中山 麻里 沢田 研二。 中山麻理の元夫は三田村邦彦!離婚原因は?沢田研二と?現在はセブンイレブンでバイト?

第1回『太陽を盗んだ男』・第2回『美しい夏キリシマ』・第3回『実録 新選組』:寺島進おれの1本

中山 麻里 沢田 研二

沢田 研二 出生名 澤田 研二 別名 ジュリー 生誕 1948-06-25 (72歳) ・ 出身地 ・ 学歴 中退 ジャンル ロック 職業 担当楽器 活動期間 - レーベル (1971年 - 1984年) (1985年 - 2001年) (2002年 - ) 事務所 (1967年 - 1984年) ココロ・コーポレーション (1985年 - ) 共同作業者 公式サイト 沢田 研二(さわだ けんじ、 - )は、の、、。 両親の実家がある生まれで育ち。 本名、 澤田 研二(さわだけんじ)。 は ジュリー(由来は沢田本人が女優ののファンだったため)。 妻は女優の。 前妻は元の。 身長171cm。 血液型A型。 現在はに在住。 後半の全盛期からスーパー・スターとして活躍し、ソロとしてのシングル総売上は1,241万枚を記録(1982〜1991年の9年間は歴代1位の座を保つ。 アルバムも合わせた総売上は約1,572万枚)。 、時代も含めたシングルの総売上は1,668万枚に上る。 来歴 [ ] 生い立ち [ ] 、両親の実家がある津ノ井村(現:津ノ井)で出生。 当時、父親が内の火薬研究所の取引先に勤務しており、二番目の子だったため「研二」と命名された。 京都市立第三錦林小学校、同・岡崎中学校卒業後、4月、入学、後に同校を中退。 なお、同じ高校の同学年に女優のがいた。 少年時代はに憧れ、選手では、が好きだった。 中学では部のキャプテンを務め、ポジションは。 京都市大会で4位になり、京都府大会に進出したが、ここで負けたことで野球選手の夢は諦めたという。 高校では部に所属。 ザ・タイガース期 [ ] 詳細は「」を参照 京都のダンス喫茶「田園」でドアボーイのアルバイトをしている時にに声をかけられ、17歳の沢田は兼になった。 そのステージを見た サリーとプレイボーイズの サリー(岸部修三=現・)からリード・ボーカルとして誘われ、翌年の元日に沢田はサリーとプレイボーイズに正式加入、グループ名は「ファニーズ」と改めた。 ファニーズは、大阪の「ナンバ一番」に出演した際に、、スパイダクション 現・ 、そして共演したロック歌手のからも声をかけられた。 しかし具体的な話が進まなかったため、当時リーダーであったが東京・の内田裕也宅を訪ね、瞳の熱意の甲斐あってメンバー全員が渡辺プロと契約。 上京後、のプロデューサーであったによって、テレビ番組の出演直前に「ザ・タイガース」と新たに名付けられる )。 この時、内田に『沢ノ井謙』と言う芸名を勧められたが、沢田は本名でやりたいと拒否している。 2月5日にシングル「」でデビュー。 セカンド・シングル「」で人気が爆発し、続く「」、そして「」で一気に GS の頂点へと躍り出る。 とりわけ端整な容姿を持った沢田は、貴公子的存在として10代の少女や20代の女性を中心に熱狂的な人気を獲得した。 8月12日にがで開催した「真夏の夜の祭典」は、日本で初めてのスタジアムコンサート。 なお、ソロとしてのスタジアムコンサートは(ザ・タイガース、PYGとしても開催)、、、、、で開催している。 3月1日、アメリカの音楽雑誌の中でも歴史が長く、最も権威ある音楽雑誌の一つ『』 Vol. 28 の表紙に登場。 日本版が刊行される前の同誌において、日本人が表紙を飾ったのは、これが最初で最後だった。 1月24日、で行われた「ザ・タイガース ビューティフル・コンサート」でグループは解散した。 PYG期 [ ] 詳細は「」を参照 ザ・タイガースの解散後、沢田は1971年2月1日、新たなバンド・PYGに参加する。 英米で結成されたクリームやのようなスーパー・グループで、からと、から、、ザ・タイガースから沢田と岸部修三という6人のメンバーによって結成された。 このバンドは沢田と萩原によるツインボーカルで、井上、大野、岸部ら作詞や作曲、演奏ができる技巧派が揃い、本格的なを目指した。 しかし、日本ではまだ反体制のジャンルとされていたロックを、当時最大手の芸能事務所だった渡辺プロダクションの所属ミュージシャンが演奏することに対し、「商業主義」「芸能界が創り出したもの」として、コンサートではPYGにトマトや空き缶を投げつける聴衆もいた。 ソロ活動 - 全盛期 [ ] 1971年11月1日発売のシングル「」でソロデビューしたが、オリコン週間チャートでの最高位は23位、累計売上は10万枚だった。 GSの先輩であったザ・ワイルドワンズ の プロデュースの下、長く音楽ランキングトップ10にチャートインし続けた沢田のソロ活動のスタートであった。 3月11日発売の「」 がオリコン最高位4位を記録し、ソロとして初のオリコントップ10入りを果たした。 一方、PYGのもう1人のボーカルである萩原健一の俳優活動が本格化してPYGは実質的に形骸化、他のメンバーは沢田のバックバンド として活動していくことになった。 72年には映画「虹をわたって」で人気絶頂だった天地真理、萩原健一と共演した。 またテレビドラマ「太陽にほえろ!」(日本テレビ)第20話に犯人役でゲスト出演し、マカロニ刑事の萩原健一に撃たれ死ぬ役を演じた。 4月21日発売の「」 が65万枚を売り上げソロ初のオリコン1位を獲得、第4回を受賞(歌謡大賞歴代最高視聴率の47. この作品以降、斬新なファッションが確立されることになった。 73年にはTBSのスペシャル・ドラマ「同棲時代」で梶芽衣子、萩原健一(友情出演)と共演している。 翌には「」が58万枚を売り上げ2曲目のオリコン1位を獲得した。 1月にはシングル「」で、「MON AMOURE JE VIENS DU BOUT DU MONDE」(日本語版「」)でに進出。 フランスでは週間ラジオチャートでトップ4に入るヒットとなった。 さらに20万枚のヒットとなり、フランスのゴールデンディスク賞を日本人として初めて受賞する。 