シロカ ホームベーカリー レシピ。 一家に一台!sirocaホームベーカリー(SHB

ホームベーカリー シロカとパナソニックを比較

シロカ ホームベーカリー レシピ

テニスプレーヤーの「ノバク・ジョコビッチ」さんの本にはまり、グルテンフリーの食事にしてから約5ヶ月が過ぎました。 ジョコビッチさんは2016年間最終2位でシーズンを終えました。 すばらしい成績ですね。 グルテンフリーの食事で体調を整えている結果なのでしょうか! スポンサードリンク 以前、 そして私たち夫婦は市販のパンを食べなくなりました。 スパゲティも家でグルテンフリーの麺で食べるようになりましたよ。 でもたまには外食も楽しむようにはしてますが(笑) 主人の鼻づまりや睡眠時の無呼吸などは軽減されているように思います。 グルテンフリーのパンを自宅で焼き始めて5ヶ月。 いろいろな味のパンが焼けるようになってきましたが、今回ホームベーカリー(パン焼き機)を新しくしました。 今まで使っていたのは「 パナソニックSD-BMS102」1斤用です。 パンケースがホームベーカリーにはまりにくくなってきたので買い替えです。 今回の買い替えで考えたいのは重さと音です。 私はホームベーカリーを棚に収納しています。 焼く時にそれを出して来て使うので、毎回、重い~と思いながら運んでいました。 後、音ですね!ピーピー、バタンバタン、結構うるさいです。 朝に焼き上がるように7時にタイマーをしても、5時くらいに、うるさくて目がさめてしまいます。 朝に焼きたてのパンを食べることは残念していました。 いろいろ探してお値段のことも考えて見つけたので紹介します。 「」というメーカーのモノです。 私は知らなかったのですが、家電メーカーさんです。 「ていねいに うつくしく こだわって」とコンセプトにモノづくりをされているようです。 キッチン用家電を多く製造されています。 シロカ ホームベーカリー ~2斤 ホワイト SHB-712 11,342円(amazon)を購入 容量が2斤まで焼く事ができます。 たくさん焼いて冷凍しておくと便利ですね。 (でもグルテンフリーのパンは1. 5斤までみたいです。 ) それに、この機種は調理機能がたくさんあります。 29種類のメニューがあります。 私はまだ米粉パンしか焼いていませんが、これからいろいろ挑戦してみたいと思います。 と言いながら全メニューをつくるのは無理だと思いますが(笑) お餅ができるのは嬉しいですね。 下の写真は付属品です。 ヨーグルトをつくる容器とか計量カップなど付いてきます。 ホームベーカリーのほうは、予約タイマー(最大13時間)が付いていて朝に焼きたてを食べることができます。 気になる音のほうですが、マナーモードが付いていて、ピ-ピ-などの音は鳴らなくできます。 でも生地をこねるブオンブオンという感じの音は最初のころにします。 小さな音でも目が覚めてしまうという方には辛いかもしれません。 私はこねる音くらいは大丈夫でしたよ。 目覚まし時計がなるまでグッスリです(笑) 蓋のところに「のぞき窓」がついています。 ホームベーカリーの中のパンケースを見る事ができるようになっているのですが、暗くて見えません。 これはデザインと考えるほうがよさそうです。 中が気になる時は、蓋を一瞬、開けてみています。 これは中の温度が下がるので、あまりしないほうがいいかもしれませんが(笑) パンケースでパンを焼くとき、焼き色は「うすい」「ふつう」「こい」と好みに合わせて選択できます。 パンの耳の固さも「ふんわり」「しっとり」と選べます。 私は「ふつう」「しっとり」が好みです(笑) パナソニックの米粉パンとの比較は、シロカのこちらのほうがやわらかくふんわり焼き上がります。 パナソニックSD-BMS102で焼いた米粉パンも美味しかったですが、生地がギュッと詰まっている感じでモチッとしていました。 シロカ ホームベーカリーのほうがふんわりとして小麦のパンに少し近いように焼き上がっていると思います。 下のパンは「シロカ ホームベーカリー ~2斤 ホワイト SHB-712」で焼いた米粉パンです。 シナモンとレーズンを入れています。 美味しく焼けました! 下の写真はパンの底部です。 こねるための羽があるので、真ん中に穴と羽のあとがあります。 パンケースから取り出す時もスルッと簡単に取り出せます。 羽がパンと一緒に取れてでてくるということはありません。 下の写真は、ベーコンとチーズ、コショウ多めで焼きました。 15kg パナソニック SD-BMS102(1斤用) 本体サイズ:24. 4(奥行)mm 重量は6. 1kg サイズはシロカのほうが幅、奥行きが大きいですね。 1斤用と2斤用の大きさを比べるのが間違いかな!でも重量が約2kg軽くなっています!これは嬉しいです。 持ち運びするときに助かります。 下の写真は上から見た比較写真です。 左がシロカで右がパナソニックです。 私が使っていたパナソニック SD-BMS102の機種は生産終了になっています。 2cm 本体重量:6. 9kg 私は米粉パンが焼きたかったので、値段が半額以下でその機能があるシロカを選びました。 私は「」をamazonの定期便で1ヶ月に1個(2袋セット)を購入しています。 美味しく焼けているのでシロカのホームベーカリーを買って良かったです。 ホームベーカリーの購入で迷っている方の参考にしていただければと思います。

