全 人類 的 モラトリアム。 仮に全人類哲学的ゾンビ説というのが正しいとして

12星座【利他的な人】ランキング 水瓶座は全人類のために立ち上がる!

全 人類 的 モラトリアム

定義と特徴 人類は生物学上の分類では「哺乳綱霊長目ヒト科」に属する。 大型類人猿と近い関係にあり進化の過程で分化してきた。 現在地球上に生存している人類はすべて同一の種(交配できる生物集団)であり、人類学上は(現生人類)と言われる。 人類の特徴は、人類学的には「」と「犬歯の消滅」が目安とされている。 人類は、ある時期から脳容積が大きくなり、知能を発達させ、やを使用するようになった。 そして他の動物には見られない、 文化を継承・発展させるることによって「歴史」を形成してきたのが人類である。 地球上に人類が出現した年代は、化石人類の研究が進むに従って、どんどん遡っているが、現在はとされている(新しい情報で変化する可能性がある)。 「人類の進化」の見方が変化している 人類にはわれわれホモ=サピエンス以外に、絶滅してしまった「種」があったことが化石の発見と研究によって判ってきた。 それらのには形態の違いから、現在まで25ほどの種があったことが報告されているが、ホモ=サピエンス以外はすべて絶滅してしまった。 つまり、 「人類」は何種類もあったのであり、「われわれ」を除いて絶滅してしまったのである。 しかし、最近の分子生物学の進歩によって化石人類のDNA分析が進んだ結果、このような見方は否定されている。 最近の研究によれば、化石人類から現生人類に至る人類の進化は単線的なものではなく、それぞれ複雑に進化、分化、絶滅、置換を繰り返しているのであり、 現在の人類学では猿人、原人、旧人、新人という分類は用いられていない。 例えば化石人類のネアンデルタール人とクロマニヨン人の関係は、前者が後者に進化したのではなく、別々に進化し、しかも併存していたと考えられている。 これは現在の研究水準からすると、間違っており、誤解を与えるだけであるという。 人類の起源 は、近年、アフリカで化石人類の発見が相次ぎ、その年代はどんどんさかのぼっている。 2013年度版山川出版社『詳説世界史B』(最新版)では、約700万年前、とされるようになった。 旧版の2007年版山川出版社『詳説世界史B』改訂版から約500万年とされていた。 さらに前年の2006年版までは約450万年前とされていた。 1994年に新課程になったときは、400万年前だった。 さらにそれ以前は250万年前とされていた時期もある。 これは現在までの急速な研究の発展により、特に21世紀に入って新たな発見が相次いだためである。 現在では最古の人類は約700万年前にアフリカに出現というのが定説となりつつある。 現在報告されている化石人類で、約700万年前で最も古いとされているものは、アフリカ中央部ので発見されたサヘラントロプス=チャデンシスとされている。 かつてはとも言われた)の発生についても、かつては各地の原人たちが、それぞれの地域で新人に進化したとする多地域進化説がとられていたが、現在では分子生物学などの発達により、アフリカで単独に進化したという「」が有力であり、アフリカから全世界に生活の場を広げた(アウト・オブ・アフリカ=)と考えられている。 またホモ=サピエンスの登場は教科書などでは代表的な現生人類の化石人類クロマニヨン人の年代として4~3万年前とされているが、最近の研究では 約20万年前(つまりかつて旧人と言われたネアンデルタールよりも早く)にアフリカに登場したという説が有力になっている。 このように人類の起源について新たな知識が増えたのは、人類学の発達と並んで分子生物学(DNAの分析)の研究が急速に進んだためである。

