スーパー メディア 変換 mac。 スーパーメディア変換Mac版の使い方

スーパーメディア変換Mac版の使い方

スーパー メディア 変換 mac

Support High Speed Conversion and GPU acceleration. Merge videos into one. Download YouTube to MP3 in one click. Download playlist from YouTube, Lynda to MP3, MP4 or other formats. Multi-task downloading supported. With download accelerator, 30X faster download speed than others. Downloading and converting files in one-click. Edit Trim video into several segments. Rotate video by 90, 180 or 270 degrees. srt,. ass, or. ssa extensions. 1 Minute Record Skype videos, Facetime videos, etc. 1 Minute Record screen for guide, tutorial, course, etc. Burn your precious video to high quality Blu-ray Disc or DVD. Toolbox Auto-fix and edit video metadata info. Convert video or photos to GIF. 5 Files Compress video without losing quality. With watermark Without watermark Convert image format from one to another. 5 Files 年間プラン• 本製品を1年間ご利用いただけます。 2年目以降はお客様のクレジットカードから毎年自動的に同等の料金をお支払いいただくことになります。 お客様から自動更新停止のご連絡があるまで、毎年自動的に更新されます(自動更新)。 ただし、クレジットカードとPayPalに限定させていただきます。 コンビニ決済、銀行振込と代金引換の場合は、自動更新されません。 クレジットカードのご利用で自動更新停止を希望される場合は、ご自身でより解約手続きを行うか、または弊社までご連絡ください。 Paypalのご利用で自動更新停止を希望される場合は、Paypalの管理画面より停止してくださいますようお願いいたします。

次の

スーパーメディア変換!(Mac版)の再インストール方法

スーパー メディア 変換 mac

汎用性高いMP3と比較すれば、ファイルサイズ小さくて音質が向上させるメリットがあります。 今回で皆さんに紹介したいのM4A形式の音楽ファイルを編集する方法です。 ブラウザで作動できる編集ツールとオフラインで使える編集ソフトから自分の需要によって、編集方法を自ら選んでM4Aファイルを編集してみましょう。 どうぞ自分のパソコンに対応できるのを選んでダウンロード・インストールしてください。 そして、起動された「 FonePaw スーパーメディア変換」に編集したいM4Aファイルを追加してください。 追加されたM4Aファイルをトリミングしたいならば、「 カット」ボタンを押してください。 そこで、音楽を好きのように幾つのセグメントに分割することが可能です。 この機能によって、音声ファイルの中に要らない部分を消去して、欲しい部分のみをセグメントにしてから一つのファイルに結合することもできます。 ちなみにこのウインドウのボリュームスライダーを使えば出力オーディオの音量を調整することもできます。 トリミングされたファイルのビットレート等の詳しい設定を調整したい時は、メイン画面の「 設定」ボタンを押して、プロフィールウインドウのオーディオ設定で行ってください。 M4Aの編集が全部終わったら、「 変換」ボタンを押して編集後のM4Aファイルを出力してください。 変換する前にはプロフィールから変換先をM4Aを指定してください。 当然、編集した後M4Aファイルを汎用性が高いMP3やWMA等の形式に指定して変換することもできます。 オンラインM4A編集サービス オンラインでM4A形式の音声ファイルを編集したいならば、「」を試してください。 コンバーターですが、普通の音質設定やビットレート・サンプルレートをちょすエイする等の編集機能も備えています。 ブラウザで「 オンラインオーディオコンバーター」をアクセスしたら、「 ファイルを開く」ボタンを押してM4Aファイルをアップロードして編集することができます。 又はGoogle DriveやDropbox、ネットで配信された音楽のURLでM4Aファイルを追加することも可能です。 一度でアップロード・編集できるファイルは一つだけです。 アップロードのスピードはなかなか早いです。 筆者の場合では5MB程のファイルならば30秒足らずアップロード済みました。 ウインドウ上の進捗バーがなくなって、ファイル名のみ表示されるならば、アップロード完了の意味です。 これからは好みによって、ウインドウ下部の編集パネルから色々な調整を行ってください。 音質、ビットレート等の編集を行って、変更を適用するには「 変換」ボタンを押してください。 M4Aファイルが処理済み後、編集ウインドウはダウンロード画面に変えます。 変換完了の文字下、大きいな「 ダウンロード」ボタンによって編集後のM4Aファイルをダウンロードしてみましょう。 以上二つの方法の間、どちが好みでしょうか?コメントを残して、皆さんと自分のM4Aファイル処理の心得をシェアしてみましょう!.

