法人 クレジットカード デメリット。 法人カードにはメリットがいっぱい!Credictionary

ガソリン代が安くなるおすすめ法人カード!メリットと注意点とは?

法人 クレジットカード デメリット

そもそも審査を通らなければならない 1つ目のデメリットは、法人カードを使うにはまず申し込んだ後に審査を通らなければいけないということです。 その審査は、 事業を始めてからの期間や、 業績、 代表者の信用性を見て判断されます。 そして、法人カードによってはその審査はとても厳しく、完全に収益の安定した歴史の長い企業にしか発行されないようなものもあるようです。 つまり、法人カードを作る場合、 事業を始めたばかりの方や個人事業主は比較的不利な立場と考えていいでしょう。 もし、あなたがこれと決めたカードがあり、そのカードの審査が厳しい場合、その審査をクリアするまでは法人カードを使えない、もしくは審査の緩い他のカードで妥協するしか無いという点がデメリットになります。 しかし、デメリットと言っても特に使いたいカードというものがまだ決まっていない場合、審査のキツくない法人カードにも優良カードは多いのであまり気にすることはないでしょう。 年会費が重荷に 2つ目のデメリットは、選ぶ法人カードを間違えると年会費が無駄になってしまうことがあるというデメリットです。 法人カードには年会費と言うものがあり、 価格は無料のものから10万を超えるものまで、ピンキリに存在します。 ここでいうデメリットになりかねない法人カードは、無料のものや比較的安めの法人カードではなく、1万円を超えてくる法人カード。 ここまで値段が上がると、付帯するサービスもかなり豪華なものになってくるのですが、 法人カードによってどの分野に強いサービスを持っているかが大きく変わってきます。 食にこだわりの無い方が食のサービスに特化した高額年会費の法人カードを持っていても、悪い言い方をすれば持て余してしまってることになり、高い年会費が勿体無いですよね。 そうならないようにするためには、選んだ法人カードの年会費がなぜ高いのか、その法人カードが力を入れている部分は自分に利益をもたらすのかを確認するといいでしょう。 社内ルールをきちんと作る必要性 3つ目のデメリットは、社内で法人カードを運用する場合、 しっかりしたルールを作らなければ混乱を導くという点です。 代表者だけが法人カードを使う場合はこの限りではないのですが、追加カードなどを取得して社員にも法人カードを共有する場合にこの状況に陥りやすいですね。 出張に行く社員に法人カードを持っていってもらう時、どこまでを経費として法人カード決済して良いのかや、事前に申告をする必要があるのかなど明確な決まりを定義しておかなければ、知らないうちに予想外の額が引き落とされる可能性もあります。 また、社内でも定期的に明細を確認するルールを設けておくことで、そのようなトラブルは少なくなるでしょう。 このように、法人カードを運用するにはまず初めに社内ルールをしっかり定義し、管理体制を整えておく必要があるという点で時間的リソースをそこに割かなければいけないので、デメリットと言えるでしょう。 分割・リボ払いの便利さがむしろデメリットに 4つ目のデメリットは、分割・リボ払いにあります。 法人カードは、基本的には分割早いやリボ払いは受け付けておらず、一括払いのみでしか決済をすることができません。 実際、キャッシュフロー お金の流入出量 のことを考えと支払いを遅らせることができればできるほどキャッシュフローは増大し、資金繰りはしやすくなるため、 分割・リボ払いはビジネスにおいても非常に有効です。 ただ、気をつけなければならないデメリットが2つあります。 1つ目は 利子。 当然個人クレジットカードと同じように2回を超える分割やリボ払いには利子がつきます。 それをすることで資金繰りが良くなり利子以上に利益を見込めるということも大いにありえますが、その見極めが最初のうちはかなり難しいでしょう。 そして、2つ目は 何に対して払っている経費なのかが分かりにくくなるという点。 複数の分割払いが重なっていたりリボ払いをしたりすると、何に対してどのくらいお金を払っているのかどうしてもイメージが付きにくくなります。 経費の管理がしやすいという法人カードのメリットを殺してデメリットになってしまっていますね。 デメリット総まとめ ここまで、法人カードのでデメリットについて共に見てまいりました。 もう一度総おさらいしておくと、• しかし、このようにいくつかのデメリットはありますが、それを考慮に入れても余りある程のメリットが法人カードにはあります。 今日このページで読んだ法人カードのデメリットを頭の片隅にでも置いていれば、より有効に法人カードをビジネスに活かすことができるでしょう! デメリットだけでなくメリットも知りたいという方は、 メリットを紹介しているページもございますので、こちらからどうぞ!.

