化粧品 ベネフィット。 ベネフィット Benefit Cosmetics

ベネフィットの口コミ一覧|美容・化粧品情報はアットコスメ

化粧品 ベネフィット

ベネフィット 企業が提供する製品・サービスは顧客が抱えている「問題」を解決するための手段です。 水であれば「のどの渇き」という問題を解決します。 この場合、マーケターは、水がもたらす「のどの渇き」といった問題の解決策を ベネフィットと呼びます。 日本語では 便益という言葉が適当です。 ベネフィットは製品・サービスの根本的な機能です。 顧客はその製品が欲しくて購入するのではなく、顧客が抱えている問題を解決するベネフィットを購入しているのです。 「なぜ、その製品を買うのか?」という疑問への答えこそがベネフィットです。 化粧品を欲しがる女性は化粧品という製品、物理的な仕様が欲しいから購入するのではなく、「綺麗になる」というベネフィットを得るために購入します。 セオドア・レビットは「顧客はドリルが欲しいのではなく、穴が欲しいのだ」とベネフィットの重要性を指摘します。 ドリルが製品で、ドリルによって空けられる「穴」がベネフィットです。 マーケターが顧客へ提案すべきはベネフィットであり、顧客が得られるベネフィットが分からずに製品・サービスを販売することはできません。 また、ベネフィットは一つの製品につき、一つのベネフィットというわけではありません。 炭酸飲料水であれば、「のどを潤す」というベネフィットに加え「爽快感を得る」というベネフィットも得られます。 顧客は製品をベネフィットの束として捉え、その製品なら一括してベネフィットを得られると期待して購入します。 価値 ビジネスとは価値の交換です。 したがって、ビジネスでは価値とは非常に重要な概念であり、経営者は常々自社の提供物に新たな価値を生み出すこと、価値を上げることに頭を捻ります。 付加価値やバリュープロポジション、フレームワークのバリューチェーン(価値連鎖)などとビジネス上のさまざまな場面で「 価値」という言葉が使われます。 では、「価値」とは一体何なのでしょうか? コトラーによると価値とは 知覚された有形および無形のベネフィットと顧客にかかるコストを表します。 主に、顧客価値の三本柱QSPの組み合わせとみなされます。 QSPとはそれぞれ、品質(Quality)、サービス(Service 、価格(Price を意味します。 品質とサービスが上がれば価値は高くなり、価格が下がると価値は高くなります。 一般に高価格商品ほど価値が高いと考えられそうですが、顧客がかけるコストが低い方が顧客にとっての便益が高まるため価値が上がります(もっとも、ハイブランドのファッションは高価格なことに意味があるため低価格=高価値という単純な式ではありません)。 価値は顧客が購買時に最も重要視するポイントです。 その製品の価値が、顧客が支払う価格を上回っているとき顧客は製品を購入します。 つまり、私たちは製品に価値を創造するだけでなく、顧客に製品の価値を伝達する必要があります。 製品の性能や品質は実際に購入してからの利用で実感して貰えますが、購入前にその製品で得られるベネフィットが上手く伝わらないと、顧客はその製品に価値はないと判断してしまい購入に至りません。 価値を伝える活動もマーケティングの課題です。 顧客満足 顧客満足とは顧客が知覚した製品の成果の評価と事前の期待値の差です。 式に表すと以下のようになります。 言い換えると、顧客が感じた価値と事前期待値が等しいということは、製品は期待通りの価値だったということです。 このとき、顧客は別段不満は感じないものの、製品に満足はしません。 単純に性能を上げたり、顧客の要望にそのまま応えるだけでは満足しないということになります。 顧客が事前に期待する以上の価値を提供することで、顧客は満足するようになります。 かといって、価値>期待値となればいいから顧客を期待させないよう、公開する情報を出し渋ったりしてしまうと、購買しようと思われなくなるため、期待はさせ過ぎても、させなさ過ぎてもいけません。 チャネル マーケティングでは度々「 チャネル」という言葉が使われます。 チャネルとは経路のことで、流通では「流通チャネル」を使って対象に製品を届けます。 顧客にメッセージを伝達する際には、「コミュニケーション・チャネル」用います。 マーケティングにおいては、製品・サービスやメッセージなど、何かを相手に届ける際に、利用する経路を「チャネル」と呼び、目的に応じて適切なチャネルを選ぶことがマーケティング上の課題です。 マーケティング・マネジメント マネジメントは、ビジネス界では経営管理を意味します。 同様に、 マーケティング・マネジメントもまたマーケティング活動の管理を意味します。 マーケティング活動は製品の設計から販売まで全てに関わっています。 そのため、個々の活動がマーケティング戦略全体の活動を最適化できるか管理する必要があります。 如何に価値を創造するのか、どのように価値を提供するのかなど、個々の活動でバラバラに最善を尽くしたつもりでも全体的には顧客へ価値を提供出来ていないかもしれません。 そこで、それぞれの活動の整合性を管理する、すなわちマーケティング・マネジメントが必要になります。 マーケティング・マネジメントとはマーケティング組織内部と外部環境ともに整合性のある優れたマーケティング戦略を実現するための管理活動です。

