大和 ハウス 外壁 塗装 価格。 ダイワハウス宅の外壁塗装をお考えの方へ ハウスメーカー塗装専門店がポイントをお伝えいたします

大和ハウスリフォームの良い口コミ・悪い口コミ|評判は?

大和 ハウス 外壁 塗装 価格

大和ハウスでマイホームを建てた方は、新築後15年あたりを目安に大和ハウスから「外壁塗装が必要です」といった提案を受けることになります。 マイホームに必要なメンテナンスだからと覚悟して点検・見積もりをしてもらっても、あまりの高額な工事価格に驚き「ちょっとよく考えてから…」と話を保留していませんか? 大和ハウスのリフォーム部門である『大和ハウスリフォーム』に外壁塗装を任せると、通常の相場価格よりもはるかに高い金額が必要になります。 「はい、わかりました」と気にせずに工事をお願いできる方はなかなかいないでしょう。 でも「大和ハウスの住宅は、外壁塗装も大和ハウスに任せないと保証が切れる」なんて情報もあって、不安ですよね。 ここでは、大和ハウスの住宅を建てた方が安心してマイホームの外壁メンテナンスができるように、大和ハウスリフォームの外壁塗装について詳しく解説いたします。 大和ハウスリフォームの外壁塗装が高い理由 大和ハウスリフォームの外壁塗装は、相場よりもずっと高い工事価格になっています。 たしかに大和ハウスがつくる住宅は高級住宅らしい機能性やデザイン性を有しているため、住宅の販売価格が高いのは理解できるでしょう。 しかし、外壁のメンテナンスに関していえば「高級だから高い」というわけではありません。 大和ハウスリフォームの外壁塗装が高いのは、工事価格に『中間マージン』と『会社のランニングコスト』が上乗せされているからです。 自社で施工する街の外壁塗装業者なら、中間マージンは発生せず、会社のランニングコスト分もわずかですから、大和ハウスリフォームよりも安い価格で同じ程度の工事が可能になります。 または、大和ハウスリフォームと同じだけのお金を払うのであれば、数ランク上の工事が実現するでしょう。 他社でメンテナンスしても保証がなくなるのは外壁・屋根だけ! 「大和ハウスで建てた住宅は、大和ハウスリフォームで外壁塗装をしないと保証がなくなる」というのは事実です。 大和ハウスの住宅は「雨水の侵入を防止する部分」の初期保証として15年の期間を用意していますが、それ以降は「有料メンテナンス工事の実施により保証を延長」としています。 他社に外壁塗装を任せることによって「雨水の侵入を防止する部分」の保証は切れてしまいますが、安心して暮らせる住宅であるために大切な基礎や躯体などの「構造耐力上主要な部分」の保証には影響しません。 大和ハウスは洗練された鉄骨住宅の技術を持っているので、躯体に関しては万全です。 基礎や躯体などの部分は大和ハウスの点検にお任せして、外壁・屋根は社外の専門業者にお任せして、定期的なメンテナンスを心がけるのが賢い方法だといえるでしょう。 大和ハウスの外壁・屋根の特徴 大和ハウスといえば、言わずとしれた最大手のハウスメーカーのひとつです。 一戸建て住宅だけでなく、アパートやマンションなどの集合住宅も豊富に手がけており、大和ハウスの住宅を見かけない街は日本全国どこにもないほどでしょう。 ここでは、特に外壁塗装を意識して、大和ハウスの住宅の特徴を紹介します。 あわせて、大和ハウスリフォームでメンテナンス工事をお願いした場合の価格と、街の外壁塗装業者に依頼した場合の価格も比べてみましょう。 外壁は特厚のサイディングボード仕上げ プレハブ住宅の開発から大きく発展したといわれる大和ハウスは、住宅シリーズのほぼすべての商品で外壁にサイディングボード仕上げが採用されています。 大和ハウスの住宅で特に注目すべきは、 サイディングボードの厚さです。 通常、住宅の外壁に使用されるサイディングボードの厚さは14㎜程度ですが、大和ハウスが使用しているサイディングボードは 16~26㎜です。 