看板 カフェ。 【あつ森】カフェの看板おすすめまとめ

【120件】カフェ看板|おすすめの画像

看板 カフェ

一口にカフェと言っても実に様々なカフェが存在します。 カフェは数ある業種の中でも特に店舗のコンセプトやデザイン、スタイルなど表現の幅が広い業種の一つと言えます。 アットホームな雰囲気もあれば、スタイリッシュでカッコ良さを押し出したカフェや和風の和み系・癒し系やオシャレやアンティーク調の雰囲気まで、さらには猫カフェやネットカフェまで実に様々な店舗があり、その一つ一つのお店でアピールしたい点も異なってくるかと思います。 それだけに店頭に置く看板でもしっかりお店の特徴や強みを表現したいものです。 せっかく店舗のコンセプトやイメージがあるのにそれが看板にデザインされていなかったらもったいないですね。 看板は店舗の前で一番最初にお客様をお出迎えする店舗の顔になる存在です。 言わば店舗のコンセプトをコンパクトにまとめたシンボル的な存在になります。 看板のデザインにもカフェオリジナルのコンセプトを表現することで看板と店舗の違和感をなくし一体感のある店舗演出を行うことが効果的に看板で集客を上げる近道になります。 では、具体的にどのようにお店の特徴や強みを看板にデザインしていけば良いのでしょうか。 「お客様にアピールしたいものを看板に」ということで、オススメしたいメニューや店内のこだわりなどをあれもこれも書いてしまっては長くなってしまい、結果的に見にくい看板になってしまいます。 たくさんアピールしたい点はあるかと思いますが、ここはこらえてお客様の立場になった時に「興味を持ってもらえる3つの要素」から自分のお店に一番合うものを看板にデザインされてみてはいかがでしょうか。 この3つのカフェの付加価値を高める3つの要素から「ひとつ」を選んで看板に表現することでスッキリと明確にお店の一番の売りを看板にデザインすることができます。 メニュー メニューは文字通り、カフェで提供するコーヒーやフードなどのメニューです。 自家焙煎コーヒーやオリジナルメニューなど店舗で提供するメニューに特にこだわりや想いがある場合、自慢のメニューを看板でも大きくアピールしたいものです。 雰囲気 落ち着きのある雰囲気や和みの空間、または日常から離れた空間演出など店舗の店内演出に重みを置いていらっしゃる場合は看板でもしっかりアピールしたいですね。 カフェの場合、他の飲食店よりも店舗の雰囲気を気にされるお客様が多いのではないでしょうか。 店舗のイメージを看板で演出することで雰囲気を重要視されるお客様を呼び込むことができます。 サービス 本屋さんが併設されていたり、ペットカフェなど店舗独自のサービスがある場合はぜひ看板でも大きく取り上げましょう。 同じ趣味を持ったお客様にカフェの存在をPRするのに看板は大いに役立ちます。 いかがでしたでしょうか。 今回はカフェの店頭でPRしたい店舗の特徴を3つの要素に分けて取り上げてみました。 実際にはメニュー、雰囲気、サービス全てにこだわられていらっしゃるかと思います。 なのでひとつの要素に絞るのはもったいないような気もするかと思いますが、看板のアイキャッチは大きくてシンプルで分かりやすいほど効果が高い傾向があります。 道行く人に瞬時に店舗のイメージを伝達できるように看板の限られたスペースに表現するには要素を絞るということも看板のインパクトを上げるためのポイントです。

次の

看板デザイン集:カフェ/パン/スイーツ

看板 カフェ

一口にカフェと言っても実に様々なカフェが存在します。 カフェは数ある業種の中でも特に店舗のコンセプトやデザイン、スタイルなど表現の幅が広い業種の一つと言えます。 アットホームな雰囲気もあれば、スタイリッシュでカッコ良さを押し出したカフェや和風の和み系・癒し系やオシャレやアンティーク調の雰囲気まで、さらには猫カフェやネットカフェまで実に様々な店舗があり、その一つ一つのお店でアピールしたい点も異なってくるかと思います。 それだけに店頭に置く看板でもしっかりお店の特徴や強みを表現したいものです。 