咳 吐き そう に なる 涙。 安眠を妨げる辛い咳喘息厄介だが過度に怖がるべきではない

喉がチクチクして、じわっと範囲が広がって、咳が我慢できない発作【咽頭喉異常感症】|HSPの繊細革命

咳 吐き そう に なる 涙

この季節、冬毛が抜け始めるので、マメにブラッシングしてあげてはいかがでしょう? うちは、習慣として毎日遊んだ後にはスリッカーブラシでブラッシングしてます。 短毛種と言えど、3月に入ってからはものすごい量抜けます。 うちの猫も吐かない猫で、今年のはじめに、初めてゲヒゲヒ言い出して、咳き込んでるのかと思って、大丈夫??と駆け寄ったら止まって「ういー気持ち悪いぜ」という顔をしたものの、その後はまったく普通に。 咳か?なんだ?と慌てて、でも「咳はくしゃみと間違えやすい」と聞いたことがあったので、あ、これは毛玉を吐こうとしたんだなと。 先輩猫飼い主の方に相談すると、「元気そうなら大丈夫だと思うけど、普段吐かない子が吐こうとするのは、違う原因がある可能性があるから、心配なら病院に行ってみたら?」と言われ、念のために病院に行くことに。 数ヶ月前に尿結石&膀胱炎になったので、今までのフードから療法食に変えていました。 それ以来、たまに便秘っぽいときがあり、まさかエサ変えてから毛がうまく排出されずにお腹に溜まってるんじゃ?!それなら吐いた方がよかったのか?などなど、妄想に捕らわれたんですが…。 結果、異常なしで、吐くのも普通のことだし、吐かないってことはちゃんと排出されてるってことだからと、そんなことより、膀胱炎の検査を…とスルーされそうになるところを、「吐こうとしたときは、止めない方がいいんですか?」とさらに食い下がりましたが、いやー別に、なるようになれば…みたいな感じで、とにかく猫界では本当にたいしたことじゃないらしいです。 ただ、うちの猫はそれきり。 膀胱炎と便秘対策を兼ねて、水分量多めの食事にしてますが、それは前からだし、猫草も一度あげてみましたが、買ってきて育つまでにはかなり日数が経ってましたし。 結局あの日、なんで吐こうとしたのかは不明なまま。 何かが効いて改善したのか、それとも一時的にのどに毛が絡まったりしたのか。 でもとにかく、あんまり神経質にならなくてもいいようですよ。 ありがとうございます。 私も同じく新米で、通ったばかりの道ですので、お気持ちすごくわかります。 今、またゲヒゲヒ言いだしてもたぶんまたビックリすると思います。 でもきっと毛ではなかった場合の方が心配するべきなんでしょうね。 ケータイの上に吐かれた(涙)という話も聞いたことがあるので、吐かないだけラッキーくらいに思って大丈夫だと思います。 ブラッシングは、遊んでヘトヘトになったところを狙うといいかもです。 よしよしと撫でながら、ほーら気持ちいいでしょうとアピールしつつ。 まだ元気な盛りだと思いますので、ジッとしてられないだけかも。 うちも充分遊んで「今日の営業は終了しますよ」くらいのところでいつもブラッシングしてます。 気持ちよさそうです。 まだエネルギーがあると「今はいいっすわ」と逃げられますね。

