どんな とき も wifi 乗り換え キャンペーン。 【2020年7月】どんなときもWiFiのキャンペーン!知って得する最新情報

他社から➡どんなときもWiFiに乗り換える手順と注意点。

どんな とき も wifi 乗り換え キャンペーン

GMOとくとくBBは最低契約期間後もそのまま使うべきか? GMOとくとくBBは 「最低利用期間を過ぎたら、他のプロバイダに乗り換えるほうが良い」です。 理由はいくつかありますが、確実なのは 月額料金とキャンペーンで損をするからです。 だからこそ、無料で機種変更できるからといって乗り換えると、毎月の料金の割引がなくなり、またキャッシュバックもない状態で、単純に高額なWiMAX料金を支払い続けることになるだけです。 そして、最低契約期間3年が再度付与されてしまうので、解約しようとしても高額な解約金がかかります。 GMOとくとくBBからの乗り換え先は、WiMAXか他のポケットWiFiのどれがいいの? 特に問題なく利用できていたのであれば、 そのまま別のWiMAXに乗り換えるのをおすすめします WiMAXは、ポケットWiFi全体の中でも、使えるデータ容量が多く、ほぼ無制限で利用できる唯一のモバイルルーターです。 また、WiMAXはポケットWiFiの中でも通信速度が早く、エリアをうりにしているLTE系のポケットWiFiよりも、一日中通して安定した速度がでます。 LTE系ポケットWiFiは、スマホと同じLTEを使うため、朝・昼・夜のネット利用者野多い時間帯はどうしても遅くなってしまう特徴があります。 WiMAXと他社ポケットWiFiの速度比較 下記3種類のポケットWiFiの実際に計測した速度を比較してみました。 SoftBankLTE系ポケットWiFi• WiMAX(GMOとくとくBB)• WiMAX(BIGLOBE) SoftBankLTE系ポケットWiFi(それがだいじWiFi)の速度 1回目 23. 8Mbps 2回目 21. 7Mbps 3つのポケットWiFiで最も遅いのがSoftBankLTE系ポケットWiFiだった サービス 平均速度 SoftBankLTE系 (それがだいじWiFi) 約12Mbps WiMAX (GMOとくとくBB) 36Mbps WiMAX (BroadWiMAX) 約22. 5Mbps ポケットWiFiでは、15Mbpsほど出ていれば、不便することがないため、速度面での違いを感じることはないかもしれません。 ただ、WiMAXのほうが速度が出ているのは事実なので、WiMAXのほうが優れていると考えて良いと思います。 料金・プラン面でもWiMAXのほうがお得 まずポケットWiFi各社の、実質月額やキャンペーンをまとめた表を御覧ください。 正直この表を見るだけでもお分かり頂けるかと思いますが、 使い放題の中でWiMAXは非常にお得になっています。 他のLTE系のポケットWiFiはデータ容量の制限があったり、平均的に3,500円以上だったりするものもあります。 GMOとくとくBBから乗り換える時のコツ GMOとくとくBBから乗り換える際、色々悩む事があると思いますが、それぞれの悩みに対して、最適な対策があります。 【料金を抑えたいなら】初月が安いor無料のWiMAXプロバイダを選ぶ• 【使えない日があると困るなら】BroadWiMAXの即日受取を活用する• 【違約金が発生するなら】BroadWiMAXの違約金負担キャンペーンを使う• 【端末に愛着があるなら】BIGLOBEのSIMのみ契約もあり この4つのコツを知っておけば、ストレス無くGMOとくとくBBから乗り換える事ができるかと思います。 