ニッセイ 確定拠出年金。 よくあるご質問

確定拠出年金で利益が出たら「ちょっと売る」が正解! [企業年金・401k] All About

ニッセイ 確定拠出年金

乗り気もせず、あまり考えずに商品を選んでいましたが、最近、同期での飲み会の席で話題に上がりました。 その場でわかったのは、意外にも私以外の同期は、積極的に老後の資産作りに取り組んでいることがわかりました。 そのタイミングで、保険でお世話になっている伊田さんから「確定拠出年金」について、話題が出たので、思わず気になっていたことを聞いてみました。 ご相談内容 お勤め先の会社で数年前からスタートした「確定拠出年金」。 当初は何となく、でスタートさせたものでしたが、ここに来て、同期の皆さんの刺激を受け、「自分も積極的に、老後資産づくりに取り組んでみよう」というお気持ちになり、ご相談をいただきました。 商品の入れ替えをしてみたい、というお気持ちが強くあり、最初のステップとして、どういうことを知っておいたほうがいいかというご相談でした。 お答えした内容 「商品を入れ替えたい」とのご希望ですが、ご自身の意思で、 しっかりで老後資産を作って行こうとのお気持ち、素晴らしいと思います。 商品の入れ替えは、ご自身が申し込みされた金融機関の、確定拠出年金のページから ログインし、ご自身で変更することになります。 商品入替には2つの方法が 確定拠出年金の商品の入替については、ご存知かも知れませんが、以下の2つの方法があります。 (2つを同時に行うことも可能です。 ) (1)配分変更 (2)スイッチング 上記の通り、2つのやり方があり、それぞれの違いなどについてお話しいたします。 (1)配分変更 翌月以降の拠出金で買う、運用商品の銘柄や購入する際の比率を変えることを「配分変更」といいます。 つまり 「未来の拠出」に対しての、運用商品の変更です。 一例をあげて説明しますと、 毎月の拠出金が、10,000円だったとします。 当初、以下の通りの配分で5つの商品に投資をしていたが、 商品Aに 2,000円かけていたところを、 0円にして、 商品Dを 2,000円増額する、といったものです。 配分変更の場合、 「商品A」に拠出した24,000円は、そのまま残ることとなります。 (運用成績等は考慮しない場合) (2)スイッチング 一方スイッチングとは、先ほどの例でいいますと 「商品A」の残高を売却しその 売却資金で別のファンド((例)「商品F」)を買うことを言います。 その24,000円の残高がある「商品A」を売却し、あらたに、「商品F」を購入する。 これが「スイッチング」です。 ・未来のみの変更が「配分変更」 ・過去も精算するのが「スイッチング」 もちろん、両方同時に行うこともできます! ここで「スイッチング」での注意点についてお伝えします。 特に、海外で取引されている銘柄に投資している投資信託などは、手続きに時間がかかりやすいので注意が必要です。 こういったこともあり、スイッチングの指示を出した時は、「絶好のタイミングだ」と思っていても、上記の通り、スイッチング完了まで時間がある程度かかるため、思った通りの値段での、売却、購入とはならない可能性があります。 