ご確認させていただきたく存じます。 「存じます」の意味と使い方、言い換え、謙譲語、「思います」との違い

「いただきたく存じます」は二重表現だから使えない?!意味や正しい使い方、言い換え表現を解説

ご確認させていただきたく存じます

「存じます」の意味 「存じます」は「思います」という意味 「存じます」は「思います」や「知っています」という意味の言葉です。 「思う」「知る」の謙譲語である「存じる」に丁寧語の「ます」を加えた敬語表現であるため、目上の相手に使うことができます。 「知る」と「思う」の2つの意味が含まれているため状況に応じて使い分けてください。 「存じます」の読み方は「ぞんじます」 「存じます」は「ぞんじます」と読みます。 「存」という漢字は「ぞん」の他に「そん」とも読めるため、読み間違えに注意してください。 特にメールなどの書き言葉ではなく、話し言葉として「存じます」を使う際は読み方に気を付けましょう。 「存じます」の類語表現 「承知」を使って言い換える 「存じます」を「知っている」という意味で使う際は「知っていること」を意味する「承知」や「推測して了解すること」を意味する「お察し」が類語として使えます。 また、「思っています」という意味で「存じます」を使う際は「~でございます」が類語となります。 ビジネスでの「存じます」の使い方 「存じます」の使いすぎに注意 目上の相手に適した表現である「存じます」ですが、使いすぎには注意が必要です。 かしこまった場以外での使用や、「存じます」を多用することにより、相手に堅苦しいという印象を与えてしまう場合があります。 過剰な敬語表現と捉えられないためにも、類語を使って言い回しをしてください。 「知っている」を丁寧に表現した「存じ上げます」 「知っている」という意味で「存じます」を使用する際に「存じ上げます」という言い回しができます。 「存じます」よりも丁寧な表現となる「存じ上げます」ですが、知っている対象が「人」である場合のみ使える言葉となるため注意してください。 「知っている」対象が物や出来事である場合に、謙譲の意味を強める「上げる」を使うと過剰な敬語表現となります。 例えば「先日の会議の内容は存じております」という文章だと、「知っている」の対象は「前日の会議の内容」であり、人ではないため「上げる」という表現は加えず「存じております」となります。 「欲しい」の謙譲語である「いただく」に、願望を表す助動詞の「たい」を加えた言葉が「いただきたく」であり、さらに「存じます」を付けた「いただきたく存じます」は目上の相手に適した敬語表現であるといえます。 「いただきたく存じます」の「いただく」は漢字を使った「頂く」と平仮名の「いただく」の2種類の表現があります。 「食べる・飲む」や「もらう」の謙譲語として使う際は漢字で「頂く」と表現し、「教えていただく」や「読んでいただく」といった、補助動詞として使う際は「いただく」と平仮名を使ってください。 例えば、「教えていただきたく存じます」という文章だと、補助動詞として平仮名の「いただく」が使われており「教えてほしいと思います」という意味になります。 「させていただきたく存じます」は使い方に注意 「存じます」を使った言い回しの1つである「させていただきたく存じます」を使う際は注意が必要です。 「させていただく」という表現は相手に許可をとったことや相手に依頼されたことに対してのみ使える言い回しであるため、許可を取る必要のないことや自ら申し出たことに対しては使えません。 例えば上司の結婚式に招待された場合は、相手に依頼されたということになるため「出席させていただきたく存じます」となります。 「させていただきたく存じます」を使う際は状況に応じて使用してください。 メールで「存じます」を使った例文 「ことと存じます」を使った例文 「ことと思います」を謙譲語で表現した言葉が「ことと存じます」です。 例えば「繁忙期に入り忙しいことと思いますが、よろしくお願いします」という文章に「存じます」を使うと「繁忙期に入りお忙しいことと存じますが、何卒よろしくお願い致します。 」となります。 話し言葉だけでなくメールや手紙などの書き言葉としても使えるため、状況や相手によって使ってください。 「存じ上げますが」を使った例文 「知っている」を謙譲語で表現した際、「知っている」対象が人である場合に「存じ上げる」が使えることを説明しました。 例文の場合「知っている」対象が人であるため、「存じ上げる」が使えます。 例えば「ご連絡していただければと存じます。 」という文章だと「連絡してもらえたらと思う」という意味となります。 上記の例文では補助動詞として「いただく」が使われているため漢字ではなく平仮名で「いただく」と表記してください。 メールなどの書き言葉では言葉使いだけでなく、漢字や送り仮名などの表記にも気をつける必要があります。 目上の相手へは特に、失礼にならないよう注意して正しく使ってください。 まとめ 「存じます」とは「思います」「知っています」を謙譲語に変換した言葉で、目上の人へ使う言葉として適しています。 敬語表現ではあるものの、使いすぎると過剰な敬語表現となるため注意してください。 類語や言い回し方を変えて状況に応じて正しく使いましょう。

