切り 絵 作家。 RISA FUKUI 福井利佐

切り絵と有名作家!繊細で美しいアートの世界を紹介

切り 絵 作家

奥居 匡さん 切り絵作家 奥居 匡さんを訪ねて 今回は滋賀県の自然や景観の美しさを切り絵で伝えておられる、切り絵作家の奥居匡さんにその魅力や自然の大切さについてお話を伺いました。 限りある自然の大切さを語りながら 作品をつくる感動を伝えていきたい 【お問い合わせ先】 奥居 匡さん 住 所 :〒527-0172 滋賀県東近江市鯰江町1221 電 話 :0749-46-0360 e-mail : blog : 切り絵を始められたきっかけと切り絵の特徴について教えてください。 私が切り絵を始めたのは大学2回生の時です。 当時在籍していた大学の友人に誘われ、自費出版で絵本を制作したことが切り絵を始めるきっかけとなりました。 当初は切り絵ではなくボールペンを使って絵を描いていました。 しかし、ある日作品づくりのネタを探している時に、偶然切り絵作家の東君平(ひがしくんぺい)氏の作品に出会ったことから切り絵の魅力に引き込まれました。 大学では美術の勉強をしていたわけでもなく、身近に教えてくれる人もいなかったことから独学で切り絵を学ぶことにしました。 独学にも関わらず、初めて制作した切り絵の作品は周囲からの評判も良かったため、本格的に切り絵作家としての道を歩むことにしました。 切り絵は、様々な種類の紙をデザインナイフやカッターナイフで切り抜き、その後ろに色や柄の違う背景を重ねて貼り付けていきます。 切った紙のラインやその質感は筆などで描く絵と違い、独特の雰囲気をかもし出します。 また、フリーハンドで紙を切るため、やわらかな曲線が作れることも魅力の一つだと考えています。 しかしその反面、紙の色やラインがそのまま出てしまうため、絵画のようにぼやかすということができない大変さもあります。 完成した作品はとても色鮮やかで、何枚も紙を重ねることにより作品を立体的に見せることができます。 現在では、大小合わせて年間1000点以上の作品をつくっています。 作品の題材にはどのようなものを選ばれているのですか。 また、その理由を教えてください。 私が作品をつくる際は、できるだけ近くにあるものを形にしたいという思いから普段見る風景や、身近にある自然を題材に作品を制作しています。 また、生まれ育った滋賀県の自然や景色を作品にすることによって、県内・県外に関わらず世界中の人に滋賀県の美しさを知ってもらいたいと考えています。 私のつくる作品にはそれぞれストーリーがあり、それらを繋げて切り絵の絵本も制作しています。 作品づくりのために風景などを見に行くこともありますが、見たままの風景が作品となるわけではありません。 風景を見て感じた気持ちを頭の中でイメージし、そのイメージを作品の中に表現しています。 しかし、最近では昔見た風景などが開発により徐々に少なくなっているということに寂しさを感じています。 現在では滋賀県の美しさを伝えると共に大切な自然を守る必要性を作品に込めてつくっています。 つぎの春も またそのつぎも おなじ季節におなじところで また会える幸せ・・・ ゆさゆさと 木の葉の間を通りぬけた風が のんびりと歌う お昼過ぎ 現在の活動について教えてください。 現在は年に数回、全国で作品の展覧会を開催しています。 展覧会ではできるだけ多くの人との関わりを持ちたいと考えています。 また、クラフトイベントや市の博物館などに招かれた際には切り絵体験教室も開いています。 切り絵体験教室では子供だけでなく大人の方にも体験してもらい、切り絵の楽しさを感じてもらっています。 最近では、カッターナイフを使ったことがない子供達もおり、紙を切って絵にすることがとても新鮮なようです。 同じ題材でも子供たちの作品には一人ひとりの個性が出て、とてもおもしろい作品になります。 今後もこのような体験教室を通じて、多くの方に切り絵の楽しさを伝えていければと考えています。 今後の目標について教えてください。 奥居さんが出版された本 今後の目標は、たくさんの人に感動を与えられるような切り絵の作品をこれからも継続してつくり続けていきたいと考えています。 また、それらの作品を通じて、滋賀県の魅力や自然の大切さを多くの方に知ってもらいたいと考えています。 しかし、残念ながら開発などによって身近な自然や滋賀の美しい風景が失われつつあるのも現実です。 体験教室で出会う子供達の中には、そんな美しい風景を知らない子供がたくさんいます。 だからこそ体験教室で出会った子供達には、限りある自然の大切さを語りながら作品をつくる感動を伝えていきたいと考えています。 2007年11月取材 Copyright C 2003 AYAHA Corporation. All Rights Reserved.

