スマホ の 画面 を テレビ に 映す。 パソコン画面にスマホ(Android)の画面を映す方法【ミラーリング】

スマホ画面をテレビに映す方法

スマホ の 画面 を テレビ に 映す

スマホとテレビを接続する3つの方法 まずは、「そもそもどんな方法があるのか実はよくわかっていない」という方々のために、3つの接続方法の特徴と、それぞれのメリット、デメリットをご紹介していきます。 iPhoneならAppleTV アップル ティーヴィー 、AndroidならChoromeCast クロームキャスト やMiracast(ミラキャスト)レシーバーを利用するのが基本です。 設定が難しい場合がある• 有線と比べて通信が不安定になることがある• 販売価格が高め 2. 有線接続には、「Apple Lightning Digital AVアダプタ」「MHLケーブル」「スリムポートtoHDMIケーブル」「USB Type-C to HDMIケーブル」などを利用します。 iPhoneなら基本的にApple Lightning Digital AVアダプタの一択。 Androidなら、利用機種に応じて、対応している規格のケーブルを「MHLケーブル」「スリムポートtoHDMIケーブル」「USB Type-C to HDMIケーブル」の中から選ぶというのが基本です。 設定が難しい場合がある• 有線と比べて通信が不安定になることがある• 対応テレビが少ない AndroidとiPhone(iOS)それぞれのおすすめ接続方法 テレビ出力をしたいスマートフォンの機種や、何を出力したいのかによって、おすすめの接続方法や用いる機器が変わります。 ここからは、利用環境別のおすすめ接続方法をご紹介していきます。 iPhone、iPadの場合 iPhone、iPadを利用している場合は、「AppleTV アップル ティーヴィー 」もしくは「Apple Lightning Digital AVアダプタ」を利用することになります。 単純にスマホの画面をテレビに出力したいだけなので、あれば圧倒的に「Apple Lightning Digital AVアダプタ」がおすすめです。 AppleTVの場合、32GBの安い方を選んだとしても、2万円以上の出費を覚悟しなくてはならず、あまり手軽だとは言えません。 その点、Apple Lightning Digital AVアダプタなら、Apple公式サイトで5,200円(税抜)で購入できますし、Amazonや楽天市場ならもう少し安く購入できます。 有線接続用のケーブルを購入する場合、あまり安易に短いものを購入すると、後々「失敗した!」と感じてしまうかもしれません。 短いものほど安価で購入できますが、あまり短すぎると、接続したスマホがテレビ近くに固定されてしまい、操作がし辛くなることもありますので、長さは慎重に選ぶようにしましょう。 USB Type-C対応機種の場合 USB Type-C対応機種の場合、MHL非対応機種がほとんどで、有線での接続方法がないということも多いようです。 一応は、USB type-C用のテレビ出力ケーブルも存在しますが、スマホ側が非対応となっていることが多く、一部の機種でしか利用できません。 そうなると、残された選択肢は、ワイヤレス接続ということになります。 Androidでワイヤレス接続するなら、Chromecastが有名ですね。 使い方も比較的簡単で、情報も多いので、ワイヤレス接続って難しそうという方にはおすすめです。