【初期を抑えたいなら】初月が安いor無料のWiMAXプロバイダを選ぶ WiMAXの初月にかかってくる費用は、「事務手数料3,000円+初月料金」の2つが合算できます。 このうち、事務手数料3,000円は全てのプロバイダでかかりますが、初月料金に関しては、 「日割り」と 「無料」の2パターンあります。 ちなみにGMOとくとくBB WiMAXと同じ月に契約開始となると、「GMOとくとくBBの料金(4,263円)+次のプロバイダの事務手数料(3,000円)+初月費用(日割りor無料)」の3つが同時に発生します。 初期費用を抑える申込タイミングの考え方 最もシンプルな初期費用の抑え方は、 GMOとくとくBBと請求を被らせずに、初月無料のプロバイダを選び、翌月に事務手数料3,000円しか請求されないようにすることです。 初月日割りならこのタイミングで料金が発生し、初月無料ならこの月は無料となります。 BIGLOBE WiMAXの場合 申込を31日夕方に行い、翌日1日発送となり、2日に届くなら、GMOとくとくBB WiMAXを利用できなくなって1日〜2日間はWiMAXがない状態になってしまいますが、その月は無料です。 余裕をみて29日に申込を行い、1日に届けば利用できない日数もなく、1ヶ月間は無料で利用できることになります。 ただし、BIGLOBEは端末代がかかるので、他プロバイダより月額料金は高いです。 余裕をみて29日に申込を行い、1日に届けば利用できない日数は発生しませんが、1ヶ月分(2,380円)がまるまる掛かることになります。 余裕をみて29日に申込を行い、1日に届けば利用できない日数は発生しませんが、1ヶ月分(1,380円)がまるまる掛かることになりますが、1,380円だけで済むとも言えます。 【使えない日があると困るなら】BroadWiMAXの即日受取を活用する WiMAXを常に持っていると、WiMAXを使えない日があると不便に感じませんか? こういった方の対策は、「解約終了日に新しいWiMAXが利用できる状態にする」か「解約した翌日に新しいWiMAXを手に入れる」の2つです。 ただし、解約期間をかぶせると請求がかぶってくるので、できれば解約終了後すぐ手に入る状態にするのが好ましいです。 だからこそ、 「解約した翌日に新しいWiMAXを手に入れる」という方法を取るのが望ましいです。 しかし、基本的に申込をしたその日から利用できるWiMAXは3種類しかありません。 BroadWiMAXを契約し、即日受取りを活用する• 家電量販店で契約する(プロバイダは家電量販店独自)• auショップで契約する(プロバイダはau(KDDI)) いっけん、 家電量販店やauショップは安心できるように感じますが、20,000〜30,000円は損をするので、おすすめしません。 大手家電量販店系WiMAXを契約しても、毎月の月額料金が500円ほど高く、キャンペーンもあまりお得とはいえません。 その上端末代もかかるので、合計で35,000円ほど損をすることになります。 またauショップで契約できるWiMAXも、毎月1,000円ほど差があるので、どのみち35,000円ほど損をします。 限定キャッシュバックは、上記ページからの申込ではもらえないのでお気をつけください。 ただ契約期間によって19,500円〜9,000円の解約金が発生します。 この違約金を払ってもいいや!と思うのであれば、お得なプロバイダに申し込みをするのが良いと思います。 ただ違約金を払うのはちょっとなぁ・・・と思う方は、 BroadWiMAXの違約金負担キャンペーン(最大19,000円)を利用するのもおすすめです。 そんな向けに、BIGLOBE WiMAXは「SIMカードのみ」の契約ができるようになっており、契約期間も1年間と短く毎月3,980円で利用できます。 