次の

「頂きたく存じます」の意味と使い方・正しい敬語なのか|二重敬語

ご確認させていただきたく存じます

1-2.「させていただきたく」は「させてもらいたい」という意味 「させていただきたく」は、この一文が敬語表現で、「相手にその行為をする許可をもらい、相手に遠慮しながらする」という意味です。 「」だけでも相手を敬う表現ですが、「存じます」をつけることでよりな表現になります。 また「」と、「させて」がつかない場合には、「して欲しいのですが」と相手にお願いをする意味になります。 1-3.「頂く」と「いただく」の違い 漢字表記の「」は謙譲語ですが、ひらがな表記の「いただく」は謙譲語ではありません。 「いただく」は、漢字で「頂く」と変換すると「食べる・飲む・もらう」のになります。 一方、ひらがなの「いただく」は「」のように動詞につけて使います。 ひらがなの場合は「何かを〜してもらう」という意味です メールなどで使う場合、変換してしまいがちなので注意が必要です。 違いについて、例文で詳しく見てみましょう。 <例文>• 「いただく」を使う場合 「担当者が不在ですので、改めてお電話 させていただきたく存じます」 最初の例文では、「ジュースをもらった」ということを丁寧に表現して「頂く」と漢字に変換しています。 この場合はあったことをそのまま表現しているだけなので、漢字でもひらがなでもかまいません。 2つめの例文では、「電話をしてもいいか」相手に許可を願っていますので、漢字ではなくひらがなの「いただく」を動詞の「電話する」につけて使います。 この場合の「いただく」は補助動詞として使います。 補助動詞は動詞と結びつくことで意味を持つ言葉です。 「謙譲語」は漢字表記、「補助動詞」はひらがなというルールを覚えておきましょう。• <使いがちな二重敬語と正しい表現>• しかし、 「させていただく」は、助動詞の「させる」+接続助詞「て」+補助動詞「いただく」で、「敬語連結」と呼ばれ、正しい敬語表現として認められています。 2.「させていただきたく存じます」の使い方 「させていただきたく存じます」は、目上の方や上司に対して使うことができる謙譲語です。 ただし間違った使い方をすると、相手に失礼になるばかりでなく正しくこちらの気持ちが伝えられないことにもなりかねません。 そこで「させていただきたく存じます」を使う際に、注意したいポイントをご紹介します。 2-1.謙譲語を重ねない 「させていただきたく存じます」を使う場合、「させていただきたく」の前に謙譲語を使ってはいけません。 「させていただきたく」は一つの表現で、謙譲語です。 そして「させて」の前には「相手に了解を得てする行動」である動詞がつきます。 この動詞が謙譲語だと、二重敬語になってしまうのです。 例文で正しい使い方を見ていきましょう。 2-3.相手にお願いするときに使う 「させていただきたく存じます」は、「相手に許可を得た上で、自分がそれをおこなう」ため、相手にお願いをする場合に使います。 「相手のや許可が必要な場合」や「相手の意に反したりそぐなわない場合」に使います。 相手に許可を取る必要がないことにまで「させていただきたく存じます」を使うと、くどい表現になってしまいます。 どういった場合が当てはまるか、例文で見ていきましょう。 逆に「ことでもない」と思われることに対しては、「させていただきたく存じます」ではなく「いたします」など別の表現を使った方が、相手に伝わりやすいので、そちらを使いましょう。 続いては、「させていただきたく存じます」の言い換え表現をご紹介します。 3.「させていただきたく存じます」の言い換え表現 「させていただきたく存じます」を多用すると、くどくなったり、相手にこちら側の意図を伝えづらくなってしまうことがあります。 そこで「させていただきたく存じます」の言い換え表現を4つご紹介します。 <例文>• できればご参加 いただきますようお願い申し上げます。 お忙しいとは存じますが、アンケートにお答えいただきご返送 いただきますようお願い申し上げます。 「いただきますようお願い申し上げます」と似た表現に「いただけますようお願い申し上げます」があります。 「き」と「け」の違いですが、「いただけ」の場合は「~してもらえるよう」という可能の表現となり、「もしよければ~」という意味が加わります。 「いただき」でも「いただけ」でも間違いではありませんが、「いただけますよう」のほうが丁寧な表現です。 言い換え表現3.「なさってください」 「なさってください」は「してください」の丁寧な表現です。 相手に依頼をする際、「させていただきたく存じます」の繰り返しをしたくない場合に、言い換えることができます。 例文で詳しく見てみましょう。 言い換え表現4.「願いたく存じます」 「願いたく存じます」は、「お願いしたいと思う」の謙譲語です。 謙譲語は自分がへりくだり、相手を敬う表現のことです。 「存じます」は「思っています」「知っています」という意味があるほか、相手に何かをお願いするときに使います。 「願いたく存じます」は、「させていただきたく存じます」と同じように、相手に許可を得る必要がある場合に使うことができます。 「させていただきたく存じます」を何度も繰り返さないように、「願いたく存じます」で言い換えるといいでしょう。 文例で見ていきましょう。