次の

【楽天市場】HDMI ワイヤレス レシーバー Wi

スマホ の 画面 を テレビ に 映す

現在、スマートフォンの画面サイズは3インチから6インチ以上までに大きくなりました。 大画面になり、お気に入りの映画、バラエティ番組、ドラマの視聴、またはアクションやアドベンチャーゲームのプレイをするのに最適です。 一方、NetflixやYouTubeは優れた画質のストリーミングビデオを提供しますが、それらのメディアファイルを大画面に発送すれば、より良い体験をもたらしてくれます。 Chromecastなどのデバイスを持っていれば、スマホを簡単にテレビにミラーリングすることができますが、持っていない場合、次に紹介するアプリケーションを使ってAndroid画面をPS4にミラーリングするのもいいです。 では、続いての説明をご覧ください。 Androidをプレステ4にミラーリングする二つの良い方法 Plex — PS4にAndroidをミラーリング 全てのミラーリングプログラムがデバイスをPS4に接続できるとは限りません。 しかし、というアプリはPS4へのミラーリングが可能です。 このアプリはAndroid端末をPS4など他のデバイスに表示させることができる画面ミラーリングアプリです。 動画、音楽と写真のストリーミングに対応します。 アプリはファイルを自動管理するので、再生したいメディアの検索には苦労せずに済みます。 無料でも使えますが、Plexパスを利用すれば屋外のライブテレビやポッドキャストを視聴・録画することもできます。 下記の手順に従って、Androidをプレイステーション4にミラーリングしてみましょう。 Plexのにアクセスして「新規登録」をクリックして、無料アカウントを作成します。 後にデバイスの接続に使う必要がありますので、忘れないようにユーザー名とパスワードをメモしてください。 プレイステーションのストアに行って、下にスクロールして「アプリ」セクションに入ります。 「人気」を選択して、「Plex」を探します。 「ログイン」ボタンをクリックして、ブラウザを使って画面に表示されるリンクにアクセスします。 そこで、アカウントをログインして、テレビに表示されるコードを入力します。 「接続」をクリックして、デバイスを正確に設定したらアプリ接続済みのメッセージが表示されます。 一方、画面にエラーメッセージが表示された場合、それを無視して、「リトライ」ではなく、「ホームに戻る」をクリックしてください。 そして、PlexをAndroidデバイスにインストールします。 インストールしたらアプリを起動して、「試用モードに留まる」 Stay in Trial Mode をタップします。 AndroidをPS4に画面ミラーリングする前には、下記の手順を行う必要です。 「許可を与える」 Grant Permission を押して、メニューアイコン、または三のようなアイコンをタップします。 「設定」を開いて、「システム」に入って、「広告サーバー」、「カメラロールメディアを表示する」と「ネットワークの検出」にチェックを入れます。 最後、PS4のホーム画面に行けば、テレビの右上にお使いのAndroidデバイスのロカールビデオや写真が表示されます。 ストリーミングするには、フォルダーをクリックして再生ボタンを押せばいいです。 iMediaShare — Androidをプレステ4に映す とは、Google Playストアで入手可能な無料アプリケーションで、スマホを他のサーバーに接続することができます。 このアプリを使えば、ユーザーは簡単にテレビ画面やオーディオシステムに写真、ビデオ、音楽を再生できます。 その他、AndroidをPS4に表示させることも可能です。 現在、Android 2. 2以降を搭載する端末と互換性があります。 自動的に接続可能なデバイスのリストが表示されるのがこのアプリの良い点です。 なので、オプションから選択すればメディアファイルが選択したデバイスに受信されます。 必要なのはお使いのデバイスを同じWi-Fiネットワークに接続するだけです。 下記の説明を参照して、AndroidをPS4に映しましょう。 AndroidデバイスにiMediaShareをダウンロード・インストールします。 アプリを起動して、主画面からストリーミングしたいファイルを選択します。 例えば、「Gallery Videos」 ビデオギャラリー や「Gallery Photos」 写真ギャラリー から選択できます。 画面を底までスクロールして、「All Videos」 全てのビデオ をタップして、スマホに保存された動画ファイルを閲覧します。 ミラーリングしたいのを選択して、新たに表示されるウィンドウに「Choose a screen」 スクリーンを選択 をクリックして、接続可能なデバイスからお使いの機器を選択してタップすればストリーミングが開始されます。 Androidと同じネットワークにPS4を接続しなければ、デバイスの検出モードではお使いのPS4は検出されませんので、ご注意ください。 記事の方法でAndroidをPS4に接続する問題を解決できれば、ぜひ記事をソーシャルメディアに共有してください、他のユーザーの力にもなれると思います。 また、他にも何か良い方法があれば、コメントしてみんなにお知らせください。