以降、1978年にかけてフランス、イギリス、ドイツ、ベルギー等でシングル盤を発売した。 また、1974年にハワイ、1977年・1978年にグアム、1979年にシンガポール、1980年・1982年に香港でそれぞれコンサートを開催している。 6月4日、7年間の交際を経ての(当時34歳)と結婚。 同年7月20日、で結婚式を行った。 同日に開催した比叡山フリーコンサートにおいて夫婦揃ってステージに上がり、ファンに対して結婚報告を行った。 同年8月21日に発売された「」は5週連続オリコン1位、累計売上92万枚を記録し、沢田にとって最大のヒット曲となった。 同曲は、沢田との仕事を熱望していたが渡辺プロダクションに企画書を持ち込んだ3億円事件をテーマに製作されたTBSドラマ「」の挿入歌で、主演の沢田が歌う劇中歌でもあった。 なお、共演した岸部修三はこのドラマの放映開始から間もなく井上堯之バンドを脱退、後に岸部一徳と改名し俳優の道を進んだ。 1976年、東宝映画「パリの哀愁」でと共演した。 同年9月に久世光彦(小谷夏名義)作詞、沢田作曲の「」を発売。 同12月、武道館で初のコンサート。 この年、NHK紅白歌合戦、賞レースは全て辞退した。 2月発売の「」では、金色のキャミソールという衣装でテレビに登場。 同年5月に発売された「」はソロとして4曲目のオリコン1位を獲得。 5週1位を保ち89万枚を売り上げた。 曲中にかぶっていたパナマ帽を客席に飛ばすというパフォーマンスは、子どもが学校でマネをするほど大きな話題となった。 この曲で、を受賞。 受賞シーンでは、萩原健一や岸部一徳などのザ・タイガース・PYG時代からの仲間が駆けつけた(レコード大賞で歴代最高視聴率の50. その他第8回日本歌謡大賞(視聴率46. には、名古屋で行われていた萩原のコンサートに沢田が飛び入りで出演。 の証言で裏付けられた通り、翌日に同じく名古屋球場で行われていた沢田のコンサートに萩原が飛び入り参加し 、共に「自由に歩いて愛して」を歌って共演が実現している。 萩原が登場した際には、当然のごとく観客の大歓声が起こったという。 ヴィジュアル期 [ ] 1974年、日比谷野外音楽堂におけるコンサートでインディアンのようなチークをしたり、1975年の比叡山フリーコンサートでブルーのラメ入りのアイシャドウをするなど化粧はステージでは行っていたが、お茶の間に流れる一般のテレビ番組では控えていた。 しかし沢田はこれまでの意識を変え、「さよならをいう気もない」以降、ヴィジュアルを重視したスタイルをエスカレートさせていく。 に発売された「」では、刺青風の模様が施されたシースルーの上に軍服を羽織り、「」ではスタジオに雨を降らせ、血で染まった包帯を手に巻くなど、前述のようにヴィジュアルはどんどん奇抜な方向に進んでいった。 「LOVE 抱きしめたい 」は最優秀歌唱賞を受賞。 同年のでは、ロック・ポップス歌手として初めての大トリをつとめる(対抗の女性歌手は)。 この1978年を例にとると、年間のテレビ出演700本以上、ラジオ300本、取材300本、地方公演100日。 バックバンドをひきつれて1日3回もテレビに出演。 バラエティ番組にも出演した。 に発売された「」ではウイスキーを口にふくんで霧のように吹き、同年「」ではをオマージュしたメイクをした。 1月1日に発売された「」では、電飾が施されたスーツを身に纏い、を背負って歌唱する奇抜なパフォーマンスが大きな話題を呼んだ。 同年の「」では青や金色のカラーコンタクトを装着するパフォーマンスをみせた。 井上堯之バンドのリーダー井上堯之は、グラマラスなコスチュームに走る沢田についていけず、井上堯之バンドは80年1月24日に解散した。 沢田は同年4月に胃潰瘍で1ヶ月間入院した。 井上堯之バンドの解散を受け、新たなバックバンドとして1980年にALWAYS、にを相次いで編成。 「」、「」、「」、「」、「」というヒット曲は、よりロックテイストに進化していった。 「ス・ト・リ・ッ・パ・ー」は、沢田自身の作曲したシングルとしては最高の36万枚のセールスを記録した。 ソロ活動と並行して1月、ザ・タイガースが瞳みのるを除くメンバーで10年ぶりに再結成。 GS時代に縁のあったが取り壊されることとなり、最後のに出演するためだったが、これを契機に同年秋、「ザ・タイガース同窓会」と銘打った企画で11年ぶりにシングル「十年ロマンス」を発売、翌年に発売された2枚目となるシングル「」は約42万枚を売り上げる大ヒットを記録した。 また、武道館を含む全国ツアーも行った。 では、アダム・アント風ジャングル・ビートの「」で金杯を獲得。 にを装着したコスチュームで登場した。 としては1979年に公開された『』でを作る理科教師を演じ、第4回でグランプリにあたる作品賞と主演男優賞を受賞、読者選定邦画ベストテン第1位に選ばれた。 では主演男優賞にノミネートされる。 1981年の映画『』ではに扮し、これは企画段階からのと共にキャスティング決定事項として進められた。 クランクイン後は撮影に専念し、 ジュリーのイメージを払拭する演技を披露。 バラエティにも多数出演し、当時同じ事務所であったとは、「」や「」のコントでも活躍し、コントの「オチ」を任せられる程になった。 後年の番組を含め、雰囲気が似ているとされているらとの共演が目立った(TOKIOのパロディ、ヒゲダンスや鏡コント、夫婦コントなど)。 独立期 [ ] 1月からの半年間の休養を経て、沢田はデビュー以来所属してきたから独立。 渡辺プロダクション傘下の"株式会社ココロ"を設立し、もからに移籍した。 8月発売の移籍第1弾の作品は、沢田自身が作詞・作曲したシングル「」。 新たなバックバンドとしてを中心に を結成。 アルバムでは「」をリリース。 1985年に日米合作映画「」(日本未公開)で劇中劇「」に出演、にらと共に出席。 同作品は最優秀芸術貢献賞を受賞。 1月、に慰謝料18億1,800万円を支払い、離婚。 8月から伊藤と別居していた沢田は、の映画『』で共演したと関係にあった。 