ノートpc うるさい。 マウスコンピューター ノートパソコン ファンの音を制御 手順

【Windows10】うるさいファンの音を静かにする方法

ノートpc うるさい

MB-B502Eに限らず、マウスコンピューターのノートパソコン共通の画面のようです。 マニュアルにも書かれていません。 暫くすると、以下のような画面が起動されます。 Control Center画面で「静音」を選択すると、 静音モードとなり、直にファンの音が小さくなります。 画面下部に「システムプログラム」という項目があり、選択すると、 各モードごとに、更に細かく制御することができます。 ファン速度を「SILENT」にすると、全く気にならない程度の音量になります。 静音モードにしてみると... ただし、上記、Control Center画面で「静音」にすると、 CPUの稼働率が下がります。 つまり、、、 パソコン全体の動作が重くなります。 私はtwitterとかfacebookとか、ブラウザでもfirefoxを使っていますが、 明らかに、今まで簡単に表示されていた画面が表示が遅くなりました。 急いでいるときや、轟音でも気にならない時は、 エンターテイメントモードでもいいのかなって気もしています。 ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ 【国認定】パソコン無料回収・処分・廃棄【リネットジャパン】 パソコン回収してくれる場所が見つからない。 パソコン本体を含まない(例:ディスプレイのみ)や小型家電のみは通常料金となります。 MB-B502E。 詳細はこちら。

