同期 の さくら 視聴 率。 ドラマ『同期の桜』【視聴率一覧&ドラマ・ネタバレ・まとめ・見逃し配信方法】

『同期のサクラ』称賛と失望に評価二分の理由…脚本・遊川和彦の“作為”をどう見るか?

同期 の さくら 視聴 率

スポンサーリンク この記事ではドラマ「同期のサクラ」の第1話~最終回までの視聴率の推移についてお届けしたいと思います。 2019年10月より日本テレビ系列で放送される「同期のサクラ」。 この物語は、大手ゼネコン会社に自分の夢を叶えるために入社し、ひたすら自分を信じて走り続けた1人の女性の10年間を描いたストーリーとなります。 この熱い女性を演じるのは 高畑充希さんです。 そして相武紗季さんや、椎名桔平さん、橋本 愛さん、岡山天音さんなどの人気の高い演技派俳優たちがこのドラマを彩ります。 「過保護のカホコ」は平均視聴率がなんと11.47%という高視聴率を出し、最終回にいたっては14%という数字をたたき出しました。 今回、主演も脚本も「過保護のカホコ」と同じく高畑充希さんと遊川和彦さんがタッグを組むので高い視聴率が期待できると思います。 (「過保護のカホコ」はコチラ>> ) さて、ここで「同期のサクラ」の前クールの作品の視聴率を少し振り返ってみましょう。 偽装不倫10.08%、白衣の戦士!8.61%、家売るオンナの逆襲11.46%、白衣の戦士!8.71%、でした。 今回の「同期のサクラ」はぜひ12%の大台はいってほしいですね。 では早速、視聴率を見ていくことにしましょう。 どうぞ! 目次• 1% 第2話(10月16日放送) 9. 5% 第3話(10月23日放送) 9. 3% 第4話(10月30日放送) 11. 5% 第5話(11月6日放送) 11. 8% 第6話(11月13日放送) 11. 7% 第7話(11月20日放送) 12. 2% 第8話(12月4日放送) 10. 61% ・・・ 「同期のサクラ」の視聴率については以上となります。 各話の放送後、視聴率が公表され次第、随時アップさせていただきます。 ではどうぞ! ・・・ この物語はある若手女性が夢を叶えるために入社した会社でひたすらその夢の実現のために奔走したストーリーとなります。 時は2009年の春。 ある大手ゼネコン会社にて入社式が開かれます。 緊張した面持ちの新入社員が多数いる中、1人の女性が熱く自分の夢を語りました。 この女性の名前はサクラ(高畑充希)。 彼女が語った夢とは、彼女の故郷に関するものでした。 彼女の故郷は本土から離れた離島です。 そしてサクラはふるさとの人のためにも、自分の故郷である離島と本土を橋でつなぐ!という夢を持っていたのです。 この夢を入社式で宣言したサクラですが、周りの大半の同期たちはそんな彼女をクールな冷ややかな目で見ていました。 何を言っているんだと。。 ある意味、今どきではないサクラと、今どきの考え方が大半の同期たち。 そんな中でも、サクラはめげずにひたすら自分の夢の実現に向けて日々、前進していきます。 すると当初は冷たく見ていた同期たちも次第にそんなサクラに協力するようになってきたのです。 そんなサクラの入社から10年間の軌跡が描かれた物語が「同期のサクラ」なのです。 果たしてサクラは最終的に自分の夢である離島と本土をつなぐ橋を建設することができるのでしょうか? … 「同期のサクラ」のあらすじの概要は以上となります。