次の

シロカのHBでおいしく作るコツを教えてください

シロカ ホームベーカリー レシピ

というわけで、今回の挑戦は…ホームベーカリーで朝昼晩の3食を作る!こと。 実は私、随分と前にホームベーカリー(割と高級なもの)を買ったことはあるのですが、すぐに飽きてしまって使わなくなり、果ては実家の母に譲ることになったという経験があります…。 でもでも、最近のホームベーカリーってスゴく進化していて、 パンだけじゃなく色々なお料理が作れるんですね!先日、「これは!」と思ったホームベーカリー「SHB-712」をこのたび我が家に迎えることになったんです。 我が家の新入り、sirocaのホームベーカリー「SHB-712」 「SHB-712」とその付属品。 かなり充実したレシピ集とシンプルなミトンがついてくるのがうれしいです。 対応メニュー数は全29種類! 付属のレシピ集をぱらぱら…パン以外にも麺類や乳製品、お菓子も簡単に作れるようです。 ふむふむ、これなら三食なんとかなりそう。 焼き色は「ふつう」(「うすい・ふつう・こい」の3つから選択可能)を選んで完成まで4時間ですが、家族が起きるちょっと前に焼き上がるようにタイマー設定をしておきました。 ふわふわの焼きたてパンを起きてすぐに食べられるのはやっぱり至福ですね〜!夫と子供たちにも大評判で、あっという間に完売です。 今回はsirocaオリジナルの「贅沢食パンミックス」を使用しました。 ドライイーストもセットになっていて計量がいらないので超お手軽。 炊飯器に朝のお米をセットしておくのとほとんど変わらない手間ですが、お味の方は本格的でしたよ。 パンに添えたジャムも前日にホームベーカリーで作っておいたもの。 細かく刻んだパイナップルとお砂糖、レモン汁をホームベーカリーに入れて、ジャムコースにお任せ。 お鍋でグツグツ煮込む手間もなく、1時間ほどで自家製ジャムの出来上がりです。 昼食メニュー:簡単で楽しい!風味豊かな打ち立て蕎麦 はい、昼食はざる蕎麦です!ちょっと麺が太く短くなってしまって素人感が溢れておりますが、これもかなり美味しかったです。 以前に蕎麦の手打ち体験したことがありとっても大変だった思い出があるのですが、 ホームベーカリーを使うと思いのほか簡単だしすぐにできるんだという新発見! 材料はそば粉と強力粉、お水。 ホームベーカリーのそば生地コースに仕掛けてわずか5分! ホームベーカリーから取り出した生地を麺棒で薄くのばしたら、好みの太さに切って茹でるだけ。 仕上がりの見た目は100点とはいかなかったものの、「なんだお蕎麦って余裕じゃん!」という感じです。 子供と一緒に作っても楽しそう。 夕食メニュー:家族みんな大好きパスタ作りに挑戦 生パスタって美味しいですよね。 