次の

法人クレジットカード 10社比較―法人クレジットカードの特徴やメリットについて―

法人 クレジットカード デメリット

法人用クレジットカードは個人事業主も発行できる? クレジットカードには、個人用と法人用があります。 まず、個人事業主と法人にはさまざまな違いがありますが、大きな点は、誰が事業主かということです。 個人事業主は、その事業を営んでいる個人が事業主です。 そのため、収入に対する税金も個人にかかります。 一方、法人の場合は、事業主が法人です。 法人は「人」ではありませんが、法律上の人格を持つとされていて、さまざまな権利や義務を持っています。 事業で得た収入に対する税金も、法人に対して課せられることになります。 法人用クレジットカードには「法人」という名がつけられていますが、法人の代表者だけでなく、個人事業主でも作れるクレジットカードがあります。 法人向けのクレジットカードというよりは、広く「事業者向け」「ビジネス向け」のクレジットカードだと考えてください。 ただし、法人用クレジットカードで得られるメリットの中には、「法人が利用する場合」に特化した特徴を持ったものも多いため、個人事業主には合わないこともあります。 例えば、法人用クレジットカードは個人用クレジットカードに比べ、追加カードをたくさん発行できる場合があります。 これは、社員を持たない個人事業主にとっては不要なサービスでしょう。 また、法人用クレジットカードカードの多くはキャッシング枠がありません。 事業資金の調達でキャッシングを利用したい場合、法人用クレジットカードより、個人用クレジットカードを事業用に利用するほうが適している場合もあります。 個人事業主が法人用クレジットカードを持つメリットは? 経理や決算、確定申告などを自身で行うことが多い個人事業主にとって、経費の管理は大きな負担でしょう。 法人用クレジットカードを利用することで、そういった労力を削減できる場合があります。 個人事業主が法人用クレジットカードを持つことで得られる、5つのメリットについてまとめました。 経費の管理が楽 クレジットカードを利用していると、1ヵ月ごとに利用明細が発行されます。 事業用の支出を法人用クレジットカードで行うようにすると、明細書に「いつ」「どこで」「いくら」使ったのかが明記されるので、経費の管理が簡単です。 細かい日々の支出や、仕入れ代金の振込などをその都度行っていると、いつ何を支払ったのかわからなくなるリスクが高まります。 経費の計上漏れがあれば、正しい収支管理をすることもできません。 支払いをできるだけクレジットカードにまとめて、何にお金を使ったのかが一覧でわかるようになれば、このようなリスクを回避できるでしょう。 さらに、口座引き落としで支払う経費などは、領収書が発行されないことがありますが、クレジットカード払いにすれば、明細書を支払証明として利用することも可能です。 また、クレジットカードと連携できる会計ソフトを使うことで、さらに経費の管理が楽になるでしょう。 クレジットカードの利用明細データを会計ソフトに取り込めば、会計処理が自動で実行でき、業務効率化につながります。 事業支出とプライベートの支出を分けられる 個人事業主の場合、個人で保有しているクレジットカードを事業にも使う場合があるでしょう。 しかし、後になって、「この支払いはプライベートか、それとも取引先か」といった確認が必要になります。 明細書を見ながら、個人の支出と事業用の支出を振り分ける作業が発生することから、クレジットカードを使うことでかえって面倒になり、労力を増やすことになるかもしれません。 もちろん、振り分けを間違えれば、正しい経費計上もできなくなってしまいます。 明確に事業用の支出とプライベートの支出を分けるためには、個人のクレジットカードのほかに、事業用のクレジットカードを持つほうが確実です。 支払いの手間の削減 クレジットカードを使っていない個人事業主の場合、経費の支払い方法は、現金取引や振込、代引き、コンビニ支払いなどでしょう。 しかし、振込に行ったり現金を用意したりするのは手間ですし、手数料もかかります。 