田中とは11月にで再婚することとなる。 1987年3月に京都公演中のステージから転落し、左肘骨折・肋骨打撲で1ヶ月間入院。 1986年の「」をはじめとしたCO-CoLO の3部作は、沢田の作詞した作品を技巧派のバンドメンバーがダークなメロディラインで曲を作った。 音楽関係者の評価は変わらず高かったが、当時のミュージックシーンには受け入れられなかった。 、3年間活動を共にしCO-CoLOは解散。 、のメンバーだったをプロデューサーに迎え、を加えて新バンドを結成し、アルバムでは「」を発表。 同年10年間に渡って継続する音楽劇 ACTシリーズがスタート。 同年末の「」ではシングル「」の他、ザ・タイガースとしても出場し、同番組の出場者としては初めて同一回で2度出場した。 、デビュー25周年を記念してCD化されていなかった旧譜が東芝EMIより発売。 25周年にちなみ、NHK-BS2では5日間計25時間の特集番組「美しき時代の偶像」が放送された。 から、「懐メロ歌手ではない現役の歌手だから」という理由で、沢田は音楽番組での過去の映像の放映を許可しなくなる(2001年以降は解禁している)。 、「」で5年ぶりに紅白歌合戦に出場。 、沢田は「これからは、自分のやりたい音楽を、やりたいようにやっていきたい」とセルフ・プロデュースを宣言し、23年ぶりのセルフ・プロデュースアルバム「」を発表した。 以降、現在に至るまで一貫して沢田自身がアルバムのプロデュースを手掛けている。 には、とともにユニット"TEA FOR THREE"を結成し、「」を発表。 1980〜90年代にかけて俳優としてはNHKの「」や大河ドラマ「」「」(萩原健一と共演)、映画「」「」ほか、フジテレビ「プロ野球ニュース」の準レギュラーとして出演した。 2000年以降 [ ] 11月、雑誌『』誌上での特集「J-POP巨人列伝-20世紀を駆け抜けた10人」において、第2位に沢田が選出された(第1位は)。 、過去の映像の放映を解禁。 同時にテレビの音楽番組に復帰し、情報番組(「」の司会も担当するなど積極的なメディア露出を行ったが、「テレビはもう自分の居場所ではなかった」として翌年からは再びテレビ露出をセーブ。 、自主となるを設立。 このレーベルからリリースされた沢田のオリジナル・アルバムには、目玉焼きやホットケーキといった独特のパッケージ・デザインが施されている。 この頃から沢田の作詞に「平和」という歌詞が多く用いられるようになる。 には、ポリドール在籍時代のアルバム21タイトルと3枚のベスト・アルバムのリマスター盤が相次いで再発売され、そのうちベスト盤「ロイヤル・ストレート・フラッシュ」がオリコンの邦楽アルバムTOP50にランクインした。 、還暦を記念して、初の二大ドームコンサート 「」を開催し、、両日で5万4,000人を集めた。 このうち、数曲において1000人のコーラス隊を従え、約6時間半でフルコーラス80曲を歌いきるという圧巻のステージを敢行。 このコンサートは、第21回ミュージック・ペンクラブ音楽賞のコンサート・パフォーマンス賞を受賞。 、長年プロデューサーだった加瀬邦彦とともにと組んで『ジュリー with ザ・ワイルドワンズ』を結成。 シングル『渚でシャララ』、アルバム『』を発表し、全国ツアーを行った。 、長年交流を絶っていた元ザ・タイガースの瞳みのるが40年ぶりに芸能界に復帰。 岸部一徳、らタイガースのメンバーと共に、全国33都市38公演に及ぶ沢田の全国ツアー「沢田研二 LIVE 2011~2012」にゲストとして帯同した。 ツアー最終日の2012年1月24日、会場となった日本武道館にはも参加し、1971年1月24日「ザ・タイガース ビューティフル・コンサート」で解散した時のメンバーが再集結したメモリアルコンサートとなった。 、前年の同日に起こった被災地への祈りを込めたミニアルバム「」を発表した。 、44年ぶりとなるオリジナルメンバーによるザ・タイガースのコンサートをにおいて行った。 12月27日のツアーファイナルは、に45,000人を動員。 この時も岸部四郎が登場し、初めて6人によるザ・タイガースの集結が実現した。 、自身の芸能生活50周年を記念した全国ツアー「沢田研二 50周年記念LIVE 2017-2018」を公演を皮切りにスタート。 50周年にちなんで往年のヒット曲から最新の楽曲まで50曲をワンコーラスずつ歌った。 からにかけて、アリーナクラス10公演を含む全67公演に及ぶ大規模な記念ライブツアー「沢田研二 70YEARS LIVE 『OLD GUYS ROCK』」を開催した。 なお、当該ツアー中、に予定されていたでの公演が観客が少ないことを理由に開演直前になって急遽中止になるというトラブルが発生した(参照)。 今ツアーから、サポートメンバーはギタリストの柴山和彦のみの体制となり、リズムボックス等の機材も一切使用しないスタイルを取っている。 2019年の萩原健一の死去に関しては、同年5月のコンサートで「俺はあいつが大好きだ」と発言し、その死を悼んだ。 2020年、恒例の正月LIVEのMC内で、が開催予定である事と、本来の歌手活動以外のオファーがあり、コンサート活動を例年よりもセーブするという発言があった。 ツアーは5月13日から全27公演が予定されていたが、新型コロナウイルスによる感染拡大予防の為、全公演の中止を発表した。 2020年5月、映画「で、の代役として主演する事が明かされた。 2021年劇場公開予定。 映画出演は14年ぶり。 エピソード [ ]• の「Julie Rock'nTour」と題された公演は日本で初めての全国ツアーである(16都市34公演)。 以降も毎年、全国ツアーを決行している。 は著書「僕たちのヒーローはみんな在日だった…芸能・スポーツ界のKパワー」で、イニシャルながらも沢田のことをであると虚偽の決めつけ記事を掲載した。 沢田が過去に「李花幻(いいかげん)」というペンネームで作詞・作曲していたことも誤解を招くきっかけとなった。 