sirocaホームベーカリーでもちゃんと作れます。 じゃじゃん。 ちょっと太め…?でもモッチモチで美味し〜!これも家族に大評判でした。 材料や計量はこれが一番多いですね。 強力粉に薄力粉、卵、オリーブオイル、水、塩です。 ホームベーカリーのうどん・パスタ生地コースでの調理時間は20分。 生地は冷蔵庫で1時間ほど寝かせてから使うので、食事の時間から逆算しての準備が必要です。 昼食のお蕎麦に比べて、パスタの生地はもちもちでくっつきやすいので均一に切るのがなかなか難しい。 なんとも不揃いな麺ができましたが、こういうのも手作りの面白さですね。 余った生地は冷蔵で2〜3日、冷凍で約1ヶ月保存OKです。 (おまけ)おやつ:ホームベーカリー大活用のパインケーキ 本日ラストの4回転目〜!夕食後にも必ずある「お腹すいたー!なんか食べたい!」という子供たちの声に備えて、できる母はケーキも焼いておいたのです。 材料を入れてあとは焼き上がりまで2時間ほど、ホームベーカリーにお任せ。 生地には朝食にも登場した自家製パインジャムを練りこみ、これまた前日にホームベーカリーで作っておいた甘めのフレッシュチーズを添えれば立派なスイーツです。 チーズやバター、ヨーグルトといった乳製品の調理は以前に持っていたホームベーカリーにはなかったメニューなのですごくうれしい! お腹いっぱい、大満足のホームベーカリーデイを終えて ホームベーカリーを一日中フル活用してみて、使い勝手に関する不満は特になし。 内釜 パンケース や羽根へのこびりつきもなく、洗うのは手間取らなかったです。 メニュー部もシンプルでわかりやすいので、操作にも迷いません。 サイズ感については別メーカーの製品と比べて特に大きいとも小さいとも感じませんでしたが、どうやら以前に持っていたものよりも高さがちょっと低かったようで置きたくても置けなかった場所にすっぽりとおさまってくれたのはラッキーでした。 我が家は気にならなかったですが、キッチンと寝室が近いお宅だと明け方の調理音についてはちょっぴり気になるのかも? さすがに連日毎食ホームベーカリーで!とはいかないですが、SHB-712は対応メニューが幅広いので思っていたよりも気軽に活用していけそうです。 本体価格もかなりお手頃なので、コスパは文句なしですね。 お次は生キャラメルに挑戦してみよーっと! 今回使用した商品:siroca(シロカ)ホームベーカリー「SHB-712」 最大2斤の食パンから、パン・ピザ・うどん・パスタ生地、もち、ケーキ、ジャム、ヨーグルトまで、29メニューをおうちで簡単に楽しめます。 15kg(パンケースを含む) ・実勢小売価格:14,800円(税別).

次の

家電のプロが人気のホームベーカリー4機種を比較テスト!あなたに合うのはどれ?