インターネットショッピングで事業に必要な物を購入したり、ガソリン給油や高速道路利用が定期的にあったりする個人事業主にとっては、これらの支払いをクレジットカードにまとめることが手間の削減につながります。 さらに、電話料金やインターネット料金なども、口座引き落としではなくクレジットカード払いとしてまとめておくと、口座残高の確認や資金のやりくりがしやすくなるでしょう。 ポイントがたまる クレジットカードの多くは、利用金額に応じてポイントがたまるサービスがあります。 たまったポイントは、請求金額の値引きや商品への交換などに使えます。 事業用の支出というのは、個人の生活に使う支出に比べて高額になることも珍しくありません。 せっかく大きなお金を支払うのであれば、その分、ポイント還元を受けるのがおトクです。 急な出費に対応できる 事業を行ううえで、「ビジネスチャンスなのに資金が足りない」ということがあるかもしれません。 また、予期していなかったトラブルで、現金不足に陥る可能性もあります。 クレジットカード払いなら、経費の支払いは即日でないため、急な支出に慌てる必要がありません。 当座の現金がなかったとしても、事業用のクレジットカードを持っていれば、支払いは1ヵ月ほど後になるので、余裕をもって事業を運営できます。 個人事業主がクレジットカードを持つときの注意点は? 個人事業主が法人用クレジットカードを持つと、さまざまなメリットがあります。 では、個人事業主が法人用クレジットカードを持つときに注意すべきことはあるのでしょうか。 3つの注意点について説明します。 年会費がかかる 法人用クレジットカードのほとんどは、年会費が有料です。 具体的な金額はさまざまですが、無料の法人用クレジットカードは多くはないようです。 ただし、個人事業主が法人用クレジットカードを作った場合の年会費は、全額経費として計上することができます。 審査に通りにくい? 個人事業主の場合、クレジットカードの審査に通りにくい場合があるといわれています。 しかし、実際の審査基準は明らかにされていません。 赤字続きで借入金も多く、返済が滞っている場合などは難しいかもしれませんが、一度審査を受けてみる価値はあるのではないでしょうか。 分割払いやリボ払いはできない場合が多い 法人用クレジットカードは、個人用クレジットカードとは違い、分割払いやリボ払いができない場合がほとんどです。 とはいえ、分割払いやリボ払いには手数料がかかりますから、利用する場合はその点に注意してください。 個人事業主が法人用クレジットカードを選ぶ際のポイント 個人事業主が法人用クレジットカードを選ぶ際には、以下の5つのポイントをチェックしてみましょう。 それぞれの項目について、自分がどの程度のサービスを求めるかを考えて比較すると、条件に合うクレジットカードを選びやすくなります。 年会費 法人用クレジットカードの年会費は、無料から10万円を超えるものまで、非常に幅広く設定されています。 年会費は単に「安ければいい」と考えず、自分が支払える年会費の金額や、クレジットカードの付帯サービスに何を希望しているのかを考えることが大切です。 「経費支払いを簡単にしたいだけなので、できるだけ年会費を抑えたい」という人と、「出張のときに空港ラウンジを利用できたり、宿泊先の手配をしてくれたりするサービスが欲しい」という人では、選ぶべきクレジットカードは違います。 自分に合った法人用クレジットカードを選びましょう。 利用枠 具体的なご利用可能枠は個別の審査やクレジットカードのグレードによって異なる場合もありますが、利用枠の目安が決まっている法人用クレジットカードもあります。 また、初めの利用枠は小さくても、継続的に利用することで大きくなる場合もあります。 経費の支払い状況を考えて、希望のご利用可能枠に不足がないようにカードを選んでください。 付帯保険 法人用クレジットカードには、国内・海外旅行傷害保険などが付帯されているものが多くあります。 付帯保険が充実していれば、その分、自分で保険に加入する必要がなくなるので、手間を削減できますし、保険料も節約できる可能性があります。 補償内容や保険の適応条件はクレジットカードによって違うので、よく確認して選びましょう。 