債務整理 一宮市。 半田市で債務整理ができる弁護士・司法書士17件|無料相談

愛知県で債務整理&借金返済を扱う弁護士・司法書士86件の一覧

債務整理 一宮市

(1)任意整理 任意整理は、弁護士が、金融業者などの貸主に対して、直接、金利の減免や債務の長期の分割払い等の交渉をする手続です。 裁判所は関与しません。 (2)自己破産手続 裁判所に申立をして、最終的に借金の返済を免除してもらう方法を自己破産といいます。 (3)個人再生 民事再生手続とは、債務者を破産させることなく、経済的再生を図ることを目的とした手続です。 裁判所を通じて債務の総額を減らし、残額を分割返済していくことになります。 個人再生手続の場合は住宅ローン特則を利用して、住宅を残しながら債務整理できる 制度があり、この制度の大きなメリットとなってます。 (4)特定調停 特定調停とは、債務の弁済ができなくなるおそれのある債務者の経済的更正を図るめたの調停手続です。 裁判所の指定する調停委員のもとで、債権者と債務者が話合いをし、債務の削減、分割払い等について合意ができれば、調書に記載されます。 (5)過払金の返還請求 平成22年より前の貸金業者からの借入れには、20%を越える利息がついていたことが多くありました。 この場合借り手は、利息制限法所定の年15~20%を超えた利息を支払続けていたことになります。 この払い過ぎた部分の利息については、返済の都度、残っていた借入金から差し引かれ、借入金の金額は減っていきます。 そして、利息を何年も払い続けて、払い過ぎの利息分を差し引く借入金もなくなってしまった場合には、払い過ぎた金額を貸金業者に返してもらうことができます。 この請求のことを過払金返還請求といいます。 取引内容によっても異なりますが返済期間がおおむね7年以上の場合、過払いの可能性が大きくなります。 ご相談下さい。 特定調停を行う場合には、追加報酬につきご相談させて頂きます。 【参考】.

次の

尾張一宮駅で債務整理(任意整理・個人再生・自己破産)の無料相談は【名古屋】債務整理相談室へ

債務整理 一宮市

一宮で弁護士が21名見つかりました。 相談者は「前の質問でも書きましたが、弁護士さんの対応に不安を感じています。 」「しかし私も不安、恐怖、絶望感で心身ともに限界になり弁護士に相談しようと思っています。 」といった問題をもっております。 弁護士ドットコムでは電話相談を無料で面談してくれる一宮の弁護士や弁護士費用を分割払いで受付してくれる弁護士など、さまざまなニーズ別で弁護士を比較することができます。 例えば「口コミの評価が高い弁護士の選び方はだいたい調べたけれど、一宮周辺の法律事務所の弁護士を実績で検討したい」などの依頼にも応じることができます。 弁護士の中には「今後も、これまでの経験を生かし、交通事故案件や医療過誤案件を中心に、日々の業務に取り組んでゆく所存です。 」とおっしゃる方もおります。 男性・女性などの性別や報酬基準などの条件を考慮して、希望に適した弁護士に電話またはメールをしてみてください。 公認会計士• 医師・薬剤師 医師または薬剤師のどちらかの資格を保有している弁護士です。 不動産鑑定士・宅建 不動産鑑定士または宅地建物取引主任者のどちらかの資格を保有している弁護士です。 一級・二級建築士 一級または二級建築士のどちらかの資格を保有している弁護士です。 IT国家資格 IT国家資格に該当するのは以下の資格です。 基本情報技術者• 応用情報技術者• ITストラテジスト• システムアーキテクト• プロジェクトマネージャ• ネットワークスペシャリスト• データベーススペシャリスト• エンベデッドシステムスペシャリスト• 情報セキュリティスペシャリスト• ITサービスマネージャ• システム監査技術者• 海外法曹資格• 中小企業診断士• 一級FP・CFP 一級ファイナンシャルプランナー(FP)技能士またはCFPのどちらかの資格を保有している弁護士です。