特厚のサイディングボードを採用することで、断熱性・防音性・耐火性が向上し、重厚で高級な外観を実現しています。 また、厚みがありサイディングボード1枚あたりが重たいため、サイディングボードの面積は小さく張り付け枚数が多いという特徴があります。 「厚み」が弊害に?目地コーキングは割高になる 大和ハウスの外壁はサイディングボード仕上げなので、ボードとボードの間には『目地』と呼ばれる隙間があります。 大和ハウスでは、サイディングボードが他社と比較すると2~12㎜ほど厚いため、その分だけ目地が深くなるのは当然です。 すると、目地に充填すべきコーキングも当然に量が多くなるため、ほかのハウスメーカーが建てた住宅と比べると目地コーキングの工事価格は高くなります。 また、コーキングは横幅と奥行きの比率が適切でないと十分に効果を発揮しません。 26㎜などの特厚のサイディングボードを採用している場合は、目地の奥に『バックアップ材』と呼ばれる細いスポンジ材を埋め込んだ上でコーキングを充填していきます。 工事価格は割高になりますが、目地コーキングのメンテナンスは雨漏り・水漏れ・結露の防止に重大な効果をもたらすためバックアップ材の施工は必須です。 2回目以降は要注意?大和ハウスリフォームの塗り替えで不具合も? すでに一度は外壁塗装を大和ハウスリフォームにお任せをしたことがあるという方は注目です。 もし、以前のメンテンス時に「ラバーウォールを塗装します」と言われていれば、塗装に水膨れのような症状があらわれていることがあります。 大和ハウスリフォームでは、目地コーキングの手間を省略したうえで工事費用も節約できる方法として『ラバーウォール』という塗料を勧めていた時期がありました。 ラバーウォールはアクリルゴム系の塗料で、高い防水性と伸縮性があるため、目地コーキングの上から塗装すればコーキングのメンテナンスが不要になるという理屈だったのです。 ところがこれが大きな誤算で、ラバーウォールで覆った空気や水分が膨張して水膨れが発生し、上塗りの塗料ごと剥がれてしまうトラブルが続出しました。 しかも、ラバーウォールを塗装した外壁はアクリル質によってコーティングされているため、不具合が生じても上塗りができません。 アクリル系塗料はほかの塗料を弾くため、重ね塗りの相性が非常に悪いのです。 以前は「大和ハウスのサイディングは塗り替え不可」といわれており、ラバーウォールを塗装した外壁のメンテナンスは新たなサイディングボードを重ね張りする『カバー工法』が主流でした。 最近ではカチオンシーラーを下地材として塗装することで塗り替えが可能になっており、メンテナンス費用の負担が大幅に軽くなっています。 塗装前の拭き取りテストは必須ですが、たとえ「メーカーでないと対応できない」といわれている塗装でも、外壁塗装に対するしっかりとした知識と経験があれば対応可能だということですね。 大和ハウスリフォームに外壁塗装を任せた場合は? 大和ハウスリフォームのホームページで紹介されている標準的な外壁塗装では、 ・延べ床面積約30坪 ・外壁面積約44坪 を基準にしています。 気になる工事価格は、水性シリコン塗料を使用して、足場・高圧洗浄・下地調整・コーキングのメンテナンスをパックにして130万円~です。 外壁面積は約44坪=約175㎡ですから、もし街の外壁塗装業者に依頼した場合、シリコン塗料を使った場合の相場2,500~3,000円で乗じると43万7,500~52万5,000円になります。 これに足場代・高圧洗浄・下地調整・コーキングのメンテナンスを加えても、100万円以下で収まるでしょう。 外壁部分だけでも130万円~となると、かなり割高なイメージがあります。 屋根はコロニアル瓦葺き、メンテナンスは必須! 大和ハウスの屋根の標準施工は、コロニアル瓦葺きです。 コロニアル瓦は薄いセメント質の板でできているため、水分や風化に弱く、耐久性はあまり高くありません。 