あてなよる レシピ チーズ。 晩酌・日本酒に合う!「肴・おつまみ」レシピまとめ

茶の湯と季節の料理: 第十三夜 生姜で呑(の)む (あてなよる)

あてなよる レシピ チーズ

たっぷりハラペーニョのサルサチーズ 材料 (サルサソース) ・びん詰めハラペーニョ(酢漬け)・・スーパーで売っているものでOK ・玉ねぎ ・ピーマン ・トマト ・にんにく ・パクチー ・ライム ・チョリソー ・玉ねぎ ・トマト ・とろけるタイプのチーズ 作り方 ・【サルサソースを作る】びん詰めハラペーニョ、玉ねぎ、ピーマン、トマト、にんにく、パクチーをそれぞれ刻んで混ぜ、ライムを絞ってサルサソースは完成! ・完成したサルサソースと、チョリソー、玉ねぎ、トマトを一緒にフライパンで炒めます。 ・だいぶ炒められたら、チーズをのせ、フライパンに蓋をします。 参考になります! ゲヴェルツトラミネールはドイツ原産ぶどうの品種です。 だからちょっと甘めなのですね! 銘柄は スワロー ゲヴュルツトラミネール お値段お手頃で嬉しいです!! 木胡椒(きごしょう)の炊いたん 材料 ・唐辛子の葉 ・梅干しの種 ・しょうゆ ・みりん 作り方 ・唐辛子の葉を軽く湯がきます。 ・茹で上がったら冷水に入れた後、しっかりと水気を絞ります。 ・梅干しの種、しょうゆ1:みりん1、を鍋で煮立たせ、水気を絞った唐辛子の葉を入れ、絡め合わせて完成です。 合わせたお酒 【純米吟醸(新潟)青唐辛子漬け】 銘柄は 上善如水でした! 青唐辛子をソムリエがお酒の瓶に一晩つけて作ります。 (決して最初から上善如水に青唐辛子が入っているわけではないですよ!!あたりまえですね・・・(笑)) 飲んだ時は辛くないけど後から唐辛子の風味が!料理が辛くないので日本酒に唐辛子を入れ、お酒の米の強さを抑えることで料理を引き立てるそうです。 こんな技があるのですね、さすがソムリエ! 韓国風かんたん麻婆豆腐 材料 ・豚バラ肉 ・プッコチ(韓国の唐辛子。 なければ普通の唐辛子でOK) ・豆腐 ・ニラ (韓国タレ) ・しょうゆ ・みりん ・ねぎ ・プッコチ ・コチュジャン ・ごま ・ごま油 ・にんにく 作り方 ・豚バラ肉に塩をして、さらにプッコチの中挽き(中挽きした唐辛子)をまぶし、ラップでまいてしばらく置きます ・ 【韓国タレを作ります】しょうゆ、みりん、ねぎ(小口切り)、プッコチ(みじん切り)、コチュジャン、ごま、ごま油、にんにく(すりおろし)を混ぜ合わせて韓国ダレが完成 ・ラップに巻いた豚バラを一口大に切りフライパンで炒めます。 さらに豆腐(お味噌汁に入れる時くらいの大きさに切る)、ニラ(3センチくらいに切る)を入れ、韓国タレを上からかけ合わせて完成 合わせたお酒 【新潟県産赤ワイン(マスカット・ベーリーA種)】 普通は辛いものに赤ワインを合わせるとよりワインの渋味酸味が増して合わないらしいのですが、果実味の多いこのワインだと辛いものと合わせることでワインに重みが出てちょうどよくなるそうです。 青唐辛子、パクチー、バジル、にんにく、生姜、アンチョビすべてをミキサーにかけます。 完成です! ・鍋にサラダ油をひき、ペーストを炒めます。 鶏肉、ナス、ピーマン(お好きな食材でOK)を入れてさらに炒めます。 ・さらにココナツミルクを入れて10分ほど煮たら完成。 ・お米を炊きます(あれば香り米で!私も食べたことがありますが独特のお米らしい香りが強いです) ・ 炊きあがったご飯にグリーンカレーをかけていただきます。 この2人のコンビがめちゃくちゃ楽しかったです。