端末が古くなってきてバッテリーなどが弱くなったことを理由に1年未満で解約する場合も、解約金が1,000円しかかからないのも魅力です。 端末を有効活用して、縛りを気にせず楽にWiMAXを利用できます。 そこで下記3社のプロバイダで決めるのをおすすめします。 BroadWiMAXは「総合コスパ」「当日受取り」でおすすめ 【注意】auスマホユーザーはカシモWiMAXはNG auスマホユーザーがWiMAXを利用すると、「auスマートバリューmine」という、auスマホの利用料から毎月最大1,000円割引を受けられるサービスがあります。 ただ、 カシモWiMAXは、auスマートバリューmineに加入することができません。 サービス提供時の契約内容によるものかもしれないので理由はわかりませんが、とりあえずauユーザーが利用するのは損だということです。 BIGLOBE WiMAXは「契約期間が短い」「SIMのみ」でおすすめ BIGLOBE WiMAXは、品質の高いサービスを提供している老舗プロバイダです。 ただ老舗だから人気というわけではなく、WiMAXの中で唯一の1年契約が可能なこと、SIMのみの契約もあること、更に口座振替が利用できることが理由となっています。 GMOとくとくBBを利用されていた方とまた違った層の方に人気がありますが、今のBIGLOBE WiMAXは解約しやすく、そこまで高くないので、安心できる!の一言に尽きます。 結果的に長く使うかもしれないけど、契約上でも縛られるのが苦手な方で、そこそこ信頼できるプロバイダを利用したい方に最適です。 GMOとくとくBB WiMAXのスムーズな解約の手順 GMOとくとくBBの解約方法は2つあります。 コールセンターに電話をして解約する 0570-045-109 (平日10〜19時のみ) 月・金のお昼は混み合いますが、火・水・木の午前か16時〜18時までの間が繋がりやすいです。 WEBで解約する GMOとくとくBBの会員サイト「」にアクセスし、該当サービスの解約を押す。 更新月の前月21日〜更新月の20日まで「解約ボタン」が表示されます。 どちらの方法も簡単に解約手続きができますが、WEBでの解約がシッカリとできるか不安な場合、コールセンターに電話して解約するのを推奨します。 ここからは乗り換えに合わせてスムーズな解約手順を解説します。 契約開始日はプロバイダにより異なります。 お好きなプロバイダを、ご自身にとってお得に始められるタイミングで契約開始となるよう、申込をしましょう。 下記に参考となる情報を再度いれておきます。 GMOとくとくBB自体は解約手続きさえ済んでいれば、月末で自動的に契約終了となり、回線(SIM)が利用できなくなります。 あとは、新しい端末でWiFi設定を行い、端末で利用できるようにしましょう。 BIGLOBE WiMAXのSIMのみ契約の場合は、古い端末のSIMカードを取り、新しく届いたSIMカードを指し直すだけで利用できます。 基本的に解約から乗り換えまではこの3つのステップで完了します。 特に複雑な手続きもなく、スムーズにいけばストレスなく乗り換えが可能です。 GMOとくとくBBから快適に乗り換えよう GMOとくとくBB自体はすごく良いプロバイダだと思います。 ただ、WiMAXというサービスは、最低契約期間が過ぎて継続的に利用するのは、単純に30,000円損をする事になります。 なにより、端末自体も古くなるので、定期的に乗り換えるのが望ましいサービスとも言えます。 GMOとくとくBBからの乗り換えは正しい選択ですので、次もお得なプロバイダを選んでくださいね。

次の

どんなときもWiFiでは乗り換えキャンペーンはあるの?キャッシュバックはもらえるの?