この欠点を補うために、コロニアル瓦は工場でしっかりと塗装によるコーティングを施されて出荷されているわけですが、新築後10年程度を目安にメンテナンスを施す必要があります。 大和ハウスリフォームの外壁塗装にお任せした場合、屋根塗装にも水性シリコン塗料を使用します。 屋根塗装で使用する塗料としては標準的なグレードなので特に申し分はありませんが、大和ハウスリフォームのホームページで紹介されている価格が ・建坪約18坪 ・屋根面積約25坪 で52万円~となっているので、かなり割高です。 屋根面積25坪=約82㎡ですから、こちらも相場で乗じると20万5,000~24万6,000円になります。 高圧洗浄や下地調整もパックで含まれていますが、まったく同じ材料を使って同じ工事をしても相場より20万円以上は高くなる計算です。 大和ハウスリフォームだと外壁+コーキング+屋根の塗り替えだけで182万円~となりますが、街の外壁塗装業者なら120~140万円程度で済みます。 追加工事は確実に発生する! 大和ハウスリフォームの標準的な塗り替え工事では、外壁+コーキング+屋根のメンテナンスがパックになっています。 ところが、軒天・サッシ・雨樋などの工事はパックに含まれていません。 軒天は比較的に汚れにくい場所ですが、塗り替えると軒下の日光の反射が際立つので、絶対に外せない塗装ポイントです。 また、雨樋をあまり重視しない方もいますが、雨樋は塩化ビニールでできているため、年数が経つと白化してみすぼらしくなります。 しっかりと塗装でコーティングしておかないと、白化が進んで破損してしまうし、見た目の印象がグッと締まってくるので、雨樋の塗装も外せません。 これらの塗装も含めると、工事価格はさらに高くなって合計200万円は下らないでしょう。 大和ハウスリフォームの外壁塗装が高い理由 大和ハウスのリフォーム部門である『大和ハウスリフォーム』に外壁・屋根のメンテナンスをお任せすると、街の外壁塗装業者にお願いした場合よりも50万円以上高くなります。 実際の施工が下請け・孫請け業者の場合、大和ハウスリフォームは営業経費や施工管理費なども名目でマージンを取り、施工の原価+下請け・孫請け業者の取り分で工事を丸投げします。 大和ハウスリフォーム側の仕事といえば、完成後の検査くらいです。 大手のリフォーム会社に施工を依頼すると、こういった中間マージンがかかるため、確実に工事価格が高くなってしまいます。 全国各地をカバーできるように支店を配置して、営業マンや事務員が多数働いており、宣伝・広告にもしっかりとお金をかけています。 これらの運営費・人件費・広告費用などが、すべてリフォーム工事に上乗せされているのですから、工事価格は当然高くなります。 大和ハウスの住宅の外壁塗装は街の塗装業者に任せるのがベスト! 「一流のハウスメーカーである大和ハウスにお任せしてマイホームを建てたのだから、メンテナンスも一流の大手に任せるべきでは?」 このように考えて、大和ハウスリフォームに外壁塗装をお任せしている方も多いようですが、実は中間マージンやリフォーム会社のランニングコストなど、相当な金額を無駄に高く支払っていることになります。 大和ハウスの住宅でも、正しい塗装や塗料の知識と豊富な経験を持つ街の外壁塗装業者にお任せすれば、大和ハウスリフォームと同等か、それ以上に仕上げてくれます。 しかも、大和ハウスリフォームにお任せした場合と比べると数十万円は安く仕上がるのですから、住宅ローンを返済しながらメンテナンス費用も捻出しないといけない方の負担はグッと軽くなります。 外壁塗装パートナーズでは、大和ハウスでマイホームを建てた方にきっと満足いただける街の塗装業者を簡単3ステップで最大3社までご紹介いたします。 専任の外壁塗装アドバイザーが、あなたに寄り添ったアドバイスをいたしますので、はじめての外壁塗装でも安心してご相談いただけます。 