斬裂弾 アイスボーン。 【悲報】アイスボーン以前の楽しかったモンハンワールド、もう戻れない……: GOSSIP速報

強化パーツ弾速強化・弾丸重化の効果は何?検証・詳細まとめ MHWIBモンハンワールドアイスボーン

斬裂弾 アイスボーン

こんにちは。 今日はワールド時代で力を奮った斬裂弾の威力を調査しつつ、 検証を通して何故アイスボーンで前線から退いてしまったのか考えていくよ。 斬烈弾と言えばワールド最初期では威・・・え?先に結果を知りたい? 結果 おそらく 着弾部分:弾威力1 炸裂部分:弾威力6 切断属性 かつ1. 05倍 前書き 斬裂弾と言えばワールド最初期では威力が高い上にヒット数が多く、 他の多くの弾を突き放すほど猛威を奮っていた。 それはあるver. から威力低下、ヒット数減少、調合素材持ち込み数減少という調整が施されるほど。 それでも通常弾よりは威力があり、弾速も速く、散弾とは異なりある程度距離を取れ、貼り付き弾ゆえか鋼龍などが持つ防弾特性を無視し、弾でありながら炸裂部分は切断属性で計算されるといった特性から、ワールド時代全体において多くのガンナー達に用いられてきた。 ところがアイスボーンへアップデート、マスターランクへ進出後はめっきり見かけなくなったよね。 何故斬裂弾はマスター以降用いられなくなったのか、弾威力から見えてくるかもしれないとみて、検証を進めていこう。 検証方法 武器倍率100,200,250,260,270,280,290,300,315,340,350,400に調整したボウガンで、 トグエリアの柱 切断肉質80・弾肉質80 に斬裂弾を打ち込み、 そのダメージから弾威力を推定する。 検証結果 武器倍率 着弾部分 炸裂部分 100 1 5 200 2 10 250 2 13 260 2 13 270 2 14 280 2 14 290 2 15 300 2 15 315 3 16 340 3 17 350 3 18 400 3 20 着弾部分の弾威力は1とすると一致した。 しかし炸裂部分は全倍率で一致する弾威力は割り出せなかった。 おそらく他の要素が絡んでいると考えられる。 考えられる計算としては、 炸裂部分は弾威力6 切断 とした上で、さらに1. 05倍されている可能性があるということ。 この仮定ではどの倍率でも実与ダメージと一致した。 考察 アイスボーンに入ってから特に弾威力が弱体化したわけでもなく、 むしろ仮説通りなら1. となると、やはり弾強化スキルのレベル増加とカスタマイズパーツの枠増加、カスタマイズパーツの追加が関係しているだろう。 通常弾と貫通弾、散弾に存在している弾強化スキルにLv2が追加され、徹甲に関しても砲術5が追加されている。 ついでに言えば徹甲のLv2,3はアイスボーンで威力そのものに上方補正されたそう。 斬裂弾はというと、元々そんなスキルはないし新たに追加されたわけでもない。 スキル面で置いてかれてしまったのだ。 カスタマイズパーツの枠増加に関してはライトは1枠、ヘビィは2枠増えたおかげで、反動軽減やシールドなどを入れつつ距離強化パーツを入れ込んだり、より多く重ねられるようになった。 この点において斬裂弾はというと、そもそも距離強化は肝心の炸裂部分に乗らないので恩恵を受けられていない。 反動・リロードにおいて取り回しやすい構成にしやすくなった程度だろう。 カスタマイズパーツの追加にも言及すると、威力に1. 3倍もの補正をかける超適正距離を付与する特殊照準、弾速を遅くすることで貫通系弾丸のヒット数を向上させたりできる弾丸重化などが登場した。 やはりというか斬裂弾、炸裂部分に超適正距離補正は乗らないし、貫通するわけでもないので、せいぜい弾速強化で射程を伸ばす程度しかできないだろう。 と、いう感じで一気に他の弾に追い抜かれた斬裂弾であるが、 専用スキルやパーツを必要としない点においては、他の弾との併用する上で利点となる。 例えばそもそも使用自体するためにパーツ1枠消費する反撃竜弾運用には、スキル面で集中、特殊射撃強化など反撃竜弾向けスキルを多く積みつつ、クールタイムや攻撃待ちの時に斬裂弾で対応するといった利用法が考えられる。 ニッチな使い方だが。 今回は以上だよ。 chocoration.

次の

MHW ライトボウガンで打つ斬裂弾のダメージ計算をしてみる│ハトガジェ!