次の

ゲーミングノートPCはうるさい?実機で検証|はじめてゲームPC

ノートpc うるさい

ノートパソコンのファンがうるさい、異音がすると感じる方へ ノートパソコンに限らず、パソコンを使っていると意外に冷却ファンの音が気になります。 静かな室内で集中して作業したいのに、冷却ファンの音がうるさいと、気が散ってしまう人もいるかもしれません。 しかし、デスクトップパソコンには静音化する方法が色々あるのに対し、 ノートパソコンにはほとんどありません。 新しく買う場合も メーカーは冷却ファンの音についてはほとんど触れないので、見極めが難しいです。 結局、使ってみるまでどの程度うるさいのかわかりませんので、どれが良いのか悩んでいる人もいると思います。 今回はそんな悩みも含めて、ノートパソコンの冷却ファンの音に焦点を当てて、解説していきます。 ノートパソコンのファンがうるさい原因は? 経年劣化 パソコンは 消耗品です。 内部の部品から発せられる 熱やホコリなどによって、日々劣化していきます。 特にノートパソコンの場合、狭い筐体の中に部品がぎっしりと詰め込まれているため、熱が溜まりやすいです。 だから、冷却ファンで冷やす訳ですが、 経年劣化でホコリがファンに付着したりすると、ファンが上手く回らなくなります。 ファンの異音やうるさい原因として、最も多いのはこのパターンでしょう。 このほか、経年劣化によるファンのトラブルは、CPUに塗ってある冷却グリスの硬化や、冷却ファンのフィンの変形、温度センサーの故障などがあります。 BIOSが古い 冷却ファンの異音やうるさい原因は、ハードウェアによるものがほとんどですが、ソフトウェアが原因になることもあります。 その一つがBIOSです。 BIOSはノートパソコンが発売された後も、アップデートを繰り返しています。 その目的はバグの修正だけではなく、 冷却ファンやCPUの動作効率の調整も含まれています。 例えば、何らかのアップデートで電源周りのデフォルト設定が変更され、ノートパソコンの内部温度が上昇し、冷却ファンの回転が激しくなった...なんてこともあります。 こんな時にBIOSを最新版にアップデートすると、冷却ファンがうるさくなくなるかもしれません。 使用環境 ノートパソコンを使っている環境が、ファンの負担になっていることがあります。 ノートパソコンは 精密機械であり、特に熱が苦手です。 メーカーのウェブサイトで、ノートパソコンの仕様表を見ると、「環境条件」という項目があります。 冷却ファンも余分に回ることになりますので、いつもと違う異音がして、うるさいと感じることが多くなるでしょう。 温度のほかに、 通気も大切です。 ノートパソコンの側面や底面には、 排熱用の通気口が付いています。 これを塞いでしまうと、熱がノートパソコン内部に溜まってしまいます。 すると、これまた熱を追い出そうと、冷却ファンが余分に回りうるさくなります。 ノートパソコンのファンから異音がしたら、故障? ノートパソコンの冷却ファンに良くあるトラブルとして、 異音があります。 それまでは何ともなかったのに、急にいつもと違う音がして、びっくりする人もいるでしょう。 ただ、 異音の発生源になるのは、冷却ファンだけではありません。 ハードディスクや光学ディスクから、発生することもあります。 まずは異音を聞いてみましょう。 ホコリが溜まって、ファンが上手く回れなかったり、フィンが変形している可能性があります。 これらの対処方法としては、 冷却ファンの掃除や外付け冷却ファンの追加、プロセスのチェックなどがあります。 詳しくは次項で紹介します。 なお、異音の原因を特定する方法としては、 ノートパソコンのカバーを外して内部を確認するのがベストです。 カバーを外した状態で電源を入れ、冷却ファンの状態を見ることができれば、なお良いでしょう。 最低でも異音が本当に冷却ファンから発生しているのか、ということはわかります。 カバーが外せない場合は、メーカーや修理専門業者に依頼した方が良いでしょう。 無理に外すと壊れてしまい、かえって高くついてしまいます。 カバーを外して冷却ファンの不具合を特定できた場合も、その対処方法が難しいと感じたら、無理せずプロに依頼しましょう。 ノートパソコンのファンがうるさい解決法 プロセスのチェック 冷却ファンから異音がしたり、うるさいと思った時の対策の一つとして、プロセスをチェックする方法があります。 ソフトウェアが破損していたり、マルウェアに感染していたりすると、 CPUにかかる負荷が通常よりも大きくなります。 すると、ノートパソコンの内部温度が上昇しますので、冷却ファンがずっと回転し続け、うるさいと感じる訳です。 こんな場合はプロセスを確認し、 CPUに負荷をかけている原因を突き止めることで、冷却ファンが静かになります。 手順は以下のとおりです。 開いているソフトウェアをすべて終了します。 CTRLキー、ALTキー、DELETEキーを押し、タスクマネージャーを起動させます。 