創価 学会 5.3。 5・3「創価学会の日」に寄せて ルイ・キヨシ・ハラ評議会議長

5・3「創価学会の日」に寄せて ルイ・キヨシ・ハラ評議会議長

創価 学会 5.3

長年、日本とブラジルの友好に尽力してきた「クリチバ日伯文化援護協会」のルイ・キヨシ・ハラ評議会議長へのインタビューを掲載する。 当時、市議会議員を務めていたハラ評議会議長が発議し、決定しました。 まず初めに、5月3日「創価学会の日」を迎えられたことを、心よりお祝い申し上げます。 池田博士が第3代会長に就任されて、60周年の佳節と伺っています。 今日までの平和・文化・教育への業績に、畏敬の念を抱かずにはいられません。 これまで、ブラジル社会が抱える教育格差の解決に挑み、全ての子どもたちが学校に通えるように力を尽くしてきました。 99年からは、市内各地の学校で「牧口教育プロジェクト」を展開。 これは「子どもの幸福」を第一に掲げた牧口常三郎初代会長の創価教育学説を、「情操教育」に応用したものです。 市議会の全会一致で決定し、喜びもひとしおでした。 社会を変えるための教育改革が叫ばれる中、当時のクリチバ市の教育局長が『創価教育学体系』(ポルトガル語版)を読み、共感を覚えたことが導入の契機となったのです。 例えば、園芸の授業では、野菜を栽培するだけでなく、収穫後、生徒たち自らの手でサンドイッチを作ります。 調理の時間には保護者も参観。 「おいしい」と言って食べる親の笑顔を見て、子どもの喜びは増していきます。 開園後、住民も増え、地域が活気づきました。 ブラジルSGIの皆さまがボランティアで、定期的に公園の清掃を行ってくださっており、近隣の方々も大変に喜んでいます。 園の中心部に立つ牧口会長の胸像の設置(99年9月)を、当時、私は市議として推進しました。 世界で初めて牧口会長の名を刻んだ公共の公園であることは、市の誇りです。 聖教新聞の本社ビル(旧本社)で執り行われた授与式に、カシオ・タニグチ市長(当時)らと共に出席しました。 私は池田博士の著作を通して、「高邁な方だ」と感じていましたが、実際にお会いし、温かな人柄に触れ、一層感動を深くしました。 未来は、若い世代に託す以外にありません。 博士の理念を継ぐ創価の青年が、団結し、世界に希望の光彩を放ちゆくことを、心より期待しています。 同市の市議会議員、政務局長、パラナ州議会議員等を歴任。 クリチバ日伯文化援護協会会長を経て現職。 (2020年5月9日 聖教新聞).

次の

創価学会は、5月3日を「創価学会母の日」と定めたり「母」と言うオリジ...