どんな とき も wifi 乗り換え キャンペーン

【更新】注意事項 どんなときもWiFiは、2020年4月3日から 新規お申し込みを停止しています。 2020年現在、どんなときもWiFiだけでなく、同じくクラウドSIM技術を利用した無制限WiFi、「Mugen WiFi」「限界突破nWiFi」の新規お申し込み停止などの問題が相次いでいます。 完全無制限のポケットWiFiは今後も安定的にサービス提供できるのか現段階では不明です。 当サイトでは、モバイルWiFi各社の特徴と料金を徹底的に比較し、 最新のおすすめモバイルWiFiをランキング形式でご紹介しています。 モバイルWiFi選びに絶対失敗しない3つのポイントも解説していますので、あなたに最適なモバイルWiFiを必ず見つけることができますよ。 どんなときもWiFiに代わる 実質無制限のモバイルWiFiをお得に契約したいという方は、以下のぺージを是非ご参考にしてみてください! 2019年3月に登場した完全無制限のモバイルWi-Fi ワイファイ 、どんなときもWiFi。 既に詳しくご存じの方も多いかもしれません。 クラウドSIM技術によって、au、ドコモ docomo 、ソフトバンク Softbank の3大キャリアの4G LTE回線を自動接続でき、通信安定性が抜群。 さらに、データ容量が無制限ということで注目を集めています。 そんなどんなときもWiFiの契約を検討している方の中には「 キャンペーンなどお得な特典はないの?」と思われている方も多いかもしれません。 そこで、当ページではどんなときもWiFiをお得に契約するためのキャンペーンについてフォーカス。 どんなときもWiFiには どのようなキャンペーンがあり、どのようにお申し込みするのがお得か徹底解説します。 どんなときもWiFiの契約を検討している方は必見です。 まずは、最新のキャンペーン情報を見ていきます! 目次• 【2020年7月】どんなときもWiFiキャンペーン情報 まずは、どんなときもWiFiはどんなキャンペーンが行われているのかを見ていきます。 どんなときもWiFiのキャンペーンは? 現在、どんなときもWiFiのキャンペーンは、 月額料金のみとなっています。 どんなときもWiFiのサービス開始当初は、口コミ・レビューを掲載してくれた方に対して、キャッシュバック特典としてAmazonギフト券5,000円分をプレゼントしていました。 しかし、既にかなり口コミ・評判も増えていることもあり、Amazonギフト券のキャンペーンは終了しています。 とはいえ、 基本月額料金も他のモバイルWi-Fiサービスと比較し安い設定となっているのに加え、端末代金に関しては基本的に無料。 月額料金割引のキャンペーンのみでも充分お得となっています。 そんなどんなときもWiFiの月額料金割引の詳細について、ここからは解説していきます。 料金プランは1つしかありませんが、クレジットカードと口座振替、どちらの支払い方法を選ぶかによってキャンペーン内容が異なるのでしっかりと確認していきましょう。 クレジットカード契約のキャンペーン内容 まずは、クレジットカード払いでどんなときもWiFiを契約した場合のキャンペーン内容をご紹介します。 クレジットカードで契約した場合、どんなときもWiFiを契約している期間中は、全て月額料金割引が適用されます。 ただし、契約期間によって割引金額が異なるという点には注意が必要。 クレジットカード契約での割引金額、月額料金は以下の通りです。 クレジットカード契約でのキャンペーン ~24ヶ月目 25ヶ月目以降 基本月額料金 4,410円 割引金額 割引総額 930円 22,320円 430円 実質月額料金 3,480円 3,980円 上記の通り、クレジットカード契約のキャンペーンは、基本の契約期間となる2年間を超えても 25ヶ月目以降 月額割引が続くというのがポイント。 契約期間中は、常に安い料金でどんなときもWiFiを利用することが可能となっています。 ただし、2年目以降は、割引金額が下がってしまうため、毎月支払う料金は高くなってしまいます。 その点は、あらかじめ注意が必要です。 口座振替契約のキャンペーン内容 どんなときもWiFiを口座振替で契約した場合も、月額料金割引が適用されます。 ただし、 月額料金割引のキャンペーン対象となる期間は、クレジットカード契約と比較すると短め。 