「プロセス」タブを選択し、「CPU」列をクリックして負荷が大きい順に並べ替えます。 負荷の値が大きく、原因になっていそうなプロセス名を、インターネットで検索してみます。 似たような症状や解決策がないか、探します。 パソコンを冷却する 冷却ファンから異音がした場合、何らかの理由でパソコンの内部温度が上昇していることがほとんどです。 逆に言えば、 内部温度が下がれば、冷却ファンを静かにできるということになります。 ですので、 ノートパソコン用の外付け冷却ファンで冷やすと、異音やうるさい状態が改善されることもあります。 ただ、デメリットもあります。 まず、ノートパソコンの長所の 携帯性が損なわれます。 また、冷却ファンの異音の原因が、 冷却ファンの不調に起因している場合は、根本的な解決にはなりません。 ファンを掃除する 冷却ファンの異音やうるさい原因として、特に多いのは、 ホコリによる不調です。 ホコリが溜まってくると、通気性が損なわれ、ノートパソコン内部に熱が溜まってしまいます。 この熱を外に追い出そうと、冷却ファンが余分に回るので、異音がしたりうるさくなったりします。 このような不調を解決するには、 ファンを掃除するのが一番です。 しかし、ノートパソコンの場合、基本的にはユーザー自身で分解できませんので、 完全に掃除するのは難しいです。 第一、分解してしまうと、保証がなくなってしまいます。 通常は メーカーや専門の業者に依頼するのが、無難でしょう。 ただ、動画サイトで検索すると、分解の手順を解説した動画が結構あります。 保証期間外で、自分でどうにかしたい人は挑戦してみるのも良いでしょう。 ただ、ノートパソコンの部品は扱いが難しいです。 はめ込んである部品を外すのも、 力の入れ加減を間違えると、簡単に壊れてしまうこともあります。 動画ではいとも簡単に外しているように見えても、実際は固着して外しにくいこともあり、なかなか大変です。 やり切れれば、安価にノートパソコンを修理できますが、 それなりにハードルは高いです。 自分でノートパソコンのファンのうるさい音を解決できない場合 メーカーへ問い合わせる 保証期間があるなら、まずはメーカーに問い合わせましょう。 保証期間外でも、有償の修理費用がいくらになるのか聞いて、納得できるようなら依頼しても良いと思います。 製造元ですから、 最も確実に修理できます。 ただ、ほとんどの場合、 修理に時間がかかります。 早くて1週間程度でしょう。 部品の手配などで時間がかかってしまうと、1ヵ月以上かかるケースもあります。 また、修理部門が日本国外にある場合も、同じぐらいかかります。 有償での対応になった場合、その費用が高いのもネックです。 しかし、修理に出しても、 ファンのうるさい音が常に決まった条件下で発生しない場合は、原因が特定できず戻ってきてしまうこともあります。 条件がわからない場合は、 できる限り症状を細かく説明しましょう。 原因を探るヒントになります。 修理専門業者に依頼する 保証期間外で、メーカーの修理費が高額だったり、修理を断られたりすることもあります。 そんな時は、修理専門の業者に依頼する方法があります。 メーカー問わずに受け付けてくれますし、修理費も比較的リーズナブルです。 修理にかかる日数も少なく、即日修理が可能なところもあります。 ただし、値段だけで選ぶと、技術的なレベルが低くてかえって症状が悪化してしまうこともあります。 メーカーから出張修理などのサポート業務を委託されているところは、信頼性が高くおすすめです。 こちらに依頼する場合も、冷却ファンの異音がうるさい状況を、なるべく詳しく説明しましょう。 どうしてもノートパソコンのファンのうるささが気になる場合の対処法 耳栓をする 掃除をしても、ファンを交換しても、それでもなおファンの回転音がうるさいこともあります。 そうかと言って、それだけでノートパソコンを買い替えるのは忍びなく、現状維持でファンの回転音をどうにかしたい人もいるでしょう。 そんな時の緩和策の一つが、耳栓です。 爆発音などを遮断するのに米軍が採用している耳栓は、かなり遮音性が高くなっています。 値段も 500円以下で、お手頃です。 ただし、ファンの回転音だけでなく、 その他の音も聞こえなくなるという、デメリットもあります。 ノイズキャンセリングイヤホンをする 最近のノイズキャンセリング技術の進歩は、すごいです。 良いものを使えば、電子レンジの終了音すら聞こえません。 ですので、ファンのうるさい回転音も余裕で遮断できます。 遮断したくない音だけ聞こえるようにすることも可能なモデルもあり、そういう点では耳栓よりも優れています。 このほか、音楽を聴く機能がない、ノイズキャンセリング技術だけを搭載した「デジタル耳栓」もあります。 いずれにしても、 値段が2,000円以上はしますので、耳栓に比べると割高です。 ファン制御アプリを使う 冷却ファンの動作を制御するソフトウェアを使う方法もあります。 