次の

Mac用「スーパーメディア変換」の使用方法

スーパー メディア 変換 mac

1-1 ファイルを追加 メインメニューのツールバーに「変換」タブをクリックすると、変換モードに入ります。 真ん中のボタンをクリックするか、ドラッグ・ドロップの操作で、直接ファイルを元の場所から追加することもできます。 左上の「+ファイルを追加」ボタンをクリックすると、動画や音楽ファイルを追加できます。 動画・音楽・DVDファイルが追加されると、画面真ん中の変換待ちエリアに表示されます。 再生と編集ツールもサムネイルで表示され、ファイルのオリジナル情報と変換予定の仕様情報も表示されます。 変換待ちの動画・音楽・DVDファイルを右クリックすると、ファイルの変換、変換キャンセル、一時停止と再開、削除、メディア情報の確認などの操作ができます。 ファイルのサムネイルにカーソルを合わせると、再生アイコンが表示されてクリックすると、動画・音楽・DVDファイルを再生します。 サムネイル画像の下で、トリム、クロップ、画面調整、この3つの編集項目が並んでおり、それぞれのボタンをクリックすると、動画・音楽・DVDファイルの簡単編集ができます。 直接ファイルの変換作業を行いたい場合は、直接までジャンプしましよう。 トリムスライダー(細いオレンジ色の線)が現れます。 スライダーをマウスで動かし、指定のシーンで止まり、「カット」を押すと、オレンジ色の線で元の動画が「セグメント1」と「セグメント2」に分かれます。 任意のセグメントをクリックすると、動画のこの部分が紫色で表示され、「削除」をクリックすれば削除できます。 このように、動画のいらない部分を自由にトリムすることができます。 再生ボタンをクリックすると、トリム後の効果を確認しましょう。 左下のすべてのセグメントをマージにチェックをいれると、いらないシーンのみをカットされ、残りの動画は結合されます。 トリム作業が完了したら、「保存」をクリックします。 ここで画面の回転や部分拡大などの調整ができます。 まずは回転を見てみましょう。 とともに左下側のプレビュー画面で即時で反映され、調整の効果が一目瞭然です。 そして「部分拡大」の機能も活用してみましょう。 画面上オレンジ色の枠を、マウスのドラッグ操作で自由に調整し、残りたい部分だけを切り抜きします。 また、切り抜き範囲のサイズの手動入力や、調整後の画面比率も「オリジナルサイズ」、「切り抜きサイズ」、「フルスクリーン」、「16:9」、「4:3」、「レターボックス」、「パン&スキャン」から設定できます。 「OK」をクリックすると、調整効果は適用されます。 保存する前に、動画のプレビュー再生もお忘れなく。 ここで動画画面の明るさ、コントラスト、彩度の自由調整や、フィルタをかけることもできます。 とともに、調整効果もプレビュー画面で反映されます。 満足のいける効果が達成するまで、調整を続けましょう。 「画像のタイプ」をクリックすると、ロゴ画像を取り込み、置く場所をドラッグ操作で調整し、透かしとして追加されます。 とともに、透明度の調整もできます。 「テキストのタイプ」をクリックすると、透かしの文字を入力します。 「T」模様のボタンをクリックして、テキストのフォント、スタイルやサイズなどのプロパティを設定可能。 もちろん画像タイプと同じく、透明度の調整もできます。 サムネイル画像の下で「エフェクト」ボタンをクリックし、「字幕」のタブより字幕ファイルを取り込みましょう。 あらかじめ動画の字幕ファイル(. SRT、. ASS、. SSA)を用意してください。 opensubtitles. 字幕ファイルをインポート後、字幕テキストのスタイル、透明度、ポジションなどのプロパティを設定できます。 サムネイル画像の下で「エフェクト」ボタンをクリックし、「音声」のタブよりファイルのオリジナルの音量を調整することができます。 動画・音楽・DVDファイルを取り込む後、ご希望の変換形式を自由に設定しましょう。 「スーパーメディア変換!」では、形式豊富のファイルに対応しています。 「履歴」、「ビデオ」、「音声」、「デバイス」、「編集する」合計四つの項目があり、それぞれ説明いたします。 すなわち「よく利用する形式」と把握していいでしょう。 次回利用の際、希望の形式をわざわざ探さなくて済むのは便利ですね。 動画ビデオファイルを変換したい場合は、この項目から希望の出力形式を探しましょう。 