次の

Benefit(ベネフィット)

化粧品 ベネフィット

詳しくは対象のをご確認ください。 表示されている獲得率や付与額は、支払方法の条件を満たす場合に適用されます。 その付与上限を超えた場合、対象期間中は表示されている付与額では付与されません。 詳しくは各キャンペーンページをご確認ください。 商品説明 ベネフィット ポアフェッショナルパールプライマー リニューアルに伴い、パッケージ・内容等予告なく変更する場合がございます。 予めご了承ください。 【使用方法】 ・化粧水等でお肌を整えた後、適量を顔全体に均一にのばして下さい。 ・化粧品がお肌に合わないとき、即ち使用中や使用後に直射日光にあたって赤み、はれ、かゆみ、刺激、色抜け 白斑等 や黒ずみ等の症状があらわれた場合は使用を中止して下さい。 ・そのまま化粧品の使用を続けますと、症状を悪化させることがありますので、皮膚科専門医等にご相談されることをおすすめします。 ・傷やはれもの、湿疹等、異常のある部位にはお使いにならないで下さい。 ・目に入らないようにご注意下さい。 目に入った場合は直ちに洗い流して下さい。 ・乳幼児の手の届かないところに保管して下さい。 ・極端に高温または低温の場所、直射日光のあたる場所には保管しないで下さい。 ベネフィット ポアフェッショナルパールプライマーに関する詳細なお問合せは下記までお願いします カタセ 542-0081 大阪府大阪市中央区南船場2-7-13 06-4705-6861.