斬裂弾 アイスボーン

ベータの頃から猛威を振るっていたライトボウガン・ヘヴィボウガンの「斬裂弾」ですが、Ver. 05で下方修正されました。 以前と比べてどれだけ弱くなったのか。 色々あることないこと言われていますが、結論から言うとそこまで極端な弱体化はされていません。 そして斬裂弾以外の弾… 通常弾、貫通弾、属性弾(滅龍弾除く)は大幅に強化されています。 武器カテゴリー自体が弱体化してしまわないよう全体的に調整されているので、戦い方を変えれば問題ありません。 Ver. 05のアップデート内容から「弾の性能調整」の部分に焦点を絞って要点をまとめた上で、弱体化前後のダメージを比較します。 アップデートVer. 05全体の内容については以下の記事をご覧ください。 斬裂弾だけでなく、その他の弾の性能も調整された アップデートVer. 05では斬裂弾だけでなくその他一部の弾についても調整が入りました。 下方修正内容【ヘヴィボウガン・ライトボウガン】 下方修正項目は以下の2点• 斬裂弾の威力が弱体化• 斬裂弾の調合素材「ザンレツの実」所持数半減 調合素材である「ザンレツの実」の所持数も半分になりました。 これまでのように斬裂弾オンリーで戦おうと思ったら、弾が足りなくなり一度キャンプに戻らなければならない状況も出てきます。 上方修正内容【ヘヴィボウガン・ライトボウガン】 上方修正項目は以下の4点• 斬裂弾が他プレイヤーにヒットしたときのリアクションを緩和• 意外と発動時の判定が広く、マルチでは近接でプレイしていると吹っ飛ばされることがよくありました。 アップデート後はリアクションが「吹き飛ばし」から「尻もち」へ変更されています。 斬裂弾以外の弾が色々と強化された 通常弾、貫通弾、各種属性弾(滅龍弾以外)が大幅に強化されました。 スポンサーリンク 斬裂弾とその他の弾のアップデート前後を比較検証 ヘヴィボウガンによるダメージの比較です。 前提条件• 使用武器はテオ=フランマルス(攻撃力270)• 爪や護符はアイテムBOXに預ける• 武器以外の装備はすべて外す(スキルなし) この状態で、威力が調整された弾の アップデート前とアップデート後のダメージを比べた結果が以下の表です。 77倍 通常弾Lv1 9 14 1. 55倍 通常弾Lv2 22 29 1. 31倍 通常弾Lv3 35 46 1. 31倍 貫通弾Lv1 9 10 1. 11倍 貫通弾Lv2 9 10 1. 11倍 貫通弾Lv3 10 12 1. 2倍 属性弾 火炎弾 19 22 1. 15倍 斬裂弾はヒット数が一発減ったのが大きいですね。 とはいえ、意外とそこまで弱くはなっていない印象です。 アップデートによる調整項目が斬裂弾の下方修正だけで、その他の強化がなかったとしたら相変わらず斬裂弾ゲーの状況が続いていたかもしれません。 通常弾Lv3がかなり強い 通常弾の強化が今回の目玉といっても過言ではないと思います。 以前の斬裂弾と通常弾は一発あたり倍もダメージ差がありましたが、アップデート後は相当差が縮まりました。 これにより 適正距離では通常弾を撃つ方がDPSが上がるようになっています。 「通常弾・通常矢強化」や会心系のスキルと組み合わせると非常に強力です。 まぁ以前から通常弾Lv3はそこそこ強かったんですけどね。 (斬裂弾が強すぎた) 貫通弾も相対的に強くなり、ヒット数が稼げる相手ならかなり有効です。 スポンサーリンク まとめ Ver. 05以降の斬裂弾。 存在価値がなくなっただのダメージ半分程度だの産廃だのと一部では散々な言われようですが、実際はそこまで弱くなっていません。 アップデート後も斬裂弾オンリーで戦うことは十分可能です。 もちろん、これまでより時間はかかりますが…距離関係なく安定してダメージを与えられるメリットは健在ですし、なんだかんだで使い勝手は良いです。 マルチで味方へのフレンドリーファイアを気にせず使えるようになったのは嬉しい修正でした。 今後は状況に応じて弾を使い分けることが重要になります。 通常弾主体でも、うまく運用すれば以前よりも討伐時間を短縮させることも可能です。 基本は通常弾や貫通弾を使用し、尻尾切断では斬裂弾を使う…といった本来の在り方、これまでのガンナーのスタイルに戻っただけのような気もします。 倍率が変わっただけなので、火力をあげても差はほぼ同じです。 爪と護符もポーチにいれておきます。 この状態で斬裂弾のアップデート前後のダメージを比較すると以下のようになります。 756倍となります。 斬裂弾以外の上方修正された弾も、倍率が変わっただけなので同様の結果になります。 斬裂弾がかなり弱くなったと感じられる背景には、部位破壊がし辛くなったこと、結果的に怯みにくくなったことなども挙げられるかと思います。 当然これにより討伐時間は数値上のダメージ計算結果以上に伸びることになります。 本記事の趣旨は「斬裂弾は他の弾と比べて(倍率および最終的なダメージは)特別極端に弱くなったということはないが、目的に応じて使い分けることが重要になった」ということです。 ライトを使ってますが斬裂を撃つ事はなくなりました…。 通常弾強化や貫通弾強化のスキルの存在が大きいですね。 それに加えて反動、リロードのパーツを付けないとDPSが激落ちする斬裂に比べ 近距離強化など火力寄りの構成にできる利点もある事や、 拡張スキルが3必要だったものが通常弾なら2で済むようになるため その分1つ何か有用なスキルを積めるようになるのも地味ですが効いています。 部位破壊は蓄積が低すぎて流石に使いづらいです…。 ライトを担ぐ以上はそもそも切断による部位破壊は考えないものとしてプレイしたほうが良いのではと思っています。 もちろん斬裂オンリーで戦える範囲ではあるというのは同意ですが、 何か目的があって使うかどうかと言われれば疑問に感じてしまいます。 ただこれはソロか身内マルチしかやってないからそう思うのかもしれませんね。 野良でなら切断の補助や意思表示にもなりますし使えない事もない…のかな? あ、でも距離を考えなくていいのは本当に楽で良いですよね。 ソロで周回する時に動画とか流しながらまったりやれるのは馬鹿にできません。 ご意見ありがとうございます。 確かに通常弾や貫通弾主体で運用する前提でスキルを組むと、斬裂弾はほとんど使わなくなりますね。 「目的に応じて」という表現はちょっと曖昧で語弊があったかもしれません。 本来の用途である尻尾切断に特化した性能になり、ついでに適正距離でなくてもそれなりのダメージを与えられる便利な弾になったという解釈で良いと思います。 現状、火力を追求する場合は斬裂弾の用途・目的は尻尾切断に限られます。 切断を考えないのであれば、ほぼ出番がなくなるのは仰る通りです。 以前より切断に時間がかかるようになってしまったのは、もうちょっとなんとかしてほしいところでした。 更に威力を下げてでも切断の蓄積値を上げるなどの調整で、他の弾との差別化を図ってほしかったと個人的には思っています。 他の弾をメインで使うようになって、距離関係なくダメージを稼げる弾の快適性は私も改めて感じました。 アップデート前の斬裂弾の性能はほんと壊れてましたね。