汎用のMP4、MOV、MKV、AVI、MWV、FLVから、今流行りのYoutube、Facebookに特化した出力形式まで、幅広い出力形式を選択できます。 そして各形式の下にも、「HD 1080P」「SD 480P」「4K」など、画質の設定ができます。 一部の形式(MP4、MOV、MKV、AVI)では、3D動画の設定にも対応しています。 ご希望の出力形式が見つかったら、画質の設定をした後ダブルクリックします。 音楽ファイルを変換したい場合は、この項目から希望の出力形式を探しましょう。 MP3、WAV、M4A、WMA、AACなど、形式豊かの音楽ファイル形式が揃えています。 そして各形式の下にも、「高品質」「優れた音質」「普通音質」など、音質の設定ができます。 一部の形式(MAV、FLC、AIFF、APE)では、ロスレス音質の設定にも対応しています。 ご希望の出力形式が見つかったら、音質の設定をした後ダブルクリックします。 Apple、Samsung、Sonyのスマホだけでなく、タブレット、TVやゲーム機などのデバイスにも対応します。 もっと簡単に出力形式を指定したい場合は? 最初から最後まですべての形式から探すのが面倒…こういう場合は、上記それぞれの項目で「検索」機能を活用しましょう。 検索欄でご希望形式の名前を入力し、結果がすぐ出します。 上級者向け、出力形式をさらに詳しく設定 既存の形式仕様をさらに詳しく設定したい場合は、各形式右側の編集ボタン、または「カスタムを作成」をクリックしましょう。 詳細設定のメニューでは、形式のタイトル、品質、フレームレート、ビットレート、音声の品質まで設定可能。 すべての設定を完了したら、動画右側の「変換」ボタンをクリックし、変換開始します。 複数動画を一括で変換したい場合、画面の右下の「一括変換」ボタンをクリックしましょう。 「何もしない」、「シャットダウン」、「スリープ」、「プログラムを終了」から選べ、省エネルギーが実現できる便利機能です。 超高速変換したい場合、「高速変換」のスライドボタンを入れてください。 変換中のイメージです。 変換進捗が紫色のプログレスバーで表示され、残り時間も右側で表示されます。 そして、フィアルの変換中、ぞれぞれのファイルの「キャンセル」ボタンまたは下側の「キャンセル」(一括キャンセル)ボタンから、いつでもファイルの変換を取り消しすることができます。 変換が完了のファイルは「変換済」のサブタブで表示されます。 変換完了後のファイルを右クリックすると、ファイルの再生、削除、リネーム、メディア情報確認などの操作ができます。 またはマウスを動画ファイルに当て、「転送リストに追加」ボタンをクリックすると、動画ファイルが「転送」メニューに追加され、次の転送操作を行えます。 2-1 DVD素材(動画・音楽ファイル)の追加と簡単編集 メインメニューのツールバーに「作成」タブをクリックすると、DVD作成モードに入ります。 1-1で紹介したと同じく、「+メディア」/「DVD」ボタンをクリックすることで、またはドラッグ・アンド・ドロップの操作で、DVD作成に必要の素材(動画・音楽ファイル)を追加できます。 DVD作成素材が追加されると、画面真ん中の作成待ちエリアに表示されます。 再生と編集ツールもサムネイルの下で表示され、ファイルのオリジナル情報も表示されます。 追加されたメディアファイルを右クリックすると、ファイルの再生、削除、プロパティ詳細の確認、ファイル場所の確認ができます。 以下は、この3つの設定項目を紹介いたします。 追加された動画・音楽ファイルを直接DVDに焼きたい場合は、DVDディスクをパソコンのDVDドライブに挿入してから、「パソコンのDVDドライブ」を選びます。 DVDディスクがお手元になく、次回で焼きたい場合は「DVDフォルダ」、「ISOファイル」を選びましょう。 「DVDフォルダ」の中の動画ファイルを再び直接編集は可能ですが、ISOファイルは編集できません。 テンプレート上側の「前へ」「次へ」ボタン、または編集マークのボタンをクリックし、ご自分のDVDコンテンツに合わせて選びましょう。 編集マークのボタンをクリックすると、このように、すべてのDVDテンプレート一覧が表示されます。 「Cartoon(イラスト)」、「Default(デフォルト)」、「Holiday(ホリデー)」、「Romantic(ロマンチック)」、「Scenery 四季景色 」、「Science SF風 」合計6つのテーマが内蔵されております。 