シロカ ホームベーカリー レシピ

『こねる』『発酵』の独立機能を使って一次発酵。 ここまではホームベーカリーにおまかせしています。 終わったらパンケースから生地を取り出して成形。 あとはオーブンで焼けばOKです。 イーストの自動投入はないので、私はいつも最初からいれてます。 材料が安くても美味しいパンが焼ける ベーカリーショップをめぐるのが大好き。 美味しそうなパンを発見したら買わずにはいられません。 お気に入りのベーカリーショップで新作のパンがでる度に買っては味見しています。 美味しかったら試しに家で作ってみるのが好きです。 材料は普通のスーパーで売ってる安いもので十分。 焼きたては格別だし、冷めてもそれなりに美味しく食べれます。 でも、やっぱり 専用の材料で作ったほうが食感や香りが違うのは確か。 だけど、特にこれといった材料のこだわりがない私は、いつも安いものを買って適当に使って作っています。 あ、 イーストだけは専用のものを使っています。 何も入れない場合は、そのままほうっておいても大丈夫にゃ。 猫太 焼き色がつきにくい ホームベーカリーの蓋に窓があって、 そこから 内部の工程が見れます。 その様子が面白いのか、しょっちゅう息子が窓から覗きこんでは喜んでいます。 でも、この窓のせいなのかどうかはわかりませんが、 食パンのてっぺんにあまり焼き色がつかないんですよね。 焼き色は「うすい」「ふつう」「こい」から選択できます。 「こい」を選んでるんだけど、一斤だから焼き色がつきにくいのかな? 二斤で作るほうが高さがあるぶん焼き色がつきやすいとか? 焼き色はさておき『食パン』と『早焼きパン』で作った食パンは、当然のことながら出来あがり具合に差がありました。 【食パン】• 所要時間は約2時間53分。 高さのない丸みがあるカンパーニュみたいで、ふんわり感はなくコロンとしています• 香ばしく焼き上がるので、トーストにしてバターやジャムを塗ったりホットサンドにして食べると美味しい。 どちらのメニューにするかはその日の予定や気分で選んでますが、一応、私の中で食べ分けてます。 全粒粉やライ麦粉入りの食パンをよく焼きますが 、専用のメニューボタンを使ったことがありません。 私としては『食パン』と『早焼きパン』の機能で美味しい食パンが作れるので大満足しています。 食パンを取り出すコツ 焼き上がったパンは パンケースを斜めにして上下に軽く振るとスポンと出てきます。 パン羽根がパンにめりこんだまま焼き上がることもありますが、めりこまないこともあります。 なんにせよ 故障じゃないので安心してくださいね。 パンの内部にめりこんでるパン羽根は、付属している羽取り棒などを使って取り出せばOK。 パンケースについてるハンドルはちゃんと倒しておいてくださいね。 じゃないと、 取り出す時にパンの頭がつぶれてしまいますよ。 大きな操作音 『シロカのホームベーカリー SHB612』には、 電源ボタンというものが存在しません。 コードをコンセントに差し込んだら『ピー』という大きな音がなります。 これで電源はOK。 メニューを選択してスタートボタンを押すと『ピー』という大きな音とともにホームベーカリーが動き始めます。 どのメニューも工程が終わったら『ピーピーピー』という大きな音で終了を知らせてくれます。 操作音はどれも同じ『ピー』という大きな音。 何度もしつこいくらい「大きな音」を連呼してますが、本当に音が大きい(笑)。 音量を調整する機能はついてないんですよね。 でも マナーモード機能ならありますよ。 欠点は工程が終わっても音がならないこと。 他の用事をしているとうっかり忘れてしまうこともたまにあります。 食パンを焼いているのを忘れて、慌てて取り出したときには 水蒸気でパンがビチャビチャになっていたなんてことも(笑)。 これはマナーモードが原因じゃなくて自分のせいですが、要注意です。 ホームベーカリーは買って正解!! 我が家のホームベーカリーはまだまだ現役。 これを購入してから、パンを焼く頻度が前よりもうんと増えました。 年間で食パン100回・成形パン50回くらいは焼き続けていますが壊れずに頑張ってくれています。 一日に二回、使うこともあります。 一回目はパン生地を作って成形してる間に、二回目は食パンを作るみたいな。 