創価 学会 5.3

英知の鐘は鳴り響く ~グラスゴー大学名誉学位記授与~• 桂冠詩人の軌跡 ~池田大作「詩」の世界~• 自然との対話 池田大作 写真展• 恒久平和を目指して 核兵器廃絶への挑戦• 三代会長と創価教育• 創価大学 ~創立者と創大生~• 民衆を結ぶ文化の架け橋 東京富士美術館• 民衆を結ぶ文化の架け橋 民主音楽協会• 未来からの使者たちへ 池田大作 輝く童話の世界• ハーバード大学講演 21世紀文明と大乗仏教• レオナルドの眼と人類の議会 ボローニャ大学講演• インドの知性が語る ガンジー記念講演• 二十一世紀への対話 トインビー・池田対談• 「生命の世紀」への探求 ~ポーリング・池田対談~• 21世紀の人権を語る ~アタイデ・池田対談~• 人間主義の時代へ ゴルバチョフ・池田の交流• 人権の夜明けのために ~ローザ・パークスと池田大作~• 闘いこそ我が人生 ネルソン・マンデラと池田大作• 人生問答 松下幸之助と池田大作 広布史 創価三代の師弟が織りなす創価学会の広宣流布運動の歴史を描いた番組です。 広布の大人材よ 出でよ ~池田先生と中国~• 師弟不二の天地 ~池田先生と信越~• 常勝の空 〜発表40周年記念映像〜• 我らが決めた師弟の道 ~池田先生と中部~• 原水爆禁止宣言60周年記念 立正安国の師子吼は永遠• 青年よ 未開の広野を進め ~池田先生と北海道~• 一騎当千の師子たれ! ~池田先生と学生部~• 学会は永遠に折伏精神で進む ~池田先生と東北~• 一番苦しんだ人が一番幸せに~池田先生と沖縄~• 11・18「創立記念」 学会は永遠に師弟で勝つ• 信心しきった者が勝つ 常勝の原点 大阪大会• 五月三日• 山口開拓闘争~広布拡大の「転機」~• 大衆とともに ~公明党の誕生~• 厳護の魂 牙城会の歴史と使命• 創価の太陽 ~池田先生と婦人部~• ~恩師の「真実」を後世に~ 小説『人間革命』の執筆• 二月闘争 ~広布拡大の源流~• 魂の継承 3・16から5・3へ• "まさか"が実現 大阪の戦い• 総本部のある街 広布の本陣・信濃町• 師から弟子へ 池田先生の「御義口伝講義」に学ぶ よくわかる創価学会 創価学会の実像に迫るコンテンツです。 DRAMA ~家族が歩んだ明日への一歩~• 微笑みのカウンセラー 何があっても負けない青春• 岸本加世子さん「無限の可能性を開くチカラ」• みんなで学ぶ信心の基本Vol. シュンゾウ・オオノさん 「世界の大音楽家に」• みんなで学ぶ信心の基本Vol. みんなで学ぶ信心の基本Vol. 1 勤行の意味と祈りの姿勢• 教育セミナー 「伸びゆく力を育てる大人のかかわり」 講師:田村修一さん• 教育セミナー 「お母さんは太陽!」 講師:若井幸子さん• 教育セミナー 「思春期は親子の成長期」 講師:近藤茂代さん• 笑顔記念日 ~「歓喜の劇」を演じた"大女優"~• 上田正樹さん 「願いは必ず叶う」• 柴田理恵さん 「楽観主義で 希望の女優に」• 満開の勝利の桜 誓いを果たした20年• 人生は、これからだ!~信仰に出あった壮年のドラマ~• 心こそ大切 ~環境を変える一念の力~• 木根尚登さん 「自分が変われば道は開ける」• 久本雅美さん「自分らしく輝く生き方」• 山本リンダさん 「ピンチをチャンスに!」• ナイツ 「何があってもあきらめナイッ!!」• おかんは強し 人情たっぷりお好み焼き店• 母と子の絆 ~あなたがくれた勇気と希望~• 心揺さぶる希望の旋律 ~音楽隊にかける青春~• 父と子の夢 気仙沼にバッティングセンターを• 一人から始まる「希望の未来」 環境問題とSGI• 宇宙 ~その深遠なる世界~• 平和と文化の城Vol. 1 北海道 厚田 戸田記念墓地公園• 平和と文化の城Vol. 2 神奈川文化会館・戸田平和記念館• 平和と文化の城Vol. 3 青森 東北研修道場• 「励まし」の絆• 「地域」こそ世界を変える現場• 陰の労苦に光を!• 共に立ち上がる力 -同苦の心-• 負げでたまっか! ~復興への誓い~• ヴィクトル・ユゴー ~「一人立つ」不屈の魂~• マハトマ・ガンジー ~ただ民衆のために~• ナポレオン・ボナパルト 「わが栄光は わが不撓不屈にあり」• ベートーヴェン 「苦悩をつき抜けて歓喜に到れ!」• ホイットマン 青年よ どこまでも前へ!! 世界に広がる創価学会 世界192カ国・地域に広がる創価学会の発展を伝えるコンテンツです。 世界に広がる創価学会 アルゼンチン• 世界に広がる創価学会 イギリス• 世界に広がる創価学会 アメリカ・ニューヨーク• 世界に広がる創価学会 イタリア• 世界への旅Vol. 7 イギリス タプロー・コート総合文化センター• 世界への旅Vol. 1 ドイツ ヴィラ・ザクセン総合文化センター• 世界への旅Vol. 2 インド 創価菩提樹園• 世界への旅Vol. 3 イタリア文化会館• 世界への旅Vol. 4 ブラジルSGI自然文化センター• 世界への旅Vol. 5 アメリカ ニューヨーク文化会館• 世界への旅Vol. 6 ブラジル アマゾン自然環境保護センター みんなで学ぶ教学 日蓮大聖人の仏法を学ぶコンテンツです。 げんきのスイッチ 第2話「おだいもくは、ゆうきをひきだすあいことば」• げんきのスイッチ 第1話「どうして、せんせいっていうの?」• お月さまと王女• 青い海と少年• 教学アニメ 「一眼の亀」• 教学アニメ 「スリハンドク」• 教学アニメ 「雪山の寒苦鳥」• 教学アニメ 「虎と将軍」• 教学アニメ 「少年と亀」• 教学アニメ 「竜になったフナ」• 青春対話 ~ 21世紀の主役に語る~• 希望対話 21世紀を生きる君たちへ• 合唱団支援コンテンツ 発声練習のために• 合唱団支援コンテンツ BeBrave! 獅子の心で 学会歌 全国で歌われている学会歌、各種グループの歌です。 「平和の文化」とは• 民音音楽博物館 ~音楽を愛するすべての人に~• 会館における避難所開設のイメージ映像• 会館における避難所開設判断から運営までの3つのステップ• 儀典執行のために(儀典長研修用教材)• 広布の要 地区統監• 人間教育の世界的拠点 創価大学• 創立者とともに 学園生と池田先生の絆 ~負けじ魂ここにあり~• 地震発生時の基本行動• 地震発生時のイメージ映像 津波浸水が想定されない会館編• 地震発生時のイメージ映像 津波浸水が想定される会館編• 緊急地震速報(訓練用)• アマゾンで育む希望の種子~環境教育の実践~• 静かなる革命• 尊厳への道• 知られざるヒロシマの真実と原爆の実態• 子どもたちとつくる未来• 平和への願いをこめて 女性たちの被爆体験(広島編)• 平和への願いをこめて 女性たちの被爆体験(長崎編)• 平和への願いをこめて 被爆・広島編• 平和への願いをこめて 被爆・長崎編• 平和への願いをこめて 沖縄戦編• 平和への願いをこめて 引き揚げ編• 平和への願いをこめて 戦火の中の看護婦たち編• 平和への願いをこめて 戦時下の女性と子どもたち編• 平和への願いをこめて 空襲編.