せっかく店舗のコンセプトやイメージがあるのにそれが看板にデザインされていなかったらもったいないですね。 看板は店舗の前で一番最初にお客様をお出迎えする店舗の顔になる存在です。 言わば店舗のコンセプトをコンパクトにまとめたシンボル的な存在になります。 看板のデザインにもカフェオリジナルのコンセプトを表現することで看板と店舗の違和感をなくし一体感のある店舗演出を行うことが効果的に看板で集客を上げる近道になります。 では、具体的にどのようにお店の特徴や強みを看板にデザインしていけば良いのでしょうか。 「お客様にアピールしたいものを看板に」ということで、オススメしたいメニューや店内のこだわりなどをあれもこれも書いてしまっては長くなってしまい、結果的に見にくい看板になってしまいます。 たくさんアピールしたい点はあるかと思いますが、ここはこらえてお客様の立場になった時に「興味を持ってもらえる3つの要素」から自分のお店に一番合うものを看板にデザインされてみてはいかがでしょうか。 この3つのカフェの付加価値を高める3つの要素から「ひとつ」を選んで看板に表現することでスッキリと明確にお店の一番の売りを看板にデザインすることができます。 メニュー メニューは文字通り、カフェで提供するコーヒーやフードなどのメニューです。 自家焙煎コーヒーやオリジナルメニューなど店舗で提供するメニューに特にこだわりや想いがある場合、自慢のメニューを看板でも大きくアピールしたいものです。 雰囲気 落ち着きのある雰囲気や和みの空間、または日常から離れた空間演出など店舗の店内演出に重みを置いていらっしゃる場合は看板でもしっかりアピールしたいですね。 カフェの場合、他の飲食店よりも店舗の雰囲気を気にされるお客様が多いのではないでしょうか。 店舗のイメージを看板で演出することで雰囲気を重要視されるお客様を呼び込むことができます。 サービス 本屋さんが併設されていたり、ペットカフェなど店舗独自のサービスがある場合はぜひ看板でも大きく取り上げましょう。 同じ趣味を持ったお客様にカフェの存在をPRするのに看板は大いに役立ちます。 いかがでしたでしょうか。 今回はカフェの店頭でPRしたい店舗の特徴を3つの要素に分けて取り上げてみました。 実際にはメニュー、雰囲気、サービス全てにこだわられていらっしゃるかと思います。 なのでひとつの要素に絞るのはもったいないような気もするかと思いますが、看板のアイキャッチは大きくてシンプルで分かりやすいほど効果が高い傾向があります。 道行く人に瞬時に店舗のイメージを伝達できるように看板の限られたスペースに表現するには要素を絞るということも看板のインパクトを上げるためのポイントです。

次の

【120件】カフェ看板|おすすめの画像

看板 カフェ

ここでは、カフェや飲食店の看板をどう作ったら、もっと新規客を集客できるようになるのか、ということについてお伝えしていきます。 カフェや飲食店にとって、お店の前を通り過ぎる人たちにいかに来店してもらえるか? ということは、すごく売上アップには大事なポイントなんですね。 そこで大事になってくるのがお店の前に出す「看板」ということ。 看板があることで、あなたのお店について知ることができて、興味出たら来店してくれるんです。 でも多くのカフェや飲食店では、集客できるしっかりとした看板を作れてないことがほとんどなんですよ。 なのでこの記事では、自然と集客できるような看板の作り方についてお伝えしたいと思います。 こんにちは、佐藤晶宏(さとう まさひろ)です。 僕は個人起業家にブログを使った集客方法を、おもに個別コンサルティングを通してアドバイスしてます。 【第1章】 カフェや飲食店看板の基本準備 この章では、カフェや飲食店の看板を作っていくために、なぜ看板が必要なのか、どんな準備をしていく必要があるのかという基本について見ていきます。 具体的な作り方は第2章でお伝えしていくので、まずは焦らず、看板を作るときの基礎を身に付けてほしいなと思います。 | 看板の目的と必要性とは? ではまずは、そもそも看板の目的って何なのか、どうして看板を使うことがカフェや飲食店にとって必要なのかということを知っていきましょう。 