このようなソフトを使うと、 CPUの温度が一定以上になるまで、冷却ファンが回転しないように設定できます。 これでうるさいファンの音が静かになります。 ノートパソコン用に開発された 「NoteBookFanControl」というソフトがおすすめです。 設定方法については、以下のサイトの解説が詳しいです。 私も試しに手持ちのノートパソコンにインストールしてみましたが、ファンの回転数が抑えられて確かに静かになりました。 ただし、 設定を間違えると、CPUの温度が上昇しているのに冷却ファンが回らず、ノートパソコンが壊れてしまう恐れもあるので、注意してください。 ファンがうるさくないノートパソコン NEC LAVIE Direct NM ファンがうるさいのが気になるなら、ファンレスのノートパソコンを選んでみる、という方法があります。 NECのLAVIE Direct NMは、 ファンレスでありながらスペックが選べて、値段もそこそこ手頃です。 学生が図書館など静かな場所で使えるように、ファンレスにしてあるのですが、それ以外の用途でも使えます。 NECの直販サイトのナイトセールで、クーポンを利用して購入すると、安いです。 スペックはできれば、インテルCorei5、メモリ8G以上にすると、ほぼストレスなく動作するでしょう。 この構成だと、値段は 10万円ぐらいです。 ですが、文書作成やネットサーフィン程度しかやらないのであれば、それ以下でもどうにかなります。 DELL XPS 13 2-in-1 インテルCorei5、メモリ8G、SSD256G搭載で、直販価格は 約14万円。 2-in-1という名前のとおり、 ノートパソコンとタブレットの1台2役が可能です。 もちろん、こちらもファンレスですので、ファンの音がうるさいことはありません。 タブレットとしても使えるので、モニタはタッチパネル式です。 オプションでタッチペンを付けることができ、これを使うと液晶タブレットのような使い方ができます。 ただし、精度は液晶タブレットほど高くはありませんので、本腰を入れて絵を描きたい人にはおすすめしません。 タブレットとして使うこともできますが、重量が1. 2kgありますので、持ち続けるのは辛いかもしれません。 あくまでもノートパソコンがメイン、と考えた方が良いでしょう。 ノートパソコンを買いなおすという選択 あまりにノートパソコンの冷却ファンの音がうるさい場合、 買い替えるという選択肢もあります。 静かに落ち着いて使いたいのに、冷却ファンの回転音が気になってストレスになっては、精神衛生的にも良くありません。 前項で紹介したようなファンレスのノートパソコンに買い替えることで、うるさいファンの音から解放されます。 ただし、ファンレスのノートパソコンは、 ファンがない分だけ、内部に熱が溜まりやすいです。 夏場など暑いところで使うと、内部温度の上昇で電源が入らなくなるなどの事態も考えられます。 ノートパソコンにこだわっていないのであれば、 タブレットにするという選択肢もあります。 中型以上のタブレットに、ワイヤレスのキーボードを別途用意すれば、ノートパソコンのように使えます。 ノートパソコンでファンレスモデルを探すのは、メーカーのスペック表に記載がなかったりしますので、意外に難儀です。 選択肢もたくさんありますし、キーボードも好みのものが選べます。 すべてのファンの音を解決するのは不可能である ホコリや冷却ファンの変形などで異音がしたり、うるさい場合は、ホコリの除去やファンの交換などで解決できます。 しかし、特に異常もなく、ただ音がうるさいと感じる場合は、それを 完全に解決するのは難しいです。 CPUをはじめとする各部品は、熱を発します。 冷却ファンでその熱を外に逃がさないと、高温で故障してしまいます。 ですので、 ある程度まで回転数を抑えて静音化することはできますが、完全に止めることはできません。 それが嫌なら、ファンレスのノートパソコンにすれば、音は静かになります。 ファンレスのノートパソコンは、 発熱量を抑えたり、排熱方法を工夫したりすることで、ファンがなくても動作できるようになっています。 しかし、その 排熱能力は、冷却ファンほど高くはありません。 したがって、ファンレスのノートパソコンは、 熱に弱いです。 トラブルなく使うためには、 熱に対してある程度の配慮が必要でしょう。 まとめ ノートパソコンの冷却ファンの音がうるさい場合、ユーザー自身でやれることは限られています。 難易度も色々ですし、 自分でできそうな方法をやってみてください。 個人的にはファン制御ソフトの「NoteBookFanControl」がおすすめです。 記事で紹介するために、私も使ってみましたが、確かにファンの回転が少なくなり、静かになりました。 ただし、電源の設定をいじる必要があり、 間違えると故障する可能性もゼロではないので、自己責任で注意して使ってください。 特にノートパソコンにこだわる必要がなければ、タブレットを使えば、冷却ファンが付いていませんので、静かです。