ポイント還元率 ポイント還元率は、高ければ高いほど多くのポイントが得られます。 たまったポイントは商品やギフトカードと交換して事業用に利用すれば、経費の削減につながるでしょう。 ただし、法人用クレジットカードを選ぶとき、ポイント還元率だけに着目するのはおすすめできません。 本当におトクなクレジットカードを見つけるためには、年会費とポイント還元率、付帯保険、その他のサービスを総合的に考える必要があります。 また、法人用クレジットカードの使い方によってポイントのたまりやすさも変わります。 どのような使い方をするのか考えて選ぶことも大切です。 特典・サービス 法人用クレジットカードには、空港ラウンジサービスやコンシェルジュサービスといった、豊富な特典が用意されています。 中には、電話一本でさまざまな手配をしてくれる秘書代行のようなサービスを利用できるクレジットカードもあります。 法人用クレジットカードを選ぶときは、自分が利用したいサービスについても考えてみましょう。

次の

税金や法人税、消費税を法人カード払いするメリットとデメリットCredictionary

法人 クレジットカード デメリット

法人用ETCカードが欲しい人がまず最初に迷うのが、クレジット機能なしなのかありなのかです。 クレジットカード機能がなければ審査に通過しやすい分、費用がかかるなどの特徴があります。 法人ETCカードに興味があるが内容がよくわからない人であれば、クレジット機能なしの法人ETCカードについて知りたいとお思いではありませんか。 今回の記事では、クレジット機能なしの法人ETCカードのメリット・デメリットを解説して、ETCカードを発行できるおすすめ法人カードを紹介していきます。 記事を読むことで、クレジット機能なしの法人ETCカードのメリット・デメリットを理解し、ETCカードを持つのに適した法人カードを申し込めるようになります。 この記事の目次• 法人が発行できるETCカードは3種類 法人専用のETCカードを発行したい場合、いくつか種類があります。 この章では、 法人が発行できるETCカードを紹介していきます。 クレジットカード機能あり• クレジット機能なし 詳しく見ていきましょう。 クレジットカードの付帯機能としてのETCカード 法人専用の代表的なETCカードには、クレジットカード機能にETCカードがついたものがあります。 メインとなるのがクレジットカード機能で、付帯機能がETCカード機能です。 カードの種類には下記のようなものがあります。 クレジットカードの付帯カード• クレジットカード一体型ETCカード クレジットカードの付帯カード クレジットカード機能にETCカードがいたものの多くは、クレジットカードとETCカードが別になっています。 ETCカードがクレジットカードの付帯カードとなっていて、ETCカードは高速道路料金の支払いのみに使用可能です。 クレジットカードと別で発行しておくことで、高速道路料金以外に使われることがないことから、 誤使用や不正使用のリスクが軽減されます。 高速道路料金の支払い以外に経費の支払いをする機会がない従業員がいる会社にとって、メリットが大きいです。 クレジットカードとの一体型カード 法人カードの一部には、クレジットカード機能とETCカードが一体型になっているものもあります。 高速道路料金の支払いだけでなく、店頭での支払いにも利用可能です。 従業員が高速道路を使った移動も経費の支払いもする機会が多いなら、 一体型カードを発行するだけで両方に利用できます。 管理するカードが1枚で済み、紛失のリスクを軽減可能です。 クレジットカード機能がいていない法人ETCカード 法人が使えるETCカードには、クレジットカード機能がいていないものもあります。 あらかじめ登録した法人口座から後払いで引き落としされるので、支払いの仕方はクレジットカードと大差ありません。 クレジットカード機能がいていない法人ETCカードは、下記のようなものがあります。 法人ETCカード• ETCコーポレートカード クレジットカード機能がついていない分、審査に通過しやすいと言われています。 法人ETCカード 法人ETCカードは、高速情報協同組合がクレジット会社と提携して発行しています。 