サムネイル画像で表示されるのがDVDのシーンの模様で、右側の大きい図はDVDのメインメニューの模様です。 お気に入りのDVDテンプレートを選定し、「My DVD」のところをクリックすると、「智也と結衣の結婚式」「新ちゃん3歳のお誕生日記念」など、テキストを入力してDVDのタイトルを変更しましょう。 もちろんテキストのスタイルも自由設定可能です。 そして下側の「背景の追加」、「BGMの追加」より、テンプレート背景の変更とBGMの追加ができます。 「OK」をクリックするとDVDテンプレートの設定を完了します。 「DVDラベル」で、DVDディスクがPCで表示する名前を入力します;「テンプレート」は、上記テンプレートと同じの設定方法です。 「画面比率」を16:9、4:3から、「TV規格」を「NTSC」、「PAL」から選べます。 最後に「品質」を「高品質」、「標準品質」、「ディスクと一致」から設定します。 2-3 DVD作成の開始 上記の設定が全て完了後、右下にある「作成」ボタンをクリックすると、DVDの作成が開始します。 「何もしない」、「シャットダウン」、「スリープ」、「プログラムを終了」から選べ、省エネルギーが実現できる便利機能です。 「DVD5(4700MB)」「DVD9(8500MB)」からの指定ができます。 DVD作成進行中のイメージです。 DVD作成が完了後、「保存先を開く」より作成済みのファイルを確認することができます。 今後ダウンロード機能において、各動画サイトの変動に合わせて個別のアップデート対応はいたしかねますので、スクリーン録画のご利用をおすすめいたします。 ご了承の程よろしくお願いいたします。 メインメニューのツールバーに「ダウンロード」タブをクリックすると、ダウンロードモードに入ります。 ダウンロードモードでは、Web動画のダウンロードのみではなく、動画からMP3の抽出や、画面録画もできます。 まずはWeb動画とMP3抽出の方法を見てみましょう。 動画の検索結果URL)、動画の解析が行えず、直接ダウンロードになります。 2、動画解析が終わったら、ダウンロード可能の動画形式と音声形式の情報が表示され、動画をダウンロードするか、動画から音声のみを抽出するかを選択できます。 動画の解像度、音楽の音質も選択可能です。 そして字幕のダウンロードも選択できます。 今後もこの設定を汎用したい場合は、「選択をデフォルトとして設定して、再表示しないでください。 」にチェックを入れましょう。 3、選択が完了後、「ダウンロード」ボタンをクリックし、Web動画のダウンロードが開始します。 4、ダウンロード完了の動画は、「完了」のサブタブで表示されます。 右クリックすると、再生、名前の変更、削除、メディア情報の確認以外に、変換リスト、DVD作成リスト、転送リストに追加し、次の作業を行うこともできます。 3-2 録画 録画機能を使うと、WindowsのMedia Playerなどのプレーヤーで再生しているビデオ、スクリーンでの操作、またはYoutubeやニコニコ動画などのWeb動画を録画できます。 しかも録画したい部分だけを録画したり、録画したいキャプチャだけを録画したり、録画したい時間だけを録画したり!自由度の優れた設定ができるようになっています。 1、録画の準備 「ビデオの録画」をクリックし、録画の準備画面に入ります。 録画の設定バーが表示され、キャプチャエリア(録画範囲)の調整、スピーカーとマイクの設定、録画時間などの設定がここから行えます。 再生中のウインドウが検出された場合、自動的にそのウインドウに合った録画範囲枠になります。 またはドラッグ操作で自由調整し、微調整が可能です。 あるいは横と縦の数値を入力し、録画範囲の枠を設定できます。 ここで出力先、フレームレート、録画品質の設定をします。 ここで「自動終了設定」、「タイムシフト録画」の設定をします。 長い時間の録画、または生中継、タイムシフトの録画におすすめの機能です。 ここでマウスに関する設定します。 「録画中マウスカーソルを表示」、「マウスクリックのサウンドを再生」にチェックを入れると、相応の機能が適応されます。 チュートリアル動画に最適の機能ですね。 マウスではなくホットケーキによる録画の開始と停止は、完成度の高い録画に欠かせません。 録画の開始 すべての設定が完了後、「REC」ボタンを押して、録画を開始します。 開始前に5秒の準備時間が設けられております。 録画を停止したい場合は、停止ボタンあるいは指定したホットキーで録画を停止します。 