次の

巨大チーズインハンバーグ〜圧巻の1kg超え!!〜

あてなよる レシピ チーズ

ハンバーグを作る。 フライパンにサラダ油(大さじ1)を引いて中火に熱し、玉ねぎを加えて炒める。 あめ色になったら火からおろして粗熱を取る。 ボウルに合挽き肉、塩、コショウを加えて粘りが出るまで練り混ぜる。 2 、卵、パン粉、牛乳、ナツメグを加えてさらに練り混ぜる。 天板にクッキングシートを広げる。 中心にカマンベールをのせ、上からも残りの肉だねをのせて形を整える。 (焦げそうな場合は途中でアルミホイルを被せる。 ) 7. デミグラスソースを作る。 フライパンにデミグラスソース缶、水、ケチャップ、中濃ソースを入れてかき混ぜ、火にかける。 煮立ったら弱火にし、とろみがついたらバターを加えて溶かし混ぜる。 皿にハンバーグをのせ、デミグラスソースをたっぷりかけ、パセリを散らしたら、完成!.

次の

あてなよる夏目漱石編第一夜

あてなよる レシピ チーズ

NHK BSプレミアムの人気番組『あてなよる』待望の書籍化。 料理研究家・大原千鶴さんによる、酔っていてもつくれるほど簡単なのに絶品の「あて(おつまみ)」レシピを紹介する。 そのレシピにマッチするお酒を、日本を代表するソムリエ・若林英司さんが提案。 会ったのは京都の洛北にある人気の鮨屋。 しかし、彼女の酒量が尋常でないことに途中で気づいた私は、次第に打ち合わせどころではなくなった。 衝撃的な呑みっぷり。 しかも美味そうに呑む。 定石通りビールから始まり日本酒をあれこれ試しながら五合、白ワインと赤ワインを一本ずつ空けたのちに、彼女はこう言った。 「日本酒に戻らはりますか? それとも焼酎にしはる? 」 すでに私の横では助監督がグラグラになっている。 ここから先は一人で立ち向かわなければならない。 大原は酒が入ると頭が活性化し、むしろ冴え、次々と料理のアイデアが浮かぶという類い稀な体質の持ち主であることを私はまだ知らなかった。 その夜はなんとか体面を保って撤退したのだが、あれ以来彼女のペースに合わせて呑むという愚を犯さぬよう己を戒めている。 所詮、器が違う。 かほどに酒と食を愛してやまぬ大原が、酒肴に特化した料理番組「あてなよる」をやることは自明の理だった。 「あてな」は「アテナ」 ギリシャ神話の女神 とのダブルミーニングであり、酒呑みたちの女神たる大原千鶴にふさわしいタイトルであると自負している。 彼女のパートナーには、私の長年の知己であり、日本有数の理論派ソムリエで、日本酒や焼酎にも造詣の深い若林英司を配した。 この二人の組み合わせも、いわばマリアージュなのである。 「酒とあての幸福な結婚」は偶然生まれるものではなく、酒を愛し、〝酒を楽しむ時間〟を愛する人間によってのみ作り出される「舌の上の楽園」なのだ。 京都・花脊の料理旅館「美山荘」に生まれ、幼いころより山野の自然に親しみながら料理の心得を学ぶ。 結婚後、京都の都市部に移り住み、2男1女の母として子育てのかたわら、料理研究家として活動をはじめる。 NHK「きょうの料理」レギュラー出演、雑誌や書籍、講演会のほか、NHKBSプレミアム「京都人の密かな愉しみ」料理監修など、幅広く活躍している。 長野県生まれ。 小田原の「ステラ マリス」、恵比寿の「タイユバン・ロブション」でシェフ・ソムリエ、「レストラン タテル ヨシノ」の総支配人を歴任し、2012年より「レストラン エスキス」の支配人兼シェフソムリエを務める。 ワインをはじめ、あらゆる酒類についての豊富な知識をもちつつも、「お客様に楽しんでいただけ、飲んでおいしいのがいちばん」がモットー。 --このテキストは、版に関連付けられています。 京都・花脊の料理旅館「美山荘」に生まれ、幼いころより山野の自然に親しみながら料理の心得を学ぶ。 結婚後、京都の都市部に移り住み、2男1女の母として子育てのかたわら、料理研究家として活動をはじめる。 長野県生まれ。 小田原の「ステラマリス」、恵比寿の「タイユバン・ロブション」でシェフ・ソムリエ、「レストランタテルヨシノ」の総支配人を歴任し、2012年より「レストランエスキス」の支配人兼シェフソムリエを務める 本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです --このテキストは、版に関連付けられています。

次の