ミニマリスト 捨ててよかった。 物を捨てる、物を減らす方法。ミニマリスト33の小技

ミニマリストが買ってよかったもの25選【生活が明らかに変わります】【2018〜2020】

ミニマリスト 捨ててよかった

よわむしめがね です。 12月に入ってあっという間に、時間が経ってしまいました。 今年という時間は後もう少しで終わってしまいますね。 やり残したことはありますか? やり切れてますか? わたしもそうですが、やり切れてないことたくさんあります。 でも、それを言い始めると、前に進めなくなりますので、都合の悪いことは捨てていきます(笑) これまで多くのものを捨ててきました。 これまで数はカウントしていませんが、おそらく1000個以上は捨てていると思います。 その中で少数精鋭として残っているものが、今の時点でわたしが一番欲しいと思っているものなんです。 恐らく(笑) 本ブログ読者の方ならお分かりかと思いますが、わたしはほとんどのアイテムをモンベルで過ごしています。 最終的には、【全てのものをモンベルに】しようと企んでいます。 ただ、そうはいっても、生活に必要なアイテムであっても、モンベルに設定のないものは、購入できませんよね。 創意と工夫で乗り切ろうにも、限界があります。 そんな時は無理せずに、モンベル以外のアイテムを取り入れることにしています。 そうすると、目標が遠のくんですけどね。 無理するつもりはありません。 特に、モンベルの設定のないものといえば 【家電】になります。 モンベルで家電、買えるイメージありませんよね。 実際、ほとんど買えません。 なので、家電はどうしても他社のものに頼らざるを得ません。 そこで、極力モンベル以外使う気のない、ミニマリストが今まで使ってきた家電の中で、これは!と思ったものをチョイスしてランキングにしてみました。 それでは参ります。 ミニマリストの買ってよかった家電・第10位〜パナソニックプラズマクラスターFU-G30-A 第10位には、パナソニック製プラズマクラスターFU-G30です。 こちらは、最近仕入れた新参者ですが、これがかなり役に立ってくれています。 理由は【部屋の悪臭対策】です。 家賃が半額になるくらい狭い1Kのアパートに引っ越ししたのですが、これがまた超悪臭が蔓延る、大変な部屋でした。 職住近接で駅からも近い、ロケーションは気に入っているのですが、いかんせん部屋が臭すぎて萎えました。 色々悪臭対策をやることで、何とか悪臭も治まりました。 そんな時に活躍してくれたのが、パナソニックのプラズマクラスターFU-G30でした。 今も24時間、部屋の空気を清浄に保ってくれているのはこいつのおかげですね。 ミニマリストの買ってよかった家電・第9位〜CBジャパン マイセカンドランドリー 第9位はCBジャパンのマイセカンドランドリーです。 現在、洗濯機すら捨てたわたしですが、しばらく愛用していたのが、この小型の2槽式の洗濯機。 平成が終わろうとしているのに、昭和の香りが残る洗濯機です。 小型ですが性能は全く問題ありません。 汚れはキチンと落ちます。 2槽式の洗濯機にすると、水道代も減りました。 洗濯物も少なく、洗濯する時間も短いので、結果的に節約になった。 そんな感じです。 将来的に家庭を設けることになるかも知れませんが、それまではこの洗濯機にもう一度お世話になろうかなぁ、と考えることもあります(今はメインはコインランドリーです)。 ミニマリストの買ってよかった家電・第8位〜マキタ 充電式クリーナCL105 第8位はマキタの充電式クリーナーです。 こちらも現在は使っていません。 無印良品のホウキとモップがけで生活しています。 掃除機のコードが気になるので、ハンディタイプの掃除機が欲しかった時期があります。 購入当時も、主婦の間でマキタの掃除機が話題になっていました。 実際に使ってみると、軽くて疲れにくく、いい製品でした。 ダイソンに比べると、吸引力は劣りますが、こまめに掃除すれば、マキタのクリーナーで十分。 宣伝している方が何となく、そっちの方がいいような気がしますが、自分のライフスタイルに合っていたのはこっちだったんだんだなぁと、学ぶことになった、思い出のアイテムでもあります。 ミニマリストの買ってよかった家電・第7位〜Amazon Echo Dot 第7位はAmazonのEcho Dotです。 言わずと知れたAmazonの人気商品。 これは結構面白いアイテムでした。 アレクサ、おはよう。 アレクサ、今日の天気は? このようにマイクに向かって呼びかけると、回答してくれるマイクです。 普段、自宅で喋ることのない、ひとり暮らしの人たちの、一つの光明になるかも知れません。 ネットにさえ繋げれば、キーボードやフリック入力しなくても、【声】だけで情報を得ることができるんです。 音楽だって流して、といえば流してくれるし、使いこなせれば、もっと活躍が期待できそうです。 