大和ハウスの住宅で外壁塗装を検討中の方は、ぜひ外壁塗装パートナーズまでご相談ください。 お勧めしない理由その1 ハウスメーカーの オリジナル塗料 ハウスメーカーのオリジナル塗料は外部より高い値段設定が多い ハウスメーカーに外壁塗装を頼んだら、明らかに高いのはわかっているものの、ハウスメーカーのオリジナル塗料なので、外部に頼むのをやめるという方が多数いらっしゃいます。 オリジナル塗料と言われてしまうと、相見積もりがとれません 健全な競争が成り立ちませんので、必然的に金額は高止まりしてしまいます。 では渋々、ハウスメーカーに頼まなければならないのでしょうか? 実はそんな事はありません。 ハウスメーカーのオリジナル塗料と言っても、 製造しているのは一般的な塗料メーカー、何かしらの市販されている塗料に、少しだけ手を加えたものがほとんどです。 ほぼ類似している塗料や、現塗料の風合いを活かした状態にできる塗料もあります。 つまり、ハウスメーカーオリジナル塗料は塗料メーカーが出している塗料と機能的にはほとんど変わりません。 お勧めしない理由その2 10年以上の延長保証 外壁塗装を含んだメンテナンスを頼まないと延長保証を受けることができない 新築時の外壁の風合いを保ちたいという欲はそれほどでもないので、「オリジナル塗料はどうでもいいが、ハウスメーカーに外壁を含んだメンテナンスを頼まないと延長保証を置けることができない」と悩まれる方もたくさんいらっしゃいます。 延長保証の条件と言われてしまうと、 当然相見積もりにはなりません。 そして金額は高止まりしてしまいます。 では保証のためには、高額のハウスメーカーのメンテナンスを受けなければならないでしょうか。 これについても、そうは思いません。 大手のハウスメーカーも地場の工務店も、現在は10年間の保証をしなければなりません。 お勧めしない理由その3 外壁塗装以外の 特別補修 ハウスメーカーのメンテナンスは塗り替えをメインとして、ベランダの防水工事、白アリ対策の防蟻工事などが付いてきます ベランダの防水工事も、防蟻工事も初めてなので、そもそも相場がわからないところに、セットで見積金額を出されてしまい、それが如何に高額でも 比較のしようがなくなってしまい、仕方ないと頼んでしまうようです。 これもやはりハウスメーカーに頼んだ方がいいのでしょうか? これこそより高額になってしまう理由ですので、別に頼んだ方が良いと考えます。 防水工事は防水屋さん、防蟻工事は防蟻工事屋さんがそれぞれ担当します。 もちろん塗装は塗装屋さんです。 それぞれの工事に、ハウスメーカーの利益分が上乗せされるのです。 お勧めしない理由その4 ハウスメーカーと 塗装店は違う 私達が、ハウスメーカーに外壁塗装を頼まない方が良いと思っている一番の理由は、実は金額が高すぎる事ではありません 一番の理由は、塗装工事の質が悪くなるリスクが非常に高いからです。 通常、塗装店は塗料を自分たちで仕入れますが、ハウスメーカーの仕事の場合ほとんどが、塗料は ハウスメーカーから支給され、工賃だけ支払われます。 ハウスメーカーから支払われる工賃があまりに安いため「まともに仕事をしていると生活がままならない」というレベルだという話をよく耳にします。 そしてそれほどに追い詰められた仕事は請けなければ良いのではとも思いますが、自分でお客様を見付けることができない塗装職人は、それでも仕事を請けないと生活できないという状態に追い込まれてしまいます。 代表取締役 中嶋 明洋 神戸大学卒業後、大手メーカー、ITベンチャーを経て、2010年に株式会社ソーラーパートナーズを設立。 二級建築士、2級建築施工管理技士、既存住宅状況調査技術者など、建築関連の国家資格およびMBA 経営学修士 を取得。 これまでに培った知識と経験をもとに、専門工事店と消費者が直接出会えるプラットフォーム構築に日夜力を注いでいる。 solar-partners. solar-partners.

