バナナ クリーム チーズ。 【得損】黒いバナナで濃厚レアチーズケーキレシピ!簡単ゼラチン・砂糖なしの作り方

クリームチーズアイスレシピ・作り方の人気順|簡単料理の楽天レシピ

バナナ クリーム チーズ

黒いバナナレシピ ゼラチン・砂糖なしで本格レアチーズケーキの作り方 レアチーズケーキと言えば、濃厚な甘みと、口の中に入れた時の滑らかな食感が魅力的なデザートです。 「濃厚な甘み」と「なめらかな食感」を生み出しているのが、「砂糖」と「ゼラチン」なのですが、 食べるときに敬遠しがちな黒く変色したバナナを使えば、「砂糖」も「ゼラチン」も使わずに、簡単に本格レアチーズケーキが作れちゃいます。 3.チンしたバナナ、牛乳、クリームチーズ、レモン汁をミキサーへ入れ30秒。 4.カップに移し替えて、冷蔵庫で2時間冷やせば出来上がり。 坂上忍さん曰く、「ちょっと待って! これ相当レアチーズになってない?」 子供たちも、「ケーキ屋さんで売ってるレアチーズケーキと全く同じ!」 と、想像以上の美味しさにびっくりしていました。 黒いバナナでゼラチン・砂糖ナシで本格レアチーズケーキが作れる秘密 黒いバナナがあれば、なぜ、ゼラチンと砂糖ナシで本格的なレアチーズケーキができるのでしょうか。 その理由は、バナナに含まれているペクチンとショ糖です。 まずは、バナナのペクチンですが、 ペクチンは食物繊維の一種で、カルシウムに触れるとゼリー状に固まる性質があるんです。 バナナのペクチンと牛乳やクリームチーズに含まれているカルシウムが結合して固まってくれるのです。 しかも、熟成が進むにつれて、バナナの中のペクチンの量は増えるので、レアチーズケーキを作るには黒いバナナのほうがいいんです。 更に、電子レンジでバナナを加熱することで、バナナの細胞が柔らかくなり、より多くのペクチンが溶け出します。 それにより、しっとりなめらかに固めることができるのです。 そして、バナナのショ糖、 バナナに含まれているショ糖は、濃厚な甘みを持つ糖分なんです。 砂糖を使わなくても黒いバナナの自然の甘みで、濃厚なのにヘルシーな本格レアチーズケーキができるというわけです。 もちろん、このテクニックは「得ワザ」認定となりました。

次の

クリームチーズアイスレシピ・作り方の人気順|簡単料理の楽天レシピ

バナナ クリーム チーズ

下準備 ・ボトムのバターは溶かします。 ・生地のクリームチーズとバターは室温に戻しておきます。 卵は冷蔵庫から出しておきます。 ・型の内側に溶かしバター(分量外)を薄く塗り、オーブンシートを敷きます。 ボトムを作ります。 オレオクッキーはフードプロセッサーまたは厚手のビニール袋に入れ、細かく砕きます。 溶かしたバターを加えて混ぜます。 型に 1を入れて全体に広げ、手で押さえてすき間のないように敷き詰めます。 冷蔵庫に入れ、15分くらい冷やします。 ボウルにクリームチーズ、バター、グラニュー糖を入れ、泡立て器でよく練ります。 クリーム状になり、白っぽくなったら、溶きほぐした卵を少しずつ加えて混ぜます。 薄力粉をふるい入れ、サワークリームを加えて混ぜます。 別のボウルに、手でちぎったバナナを入れ、ハンドミキサーで少し形が残るくらいのピューレ状にし、レモン汁をふります。 3にラム酒を加え、ハンドミキサーで全体を混ぜ、 4のバナナを加えてゴムべらで混ぜ合わせます。 別のボウルに、刻んだチョコレートを入れ、湯せんにかけてゴムべらで混ぜながら溶かします。 生クリームを耐熱容器に入れてラップをかけ、600W強の電子レンジで40秒加熱してチョコレートに加え混ぜます。 型に 5の生地を流し、表面を平らにします。 6をスプーンでところどころにたらし、表面をフォークの先で混ぜてマーブル模様にします。 冷蔵庫に移して半日ほど冷やし、好みの大きさに切り分けます。

次の

絶品【バナナケーキ】のレシピ9選

バナナ クリーム チーズ

黒いバナナレシピ ゼラチン・砂糖なしで本格レアチーズケーキの作り方 レアチーズケーキと言えば、濃厚な甘みと、口の中に入れた時の滑らかな食感が魅力的なデザートです。 「濃厚な甘み」と「なめらかな食感」を生み出しているのが、「砂糖」と「ゼラチン」なのですが、 食べるときに敬遠しがちな黒く変色したバナナを使えば、「砂糖」も「ゼラチン」も使わずに、簡単に本格レアチーズケーキが作れちゃいます。 3.チンしたバナナ、牛乳、クリームチーズ、レモン汁をミキサーへ入れ30秒。 4.カップに移し替えて、冷蔵庫で2時間冷やせば出来上がり。 坂上忍さん曰く、「ちょっと待って! これ相当レアチーズになってない?」 子供たちも、「ケーキ屋さんで売ってるレアチーズケーキと全く同じ!」 と、想像以上の美味しさにびっくりしていました。 黒いバナナでゼラチン・砂糖ナシで本格レアチーズケーキが作れる秘密 黒いバナナがあれば、なぜ、ゼラチンと砂糖ナシで本格的なレアチーズケーキができるのでしょうか。 その理由は、バナナに含まれているペクチンとショ糖です。 まずは、バナナのペクチンですが、 ペクチンは食物繊維の一種で、カルシウムに触れるとゼリー状に固まる性質があるんです。 バナナのペクチンと牛乳やクリームチーズに含まれているカルシウムが結合して固まってくれるのです。 しかも、熟成が進むにつれて、バナナの中のペクチンの量は増えるので、レアチーズケーキを作るには黒いバナナのほうがいいんです。 更に、電子レンジでバナナを加熱することで、バナナの細胞が柔らかくなり、より多くのペクチンが溶け出します。 それにより、しっとりなめらかに固めることができるのです。 そして、バナナのショ糖、 バナナに含まれているショ糖は、濃厚な甘みを持つ糖分なんです。 砂糖を使わなくても黒いバナナの自然の甘みで、濃厚なのにヘルシーな本格レアチーズケーキができるというわけです。 もちろん、このテクニックは「得ワザ」認定となりました。

次の