次の

ゲーミングノートPCはうるさい?実機で検証|はじめてゲームPC

ノートpc うるさい

PCファンの回転数を制御して静音化する方法3つ ファンの回転速度操作に特化した3種類のやり方。 lifehacker. html 簡単に出来るものも有るけれどPC初心者向きでは無いので御注意有れ。 3つの方法より見出しを引かせてもらいつつ無駄に解説。 ファンコントロールソフトをインストールする 私も以前使っていた物はライフハッカーの記事にも有る(ダウンロードページへリンク)。 削除していなかったので起動すると、このような感じでファン速度の変更以外にHDD情報なども表示が可能。 上の画像では左の枠が各ファンの回転数、右が温度。 AUXが100度を超えておりますが、昔から見られる気にしなくて良い誤った情報なのでスルー。 情報の表示枠の下にファンの速度を%で変更出来る枠が有り、それぞれ45~60%に設定している所。 それが上の枠へ情報として反映される仕組。 利点は設定や導入が簡単な事。 フリーソフトなのでダウンロードしてインストール、起動するとそのまんま使える手軽な方法。 難点はWindows上で制御している為、常駐によりメモリを食ったりWindowsが起動する前の事は知らない仕様。 CPU性能やメモリ容量の低いPCではやらない方が良いかも知れませんな。 私は先に書いた通り、実験が終わった後から使っておりません。 理由は次の項目、BIOSの設定で変更した方が無駄が無い。 BIOSの設定を変更する 今、再起動して撮って来た画像。 温度や回転数は先のSpeedFanより詳細が多め。 上から行くと、• CPU~・・CPUの温度• CPU Fan Speed・・CPUクーラーのファンの速度• Chassis Fan1 Speed1・・ケースファンその1• Chassis Fan1 Speed2・・ケースファンその2• NB Fan1 Speed・・ ノースブリッジのファン• Power Fan Speed・・電源ファン 最下段から4行有る選択項目で設定変更が可能で、このマザーボードではそれぞれをレベル4~8段階くらいで変更可能。 ここで設定するとWindowsは無関係にメイン基板が制御してくれる仕組。 設定をミスって温度が上がり過ぎてもリセット(CMOSクリア)すると解決。 最も安全な方法でしょうな。 外付けのファンコントローラーを買う 価格コムで1位になっていたファンコン、Scytheの風マスター2を拝借。 source: この変態装置をどこに付けるかは5インチのオープンベイ。 DVDやブルーレイドライブが入っている所へ突っ込み、電源とファンの間にかませて取付け。 蛍光灯でいうと調光出来るような感じにファンの速度をダイヤルで操作し、リアルタイムに変更出来る機器。 電飾のような自己満足と思いきや、最近のファンコンは温度センサーや警告アラームも付いているようで好きな人には必須なのでしょう。 温度や回転数の管理という名目では有るものの、個人的にはオーバークロックのような実験用と思っております。 実売送料込で約4500円の価値が有ると思えるか否か。 を入れている私が評するのもおかしな話では有ります。 以上、ライフハッカーの記事はほぼ読まずに書いている為、分かり難かったり説明不足と思われるなら元記事をどうぞ。 ファンコントローラー以外で静音化する方法5つ ライフハッカーのタイトルはファンのスピードを調整する方法と有るものの、接頭に「うるさいパソコンの」と付いている為、ファンの速度を変更する以外でパソコンを静かにする方法を5つ付け足し。 CPUクーラーとグラボファンを掃除 最も効果的と思われる静音化。 デスクトップでPCケースを開けた事が無くうるさいならまずは掃除。 一般家庭なら1年も経てばホコリは溜まっていると思われ、布団の有る部屋や喫煙するなら更に期間は短くなるもの。 CPUファンの奥に有る銀色の網のような鉄、ヒートシンクにホコリが積もって付着していないか。 ファンを指で軽く押さえてエアダスターで吹く、または掃除機で吸いましょう。 グラフィックボード搭載でファンが付いているなら盲点になり易い箇所。 ファンが下を向いている事から見えづらく、外すかPC本体を倒してCPUクーラーと同じように掃除を。 私のPCを例に。 上のこちらを向いている物がCPUファン(クーラー)、その下に有る赤い小さめな基板で赤いファンがチラ見えしている物がグラボ。 