次の

ダイワハウス宅の外壁塗装をお考えの方へ ハウスメーカー塗装専門店がポイントをお伝えいたします

大和 ハウス 外壁 塗装 価格

標準の外壁材は、やはり「サイディング」 大和ハウスの注文住宅、ジーヴォ・シリーズで最もポピュラーかつメーカーも主力と位置づけるのが「ジーヴォ・E」。 屋根の形状など外観のバリエーションも豊富ですから、大抵の要望には対応できますし、それにマッチする外壁材も豊富。 大きく分けてサイディング、タイル、塗壁の3種類が用意されているのです。 特に何もこだわりがない場合、ジーヴォ・Eを選ぶと外壁材は標準の「DCウォール」が選択されます。 かっこいい名前が付いていますがこれは窯業系のサイディング、厚さは16mmと一般的。 耐火性能が高いとか、表面の塗装のグレードが高めとか特徴はありますが、何の事はないサイディング。 よくも悪くもオーソドックスです。 これより少しアップグレードさせると「DSウォール」、こちらの厚さは25mm。 通常よりは厚めにはなりますが、サイディングはサイディング、彫りが深くなる、高級感が出る。 その一方で、厚みの分重量があるので躯体にかかる負担が大きい、いずれメンテナンスが必要となる。 DCウォールでは表情に乏しいとか、感じた場合に選択されるものですが、それ以外のメリットは少なそうな外壁材です。 メンテナンスの手間が軽い「タイル」 「サイディングは10年とかで再塗装しなきゃならないのでしょ」。 こんな風にお客様が不満気ならば、すかさずすすめられるのが「タイル」の外壁材。 漆喰にタイルを貼っていくというそんな手間、大和ハウスはかけたりはしません。 サイディングの表面に、焼いたタイルを貼ったもの。 塗装で表情を演出するDCウォールなどと異なり、タイルですから再塗装のメンテナンスが不要。 表面は親水層で覆われているので、雨水で汚れが落ちるということになっている。 よくある汚れにくい便器などと同じ仕組ですね。 しかし、タイルはシャープな印象を残す外壁材ではあるのですが、いかんせんイメージが重い。 平屋の外壁にタイルを選ぶと、これは重すぎるかと。