録画完了の動画は、「完了」のサブタブで表示されます。 4-1 ファイル転送 メインメニューのツールバーに「転送」タブをクリックすると、ファイル転送画面になります。 1、まずはデバイス(iPhone、iPad、iPod Touch、Androidスマホ、ビデオカメラ、フラッシュディスク、外付けハードディスクなど)をPCに接続します。 ここで例として、iPhone7をPCに接続しました。 接続後、「このパソコンを信頼しますか?」のダイアログボックスで「信頼」を押しましょう。 2、接続が完了後、右上側に接続したデバイスの名前が表示されます。 同時に複数のデバイスを接続した場合、デバイスの選択も右上側から選択します。 3、転送したいメディアファイルを取り入れましょう。 PC内の動画・音楽ファイルでもいいし、「スーパーメディア変換!」で変換済み、ダウンロード済みのファイルを取り入れてもOK。 4、転送を開始します。 それぞれのファイル転送もできますし、「すべてを転送」ボタンをクリックし、同時に複数ファイルの一括転送もできます。 5、転送完了後、デバイス内で確認しましょう。 iPhoneの場合、アプリ「ビデオ」を開き、先転送済みのファイルが確認できます。 4-2 ビデオメタデータを修正 メインメニューのツールバーに「ツールボックス」タブをクリックすると、ツールボックスのポータル画面に入ります。 ツールボックス内では、「ビデオメタデータを修正」、「VR変換」、「テレビにキャスト」合計3つのメディアツールと、「画面録画」、「GIFメーカー」この2つのアシスタントツールが内蔵されています。 「ビデオメタデータを修正」機能を使い、ビデオのメタデータ情報の自動修正と編集することができます。 メタデータ情報が検索できなかった場合、手動で各項目に入力し、補完することができます。 入力可能の項目は、エピソード、出演、監督、脚本、タグライン、説明、コメント、発売日、ジャンル、レーティング、品質です。 入力補完が完了したら、「保存」をクリックし、メタデータ情報が保存されます。 1、360度動画のファイルを取り込み、それからビデオモードを選択します。 自分の動画ファイルはどのようなタイプに当てはまるか、よく確認してから指定しましょう。 2、出力先のVRデバイスを選択します。 現在対応しているVRデバイスは、HTC Vive、Gear VR、Oculus Riftとなっております。 3、変換後ファイルの保存先を指定して、「変換」ボタンで変換を開始しましょう。 今後キャンスト機能において、各デバイスに合わせて個別のアップデート対応はいたしかねます。 ご了承の程よろしくお願いいたします。 テレビにキャンストするとは、「スーパーメディア変換!」でダウンロード、変換済みの動画を、ChromeCast、Apple TVなどを通して、まるごとテレビに移して表示することです。 動画を取り込み後、接続したデバイス(Chromecast、Xbox360、AppleTV、PS3、Roku、Airplay、DLNA)を指定したら、その動画がテレビで表示され、そのまま大きいスクリーンで楽しめます。 4-5 画面録画 1、録画の準備 「ビデオの録画」をクリックし、録画の準備画面に入ります。 録画の設定バーが表示され、キャプチャエリア(録画範囲)の調整、スピーカーとマイクの設定、録画時間などの設定がここから行えます。 再生中のウインドウが検出された場合、自動的にそのウインドウに合った録画範囲枠になります。 またはドラッグ操作で自由調整し、微調整が可能です。 あるいは横と縦の数値を入力し、録画範囲の枠を設定できます。 ここで出力先、フレームレート、録画品質の設定をします; b. ここで「自動終了設定」、「タイムシフト録画」の設定をします。 長い時間の録画、または生中継、タイムシフトの録画におすすめの機能です。 ここでマウスに関する設定します。 「録画中マウスカーソルを表示」、「マウスクリックのサウンドを再生」にチェックを入れると、相応の機能が適応されます。 チュートリアル動画に最適の機能ですね。 マウスではなくホットケーキによる録画の開始と停止は、完成度の高い録画に欠かせません。 録画の開始 すべての設定が完了後、「REC」ボタンを押して、録画を開始します。 開始前に5秒の準備時間が設けられております。 録画を停止したい場合は、停止ボタンあるいは指定したホットキーで録画を停止します。 4-6 GIFメーカー ある動画で「面白い!