その日はフルに働かされてるので、ホームベーカリーもオーブンも休む暇がありませんね。 バターをオリーブオイルに変えたり、 砂糖を黒砂糖にしてみたり、 強力粉を全粒粉にするなど、アレンジはいろいろ。 アレルギーでも安心 今は卵アレルギーや小麦アレルギーなど、いろんなアレルギーで悩んでる人が多いですよね。 そうなると市販のパンってなかなか食べられないと思います。 でも 手作りすればアレルギーをもっていても食べられるパンができます。 小麦粉をふすま粉や大豆粉に変えたり、卵を使用しなければ大丈夫。 私にも小麦アレルギーでパンが食べれない友達がいますが、 大豆粉とアーモンドプードルで作ったパンをプレゼントしたら喜んでもらえました。 私はまだ使ったことないんだけど、 『米粉パン(グルテンなし)』のメニューもあるので、使ってみるといいかも。 焼きたてパンが食べられる ベーカリーショップに劣らないといえば大げさかもしれませんが、 本当に焼きたてのパンは格別です!! 食パンでも成形パンでも作り出してから食べるのに時間かかりますが、 待ったかいがあったってくらい美味しいパンが焼き上がります。 「ママすごい!!」というこどもからの言葉と尊敬のまなざしを浴びて、私のパン作りにかけるエネルギーがチャージされます(笑)。 最近は 夜寝る前に材料をセットして、朝起きる頃に焼きあがるようにタイマーをかけるのが日課。 焼き立てパン最高!! 猫太 ホームベーカリーのここが不満!! いつも美味しいパン作りに協力してくれてる シロカのホームベーカリーSHB612。 コスパもいいし非常に使いやすいしで重宝してるんですよ。 あなたのいない生活なんて考えられないくらいです。 でも、 「ここがこうだったらもっと使いやすいのにな~」 ということがあったので、いくつか不満点をあげてみました。 パン羽根が埋まる パンケースの底に取り付けるパン羽根が食パンに埋まってしまう。 これは他のメーカーでもそうなのか、それともこのホームベーカリーだけなのかわかりませんが、これが不満なんです。 簡単にパン羽を引きぬくことはできるけど、 焼き上がったパンに穴があくのはイヤ~。 キレイに焼けた食パンならなおさらです。 食パンの内部にはパン羽根の深い凹みができていて、 パンをカットするとボロボロになることもあります。 成形パンなら生地を作って取り出した時にパン羽根がめりこんでてもダメージはないんですけどね。 選択ボタン 使いたいメニューを選ぶ時に、 同じボタンを何度も押し続けて選択するのはちょっと面倒かな。 私の使い方だったら押し続けたとしても8回くらいなんだけど、 たまーに間違えて多く押しちゃうことがあるんです。 そうなると全19メニューもあるから、 ずっと押し続けてひとまわりしなくちゃいけないんですよね。 なので、『もどる』メニューボタンがあったらより便利だなーと思いました。 あと操作音が大きいので、音量を調整できる機能があったらグー。 静音性に欠ける 動作音が結構大きいです。 朝、焼き立てのパンを食べたいがためにタイマーをセットすると、夜中もしくは明け方に叩き起こされます。 タイマーをセットするなら、 寝室から離れた場所で使うのがオススメ。 シロカの現行機種 『シロカのホームベーカリーSHB612』を購入してから早三年。 今、シロカからどんなホームベーカリーが出回っているのか、ちょっと見てみたいと思います。 新機種の詳しい記事はこちらにもあるのでチェックしてくださいね! おわりに 初心者さんには機能が多いホームベーカリーはオススメしません。 私はあまりメニューに関しての付加機能は必要ないと思っていますし、なんなら他社メーカーのイースト自動投入さえいらないんじゃないかと思っています。 そんなの、はじめからいれればいいじゃんみたいな(笑)。 初めはシンプルなもので十分だと思いますよ。 そういう意味を兼ねると、 シロカのホームベーカリーはコスパが良く使い方もシンプルなので、ホームベーカリーデビューにはオススメ。 私がシロカのホームベーカリーを使い続けているうえでの結論としては、 買って良かった!!です。 パンが好きで、食べるのが好きで、家族の笑顔が見たいなら、 買うべし!!です。 ホームベーカリーを使いこなして、パン生活を楽しんでくださいね。

次の