申し込みをすると高速道路のポイントサービスである「ETCマイレージサービス」に自動登録され、ポイントを無料通行分と交換可能です。 車両を限定せずに使えるので、複数の社用車やレンタカーなどの間で使いまわしもできます。 一人ひとりに発行しなくてもよく、管理がしやすいカードです。 ETCコーポレートカード 1台当たりの走行距離が多いのであれば、大口・多頻度割引制度を利用できるETCコーポレートカードがお得です。 毎月の高速道路の利用額が増えれば増えるほど、割引率が高くなります。 割引率は下記の通りです。 車両1台ごとの首都・阪神高速道路の利用料金/月 割引率 5,000円超~10,000円以下の部分 10% 10,000円超~30,000円以下の部分 15% 30,000円超の部分 20% 会社単位ではなく 車両単位なので、 車の稼働状況によっては割引率が低いことも考えられますが、 長距離ドライバーなど日常的に運転する場合におすすめです。 この章では、法人が発行できるETCカードを紹介してきました。 次の章では、法人ETCカードの概要を紹介していきます。 法人ETCカード概要 クレジットカード機能がついていない法人用ETCカードのひとつに、法人ETCカードがあります。 高速道路料金の支払いのみに利用可能です。 この章では、法人ETCカードの概要を紹介していきます。 必要経費• ETCマイレージサービス• 必要書類• 支払い 詳しく見ていきましょう。 必要経費 法人用ETCカードは、諸経費が発生します。 クレジットカードと同じような毎年発生する取扱手数料以外にも、さまざまな経費が必要です。 必要経費には下記のような内容があります。 出資金(脱退時返金) 10,000円/1社 カード発行手数料 500円(税別)/1枚 取扱手数料 500円(税別)/1枚(年1回) 手数料 手数料毎月の走行金額の8% 手数料が発生する分 法人カードのような厳しい審査はなく、誰でも持ちやすいです。 ETCマイレージサービスに自動加入 法人ETCカードを使うことで、ETCマイレージサービスも利用できます。 ETCマイレージサービスとは高速道路料金の支払い累計額に応じてポイントがたまり、たまったポイントで割引を受けられるサービスです。 法人ETCカードに申し込むと ETCマイレージサービスには自動加入され、手続きは必要ありません。 クレジットカードの付帯カードでの支払い時と同じようにETCマイレージサービスを利用できる点は大きなメリットです。 毎月の走行金額の8%を手数料として徴収される 法人ETCカード経由でETCマイレージサービスに加入すると、手続きが必要ない分経費が発生します。 経費が発生する理由は マイレージポイント全額還元・立替保証・マイレージ登録などを代行してもらうことにあります。 経費は、 毎月の走行金額の8%です。 クレジットカードで登録すると発生しない8%もの経費がかかってしまうため、実質のポイント還元率はとても低くなってしまいます。 申込必要書類が多い 法人ETCカードを申し込む際、提出すべき書類が何種類かあります。 クレジットカードの申し込みに比べて必要な書類が多いです。 法人ETCカードの申し込みの際に必要な書類は下記のようなものがあります。 商業登記簿謄本または所得税確定申告書写しなどの公的書類• 車検証(写し)• 申請車両のETC車載器セットアップ証明書(写し)• 代表者の運転免許証もしくは健康保険証の両面コピー 申し込みの際提出するべき書類が多いので、不足しないよう揃えておきましょう。 利用料金は月末締め翌々月払い 法人ETCカードの料金は、口座振替での支払いです。 月末締めで翌月20日頃に請求書が発送され、翌々月8日に口座振替されます。 支払いのタイミングはクレジットカードと大差ありません。 毎月請求書が届くので、振替日に入金を忘れないようにしましょう。 この章では、法人ETCカードの概要を紹介してきました。 次の章では、法人ETCカードのメリットを紹介します。 法人ETCカードのメリット 法人ETCカードには、クレジットカードにはないメリットが。 この章では、 法人ETCカードのメリットを紹介していきます。 