購入時と比較し、やたらとうるさくなった場合は掃除で改善されるは良く有る事。 ケースファン交換(異音の場合) 異音でもカラカラというケーブルが当たっている音とは違う、ブーンとかブブブブなどの唸るような音の場合。 このような条件が重なると異音が発生し易い。 冬場や寒冷地などで室温が低い時期• 喫煙により煙を吸い込みヤニまみれ• 数年使っていたり、稼働時間の長いPC 最近の一般的なケースファンはボールベアリングという物が使われており複数の小玉がファンの中心付近に入っております。 それが汚れなどにより負荷が掛かる、邪魔をすると異音の原因に。 騒音とは違うけれど静かにする方法の一つ。 CPUクーラーを市販品へ交換 普通のCPUクーラーは上に貼った画像のようなインテル純正の物。 BTOパソコンでは同じくインテル入ってる、または仕入数百円や2千円もしない安物が使われております。 それが悪いとは言わないけれど、高性能CPUを搭載したが為に騒音に悩まされているなら思い切って市販品に交換する手も有り。 価格コム1位は簡易水冷だったので2位の空冷より。 source: 私のPCに載っているインテル純正クーラーとの大きな違いは• ファンが大きい(12cm、ケースファンと同じサイズ)• フィンの面積が広い(薄い板状の銀色部分)• ヒートパイプが多い(銅色の部分) 回転数は最大でも1300rpmとなっておりケース背面ファン並。 これがどのくらい低いかは、私が以前使っていたPen4搭載PCで3500rpm、修理で見たCore2Duoで2700rpm前後とか。 CPU付近から直接上部へ熱伝導出来るヒートパイプ、放熱出来る金属部分が広くファンが大きい為、回転数が低くとも効率的に冷却出来る仕組。 送料込3500円程度を安いと思うか否か、やはり価値観によりますな。 ちなみにBIOS設定の項目に表示されていた私のPCで、インテル純正クーラーの割に回転数が1240rpmになっている理由は、おそらくケースが良い為かと。 ケース丸ごと大きい物に交換 ケースの大きさに比例してファン類の音は外へ大きく出なくなるもの。 例としてスリムケースにCore2を載せるという凄い仕様にしているならミドルタワーに変えてみましょう。 スリムは静音化には最低なケースで、手元に有るならCPUファンが側板から見えていないでしょうか。 うるさいに決まっております。 見えおらずフィルタが付いているならフィルタ掃除の頻度が多く大変でしょう。 小さなケースなら性能は控えめに、性能を上げるならケースも大きくが基本。 BTOメーカーでスリムケースにCore i7など載せて販売している理由は、最近のインテルCPUかファンが優秀で静音性が上がった、またはユーザが買うから売っているのかと。 ちなみに私のケースはCPUの直上に20cmという大型ファンが排気しており、更に背面には12cmファンが排気している変態仕様。 大丈夫か心配になる程の静音性。 回転する内蔵パーツを減らす 熱を出すからファンは回っており、熱が出ないなら回らなくて良し。 しかしCPUやグラボ(GPU)、電源装置は発熱する物。 ハードディスクも中で高速回転しておりやはり発熱。 CPU性能を思い切り下げ、AC電源でも動くまで構成を落とし、SSDを載せるとファンはかなり減らす事が出来ましょう。 ネットトップ(Atomなどを搭載した超小型デスクトップ)はケースファン1個搭載なPCも存在。 パソコンのうるさいファンを静かにする方法まとめ 以上の計7項目で誰にでも出来そうな簡単かつ効果的な方法はケース内のクリーニング程度。 ライフハッカーの記事は知らずにやると温度が上昇し危険。 BIOSは設定項目が皆同じでは無く知らなければ困難。 ファンコン搭載は普通の人には難易度高め。 私が書いた物もほぼ改造で、自作ユーザなら簡単でも初めて内部をいじるなら作業を誤り故障や破損に繋がる可能性有り。 特にケース交換は全分解とは言わないまでもかなりバラす事になり、CPUクーラー交換は初心者には最大の難関で有るグリス塗布や取付作業以外にヒートシンクが周辺のパーツに干渉しないか、ケースの幅はクーラーの高さより大きいかなどクーラー選択から難しい所。 静音に関してまとめると。 パソコンを購入する際は大きいケースを• 無駄に性能を高くしたりグラボを載せない• 購入後は面倒でもケース内クリーニング• 改造や設定変更は失敗覚悟か勉強後に とりあえず掃除しましょう。 話はそれからで良いと思われます。 html.

次の