次の

全人類的伝染病苦で枠組転換を:Pandemic Suffering to Paradigm Shift

全 人類 的 モラトリアム

これは警告です。 人類選別はすでに始まっています。 新世界秩序 ニュー・ワールド・オーダー は未来に起こる計画ではありません。 すでにこの計画は実施されています。 イルミナティやフリーメイソンなどの秘密結社の計画と言われていますが、これは陰謀などではありません。 今回はそんな新世界秩序についてご紹介致します。 この言葉は、第一次世界大戦後頃から米政治家が多用していた言葉で「世界の国々が一致し行動を共にすれば、安全と平和は約束される」という政策として用いられていた。 これが「支配」や「奴隷化」として言い換えられ陰謀説となった。 もしくは当初からそういった目的だった。 新世界秩序の目的 エリートは、個人の思想や行動などを統制する管理社会の実現を目指しています。 絶対的な権力で大衆を管理・コントロールする事によって平和な社会をつくることを目的にしています。 表向きは「平和」や「安心」を謳っていますが、言い換えれば「支配」や「奴隷化」が目的となります。 ロックフェラーやロスチャイルドなどは聞きなじみのある人物だが、中には日本人や日本の有名宗教団体などもこの計画に乗っかっているという噂もある。 新世界秩序計画がフリーメイソンやイルミナティの計画と言われる理由は、これらの人物が参加しているのが秘密結社であるとされているためである。 もしくは、そのための組織であるためだ。 実は、ロックフェラー家が創造する世界こそが所謂「新世界秩序」ではないかと言われている。 フリーメイソンの重役とも噂されるロックフェラーは、政財界にも一族が多数在籍している。 また、ロックフェラー家は国際連合のスポンサーでもある。 国連本部は、ロックフェラー家の土地の上に建っている事から、実質的支配者とも噂されている。 ロックフェラー家の財力は、一国の国民総生産に匹敵する。 この事から、米国の国際的に有名企業は直接的、もしくは間接的にロックフェラー家に支配されているとも言われている。 ちなみに、この4社の時価総額は合計で約300兆円を超えている。 ロックフェラー家が新世界秩序の実質的支配者と断定はできないが、実際ロック家は国連宛てに「新世界秩序の行程」などを記した手紙なども送っているという。 新世界秩序の計画 これは未来に起こる計画ではありません。 すでに計画の一部は実施されています。 では実際にどんな事が行われているのかをご紹介しましょう。 食の支配 我々が口にする食べ物は管理されている。 松果体の記事でも紹介したが、現在流通している食べ物には遺伝子操作が施され、食品添加物が含まれている。 松果体の記事では「松果体を腐らせている」と説明したが、ある一説では、これは「人間自体を内外から腐らせる計画の一部」とも言われている。 本来動物は自給自足で生活できる。 だが現代人は自給自足ができない状態にさせられているというのだ。 何を食べているのかもわかっておらず、流通が止まると死活問題となる。 これは食を支配しているともいえるのではないだろうか。 地産地消型の商品などもあるが、全てを賄う事はできない。 必ずどこかでエリート達が創った物を口にしているはずだ。 AIの支配 AIの記事でも紹介したが、今のAIの技術は大した事はない。 それなのにAIに市民権を与える時代になってしまった。 人間と同等の存在としてAIが認められた事になるが、これは大きな間違いだ。 現在のAIに感情はないし、さらには人間がプログラミングしたとおりにしかAIは動かない。 これはエリートが新世界秩序計画を強引に進めた証拠だと考えられている。 AI(人工知能)は人間より扱いやすいため一生エリートの忠実な奴隷であり続ける。 ある一説では、AIに人間を監視させて都合の悪い人間を見つけて排除していく計画もあるという。 監視カメラ、監視社会はその準備とも言われている。 ターミネーターの世界観そのものだが、支配するのは人間のエリートだ。 人体の支配 体内マイクロチップは、人体への影響やハッキングなどを通しての個人情報漏洩などが危惧されている。 実は、これが新世界秩序の計画の一部と考えられている。 1972年、WHOの極秘文書がジャーナリストによって暴露された。 その極秘文書には「WHOは、ワクチンの形態をした生物兵器を開発する」という記述があった。 しかも、最終的には「この生物兵器を人間の身体に時限爆弾として植え込 む」とまで書いてあったというのだ。 この暴露からだいぶ時が立った今、マイクロチップインプラントが普及し始めた。 もしかすと、すでに生物兵器は最終段階で、マイクチップがその「時限爆弾」に当たるのかもしれません。 ちなみに、マイクロチップにクレジットカードや電子マネーなどの機能がある場合もあるが、このようなキャッシュレス化もエリートが仕組んだものと言われている。 