次の

AndroidをPS4にミラーリングする二つの方法

スマホ の 画面 を テレビ に 映す

アップルの「iPhone」や「iPad」で撮影した写真や動画をテレビに映すと、友人や家族と一緒に閲覧できて盛り上がる。 また、動画配信サービスの映画やゲームも、大画面のほうが迫力がある。 そんな使い方を実現するために、iPhone/iPadの画面をテレビに映す方法を解説する。 写真、動画、ゲームなどは、iPhone/iPadの画面よりもテレビに映すほうが楽しみが拡がる 接続方法には有線接続と無線接続がある iPhone/iPadの画面をテレビに映す方法は、大別すると2つある。 有線接続と無線接続だ。 各接続方法により、表示できるもの/できないものがあるのだが、その詳細は後ほど解説する。 まずは、いずれの接続方法でも何かしらの機器を購入する必要があるので、各接続方法に必要な機器と特徴を理解しておこう。 なお、画面を表示するテレビは、HDMI端子搭載であることが必須だ。 基本的には、iPhone/iPadの画面をそのままテレビに映す「ミラーリング」を実現する。 iPhoneは「Lightning Digital AV アダプタ」、USB Type-C端子のiPad Proは「USB-C Digital AV Multiport アダプタ」を利用し、テレビにHDMIケーブルで接続するだけでいい。 ただし、ケーブルでつながっているために、移動の自由度が低い。 HDMIケーブルを購入する場合は、ケーブルの長さを考慮しよう。 「キャスト」の場合、テレビに表示する内容と、iPhone/iPad側の表示を変えることが可能になる。 たとえば、テレビでは映画を再生し、iPhone/iPadには再生や早送り/巻き戻し、停止、音量調整などのコントロール画面を表示する、といった使い分け方だ。 また、無線接続に使われるテクノロジーには、アップルの「AirPlay 2」(iOS 11. 4以降)、グーグルの「Google Cast」、Wi-Fi Allianceによって策定された「Miracast」があることも覚えておこう。 参考情報(公式サイトの説明ページ) 無線接続するための機器は複数あるのだが、機器によって採用しているテクノロジーが異なり、できることにも違いがある。 以下では、無線接続を実現できる主な機器を紹介する。 なお、無線接続のためには無線LAN環境が必要となる(「Miracast」対応機器と「Apple TV 4K」を除く)。 ・「Chromecast」(グーグル) 画面をミラーリングするのではなく、iPhone/iPad上の対応アプリ(写真、動画、音楽がメイン)をストリーミング再生する。 大きな特徴は、インターネット上のコンテンツを再生する点にある。 iPhone/iPad上のアプリで再生をはじめると、インターネット上にある同じコンテンツがストリーミングされるわけだ。 そのため、再生中にほかのアプリを操作できるし、iPhone/iPadの電源をオフにしても再生は続く。 ・「Anycast S」(KOSYNC) 「Anycast S」は、「AirPlay」「Google Cast」「Miracast」対応のワイヤレスディスプレイアダプターだ。 同様の製品は、アマゾンなどのネットショップで多数販売されており、1,000円以下のものから、高機能で2万円近い製品まで幅広く揃っている。 「Anycast S」の特徴は、無線LAN環境がなくても利用できる点にある(無線LAN環境でも可)。 これは、「Miracast」のテクノロジー利用による。 「Miracast」は、表示元と表示先の機器を1対1でWi-Fi接続できるようにするものなのだ。 そのため、たとえば無線LAN環境のない外出先において、iPad上の文書をディスプレイに表示させてプレゼンに使いたい、といったケースで重宝する。 必要な機器 ・Anycast S ・「Apple TV 4K」(アップル) アップル製品なのに後回しにしたのには、ワケがある。 「Apple TV 4K」は、iPhone/iPadの画面をテレビに表示するだけの機器ではないためだ。 「AirPlay 2」によるミラーリング/キャストは、一機能にしか過ぎない。 「Apple TV 4K」は内蔵メモリーを搭載しており、Apple TV向けのtvOSアプリを起動して直接テレビで利用できる。 