これからの時代を切り開く、試金石になりそうなアイテムですね。 ミニマリストの買ってよかった家電・第6位〜サンルミエ800SD 第6位はサンルミエの赤外線ヒーター800SDです。 これから冬本番を迎えますが、寒い部屋の暖房といえば、ヒーターですよね。 エアコン暖房がどうも慣れないし、木造アパートでは灯油を燃やすストーブやファンヒーターは、火事の原因にもなるので使えません。 そうなると電気ヒーターになります。 数年前にネットで購入。 口コミ評価がとても高かったのを覚えていますが、十二分にそのパフォーマンスを発揮してくれます。 遠赤外線はまさしく【ひだまりの暖かさ】 エアコンを使わずに、暖をとるならコレがいいです。 コレで背中をあぶりながら読書やネットやっていると、気づいたら寝落ちしていた、なんてことも多々ありました(笑) 大手メーカーの電気ヒーターに満足できなければ、これを導入してみるのもいいですね。 ミニマリストの買ってよかった家電・第5位〜パナソニックBQ-CC57(乾電池充電器) 第5位はパナソニックの乾電池充電器、BQ-CC57です。 こちらは、エネループやエボルタなどの充電池を充電しつつ、モバイルバッテリーとしても使うことができる、一石二鳥バッテリーです。 単三充電池と単四充電池、どちらにも対応しています。 家庭で使う電子機器ならほとんど、このサイズで賄えますよね。 アルカリ、マンガン電池でもいいんですが、わたしは電池の処分が面倒くさいので、繰り返し使えるエネループやエボルタ推奨です。 USBジャックがついているので、ケーブルがあればスマホなどに充電できます。 ちょっと大きめになりますが、モバイルバッテリーとしても使うことできますよ。 ミニマリストの買ってよかった家電・第4位〜Amazon Fire HD8 第4位はAmazonのFire HD8です。 タブレット端末、流行っていますよね。 スマホ、パソコン、そして第三極を担うのがタブレット。 かなり浸透してきていますよね。 タブレットもかなり洗練されてきていますので、競争が激しくなっています。 そんな中Amazonから発売されているFire HDはコストパフォーマンスに優れた端末になっています。 タブレットでやりたいことは、大体できます。 パソコンのように使ったり、電子書籍のように本を読んだり、アプリを使ったり。 特にAmazonのヘビーユーザーなら、Amazonプレミアムに加入しつつ、Fireを使えばかなり楽しめますね。 わたしはモンベルのヘビーユーザーなので、あまり使いませんでしたが。 実際、このタブレットでパソコンのように使っていましたが、まぁ、なんとか使えるレベルでした。 最終的には、やっぱり【パソコン】としての運用は難しいと判断したのと、電子書籍で本を読む機会が減った(紙の書籍を読む時間は増えました)ので、手放しました。 それでも、この端末は容量もそこそこあるし、音は悪くないし、コスパはいいし、名器だと思いますよ。 本当にお世話になりました。 ミニマリストの買ってよかった家電・第2位〜モンベルH. Cマルチラジオ 第2位はモンベルのH. Cマルチラジオ。 家電製品の中で、唯一ランクインしたのがコチラ。 普段の情報蒐集源はパソコンやスマホがメインですが、コチラは目からの入力になります。 耳から入手する情報なら、やっぱりラジオが一番ですね。 コチラは防災ラジオでもあるので、いざという時にマルチに活躍してくれます。 ライト、ラジオ、スマホの充電など。 日本は災害が多いので、ひとつ持っておいても損はないと思います。 もちろん、いざという時だけ使うのは勿体無いので、わたしは普段から愛用して使っています。 ラジオをただ聞き流している感じですが、耳で聞く情報も重要ですね。 ミニマリストの買ってよかった家電・第1位〜ブラザー工業 ドキュメントスキャナーMDS-820W そして第1位に輝いたのはコチラ。 ブラザー工業のドキュメントスキャナーMDS-820Wです! ミニマリストといえども、紙の書類は溜まりがちです。 契約書、保証書など、ほとんど使わないものって、油断すると、どんどんたまっていきます。 ミニマリストを続けるためには、ものを増やさないというのが鉄則です。 しかし、望むと望まないとか変わらず、こういった紙類は増え続けますよね。 ということでほぼ使わない紙は、速攻で捨て対象ですが、書いてある内容まで捨てると後で後悔することになるから、記録は残しておきたいですね。 そのために、このスキャナーは大活躍しています。 またこのスキャナーは、バッテリー搭載のUSB接続。 前述のMacBookAirを旧モデルにしたのは、USBを使ってパソコンと連動させる意図があるからです。 これで、マッチングできてるんですね。 いざとなれば、このスキャナーはコンパクトなので、カバンに入れて持ち運びできるサイズです。 やったことないですけど。 機能はそれほど高くないけど、必要十分。 そしてシンプルなスキャナです。

