デカ ちり パチンコ 設定。 Pあの花【設定判別・ボーダー・激アツ演出・保留変化】まとめ!

Pあの花 パチンコ

デカ ちり パチンコ 設定

概要 [ ] 『』で初めて搭載された(CT)を搭載。 をモチーフとした。 中間設定以上での破格のスペックもさることながら、CT中の目押しを極力簡素化した事で、従来のCT機ではほぼ成し得ていなかった「さほど目押しの得意でない一般層」をも取り込むことに成功した。 最終的に8万台以上のセールスを果たしてCT機として最大のヒット機種となったこと、また、パチスロ情報誌上の人気アンケートや年間ランキングにおいて軒並み支持を得たことも手伝い、CT機というカテゴリに限らず1999年度における代表機種のひとつとしてプレイヤーから高い評価を受けた機種として知られる。 特徴 [ ] ゲーム性• 基本的にはによってボーナス成立を察知するタイプの機種だが、不完全告知機能も搭載している。 アステカルーレットというチャンス演出が時折発生し、これが伴った場合のみ告知ランプ点灯の可能性がある(発生すればボーナスの当否は完全告知され、はずれれば非成立確定)。 左・右リールに「デカチリ」という1リール払い出し絵柄(払い出し対象は左リールのみ)が存在する。 絵柄配列の2枠分を使って太陽のような絵柄を表現しており、プレイヤーに非常に強いインパクトを与えた。 左リールのデカチリには透過部分があり、絵柄自体の視認性も相まって、CT機にはつきものの懸念であった目押し難度を下げることに成功した。 中の小役ゲームにおいても頻繁に下チリ(7枚役で必ず左上段に揃うので払い出しは14枚)が揃い、の目安の絵柄になるなどの役割も果たしている。 また、右リールのデカチリは強力絵柄として扱われており、出現して小役が揃っていなければ、数種の出目を除いたほぼ全てがリーチ目となる。 ビッグボーナスの期待獲得枚数は260枚程度。 はない。 チャレンジタイム• ビッグボーナス終了後はもれなくCT抽選(CTルーレット)が発動し、リール窓下部の8連LEDのうちの右半分(5~8)に停止すればCTに突入する。 突入率は50%。 スローパターンに移行するタイミングによって期待度が激変し、CT確定パターンも存在する(落選確定パターンもあり)。 なお、CTの当否についてはビッグボーナス成立時に同時抽選されている。 CTは純増201枚以上の獲得か150ゲーム消化、またはビッグボーナス成立で終了となる。 CT中はJACゲームなどに使われるゲーム数の表示ランプ1個が純増25枚を示している。 ランプの色が赤…デカチリ(15枚)、黄…帽子(7枚)、緑…サボテン(3枚)と狙うべき絵柄を指示してくれる。 ランプが黄色か緑色になるとBGMも変化する。 CT中は、BGMが変わるまでひたすらデカチリを狙い続け、その後はサボテンを揃え続けたり絵柄をはずしたりしながら現状維持を行う打ち方が基本となる。 また、上級者向けには、2枚掛けでデカチリと帽子の複合役を揃え続けるという方法もある。 帽子を揃えるために中・右リールのビタ押しが要求されるものの、2枚掛けの特性上ボーナス抽選確率が低下するため、わずか数ゲーム程度でのビッグボーナス成立(いわゆる即パン)を極力回避できるというメリットがある。 最初に止めるリールのみ引き込み制御が働く(残りリールは直ちに停止)。 変則打ちだと引き込む絵柄が変化するため、打ち方を使い分けることで現状維持時に絵柄の狙い分けをある程度簡略化できる。 例えば、中押しの場合はサボテンを中段に引き込む制御(引き込み範囲内の場合)となり、サボテン揃えがしやすくなる。 枚数調整としては有用ではないが、順押しでは下段寄りにしか停止しないデカチリを上段寄り(払い出しは9枚)に止めることも可能。 その他• リーチ目についても秀逸のものが多くあり、特に左リールのサボテン・白7・白7(通称サシシ)や中リール青7・チリ・白7(通称アチシ)は本機の代名詞ともされており、パチスロ漫画誌においても題材として度々取り上げられていた。 また、サシシ以外にも、左リールサボテン・サボテン・白7からのサボテン小V型(通称ササシサボコブ)等、エレクトロコインジャパンの血を濃く受け継ぐリーチ目を有している。 なお、1リール小役ハズレ型の白7・白7・帽子は2コマ滑りなら1リール確定。 リプレイ絵柄は鳥類の化石が描かれているが、設定上では「ルドンコー」と名付けられており、の先祖であることを示唆する解説がされていた(公式HPでの機種紹介より。 現在は削除されている)。 後継機• 後継機に『』がある。 また後継の『』『』とともにシリーズ化した。 アステカシリーズではないが『』 は本機とほぼ同じゲーム性である。 1 92. 1 97. 5 99. 4 101. 3 104. 0 107. パチスロ アルゼ王国2 (用 ソフト)• パチスロ アルゼ王国ポケット アステカ(用 ソフト) 外部リンク [ ]• (アルゼのインターネットアーカイブ).