「Apple TV」「写真」「ミュージック」「Podcast」など、iPhone/iPadと同じアプリが入っており、iCloudを使って同期すればiPhone/iPadを使わずして、さまざまなコンテンツを楽しめてしまう。 また「App Store」も入っており、定額制音楽配信サービスや無料動画サービス、ゲームなどの追加入手も可能だ。 必要な機器 ・Fire TV Stick(Amazon. jpでの価格4,980円)またはFire TV Stick 4K(同6,980円) (2019年6月10時点の価格) ・アプリ「AirReceiver」(305円) ・「AirPlay 2」「Google Cast」対応テレビ 最後に、最新のテレビ事情にも触れておこう。 今後発売されるテレビには、「AirPlay 2」や「Google Cast」に標準対応する製品が増えてくるかもしれない。 すでに発売済み、発表済みの製品もあり、国内メーカーではソニーが「AirPlay 2」と「Google Cast(Chromecast搭載)」に対応する「BRAVIA」シリーズの発売を発表している。 4K有機ELテレビの「A8Gシリーズ」(2019年7月発売予定、AirPlayは非対応)と「A9Gシリーズ」(KJ-77A9Gは2019年6月15日発売予定)、4K液晶テレビの「X9500Gシリーズ」と「X8550Gシリーズ」だ。 テレビの買い換えを検討している方は、こうした機能にも注目するといいだろう。 参考情報 機器選びは、できること/できないことをチェック 機器選びで大切なことは、できること/できないことをしっかりチェックすることだ。 特に、定額制動画配信サービスの場合、著作権保護の観点から対応しない機器があるので注意しよう。 以下の表に、動画配信サービスやその他のアプリごとの対応をまとめたので参考にしていただきたい。 なお、「Apple TV 4K」と「Fire TV Stick」の「ミラーリング」が、iPhone/iPadの画面を表示できるか否かだ。 「アプリ」は、内蔵メモリーから起動するアプリで対応するか否かを表している。 表示元の機器には「iPhone XS(iOS 12. 1)」、テレビはシャープの「AQUOS LC-45US40」を使った。 また「Chromecast」は第2世代の製品を使い、「Anycast S」は無線LANを使って接続した 表を見ると、テレビで楽しみたいサービスやアプリの対応の可否から、選ぶべき機器が絞られてくる。 複数の機器が対応なら、機器の価格等も参考にするといいだろう。 注意したいのは、ゲームだ。 特に無線通信でプレイする場合、通信環境によっては遅延が発生してしまう。 プレイするゲームにもよるが、手元の操作とテレビ上の表示にズレが発生し、楽しめないことがある点は理解しておこう。 ちなみに今回、iPhone/iPad本体の傾きでステアリング操作するレーシングゲームの「Real Racing 3」をプレイしたみたところ、有線接続では気にならなかったが、無線通信では遅延のために思うようなドライビングができなかった。 各機器の接続方法 最後に、各機器の接続方法と使い方のポイントを紹介しておく。 いずれも、さほど難しい設定や操作ではないが、こちらも機器選びの基準のひとつとして役立てていただきたい。 あとは、テレビの入力切り替えでケーブルを接続した入力番号に切り替えたら完了。 iPhone/iPadの画面がテレビに表示される。 横向き対応のアプリなら、iPhone/iPadを横向きにすることでテレビの全画面に表示される。 iPhoneのLightning端子に「Lightning Digital AV アダプタ」を経由してHDMIケーブルを接続する テレビのHDMI端子にHDMIケーブルを接続し、入力端子の番号を確認しておく 確認した入力番号に、入力を切り替える iPhoneの「Apple TV」アプリで映画を再生するとテレビには映像が表示され、iPhoneの画面はコントローラーになる。 電源も必要なので、付属のUSBケーブルとAC電源アダプターを利用しよう。 テレビにUSB端子があるなら、そこから給電してもいい。 テレビの入力を切り替える。 Chromecastの電源をオンにするとテレビに設定画面が表示されるので、指示にしたがう。 