保存したい」と思う動的シーンがあったら、「スーパーメディア変換!」でGifを作成し、友達とシェアしましょう。 「ビデオをGIFに変換」するか、「写真をGIFに変換」するかをまず指定しましょう。 開始時刻、終了時間を手動で入力することで、GIF動画素材としてのシーンを選択します。 2、左側の出力サイズ、フレームレート、出力先を設定し、「Gifを作成」ボタンからGIF動画の作成が開始します。 Gifが作成完了後、保存先のフォルダが自動的に開かれます。 4-7 CD作成 「スーパーメディア変換!」では、音楽CDを作成することができます。 ご注意:使用する音声ファイルに使用権限(CDへの書き込み権限)などが設定されている場合は、書き込めないことがあります。 「CD作成」画面を立ち上げる スーパーメディア変換を起動し、ツールボックスをクリックして「CD作成」を選択します。 「CD作成」画面が立ち上がります。 音楽ファイルを読み込む 真ん中のボタンをクリックして、CDに書き込みたい音楽を読み込みます。 右上の作成欄には、ドライブの型番が表示されるところです。 空白・表示されていない場合は、ドライブに接続していないか、光学ドライブが認識されない場合があります。 音楽CDの作成 問題がなければ、CDをドライブに挿入し、右下の作成ボタンをクリックします。 書き込みが完了するまで、しばらく待ちます。 4-8 画像変換 ツールボックス画面の「画像変換」をクリックして、画像変換のウィンドウが立ち上がります。 Step 1. 追加されたファイルはサムネイルで表示されます。 Step 2. 画像を編集する(オプション) 編集したい画像にカーソルを合わせると、サムネイル画像の下でクロップ、エフェクト、画像品質設定の編集アイコンが表示されます。 また、切り抜き範囲のサイズの入力欄に値を入力すると、クロップの範囲も変更されます。 右上の回転ボタンをクリックすることで、画像を反時計回り/時計回りに回転させたり、左右/上下反転することが可能です。 左下側のプレビュー画面で確認しながら調整できます。 左にドラッグするほど値が小さく、右にドラッグするほど値が大きくなります。 画像のサイズをカスタマイズするには、左上のオリジナルサイズのチェックを外す必要があります。 「縦横比を固定する」にチェックを入力した場合は、「高さ」を設定すると「幅」が、「幅」を設定すると「高さ」が自動的に設定されます。 「縦横比を固定する」にチェックを外した場合は、「高さ」と「幅」に値を入力すると、値が変更されます。 画像の品質を圧縮するには、スライダーをドラッグで設定します。 ドラッグした位置にスライダーの点が移動し、スライダー右横にある値が変更されます。 Step 4. 画像を変換する• 出力形式を一括指定をクリックして、出力形式を指定します。 ドロップダウンメニューでご希望の出力形式を指定できます。 変換したい画像を選択します。 変換する前に、出力先を確認します。 右下の変換ボタンをクリックします。 変換作業が完了次第、フォルダーアイコンをクリックして、変換されたファイルを確認します。 4-9 動画圧縮 ツールボックスにある「動画圧縮」をクリックして、動画圧縮ウィンドウが立ち上がります。 Step 1. 動画を読み込む 動画を読み込むために、動画ファイルをドラッグ・ドロップします。 そして、読み込んだ動画の形式、解像度、長さ、サイズの一覧が表示されます。 Step 2. 設定を行う• ファイルサイズ:ファイルサイズを変更するには、三つの方法があります。 ファイルサイズ右横にある数字をクリックしてカーソルが表示されたら、数値を入力します。 値を入力すると、値が変更されます。 [Enter]キーを押して、値を確定します。 例えば、読み込んだ動画サイズは18Mで、18以下の数値を入力してください。 上下の三角形のアイコンをクリックしても、ファイルサイズの値を変更できます。 上の三角形をクリックすると値が大きく、下の三角形をクリックすると値が小さくなります。 スライダーの白い点をドラッグします。 左にドラッグするほど値が小さく、右にドラッグするほど値が大きくなります。 品質とビットレート:上記のファイルサイズ、形式、解像度のいずれかの設定によって、品質とビットレートの数値は自動的に変更されます。 プレビュー:プレビューボタンをクリックすると、出力動画ファイルの品質を(最大20秒)確認することができます。 Step 3. 動画を圧縮する 変換する前に、動画の出力先を確認します。 