七五三 お寺。 七五三のお参りは神社?お寺?:七五三の知識:記念日の写真撮影は【スタジオマリオ】こどもの七五三や赤ちゃんのお宮参りの撮影

七五三のお日柄問題を解決!【仏滅・赤口】でもお参りをして大丈夫?

七五三 お寺

七五三のお参りは神社?お寺? 七五三お役立ちコラム お子さまの成長を祝う七五三。 一生の思い出になるよう、「かっこよく」「かわいく」してその日を迎えたいですよね。 お寺と神社に違いはあるの? もともと七五三は、旧暦十一月に氏神様へ参り、収穫の礼を申し上げると同時に「子どもが無事に成長できたこと」に感謝を捧げる形で始まりました。 神道では、産土神(うぶすながみ:生まれた土地の氏神)が子どもを守ると言われるため、自宅近くの神社へ参拝するのが一般的です。 一方、お寺でも七五三の参拝を受け付けているところが多くあります。 仏教では、仏様や先祖の霊が子どもを守ると言われるため「お子さまの成長を仏様や先祖に感謝しましょう」という紹介をされるのです。 神社とお寺のどちらへ参拝するか、そこに正解はありません。 お子さまの成長に感謝して、祝う気持ちが何より大事なこと。 パパとママがお子さまのために選んだなら、それが「正しいお参り先」です。 神社とお寺で違うお参り作法 七五三の参拝をする時、神社とお寺では参拝の作法が少し違います。 大切な日に失敗しないよう、それぞれの作法を確認しておきましょう。 【1】一揖 いちゆう の場所 神社では鳥居の前で、お寺では山門の前で一揖します。 一揖とは、両手を胸の前で組み合わせて行う敬礼のこと。 鳥居や山門は、神仏がいる場所への玄関にあたりますので、ご挨拶無しに入るのは失礼です。 必ず立ち止まって一揖してから入るようにしましょう。 【2】手水舎 ちょうずや で手を清める ここは神社、お寺ともに同じです。 お参り前には手を清めましょう。 神仏の前へ出る前に手を清めることは「禊(みそぎ)」と呼ばれる大事な作法です。 正式な手の清め方 1. 右手に柄杓を持って水をすくい、左手に水をかける 2. 左手に柄杓を持ち変え、右手に水をかける 3. 右手に柄杓を持ち変え、左手に水を受けて口をすすぐ 4. 柄杓を立て残った水で柄杓の柄を洗い、元へ戻す(4は省略しても可) 手にかける水は少量でよく、慣れるとひとすくいの柄杓の水で1~4の動作が全部出来ます。 「常香炉」の前でよく煙を浴びている人を目にしますが、これは身を清めると同時に身体の悪い部分を祓ってもらうため。 お子さまの成長に感謝する七五三では、仏様への気持ちとしてお線香を購入されても良いかもしれません。 ただしその際には人のつけたろうそくの火を使わないように注意しましょう。 他人の火を使ってしまうと「その人の業 ごう をもらってしまう」と言われています。 お子さまの健やかな成長を祝うのですから、新しく点したろうそくで、お線香を手向けましょう。 【4】参拝について 神社とお寺の参拝の作法で、一番間違えやすいのが「拍手」。 神社のお参りの作法は「2礼、2拍手、1礼」が基本です。 つまり2回お辞儀をしてから2回拍手し、最後に1礼します。 一方、お寺では拍手せず、手を合わせて祈るのが一般的。 間違えると目立ってしまうので「神社では拍手、お寺は拍手しない」と覚えておきましょう。 ただ神社、お寺によって作法が異なることもあります。 拍手の回数や、お香の頂き方など、宗派で違う場合もあるので、参拝先で事前に確認をしておくのが良いでしょう。 七五三を機に、お子さまと一緒に正しい参拝の作法を学んでみるのも面白いですね。 玉串料はお寺ではどうなる? 神社で七五三をする場合、ご祈祷のお礼は「玉串料」または「初穂料」と書いてお渡しします。 玉串とは神様に捧げる榊(さかき)の木のこと。 榊の代わりにお金を納めますという意味です。 「初穂料」の場合は、その年実った稲の代わりにお金を納めるのです。 では、お寺ではどうでしょう? お寺へのお礼は「御布施」と書きます。 丁寧にする場合「七五三詣」と添書きをします。 お参りは近場がおすすめ 七五三に、有名な神社やお寺にお参りに行きたい方もいらっしゃると思いますが、お参りに行く場所は、ご自宅からあまり遠くない神社やお寺がおすすめです。 神社の場合は、生まれた土地の氏神に参るのが良いとされていますし、何より慣れない衣装での長距離移動はお子さまが疲れてしまいます。 角度の急な階段が続いたり、参道があまりにも長いような神社やお寺も、七五三の場合は避けた方がいいかもしれません。 七五三は、お子さまのための行事です。 当日はお子さまが慣れない衣装で行動することを念頭に置いて、無理のないお参り先を選ぶようにしましょう。 日本で始まった七五三ですが、今や海外にも広まっています。 日本文化を紹介する団体によって「国際七五三」という催事が2000年からニューヨーク市で行われています。 お子さまの成長を願う親の気持ちは、世界共通なのでしょう。 みなさまもどうかお子さまの七五三を、心を込めて祝ってあげてください。