次の

2020年パチンコ新基準P機ミドルタイプ・ボーダー甘い機種ランキング

デカ ちり パチンコ 設定

こんにちは。 同時に出玉規制もあり、1回の大当りで得られるのは最大1500個(払出ベース)となりました。 CR機に比べ、勝ちやすくなりましたか?それとも、負けやすくなりましたか? 負けているあなた(私も)の参考に、 ミドルタイプのボーダー甘いランキングをつくりました。 一般に、スペックや期待出玉からシミュレート値として算出されます。 回転数が小さいほど、甘い機種とされています。 ボーダーだけが甘い機種を見分ける要素ではないですが、勝ちやすい機種の参考にはなります。 更新履歴 下記6機種を追加しました。 [2020. 28]• スーパ海物語INジャパン2 金富士319ver. 10カウントチャージ絶狼• リング-呪いの7日間2-• 大工の源さん 超韋駄天• ROKUROKU 6000ver. 烈火の炎3-TYPE R- ミドルタイプ・ボーダー甘い機種ランキング ボーダーは、250個あたり4. 0円交換で算出したものです。 また、設定付パチンコ場合は、設定1での数値を記載しています。 第1位 亜人-衝戟の全突フルスペック-• ボーダー: 14. 5回転• メーカー:平和• タイプ:1種2種• 時短:12 or 100回• 当たればラッシュを必ず楽しめます。 9を引いて連チャンさせます。 100回転の時短なら実質次回も大当りです。 ヘソは、トリプルポケットとなっており、左がチャンスポケット、中と右が特図1始動口です。 チャンスポケットに入り、画面左下のリールで図柄が揃うと、亜人チャレンジに突入します。 9で抽選が受けられます。 これがあるため、ボーダーが甘めになっています。 第2位 牙狼-冴島鋼牙-• ボーダー: 18. 5回転• タイプ:V-ST• ST突入率:[ヘソ]33. ST回数/時短:[ST]160回[時短]100回• 出玉:1500個 通常時からのST突入率は33. ボーダー: 18. 7回転• メーカー:サミー• タイプ:V-ST• ST突入率:[ヘソ]58. ST継続率:86. ST回数/時短:100回• 出玉:450、1500個 通常時からのST突入率は、58. またST継続率も86. 29連チャンと性能も高いです。 それゆえ、ボーダーが甘いと思われます。 第4位 新世紀エヴァンゲリオン-シト、新生-• ボーダー: 18. 8回転• メーカー:ビスティ• タイプ:確変ループ(小当りラッシュ付)• 時短:100回• 新生モードでは約7分間小当りラッシュが継続し、平均1500個を得ることができます。 また、全ての出玉ありの大当りは、10R(1200個)を得られるため、ボーダーが甘めです。 ボーダー: 18. 9回転• メーカー:平和• タイプ:確変リミット(小当りラッシュ付)• 確変リミット:4回• 時短:100回• 出玉:1000個 確変リミットタイプに小当りラッシュが付いた特殊なスペックです。 このときの期待出玉は7200個です。 第6位 烈火の炎3• ボーダー: 19. 