次の

物を捨てる、物を減らす方法。ミニマリスト33の小技

ミニマリスト 捨ててよかった

目次 ミニマリストが2019年に手放してよかったモノ・コト10選 保存容器 長男が小さい頃は作り置きをしようと、土日にいろいろ画策していました。 そもそもズボラでめんどくさがりな私。 常備食には向いていなかったようで、作り置きしてもその存在を忘れてしまったりするんですよね。。。 いつ作ったかもよくわからなくて結局捨てるというサイクルが出来かかっていたので、 保存容器は手放すことにしました。 私には作ったら翌日までに食べきるってスタイルの方が向いてるみたいです。 スーツケース これも可なら収納スペースを占領していたので、手放してスッキリしました。 このスーツケースも10年近く前に買ったモノなので、思い出もたくさん詰まっているけどいかんせん重たい!! 実際我が家にはもう一つスーツケースがあって、問題なくグアムにも行けました。 使うのは現実的ではなかったので手放して大正解でした! コーチのポシェット これも10年近く前に購入してずっと使っていたけど、さすがに10年使うと汚れも傷みも激しくて。 私はモノは「使い切る」のが一番の節約方法だと思うし、ミニマルライフを続けていく一番簡単な方法だと想いっています。 使い切れるだけのモノの量を持ち続けるように意識すると、不要なモノを買わなくて済むようになるんです。 このバッグもそう。 これだけ使い倒したら後ろ髪も引かれないし、手放して新しいバッグを買おうと思える。 実際この後を購入しました! 1in1outを続けて行けば、モノが知らないうちに増えることが減ってきます。 持ち物を循環させるためにもこのポシェットは手放してよかったと思うのです。 こどものおもちゃ 来年の春からついに次男が幼稚園に入園します。 幼稚園バッグやら制服やら一定のモノが増えるのは確実。 そのための準備として少しギアを上げて捨て活をしています。 この時手放したのは、子供たちが赤ちゃんの頃使っていたおもちゃたち。 思い出が詰まりすぎて、手放さなきゃなぁとずっと思っていたけど放置していました。 けどいざしっかり向き合ってみたら、A4サイズの箱、一箱分を残してほとんどのモノを手放せました。 思い出のモノは無理に手放すことはしないので。 けど半分以上手放せた結果、押し入れにかなりの余白が産まれたので向き合って本当に良かったです。 DVDプレーヤー これも私個人としてはかなり思い入れのある品で。 社会人時代の心の支えだったDVDプレーヤーなのです。 だからこそ気楽には手放せなった思い出の品の一つになっていたのですが、 この度の次男の入園準備の一環で手放すことに。 なんだかスッキリしました! カードタイプのSuica これはもっと早くからやっておけばよかったと心底思っています。 なんだかんだで不便だなと思っていたカードタイプのSuica。 子供がいるとちょっと不便です、発券機にチャージしに行ったり、鞄の中のSuicaをがさごそ探したり。 手放してモバイルSuicaにしたら、めっちゃ便利になりました!! オムツ これは私の力で手放したモノではないのだけど、オムツも手放せて本当に良かった~! 全ては次男がトイトレを割と早い時期に完了したからなのですが。 次男様様!! 嵩張りますからねオムツは。 おかげでかなり収納スペースに余白ができました。 オムツ用ダストボックス これもね家の中でなかなかの存在感でした。 オムツを手放せたおかげで、こちらもお役御免に。 ポール これこそ、いつかいつかと思いながら存在さえ忘れてしまっていた不要なモノ。 こうしてモノは増えていくのです 笑 気が付いたときに手放すなり、なんなりしないとだめですね。 子供の習い事 長男がなんとなくやっていた体操教室をやめました。 今他にプールを習っていますがそれは本人がやりたいと言い出したから。 体操教室はお友達に誘われて、なんとなくやっていて。 そのお友達がお休みの日は自分も休みにすると大騒ぎしたりと、自分の意志ではないんだなと思ったので、 思い切って辞めました。 おかげで親子ともに余計なストレスを手放すことができました!! ミニマリストな私が2019年に手放してよかったモノ・コトまとめ 私が2019年に手放してよかったと思う10のモノ・コトのご紹介でした。 なんだかんだで今年もそれなりの量のモノを手放してきました。 11月末時点で388個手放しています) けどなんとなく手放してきたわけではなくて、いろいろ理由があったりして意味を持って手放しています。 共通するのは、手放してスッキリするということ。 ちゃんと納得して手放せたのであれば捨てて後悔することはありません。 明日明後日の今年最後の土日。 管理人、エミについての情報はこちら。