さらに、クレジットカード契約と比較すると、割引金額も少なくなってしまいます。 口座振替でどんなときもWiFiを契約した場合の割引金額、月額料金は以下の通りです。 口座振替契約のキャンペーン内容 ~24ヶ月目 25ヶ月目以降 基本月額料金 4,410円 割引金額 割引総額 430円 10,320円 — 実質月額料金 3,980円 4,410円 クレジットカード契約、口座振替契約どちらも契約期間となる2年間は割引対象となります。 ただし、 どちらも2年目以降はキャンペーン内容が変わるという点には注意が必要。 クレジットカード契約の場合は割引金額が少なくなり、口座振替契約の場合は割引金額がなくなるということは、前もって覚えておきましょう。 最後に、どんなときもWiFiのキャンペーンについてまとめます。 クレジットカード契約も、口座振替も2年間は割引対象!• ただし、クレジットカードの方が割引金額が大きい!• 2年目以降は、クレジットカード契約のみ割引対象! ここまでどんなときもWiFiのキャンペーン内容について、ご覧頂きました。 どんなときもWiFiを契約するのであれば、 クレジットカード契約の方がお得となるのでおすすめです。 とはいえ、口座振替でも2年間の割引総額で見れば、WiMAXなどの他モバイルWi-Fiサービスが行っているキャッシュバック金額を上回るほど。 お得であることに違いはありません。 そのため、どちらで契約するにせよ、どんなときもWiFiの契約を検討している方はキャンペーン期間中に契約するようにしましょう! どんなときもWiFiのお申し込み方法は? ここでは、お得なキャンペーンを利用して、どんなときもWiFiを契約するにはどうしたら良いのか、その契約方法について解説していきます。 キャンペーンを利用したどんなときもWiFiの契約方法は? ここまで紹介した月額料金割引のキャンペーンのお申し込み方法に関しては、どんなときもWiFiを通常通り契約する方法と全く同じ。 念のため契約方法を確認していきます。 パソコンの方はページ右上、携帯・スマホの方は下部の「Webでお申し込み」からお申し込み画面へ進んで頂くことができます。 先ほどお伝えした通り、クレジットカードと口座振替を選ぶことができますが、キャンペーンはクレジットカード契約の方がお得となっているためおすすめ。 契約プラン、モバイルルーターは1つなので、そのまま進みます。 あんしん補償は、モバイルWi-Fiルーターが破損・水濡れなどで故障した際に無償で交換が行えるサービスとなっており、初月は無料となっています。 どちらも必須ではないため、不要の方はどちらも無しで問題ありません。 上記が、お得なキャンペーンを利用するどんなときもWiFiのお申し込み方法です。 どんなときもWiFiは、他社モバイルWi-Fiサービスのキャッシュバックのようにキャンペーンのお申し込みは必要なく、 通常通り契約するだけでお得な月額料金でインターネットを楽しむことができます! とはいえ、お得なキャンペーンの利用には注意点もあります。 そんな、どんなときもWiFiに関する注意点について次項で見ていきましょう。 キャンペーン利用時の注意点を解説! ここまで、どんなときもWiFiのキャンペーンについて、特典内容からお申し込み方法までお伝えしてきました。 とはいえ、お得なキャンペーンには、もちろん注意点もあります。 ここからは、そんなどんなときもWiFiのキャンペーンを利用して契約する際の注意点を解説していきます。 キャンペーン期間が決まっていない これまでお伝えしたどんなときもWiFiのキャンペーンですが、実は 終了時期が決まっていません。 つまり、予告なくキャンペーンが終了する可能性も、これから何年も続く可能性もあります。 キャンペーンが長期的に続くのであればありがたいですが、急に終了するのは困りもの。 その場合、お得な料金でどんなときもWiFiを利用することができなくなってしまいます。 そのため、 どんなときもWiFiの契約を検討している方は、キャンペーン中に契約できるよう早めの契約をおすすめします。 モバイルWi-Fiルーターは無料だがレンタル端末 どんなときもWiFiを契約する際、モバイルルーターは無料となっています。 しかし、 ルーター端末は購入ではなくレンタルという点には注意が必要です。 