これに対し沢田は、著書「我が名は、ジュリー」()に戸籍謄本のコピーが掲載して国籍であると記しており、朴の主張は誤りである。 独立後のコンサートでは、1985年以降の楽曲をメインに、4~5曲ほどのヒット曲を織り交ぜる形で歌っている。 (2008年の還暦を記念したドーム公演「人間60年・ジュリー祭り」や、2017年のデビュー50周年ツアー等、キャリアを総括するコンサートでは一部、例外もある)• 父親は戦前、の付き人をしていた。 普段は関西弁である。 とは生年月日が同じであり、映画『』で共演した。 楽曲 [ ]• ザ・ピーナッツ「」、内田裕也「」、PYG、、、、、田中裕子など、多くの歌手や俳優に詞・曲を提供。 萩原健一作詞、沢田研二作曲の曲も存在する。 中でも、1982年にに提供した「」(作詞は)は、オリコン週間チャート最高3位、累計売上35. 4万枚を記録し、アン・ルイス最大のヒットシングルとなった。 1989年に三代目市川猿之助(現:)演出のスーパーオペラ「海光」の主演スサーノ役、1993年に「漂泊者のアリア」で日本のオペラ歌手役を演じ、さらに音楽劇ACTシリーズでは『』『』などシャンソンまで歌いこなしている。 「Julie Rock'nTour」などの全国ツアーで、や、らをはじめとする数々の洋楽をカバーしている。 カバー [ ]• のやのISSAYをはじめとして、、、、の、、の、などが、沢田の曲をカバーしている。 1979年にアイドル歌手のによって「」という曲がヒット。 同年末の『』で、石野が初出場時に紅組のとして歌唱披露した際、「ジュリー」こと白組の沢田の表情が映る場面があった。 が沢田をモチーフにした「お願いジュリー」というアルバム曲を出している。 香港に於けるカバー [ ] 香港では「日本の」と称され多数の曲がカバーされている。 時の過ぎゆくままに 「讓一切隨風」• 時の過ぎゆくままに 「讓一切隨風」• 時の過ぎゆくままに 「讓一切隨風」• 時の過ぎゆくままに 「讓一切隨風」• 時の過ぎゆくままに 「讓一切隨風」• 時の過ぎゆくままに 「讓一切隨風」• 時の過ぎゆくままに 「讓一切隨風」• 時の過ぎゆくままに 「讓一切隨風」• 時の過ぎゆくままに 「一刻千金」• 時の過ぎゆくままに 「時光消逝」• 勝手にしやがれ 「心曲」• 勝手にしやがれ 「今天萬里飛」• Oh ギャル! 「Oh gal」• Oh ギャル! 「Oh gal」• Oh ギャル! 「愛的周記」• Love(抱きしめたい) 「愛的擁抱」• Love(抱きしめたい) 「愛的擁抱」• Love(抱きしめたい) 「再見也罷」• Love(抱きしめたい) 「冷暖情」• Itsumi 「澤田研二」• Itsumi 「真心的知己」• Itsumi 「帶笑話別」• TOKIO 「H2O」• Down 「烈火」• カサブランカ・ダンディ 「聼我講」• SPLEEN~六月の風にゆれて~ 「不經不覺」• 愛の逃亡者 The fugitive 「燒毀我眼睛」• 酒場でDABADA 「酒場」• すべてはこの夜に 「請勿騷擾」• 私生活のない女 「隱身人」• はるかに遠い夢 「後悔淚水」• お嬢さんお手上げだ 「爲了理想」• お嬢さんお手上げだ 「愛有萬萬千」• お嬢さんお手上げだ 「愛有萬萬千」• 追憶 「期待」• 追憶 「心有誓言萬千」• 愛の出帆 「人間有情」• コバルトの季節の中で 「學唱一首歌」• 燃えつきた二人 「說句再見」• 恋は邪魔もの 「問我點辦」• バイバイジェラシー 「疲倦再會」• ストリッパー 「我要響鐺鐺」 公演キャンセル [ ]• 10月、で行われる予定だった公演が直前になって中止された。 観客数が当初見込んでいた1,700人の半分にも満たなかったことを理由としている。 当時、オフィシャルサイトには「開催に際しての事前の取り決めごとを実現できなかった」と掲載された。 「沢田研二 70YEARS LIVE "OLD GUYS ROCK"」のライブツアー中、10月17日に予定されていたでの公演が開演時間直前になって急遽中止になるトラブルが発生した。 沢田は後日、9,000人の集客予定と関係者から聞いていたところ、実際は動員数は7,000人ほどと少なく、客席がスカスカの状態でやるのは酷だったため自身で中止を決断したと説明している。 公式サイトでは「契約上の問題が発生したため、急遽中止させていただくこととなりました」と謝罪文中で報告されている。 翌日報道されたワイドショーでは、直近の横浜アリーナ公演から2週間足らずで関東圏のアリーナ会場での公演だったことや、平日に夕方5時の開演時間では興行的に厳しいのではないかといった指摘があった。 後日、自宅近くの公園で謝罪会見が行われた時の容姿が白髪交じりの口髭と顎髭に黒縁眼鏡に薄色系スーツと蝶ネクタイ姿もあってに激似とネットを中心に話題となった。 その他 [ ]• 2008年、還暦を記念した二大ドームコンサート「人間60年・ジュリー祭り」は、加瀬邦彦、岸部一徳、森本太郎という盟友をはじめ、、、、、、、など、多くのミュージシャンが客席で見守った。 や、、町井ハジメら音楽評論家も絶賛した。 は「ジュリーの声は甘く透明なシロップの川」 、は「感動した。 そして素晴らしく幸せだった」 、は「ゲストもMCも一切なし。 スポンサーもなし、メジャー資本もなし。 ジュリー祭りはジュリーとお客のためだけのものだ」 と記し、ミュージシャンとしての姿勢を評価した。 - 発売日 題名 備考 リリース国 1 1969年12月15日 在籍中にリリースされた作品 2 1971年12月21日 3 1972年9月10日 4 1973年8月21日 5 1974年9月10日 6 1974年12月21日 - 1975年1月21日 KENJI 内容は『THE FUGITIVE 愛の逃亡者』と同一 7 1975年12月21日 - 1976年2月1日 KENJI SAWADA 内容は日本版と同一 8 1976年4月21日 9 1976年12月1日 10 1977年11月15日 - 1978年4月 rock'n'roll child 日本国外のみでのリリース 11 1978年8月10日 12 1978年12月1日 13 1979年11月25日 14 1980年7月21日 15 1980年12月23日 16 1981年6月10日 17 1982年6月1日 18 1982年12月10日 19 1983年3月5日 当初カセットテープのみで発売された 20 1983年10月1日 21 1984年6月5日 22 1985年9月21日 23 1986年6月25日 24 1987年5月25日 25 1988年7月24日 26 1989年10月11日 27 1990年6月20日 28 1991年6月14日 29 1992年6月10日 30 1993年11月17日 31 1994年12月14日 32 1995年12月13日 33 1996年9月19日 34 1997年6月25日 35 1998年7月15日 36 1999年8月25日 37 2000年9月13日 38 2001年6月20日 39 2002年9月1日 初回ブック型特殊ケース仕様。 2010年より通常Pケース仕様 40 2003年4月25日 初回盾形特殊ケース仕様。 2012年9月8日より通常Pケース仕様 41 2004年2月25日 初回クロックマダム型特殊ケース仕様。 2012年9月8日より通常Pケース仕様 42 2005年5月9日 初回6Pチーズ型特殊ケース仕様。 2012年9月8日より通常Pケース仕様 43 2006年4月21日 初回サイコロ型特殊ケース仕様。 2012年9月8日より通常Pケース仕様 44 2007年6月25日 45 2008年5月25日 - 2010年3月24日 ザ・ワイルドワンズとのコラボ。 その他作品 [ ] - 発売日 題名 収録 1 1981年3月21日 1981年1月25日 (カセットテープのみ。 1998年11月26日CD再発) 2 1989年6月21日 3 1996年 1996年6月21日-7月29日。 テレビでも放映 4 1999年10月 (CD9枚組) ACTシリーズ全10公演のうち9公演収録 5 2008年8月27日 ポリドール在籍時の全シングルの 映像作品 [ ] ソロデビュー以降、恒例の東京・大阪を中心とした正月コンサートと、全国ツアーを行っている。 以下、映像化、あるいはテレビ放映されたものを記す。 Lenmonホール 32 2008年2月2日 生きてたらシアワセ DVD 2007年10月13日 渋谷C. Lenmonホール 33 2009年6月25日 DVD 2008年12月3日 東京ドーム 4枚組DVD 34 2011年01月12日 JULIE with THE WILD ONES LIVE 僕達ほとんどいいんじゃあない DVD 2010年8月6日、渋谷CCLemonホールで収録 35 2011年12月21日 DVD フジテレビ番組『』出演時の映像を収録(1975年5月5日-1990年2月21日、全102回) 6枚組DVD 36 2012年6月29日 沢田研二 LIVE 2011〜2012 ゲスト:瞳みのる・森本太郎・岸部一徳 DVD 2012年1月24日 日本武道館 STAGE [ ] からまで続いた音楽劇「ACT」シリーズ(演出・)では、ほぼ1人芝居で哲学的な内容を演じている。 9枚組のCD全集が発売されている。 - 公演年 題名 媒体 公演場所・収録日・その他 備考 1 1975年 唐版・瀧の白糸(共演:、) 未収録 1975年3月11日-16日 大映東京撮影所ステージ 作・演出: 2 1977年 ロックオペラ・ハムレット レコード 1977年6月29日-30日 NHKホール 3 1978年 ロックミュージカル・天草四郎 未収録 1978年4月30日-5月2日全5公演 帝国劇場 構成: 演出:蜷川幸雄 4 1986年 貧民倶楽部(共演:) テレビ放映 1986年12月 帝国劇場 演出:蜷川幸雄 音楽: 作詞: 衣装・。 全26公演 5 1987年 楽劇 The Anzuchi・麗しき魔王の国(共演:、、、、) 未収録 銀座セゾン劇場 10月3日-26日全34公演 作: 演出: 音楽: 6 1988年 音楽劇 ドン・ジョバンニ〜超人のつくり方(共演:、) 未収録 銀座セゾン劇場 12月3日-26日 作・演出:加藤直 7 1989年 ACT 未収録 1989年3月 東京グローブ座公演後、各地のホテルで全26公演 8 1989年 YOKOHAMAスーパーオペラ"海光"(共演:、、など) CD、VHS 1989年6月22日-26日 (横浜市市制100周年・開港130周年記念イベント 演出:(猿翁)、市民コーラス1000人が参加 9 1990年 ACT VHS、DVD 1990年3月7日-27日 東京グローブ座・新神戸オリエンタル劇場 夭折したフランスの芸術家を演じた1人芝居 10 1991年 ACT VHS、DVD 1991年3月3日-24日 東京グローブ座・神戸オリエンタル劇場 フェデリコ・フェリーニ監督の音楽を務めた作曲家がモチーフ 11 1992年 ACT VHS、DVD 1992年3月4日-22日 東京グローブ座・神戸オリエンタル劇場 スペインの幻影的な作風で知られる画家ダリがモチーフ。 13 1993年 音楽劇 「漂泊者のアリア」藤原義江の生涯(共演:、、ら) テレビ放映 1993年7月 NHKホール20周年記念公演 東京のほか大阪・名古屋・福岡 演出:、音楽:宮川良、日本のオペラの基礎を築いた役 14 1993年 阿呆劇 (共演:、笹野高史、など) 未収録 1993年10月全23公演 東京シアターコクーン ブレヒトの三文オペラで音楽はクルト・ワイル、演出:串田和美 15 1994年 戯曲 かもめ(共演:など) 未収録 1994年2月-3月 ほか全25公演 チェーホフの代表的な戯曲。 