次の

ミニマリストの買ってよかった家電ランキング。ベスト10|モンベリストブログ Lv.4

ミニマリスト 捨ててよかった

ミニマリスト生活そのものが最強の節約術 ミニマリスト生活が節約になる理由は5つ。 少ない服で暮らす• 部屋をシンプルにする• あるものでなんとかする• 現金を持たない• 必要なものを自分の頭で考える 1. 少ない服で暮らす ミニマリストは、少ない服で暮らすことによって、ファッションへの過度な支出がなくなります。 私は、仕事着と部屋着を合わせても「 」しか持っていません。 お気に入りの服だけを厳選して持つことで、毎シーズン服を買ったり、衝動的に服を買ったりすることをなくすことができます。 服の数が少ないとおしゃれができないと思うかもしれません。 しかし、「せっかく買った服だから着ないともったいない」と、あまり気に入っていない服を着ることを経験したことがある人も多いのではないでしょうか。 その点、自分のお気に入りの服だけに厳選することで、いつでもベストなコーディネートができます。 また、クローゼットもスッキリと片付いていて気持ちがいい、というメリットもあります。 少ない服で暮らすコツは、「1着捨てたら、1着買い足す」といった考え方をすること。 関連記事: 2. 部屋をシンプルにする ミニマリストは、インテリア・家具・家電は必要最低限で暮らすことで、部屋作りにお金をかけません。 私の部屋は、1k8畳にベッドとダイニングテーブルしかない「 」です。 狭い部屋でもインテリアが少なければ、広く開放的に部屋を使うことができます。 また、部屋のものが少ないと掃除にかける労力も少なくてすむこともメリット。 そのため、インテリア・家具・家電を買い足すこともないので、それだけお金を使うこともありません。 関連記事: 3. あるものでなんとかしようとする ミニマリストは、いまあるもので代用することを考えるため、買い物をあまりしません。 世の中には専用製品で溢れていますが、別に専用品にこだわる必要はありません。 ものはは目的を達成するための道具でしかないため、目的さえ達成されればなんでもいいわけです。 例えば、トイレ用洗剤。 ドラッグストアではトイレ用の専用洗剤がたくさん陳列されていますが、食器用洗剤でも代替えができます。 目的は、あくまで便器の汚れを落とすことだからです。 そのため、トイレ用洗剤をわざわざ買うようなことはしません。 兼用化することによって、買い物の数も減り、部屋からものも減り、在庫管理も楽になるので、いいことづくめです 関連記事: 4. 現金を持ち歩かない ミニマリストは、小さな財布を好み、現金をあまり持ち歩きません。 私の財布は、土屋鞄製造所の「 」で、中身は数枚のカードと数枚のお札だけ。 外に出かけるときは機動性を重視して、できるだけ身軽な格好で出かけることを好みます。 とはいえ、財布を持ち歩かないわけにはいかないので、財布は薄く軽くしたいものです。 すると、重くてかさ張る現金は持たずに、買い物は基本的にクレジットカード支払いなります。 現金を持ち歩かないことで買い物の機会は減り、また、クレジットカードではポイントも貯まるので、地味ですが節約にも繋がります。 「 」がクレジットカードでは断然おすすめ。 関連記事: 5. 必要なものを自分の頭で考える ミニマリストは、「それって、本当に必要なものなんだっけ」と、自分で物欲にブレーキを踏むことができます。 多くの人がテレビなどの広告媒体のマーケティングによって、物欲を刺激され、無意識のうちにものを買ってしまいます。 しかし、少ない物で暮らすミニマリストは、自分にとって本当に必要なものかどうかを自分の頭で考えることができます。 この、「本当に必要かどうか」を考えることが、無駄遣いをしないためには超重要です。 欲望のおもむくままに消費を繰り返していては、お金が貯まることはありません。 欲望をコントロールできるようになるには、持っているものを手放し、少ないもので暮らすことを経験することです。 私たちの暮らしにそれほど多くのものは必要ないことを体感できれば、自然と物欲を抑えられるようになってくるものです。 そのため、まずは断捨離をしましょう。 関連記事: 最後に ミニマリスト生活そのものが最強の節約術である理由について紹介しました。 当記事をまとめます。 少ない服で暮らすことで、服を買い足すことがなくなる• 部屋をシンプルにすることで、インテリア家具・家電を買わなくなる• あるもので代用することで、こまめな買い物を減らすことができる• 現金を持ち歩かないことで、お金を使う機会を減らせる• 必要なものかを考えることで、自分の物欲をコントロールできる ミニマリスト生活は、シンプルで無駄のない生活です。 そんな生活をつまらないと見える人もいるかもしれません。 ですが、ミニマリストになれば間違いなくお金は貯まるようになります。 これは、私たちの身の回りには多くのもので溢れていて、しかし、そんなにものは必要ないと気が付くことができるからです。 関連記事: 以上.

次の