0回転• メーカー:平和• タイプ:確変ループ(小当りラッシュ付)• 時短:100回• 高確時の大当り確率は低いので、ハマリにも期待でき、小当りラッシュ期待出玉は1500個です。 また、電サポ中の確変大当りには、すべて小当りラッシュをもらえるため、甘めと考えられます。 第8位 アクエリオン-ALL STARS-(同率)• ボーダー: 19. 5回転• メーカー:SANKYO• タイプ:V-ST• ST回数/時短:[ST]144回[時短]100回• 第8位 バジリスク-甲賀忍法帖-2(同率)• ボーダー: 19. 5回転• メーカー:メーシー• タイプ:確変ループ(小当りラッシュ付)• 時短:50回• 第9位 ロードオブファラオ-神の一撃-• ボーダー: 19. 6回転• メーカー:豊丸• タイプ:1種2種(リミット付)• リミット:5回(リミット後は、残り保留1個)• 時短:0 or 100回• リミット到達後は、エクストラジャッジに突入します。 95を引ければ、再度リミット5回の大当りが約束されます。 引き戻し率は51. 第11位 花の慶次-蓮-(同率)• ボーダー: 19. 7回転• メーカー:ニューギン• タイプ:確変ループ(転落抽選付)• 時短:100回• (同率)• ボーダー: 19. 7回転• メーカー:SANYO• タイプ:ST• ランキング外の機種一覧 11位以降の機種は、数値だけまとめておきます。 機種名 ボーダー ガンツ2 19. 8 貞子vs伽椰子-頂上決戦- 19. 8 真・黄門ちゃま 19. 8 闘将覇伝 19. 8 南国育ち-デカパトver. - 19. 8 劇場霊 19. 9 バイオハザード-リベレーションズ2- 19. 9 10カウントチャージ絶狼 20. 2 地獄少女4 20. 3 新・必殺仕置人 20. 3 リング-呪いの7日間2- 20. 4 ウルトラ6兄弟 20. 5 大工の源さん 超韋駄天 20. 5 ハイスクール・フリート 20. 5 アナザーゴッドハーデス-ジャッジメント- 20. 6 鳳凰 20. 6 13日の金曜日 20. 7 ひぐらしのなく頃に-廻- 20. 7 鬼武者-狂鬼乱舞- 20. 8 ROKUROKU 6000ver. 9 天昇!姫相撲 20. 9 ビッグドリーム2-激神- 20. 9 忍者ハットリ君 21 暴れん坊将軍-炎獄鬼神の怪- 21. 4 スーパ海物語INジャパン2 21. 6 弾球黙示録カイジ4 21. 6 白魔女学園オワリトハジマリ 21. 7 北斗の拳8-覇王- 21. 7 春夏秋冬ZB 22. 3 ツインループ 22. 3 リライト 22. 4 咲-阿知賀編-役満ゴールドバージョン 22. 5 一騎当千SS斬-孫策ver. - 22. 6 ガラスの仮面M-K1 22. 8 烈火の炎3-TYPE R- 22. 8 ハイスクールDD 23. 1 DD北斗の拳-主役はジャギ- 23. 3 おばけランド怪ZA 23. 4 おばけランド怪ZBS 23. 4 リング-バースデイ- 23. 9 ゴッドイーター-ブラッドの覚醒- 24 クイーンズブレイド3-レイナver. - 24. 6 緋弾のアリア3設定付 24. 7 関連記事 ・ xtpa.