よく見かける個人経営のカフェや飲食店の看板では、ここをしっかりと理解したうえで作ってないことが多いですよ。 看板の目的は「集客すること」 看板の目的っていったら集客するためだというのは、普通に考えたら当たり前ですよね。 だって基本はお店のアピールをするために看板を出すんですから。 でも集客するためのはずなのに、目立たなかったり、興味持ってもらえるだけの情報が足りなかったりする看板が多いのが現実ですね。 看板を作るにも多少のお金が必要になります。 それなら、それを無駄にしないためにも、「集客を目的」とした看板を作っていってほしいと思います。 看板があることで興味持ってもらえる それとなぜ、カフェや飲食店には看板を使うことが必要なのか?ということだけど、これははっきり言って、集客に効果的だからというのが理由になります。 よく考えてみてください。 カフェが明らかにあるのに、そこに看板が出てなかったら「やってるのかな?」「どんなメニューあるのかな?」と思いませんか? そこで情報が足りないことで入らなかったって経験あると思います。 でもちゃんと看板が出てれば、入る前からメニューが分かってるし、やってることも分かってるから安心してお店の中に入れるということ。 看板があるのとないのとでは、まったく違うんですね。 | カフェや飲食店での看板のメリット 1つ前のところで、看板の目的は集客だということをお伝えしました。 ここではさらに踏み込んで、看板を使うメリットについて見ていきましょう。 大きく分けて3つのメリットがありますよ。 この3つのメリットがあるからこそ、確実にカフェや飲食店では看板を使うことがオススメになりますね。 メリット1 「通りすがり客を集客できる」 まず1つ目のメリットは、あなたのお店の前を通りすがるお客さんたちを集客していくことができるというもの。 これこそ最大のメリットになります。 カフェなどに来るお客さんは、「あのカフェに行こう」と思ってくる人と、「なんとなく歩いてたら良さそうなお店だったから入ってみた」というお客さんがいるんです。 あのカフェに行こうとしてるのは、すでにリピーターの方ですよね。 でも看板でおもに集客できるのは「なんとなく店舗前を歩いてたお客さん」です。 前からカフェがあることは知ってて、看板も見てたけど入ったことはなかった。 でも今日また通り過ぎたら興味湧いてはじめて入ったという感じのお客さんもいると思います。 でもそうやって「入るかどうか迷ってる人」たちを集客するには、あなたのカフェの情報が必要だということなんですね。 入りたいと思えるだけの情報が。 それをアピールできるものこそ看板だということ。 せっかくお店の前を歩いてるのに宣伝できてないのは、本当にもったいないですよ。 メリット2 「お店の存在を覚えてもらえる」 カフェや飲食店のお店の前に看板を出すことの2つ目のメリットは、お店の存在を周りの人たちに覚えてもらえるということですね。 つまり認知度がアップするということ。 これは当たり前のことだけど、そこにお店があることを知らないと来店することなんてできませんから。 お店の前に何も出していなかったときは集客が全くできてなかったのに、看板出しただけで来店数が増えたっていうのは、よくある話なんですよ。 その理由は、「その場所にカフェがあることを知らなかった」ということ。 近くに住んでる人たちですらお店の存在にすら気づいてないというのはよくあります。 もしくは、「何かのお店っぽいけど入りにくい」というのもありますね。 僕もその理由で入らなかったカフェのようなお店はいくつかありますよ。 これって恐ろしいですよね。 そんな理由で来店してくれてなかったなんて・・・。 それを解決できる方法は「お店の前に看板を出すこと」になるわけです。 メリット3 「いろんな告知ができる」 さらに3つ目のメリットは、いろんな告知をすることができるということです。 看板っていろんな告知をするにはもってこいのものなんですよ。 あなたのカフェや飲食店でも、何か「もっとこのことについて告知したい」ということがあると思います。 それをそのまま看板で打ち出していけるということ。 