設定は、iPhone/iPadに「Google Home」アプリをインストールし、アプリから行う。 ChromecastをHDMI端子に接続し、電源ケーブルも接続。 写真では、テレビのUSB端子から給電している。 Chromecast本体側面にあるボタンを押して電源を入れる テレビの入力を切り替えると、設定画面が開く。 「Google Home」アプリのインストールが促されるので、iPhone/iPadにインストールして起動する。 Googleアカウントでログインすると、Chromecastが検索される。 見つかったら、コードが表示される テレビにもコードが表示されるので、同じコードであることを確認し、iPhone/iPadの設定画面の指示にしたがって設定を進める。 自宅のWi-Fiに接続したら、設定は完了だ。 続けて、使い方のチュートリアルが表示される Chromecastに対応のアプリなら、右上にキャストアイコン(四角の左下に無線のマーク)が表示される。 これをタップして「Chromecast」をタップすれば、テレビに表示される。 写真は「Google フォト」の例。 電源も必要なので、付属のUSBケーブルを利用する。 ただし、AC電源アダプターは付属しない。 テレビにUSB端子があるならそこから給電できるが、ない場合には別途、AC電源アダプターが必要になる。 電源を給電したら、Anycast Sは常に電源オンの状態だ。 テレビの入力を切り替えると、設定画面が表示される。 続いて、iPhone/iPadからAnycast SにWi-Fi接続する。 接続できたら、SafariからAnycast S本体内の設定画面を開き、Anycast Sと自宅のWi-Fiを接続。 接続できたら、設定は完了だ。 iPhone/iPadのコントロールセンターから「画面ミラーリング」を開き、Anycast Sを選択するとミラーリングが始まる。 Anycast SをHDMI端子に接続し、電源ケーブルも接続。 写真では、テレビのUSB端子から給電している テレビの入力を切り替えると、設定画面が開く。 付属のマニュアルにしたがってAnycast SのSSIDを選び、パスワードを入力したらiPhone/iPadとAnycast Sが直接、Wi-Fiでつながる 次に、Safariで「192. 168. 1」にアクセスする。 このIPアドレスは、Anycast S本体内の設定ページの場所だ。 設定ページが開いたら、「Wi-Fi AP」をタップ。 次の画面で「Scan」を選ぶとこの画面になるので、自分の無線LANルーターのSSIDを選択。 」と表示される。 これで設定は完了で、待ち受け状態になる ミラーリングは、iPhone/iPadのコントロールセンターから「画面ミラーリング」をタップ この画面でAnycast S(「Mirroring-efe9ec-ITV」)を選ぶと、ミラーリングが始まる。 「ミラーリングを停止」のタップで終了する。 映画の音声や音楽はテレビから出力される。 Apple TV 4KとテレビをHDMIケーブルで接続し、付属の電源も接続しよう。 なお、Apple TV 4KはギガビットEthernetポートも装備しているので、有線LAN接続も可能だ。 テレビの入力を切り替えると設定画面が表示されるので、指示にしたがって設定を進める。 はじめに、付属のリモコンとApple TV 4Kをペアリング。 ペアリングしたらリモコンが使えるようになるので、言語や国を選択し、設定を進める。 「Apple TVを設定」画面まで来たら、「デバイスで設定」を選ぼう。 Apple TV 4Kは、iPhone/iPadのWi-Fi設定、Apple IDをそのまま設定できるからだ。 iPhone/iPadのロックを解除し、Wi-Fiに接続。 BluetoothをオンにしてiPhone/iPadをApple TV 4Kに近づけると、テレビ画面に4桁の認証コードが表示される。 これをiPhone/iPad側で入力すれば、設定情報がApple TV 4Kに反映される。 テレビ側では、画面の指示にしたがって設定を進めよう。 ホーム画面が表示されたら設定完了だ。 設定が完了すると、iPhone/iPadの画面にApple TV 4Kが表示されるので選択。 最後に「完了」をタップする。 