次の

七五三 初穂料(金額・のし袋・書き方・渡し方など)について|七五三ドットコム

七五三 お寺

七五三は神社でするもの?お寺でするもの? 七五三の歴史とは 七五三はとても長い歴史を持つ行事で、その発祥には諸説があります。 発祥説の一つは室町時代からのもの。 現代とは異なり幼少期に亡くなる子供が多かった当時、子供の親や家族達は「3・5・7才になるまで元気で育ったことに対する感謝」そして「今後も無事成長できることへの祈り」のため、近隣の神社(氏神様)にお参りに行きました。 これが七五三の始まりと言われています。 また七五三が旧暦11月に行われるようになった理由についても、いくつかの説があります。 ひとつは旧暦11月が「収穫祭(新嘗祭・にいなめさい等)」の時期であったというもの。 稲(米)等が取れたことに対する感謝を神様に申し述べるのと同時に、子供の無事な成長についての感謝も行い、加護を祈る…という考え方があったのですね。 また別説では、江戸時代に徳川5代将軍綱吉公の息子である徳松様の健康を祈る儀式を11月に行ったことから、七五三が11月に定着したとも言われています。 いずれにしても、元々は子供の守り神ともなる自宅近くの神社(氏神様・産土神様)に旧暦11月(頃)に参拝をする行事として「七五三」が定着したのです。 「成長を感謝する場」であることが大切 上記の発祥説から、七五三は「神社」で行うことが一般的であると考えられています。 しかし必ずしも「神社のみ」が七五三を行う場所とは決まってはいません。 「お寺」でも、七五三の参拝ができるところは数多くあるのです。 日本の仏教の考え方では、「先祖代々の祖先達の霊が子孫を守る存在である」とされています。 お寺の七五三では、仏様に子供の無事を感謝すると共に、ご先祖にも子供の健やかな成長をお願いするのですね。 「この年齢になるまで元気に育ったことを感謝する」「そしてこれからも元気に、健やかに成長することを祈る」…七五三に対する両親や祖父母といった家族の祈りの形は、神社でもお寺でも基本的には同じと言えるでしょう。 つまり神社でも、お寺でも、お子様のご両親やご家族が「子どものことを祈りたい」と考えられる場であれば、それが正解なのです。 この他、お身内にご不幸があった場合、忌中のうちには神社には入れない…ということで、その期間に七五三があたる場合には「お寺での七五三」を選ぶという方も居ます。 七五三参り(七五三詣で)の選び方と注意点 上記のとおり、現代の日本では神社だけでなくお寺でも七五三の参拝に対応するところが多いです。 ただその分だけ「選択肢が増えて、どの神社(お寺)を選べばよいのかわからない!」と頭を悩ませてしまうご家族が少なくありません。 七五三詣り先を選ぶ時には、どんなところに注意をしたらよいのでしょうか。 選び方のポイントをご紹介していきましょう。 神社では氏神様/産土神様が基本 日本の神道では、「生まれた土地の氏神様」のことを「産土神(うぶすながみ)」と呼び、この神様が子ども守る存在であると考えられてきました。 そのため原則としては、お子様が生まれ、育った場所であるご自宅の周辺の神社やお寺に参拝をするというのが大きな選択の要素となります。 