例えば、春の割引セール開催中、ただいまケーキセットのご注文でドリンクのお替り1杯無料キャンペーン中、新メニュー登場!などいろいろと告知できます。 そういったお得な情報は、お客さんに知ってもらえなければやる意味すらなくなりますからね。 だからこそ看板も、ほかの告知方法と同時に使っていくのが効果的なんです。 しかも看板の良いところは、チラシやネット広告を使おうと思ったら最低でも1回5万円とか必要になってくるけど、看板なら1回看板を買ってしまえばあとはほぼ無料で告知できると言うことです。 文字を書き換えたり、貼ってるものを張り替えたりしたら、何度も使っていくことができるんです。 こんなに安価で効果的な広告はあまりないですよ。 | カフェや飲食店の看板でオススメの種類 ここまでで、カフェや飲食店の集客では、看板を使うことが効果的だということを知っていただけたと思います。 ここからは看板のオススメの種類を見ていきますね。 オススメとは言っても、僕がオススメしてる看板も多くのお店が使ってるものと同じです。 あなたのお店ではどれを使うか、ここで考えてみてくださいね。 手書きの黒板タイプ まずは、よくある手書きで書いていく黒板タイプの看板です。 これはカフェや飲食店の看板では、かなり使われてることが多いものだと思います。 黒板の上に、白とか黄色とかピンクのチョークを使って、メニュー書いたり、イラスト書いたり、告知文章を書いたりしてるのを見たことありますよね。 この黒板タイプの看板は、見た目だけでおしゃれな感じを出せるから、ちょっとおしゃれな感じのカフェや飲食店なら、これを使ってみるのも良いと思います。 ただ、毎回毎回、新しく手書きで書いていくというのが苦手・大変だと思うなら、手書きではなくて黒板にポスターを貼るというのもありの方法ですね。 ポスターを張り付けるタイプ もう1つの種類は、ポスターを貼りつけるような看板ですね。 これは正直、ちゃんと固定させることができるなら、どんな板でも良いと思いますよ。 プラスチック系でも、コルク系でも、ホワイトボードみたいなものでも、木製のものでも、ポスターを貼りつけられるなら、どれでも使っていけるものです。 何かの板を用意して、そこに告知用に作ったポスターを貼って、それをカフェや飲食店の前に出していくんですね。 これはメニューの写真を見せたいときに効果的ですよ。 黒板の手書きだと読みにくかったりする場合があるけど、ポスターなら読みやすい文字で使うことができるんです。 黒板の手書きよりも、このタイプのほうが「清潔感がありそうに見える」と僕は思います。 | カフェや飲食店の看板の使い方を決めよう ではここからは、実際にあなたのカフェや飲食店の目の前に置く看板の使い方について、大事なポイントを決めていきましょう。 看板を作っていく前に、これから見ていくポイントを決めておくことで、「大まかのイメージ」が出来上がっていくと思います。 では1つ1つ見ていきますよ。 置く場所を決める まず決めてほしいことは、看板を置く場所ですね。 これを読んでるということは、おそらくすでにカフェや飲食店を開いていて、店舗を持ってる方ですよね。 それならしっかりとお店の前に出てみて、お客さんの立場になってどこに置くと良いか考えてみましょう。 お客さんや道の邪魔にならない場所、目立つ場所を確保するのが良いですよ。 どのサイズにするか決める 次に決めることは、どのサイズの看板にするのかということですね。 このサイズの決め方としては、「少し遠くからでも大きい文字や写真が見えるサイズ」がオススメです。 けっこう大きめですよ。 とはいっても、看板を置けるスペースとかはお店によって違うから、これもまたお客さんの邪魔にならない大きさにすることも大事ですね。 何台の看板を置くか決める それから次に決めるのは、カフェや飲食店の目の前に何台の看板を置くのかというポイントです。 看板は複数台置くことで、より効果的に集客できますからね。 できることなら2台置くのをオススメしてます。 これもそれぞれのお店のよって違ってくると思うから、無理はしないで慎重に考えていきましょう。 