次の

愛知県で債務整理&借金返済を扱う弁護士・司法書士86件の一覧

債務整理 一宮市

津島市の法律相談スペースを撮影したものです。 依頼者様から丁寧に聞き取りを行い、ご納得頂けるよう分かりやすい説明を心掛けております。 また、何でも相談できる雰囲気を作るよう取り組むとともに、依頼者様のご負担を少しでも軽減するため、名古屋事務所(地下鉄丸の内駅から徒歩3分)、一宮市事務所(尾張一宮駅より徒歩5分)のほか、でも法律相談スペースを設けています。 お好きな場所を選択して法律相談ができますので、まずはお気軽にご相談ください。 【書籍出版】 「空き家・空き地をめぐる法律実務」(共著) 【事務所公式ホームページ】 【経験と実績】 税理士、司法書士、行政書士、不動産業者などと連携し、スピーディかつワンストップで対応が可能です。 他の弁護士と協力して遺産相続に関する事件を担当することも可能です。 遺産相続に関する問題は多種多様であり、ご相談者様ごとに事案が異なるため、専門家の立場から事案を分析し、最善の方法を提案することができます。 遺産相続に関する事件を多数経験してきましたので、事案のポイントを把握し、的確なアドバイスをすることができます。 【費用と特徴】 初回相談(30分間)は無料です。 着手金・報酬金は日本弁護士連合会が適切として定めた料金を基準に、ご依頼者の経済状況に合わせて相談に応じております。 着手金の分割払いや後払いに応じることが可能です。 【重点取扱案件】 遺産分割、遺産分割協議書、遺言書作成、遺言執行、遺留分減殺請求、相続放棄など 【よくあるご相談】 ・兄弟姉妹が、亡くなった父親の遺産を管理しているが、何も教えてくれず全く信用できない。 ・父母が亡くなる直前に他の兄弟姉妹が父母の預貯金を勝手に引き出していたが、どうすれば良いか。 ・遺産分割協議をどのように進めて行けばよいか分からない。 ・遺産分割の対象財産の把握ができない。 ・特別受益や寄与分を遺産分割協議で主張するにはどうしたら良いか。 ・長男が遺産である不動産を管理し、毎月賃料を得ているようだが、私たちは何か言えるか。 ・内縁の配偶者であるが、相続はどうなるのか。 ・遺言書を残したいが、どのように書いたら良いかわからない。 遺言の実現を誰に託せば良いか。 ・遺産すべてを他の兄弟姉妹に相続させる旨の遺言書があるが、私だけ全く遺産を貰えないのはおかしい。 ・父が亡くなって3か月以上経過してから借金があることが判明したが、相続放棄ができるか。 ・亡くなった夫に子どもがいることが発覚したが、どのように相続を行えば良いか。 【サポート体制】 依頼者様のご負担を少しでも軽減するため、名古屋事務所(地下鉄丸の内駅から徒歩3分)、一宮市事務所(尾張一宮駅より徒歩5分)のほか、でも法律相談スペースを設けています。 ご年配の方のために、過疎地や遠隔地への出張相談も対応可能です(ただし出張相談の場合は初回であっても出張料及び相談料を頂きます)。 ご相談者様にとって最善の方法が見つかるよう、丁寧な事実聴取を心掛けています。 遺産相続といった家事事件はプライバシー性が高い事件であるため、気兼ねなく相談できるよう個室での面談を実施しています。 【経験と実績】 過払金返還請求事件をはじめ、債務整理を多数経験してきましたので、スピーディな事件処理が可能です。 弁護士登録後、継続的に借金問題に携わってきましたので、事案毎のポイントを把握しています。 相談者様にとっての最善の選択肢を専門家の立場から分析し、分かりやすく説明をさせて頂きます。 【費用と特徴】 初回相談(30分間)は無料です。 着手金・報酬金は日本弁護士連合会が適切として定めた料金を基準に、ご依頼者の経済状況に合わせて相談に応じております。 報酬を支払う金銭的余裕がない方は、民事法律扶助制度(法テラス)を利用できます。 【重点取扱案件】 任意整理、特定調停、自己破産申立て、個人再生申立て、過払金返還請求など 【よくあるご相談】 ・生活費や遊興費を調達する目的でサラ金、親族、友人などから借入れをしてしまい、いつの間にか借りては返すという自転車操業状態に陥ってしまった。 ・解雇や病気によって収入が減少し、ローンの支払が困難になってしまった。 ・借金の返済で住宅ローンの返済ができないが、なんとか自宅を残したい。 ・闇金から借入れをしてしまい、執拗な取立てに悩まされている。 ・事業が上手くいかず多額の負債を背負ってしまった。 ・連帯保証した友人・親族が支払いをしないため、保証債務を負わされた。 ・サラ金から借り入れを続けているが、利息が高く借金が減らない状態だ。 過払金の回収ができるか知りたい。 過払金がいくらになるか知りたい。 【サポート体制】 依頼者様のご負担を少しでも軽減するため、名古屋事務所(地下鉄丸の内駅から徒歩3分)、一宮市事務所(尾張一宮駅より徒歩5分)のほか、でも法律相談スペースを設けています。 ご相談者様にとって最善の方法が見つかるよう、丁寧な事実聴取を心掛けています。 借金の問題を気兼ねなく相談できるよう個室での面談を実施しています。 【経験と実績】 離婚事件・男女トラブルに伴う事件を多数経験してきましたので、今後の見通しはもちろん、事案毎のポイントを把握し、迅速かつ円滑な事件処理が可能です。 離婚事件、男女トラブルに伴う問題は、ご相談者様によって事案が異なるため、専門家の立場から事案を分析し、最善の選択肢を考え、分かりやすく説明させて頂きます。 【費用と特徴】 初回相談(30分間)は無料です。 着手金・報酬金は日本弁護士連合会が適切として定めた料金を基準に、ご依頼者の経済状況に合わせて相談に応じております。 報酬を支払う金銭的余裕がない方は、民事法律扶助制度(法テラス)を利用できます。 【重点取扱案件】 慰謝料請求、財産分与、養育費請求・婚姻費用請求、親権問題・子の引渡し・認知、面会交流など 【よくあるご相談】 ・別居中の夫から生活費がもらえないので養育費または婚姻費用を請求したい。 ・夫又は妻が浮気をしているので慰謝料を請求したい。 ・パートナーからDV、モラハラ、ストーカーの被害を受けているので別れたい。 ・出産した子をパートナーが認知してくれませんが、どうしたら良いでしょうか。 ・夫又は妻が子供を連れて一方的に別居してしまい、子どもに会うことができませんが、どうしたら良いでしょうか。 ・婚約を一方的に破棄されてしまいました。 ・夫又は妻と財産分与について話し合っていますが合意できません。 どうしたら良いですか。 ・子どもの親権を取るにはどうしたら良いでしょうか。 ・子どもを実家に連れ帰ってしまった夫又は妻から子ども取り返したい。 ・今すぐ離婚をするわけではないですが、将来的に離婚を考えています。 どうしたら良いでしょうか。 【サポート体制】 依頼者様のご負担を少しでも軽減するため、名古屋事務所(地下鉄丸の内駅から徒歩3分)、一宮市事務所(尾張一宮駅より徒歩5分)のほか、でも法律相談スペースを設けています。 ご相談者様にとって最善の方法が見つかるよう、丁寧な事実聴取を心掛けています。 離婚・男女問題はプライバシー性が高い事件であるため、気兼ねなく相談できるよう個室での面談を実施しています。

次の