審査難易度 詳しく見ていきましょう。 審査に通過しやすい クレジットカードは、クレジットカードではありません。 審査はあるものの買い物では使われないことから、クレジットカードに比べて通過しやすいです。 いくら頻繁に使ったとしても、クレジットカードほど高額な支払いには使われないため、厳しい審査は必要ありません。 信用情報組合に照会を行わないことから審査はそう厳しくなく、誰でもが持ちやすい点は大きなメリットです。 この章では、法人ETCカードのメリットを紹介してきました。 次の章では、 法人ETCカードのデメリットを紹介していきます。 法人ETCカードの4つのデメリット 法人ETCカードにはいくつか気をつけておくべきデメリットも。 この章では、 法人ETCカードのデメリットを紹介していきます。 必要経費が高額• ETCマイレージサービスの恩恵が少ない• 必要書類• ポイントがつかない 詳しく見ていきましょう。 必要経費が高額 法人ETCカードは、高額な経費が発生します。 加入時だけでなく、 毎年の手数料や毎月の手数料も発生し、費用負担が大きいです。 ETCマイレージサービスで一部還元されるものの、クレジットカードより費用負担が大きくなってしまいます。 少しでも経費を抑えたい経営者にとって、経費が高額なのは残念な点です。 ETCマイレージサービスの恩恵が少ない 法人ETCカードに加入すると、ETCマイレージサービスに自動加入されます。 ETCマイレージサービスは高速道路料金の最大10%相当のポイントがつくサービスです。 しかし、法人ETCカードでは高速道路料金の8%分は手数料として徴収されてしまうため、 手元に残るのは実質2%相当分だけとなってしまいます。 手数料が徴収されないクレジットカードと比べて、ETCマイレージサービスでの 実質的な恩恵が少なくなってしまう点は法人ETCカードのデメリットです。 必要書類が多い 法人ETCカードを申し込む際、必要な書類がいくつかあります。 ETCカードへの申し込みとETCマイレージサービスへの申し込みを兼ねているため、両方の手続きに必要な書類を同時に提出しなければならないことが理由です。 法人ETCカードの中には税務署類が必要ないカードもあり、それらと比べると手続きは煩雑になってしまいます。 申し込みの際にたくさんの書類を提出せねばならない点は、少し面倒です。 クレジットカードのようなポイントがつかない クレジットカードの付帯カードとしてのETCカードは、カードの利用額に応じてポイントがたまります。 たまったポイントは、支払いへの充当や商品への交換に利用可能です。 法人ETCカードには、 ETCマイレージサービス以外にポイントはつきません。 クレジットカードのポイントとETCマイレージサービスのポイントを同時にためられるクレジットカードの付帯カードと比べると、 メリットが少ないです。 この章では、法人ETCカードのデメリットを紹介してきました。 次の章では、クレジット機能なしの法人ETCカードを検討中の人におすすめの法人カードを紹介していきます。 クレジット機能なしの法人ETCカードを検討中の人におすすめの法人カード3枚 法人カードの付帯カードとしてETCカードを発行する方が、必要書類も少なくポイントもつきやすいので法人ETCカードに比べるとおすすめです。 この章では、 クレジット機能なしの法人ETCカードを検討中の人におすすめの法人カードを3枚紹介していきます。 アメリカン・エキスプレス・ビジネス・ゴールド・カード• 三井住友ビジネスカード for Owners(ゴールド)• オリコEX Gold for Biz S 詳しく見ていきましょう。 アメリカン・エキスプレス・ビジネス・ゴールド・カード アメリカン・エキスプレス・ビジネス・ゴールド・カードは、アメリカン・エキスプレスの発行している法人ゴールドカードです。 他社のプラチナカードクラスのサービスが付帯しています。 アメリカン・エキスプレス・ビジネス・ゴールド・カードの概要は下記の通りです。 