どんな内容にするのか決める あとは、その看板の内容をどうするのかを決めるということですね。 ここがもっとも、看板からの集客では重要で、練り込む必要があるポイントになります。 ここで決める内容は大まかでいいです。 お得なキャッチコピーのような文章、メニューの写真、看板全体のデザインの3つについて、イメージを作っておいてくださいね。 手書きか印刷系かを決める 最後に決めるのは、その看板を手書きで書くタイプにするのか、ポスターなどの印刷して使うタイプにするのかということですね。 どっちも使うのも1つの方法だけど、できればそこは「どっちかで統一する」ほうがオススメですね。 統一感を出したほうが長期的に見て良いですからね。 | カフェや飲食店の看板は2つ使うと効果的 ではここからは、カフェや飲食店の看板は2つ使っていくとより集客に効果的ということについて、詳しくお伝えしていきたいなと思います。 まあ基本的な考え方だけど、やっぱり1つだけ看板を出すよりも、2つ看板を出していた方が目立ちますよね? しかも情報を倍は与えることができます。 それだけでも、1つのときよりも十分に通りすがりのお客さんに、あなたのお店の魅力を伝えることができるから、集客につながりやすくなるんですね。 もちろん、ただ看板を2つ出せば良いというもんじゃなくて、ちゃんと戦略的に出していかないと、最大限の効果を得ることができません。 「2つ出したほうが効果的なのは分かった。 じゃあ、その戦略的に出すにはどうしたら良いんだ?」と思いますよね。 ここが大事なことですから。 なのでここからは、看板を2つお店の前に出していくための、戦略的で効果的な方法について、1つ1つお伝えしていきたいと思います。 看板をうまく使っているお店の看板を見てみると分かると思うけど、これから挙げるような使い方をしてますよ。 どんどん参考にして作っていってくださいね。 お得メニューを加える まずは、あなたのお店のお得メニューを伝えるというものですね。 簡単に言うと、あなたのお店での「ウリとなるメニュー」を伝えるんです。 ただただメニュー一覧を看板で出すよりも、確実に「あ、なんか美味しそう。 ちょっとは行ってみようかな」と思わせるためには、お得メニューだけを伝えるのはオススメですよ。 キャンペーン詳細を加える 次は、あなたのお店でいまやってるキャンペーンについて、看板で告知していくことも、集客を強化していくためにはやってほしいものですね。 お客さんは「通常よりもお得になってることが大好き」です。 ちゃんとキャンペーンをやってるなら、看板を使って通りすがり客にアピールするのを忘れないようにしてくださいね。 専門性をアピールする それから、あなたのカフェや飲食店の専門性をアピールしていくのも、看板を有効に使っていくには大事ですね。 専門性とか、力を入れてる部分のことです。 全席コンセントあるとか、無料Wi-Fiありとか、ケーキの種類が豊富とか、コーヒー豆にこだわってるとか、オリジナルブレンドで作れますとか。 とにかく、あなたのお店の専門性や力を入れてる部分を打ち出しましょう。 お店の雰囲気を伝える あとは、あなたのお店の雰囲気を伝えるような、店内の写真、スタッフの写真&紹介、どんなコンセプトのお店なのかなどを伝えるために看板を使うんですね。 お店の前に出してる看板で、こういったお店の雰囲気を伝えることができると安心感も出て、お客さんの気持ち的にもお店に入りやすくなっていきます。 お役立ち情報&一言メッセージを伝える 最後に看板で打ち出すアイディアは、ターゲットにとってのお役立つ情報とか、そのときに合った一言メッセージを伝えるように使うことですね。 これは通りすがりのお客さんたちのコミュニケーションをするための看板になります。 お役立ち情報とかがあると信頼性も上がるし、一言メッセージがあると人間が感じられて、安心感を持ってもらえるようになりますよ。 例えば、「コーヒーの美味しい淹れ方3ポイント」「温かいコーヒーで一息ついていきませんか?」「ホットサンド作りのオススメ具材5つ」「今日も一日、お仕事おつかれさまでした~」のような感じですね。 