演出:井上思 16 1994年 ACT VHS、DVD 1994年東京グローブ座・新神戸オリエンタル劇場で6-7月公演 フランスのシャンソン歌手エディツト・ピアフの生涯を歌と芝居でえがく 17 1994年 ミュージカル ザ・近松(共演: ) テレビ放映 1994年11月 大阪近鉄劇場で全34公演 演出: 18 1995年 音楽劇 異邦人・ボーダレスラブ(共演:、など) 未収録 1995年4月-5月 、シアタードラマシティなど 『メキシコ近代演劇の父』といわれた役。 作・曲:、演出:加藤直 19 1995年 ACT VHS、DVD 1995年6月-7月 東京グローブ座、新神戸オリエンタル劇場で全22公演 喜劇役者パスター・キートンがモチーフ 20 1995年 阿呆劇 フィガロの結婚(共演:、、など) テレビ放映 10月にシアターコクーンで全26公演 演出:、原作:ボーマルシェ 21 1996年 DORA 100万回生きたねこ(共演:など) テレビ放映 1996年6月に東京芸術劇場でスタートし、国内全88公演+フランス公演 演出・振付: 22 1996年 ACT VHS、DVD 1996年11月14日東京グローブ座で収録、新神戸オリエンタル劇場などで 全21公演 ベートーベンの「運命」に「雨にも負けず…」と詩をのせて歌った 23 1997年 ACT VHS、DVD 1997年5月15日東京グローブ座で収録。 神戸オリエンタル劇場をあわせて全21公演 ロックの王様プレスリーがモチーフ 24 1998年 ブルーエンジェル(共演:) CD 1998年2月-3月 シアターコクーン全61公演 ロイヤル・シェイクスピアカンパニー初演、映画にもなった「嘆きの天使」の翻訳ミュージカル 25 1998年 ACT VHS、DVD 1998年11月19日収録。 東京グローブ座など全21公演 26 1999年 ミュージカル ザ・近松(共演:、、らで再演) VHS、DVD 1999年2月27日 日生劇場。 全32公演 演出:大谷亮介 27 1999年 ミュージカル・ペーパームーン(共演:・など) 未収録 1999年7月-8月 シアターコクーンほか 演出:栗山民也。 映画「ペーパームーン」のミュージカル版 28 2000年 ミュージカル・ペーパームーン(共演:・などで再演) 未収録 2000年7月-9月 シアターコクーンほか 演出:栗山民也 29 2001年 音楽劇 いつかヴァスコ・ダ・ガマのように(共演:) VHS、DVD 2001年9月-10月 シアターコクーンなど東京・名古屋・大阪で全40公演 演出: 30 2002年 夢噺 桂春団治 テレビ放映 2002年5月 藤山寛美十三回忌追善のため、大阪松竹座で沢田、東京では(当時)とのダブルキャスト全42公演。 演出:宮永雄平 31 2002年 風狂伝'02(共演:、ら) VHS、DVD 2002年6月28日 東京ル・テアトル銀座、大阪ドラマシティで全33公演 演出: 32 2003年 沢田・志村の「さあ、殺せ!」(共演:志村けん) VHS、DVD 2003年 シアターコクーン 演出:久世光彦 33 2004年 謎の変奏曲(共演:) 2004年5月-7月 東京サンシャイン劇場など 演出: 34 2004年 歌劇 人情酸漿蛍(共演:) DVD 2004年7月-9月 シアターコクーンなど 演出:久世光彦 35 2005年 夫婦善哉 未収録 2005年2月-3月 東京新橋演舞場、大阪松竹座などで藤山直美の相手役として客演 演出:宮永雄平 36 2005年 センセイの鞄(共演:) DVD 2005年8月-9月、シアターコクーンをはじめ東京・神戸・名古屋で公演。 演出:久世光彦、原作:川上弘美 37 2006年 音楽劇モダン出世双六 天国を見た男(共演:) DVD 2006年 東京芸術劇場収録、シアタードラマシティ・名鉄ホールで全27公演 演出:マキノノゾミ 38 2007年 桂 春団治 未収録 2007年4月-6月 新橋演舞場、博多座、大阪松竹座で再演 演出:宮永雄平 39 2008年 音楽劇ぼんち(共演:など) DVD 2008年4月19日 東京紀伊國屋サザンシアター収録。 全28公演 演出:マキノノゾミ 40 2009年 探偵〜哀しきチェイサー(共演:伊藤蘭) DVD 2009年4月 東京紀伊國屋サザンシアター収録。 公演は東京・大阪で26公演 演出:マキノノゾミ 41 2009年 未収録 2009年10月-12月 京都南座などで再々演 演出:宮永雄平 42 2010年 新・センセイの鞄(共演は) DVD 2010年4月3日 東京紀伊國屋サザンシアターで収録 演出:。 全26公演 43 2011年 探偵〜哀しきチェイサー(共演:高泉淳子で再演) 未収録 2011年3月18日-5月2日まで東京紀伊國屋サザンシアター・神戸オリエンタル劇場で全35公演 演出:マキノノゾミ 44 2012年 お嬢さんお手上げだ(共演:) DVD 2012年4月 東京紀伊國屋サザンシアターなど全30公演 演出:マキノノゾミ 45 2013年 探偵〜哀しきチェイサー・雨だれの挽歌(共演:南野陽子) DVD 2013年3月〜5月 東京紀伊國屋サザンシアターなど全35公演 演出:マキノノゾミ 46 2014年 悪名〜The Badboys Return! (共演:) DVD 2014年3月〜5月 東京紀伊國屋サザンシアターなど全34公演 演出:マキノノゾミ 47 2015年 お嬢さんお手上げだ・明治編(共演:那海) DVD 2015年3月〜5月 東京紀伊國屋サザンシアターなど全44公演 演出:マキノノゾミ 48 2016年 悪名〜The Badboys Return! (共演:いしのようこ) 未収録 2016年3月〜5月 東京紀伊國屋サザンシアターなど全35公演 演出:マキノノゾミ 49 2017年 大悪名〜The Badboys Last Stand! (共演:南野陽子、いしのようこ、土居裕子、那海) CD 2017年5月〜6月 東京芸術劇場など全22公演 演出:マキノノゾミ 提供した楽曲、カバーされた楽曲 [ ] 「」を参照 演じた俳優 [ ]• - 「」(2006年) 著書・関連本 [ ]• 『ザ・スター沢田研二』(スポーツニッポン・石原信一著)- 1977年発売• 『沢田研二写真集 僕の中の男たち』(ワールドレジャー・稲腰功一撮影)- 1977年発売• 『ジョイナス=ブックス 沢田研二』(バンダイ出版事業部)- 1977年発売、表紙は「憎みきれないろくでなし」の衣装。 