柿 ピー 割合。 「柿ピー」の美味しい食べ方(比率)を考える。【仮説編】 : Wonder Share

亀田の柿の種 新黄金バランス7:3誕生!|亀田製菓株式会社

柿 ピー 割合

柿ピー 理想の比率投票で「7:3」が1位! 10月1日から11月27日まで行われた亀田製菓の「私、亀田を変えたいの。 」キャンペーンでは、 「柿の種とピーナツの理想の比率は何対何?」と、ツイッター、LINE、ハガキによる投票が行われました。 / 私、亀田を変えたいの。 マツコ・デラックスさんが「本音を言うと柿の種は6:4じゃなくて7:3がベストだと思うのよ」 「当たり前を疑え」とCMで投票を呼びかけました。 子どもたちの「どーでもいい」がかわいかったですよね。 まさに、どうでもいいかな~という意見も多いかもしれませんね。 6位以下はを参照ください。 1位は「7:3」(29. 5%)• 2位は「8:2」(19. 0%)• 3位は「6:4」(17. 9%)• 4位は「5:5」(14. 0%)• 5位は「9:1」( 7. 0%) 7:3が多いのは、マツコ・デラックスさん効果でしょうか? 亀田製菓ではこの国民投票のキャンペーンの結果を受けて 「200g 亀田の柿の種 6袋詰」比率変更の検討に踏み出します。 ということです。 スポンサーリンク 柿ピー 理想の比率投票で「7:3」が1位!にネットでは? ネットにはたくさんのコメントがありおもしろいです。 好みはそれぞれですが、みんな食べてるんだなぁ…と思うとなんだかほっこりしました。 元の数が「7:3」でも「6:4」でも、几帳面に数えないと口に入れる時の割合はバラバラになりますよね。 だから、7:3になっても違いに気づかないかもしれません。 ピーはおいしいですし、柿の種が多いと辛いので個人的には「5:5」くらいで食べたいです。 「割合的には柿6:ピー4で不満はないかな。 柿の種2個に対してピーナッツ半個のペースで食べ進めるのが好き。 でもそれだと少し柿の種が余ってくるので55:45くらいの割合が個人的にはベストなのかも。 」 「これ、感覚的に答えてるだけじゃないの? 実際に7:3と6:4を食べ比べて投票してる人なんて少ないと思うけどな。 なんとなく柿の種多い方がいいけど8割は多すぎるから7!みたいな感じに思える。 自分もそんな感じ。 4割ピーナッツは多い「気がする」。 」 「ピーナツ好きなんだよね 他のところでピーナツだけ買って合わせるのでは、味が違っちゃうから、ピーナツだけでも売ってくれれば混ぜられるんだけど、需要ないだろうしね 個人的には5:5くらいが良かったんだけどまあ少数派だろうから投票しなかった。 」 「今の比率が6:4ならそのままで良い派ですね。 なんとなく語感が良いから7:3みたいに答えていると思うから、信憑性に欠けるアンケート結果だろう。 」 スポンサーリンク 柿ピー 以前の比率は「7:3」だった? 柿の種にピーナッツが入るようになったのは1966年ということですが、 その頃の比率は「7:3」だったそうです。 2013年、女優・タレントのYOUさんが亀田製菓に 「柿の種に対してピーナッツはもっと少ない方がおいしい。 8:2にしてほしい」 と電話で問い合わせをしたことがきっかけで、柿の種とピーナッツの黄金比率を問う国民投票が行われたそうです。 およそ10万人が参加した結果• 1位は「7:3」(28. 5%)• 2位は「5:5」(23. 9%) となったため、間をとって「6:4」と決められたんだそうです。 2013年といえば、6年ほど前のことですが知りませんでした。 YOUさんは柿の種多めが好きなのですね。 柿ピー、好みがいろいろあって面白いです。