年会費 31,000円(税別) 追加カード年会費 12,000円(税別) ETCカード 500円(税別)/枚 発行可能枚数本会員5枚まで、追加カード会員1枚まで ポイント 末の請求100円ごとに1ポイント 月主な付帯サービス• 一律の利用限度枠なし• 空港ラウンジ同伴者1名無料• 福利厚生プログラム「クラブオフ」VIP会員年間登録料無料• クラウド会計ソフトfreeeへのデータ連携• キャンセル・プロテクション• ビジネス・カード会員限定イベント ビジネスだけでなく旅行や出張、エンタテイメント系の付帯サービスも充実しています。 ポイントを効率的にためながら、充実の付帯サービスをビジネスに役立てたい人にぴったりです。 三井住友ビジネスカード for Owners(ゴールド) 三井住友ビジネスカード for Owners(ゴールド)は、三井住友カードが発行している法人ゴールドカードです。 申し込みに謄本や決算書は必要なく、比較的手続きが簡単にできます。 三井住友ビジネスカード for Owners(ゴールド)の概要は下記の通りです。 空港ラウンジ無料• 海外・国内旅行傷害保険• ビジネスサポートサービス• 福利厚生代行サービス優待• キャッシング対応 ETCカードを実質無料で発行できるので、費用を気にせず使えます。 ETCカードを無料で持てるゴールドカードが欲しい人におすすめです。 オリコEX Gold for Biz S オリコEX Gold for Biz Sは、個人事業主が対象の法人ゴールドカードです。 ゴールドカードとしては年会費が低く抑えられていますが、付帯サービスも充実しています。 オリコEX Gold for Biz Sの概要は下記の通りです。 クラウド会計ソフトfreee優待• ビジネス関連の付帯サービス• 空港ラウンジ無料• 国内外旅行傷害保険• 福利厚生サービス「ベネフィット・ステーション」優待• 融資金利優遇制度 一般カードと同程度の年会費で空港ラウンジも使えるなど、充実のサービスが魅力です。 年会費を抑えて法人ゴールドカードを持ちたい人におすすめです。 この章では、クレジット機能なしの法人ETCカードを検討中の人におすすめの法人カードを紹介してきました。 法人カード選びの参考にしてください。 迷ったらコレ! 年会費が無料• 高還元率だから ポイントが貯まる• 審査も早い! スピード発行• 車によく乗るなら ETC機能付き• 旅行や海外出張で マイルが貯まる• カード支払が多い人には 利用限度額が高い カードの種類• 指定なし• 一般カード• ステータスカード 年会費• 指定なし• 初回無料• 永年無料 国際ブランド• ポイント還元率• 指定なし• キャッシュバック• ANAマイレージ• JALマイレージ• 楽天ポイント• Amazon券• Tポイント 対応電子マネー• 指定なし• 発行スピード• 指定なし• 最短翌営業日• 3営業日以内• 1週間以内• 2週間以内 利用限度額 付帯保険• 国内旅行保険• 海外旅行保険• 盗難保険• ナビナビクレジットカードでは、情報の正確性・客観性・信憑性を担保するために厳正な品質チェックを行っておりますが、 掲載事業者が提供するサービスや国家が定める法律、規約の変更により、当サイト掲載時の情報と一時的に相違が出る可能性がございます。 万が一、提供している情報に誤りがある場合は、大変お手数ですが「」よりお知らせください。 内容を確認し、厳正な調査を行ったうえで、速やかに訂正いたします。 提携事業者のサービスへのお申込みにあたっては、提携事業者のサイトやパンフレット等で「会員規約・特約および規程類」「個人情報の取り扱いに関する重要事項」「利用規約」等を事前に必ずご確認下さい。 当サイトで判断できない情報に関しては、大変お手数ですが各提携事業者に直接お問い合わせ下さい。 また、提携事業者の各サービス内容及びキャンペーン等に関するご質問はお受けでき兼ねますので「」 から対象クレジットカードの詳細情報をご確認いただき、それでもご不明点が解消されない場合は、各事業者の公式サイトにてお問い合わせください。 ブラウザ・OS等のご利用環境や情報の暗号化(SSL)については、「」をご確認ください。 なお、「当サイトの掲載情報の取り扱いと正確性について」に定めがない事項は当社が定める「」 が適用されるものとします。

次の