捨てられた皇妃 韓国版 ネタバレ。 捨て られ た 皇 妃 ネタバレ 76

捨てられた皇妃のネタバレなあらすじ①アレンディスやカルセインにヨダレ

捨てられた皇妃 韓国版 ネタバレ

【最終回超絶ネタバレ】捨てられた皇妃の結末とは?原作ではアリスティアは誰と結ばれるのか アレンディスとカルセインがいるじゃないかとニアーブ嬢は言いますが、アリスティアは女の子の友達が欲しいんだと返します。 「呪われた血」という言葉が根拠のない悪口にすぎないのであれば、父があんなに怒ることはないだろうと。 「あれ・・・?あの・・・!」 「これ・・・」 驚き慌てるティア 「すまない!アリスティア…!」 そのまま抱きしめるルブ 「そなたが皇太子妃の座を嫌がるのを知っていながら、無理やり猶予期間を作った…!申し訳ない!」 「あの、殿下!?」 「君の意思を尊重したかったのに」 「そなたがこんなにがっかりするのに」 「何の力にもならず・・・」 「今の私にはこれが限界だった」 「助けてあげられなくて本当にすまない」 「あ、違います!殿下!」 それでも抱きしめたままのルブ。 以前のアリスティアは誰しもが上辺だけの世界の中に居た為、人に嫌われることを恐れたことなんてありませんでした。 娘はゼナ公爵に言われたことを気にしている様子はないので、ケイルアンはホッとしたものの、父親としては彼女に政治に関わってほしくなかった。 「夢……はは、そうだ夢だ。 捨てられた皇妃|ネタバレ112話~113話までの感想も!|漫画Plus! 登場キャラ アリスティア・ラ・モニーク ルブリスの皇妃。 (そういえば、転生前は貴族派が今よりもっと優勢だった) (特に、彼が即位してからは酷かった) 現時点では、勢力は抑えられてはいるが、美優が入ったことでどうなるのか分からないと考えるティアだった。 アリスティアは公開処刑の中、皇帝の顔をみてこう誓います。 アリスティア「装飾品のデザインをするのが好きなんです。 怒るルブリス するとしばらくしてルブリスが部屋を訪れてきた。 そんな時、美優に懐妊の兆しありと一方が届きアリスティアの心は壊れてしまった。 また、アリスティアの噂を面白おかしく広めていたのは貴族派だけでなく、皇室派の令嬢達もだった。 スポンサードリンク 捨てられた皇妃【第77話】のネタバレ モニーク侯爵邸でお茶会が開かれるという噂が流れており、その招待状は系派内の一部の令息令嬢に出されているというものでした。 「ア~本当によかった!」 「私一人で時間を遡ってたらどうしようと思ったけど」 「ティア、あなたもいたのね!」 「私たちが初めて会った時よりもっと幼く見えるね!」 今度は純粋そうな笑顔を見せる美優。 詳しくはにてまとめてあります 全話一覧は 目次• すでに処刑された父 靴を舐め終えアリスティアは「約束してくださいました通り、父の命だけはお助けください」と懇願すると・・・ なんとルブリスは「そなたの父親はもういない。 まるで恋人のようだったと。