『水の皮膚』(パルコ出版)- 1980年発売、石岡瑛子プロデュースの写真集。 『我が名は、ジュリー』(中央公論社・沢田研二著、玉村豊男 編集) - 1985年6月に大型本、1986年12月に文庫本発売。 『Paradis,Paradis』(リトルモア)- 2002年2月発売。 クリスチャン・ディオールのポスターや、タカラのCMでシーナ・イーストンなどの衣装を担当した早川タケジの衣装・スタイリング・アートディレクションを集大成した大型本。 『真夜中の天使』(文春文庫 1979年)・『翼あるもの』(文春文庫 1981年)・『真夜中の鎮魂歌』(角川文庫 1986年)(著 - 栗本薫の小説。 3作に共通して登場する(設定は個々で異なる)青年「今西良(ジョニー)」は『悪魔のようなあいつ』で沢田が演じた「可門良」がモデルになっており(『真夜中の鎮魂歌』後書きより)、『翼あるもの』の背景設定は『悪魔のようなあいつ』撮影前後の沢田の周辺関係が元になっている。 脚注 [ ] []• Weblio辞書• 「」調べ。 1982年「6番目のユ・ウ・ウ・ツ」ヒット中に歴代1位になった。 「NEW YEAR GOLDEN ACE対談 五木ひろし・沢田研二」『近代映画』1974年2月号、、 93-94頁。 『我が名は、ジュリー』p. 『ザ・スター沢田研二』pp. 65-66• prints21 1998年冬「JULIE! JULIE! JULIE! 」ほか• 「内田裕也対談集・音楽をどう生きるか」創樹社、1974年。 [ ]• 「Rock Carnival・B. キング初来日コンサート」(ニューミュージック・マガジン1971年8月号)中村とうよう、「京都大学西部講堂で行われたロック・フェスティバル 第1回 MOJO WEST」(団塊パンチ4)木村英輝• 渡辺プロ所属• ピーナッツの「情熱の砂漠」も作曲• ジュリーに片思いし続けた安井かずみの作詞• 安井かずみの作詞• スポーツニッポン. 2012年6月28日. 2012年8月18日閲覧。 「ロマンポルノと実録やくざ映画」p. 203• 「我が名は、ジュリー」中央公論社刊、「グループサウンズ時代の証言者・加瀬邦彦」読売新聞• 『我が名は、ジュリー』pp. 87-106「静かな私生活、華麗なる舞台」の章より。 2014年6月30日閲覧。 日経エンタテインメント! 2000年12月号「J-POP巨人列伝-20世紀を駆け抜けた10人」• 毎日新聞 2009年12月10日閲覧• サンケイスポーツ 2010年1月25日閲覧• 第24回ミュージック・ペンクラブ音楽賞コンサート・パフォーマンス賞「沢田研二Live2011-2012ゲスト:瞳みのる・森本太郎・岸部一徳」受賞• サンスポ. com 2013年12月4日• 沢田研二オフィシャル 2018年10月18日• prints21 1998年冬「JULIE! JULIE! JULIE! 」ほか• 2018年10月19日. 2018年10月19日閲覧。 2018年10月17日. 2018年10月19日閲覧。 日刊スポーツ 2018年10月18日• 2018年10月19日. 2018年10月19日閲覧。 2018年10月18日. 2018年10月19日閲覧。 2009年2月号【沢田研二「人間60年ジュリー祭り」を観て】、朝日新聞2008年12月18日号「前人未踏・還暦アイドルジュリー祭り」、ミュージック・ペンクラブ「2011年2月号コンサートレビュー」ほか• 女性セブン2008年12月25日号「江國香織が観た沢田研二還暦記念コンサート」• 『死ぬ気まんまん』 光文社、2011年。。 [ ]• 『母と息子の老いじたく』 中央公論新、2011年。。 [ ]• 2月1日号• 関連項目 [ ]• 人物 [ ]• - 沢田の所属• 岸部修三(現・)、、、、岸部シロー(現・)• - 沢田の所属バンド• 、、、• - 沢田のバックバンド• - 沢田のバックバンド• 鉄人バンド - 沢田のバックバンド。 それぞれに音楽活動をしているので正式な名称ではないが、ジュリー祭りの80曲を譜面なしでこなし、沢田自身がこの呼び名を捧げた• 柴山和彦(エキゾティクス以来のバンドメンバー)、、下山淳(のギタリスト)、大山泰輝• - の創業者• - 沢田の先妻• - 沢田の妻• - GS時代の恩師• - 1979年まで沢田と同じ事務所• - 「悪魔のようなあいつ」「源氏物語」のプロデューサー。 - 生年月日が同じ。 このことから毎年6月「」にゲスト出演している。 外部リンク [ ]•

次の

沢田研二

中山 麻里 沢田 研二

「 デビュー以来、所属していた渡辺プロダクションを'85年に独立。 設立した個人事務所の社長は、元ナベプロの方が務めていました。 それが昨年末、社長の交代があって、新社長が岸部一徳さんになったんです」(音楽業界関係者) 沢田で記憶に新しいのは、 '18年『さいたまスーパーアリーナ』ライブのドタキャン騒動。 動員数が予定より2000人以上も少なく、スカスカの客席を見て激怒し、公演を直前に中止した。 「 沢田さんは、とにかく気難しくて有名。 そんな彼にモノを言える数少ない人が、二人三脚でやってきた事務所の社長さんでした。 でも、岸部さんも沢田さんとは50年以上の付き合いがあるんです」(前出・音楽業界関係者) 17歳だった沢田を、自分が組んでいたバンドに誘ったのが2学年上の岸部。 当時を岸部は過去の雑誌インタビューで、こう振り返っている。 《音楽は18歳のころ、当時の仲間と遊びみたいに始まったんです。 あとから沢田研二が入らなければ、4人でただただダンスパーティーをやって、それで終わっていたかもしれない》 ザ・タイガースは、日本のGSブームの頂点に立ったが、売れ始めのころは東京・四谷のアパートで、メンバーとマネージャーが共同生活。 