次の

創価学会の記念日 一覧表(各月別・広宣流布の歴史)|唱題の功徳

創価 学会 5.3

それは、1951(昭和26)年のこの日に、戸田城聖先生が第二代会長に就任し、9年後(1960年)の同じ日に、池田大作先生が第三代会長に就任したことに由来しています。 戸田先生が就任した当時の会員数は約3000人でした。 「もし私のこの願いが、生きている間に達成できなかったならば、(中略)遺骸は品川の沖に投げ捨てていただきたい」。 烈々たる気迫に、参加者は息を飲むばかりでした。 しかし、若き日の池田先生はただひとり、会場の片隅で師の誓願の実現を深く決意。 弘教の先頭に立ち、あらゆる戦いを勝利で飾り、75万世帯達成の原動力となったのです。 「若輩ではございますが、本日より、戸田門下生を代表して、化儀の広宣流布を目指し、一歩前進への指揮をとらせていただきます!」との力強い第一声の後、恩師・戸田先生の7回忌までに300万世帯の弘教達成を誓ったのです。 若き会長の師子吼に、学会員は相呼応して、怒濤の大前進を開始します。 そして、2年後の1962年11月に300万世帯の弘教が達成されました。 コラム 5. 3は「創価学会 母の日」 1988(昭和63)年4月27日、第1回全国婦人部幹部会の席上、婦人部の新出発にあたって、池田先生は次のように提案しました。 「学会でもっとも大切な記念日である『5月3日』を『創価学会母の日』としたい。 この池田先生の思いから、出席者全員の賛同によって「創価学会母の日」が制定されました。 池田先生はさらに、「時代感覚にマッチした、明るい、鮮やかなデザインの旗を、まず婦人部から作ってはどうか」と、三色旗に白ゆりの紋章を配した「新婦人部旗」の作成も提案しました。 創価学会の永遠の発展を慶祝する5. 参考資料 『人間革命』 第5巻「烈日」 第12巻「新・黎明」 『新・人間革命』 第1巻「錦秋」 第7巻「文化の華」 第12巻「新緑」 『教学の基礎』 『池田大作全集』 第22巻 『随筆 桜の城』 『随筆 師弟の光』.

次の