ウレタン マスク。 ウレタンマスクの裏表と上下の見分け方は簡単!楽天アマゾン在庫あり

夏のマスクは熱中症に!?おすすめウレタンマスク!

ウレタン マスク

sponsorlink ウレタンマスクとは? ウレタンマスクと言えば、ピッタマスク(PITTAMASK)が有名です。 ウレタンマスクの素材 ウレタンマスクの素材はポリウレタンです。 何故、ポリウレタンでマスクを作ろうと考えたのか? これについて、には以下の記載があります。 そこで、 顔とマスクの間に隙間ができない、どんな顔の形にも合うマスクの開発が必要だと考えて、ポリウレタン素材のマスクにたどり着きました。 この文章を見る限り、ピッタマスクは花粉症対策としてウレタンマスクを開発したようです。 ウレタンマスク[ピッタマスク]のメリット ウレタンマスク[ピッタマスク]のメリットは以下の点です。 他の素材に比べて軽いです。 顔とマスクの間に隙間が出来ない 「顔とマスクの間に隙間が出来ない」ことは、花粉だけでなく、ウイルス、埃、PM2. 5等を防ぐ上で重要です。 但し、どんなに優れたウレタンマスクでも、自分の顔のサイズに合っていないと、隙間が出来、効果は半減します。 自分の顔のサイズに合ったマスクを購入しましょう。 花粉をカット ピッタマスクは 花粉を99%カットするフィルター性能です。 洗える ウレタンマスクは洗えるマスクです。 但し、 酸性やアルカリ性の洗剤では変色する可能性があるので、中性洗剤で洗います。 通気性が高い ウレタンマスクは通気性が高いので、 息苦しくない、メガネが曇らない、といったメリットがあります。 耳が痛くならない 柔らかいウレタン素材だから耳が痛くならない。 アルカリ性及び酸性の洗剤を使って洗うと、変質する可能性があります。 臭い 開封直後は、 ポリウレタン素材のにおいを感じることがあります。 においが気になるようであれば、内袋から取り出した後に数回軽く振っていただいたり、お気に入りの洗剤などで手洗いしてからご使用ください。 参照元: 変色 使っている内に表面が黄色くなってくることがあります。 これはポリウレタン特有の現象で、品質に問題はありません。 ウレタンマスク[ピッタマスク]の洗い方 ピッタマスクの洗い方はで公開されています。 但し、かなりシンプルです。 これはピッタマスクに限らず、ウレタンマスクに共通する洗い方です。  ウレタンマスク[ピッタマスク]洗い方のポイント 使った後は中性洗剤で手洗いを推奨しています。 入浴時についでにこれを行うと楽です。 洗剤 ピッタマスクを洗う時に使う洗剤は中性洗剤です。 布マスクはアルカリ性の塩素系漂白剤(次亜塩素酸ナトリウム)で洗いますが、 ピッタマスクをアルカリ性洗剤で洗うと、変質の可能性があります。 一般的に「キュキュット」などの食器用洗剤が中性洗剤です。 鼻の付け根に合わせて下さい。 ウレタンマスク[ピッタマスク]裏表は? 表裏どちらもで使用可。 ウレタンマスク[ピッタマスク]の種類 ピッタマスクのサイズ ピッタマスクには、レギュラーサイズ、スモールサイズ、KIDSサイズがあります。 カラー レギュラーサイズは6種8色、スモールサイズは4種9色、KIDSサイズは3種7色のバリエーションがあります。 ウレタンマスク[ピッタマスク]にコロナウイルス感染予防は効果はあるの?【結論】 結論としては、 ピッタマスクにコロナウイルス感染予防は効果はありません。 以下の理由によります。

次の

高性能ポリウレタン使用『ピッタマスク』再利用も出来る最高のマスク♪

ウレタン マスク

ウレタンマスク ウレタンマスクを私は楽天市場で購入。 材質はポリウレタンでカラーは「ブラック」「ホワイト」「グレー」の3色から選びました! 使い捨てマスクをお店で最後に見かけたのはだいぶ前で予約でウレタンマスクを購入 洗って繰り返し使用可能なため、使い捨てマスクを購入できない今欲しい!と思って使いました。 だけど実際使ってみたところ思っていたのと違う部分もありました。 ウレタンマスクは他にも楽天でいっぱい販売されています。 現在はだいたいが「予約販売」となっていますので、発送時期など内容を確認の上購入することをおすすめします。 汚れていないのであれば水洗いでいいと思います! 洗顔料で優しく洗っている声もありますね。 繰り返しの使用ができるので経済的で〇 長持ちさせるコツは「優しく」洗うことです。 通気性が良いから息が苦しくならない 使い捨てマスクに比べて息が楽に感じました。 使い捨てマスクだと苦しいという人も付け心地が軽いですし、息もしやすいため使いやすいかも。 やわらかな素材なため肌への負担も少なさそうな印象です。 かたい使い捨てマスクだと肌荒れしてしまったり、マスクをずっと使っていて肌トラブルがでてきてしまった人に良いかも。 こすれて痛いということはありません。 伸縮性があり軽い付け心地 マスクずっとつけていると耳が痛くなったりしますよね。 ウレタンマスクのデメリット 実際に購入して手にとってみて「思っていたのと違う」と思った点も。 私が実際に感じたデメリットを紹介します。 薄くて思っていたよりしっかりしていない ウレタンマスク初だったので、薄さにまず驚きました。 結構しっかりしているイメージでいたのですがかなり薄めです。 個人的にはフィルターを別で購入して使用しないとウィルスに関しては不安。 花粉症のため使用するのであればいいのかもしれませんが、ウィルスを通したくない!という人は不安を感じるかなと思いました。 息をはくと通過していく ウレタンマスクをつけて、手を口の前におき、「ふ~」とやると息を手で感じられます。 息がしやすく通気性が良いのがメリットでもありますが、正直フィルターを別で購入して使用しないとウィルスに関しては不安を感じました。 これをつけてマスクをして、目の前に人がいた場合はあまり防げないのではないかと思いました。 あとはデメリットとしてニオイが少し気になる。 衛生面ではとても安心できました! 1枚出してみるとこんな感じ。 私はグレーを購入しましたが色に不満もとくになし。 薄めのグレーです。 通気性がよくつけていても苦しくない そして耳が痛くなりにくい、付け心地が軽いなど感じられました。 触り心地は薄いスポンジみたいな感じの触り心地でやわらかです。 横からみるとこんな感じ。 薄くて軽いのですが、個人的には今時期例えば買い物など人が多い場所で使用するには心配かなといった感じ。 見た目はおしゃれで可愛いなと思います。 機能性にこだわるのであればおすすめしない、もしくは別でフィルターシートを購入したほうが安心かも 私は他にもウレタンマスク予約しておいてますが、届いた後に使い捨てマスクを楽天市場で購入しました。。 購入してみて不安を感じるようでしたらフィルターシートの購入をおすすめします。