レンタルとなっているため、解約時にはルーター本体、USBケーブル、取扱説明書、個装箱の返却が必須。 契約時の端末代金はかからないものの、 返却遅れや端末が故障している場合、機器損害金として18,000円請求される可能性があるというのはデメリットとなるので注意しましょう。 契約解除には解約料がかかる場合も 端末代金が無料・お得なキャンペーンがあるとは言っても、他のモバイルWi-Fiサービスと同様に、 解約時期によってはどんなときもWiFiも違約金がかかってしまいます。 どんなときもWiFiの解約料金の詳細については以下の通りです。 どんなときもWiFiの解約料金 0~12ヶ月目 19,000円 13~24ヶ月目 14,000円 26ヶ月目以降 9,500円 更新月 25ヶ月目 0円 基本的には、更新月以外のタイミングで解約した場合に違約金がかかってしまいます。 また、2年後の更新月で解約しなかった場合は、自動で契約更新となってしまう点にも注意が必要。 さらに2年経過しないと解約違約金は無料となりません。 そのため、 どんなときもWiFiを解約をする場合は、2年ごとに迎える更新月で解約することをおすすめします。 キャンペーンを利用してどんなときもWiFiを契約した際のの注意点は以上となります。 最後に、これまでご説明した注意をまとめます。 キャンペーン期間が決まっていない!• モバイルWi-Fiルーターは無料だがレンタル端末!• どんなときもWiFiの解約には違約金がかかる場合も! 上記、注意点を踏まえて、どんなときもWiFiを契約するかどうか検討しましょう。 おすすめの契約方法・特典内容まとめ 当ページでは、どんなときもWiFiのお得なキャンペーン内容からご契約方法、そして注意点まで解説しましたがいかがでしたか。 クラウドSIM技術で通信の安定性抜群、かつデータ容量無制限のどんなときもWiFiは、キャンペーンを利用することで通常よりお得な料金で契約することが可能です。 また、 最安値で契約したいという方は、口座振替ではなくクレジットカード支払いでの契約がおすすめ。 キャンペーン適用後の月額料金は、クレジットカード契約の方が圧倒的にお得となります。 どんなときもWiFiを検討しているという方は、是非この月額料金割引のキャンペーン中に契約を検討してみて下さい。 また、どんなときもWiFiの特徴についてもっと知りたいという方は、料金や通信速度などメリット、デメリットを口コミ・評判をもとに詳しくご紹介している下記ページをご覧下さい。 最後までご覧頂き、ありがとうございました。 当ページが、あなたのモバイルWi-Fi選びの一助となれば幸いです。

次の

【7月1日】どんなときもWiFiキャンペーン5000円キャッシュバック月額3280円

どんな とき も wifi 乗り換え キャンペーン

他社のポケットWi-Fiから どんなときもWiFiに乗り換える手順と注意点についてまとめたページです。 どんなときもWiFiは無制限で使い放題なのに安いため、動画やオンラインゲームをよく使うユーザーから大注目されているポケットWi-Fiです。 その注目度はサービス開始からしばらくの間、 申し込みの多さから端末の発送が追い付かないという事態が発生するほどでした。 どんなときもWiFiの魅力にいち早く気づいた情報通の方たちは、サービス開始からすぐに契約していますが、今時点でどんなときもWiFiの契約をしようか迷っている方は、おそらく情報通の方の中でも、あと少しだけ情報が欲しいなという慎重派の方たちかと思います。 特にポケットWi-Fiの乗り換えとなると、 どんな手順で乗り換えるんだろうなぁと気になって先に進めないなんてことはよくあることですよね。 他社からどんなときもWiFiに乗り換える手順 早速ですが、他社のポケットWi-FiからどんなときもWiFiに乗り換える際の手順を紹介していきます。 契約前に知っておくべきことや、契約後の心構えについてまでお伝えしています。 違約金の金額によっては数万円という解約金が必要になることもありますからね。 どんなときもWiFiへ乗り換えている方の中でも、最近多いと感じているのがWiMAXからの乗り換えなので、WiMAXの違約金の一例を紹介しておくと・・・ WiMAXの違約金(一例)• 12ヶ月以内の解約 19,000円• 13ヶ月~24ヶ月以内の解約 14,000円• 25ヶ月目以降 9,500円• 3年縛りの更新月 0円 上記がWiMAXの解約金の一例です。 