それ以降は、翌月以降の変更となります。 掛金の引き落としは毎月26日でから配分変更は月末までには完了というのが目安です。 ただし運営管理機関によっては、買付日(おおよそ翌月20日前後)の前日まで受け付けるというところもあります。 例えば株式の投資信託が好調で、利益が出ている。 しかし、今後の見通しはよく分からない、という場合、せっかく出た利益は、失いたくないものです。 その場合に、好調なその商品を「利益確定させる」ために、 一部、もしくは全部スイッチング(解約する)ということが考えられます。 ) その場合は、スイッチングを行い、精算した方が良いでしょう。 いわゆる「損切り」ですね。 上記2つのような場合であれば、スイッチングは有効かと思います。 ただ、確定拠出年金はどうやっても、60歳にならないと引き出すことのできない「長期の資産形成」ですから、目先ばかりにとらわれないようにしておきたいものです。 こまめに資産をチェックするのは良いのですが、実際に配分変更や、スイッチングを行うのは、個人的には「年1回くらい」が良いのではないかと思っています。 先ほどもお話しした通り、機敏に売り買いできる訳ではないので、短期で利益確定させる、ということは難しいものです。 またやみくもに、配分変更、スイッチングをしても、かえって資産を減らしてしまう可能性もあります。 リバランスという考え方が大事です。 ここで大切なことが「リバランス」という考え方です。 あくまで一例ですが、 当初以下のような配分で始めたとします。 (当初) ・国内株式投資信託 50% ・海外債券投資信託 50% ところが、約1年のうちに、株式が値上がりし、債券が下がってきたため、資産上の割合が、以下のように変動することもあります。 (1年後) ・国内株式投資信託 60% ・海外債権投資信託 40% このまま株式投資信託が上がり続けてくれればいいですが、そうとは限らず、相場は常に上がったり下がったりするものです。 そのため、リバランスを行います。 (リバランスの場合であれば、スイッチングのみで、配分変更は不要です。 ) ポートフォリオ、商品選びについて やみくもに、商品変更しても、思うようなパフォーマンスが得られません。 そこで、ポートフォリオや、商品選びをどうするか、参考になるページをお伝えいたします。 登録すると簡単に使えます。 積立配分を変えていくと、リスク、リターンがどうなるか。 過去20年の実績をベースに、出てきます。 あれこれ数値をいじってみると楽しく学べるので、ぜひやってみてください。 このかんたんファンド検索から、月々の積立額、目標額など入れると、参考のポートフォリオが表示され、人気のある投資信託が、ランキングで表示されます。 いろいろといじって、試してみてください。 今回はまず1回目の面談ということで、投資の考え方、確定拠出年金ならではの言葉の説明を丁寧に行わせていただきました。 ご紹介したサイトを自ら使ってご自身なりに考えたいとのことだったので、次回は1か月後、本格的な運用商品選びを一緒に考えていくことにしました。 これから長期資産形成が始まります!.