次の

高畑充希「同期のサクラ」最終話最高更新13・7%

同期 の さくら 視聴 率

スポンサーリンク この記事ではドラマ「同期のサクラ」の第1話~最終回までの視聴率の推移についてお届けしたいと思います。 2019年10月より日本テレビ系列で放送される「同期のサクラ」。 この物語は、大手ゼネコン会社に自分の夢を叶えるために入社し、ひたすら自分を信じて走り続けた1人の女性の10年間を描いたストーリーとなります。 この熱い女性を演じるのは 高畑充希さんです。 そして相武紗季さんや、椎名桔平さん、橋本 愛さん、岡山天音さんなどの人気の高い演技派俳優たちがこのドラマを彩ります。 「過保護のカホコ」は平均視聴率がなんと11.47%という高視聴率を出し、最終回にいたっては14%という数字をたたき出しました。 今回、主演も脚本も「過保護のカホコ」と同じく高畑充希さんと遊川和彦さんがタッグを組むので高い視聴率が期待できると思います。 (「過保護のカホコ」はコチラ>> ) さて、ここで「同期のサクラ」の前クールの作品の視聴率を少し振り返ってみましょう。 偽装不倫10.08%、白衣の戦士!8.61%、家売るオンナの逆襲11.46%、白衣の戦士!8.71%、でした。 今回の「同期のサクラ」はぜひ12%の大台はいってほしいですね。 では早速、視聴率を見ていくことにしましょう。 どうぞ! 目次• 1% 第2話(10月16日放送) 9. 5% 第3話(10月23日放送) 9. 3% 第4話(10月30日放送) 11. 5% 第5話(11月6日放送) 11. 8% 第6話(11月13日放送) 11. 7% 第7話(11月20日放送) 12. 2% 第8話(12月4日放送) 10. 61% ・・・ 「同期のサクラ」の視聴率については以上となります。 各話の放送後、視聴率が公表され次第、随時アップさせていただきます。 ではどうぞ! ・・・ この物語はある若手女性が夢を叶えるために入社した会社でひたすらその夢の実現のために奔走したストーリーとなります。 時は2009年の春。 ある大手ゼネコン会社にて入社式が開かれます。 緊張した面持ちの新入社員が多数いる中、1人の女性が熱く自分の夢を語りました。 この女性の名前はサクラ(高畑充希)。 彼女が語った夢とは、彼女の故郷に関するものでした。 彼女の故郷は本土から離れた離島です。 そしてサクラはふるさとの人のためにも、自分の故郷である離島と本土を橋でつなぐ!という夢を持っていたのです。 この夢を入社式で宣言したサクラですが、周りの大半の同期たちはそんな彼女をクールな冷ややかな目で見ていました。 何を言っているんだと。。 ある意味、今どきではないサクラと、今どきの考え方が大半の同期たち。 そんな中でも、サクラはめげずにひたすら自分の夢の実現に向けて日々、前進していきます。 すると当初は冷たく見ていた同期たちも次第にそんなサクラに協力するようになってきたのです。 そんなサクラの入社から10年間の軌跡が描かれた物語が「同期のサクラ」なのです。 果たしてサクラは最終的に自分の夢である離島と本土をつなぐ橋を建設することができるのでしょうか? … 「同期のサクラ」のあらすじの概要は以上となります。

次の

同期のサクラ視聴率推移(1話~最終回)!高畑充希主演で何%いくか!?

同期 の さくら 視聴 率

「いい、ヒジョーにいい」 作中の決めゼリフよろしく、日本テレビ局内は沸いている。 同局のドラマ「同期のサクラ」がジワジワと視聴率を上げているためだ。 第4回以降は2ケタをキープ。 各局秋ドラマの視聴率が伸び悩んでいるだけに、異例の人気獲得と言える。 その「同期のサクラ」は故郷の「美咲島」と本土との間に橋を架ける、そんな大きな夢を抱いて大手ゼネコンに入社した主人公と同期たちの10年間の絆を描いた作品。 そのストーリーもさることながら、好評の原動力となっているのは、主演女優の高畑充希(27)だ。 「メガネをかけた地味な風貌のうえに、バカ正直すぎて融通が利かない、ちょっとヘンな娘を演じています。 ふだんは無感情なのに、夢のため、そして仲間と信じた同期のためには、時に感情を爆発させることも。 このギャップがジワリと視聴者の心をつかんでいるのです」(ドラマウォッチャー) 高畑に心をわしづかみにされているのは、何も視聴者だけではない。 ドラマ関係者がこう話す。 「彼女は人との距離感を詰めるのが苦手で、ハキハキと受け答えをするのに、話している最中、相手の目を見て話せないという一面もあるんです。 人見知りだから、共演者やスタッフと打ち解けるのは撮影終盤になってから、なんてことも珍しくない。 でも、撮影になると表情が一変し、プロとして仕事を遂行してくれるから、現場で悪い評判を聞かないですね。 みんな、『マジメでいい子だ』と口をそろえます」 現場ではスタッフの心もガッチリとつかんでいるのだ。 そんな人見知りがゆえの行動が、時に男性スタッフをトリコにしてしまう。 その意外にも「むっつりスケベ」な素顔を、11月19日発売の「週刊アサヒ芸能」(11月28日号)が詳細にレポートしている。

次の