市 原市 停電 リアルタイム。 TEPCO速報

市原市・千葉市で大規模停電

市 原市 停電 リアルタイム

神奈川県に関する情報をまとめて掲載致します。 相模原市の防災・気象情報関連サイトのまとめ 相模原市内各地の降水量・外気温などを1時間毎に発表。 地震の震度も市内11箇所で観測。 相模原市内14箇所の観測データ 10分毎の雨量を表示 10分間隔で竜巻発生を予測 1分単位で最新の雨量を観測 相模原市内各所のデータを1時間毎に更新 相模川・道志川・桂川・境川・串川・道保川など相模原市内の河川水位情報 地震・雨量・河川水位などのポータルサイト 相模原市の土砂災害ハザードマップ 気象庁が発表する土砂災害の危険度リアルタイム情報 最新の停電地域などを確認できます 落雷観測データを3分毎に更新 国土交通省の道路関連情報 地図上で危険な場所を確認可能 地図にて通行止の道路がわかります 避難レベル これらの情報が発令されていなくても、身の危険を感じる場合は避難を開始してください。 避難準備情報・高齢者等避難開始 避難に時間を要する人(ご高齢の方、障害のある方、乳幼児等)とその支援者は避難を開始しましょう。 その他の人は、避難の準備を整えましょう。 避難勧告 速やかに避難場所へ避難をしましょう。 外出することでかえって命に危険が及ぶような状況では、近くの安全な場所への避難や、自宅内のより安全な場所に避難をしましょう。 がけの近くにいる場合 河川が近い場合 には、建物の2階以上で、崖から遠いほう 崖から離れたほう の部屋に移り安全を確保しましょう。 避難指示 緊急 まだ避難していない人は、緊急に避難場所へ避難をしましょう。 外出することでかえって命に危険が及ぶような状況では、近くの安全な場所への避難や、自宅内のより安全な場所に避難をしましょう。 緊急時の情報伝達 大地震発生時や東海地震に係る警戒宣言が発せられた場合などに、相模原市内でいっせいに、同一情報が配信されます。 にも対応しています。 緊急地震速報が J-ALERT で即時配信されるのは、予測震度が震度5弱以上の場合のみとなります。 すなわち、突然、防災無線から地震情報が放送されたら、即座に強い揺れへの対応を取る必要性があります。 配信方式は下記の通りです。 詳しくは「」のページをご覧願います。 インターネットやスマートフォンなどからも「」として閲覧可能です。 2 エフエムさがみ FM放送 83. 9メガヘルツ 災害時など緊急時には、エフエムさがみのFMラジオ放送が、市との協定に基づきとなります。 ひばり放送の内容も放送される他、相模原市内のきめ細かな詳細情報が伝達される見込みです。 なお、相模原市のホームページなど自治体サイトは、大量のアクセスがあると閲覧が不能になる パンクする 恐れがあります。 そんな時には「デマ」などが発生する場合もありますので、あやふやな情報は拡散 シェア しないよう、ご注意願います。 当方のサイトでは、大量のアクセスがあっても、通常表示されるように技術的な工夫を施しております。 リンク先を除く 2019年の台風19号の被災者様など苦しんでいる方に少しでもお役になればと、些少ではありますが、仲間と力を合わせまして、相模原市に下記の通りご寄付させて頂きました。

次の

千葉で大規模停電・断水続く…市原市の住民が語る過酷な生活

市 原市 停電 リアルタイム

市原市では、令和元年房総半島台風での大規模停電時、市内の全世帯の半数におよぶ最大約6万6800戸で停電が発生し、復旧まで最長で2週間の期間を要した。 その際、日産自動車から提供を受けた『日産リーフ』を、停電復旧までの間、福祉施設や医療機関などに配置し、電力供給を行った。 市原市は、その災害の経験を踏まえ、停電時に対応できるよう、地域防災力の強化を図るとともに、さらなる安心・安全なまちづくりに取り組んでいる。 日産自動車は、日本が抱える環境負荷低減や災害対策等の課題を解決するため、2018年5月に日本電動化アクション「ブルー・スイッチ」を発表。 全国の自治体や企業と協力して、EV普及を通じた社会の変革に積極的に取り組んでいる。 今回、日産自動車が推進するブルー・スイッチ活動、市原市が推進する防災対策、それぞれの取り組みに互いが賛同し、協定の締結を行う運びとなった。 日産自動車が、締結した自治体・企業との災害連携協定としては、今回の締結が全国で36件目。 千葉県では木更津市に続き2件目となる。 <おわび> 一部で、市原とすべきところ市川と記載されておりました。 正しくは市原です。 訂正して再出力いたしました。 《纐纈敏也@DAYS》.

次の

千葉で大規模停電・断水続く…市原市の住民が語る過酷な生活

市 原市 停電 リアルタイム

市原市では、令和元年房総半島台風での大規模停電時、市内の全世帯の半数におよぶ最大約6万6800戸で停電が発生し、復旧まで最長で2週間の期間を要した。 その際、日産自動車から提供を受けた『日産リーフ』を、停電復旧までの間、福祉施設や医療機関などに配置し、電力供給を行った。 市原市は、その災害の経験を踏まえ、停電時に対応できるよう、地域防災力の強化を図るとともに、さらなる安心・安全なまちづくりに取り組んでいる。 日産自動車は、日本が抱える環境負荷低減や災害対策等の課題を解決するため、2018年5月に日本電動化アクション「ブルー・スイッチ」を発表。 全国の自治体や企業と協力して、EV普及を通じた社会の変革に積極的に取り組んでいる。 今回、日産自動車が推進するブルー・スイッチ活動、市原市が推進する防災対策、それぞれの取り組みに互いが賛同し、協定の締結を行う運びとなった。 日産自動車が、締結した自治体・企業との災害連携協定としては、今回の締結が全国で36件目。 千葉県では木更津市に続き2件目となる。 <おわび> 一部で、市原とすべきところ市川と記載されておりました。 正しくは市原です。 訂正して再出力いたしました。 《纐纈敏也@DAYS》.

次の