次の

マーケティングの基本概念|ベネフィット、価値、他

化粧品 ベネフィット

もう一歩踏み込んで私たちは、 商品やサービスを使うことで「ターゲット顧客が、日々の生活で実感できるリアルな幸せ」とベネフィットを捉えています。 中高年女性向けのスキンケア化粧品を例に、具体的に考えてみましょう。 よく化粧品の宣伝文句として出ているのは、「コラーゲンが5000mg」や「セラミドの配合量を3倍にアップ」といった成分について。 これらの具体的な情報は、「スペック」にあたります。 同じように「植物由来の無添加素材」といった材料、「化粧水や美容液がオールインワン」といった機能、あるいは「社長自身の肌悩みから開発」といったストーリーも、スペックです。 スペック・メリット・ベネフィットの違い これらのスペックによって実現される価値が、メリットです。 たとえば「そばかすがなくなる」「肌が若返る」といった、年齢肌の悩みが解消されることです。 では、これらのメリットが実現されると、お客様にとってどんな良いことが起こるのでしょうか? あるお客様にとっては、 「肌に自信が持てるようになること」さらに「外出の機会が増えること」かもしれません。 別のお客様にとっては、「異性から注目してもらえること」あるいは「友達から羨ましがられること」かもしれません。 このようにメリットによって現実になる、お客様にとって「良いこと」。 商品・サービスを使うことで顧客にもたらされる最終的な利益、すなわち顧客が実感できる幸せのことを、私たちはベネフィットと呼んでいます。 お客様が買っているのは、ドリルそのものではなく、そのドリルを使って開けた穴である。 つまり、「商品を売るには、顧客にとっての価値から考えよ」という意味です。 ドリルのたとえで分かりやすいように、お客様はあなたの商品自体に興味があるわけではありません。 商品を買うことによって、手に入れられる未来、すなわちプラスの感情やもたらしてくれる利益を期待して購入します。 したがって、商品やサービスのスペックをお客様にとってのベネフィットに置き換えてあげることが、「売れる」ために重要なのです。 ところが 多くの広告では、スペックやメリットだけに終わってしまっていて、ベネフィットが語られていません。 これでは、顧客にはピンときてもらえない。 せっかく顧客のニーズをかなえる商品・サービス出会っても、気づかれないまま売れ残ってしまうのです。 したがって私たちはは広告を制作するとき、スペックをメリットに、メリットをベネフィットに変換するという作業を踏んでいます。 健康美容通販でのスペック・メリット・ベネフィットの変換例 弊社で収集している健康美容通販のチラシを分析すると、売れていると予測されるチラシほどベネフィットの表現が上手です。 健康美容通販市場では、スペックやメリットだけで惹きつける広告表現でレスポンスを獲得できている会社もありました。 ところが昨今は、 法令規制の厳格化や市場での競争激化などで、スペックやメリットだけでは差別化しにくくなっています。 だからこそ、ベネフィットの可視化がますます重要になってきているのです。 ベネフィットを見つけ出すため、広告制作の現場で実践する方法 ベネフィットの可視化が大事といっても、実行に移すのは思いのほか簡単ではありません。 販売側は、お客様が「どのような目的やシーンで商品を使ってくれているか?」や「どんな価値を感じているのか?」を意外に知らないことも多いからです。 スペックを書き出してから、ベネフィットに置き換える そこで単純ですが有効なのは、はじめに商品の特徴(スペック)をすべて書き出すことです。 成分や製法、データ、理論や開発ストーリーなどあらゆるスペックを、まずは洗い出してみましょう。 お客様の声や有名人からの推薦、メディア掲載の実績や販売数量、資格なども信頼の裏付けとなるでしょう。 クライアントの広告担当者へのヒアリングのほか、商品の資料の読み込みや競合商品との比較などを通じて、この作業を行うと思わぬスペックが見つかることもあります。 初めて広告を作るときは、 商品の「良いところを100個は洗い出す」という作業を踏むときもあります。 (参考 そこで出てきたスペックを、メリットにさらにはベネフィットにと置き換えていくのです。 弊社で広告を制作するときは、以下のようなシートを用意して、ベネフィットを書き出していきます。 ターゲットの「フィルタ」を通して考える この時のポイントは明確なターゲットを設定すること。 同じメリットでも、「50代主婦」と「20代OL」など顧客層が違えば、ベネフィットの捉え方がまったく異なるからです。 行き詰まってしまったときは、商品を愛用するお客様に話を聞いたり、ターゲット顧客に近い一般の方へインタビューしたりすると、思わぬベネフィットが見つかることもあるでしょう。 商品の「こんなところが良いと、感じてくれているのか?」と知って、驚くこともあります。 (参考) ターゲット顧客にとって特に重要なベネフィットが明確になったら、広告のクリエイティブも格段に作りやすくなります。 スペック・メリットとベネフィットを区別すること、そしてターゲット顧客のフィルタを通してベネフィットを見つけ出すこと、ぜひ実践してみてください。 「ロイヤル顧客の育て方」 無料 ダウンロード.

次の