エリートは現金を廃止して電子化することで、お金の流れを徹底的に管理、支配下に置きたいのだ。 遺伝子の支配 爆弾の話に戻るが、ゲノム編集はまさに「時限爆弾」になり得る。 遺伝子を編集する事であらゆる病気やコンプレックスを無くす事ができるゲノム編集だが、一度編集された遺伝子は子供に引き継がれる。 つまり、一度爆弾のようなモノを仕込まれたら、次々に爆弾が量産される事になる。 異常な遺伝子操作は気がつかないうちに「時限爆弾」として鳴りをひそめる事になるのだ。 偽旗事件 所謂「偽旗事件」と呼ばれる「やらせ」のテロや事件が存在する。 有名な事件だと9. 11テロなどが偽旗事件だと言われている。 また、人口地震や人工災害などもこの「やらせ」に含まれる。 有名なものだとアメリカの災害兵器「HAARP」など。 こういった事件が意図的に起こされる理由は、主に ・データ収集 ・国民感情の誘導 ・監視カメラを増設 ・法律を作る口実 ・邪魔者排除 ・戦争の引き金 ・プロパガンダなどなど と言われている。 ただし、有名な事件や事故などには必ずこういった陰謀説が付いてくる。 証明できる証拠なども一切確認されていないため真実は不明。 正式名称はアメリカ合衆国連邦緊急事態管理庁 Federal Emergency Management Agency of the United States。 通称:FEMA この組織は、災害、人災に対応するために1978年にアメリカが設立した政府機関で、有事の際に活躍する仕組みになっている。 ただ、この組織がヤバいと噂されている。 有事の際この組織の行政権は大統領並になるのだ。 まず、災害時にはアメリカの全公務員、政府そのものもがFEMAの指揮下に入る事が義務付けられています。 そして災害時には以下のような権限がFEMAに与えられる。 ・裁判所の許可なく逮捕できる権限 ・全ての電気ガス石油エネルギーとその施設を管理する権限 ・全食料と農地を管理する権限 ・車両等の輸送手段、鉄道、高速道路、港、空港を管理する権限 ・全市民への強制労働命令権 ・全病院、福祉施設、教育機関を管理する権限 などなど また、災害時は「政府の全権利、機能をFEMAへ移譲する」とあるので、強制的に権力を独裁する機関になるのだ。 災害時、これらは既に大統領命令として発令されている。 また陰謀論者の間ではアメリカには「FEMAキャンプ」というテロや災害時などに、市民を安全に収容できる施設が秘密裏に建設されているという噂もある。 中にはアメリカの有名スーパーマーケットなどが災害時「FEMAキャンプ」になるという噂も存在する。 FEMAキャンプは「市民を安全に収容できる施設」と言ったが、実態は強制収容所のような作りになっているという噂もある。 市民の安全な生活を目的にした施設ではなく、反政府組織、テロリスト、危険人物などの邪魔な存在を強制的に監視、監禁する場所だと言われているのだ。 中には処刑所という者もいる。 これらの事から、この組織は新世界秩序を円滑に行うための強制組織ではないのか?と言われている。 ちなみに、これはアメリカの組織だが、日本でも「日本版FEMAの設立」を検討しているという。 さらに言うと、実は世界中にFEMAキャンプのような強制収容所はいくつも存在している。 人類大削減 これまで紹介したものは、全てこの計画を実行するための準備とも言える。 これが所謂「人類選別」というものだ。 新世界秩序の最終目的でもある。 この計画は、現在70億人以上の人口を5億人にするというもので、2030年~2039年までに実現する事が決まっているという。 実際、貧困問題や環境汚染について話し合う国際連合会議の場でも、最大の環境問題は人口問題であると明言されている。 これは信じられないかもしれないが、大昔の日本でもこういった「人口削減」が行われてきた。 長くなってしまったので省略するが、有名なものでいうと「姥捨て」「おじろく、おばさ制度」「クブラバリ儀式」などが人口削減の一部であった。 ここまで様々な「人類削減方法」をご紹介しましたが、一番簡単な方法は「戦争」です。 これらの見方を変えると戦争の準備段階にも見えてくるから不思議だ… まとめ エリートは平和を謳っているが、実際は世界が平和になってしまう事を嫌っている。 エリートが作る管理社会に違和感をもつ者を嫌い、抵抗する者は排除したいのだ。 そのためには人口を減らしたい。 絶対的な権力で社会を管理・コントロールするには70億人は多すぎるのだ。 もう計画は始まっているが、もしかしたら近い将来なにか大きな動きがあるかもしれない。 人類選別はもう始まっている。 すでにアメリカでは、残す人間と生かす人間のリストが存在する。 とも言われているほどだ。 すでに打つ手はないような気もするが、事が起これば必ず対抗する組織は現れるし抵抗する手段も存在する。 この機会に一人一人が自分にはなにができるのか、何のために自分は戦えるのかを明確にしておく必要がありそうです。 ak6ark.