次の

ウレタンマスク[ピッタマスク]にコロナウイルス感染予防効果はあるの?

ウレタン マスク

そのウレタンマスクの先駆けでありますエバーマスクの進化系【 ピッタマスク】の着用レポをお伝え致します。 話題のピッタマスクを着用してみた! インフルエンザや風邪が蔓延する時期、花粉が飛び交う季節、そんな時こそのマスクは絶大です。 私自身は年から年中、マスクを着用している マスク女子ならぬ マスク依存症ですので、自宅には常にマスクを用意しています。 基本は、不織布タイプのプリーツマスクを好み愛用しております。 そんなプリーツマスク愛用者のマスク依存症の私が本日は、今話題の 高性能ポリウレタンフォームの材質を使用したウレタンマスクでご存知の【ピッタマスク】を着用した感想をご報告致します。 前に同じウレタンマスクのをご紹介致しましたが、今回のピッタマスクはさらにそのエバーマスクの改良版であり、立体型タイプのマスクとなっております。 口周りの空間の確保が必要で、立体型マスク派だと言う方は今回のピッタマスク最適です。 ビックリ!なに!この安心感と快適な呼吸!! おそらく、初めてウレタンマスクを着用するとその 呼吸の快適さに驚くと思います。 ちょっと変態っぽいですが、私って通常の不織布マスクのマスク内に自分の吐いた空気や暖かい空気がこもる感じは大好きです。 ただ、人によっては不快に感じたり、口臭が強い方はそのニオイに気分が悪くなる人も少なくはないと思います。 そんな方におすすめであるのがこちらのウレタンマスク、見た目がなんだか息苦しそうと感じてしまうんですが、全然全くもって 快適な呼吸が可能なんです。 これはエバーマスクもピッタマスクも同じで、さらに立体になっているピッタマスクの方がさらに口元に開放が得られます。 これに悩まされている方って結構いると思うんですよね。 その点、こちらのウレタンマスクのピッタマスクは長時間、マスクを着用していても全く耳が痛くならないんです。 その理由として、マスク全体が高性能ポリウレタンフォームの素材一体で作られているので接触する肌はもちろん、耳にかける部分もとても優しい作りになっているんです。 もちろん、一体型ともあり耳にかける部分が切れることもなさそうです。 当ブログでも耳が痛くならないマスクとして、初めてご紹介したのが同じウレタンマスクであるエバーマスクでした。 そして、時代は打って変わり、ウレタンマスクの時代となりましまが、 実はこちらのピッタマスク洗っての再利用が可能なんです! 使い捨てタイプのマスクに慣れている人からしてみたら、再利用出来ることに違和感があると思いますが、 繰り返し使うことでその分、コストを抑えることでとても経済的でしかも地球に優しくエコなんですね。 石鹸や中性洗剤で手洗いして、しっかり陰干しで乾かして次の日には乾いているので着用するにあたり、なんら抵抗はありませんでした。 交換の目安としては、 真っ白なマスクが黄ばんできたら交換となります。 「黄ばむって、その程度は?」ってなると思いますが、新品時と比べて明らかに黄色く黄ばんでるなぁ…って思ったら、交換してください。 ある意味、今後に向けた最強のマスク!? ピッタマスクは不織布タイプのマスクと比べると見た目は随分と異なります。 エバーマスクが医療関係で使用されていただけにどちらかと言うと医療向けのように感じるマスクです。 そのため、今まで不織布タイプのマスクやプリーツマスクに慣れ親しんでる方には、ウレタン素材で立体型となると少なからずとも抵抗があると思います。 周りからも変わったマスクを着用していると思われる場合もあるかもしれません。 ですが、いざ着用してみるとそのような抵抗や戸惑いを吹き飛ばしてくれるほどの着用感です。 マスクを着用している違和感もなく、マスク内も通気性が良く、蒸れることもなく息苦しくもなく、立体型ならではの開放感のあるマスク内。 ポリウレタンフォームで肌に優しく、しっかりフィットして隙間も出来ず、 しかも長時間着用していても全く耳が痛くなるようなこともありません。 一言で言えば、 『気持ちイイ、マスク』 今までのマスクの概念を覆す、画期的な新しくも面白いアイデアのこちらのピッタマスク。 また、今回のピッタマスクは立体型タイプのマスクとなり、どうしても立体マスクは抵抗があると言う方は、エバーマスクを検討してはいかがでしょうか? 参考:•

次の