次の

確認メールの文例集(社外向け)|コピペでOK!今すぐ使えるビジネスメールの例文集

ご確認させていただきたく存じます

「指示を仰ぐ」の「指示」とは、物事を指し示すという意味の言葉です。 この場合の使われ方としては、「命令」や「指図」「指導」といった言葉の意味に近い意味で使われています。 ビジネスの場面での指し示す物事とは、仕事の段取りや、方向性、やり方などを指しています。 「仰ぐ」とは「受ける」の謙譲語です。 言葉の意味としては、「上の立場の人から何かを得ようとする」「欠けているところを頼る」といった意味合いがあります。 つまり「指示を仰ぐ」とは、やり方やすべきことに対する指揮を乞うということを意味しています。 ビジネスではメールで指示を仰ぐのが良い すべきことがわからない、やり方がわからないときは、まず「指示を仰ぐ」のが一番です。 直接聞きにいくのもOKですが、ビジネスの忙しい場面では、メールで聞いたほうが早いということも多いです。 メールですと、自分が聞きたいことの内容も文章に書くことでゆっくり考えてまとめることもでき一石二鳥です。 人に聞くという行為ですので、それによって相手の手間を取らせてしまいます。 ですので指示を仰ぐ際はできる限り丁寧に敬語を使ってお願いすることが大切です。 また自分を落としてへりくだる「謙譲語」ですので、目上から目下に向かって「指示を仰ぎなさい」という使われ方はしても、目下から目上に「指示を仰がせてください」という言い方もあまりされません。 敬語にしてお願いする場合は別の言葉に置き換える必要があります。 この「ご指導」とは、文字のとおり教え導くことを意味する言葉です。 指導者に対して知恵を借りる、または間違いを正してもらう、という意味合いも強い言葉です。 相手がそのことについて知っていることについて教えてもらうときに使います。 使える場面としては、相手に自分への指導をしてほしいと依頼する場面で使います。 「ご指導ください」というと丁寧に聞こえますが、少しばかり強い命令の意味合いが出てしまいますので、「ご指導していただけますようお願いいたします」など相手に選択の余地を与える言い方のほうが無難かと思われます。 この場合も「指示を下さい」ですと丁寧な言葉ではありますが、言葉の意味は相手の選択の余地を与えない命令的な表現になってしまいます。 さらに「ご」をつけることで丁寧に敬語として使っています。 物事について、決定権や主導権を握っている人からの指図を受け、それに合わせて物事を進めていかなければならないときに使います。 まず相手からの指示を求めないと仕事が開始しできない場合です。 どの件についてか、または今の現状このようなことが起こっているといったケースを明示して、それについて相手にどうしたらよいのか「指示をください」というい言葉です。 限定されず幅広く知りたいことを教えてほしいときに使えます。 相手が知っているかどうかわからない場合は、もしご存知でしたら、と付け加えて使います。 知らせてほしいと言い換えることも可能です。 どちらにしても、「ほしい」「下さい」は余りストレートすぎて命令的にも聞こえるので、できましたら、などのクッション言葉をつけるか、していただけたら…というように遠まわしな表現に変えたほうが、敬語としては良いです。 この言葉は先生をあらわす教授という言葉と同様に、先生に教えを乞うという意味の言葉です。 専門的なアドバイスや指示を仰ぎたいときにはこの言葉を使います。 自分では専門的過ぎて知識が及ばないことや、能力が及ばないことについて、専門の人に教えてほしい、助けがほしい、という場合にはぴったりな言葉です。 この言葉もかなり畏まった言葉です。 しかも相手に専門的な回答を依頼している言葉になりますので、こちらがサービスを提供しなければならない顧客相手に使うと失礼です。 相手が得意としている分野に関して以外は使わないほうが無難です。 質問したいことの用途や相手、どんな場面かなど使い方に注意がいる言葉でもあります。

次の