そのときも沢田と岸部は同じ部屋だったという。 「自分は俳優だと思っております」 '71年にザ・タイガースは解散。 岸部は沢田のバックバンドに参加しつつ、30歳で俳優業に転身。 当時の樹木希林さんの事務所に入るも、仕事は少なく不安な日々だった。 僕はそれがホントにありがたかった》 そんな沢田の応援もあり、地道な役者修業の末、岸部は見事に花を咲かせた。 「'95年に、岸部さんは自分の俳優事務所を設立しています。 そこには井上真央さんや岸本加世子さんらが所属しています。 今や岸部さんといえば俳優としての活動がメイン。 米倉涼子さん主演のテレビ朝日系人気ドラマシリーズ『ドクターX』でも欠かせない存在です。 それなのに、新たに沢田さんの個人事務所の社長業も引き受けたのは、よほどのこと。 ザ・タイガースのファンなら、また再結成があるかもと期待しちゃいますよね」(前出・音楽業界関係者) そこで、まずは沢田の個人事務所を引退した前社長に、今回の社長交代についての経緯を聞いてみると、 「 もう80歳になるから退職しただけ。 その後のことはわからないなあ」 と素っ気ない。 沢田の個人事務所にも聞いてみたが、 「 前社長が高齢で辞めることになったので、沢田の人間関係で、岸部が代わりに就任しました。 ザ・タイガースの再結成とは関係ありません」 とのこと。 岸部本人に話を聞くべく自宅を訪ねたが、京都で撮影中のため、不在。 そこで岸部の俳優事務所に連絡すると、スタッフが岸部に電話で話を聞いてくれた。 「 ザ・タイガースというより、長い友人である沢田さんから社長をやってほしいと頼まれたので引き受けました。 ただし、今はあくまでも俳優業に重きを置いており、自分は俳優だと思っています」 以前、岸部はインタビューでこんな話もしていた。 《 死ぬときは少なくともこの2人(編集部注:ザ・タイガースのメンバーである沢田と森本タロー)にはそばにいてほしいね》 ザ・タイガースはふたりにとって人生の転機であり、芸能活動のスタート地点。 岸部の新社長就任も、人生最後の重要な転機となりそうだ。

次の

中山麻理の元夫は三田村邦彦!離婚原因は?沢田研二と?現在はセブンイレブンでバイト?

中山 麻里 沢田 研二

なんだか北の方ではシャララダンスを間違えたとか…ちぇっ えー気を取り直して…。 まぁ3年前ハマっていろいろ映像を見ましたが、70年代のジュリーを見た時はショックでした。 私の知らない沢田研二なのです。 記憶としてちゃんとあるのは「 勝手にしやがれ」以降だから、70年代のあの美しさ、危うさ、はかなげな感じと甘く切ない声が、 えーっ!?て感じで驚きでした。 その衝撃の代表作が「 炎の肖像 」 74年作品 でした。 まだ3年前は私のPCの環境が貧弱で、殆ど家では動画を見れなくて( なんと会社の昼休みに貪るように見ていたの )、レンタルDVDだけが頼りで、ある日「ときめきに死す」がTSUTAYAにあって借りてきて観たんです。 この映画はちょっと私には理解不能だったんですが、その中に 「炎の肖像」の 予告編があって、それを見た瞬間まさに 衝撃衝撃 「このDVD絶対買ってやる!!!!」と探したのですが、すでにあの頃は売っていなくて、もう探しに探してやっとHMVでビデオならあるってんで、早速買っちゃいましたよ。 今は(去年でしたっけ?)再販されたので大変お安くDVDが簡単に手に入るのですがね。 この映画って「 大好き派 」か「 全然つまらない派 」にわかれるようで、私はもちろん前者ですが。 というか映画としてみたら「なんだこれ?」ですが、ジュリーを観るという点では素晴らしいものでしょ。 ただね一つ残念なことがあって、その予告編にあった王子様ジュリーの映像がなかったの。 このジュリーが見たかったんですが…何故カットされてたの? 余談ですが、私ジュリーの手首が大好きなんです。 なんかとてもしなやかでこの手の感じ「ジュリーだぁ」って思うの。 この首絞めているのがジュリーの腕です。 少々刺激が強いため小さくしておきますが、このシーンもカットでした。 あとジュリーが秋吉久美子と喧嘩して、やけになって「俺はジュリーや!」と人混みの中で叫んでいるシーンは予告編では 「 沢田研二です。 今ね~女とね~ぶざまに別れてきた、悲しい道化のジュリーです。 」 とガムをくちゃくちゃしながら叫んでいるんですね このシーンを観ただけでも「 あり得ん色気だ!」となったしまったのです。 それにしてもこの映画のライブシーンはどれもカッコイイですね。 このころファンだったら私は身を滅ぼしていたかもしれません。 今でよかったわと思いますよ (どういう意味でしょうか? ところでこの映画のライブシーンで「 親父のように」を歌っているんですよね。 これを聴いて一発で気に入ってしまい「 Jewel Julie」を買ったんです。 作詞はサリー、作曲は速水さんですが、あまりこの曲好きだっていう人を聞きませんが、どなたかいらっしゃいませんか? 2番の「歩き方が似ていると、母は笑った」ですこし涙声っぽくなるのが特にたまらないのです。 この曲ばかりでなく「 Jewel Julie」は大好きなアルバムです。 去年のお正月ライブではこの中から「 ヘイデイヴ」が歌われましたが、どうなりますか? なんかセミドキュメンタリー風の作品という印象がありました。 リハーサル風景も含めてステージ上のシーンは映画撮影用ではなく、完全にライブ場面のように感じられたし…。 ただ最初の方でのジュリーと中山麻里サンとの濃厚なベッドシーンは圧巻。 まだ三田村邦彦氏と結婚前の麻里サンの細身に不釣合いなくらいの見事なバストは垂涎モノ。 ベッドに重なって揉みモミされる乳房の量感は、ジュリーの手に余るほどの豊満ぶりで、ソノ場面だけ僕がジュリーに成り代わりたかったくらい!結婚後に三田村氏にあのオッパイを独占されたと思うと、相当にジェラシーを感じたけれど、離婚された頃にはソレほど妬ましくもなくなった。 投稿: 拇指トム 2015年9月24日 木 16時11分.

次の