次の

パチンコ革命「時速約600回転」の衝撃!『牙狼』最新作ついに降臨!!【新台分析―パチンコ編ー】

デカ ちり パチンコ 設定

概要 [ ] 『』で初めて搭載された(CT)を搭載。 をモチーフとした。 中間設定以上での破格のスペックもさることながら、CT中の目押しを極力簡素化した事で、従来のCT機ではほぼ成し得ていなかった「さほど目押しの得意でない一般層」をも取り込むことに成功した。 最終的に8万台以上のセールスを果たしてCT機として最大のヒット機種となったこと、また、パチスロ情報誌上の人気アンケートや年間ランキングにおいて軒並み支持を得たことも手伝い、CT機というカテゴリに限らず1999年度における代表機種のひとつとしてプレイヤーから高い評価を受けた機種として知られる。 特徴 [ ] ゲーム性• 基本的にはによってボーナス成立を察知するタイプの機種だが、不完全告知機能も搭載している。 アステカルーレットというチャンス演出が時折発生し、これが伴った場合のみ告知ランプ点灯の可能性がある(発生すればボーナスの当否は完全告知され、はずれれば非成立確定)。 左・右リールに「デカチリ」という1リール払い出し絵柄(払い出し対象は左リールのみ)が存在する。 絵柄配列の2枠分を使って太陽のような絵柄を表現しており、プレイヤーに非常に強いインパクトを与えた。 左リールのデカチリには透過部分があり、絵柄自体の視認性も相まって、CT機にはつきものの懸念であった目押し難度を下げることに成功した。 中の小役ゲームにおいても頻繁に下チリ(7枚役で必ず左上段に揃うので払い出しは14枚)が揃い、の目安の絵柄になるなどの役割も果たしている。 また、右リールのデカチリは強力絵柄として扱われており、出現して小役が揃っていなければ、数種の出目を除いたほぼ全てがリーチ目となる。 ビッグボーナスの期待獲得枚数は260枚程度。 はない。 チャレンジタイム• ビッグボーナス終了後はもれなくCT抽選(CTルーレット)が発動し、リール窓下部の8連LEDのうちの右半分(5~8)に停止すればCTに突入する。 突入率は50%。 スローパターンに移行するタイミングによって期待度が激変し、CT確定パターンも存在する(落選確定パターンもあり)。 なお、CTの当否についてはビッグボーナス成立時に同時抽選されている。 CTは純増201枚以上の獲得か150ゲーム消化、またはビッグボーナス成立で終了となる。 CT中はJACゲームなどに使われるゲーム数の表示ランプ1個が純増25枚を示している。 ランプの色が赤…デカチリ(15枚)、黄…帽子(7枚)、緑…サボテン(3枚)と狙うべき絵柄を指示してくれる。 ランプが黄色か緑色になるとBGMも変化する。 CT中は、BGMが変わるまでひたすらデカチリを狙い続け、その後はサボテンを揃え続けたり絵柄をはずしたりしながら現状維持を行う打ち方が基本となる。 また、上級者向けには、2枚掛けでデカチリと帽子の複合役を揃え続けるという方法もある。 帽子を揃えるために中・右リールのビタ押しが要求されるものの、2枚掛けの特性上ボーナス抽選確率が低下するため、わずか数ゲーム程度でのビッグボーナス成立(いわゆる即パン)を極力回避できるというメリットがある。 最初に止めるリールのみ引き込み制御が働く(残りリールは直ちに停止)。 変則打ちだと引き込む絵柄が変化するため、打ち方を使い分けることで現状維持時に絵柄の狙い分けをある程度簡略化できる。 例えば、中押しの場合はサボテンを中段に引き込む制御(引き込み範囲内の場合)となり、サボテン揃えがしやすくなる。 枚数調整としては有用ではないが、順押しでは下段寄りにしか停止しないデカチリを上段寄り(払い出しは9枚)に止めることも可能。 その他• リーチ目についても秀逸のものが多くあり、特に左リールのサボテン・白7・白7(通称サシシ)や中リール青7・チリ・白7(通称アチシ)は本機の代名詞ともされており、パチスロ漫画誌においても題材として度々取り上げられていた。 また、サシシ以外にも、左リールサボテン・サボテン・白7からのサボテン小V型(通称ササシサボコブ)等、エレクトロコインジャパンの血を濃く受け継ぐリーチ目を有している。 なお、1リール小役ハズレ型の白7・白7・帽子は2コマ滑りなら1リール確定。 リプレイ絵柄は鳥類の化石が描かれているが、設定上では「ルドンコー」と名付けられており、の先祖であることを示唆する解説がされていた(公式HPでの機種紹介より。 現在は削除されている)。 後継機• 後継機に『』がある。 また後継の『』『』とともにシリーズ化した。 アステカシリーズではないが『』 は本機とほぼ同じゲーム性である。 1 92. 1 97. 5 99. 4 101. 3 104. 0 107. パチスロ アルゼ王国2 (用 ソフト)• パチスロ アルゼ王国ポケット アステカ(用 ソフト) 外部リンク [ ]• (アルゼのインターネットアーカイブ).

次の