ただ最近では、神社によっては「神主が常駐しない」というところもありますし、祈祷の日取りや時間に制限がある神社も珍しくなくなっています。 ご自宅のお近くの神社に目処をつけたら、早めに七五三詣りについて確認をしておいた方が良いでしょう。 有名な神社・大きなお寺を選ぶメリット・デメリット 氏神様・産土神様等にこだわらず、近隣等の有名な神社・大きなお寺を選ぶという方も多いです。 大規模な神社やお寺の場合、施設側が七五三詣での様々な手続きに慣れており、行事が比較的スムーズに進められるという点が大きな利点となっています。 また駐車場・トイレ等の施設の設備が整っている点もメリットですね。 特に七五三では慣れない和装でのトイレに戸惑うケースが多いです。 トイレが広々としていることの多い大規模な神社・寺院の方が助かる方は少なくないでしょう。 ただ反対に、有名神社・寺院ほど七五三の時期の予約が混み合ういがち。 ご希望の日にちで予約が取れなかったり、神社・寺院によっては予約をしていても待合室での待ち時間が意外と長い…というところもあるようです。 ご家族に縁がある場所ですか? いくら有名で名高い寺院や神社を選んでも、その立地がご家族のどなたにも縁がない場所なのは考えもの。 その神社仏閣とのご縁は「七五三で行ったっきり」ということになってしまいますよね。 それよりは、ご自宅やご実家等、ご家族のどなたかにはご縁がある場所の方が、ご家族の皆様の思い出にも残りやすいはず。 また後々にも何かのきっかけで訪れ、七五三を懐かしむ場所となりやすいのではないでしょうか。 お子さまやご家族に負担の無い距離ですか? 七五三のお祝いでは、お子さまが慣れない和装で体力を使い、お疲れになるケースも多々見られます。 特にお子さまに弟妹がいるご家族の場合、更に小さな赤ちゃん・幼児がご同行することになります。 ご自宅やご実家から移動に時間がかかる場所、特に自動車移動・公共機関での移動が多い場所等は、あまりおすすめができません。 寺院・神社に到着してからの祈祷中等にお子さまが疲れてしまうと、祈祷への参加が続行できないようなことにもなります。 お祖父様・お祖母様も含め、ご家族皆様の体力的な不安の無い距離感の神社仏閣を選ばれた方が良いでしょう。 ご参拝の皆さまのお考えを確認していますか? 七五三はお子さま御本人とご両親だけでなく、お子さまの両方のお祖父様・お祖母様達(お母様・お父様たちのご両親)にとっても大切なイベントです。 ご両親や義両親の世代の方の場合、昔のしきたりに従って「七五三は神社に行くもの」「七五三は氏神様に詣るもの」が常識とお考えの方も少なくありません。 特にご両親が幼い頃に行われた七五三とは異なる神社・寺院をお選びになる場合には、事前におじい様・おばあさまにもご連絡をして、納得をしていただいた方が安心です。 七五三については、お住まいの地方にもよっても考え方が大きく異なります。 両方のお祖父様・お祖母様、そしてご両親、ご親戚といった参加者の皆さまが気持ちよく参拝できるよう、よく相談をしておきましょう。 神社とお寺では七五三の作法も違うことに注意! 同じ「七五三」でも、神道の「神社」と仏教の「お寺」では作法が異なります。 当日になって慌てることが無いよう、基本の作法を確認しておくと安心です。 服装を整えて、両手を胸の前で組み合わせるようにして背筋を伸ばし、一礼をしてから入ります。 (帽子等はここで取ります)これを「一揖(いちゆう)」と言います。 大きな神社で一の鳥居、二ノ鳥居…とある場合にも、できれば正面玄関である一の鳥居からキチンと一揖してから入ることが正式です。 はしゃがずに静かに気持ちで歩きます。 神社の道(参道)の真ん中は「正中(せいちゅう)」と言い、神様の通り道。 ですから道の中心は避け、少し端を歩くようにします。 1)右手に柄杓(ひしゃく)を持ち、水をすくいます。 2)左手に水をかけます。 3)柄杓をもちかえて、右手に水をかけます。 4)再度右手に柄杓を持って、左手の手のひらを丸め、水をてのひらで受けます。 5)てのひらの水で口をすすぎます。 6)柄杓の柄の部分を下に向けて立て、水を垂らして柄の部分を洗い、元に戻します。 1)服装を整えて背筋を伸ばし、軽く一礼(一揖)します。 2)鈴・銅鑼がある場合には慣らします。 鈴の音によって神様を呼ぶのです。 3)お賽銭を入れる場合には、ここでお賽銭を静かに入れます。 4)二礼二拍手一礼を行います。 お寺とは異なり、手を合わせての参拝はしません。 5)丁寧な作法では、最後にもう一揖(軽いお辞儀)をして、参拝を終了します。 事前に参拝先で確認をしておくことをおすすめします。 各神社の禰宜さん・巫女さん等の指示に従ってください。 この時には、両手を合わせた「合掌(がっしょう)」をしながら一礼をする宗派が多いです。 また敷居(しきい)が高く作られている山門も多いですが、この敷居を踏んでしまうのは絶対にNG!敷居は踏まずに、男性の場合には左足から、女性の場合は右足からまたぐようにして入ります。 作法も基本的に同じと考えてOKです。 1)常香炉(じょうこうろ:煙を浴びることで心身を清めると言われる大きな香炉のこと。 本堂の手前にある)がある場合には、頭や体等に煙を浴びて、体を清めておきます。 2)本尊の前でお賽銭を入れます。 勢いよく入れずに、そっと入れましょう。 3)賽銭箱と並んで香炉がある場合には、ここでお焼香(しょうこう)をします。 親指・人差し指・中指の三本の指でお香をつまみ、額の高さで掲げてから香炉へとお香を静かに落とします。 お香をつまみ落とす回数は宗派により異なります。 宗派不明の場合には、1回だけ行えばOKです。 4)胸の前で静かに手を合わせます(合掌)。 神社のように拍手はしませんので、注意してください。 5)お線香(せんこう)を灯す場合には、火を口で吹き消さないことも大切です。 一度火をつけたら左手に持ち替え、右手で扇ぐようにして火を消しましょう。 ご不安な場合には参拝する寺院に事前確認することをおすすめします。 おわりに 「七五三」という行事は、現在においても各地方で考え方が大きく異なる行事と言われています。 例えば「満年齢ではなく数え歳で行う」という地方もあれば、「数え歳と満年齢の両方でお祝いをする」という地方等もあるほど、地域差の大きい行事なのです。 そのため「日本の標準的なルール」にこだわるよりも、各地域の考え方をよく確認し、それぞれのご家庭の都合等ともすり合わせながら、ベストな神社・仏閣を選ぶことが大切であると言えるでしょう。 しっかりと下調べをしておけば、お子さまの成長を祝う大切な一日をご家族皆様が笑顔で過ごせるはずですよ。 関連記事•