こういった言葉を、日替わりとかで看板で伝えていくことで活気のあるお店になりますよね。 それが来店したいという気持ちにもつながっていくということですよ。 | 時間や季節、イベントごとに看板を変えよう ここまでで、カフェや飲食店の看板で打ち出していくオススメの5つのアイディアについて見てきましたよね。 でもまだ2つの看板の使い道があります。 それは時間とか季節のイベントを使って、それに合わせて看板を変えていくという方法ですね。 これをやっていくと、より集客効果を看板が発揮してくれるようになります。 季節っていうと春夏秋冬だけど、その中にもいろんなイベントってありますよね。 それをうまく看板に応用することで、その季節の話題にあるものの流れに乗ることができるようになるんです。 では具体的に、どんな季節のイベント、時間に合わせた看板を作っていけばいいのかを、ここから1つ1つ解説していきたいと思います。 春のイベント看板 まず春のイベントですね。 春で使いやすいのは「お花見、桜」というのが一般的だと思います。 お花見や桜シーズンには、それに合ったメッセージやキャンペーンができますよね。 それと春は「卒業、入学、新学期」のシーズンです。 新しく何かが始まる季節ですよね。 そういったことを伝えて、何かあなたのお店でのできることを考えましょう。 さらには、「ゴールデンウィーク」がありますね。 ゴールデンウイークだって、その期間中とか、その前後期間でその言葉を看板で使うと効果的ですよ。 ほかにもちょっと探そうと思えば、春というキーワードでたくさんのイベントを見つけることができますよ。 看板に書くネタ集めと思って、ネットで検索してみましょう。 夏のイベント看板 次は夏のイベントです。 まず夏と言って思い浮かぶのは「海、プール」。 これはあなたのお店でも簡単に使える、季節のイベントですよね。 さらに「バーベキュー」も、夏の時期はやる人が増えます。 そんな時にお店の看板でバーベキューというキーワードを使って何か伝えることで、通りすがりのお客さんの注意を引くことができるんです。 あと夏だから「夏休み」ですよね。 夏休みは子どもだけじゃなく、学生だって、ママやパパたちにだって大いに影響を与えるイベントです。 そこをうまく活用しましょう。 夏は暑いけど、人が外を歩くにはいい季節です。 そこでお店の前の看板に「夏」をうまく使ったキャンペーンやメッセージを使って、集客につなげていきましょう。 秋のイベント看板 それから秋のイベントに入っていきます。 秋といえば「運動会」という感じですかね。 いまは夏前にやるところもあるから、地域の学校によって変えるべきかもしれません。 あと有名なところで言ったら、「食欲&スポーツ&読者の秋」です。 この辺りは、カフェや飲食店の看板でかなり使いやすいものだと思います。 「ハロウィン」も秋の大イベントです。 まだ日本では盛り上がりがちょっと足りない気もするけど、認知はされてるから、がんがん看板でアピールして良いと思いますよ。 秋は夏の暑さもなくなって過ごしやすい季節ですよね。 だから、あなたのお店の前を通りすがるお客さんも増えるかもしれません。 しっかりと看板でアピールして魅力を伝えていきましょう。 冬のイベント看板 季節の最後は冬のイベントです。 冬の大イベントっていったら「クリスマス」ですよね。 これは12月に入ったらすぐ使える素晴らしいイベントですよ。 クリスマスの後はすぐに「年末年始」があります。 カフェや飲食店をやってるなら、こういった大きなイベントも有効に活用していけると、大きな収穫があるんです。 年明けて2月と3月には「バレンタイン&ホワイトデー」の季節です。 これはとくに若い女性と男性には、ドキドキのわくわくイベント。 しっかりと看板で打ち出してくださいね。 冬はイベントが盛りだくさんの季節ですよ。 個人でやってるからこそ、こういった大きなイベントを使って新規集客をすることは大事なポイントです。 年末年始に長く休むのは店舗系ビジネス、カフェや飲食店ではオススメしてません。 時間&その他の告知看板アイディア ここからは、時間を使ったり、そのほかに考えられる看板告知アイディアです。 