次の

【悲報】アイスボーン以前の楽しかったモンハンワールド、もう戻れない……: GOSSIP速報

斬裂弾 アイスボーン

弾丸重化パーツ 貫通ダメージを与えやすくなり、 気絶や減気の効果が高くなる。 貫通ダメージがどれぐらい与えやすくなるのか? 気絶や減気の効果が高くなるとは? 非常に分かりにくいです。 貫通ダメージ 貫通する弾は ・貫通弾 ・各属性弾(滅龍弾含む) です。 通常当たる弾のクリティカル距離などは 「距離では無く」「発射されてからの時間」です。 その為、貫通弾では2回目以降のダメージは 弾のスピードが遅くなればなるほどモンスターの 体内に弾がとどまり当たり判定になります。 そのため、パーツ無しでは5発のhit判定が 下記の画像のように弾速強化では4発 弾丸重化を付けると6~7発の当たります。 気絶値の上昇量 スタン値の細かい数値が不明なので明確には出来ませんが 動画の7:03で説明している通り 「 KO術Lv1相当かそれ以下」という結果になりました。 減気値の上昇量 減気値とは聞きなれない方も多いと思いますが モンスターにもスタミナがあり、一定の行動を 行ったあとに 「ヨダレ」を垂らしている状態です。 似たようにスタミナ切れしている動きがありますが 「ヨダレ」の状態が該当します。 効果は動画内5:00で紹介している通り 「 スタミナ奪取Lv1より弱い」効果と思われます。 5 comments to this article• 匿名 on 2019年10月8日 at 1:09 PM - 貫通速射と徹甲榴弾自動装填のライトボウガン使ってるんですが、どちらをつければいいか悩みどころですね• on 2019年10月8日 at 1:13 PM - 貫通なら弾速、徹甲はどちらをつけてもいいかなと思います• 匿名 on 2019年10月17日 at 9:38 PM - 貫通は重化、徹甲は弾速がお勧め。 特に徹甲の弾速強化は弾速だけじゃなく射程も大幅に伸びるので 突進で離れた後やエリア移動中もガンガン撃てるのが利点。 匿名 on 2019年11月8日 at 3:03 AM - 弾丸重化パーツはどの弾丸にも気絶値と減気値が付与されてる気がする…• 匿名 on 2019年12月15日 at 2:51 AM - どっちかを付けなきゃみたいな、強迫観念に陥るくらいなら どちらも付けず、コウモリ的中間を貫き、近距離か遠距離付けた方がいい気もする 付けないことで、弾の速さが変わらないのも選択肢 モンスターごとに合わせて、特化した装備を組むのが普通ですけどね 特化しすぎて、不便になり弱くなってる場合もある 強いられる組み合わせより、本当に自分の腕前にあってるかの方が重要ですよ.

次の