次の

切り絵作家福田理代(切り剣Masayo)のタコ等作品がスゴイ!年齢出身wikiや個展は?【世界!ニッポン行きたい人応援団】

切り 絵 作家

NEW:名刺を持とうプログラム(2018年4月) 柳沢京子が創る「ラッキー名刺」。 絵はきりえ。 色は和紙に手彩色。 ご要望にそった「名刺」をお届けします。 NEW:きり絵「メモリー」(2018年4月) きりえ創作50年を経て、毎日の暮らしに「かけがえのないよろこび」をお届けする役目が果たせたら、と思うようになりました。 NEW:きリ絵「合掌の図」(2018年4月) じっと見つめると、手に人生の年輪が刻まれています。 自分への贈り物として きリ絵「合掌の図」。 日野原重明先生の読みあげCD付「いのちいろはかるた」刊行。 柳沢京子への講演・ワークショップのご要望ございましたら、お気軽にご相談ください。 テーマは、街おこし・子育て支援・環境など。 きりえ創作50年にわたる経験を生かし、映像などを使った講演を行っています。 きりえワークショップでは、きりえ教材を使い小学校高学年から大人まできりえの楽しさを体験できます。

次の

作家プロフィール

切り 絵 作家

切り絵の発祥 切り絵の発祥地は中国になります。 その後日本やスイスなどに伝わり、その地特有の切り絵文化に変わっていきました。 日本切り絵 古より神様の儀式に使われ、今でも飛騨高山などに伝統的な様式が残っています。 紙がつながっていなくてもカッターの切り味が生かされていれば切り絵と呼ぶそうです。 主にデザインカッターを使用。 動植物や神話などをモチーフに、おめでたいデザインが特徴的。 主にハサミを使用。 主にハサミを使用。 カッターを使うことも有ります。 日本独自の文化かと思いきや、発祥は海外でヨーロッパやアメリカなどでも広く親しまれている芸術なんですね。 有名アーティストのスゴすぎる作品たち! 日本にも数多くの切り絵アーティストがいますが、皆さん個性が際立っていて作品も特徴的な物ばかりです。 この記事をご覧頂いた皆さんにも切り絵の素晴らしさを知ってほしいので有名アーティストさんの作品を一部紹介したいと思います。 とても一枚の紙から作られたものとは思えないほどです。 ちなみに海外でも日本人アーティストの作品の評価は高く、 「これは凄すぎる。 神を超えているよ。 」 「本物にしか見えない。 」 「もし自分の来世が紙なら、絶対に彼女の作品に生まれ変わりたい・・・」 などなどのコメントが。 これだけの作品を同じ日本人が生み出していると思うと、とても誇らしいですね。 スポンサーリンク 切り絵は購入出来る? あれだけ美しく繊細で魅力的な芸術作品である切り絵。 お家に飾れたらいいのになぁと思いますよね。 もし手に入れる機会があれば!と思いますがやはり気になる所はお値段ですよね。 作り手の魂がこもった作品。 制作時間やサイズによって価格は大きく変わってくるでしょうが、正確な相場というものはなく作り手の思い入れで価格は付いているようなものです。 ちなみに先ほど紹介した長屋 明さんの作品「トワイライト」については130万円のお値段が付いたそうです。 スゴイですね。 という場合でもハンドメイド・クラフト作品の通販サイト「Creema」に切り絵が販売されています。 リーズナブルな価格で素敵な作品が購入できますので「お家に飾ってみたいな」と思う方は購入してみるのもいいかもしれませんね。 まとめ 切り絵の世界は本当に素晴らしいですね。 たった1枚の紙が1本のカッターで芸術に変わる。 人間の才能や可能性を感じてしまいます。 切り絵という芸術がもっと広く浸透していって、たくさんの素敵な作品が今後も生み出されることを期待します。

次の