次の

12星座【利他的な人】ランキング 水瓶座は全人類のために立ち上がる!

全 人類 的 モラトリアム

錯覚よりも「幻想」と表現されることが多い。 E・モーセラや前野隆司の「受動意識仮説」とほぼおなじ。 ヒトの意思決定のほとんどは無意識下でなされ、意識はそれを受動的に観察するだけで、その情報を「エピソード(イベント)」として記憶するためのもの。 記憶がないと個体の連続性を保てないのでね。 つまり、意思決定の主体は意識ではない。 意識は幻想にすぎない。 当然ながら、(あると思いこんでいるだけで)ヒトに自由意志もクオリアもなく、ヒトは外部からの刺激に反応するだけの「哲学的ゾンビ」に他ならない。 と、まあそんな話。 だが、運動準備電位を発見したB・リベットは、意思決定の大半は無意識下でなされるとしても、意識(自由意志)による「ブレーキ」はかけられると考えていた。 おなじように、無意識の意思決定が意識より「7秒」先行することを発見したJ・ヘインズも、別の実験により、意識が無意識のそれを覆せると報告している。 つまり、自由意志はあると。 ただし、その間、わずか「0. 2秒」だが。 参考までに。。。 後者です。 前者はいうなれば、サールのような哲学者の立場。 スーザンブラックモアのような、生物学の哲学に関わるひとで、しかも英国出身(経験論)の科学者ともなれば、当然、意識なんて気のせいだ!あると感じるのは錯覚だ!という物理主義のスタンスになる。 だが他にもあなたに教えてあげたいことがある。 さて、そもそも全人類哲学的ゾンビ説とは何のことか。 言わんとしていることはわかる。 だがそれは唯我論と呼ぶべきものではないだろうか。 すると、それは、本来の哲学的ゾンビの用法とは異なる意味不明な文章となる。 くわえて、この唯我論的な何かを前提としているわけだけれども、これを前提としている理由もわからない。 巷に流布している哲学的ゾンビってやつは、本来の意味ではなく、こころの哲学においては、そのような用法をすることはない。 本来の意味とはチャーマーズの用法だ。 あくまでも物理主義を批判する文脈で用いられるもので、その真意は、意識はなんらかの意味のある確かな存在であり、決して錯覚などではないということを直観するための仮設である。 このときの仮設とは、科学的仮設とは違う意味の仮設。 間違いを明らかにするためにもうける、仮の設定という意味だ。 哲学ゾンビは、独我論の言うところですネ? 独我論では言います、 「私は心を持っている、しかし他人が心を持っていることは分からない。 私たちが他人が心を持っていると思っているのは、私の心を他人に「投影」しているにすぎない。 だから、この世界に心を持っている存在は私一人だけで、他人はみんなゾンビである」と。 この論理のどこが間違っているかというと、私たちの実感に反するからです。 たとえば、あなたの両親や兄弟をゾンビと思いますか? 見知らぬ人間ならともかく、親しい人間をゾンビと思う人はいません。 あなたが他人の心が分からなければ、他人もあなたの心が分かりません。 あなたが他人をゾンビと言えば、他人もあなたをゾンビだと思うでしょう。 お互い様です。 そしてあなたが自分をゾンビと思わなければ、他人もゾンビと思ってはいけません。 ゾンビなど、どこにもいません。 あなたは「意識を感じている自分という錯覚」があるのではなく、意識を感じているという直観を持っています。 それを疑うことはできません。 デカルトが「われ思う・コギト」を絶対に疑うことはできない、と言ったのと同じです。 スーザンブラックモアさんがそれを錯覚と言っているとしたら、デカルトを知らない証拠です。

次の