どれも看板で打ち出すことで効果的なアイディアですよ。 モーニングタイム まずはモーニングタイムですね。 朝早くからオープンさせてるのであれば、しっかりと看板で「モーニングやってます」というのを伝えていきましょう。 ランチタイム カフェや飲食店なら基本的にランチをやってるはずです。 ランチメニューとしてお得なのがあることを、看板で告知することで集客につなげましょう。 ディナータイム あと17時以降くらいからは「ディナータイム」が始まります。 ディナーはもっとも幅広い客層を集客できるチャンスです。 通りすがりのお客さんに看板でアピールしていきます。 3時のおやつ それと、これはケーキとかをメインに扱ってるお店にはオススメなんだけど、3時のおやつのタイムとして、何か告知していくと「一休憩したい人」を集客できますね。 雨のとき 雨のとき、雨が降ってる日に、「ちょっと雨宿りしてきませんか?」「雨の日限定で全品30%オフ」みたいなお得な看板を出すと、集客が見込めますよ。 暑いとき これはおもに夏の時だけど、「暑い」ということを打ち出して、何かキャンペーンをしたりメッセージを伝えることで、お客さんとのコミュニケーションをしていけますね。 寒いとき 暑さとは逆で「寒い」ということも看板で告知していけます。 「スープで温まっていきませんか?」とか「体が温まるスープご用意してます」とか、看板で打ち出せますよね。 話題性のあるもの さらに今まさに話題のもの、話題性のある事柄について看板で触れることで、その看板でコミュニケーションができて、気になるお店として認知してくれますよ。 デート あとカフェや飲食店の看板で告知すると目に留まるものは、カップルデートとして使っていただけたら割引があるとか、カップルにとっては嬉しいイベントになりますね。 記念日 さらに何かの記念日に使うとか、席やメニューを予約してもらうとか、そういった使い方もできるんだと看板でアピールしていくこともできますよ。 第1章では看板を作るうえで必要となる考え方、基礎的な準備のことを見てきたけど、ここからは実践編をやっていきますよ。 | 参考、見本となる看板を見つけよう ではまずやっていくことは、あなたのカフェや飲食店で使っていく看板の、参考・見本となるような看板を見つけていきましょうということですね。 何でもそうだけど、なにか見本となるようなものがないと、なかなか作りづらいと思います。 というか、初めてなら作れないと思います。 だからちゃんと、「この看板みたいなのを作ってみたい」とか思うものを見つけてきてほしいんですね。 これが看板作りの1番はじめにやることですよ。 じゃあどうやって、参考や見本となる看板を見つければいいのかだけど、それにはオススメの方法2つあるから、ここでご紹介したいと思います。 ネットで画像検索 まずはネットで「カフェ 看板」とかで検索してみて、そこ出てくる画像をリサーチしていきましょう。 かなりたくさんの看板が出てきますよね。 その中には、この記事でお伝えしたようなことを守って作ってるのもあれば、まったく「これじゃ集客できなそう」と思うものも出てくると思います。 大事なのは、この記事でお伝えしたことをちゃんと守ってある看板を選ぶということですね。 このポイントは外さないでほしいんです。 「これが可愛いから」とか「オシャレだから」という理由だけで選ばないでくださいね。 ちゃんと可愛くてもオシャレでも、大事なポイントが押さえられてる看板を参考・見本として選びましょう。 街を歩いて見る もう1つのリサーチ方法は、とにかくいろんな街に行って、いろんなカフェや飲食店の看板を直接見に行くという方法です。 これの良いところは、実際にあなた自身が「このお店に入ってみたい」と思った看板を知ることができるという点ですね。 あなたが実際に肌で感じたものを選べるということ。 街を歩いてれば、本当にたくさんの看板が出てます。 そこにはすごく気になっちゃう看板もあります。 逆にまったく気にならない看板もありますよね。 街を歩くだけでそれを感じ取れるんですよ。 