次の

七五三詣りのできる社寺 京都

七五三 お寺

クリックして好きな場所へ移動• まずは七五三の起源から 出典: 以前にこのサイトでも七五三のお話しは させて頂きましたが、 そもそも、七五三の由来は、 平安時代にまでさかのぼります。 子供は、 まず育たないというほど、 「生きること自体が困難」 という時代で、大人の平均寿命も 30歳くらいという短命な中、 7才になるまでの子供達は、 「神の子」 と言われ、この世に命がしっかりと 定着していない者として、扱われていました。 そのくらい、子供が無事に大きく育つ事が 難しかった為、 平安時代の中頃、 公家の間で3歳~7・8歳の間の 男女に お祝いが行われるようになったのが 起源だそうです。 そうした育つ事が難しいという背景から、 生まれて7歳未満の子供は 人別長(今でいう戸籍)には載せられませんでした。 7歳まで育って初めて人間として迎えられ、 氏神様にお参りして「氏子(うじこ)入り」の 奉告をしたのがお参りの由来です。 神社とお寺で七五三を祝う意味が違う? 出典: 神社での七五三のお参りの意味としては、 「子供が成長できました。 ありがとうございます」 「これからも元気に育ちますように」 という、みんなが既に知っている言葉ばかり で、色々と調べても、やはりこの意味合いで 大きな間違いはなさそうです。 神社への参拝理由は 成長の喜びと、感謝、お祓い、 これからも元気にという 祈願の意味です。 神社では、七五三の時に お祓いのような事もしますね? 祝詞(のりと)の後に、 出席者が頭を下げて大ぬさを神主さんが 振ってお祓いをします。 もちろん、お寺でも子供の無事な成長は 望まれて当然ですし、今まで大きく育った 事への感謝はお寺も同じです。 ですが、 お寺は祈願する場ではありません。 対象が神様ではなく、阿弥陀如来だからです。 お祓いもありません (けがれの概念が仏教にはありません) あるお寺のホームページには、 子供にはできるだけ楽しく健やかに 大きくなって欲しいと望みますが、 生きている限り悩みは尽きず、 悲しみの経験をしないといけないのが現実です。 お祓いでは現実的に悩みや悲しみを 取り除くことはできません。 どんなに嬉しい時や辛い時にも 共に喜び悲しんでくれる 仏さまがいてくれて、 いつも寄り添ってくれている という事を教えてもらう方が 子供の将来にとって どれほどの力となり、支えとなるか わかりません。 もし、ご門徒さんでお子様が七五三であれば、 お寺へお参りし、手を合わせる大切さを 共に味わうご縁にしていただきたい。 と、ありました。 神社とお寺はけっこう対照的ですね! お願い事をして、 悪いものを祓ってくれる神社と、 現実として人生は喜びだけでなく、 辛さや悲しみは避けられない、だけど いつも仏さまが寄り添って下さっているよと 教えるお寺・・。 無常の教えがある仏教だけに、 「人の世は、はかなく辛い」という、 結局は 苦しみは避けられないよという シビアな教えが根本にあります(汗) 身内が亡くなった年に七五三は神社でできない!? これは神道の「穢れ(けがれ)」の 考えが関係してきます。 穢れとは、汚く悪いもののように思いますが、 穢れ=気枯れとも言って、 身内が亡くなり、 心身共に100%の自分ではなく、 悲しみや別れの辛さが癒えずに日常を とりもどせない期間のことを言ったりします。 いわゆる 忌中、喪中のことですね? 忌中は身内が亡くなって一般的に50日と言われ、 派手な場所に出向いたり、 お祝い事は避けるとされている期間です。 喪中は身内が亡くなってからの悲しみが癒えて 日常を取り戻すまでの期間だとされます。 神道のこういう教えがあって、七五三という 華やかなお祝い事は身内が亡くなったら 止めたほうがいいと言われるゆえんなのです。 しかも、 「忌」の期間は鳥居をくぐってはいけない とされる言われがあり、忌と喪がよくわからない お母さんは、神社で七五三ができない! と、困る方もいらっしゃいます。 そんな時は、鳥居さえ くぐらなければいいのですから、 基本的には、 「忌」の50日間を過ぎていれば、 同年内に七五三を神社でするのは 良しとされています。 スポンサーリンク 仏教には「死=悪いもの」という概念はありません 仏教にはこの穢れの概念はありません。 ですが、 死が悲しくて、辛く、日常を取り戻すのに 時間がかかることは神道も仏教も一緒です。 (同じ人間ですから) ただ、忌中や喪中というのも仏教には ありませんので、 お寺での七五三のNGな行為は 特にありません。 いっそのこと身内が亡くなったから、 その年の七五三はお寺でしたほうがいい! と、死=お寺と関連付けて考えるのではなく、 仏教には忌中や喪中が無いという正しい理解を していただいたうえで、お寺へ七五三の お参りをしていただくほうがいいですね! まとめ 出典: 子供の成長はどの親にとっても嬉しく、 これからの人生を楽しいものにしてほしい 願いはみんな一緒です。 神社では、神主さんの祝詞や、 戸主による玉串奉納などがあり、 お寺では、みんなで読経して お焼香等、 各神社やお寺によって、内容は多少 違うかもしれません。 もし、祖父母も一緒にということ なら、どちらでするのか迷う場合は、 お伺いを立てたほうが無難かと 思います。 基本的な知識を持っていれば迷わず 七五三もできますね? 当サイトが少しでもお役に立てれば幸いです!.

次の