です。 サツマイモのつるを植えるには、水平植え、斜め植え、船底植え、垂直植えなどの植え方があります。 家庭菜園でもプランターでも植え方は同じです。 水平植えは、深さ5cmくらいの溝にサツマイモのつるを2、3節を埋める植え方です。 節の間から根が出て、その根が肥大してサツマイモに育つので、節を多く埋めるとそれだけサツマイモの出来る数が増えて収穫が多くなります。 つるを植えた後は、たっぷりと水やりをしておきましょう。 その後、水やりは1週間くらいしっかり根付くまで行い、後は放置です。 サツマイモは、とても簡単で手間いらずに育ちますが、水はけが悪い土と、水のやりすぎを嫌い、窒素肥料が多いとつるぼけになってお芋が出来ず、失敗してしまいます。 初心者の方は、水のやりすぎて失敗することがありますが、あまり手を掛けず、見守って育てましょう。 サツマイモを収穫するときには、先に葉っぱを茎ごとサツマイモの根元から切り取って、別の場所に置いて土の表面をすっきりさせておきます。 芋ずる式というくらいなので、つるを引っ張って簡単にサツマイモを取り出せそうに思うのですが、砂地とか柔らかい土ではない、普通の花壇の土の場合は、出来るだけ根元から遠く離れたところにスコップをそっと入れましょう。 出来ればビニール手袋か軍手の手で、注意深く手探りでお芋を探すことをおすすめします。 これはもう遺跡の発掘のように丁寧に行わないと、せっかく出来た大きなサツマイモを傷つけたり、無理に引っ張ってサツマイモの一部が欠けたりするんです。 細心の注意をしながら掘りましょう。 根元からかなり離れたところから、意外な大物が出てくることもあるんですよ。 プランター栽培、ビニール袋、発泡スチロールの箱栽培の場合の収穫は、新聞紙を敷いた平らな地面に、プランターごと土をひっくり返してサツマイモを探しましょう。 収穫後に2,3日、日干しをして乾燥させてから保存します。 焼き芋にした安納芋を冷凍にすると、ソフトクリームのようになめらかになるということです。 安納芋ならば、焼き芋が簡単でいちばんおいしくいただけるでしょう。 オーブントースターでは、表20分、裏20分焼きます。 鉄製の中華鍋では、蓋をして表20分、裏20分です。 空焼きになるので、必ず鉄製のお鍋を使ってください。 焼き時間はサツマイモの大きさによるので、竹串などを差して中まで火が通ったのを確認しましょう。 高温で短時間で焼くよりも、低温で長時間じっくり焼いた方がおいしく出来ます。 安納芋の場合は、長く焼くほどクリーム状になって、とてもおいしくなります。

次の