ただたくさんの参考となる看板を見つけ出すには、かなりいろんな場所に行かないといけないから、ちょっと大変かもしれないというのが欠点ですね。 | 看板に載せるべき内容 では参考となる看板を見つけたら、ここからやっていくのは実際に看板に書く内容を作っていくという部分ですね。 ようやく作り始めていきますよ。 カフェや飲食店の看板では、最低限載せておかないといけない情報もあります。 それがないと、通りすがりのお客さんを迷わせちゃいますからね。 何屋なのか まずは、あなたのお店が「何屋なのか?」ということを一目て分かるようにしないとダメですよね。 これがパッと見て分からないと看板の意味がないですから。 カフェなのかレストランなのか、さらにどんなカフェなのか、何を専門としてる店なのかということを、看板の一番目立つところに打ち出していきましょう。 店舗名と営業時間を書く 次に必要なのは、あなたのお店の名前と営業時間ですね。 これはお客さんの目線に立つと分かるんだけど、営業時間が分からないだけでめちゃめちゃ入りずらいですから。 だからしっかりと、「営業時間8:00~22:00まで」という感じで看板に載せてくださいね。 店舗名も分かりやすく載せましょう。 定休日もあるとさらに安心ですね。 メニューの写真を必ず使う それからメニューの写真を看板に載せるのも大事なポイントですよ。 やっぱりカフェや飲食店には料理があるんだから、それをしっかり写真で見せましょう。 でもすべてのメニューの写真を載せる必要はありませんよ。 看板で打ち出すべきなのは、今もっともオススメしてるメニューの写真です。 オススメの商品を限定して載せる さらに載せるべきなのは、あなたがオススメしてるメニューを3つくらいに厳選して、それを看板に載せていくということですね。 もちろんこれは、メニューの写真と一緒に、価格とか、オススメのワンポイントとかと一緒に伝えていく感じですよ。 とにかく大事なのは厳選したものだけ載せるということ。 売りとなるオファーを入れる 最後に忘れちゃいけないことは、その看板でもっとも告知したいキャンペーンとかセールの「オファーについて」ですね。 これがないと看板の魅力は半減しちゃいますよ。 どのメニューがお得になってるのか、それとも全品がキャンペーン中につきお得なのか、何のキャンペーン中なのかとか、オファーについてちゃんと看板で説明していきましょう。 ・集客がうまくいかなくて困ってる ・今やってる集客方法が合ってるのか分からない ・集客の専門家にコンサルを依頼したい ・早く月商50万円を超えたい ・ブログから集客を成功させたい ・提供してる商品やサービスを見直したい ・できれば多店舗展開できればなーって思ってる ・ブログからお客さんを集客する方法を知りたい このようなお悩みや要望がありましたら、まずはお気軽にご相談ください。 どんな些細なことでも、あなたに合った解決策をご提案いたします。 まずは2時間無料の個別コンサルティングにお申込みください。 毎月10名様限定とさせていただいていますので、募集いっぱいになってしまう可能性があります。 お早めにお申込みくださいね。 集客の悩みを解消して、あなたのビジネスの成長をもっと加速させましょう! まずはお気軽にご相談くださいね。 1985年の4月生まれで、東京都日野市で育ちました。 ちなみに今は33歳(2018年4月現在)です。 マーケティングやセールスなどのビジネス書を1000冊以上読み、合計で500万円以上をつぎ込み学んできた豊富な知識から、具体的で分かりやすい、出し惜しみしないアドバイスをモットーととします。 ブログにアクセスを集め、メルマガや無料体験に申込まれる仕組みを作ることが得意。 コンサルタントや教室などのアドバイス系ビジネスの個人起業家がクライアントさんに多いです。 著書は、「起業家のためのライフ&ビジネス」を出版。 ほかにも出版の依頼を頂いています。 ミッションは「個人起業家として、子どもたちに将来のワクワクする希望や夢を見せられる、太陽のような大人を増やすこと。 収入と時間の両方で望みを叶えられる起業家を増やすこと」 最近の投稿• カテゴリー•

次の