iPhone/iPadの画面をミラーリングするには、iPhone/iPadのコントロールセンターを開いて「画面ミラーリング」をタップ。 Apple TV 4Kを選択すれば、ミラーリングできる。 なお、コントロールセンターから「Apple TV Remote」を表示すると、リモコンと同じ操作ができるので覚えておこう。 Apple TV 4Kとリモコンをペアリングしたら、この画面で「デバイスで設定」を選ぶ iPhone/iPadに「新しいApple TVを設定」画面が表示されるので、「設定」をタップする テレビに認証コードが表示されるので、iPhone/iPad側で入力する この画面に「Apple TV」が表示されるので、タップして追加。 最後に「完了」をタップする 設定が完了するとホーム画面が表示される iPhone/iPadのミラーリングは、コントロールセンターの「画面ミラーリング」をタップし、Apple TV 4K(「リビングルーム」)をタップする。 「ミラーリングを停止」のタップで終了だ App Storeからさまざまなアプリを入手できる。 電源も必要なので、付属のUSBケーブルとAC電源アダプターを利用しよう。 今回、テレビのUSB端子から給電しようとしたところ、設定の途中で電力不足と表示が出たため、AC電源アダプターを利用した。 テレビの入力を切り替えると、設定画面が表示される。 まずは、付属のリモコンをFire TV Stickとペアリングする。 ペアリングしたら、リモコンで画面を進めながら設定を行う。 はじめに言語を選び、無線LANに接続する。 自分の無線LANルーターのSSIDを選んだら、画面上のキーボードを使ってパスワード(暗号キー)を入力。 次に、Amazon アカウントを登録する。 アカウントを持っていない場合は、その場で作成可能だ。 Amazon アカウントでサインインできたら、設定は完了。 ホーム画面が表示される。 ここから、各アプリを起動して映画を観たりする。 続けて、iPhone/iPadの画面をミラーリングできるようにアプリをインストールする。 アプリストアで「AirReceiver」を探したら、購入する。 購入後、ダウンロードしたら起動してみよう。 画面がミラーリング機能の一覧に変わり、待ち受け状態になる。 この画面のまま、iPhone/iPadのコントロールセンターから「画面ミラーリング」を開き、Fire TV Stickを選べばミラーリングが始まる。 Fire TV StickをテレビのHDMI端子に接続する。 電源は、テレビのUSBポート経由ではまかなえないので、AC電源アダプターを利用しよう 付属のリモコンをペアリングし、設定をスタート。 画面の指示にしたがってWi-Fiの接続、Amazon アカウントでのサインインを行う 最後に、登録したAmazon アカウントを選択すれば設定は完了だ ホーム画面から、映画の視聴やアプリの入手、管理などが行える iPhone/iPadの画面をミラーリングするには、別途アプリが必要だ。 「AirReceiver」を検索し、購入・ダウンロードしよう 「AirReceiver」を起動すると、この画面になる。 これが、ミラーリングの待ち受け状態だ iPhone/iPadのコントロールセンターから「画面ミラーリング」を開き、Fire TV Stick(「AFTM-20」)を選べばミラーリングができる まとめ 今回、有線接続と無線接続の4つの機器を使ってみた感想をまとめておく。 まず、テレビ画面でゲームを存分に楽しみたいなら有線接続がおすすめだ。 無線接続の遅延はいかんともしがたい。 無線接続においてはテレビに何を映したいのかで変わるが、設定が容易にできることが多いのはやはり、アップル製品のApple TV 4Kだ。 ミラーリングなしにApple TV 4Kだけで写真も映画も音楽も楽しめるため本稿の趣旨であるiPhone/iPadの画面をテレビに映す、という趣旨からは外れてしまうが、使い勝手は一番いい。 ただApple TV 4Kは値が張るので、ケーブルの取り回しが気にならないのなら有線接続でもいいと思う。 もちろん、テレビに映したいコンテンツが対応しているのなら、そのほかの機器もありだ。 大切なことは、望む環境を実現できる機器を選ぶこと。 購入を検討するときには、機能をしっかりチェックしよう。

次の