次の

日本生命ニッセイ確定拠出年金おすすめ銘柄(設定解説もあり)企業型DC編

ニッセイ 確定拠出年金

確定拠出年金の解約方法、ニッセイを例にFPが解説!メリットデメリットは? 平成29年1月から、公務員や専業主婦など、今まで個人型確定拠出年金を利用できなかった人も対象となり、基本的にすべての人が加入できるようになりました。 確定拠出年金を利用できる対象者が増えると、興味のない方にも断片的に情報が入ってくるでしょう。 今回は、今注目されている個人型確定拠出年金について解説していきます。 ちなみに、確定拠出年金は、「 Defined Contribution」の頭文字をとって「 DC」と略されることがありますが、平成29年1月からの改正で個人型が広く利用されることもあり、個人型確定拠出年金(「 individual-type Defined Contribution pension plan」)は iDeCo(イデコ)という愛称が用いられています。 (2)後日届く書類に必要事項を記入します。 この書類に掛金額と運用商 品、運用割合を書く必要があります。 (3)加入審査が通り、手続きが完了すると、国民年金基金連合会と日本 レコード・キーピング・ネットワーク 以下NRK から書類が届き ます。 NRKは確定拠出年金の記録関連業務を担っている企業です。 具体的には、加入者や運用指図者に関する個人情報、運用指図 (スイッチング)、掛金等の記録・管理・保管、これらの情報を加 入者や運用指図者に通知する業務を行っています。 NRKのユーザー IDや商品登録が完了すると、専用webサイトで登録情報を閲覧で き、運用商品の変更もできるようになります。 (4)掛金拠出が始まります。 口座振替や給与天引きが利用できるので、 あとは運用する対象商品をどうするか、定期的にメンテナンスす るだけです。 申込時の注意点は? 注意点としましては、申込み時に運用商品と運用割合を決めなければいけませんので、事前に考えておく必要があります。 個人型確定拠出年金には元本保証はなく、変動リスクは加入者が負う必要がありますが、せっかく税制上のメリットを得て運用できますので、勉強しながら少しずつ変動リスクのある商品を利用してみてはいかがでしょうか。 掛金が減少することに対して不安を抱く方は、リスク商品の割合を少なくしておき、慣れ次第、徐々に割合を増やせばいいでしょう。 個人型確定拠出年金の拠出限度額 職業によって細かく分かれているので要チェック! 生命保険の保険料にあたるのが、拠出金です。 個人型確定拠出年金には国民年金の加入状況によって、拠出金の限度額が異なります。 8万円(年額81. 6万円) となります。 この月額6. 8万円は、国民年金基金や国民年金の 付加保険料を合わせた額です。 なお、国民年金保険料の納付を していないと加入することができません。 2万円(年額14. 2万円(年額14. 3万円(年額27. 2万円(年額14. 4万円) となります。 (4)専業主婦(夫)(国民年金の第3号被保険者) 第2号被保険者に扶養されている方が対象です。 3万円(年額27. 6万円) となります。 個人型確定拠出年金を利用できない人は、企業型確定拠出年金の加入者で、規約で個人型確定拠出年金への加入を認められていない場合です。 企業にお勤めで、企業型確定拠出年金を利用している方は確認しておきましょう。 個人型確定拠出年金の大きなメリット いったいどんなところにメリットがあるの? 個人型確定拠出年金の最大のメリットは、税制面での優遇を受けられることです。 税制メリットは、掛金拠出時、資産運用時、受け取り時にあります。 ・掛金拠出時 支出した掛金は、全額所得控除となります。 生命保険料控除と比べるとわかりやすいですが、生命保険料控除は全額控除ではなく、支払保険料を計算式にあてはめて控除額を求めるため、支払保険料と控除額は同じではありません。 例えば、 一般の生命保険料控除であれば、年額8万円超の支出で4万円(控除限度額)の控除となります。 ・資産運用時 申し込み時に運用商品や運用割合を決めますが、申込み以降も自由に商品を入れ替えることができます。 この際の運用益は非課税となり、減税されない分、投資金額が増えますので、より効率的な運用をすることができます。 ・受け取り時 年金受け取り時には、年金形式か一時金形式で受け取ることができますが、年金形式なら公的年金と同様、公的年金等控除が適用され、一時金形式なら退職所得控除が適用されます。 この二つの控除は、いずれも他の控除に比べ控除額が大きい控除ですので、税負担が少なくなります。 個人型確定拠出年金のその他のメリット 年金なのに解約する事なんてできるの? 個人型確定拠出年金を途中で辞めることを、一般的に脱退といいます。 生命保険の解約返戻金のように、途中で解約して、それまで貯まった資金を受け取ることを考えるかもしれません。 しかし 個人型確定拠出年金は、原則、60歳まで脱退することはできませんし、年金は60歳まで受け取ることができません。 ただ要件を満たせば、脱退をして脱退一時金を受け取ることができます。 要件は、 確定拠出年金の資格を喪失した日から2年以内の人の通算拠出期間が3年以下(又は個人別管理資産が25万円以下)で、国民年金保険料の納付を免除されていること、確定拠出年金の障害給付金の受給権者ではないことです。 預貯金のように、資金が不足したから引き出したいというような使い方はできませんので、継続して利用することを前提で申し込みましょう。 確定拠出年金に力を入れる企業 個人型確定拠出年金の対象範囲が拡大され、企業としても販売に力を入れています。 普通に投資信託を購入するより、税制優遇を受けられるため、販売者側も勧めやすいでしょう。 公的年金の受給開始年齢が将来遅くなるとささやかれる中、自助努力で退職後の資金を準備しなければならないので、確定拠出年金は選択肢の一つとして今後ますます注目されると思われます。