次の

【彼女が公爵邸に行った理由】一番早く読めるのは?│知識忘備録 ナレッジタワー

捨てられた皇妃 韓国版 ネタバレ

それでもやっぱり2番せんじ臭がしてしまうなぁ~と少しガッカリしながらも、せっかくアプリをインストールしたので読んでみました。 日本人がやってもテンプレで2番せんじなのは変わらないんですが、せっかく「韓国人」という個性があるので、あまり日本人にこびて欲しくなかったのかもしれません💦 たとえば、ライバルの美優。 彼女を日本人じゃなくて韓国人にするとか、そもそもの舞台を中世ヨーロッパ風じゃなくて韓国の宮廷にするとか、主人公を韓国人の生まれ変わり設定にしちゃうとか。 日本人が日本人を悪く書くのは気にならないけど、外国人に日本人を悪く書かれるのは嫌だなって心理もあるかも。 努力家の彼女は婚約者のためにずっとつくしてきたけれど。 ある日、から少女(美優)がやってきて、婚約者は彼女に夢中になってしまった。 美優が、アリスティアが側室のようなあつかいをされ、さんざん虐められまくったあげく、処刑されて死んでしまう。 ところがその時、奇跡がおきて……? とにかく 絵が上手い!男はイケメンだし女もかわいいし、主人公やライバルが着ているドレスがどれもかわいくて毎回楽しみ。 この作品が人気なのはーさんの影響も多いと思います。 で、肝心のお話についてですが……。 お話そのものも面白いです。 単なる流行りものとは言えない、読ませる力がありますね。 10話くらいまで主人公が可哀そうすぎて、クソ王子(婚約者の青髪)にイライラしっぱなしでした 笑 ただ、気になることも。 この作品、最終的にはイケメンハーレム作ってハッピーエンドになりそうなんですよね。 あれだけのクズ行為をしておいて、いまさらデレられてもストレスにしかならないというか……。 ハーレム要員の1人としてもいらない。 画面にでてこないで欲しい。 主人公に関心をしめしてる、過去中も美優との肉体関係はなかった、など微妙にデレる伏線があって気になります。 ただ、お話作りが上手な方のようなので、これから婚約者の好感度が爆上げするイベントがあるのかもしれませんね。 あと、こういうテンプレ作品でよくある「西洋人なのに謝罪の時に頭を下げる」描写が気になりました。 謝罪のをするのはアジア人だけらしいです。 そして原作が韓国の小説なので、日本語訳がたまにちょっとだけ怪しいときがあります 笑 しかしそういったポイントがあっても作品にのめりこんでしまう、とても魅力的な作品だと思いました。

