仁王 2 大 太刀 ステ 振り。 【仁王2】薙刀鎌のステ振りとおすすめスキル

仁王2のステ振りについて。

仁王 2 大 太刀 ステ 振り

「武」は装備の重さ上限や体力、残心初期量などに影響があるが、 気力は全く伸びないので他のステータスも合わせて振っていく必要がある。 最初は 「心」にはステータスの伸び幅が大きい15までを目安にステ振りすると良い。 「心」は大太刀の攻撃力を上げられる点も嬉しい。 重防具の特殊効果用に剛 重防具の特殊効果を発動するために、「剛」にステ振りをするのもおすすめ。 序盤は1〜2上げるだけで発動でき、 特殊効果にはステータスを大きく上昇させる効果もある。 「剛」は大太刀の攻撃力も上げられるが、あくまで 防具に効果発動に必要な分に合わせて振っていくのがおすすめ。 もちろん無理に振る必要はないが、 振りたいなら必要分を考えながらどちらも10までを目安にすると良い。 プレイしていて体力が足りないと感じたときに都度振っていこう。 アムリタに余裕があるとしても、できる限り 伸び幅が大きい10までに留めたいところ。 サブ武器の補正に合わせるのもアリ 大太刀のステ振りが進んだら、サブ武器の補正に合わせてステ振りを進めてもOK。 大太刀用の「武」「心」「剛」が無駄になりにくい武器は下記4種が該当するが、特に 刀は癖がなく大太刀の弱みである気力消費や受け性能をカバーできるためおすすめ。 大太刀と相性が良い武器種.

次の

仁王2のステ振りについて。

仁王 2 大 太刀 ステ 振り

「技」は残心初期量を伸ばせるため優秀なステータスだが、 気力や体力などが大きく伸びるわけではないので、他のステータスも合わせて振っていく必要がある。 「心」は二刀の適正ステータスでもあるためおすすめ。 「体」は10まで、「心」は15まではステータスの伸び幅が大きいため、最初はこれを目安にステ振りしていこう。 アムリタに余裕が生まれてきたらさらに振るのもアリ。 軽防具の特殊効果発動も兼ねている 二刀は手数が多い分、基礎火力が低くなりがち。 そこで、防具の特殊効果で火力のケアをすることが重要となる。 優先度が高い 「技」と「体」に振っておけば、軽防具の特殊効果の発動条件を満たすことができるため相性が抜群だ。 コマンド + 長押し 二刀武技の中で最高クラスの火力を持つ溜め攻撃。 「十文字 弐」は溜め動作後に強力な抜刀攻撃を放つ武技。 二刀武技の中でもリーチに優れ、最高クラスの一撃火力を持つのが特徴だ。 溜め動作中に即キャンセルできない点には注意が必要だが、攻撃モーション自体は短いため使い勝手が良い。 各攻撃からコンボがつながる 各攻撃の終わりから残心を兼ねながらコンボを繋げることができる点も強み。 モーションが優秀なため、多くの場面で差し込んでいける。 派生元の「十文字」時点でも強力 初期から取得できる「十文字」時点でも、火力は変わらないため十分優秀。 弐に強化することで溜め動作が短くなり使い勝手が向上するため、解放され次第強化したいところ。 気力を削りつつダメージを与える。 中・下段の速い通常攻撃から派生し、半歩ほど前に出つつ回し蹴りを行った後、適切なタイミングで追加入力すると2連撃を繰り出す。 気力削りが苦手な二刀において貴重な気力削り手段となりつつ高火力も備える優秀な武技。 また、発動後に「十文字」へつなげられるため主力コンボとなる。 強化前だとダメージが低下 「武の道 初伝」クリア後に取得できる「風神 弐」の時点では、気力削りがメインでダメージは物足りない性能となっている。 しかし、前述したように気力削りが苦手な二刀にとっては有用な武技だ。 水形剣 弐(優先度:高).

次の

【仁王2】最強候補「薙刀鎌」のおすすめステ振りや武技・使い方など│ホロロ通信おすすめゲームと攻略裏技最新まとめ【ホロロ通信】

仁王 2 大 太刀 ステ 振り

もくじ• 薙刀鎌の特徴 薙刀鎌は リーチが長く、癖が少ないので、誰にでも扱いやすい武器です。 初心者から上級者まで使用率が高く、最強武器候補として評価されています。 上段は高威力でリーチがあるため、雑魚敵相手には無双することができます。 中段は振りが速いので、強敵相手にも隙を見せず戦って行けます。 そして、 薙刀鎌は「呪」を上げることで攻撃力が伸びるため、陰陽術との相性が最高です! 陰陽術は武器に属性を付与したり、遠距離属性攻撃をしたり、非常に強力な「遅延符」や「結界符」等など。 陰陽術の恩恵を最も受けられるため、最強候補になっていると言えるでしょう。 使う武器を迷ったら、まずは薙刀鎌から使ってみて下さい。 おすすめのステ振り 薙刀鎌は「呪」で攻撃力が上がるため、「呪」を中心に伸ばしていくのがおすすめ。 呪は陰陽術にも対応しているため、同時に陰陽術の効果や術容量を伸ばせます。 また、 薙刀鎌は「軽装」を使っていくため、10程度まで「勇・技」を上げるだけで構いません。 防御力が不安になりそうですが、陰陽術で強力なサポートも出来るので気になりませんね。 振り方としては、 「体10、心10、勇10、技10」は固定で、後は呪に特化した振り方をすると強くなります。 Lv50以降になったら、少し体も上げておくと安心ですね。 中盤ではソハヤ衆鎧シリーズがおすすめ 中盤で入手できる 「ソハヤ衆鎧シリーズ」は、揃え効果がかなり強力な中装防具です。 基本的に軽装な薙刀鎌ですが、中盤ではソハヤ衆鎧シリーズがおすすめですね。 「体9、武9」で特殊効果が発動するので、武に少し振れば性能が発揮できますよ。 しかも、集めるのが超簡単なので、以下の方法を参考に周回して見て下さい。 どんな武技・スキルを習得すべき? 薙刀鎌は基本的に 上段と中段の切り替えで戦うので、下段の武技はそこまで必要じゃないです。 上段は「涅槃裁、衆生裁」、中段は「応報、印堂鋒」が早期習得ができて使いやすいのでおすすめ。 常時発動スキルでは、 「葉陰、不動心、武器術の練磨」辺りを優先的に習得しましょう。 奥義スキルでは、 「転変燎原」がかなり強力です。 まとめ 陰陽術の恩恵の大きさに加え、武器自体も扱いやすく強いのが薙刀鎌の良さですね! 自分はしばらく槍で戦っていましたが、限界を感じて薙刀鎌にした途端に難易度が下がりました 笑 攻略に困っている人ほどに、薙刀鎌はおすすめの武器なので、陰陽術と共に使ってみて下さい。

次の