次の

大和ハウスの外壁塗装は大和ハウスにメンテナンスを任せるべき? │ 外壁塗装パートナーズ

大和 ハウス 外壁 塗装 価格

大和ハウスで新築一戸建てを買おうと考えている方も多いかと思います。 価格はいくらだろう、と思う方も多いと思いますが、実は買ったとにもかなりお金がかかります。 というのは大和ハウスは建てた後のアフターメンテナンスで、リフォームを提案してくるからです。 どれくらいかかるのか、価格を調べてみました。 大和ハウスで新築一戸建てを買うと、10年目に点検が来る。 家を建てた後も、ずっと長くアフターサービスしてくれる会社はとても素晴らしいものです。 なぜなら家が壊れたら、どうしていいか一般にはわかりません。 そんな時にアフターがきちんとしている会社ならば、相談しやすいですよね。 大和ハウスももちろんそういう会社です。 積水ハウスやミサワホーム、旭化成などの大手ハウスメーカーと言われるところは、だいたいそういう手厚いアフターフォローをしてくれます。 具体的には10年目に点検に来てもらえます。 点検してもらって不具合があればリフォーム、不具合なくてもリフォーム? ネット上の口コミ・評判を見ると、10年目に点検がくるというのはほとんどの方が言われていることですし、ダイワハウスのホームページでもそううたってあります。 気になるのはそこで、リフォームの提案もされることです。 ある方は、外壁防水塗装の提案をされ、約300万の見積もりを出されたそうです。 リフォームすると実は保証が延長されます。 しなければ保証はされないのが一般的です。 ですから、結構な方がここでリフォームをされます。 新築一戸建てを買う時には、建てた後のリフォームの価格を気にしよう この10年目の防水塗装工事。 実は新築一戸建てを買う時に全く気にしない方がいるんですね。 もちろん300万円というのはある方のおたくの事例ですが、100〜300万円くらい、10年目の塗装で提案されるのはハウスメーカーではよくある話です。 10年目点検のリフォームが高すぎではないか?家は壊れるの? よく疑問に思われるのは、10年目でもうそれだけのお金をかけてリフォームしないといけないのということです。 最近のダイワハウスの家は、ジーヴォといった家は特にそうなのですが、性能が高いです。 はっきりって、10年目でもう外壁塗装しないとやばい家というのはとても少ないかと思います。 だから、高いのかな?リフォーム必要なのかな?と疑問に思うわけです。 ちなみに10年目点検するのは屋根、防水シート、外壁、防蟻あたりになります。 ちょっと意外かもしれませんが特に問題なくてもリフォームいかがですか、と提案されるケースがあります。 これは保証を延長するためですね。 リフォームの価格は妥当?評判口コミは? 価格が妥当かどうか、それは相見積もりしなければわかりません。 別の会社に同じ内容で見積もりを取ることです。 例えば地元の塗装店に見積もりを取ると、ほとんどの場合、ハウスメーカーの方が高いです。 そりゃそうですよね。 高給取りの社員もいればショールームもテレビCMもやってますから。 でも他社でリフォームすると保証がつかないので、そこが困るところです。 スポンサーリンク 10年目点検以降はどうなるのか? 5年ごとに点検に来てもらえます。 不具合はないか診断するわけですね。 その時にまた、リフォームの提案もあるわけです。 そうなると、いったいいつまで点検、リフォーム営業されるのか、時になると思います。 基本は点検が続く限りそのようなリフォーム提案もセットになります。 これは大手ハウスメーカー皆一緒です。 ハウスメーカーの皆さんは1000億円くらいリフォームやっているところも多いので、それだけリフォームで稼いでいるんです。 つまり、新築を建てた方からリフォームのお金もいただいているという。 でも勘違いしないでください。 家は絶対に劣化していくものです。 何も手を入れなければ。 ですから、リフォームというものは家を維持管理するために必ず必要なものなんです。 それは10年目ではないかもしれませんが、20年、25年、30年と立っていけば、あらゆるものが劣化していきます。 ですから、結局はフルリフォームが必要になっています。 リフォームしないなら、家はどんどん痛んで、立て替えなければなりません。 では、30年きちんとリフォームするといくらかかるのか、それはこちらの記事でまとめています。 大和ハウスの家は長持ちするが、それはリフォームしなくていいわけではない 10年目点検でリフォームの提案をしてくれる。 これは工務店ではあまりありません。 普通は建てて、おしまい、アフターも点検もこないというのが結構普通です。 ですから、ちゃんと点検に来てくれて、リフォームアドバイスをしてくれるというのは、住宅会社としてとてもまっとうです。 問題なのは、後々リフォームの費用がかかるのにそれを知らずに新築を目一杯の予算で買ってしまうことです。 もしかしたら本当にいい営業マンは、リフォームのためにちょっとお金を残しておきましょう、なんて営業をしてくれるのかもしれませんね。 ですから、私が言いたいことは、建てた後のお金もきちんと考えましょうということです。 スポンサーリンク nazokaizin.

次の