どのサイトから申し込んで、どんなキャンペーンが適用されたかによって違約金の金額が変わることがありますが、概ねこのあたりの違約金が適用されます。 あなたの契約上、いまどんなときもWiFiに乗り換えたら どの程度の違約金が発生するのか、まずは確認してから乗り換えの検討を始めましょう。 ネットを調べているとどうしてもメリットばかりを紹介している傾向があるので、デメリットは見逃してしまいがちなポイントですよね。 ここに、 どんなときもWiFiを契約する際のデメリットについてまとめておくので、目を通しておくことをおすすめします。 どんなときもWiFiのデメリット• WiMAXよりも速度が遅い• 端末の返却が必要• 2年縛りがある• キャッシュバックが無い 上記のデメリットの中でも、特に注意が必要なデメリットはWiMAXと比較した時の速度についてです。 どんなときもWiFiに乗り換える方の多くがWiMAXからの乗り換えになっているのが現状ですが、速度規制前の状態で比較した場合、WiMAXの方が速度が速く、 どんなときもWiFiの方が遅いという利用者の声が上がっています。 ただし、WiMAXで速度制限になっている方にとっては、制限のないどんなときもWiFiの方が圧倒的に早くなるので、 速度制限による速度の低速化に悩んでいた人は、どんなときもWiFiの速度は速いし快適だと評価しています。 また、ポケットWi-Fiの中には年数縛りの無いサービスもある中で、どんなときもWiFiは2年契約の自動更新となっているので、縛りのあるWiFiは絶対に契約しないという方にはおすすめできません。 それでも、ポケットWi-Fiや光回線の契約といえば 3年縛りも多い世界なので、2年縛りであれば許せるというユーザーも多いようですね。 どんなときもWiFiを契約するメリットは以下のようになります。 どんなときもWiFiのメリット• 【最重要】無制限の使い放題!• 無制限の使い放題の中では激安!• 口座振替でも契約できる!• 海外でも使えるポケットWi-Fi どんなときもWiFiの最大のメリットは、やはり 無制限で使い放題という点です。 そんな中でユーザーからは「実質使い放題じゃないじゃないか!」という不満はかなりあったようです。 そのため、どんなときもWiFiが制限なしで使い放題で登場した時は、多くの速度制限に悩まされていたユーザーが申し込み、端末の発送が追い付かなかったというパンク状態に陥るほどだったと聞いています。 しかも、 無制限の使い放題なのに月額3,480円という安さも注目されて、使い放題に限らず普通に安いから乗り換えるという利用者もいるという状況です。 かず店長 今回紹介したメリットとデメリットは4つずつに絞らせていただきましたが、もっと細かいところまで知りたいという方は、メリット・デメリットについてまとめたこちらの記事も見てみることをお勧めします。 時々公式サイトではなくて代理店的なところのサイトで申し込んだ方が特典が多くもらえるなんてケースがありますが、 どんなときもWiFiに関しては現状公式サイトでしか申し込みができません。 そのため、どこで申し込もうか迷う必要が無いので、シンプルに公式サイトに進み契約手続きを進めることになります。 申し込みの際に重要になるポイントは1点のみなので、ここでお伝えしておきます。 申し込みで重要になるその1点とは・・・ 「クレジットカード払いにするか、口座振替にするか」です。 支払い方法をどうするかによって月額が変わるので、支払い方法についてはしっかり確認しておく必要があります。 結論としては、クレジットカード払いの方が安くなるので、おすすめはクレジットカード払いです。 口座振替で契約したい方は、口座振替についてまとめたこちらの記事をご確認ください。 口座振替は手順や流れ、そして注意事項が複雑なので、口座振替で申し込むことが決まっている方はこちらの記事を参考にしながら申し込みましょう。 初期契約解除とは、簡単に言うと8日以内なら解約料金を免除した状態で解約できますよという手続きです。 そのため、端末が届いたらすぐに速度に異常がないか、正常に利用できるかということを確認して、家や職場などのメインで利用する予定の場所で どんなときもWiFiが使えるかどうか、必ず試してみるようにしてください。 