次の

柿の種(柿ピー)のおすすめ6選&選び方【亀田以外も充実】

柿 ピー 割合

よく、「柿の種はお父さん」、「子供たちはピーナッツ」なんて言う分け方を聞くが、これは好ましくない。 どちらか一方に偏って食べれば、上記のような健康被害につながるかもしれない。 それに、長い年月偏った食べ方を続けていると、 父『俺だって、ピーナッツ食べたい!』 子『僕だって、柿食べたい!』 と、やさぐれてしまうかもしれない。 一家の大黒柱が「ぐれる」ということは、即ち 家族崩壊を意味する。 「疑惑」と「家族のトラブル」はない方が良い。 柿ピーの美味しい食べ方(比率)を知ることで、このような事態も防げることだろう。 「交互に食べる」と言う食べ方 調べたところ、「柿の種」と「ピーナッツ」の現在の配合率は、 「6:4」だそうだ。 交互に食べていった場合、最後は柿の種の辛みで終わらねばならない。 もちろん、この食べ方が「好き」という方もいるが、「辛いのが苦手」という方もいるだろう。 つまり、 『交互に食べる』という食べ方は、必ずしも美味しい食べ方とは言えないのだ。 結局は、どっちの味を残したいか? 「終わり良ければ総て良し」ではないが、最後にどっちの味を食べたいか?で決めればいいと思う。 ピーナッツのマイルドさが好きな人は、最後にピーナッツが残るように食べれば良いし、辛みが好きな人は、柿の種が残るように食べれば良いと思う。 最後に好きな味を食べれば、「美味しい」と印象に残ることだろう。 で、そんなふうに思った僕は次のような食べ方を考えてみた。 【辛いのが苦手な方におススメの食べ方】 柿 ピー 柿 柿 柿 柿 ピー 前半は少し柿の種の比率が多い。 「苦あれば楽あり」ではないが、後半はその分、ピーナッツが多くなる。 ポイントは、2回あるピーの時に大きめのピーナッツを見つけることだ。 そうすれば、少しは辛さもマイルドになる(かもしれない) 【「バランスよく食べたい」という方へ】 柿 ピー 柿 ピー 柿 柿 ピー 柿の種とピーナッツの配合比率が、「6;4」であることを考えると、これくらいの割合で食べ進めていけば、最後は丁度よくなりそう。 【「最後は辛みを味わいたい」という方へ】 柿 ピー 柿 ピー 柿 ピー ピー 前半は、ピーナッツが多い分「辛み」はないけれど、食べ進めるごとに辛くなっていく。 大人は、前半よりも、深夜(いわゆる後半)が楽しみって言うじゃない。 今日はここまで。 今日もありがとうございました。

次の

柿ピーの柿の種とピーナッツの混合比率はいくつなのか?(解答あり)

柿 ピー 割合

亀田製菓の混合比率は「6;4」だった! 柿ピーを食べてて僕の黄金比率は「柿の種2つ:ピーナッツ1粒」=「2:1」だったんですけど、実際袋の中の混合比ってどのくらいなのか気になりまして。 ちょっと調べてみました。 亀田製菓の広報によると、「実は柿の種とピーナッツの比率は、試行錯誤により、年々変化してきているんですよ」だそうな。 柿の種とピーナッツの比率は、試行錯誤により、年々変化してきているようです。 亀田製菓では、昭和41年にピーナッツ入り柿の種を発売し、当時の比率は7:3でした。 そして、当時は値段がもう少し高く、ピーナッツは小粒だったのですが、大粒ピーナッツにかえた際に、比率を5対5にしたそうです。 しかしそれはあまり評判がよくなかったようで、結局、落ち着いたのは、「6:4」。 これは市場調査の結果によって出力された比率だそうで、「6:4」を黄金比率として落ち着いているみたいですね。 といっても、「5:5」が好きな消費者もおそらくいますよね。 「ピーナッツが好きなのでもっとピーナッツを入れてください」とか、「ピーナッツが嫌い!」っていう人もいるようです。 なので、ピーナッツをあえて入れない本当の「柿の種」もコンビニでは最近よく見かけますけど、それは上記の割合では納得してない方々向けに売っているんですね。 僕はやはりピーナッツがちょうどよい具合に入っててほしいですな。

次の