出力先を変更するには、「・・・」アイコンをクリックします。 問題がなければ、圧縮をクリックします。 圧縮作業完了するまでに、少々お待ちください。 5-2 インストール 1、ブラウザ内のダウンロードが完了後、「実行」をクリックします。 dmgのインストールファイルをクリックします。 あるいはダウンロード先を開き、. dmgのインストールファイルをダブルクリックします。 2、「スーパーメディア変換」のアイコンをApplicationsのフォルダにドラッグ&ドロップします。 インストールが開始し、終了するまでしばらくお待ち下さい。 3、インストールが完了し、「今すぐ開始」のボタンをクリックして、早速体験してみましょう。 5-3 試用版の制限 本製品を登録せずに無料使用する場合、下記のような「無料体験(試用版)における制限」が表示されます。 試用を続く場合は、「試用」をクリックし、使用制限を解除したい場合は「購入」より製品の購入手続きをしてください。 すでに購入済みの方は、「登録」を押して登録してください。 5-4 製品登録 ご購入後、製品を登録してからご使用ください。 2以前のバージョンで登録する場合 1、右上側のユーザー登録ボタンをクリックし、登録画面を呼び出します。 ご購入後電子メールで送信された「製品登録情報」を入力します: メールアドレスを「メールアドレス」欄に入力し、登録コードを「登録コード」欄に入力します。 *ご登録に関する注意事項: 登録情報を入力時や、登録メールのメールアドと登録コードをコピー&ペーストする際には、スペースがないことを確認してください。 ご登録時に何かご問題がありましたら、までご参照をお願いいたします。 2、「サインインまたは登録」ボタンをクリックし、登録が完了します。 登録後、すべての試用制限が解除されます。 再びユーザー登録ボタンをクリックし、「マイアカウント」画面で、購入済み製品のライセンス情報を確認できます。 2以降のバージョンで登録する場合 11. 0以降のバージョンの場合は、Wondershare IDか、登録コードのどちらも登録することができます。 スーパーメディア変換を実行し、右上の「ログイン」をクリックすると、登録ウィンドウが表示されます。 Eメールとパスワード・登録コードを入力して、「ログイン」ボタンをクリックし、ログインが完了されます。 ログイン完了した後、アカウント情報が表示されます。 すでにスーパーメディア変換の製品版を購入した場合、製品のすべての機能を制限なく利用できるようになります。 購入していない場合は、アカウント情報の「ご購入」をクリックして購入できます。 支払いが完了し、しばらくお待ちいただき、ご利用プランの右のリフレッシュボタンをクリックすると、自動的に製品版に切り替えますので、そのまま利用いただけます。 アクティベーションが失敗した場合、スーパーメディア変換を閉じて再起動してください。 5-6 Wondershare IDについて Wondershare IDとは(11. 2以降のバージョンのみに対応) Wondershare IDとは、弊社が提供する便利なサービスを誰でも無料でご利用いただけるIDです。 スーパーメディア変換のへのアクセスや、アクティベーション状態や注文履歴のチェックをカンタンにできます。 弊社とお取引のないお客様でも気軽にご登録いただけます。 今後、弊社のその他の製品やサービスに接続できるようになる予定です。 スーパーメディア変換を実行し、右上の「ログイン」をクリックすると、登録ウィンドウが表示されます。 「アカウント作成」をクリックします。 メールアドレスとパスワードを入力します。 プライバシーポリシーとEULAをを確認した後、「新規作成」ボタンをクリックします。 Wondershare IDの作成が成功したら、自動的にログインした状態になります。 Wondershare IDのパスワードの回復またはリセット パスワードを忘れたり、パスワードエラーなどのエラーメッセージが表示された場合には、Wondershare IDを使ってパスワードを再設定することができます。 登録ウィンドウで、「パスワードを取得またはリセット」をクリックします。 ポップアップウィンドウでWondershare IDに関連付けられたメールアドレスを入力し、「次へ」をクリックします。 受信した認証コードを入力します。 新しいパスワードを確認のために2回入力し、「パスワードをリセット」をクリックします。

次の