次の

咳とまらない、喉の奥がかゆくて吐きそうになる😭

咳 吐き そう に なる 涙

咳は、 「痰(たん)が絡んでいるか否か」「どのくらいの期間、続いているか」によって、その種類が分類されます。 湿性咳嗽は痰(たん)が絡む咳を、乾性咳嗽は痰(たん)が絡まない咳を指します。 湿性咳嗽(しっせいがいそう)・・・痰が絡む咳• 粘膜の塊(半透明でベトベトとした物質)ではありません。 咳が続く期間が3週間未満を「急性咳嗽」、3週間以上8週間未満を「遷延性慢性咳嗽」、8週間以上を「慢性咳嗽」と呼びます。 この分類は、咳の原因を判断するための大切な指標のひとつです。 急性咳嗽(きゅうせいがいそう)・・・3週間未満• 慢性咳嗽(まんせいがいそう)・・・8週間以上 咳の原因になる、代表的な疾患を見ていきましょう。 感染症の中でも、咳が起こりやすい疾患は以下です。 ・風邪 風邪ウイルスに感染して気管が炎症を起こすと、咳が出ます。 風邪による咳は、発症から3週間以内に治まることが多く、急性咳嗽に該当します。 また、痰が絡みやすいのも特徴です。 ・感染後咳嗽(かんせんごがいそう) 風邪をひいた後、咳だけが治まらない状態を「感染後咳嗽」と呼びます。 炎症が治まった後に気管が敏感になることが原因で、咳が止まらなくなります。 感染後咳嗽にかかると咳がしばらく続きますが、ほとんどの場合8週間以内には治まります。 ・百日咳(ひゃくにちぜき) 百日咳は、百日咳菌に感染することで発症する感染症です。 代表的な症状は、 感染から2~3週間後に生じる吐くほどの強い咳こみ・息を吸うときに出る「ヒューという呼吸音」の2つ。 2~3週間を過ぎると強い咳こみはなくなりますが、軽い咳は感染してから8~12週間続きます。 8週間以上咳が続くのであれば、以下のような疾患が疑われます。 ・胃食道逆流症 胃食道逆流症とは、胃酸が逆流して食道の粘膜を傷つける病気です。 胸ヤケや胃のむかつきのほか、咳が長引くのが特徴です。 ・咳ぜん息 咳ぜん息にかかると、特定の条件下で咳が止まらなくなります。 「明け方や夜に咳が出る」「冷たい空気を吸い込むと咳が出る」「運動後に咳が出る」などの症状が特徴です。 「体調不良ではないが、咳だけがいつまでも止まらない」という方は、咳ぜん息が疑われます。 ・アレルギー性咳嗽 「ある季節になると咳が止まらなくなる」「喉のあたりがくすぐったい感じがする」といった症状がある方は、アレルギー性咳嗽にかかっている可能性があります。 花粉などの季節性アレルギーならば時期が過ぎれば咳は治まりますが、ハウスダストなどの住環境が原因の場合は一年を通して続きます。 ・結核、心不全 結核や心不全が原因で咳が出るケースもあります。 発熱と咳だけが続くときは「結核」、長引く咳に合わせて顔や足にむくみがあるときは「心不全」の可能性が疑われます。 ・喫煙による慢性気管支炎 喫煙によって気管支が炎症を起こすと、気管支が刺激を受けるたびに咳が出ます。 禁煙をしない限り、継続的に咳が出続けます。 つまり、症状が出る順番が違ったり、風邪とは異なる症状があったりする場合には、風邪以外の疾患が疑われます。 そのような咳に悩んでいる場合は、早めに医師に相談しましょう。 また、 感染後咳嗽の期間(8週間)が過ぎても咳が続くのであれば、咳ぜん息など治療が必要な疾患にかかっている可能性が高いと言えます。 あまりに咳が長引くのであれば、医師に相談した方が良いかもしれません。 (例)• 百日咳:抗菌薬の処方• 咳ぜん息:気管支拡張薬の処方• アレルギー性の咳:抗ヒスタミン薬の処方• 感染後咳嗽:咳止め、気管支の敏感さを和らげる薬の処方 このように、原因ごとに治療方法はさまざまです。 原因を特定することが何より大切なため、長引く咳や違和感を持つ咳は、早めに医師に相談しましょう。 咳が止まらない場合は、使用しても良いでしょう。 ただし、 市販の咳止めが効くのは、風邪などの感染症が原因の咳に限ります。 他の疾患が原因の咳の場合、症状が改善される可能性が低いということを覚えておきましょう。 完全に咳を抑えるのは難しいのですが、気管の敏感さや炎症が抑えられるので、症状が和らぎやすくなります。 水分補給をする・部屋に加湿器を置く・マスクをつけるなど、ご自身がやりやすい方法で保湿対策をしてください。

次の

咳とまらない、喉の奥がかゆくて吐きそうになる😭

咳 吐き そう に なる 涙

カゼは、鼻・のどにウィルスが付いて、微熱、体のだるさ、のどの痛み、くしゃみ・鼻水、鼻がつまる、軽い咳が出ますが、 通常5日前後で自然に治ります(鼻・のど・咳の症状が、 同時期に、同じくらいの程度で出るのが、カゼの特徴です)。 しかし、時にはカゼで咳が長引いてしまうことがあります。 咳が長引くと、日中の仕事や夜眠れない等、日常生活に悪影響が出ます。 カゼの後遺症のセキは、当初は一日中出ていますが、• 1週間前後で夜の咳が減る(眠れるようになる)• 2週間前後で日中の咳も減る(仕事への影響が減る)• 最後に痰がからむ咳が1週間続いて止まる(治ったと思える) カゼを引いたと思った時点から考えると 長引いても3週間までです。 咳でクリニックを受診されたデータを分析すると、 咳が出始めてから受診までの期間は1週間以内が最も多く、半数以上の方が3週間以内に受診されています。 咳で寝付きが悪い・夜中、早朝に咳で目が覚める• 会話・長く話していると咳き込む• 市販のかぜ薬・咳止め・漢方薬が効かない• 一般内科を受診したが良くならない こんな状態を我慢するのは禁物(危険)です。 呼吸器内科(専門医)を受診すると、レントゲン検査でわかる病気(肺炎・結核・肺がん・心不全など)、呼気中一酸化窒素と呼吸機能検査を実施することにより、アレルギー(好酸球)が関連した病気(咳喘息・気管支喘息)の早期診断、早期治療に結びつきます。 長引く咳の原因を診断する場合、詳しい問診(咳の出やすい時間帯、咳の出るきっかけ、過去に経験したことのある病気、現在服用されている薬、喫煙の有無など)を行い、確実な診断に結びつく検査を行います。 また、NOが増えていると、アレルギーを抑える吸入ステロイド薬が効く咳であることが予測できます。 この吐き出す息の速度の低下を検出する検査が呼吸機能検査です。 このような専門的な診療・検査を行うのが、呼吸器内科です。 咳で困った場合は、咳喘息を専門に診断、治療している呼吸器内科を受診することをお勧めします。

次の