次の

『確定拠出年金お取引状況のお知らせ』の見方、確認すべきは3つ|マネー缶

ニッセイ 確定拠出年金

確定拠出年金は、受給開始年齢(原則60歳)から「老齢給付金」として受け取ることができます。 「老齢給付金」を受け取るには、受給開始年齢(原則60歳)から70歳迄の間に、請求手続きをする必要があります。 年金で一番大切なのは「受け取る時」です!受け取り方によって、余分な税金を支払うことになっては、せっかくの確定拠出年金の節税メリットを活かせませんよね?! 確定拠出年金の受給方法には、 「一時金」「年金」「一時金と年金の併用」の3つの方法があります。 では、一体どの方法が一番お得になるのでしょうか??ここでは、それぞれの受給方法と税金についての説明と、どのようなケースでどの受給方法がお得になるのかを解説します!自分にとって最適な受給方法を早めに考えておけば、老後も安心ですよね! Contents• 「一時金」 一時金は「退職所得控除」が適用される 一時金は、受給開始年齢(原則60歳)~70歳迄に、年金資産を一括で受け取れます。 一時金は「退職所得」として扱われ、「退職所得控除」が適用されます。 退職金と一時金を同時に受け取る場合は、勤続年数と加入年数のどちらか期間が長い方で計算されます。 その際の退職所得金額は、退職金と一時金の合計金額になります。 上記の表を見てわかるように、退職所得控除額は、勤続年数(加入年数)が長いほど控除額が増えることになります。 例えば、• 上記の計算式を元に、勤続年数(加入年数)30年の人で退職所得が2,000万円の場合、どのくらいの税金がかかるかを計算してみましょう。 1%=3,202円• 合計税額=405,702円 所得税以外にも、住民税と復興特別所得税がかかってきますので、「2,000万円の退職所得に対して、405,702円の税金がかかる」ことになります。 「年金」 年金の受け取り方 年金は、受給開始年齢(原則60歳)以降に、• 受け取り開始時期(60歳~70歳)• 受け取る期間(5年~20年)• 1年の受取り回数 を選んで、受け取れます。 (金融機関によって受け取り方に制限があります。 ) 年金は「公的年金等控除」が適用される 年金は「公的年金等控除」が適用され、課税される金額は「雑所得」として扱われます。 上記の表からわかるように、公的年金等の金額が、65歳未満で70万円以下、65歳以上で120万円以下であれば、課税されないことになります。 年金で受け取る際のメリットとデメリット 年金で受け取る際には、以下のように、いくつかのメリットとデメリットがあります。 【メリット】• 年金受給期間中に、投資信託の運用で利益が出ると、予定よりも受取金額が増える。 確定拠出年金では投資信託の運用益が非課税となる為、他の資産運用よりも効率の良い運用ができ、資産を増やせる可能性が高い。 【デメリット】• 公的年金等収入には、確定拠出年金以外にも、国民年金、厚生年金、企業年金等で受け取る金額も合算される為、控除額を超える可能性が高い。 年金を受給する際には、給付事務手数料として一回の振込につき432円(税込)がかかる。 年金を受給している期間は、引き続き、口座管理手数料がかかる。 年金を受給している期間に、投資信託の運用で損失が出てしまうと、予定よりも受取金額が減ってしまう。 年金で受け取る際は、国民年金や厚生年金等の金額が多い人は、控除額を大きく超える可能性がありますので、注意が必要ですね。 又、年金で受け取る期間中は、引き続き資産を運用できる為、資産を増やすこともできますが、減ってしまう可能性もあります。 更に、手数料が発生しますので、その辺りのデメリットをきっちり理解した上で、自分にとってお得な方法になるかどうかを考える必要がありそうですね。 スポンサーリンク 「一時金と年金を併用」 併用の場合は、受給開始年齢(原則60歳)以降、年金資産の一部を一時金で受け取り、残りを年金で受け取れます。 (併用ができない金融機関もあります) 一時金と年金と、それぞれどのくらいの金額をどの時期に受け取るのがお得かをよく考える必要があります。 例えば、先程の例(加入年数30年の人で2,000万円の一時金を受け取る場合)で、60歳~65歳の間に70万円の年金を受け取り、残りを一時金として受け取った場合に、支払う税金額がどうなるかを計算してみましょう!• 1%=787円• 今後は公的年金の受給時期が65歳~になりますので、60歳~65歳の間に、確定拠出年金で70万以内の年金を受け取ると、無税になりますのでお得ですね! その他にも、一時金の受け取る時期を退職金を受け取る時期とずらすことで、退職所得にかかる税金を減らすことができる場合があります。 (例:60歳で退職金、60~65歳迄年金、残りを一時金として65歳で受け取る等) まとめ 確定拠出年金の受給方法は、「一時金」「年金」「一時金と年金の併用」の3つの方法があり、それぞれの受給方法で、お得なケースと不利なケースがあります。 併用 一部を年金で受け取り、残りを一時金で受け取ることで、税金額を減らせる場合 特になし 上記のように、3つの受給方法にはそれぞれにお得なケースと不利なケースがありますが、基本的な受給方法の選び方を下記にまとめてみました。 (全てのケースで最適になる訳ではありません)•

次の