次の

【彼女が公爵邸に行った理由】一番早く読めるのは?│知識忘備録 ナレッジタワー

捨てられた皇妃 韓国版 ネタバレ

親愛なるアリスティア 皇帝陛下が夏の離宮に無事到着したという話は聞いています。 そちらはどうですか? 帝国へ行けばあなたに会えると思っていましたが、手紙でのやり取りなので少し寂しいです。 秋になればあなたには会えますよね? プリンシア・デ・ラス ティアは、手紙を読んでいた。 カルセインの兄の妻で、ルア王国の元王女からの手紙だった。 (王女様、ついに帝国へ来られたんですね。 ) すると… 「モニーク卿、陛下がお探しです。 」 と呼ばれ、陛下の元へ。 どうかな?」 準備すると言うティア。 陛下は行くつもりはなかったのだが、一日中陛下の外部警備をしているティアたちを見て気の毒に思ったそう。 そのため、夏の離宮に行くことになったのだ。 ティアを夏の離宮に置いたのも、不遜な者の手から避けるため。 ティアを守るためでもあったのだ。 (私のために・・・?) 複雑な気持ちのティア 「まだ幼いと思っていたのに…なかなか小細工が働くようになった」 「皇居をどのように支えていくのか…」 「こう見えても、ルブを信じている」 その言葉を聞いて さらに複雑な表情を見せるティア 「うん?言いたいことがあるかな?」 「陛下。 いいえ」 と焦るティア 「言ってごらん。 私とアリスティアの仲ではないか」 そう言われ、気になっていたことを質問する 「陛下は、そのように殿下を信頼しておきながら、なぜいつも厳しくするのでしょうか」 そう聞かれ、しばらく考える陛下。 唐突すぎる質問に、 気の抜けた返事をするティア。 「あの子も、もうかなり成長した。 アリスティアのような宝石を簡単に離すほど、見る目は悪くないんだ」 そして先ほどの質問について戻す陛下。 「どうしてルブに厳しくするのかって…?」 「その役割を果たす人が他に誰がいようか」 「母親の愛情も受けられずに育った子だ。 侯爵夫人(ティアの母)が生きているときはしばらく大丈夫だったが、彼女もすぐに世を去ってしまった。 兄弟が1人もいないルブは、一人残されてしまった。 」 「その時、守れるのは強靭さ以外に何がある?」 「帝国の責任を取るべき子だ。 なだめるより叱らなければならなかった。 許すより叱責するしかなかったのだ」 それを聞いて寂しげな表情になる。 (それが・・・正しいやり方なのかな?そうやって一生厳しくされ、それでも愛されたがって…ずっと父を案じていた彼の心は…??) お茶を飲むティア。 (お茶が苦い) 昔の自分とルブを重ねるのだった。 父はあなたを大変大事にしている。 離宮で過ごしている間は、支え合ってほしい。 ルブリス 横になっているティア 「横になるな!こら!」 カルセインと訓練していた様子。 「お前が訓練しようと言ったんじゃないのか?」 カルセインのケガはすっかり治った様子。 「もう一回やろう」 とティア。 「パパ!」 表情が明るくなるティア ケイルアンを追いかけ走り出す 「行こう!カルセイン!早く!」 (お父様!2か月ぶりだよ!) (私に会いに来てくれたのかな?) するとそこにリアン郷らがいた。 「陛下がちょうど閣下と謁見を始めました」 ケイルアンは急用で来たのだと言う。 「侯爵閣下が直接いらっしゃるくらいだから大変な事では?」 それを聞いて異変を感じるティア。 急に心配な顔になる。 」 (それは) (愚かにも油断していた私への声) (逆巻きになっていた 運命のぜんまいをもう一度加速する) (神の笑い声だったのだ) 111話ネタバレ! 問題が起こる前… 皇居では、干ばつについての激論が繰り広げられていた。 いつもより熱気がすごいため、雰囲気を変えるためルブは散歩することを提案した。 秋に入っても蒸し暑さが続き解決策の見えない会議にみんなくたびれていたのだ。 (こんなに暑いのに彼女は大丈夫かな) とティアを心配するルブ。 散歩に出ても一息つく間もなく、話し合いは荒れていた。 そして… ルブが仲裁に出たまさにその時だった まぶしい光を振りまいて 湖の中央から少女が現れたのだ。 その少女を受け止めるルブ。 見たことのない身なり 肩まで届く漆黒の髪と黒い瞳。 この大陸にはない特異で唯一の特徴を持つ。 その場にいた皆は大きく動揺した。 近衛隊は正体不明の侵入者として包囲したが、少女は近衛隊に連れていかれるまで全く動かず…ずっとルブリスを見ていたのだった。 まるで運命の糸で結ばれた相手を見ているように。 心配顔で覗き見るケイルアンとカルセインたち 「私、気絶していたのですか?」 「日射病のようだ。 もう少し横になってなさい」 そう言ってケイルアンは、ティア以外の者たちに席を外させる。 「ティア、すまない」 「この前話してくれたことは半信半疑だったが」 「黒髪に黒い瞳の少女って・・・もう信じないわけにはいかないな」 それを聞いて動揺するティア (本当に美優が来てしまった!) (どうして今なの?) (まだ1年残っていたはずなのに…!) 「首都ではすでに貴族派と神殿が結託して、あの女が神託の子だと言い出した。 その周りではジロジロと陛下とティアを見る臣下たち。 陛下はそんなこと気にせず、夏の離宮の話をし続ける。 (陛下の一言で早くも火花が…) と少し呆れ顔のティア。 そんなティアに、お礼を言うルブだった。 そして、 「もしよければ宮に寄ってもらいたい」 と言い話す時間が欲しいと言うルブでした。 「アリスティア、2か月間苦労したね。 」 「父上があれほど満足しているところを見ると、やっぱり君を送ってよかった」 殿下が少しやつれた顔をしていることに気付くティア。 (一回聞いてみようか…?) (わたしを考えて陛下の御供に送ったのは事実なのかと…) (美優を見たとき、彼はどう思ったのだろうか) (あのときのように一目ぼれしただろうか?) (彼女が自分の妻であることを悟っただろうか) 1人思い詰めるティア。 「…アリスティア」 そんなアリスティアを呼ぶルブ。 「君に会おうと言ったのは 実は聞きたいことがあったんだ」 「思い出しにくいことかもしれないが、むかし君が領地で…」 すると突然ハレンが入ってくる 「殿下!失礼します!」 「殿下!急なお知らせが来て無礼を犯しました。 」 ローズ宮からだと言うハレン。 しかし、ティアは自ら身を引いてしまうのでした。 ティア怒っています。 確かにこの展開はあんまりですね。 美優が現れるとは…。 ただ、1つ注目したいのは、美優が現れるのは転生前より1年早まったと言うこと。 転生前は、陛下が崩御し、 ルブリスが皇帝の座に即位したときに美優が現れます。 父が亡くなって、ルブリスも不安定だったときのことだったので、もしかしたらその時は判断力も鈍っていた、もしくはゼナ公爵に丸め込まれた気もしますね…! だから、ティアは元通りとは言っているけど、まだ希望は捨てられないということです! ということで、続きは上記リンクからどうぞ!.

次の