解約のタイミングについてはいつがベストなのかという論争が多少ありますが、 慎重派の方は必ずどんなときもWiFiを試してみた後で以前のサービスを解約するようにしましょう。 なぜなら、どんなときもWiFiを試す前に解約してしまい、どんなときもWiFiが激遅で使い物にならない環境だったという場合、どんなときもWiFiは実質使えないうえに、以前のポケットWi-Fiも解約済みなわけなので、 しばらくポケットWi-Fiが使えない状態になってしまいます。 その結果、ポケットWi-Fiが無いと困るからと焦って他のポケットWi-Fiを契約してしまい、本来の希望と大きくズレたサービスを契約するなんてことにもなりかねません。 現状のポケットWi-Fiを先に解約してしまうと万が一の時にドタバタしてしまうので、よほどの理由が無ければ どんなときもWiFiを試して満足してから、今のポケットWi-Fiを解約するようにしましょう。 以上がどんなときもWiFiに乗り換えるまでの手順となります。 速度についての注意点や料金のお話し、さらには更新月についてなど、ポケットWi-Fiの契約をする際に知っておくべき内容をお伝えしていきます。 そのため、最大速度としては下り(ダウンロード)最大150Mbps、上り(アップロード)最大50Mbpsとなっていますが、基本的にはこの最大値よりは速度が落ちることになります。 「ほぼ」ってつけないといけないのは、私みたいな回線オンチの人は問い合わせちゃったりするから、問い合わせがゼロにはならないってことでしょうね💦 光回線やスマホの契約をしたことがある方は、ベストエフォート型サービスについてなんとなく知っていると思いますが、初めて契約するという方は知らなくても当然なので、 最大値の速度が出ないことを確認したうえで申し込むようにしましょう。 速度について、動画や映画が見れる速さなのかや、実測はどのくらい出るものなのか等、詳しく知りたい方はこちらの記事を読んでおく事をおすすめします。 どんなときもWiFiはクレジットカード払いの場合、24ヶ月目までは930円の割引が受けられるというキャンペーンが適用されますが、25ヶ月目以降はその割引が430円に下がってしまいます。 そのため、 初めの2年間よりも3年目は料金が高くなってしまうので、3年目になって驚かないように心構えをしておきましょう。 そのため、思っていたような速度が出ない等、運用に支障がある場合は、先に紹介した初期契約解除の制度を活用して早めに解約することをお勧めします。 初期契約解除の期間が過ぎてしまった場合、 「いつでも解約サポート」という無料で解約できる制度も用意されているので、もしも解約金が発生するタイミングで解約したいという事情がある場合は、いつでも解約サポートを利用してみましょう。 いつでも解約サポートや端末の返品についてなど、もっと詳しく解約について知りたい方はこちらの記事も参考にして下さい。 今回の記事は契約の手順についてがメインの内容になるので、乗り換えの特典やキャッシュバックについて知りたいという方はこちらの記事を見てみてくださいね。 まとめ どんなときもWiFiに乗り換える手順を簡単にまとめると、 乗り換え手順まとめ• ポケットWi-Fiや光回線を申し込む際の最大のネックは「どのくらいの速度が出るのか?」だと思いますが、こればかりはあなたが良く利用する場所によって変わってきてしまうので、試してみる以外に確認の使用がありません。 「後は速度だけが気がかりだなぁ」 という気持ちになっている方は、これ以上迷っても時間がもったいないだけです。 試しに申し込んでみて、あまりにも遅すぎるという時は初期契約解除制度で解約すればいいだけなので、 まずはどんなときもWiFiの使い勝手を試してみることから始めてみましょう。 どんなときもWiFiの最重要ポイント 月額料金 24ヶ月間は3,480円 25ヶ月目以降3,980円 通信速度 下り最大150Mbps 上り最大50Mbps 使い放題 ネットワーク占有レベルの大容量通信を行うと制限がかかる。 長時間ゲームをする・動画を見続ける程度では制限はかからない。 大容量を使用するユーチューバーでさえ制限されないレベル。 注目ポイント 大容量プランを契約しても追加容量が必要になる方は絶対に契約するべきポケットWi-Fi。 料金も激安で、圧倒的なコスパを発揮する 「現状で使い放題最強のポケットWi-Fi」.

次の