メンマ 材料。 発酵食品であるメンマに含まれる成分とその効能は?

メンマとは?メンマの原料、作り方とは?メンマのカロリーと栄養効果とは?

メンマ 材料

目次 メンマの成分と効能 一覧• 塩抜きメンマの栄養成分 - グラフと成分一覧表で確認しよう メンマに含まれている主な栄養成分 エネルギー 水分 タンパク質 脂質 炭水化物 食物繊維 ナトリウム 19kcal 93. 9g 1. 0g 0. 5g 3. 6g 3. 5g 360mg カリウム カルシウム マグネシウム リン 鉄 亜鉛 銅 6mg 18mg 3mg 11mg 0. 2mg Tr 0. 02mg マンガン ビタミンA ビタミンD ビタミンE ビタミンK ビタミンB1 ビタミンB2 0. 上の図は、メンマの主な栄養15種類をレーダーチャートで表したもの、下は成分の一覧表です。 メンマの成分で注目なのが、食物繊維の多さです。 また、塩漬したものを塩抜きしていてもナトリウムも含みます。 一方でビタミン類はほぼ含まれてません。 塩抜きしただけのものは脂質量とカロリーは低いですが、市販の瓶詰タイプは調味済みなので、脂質やカロリーが高くなり、メーカーによってもそれぞれです。 以下では、メンマの成分と効能をまとめています。 メンマの原材料は麻竹 まちく - メンマは発酵食品! メンマは一般的なの加工品ではなく、麻竹 まちく と呼ばれる大型の竹の筍から作られています。 原産地はミャンマーですが主な産地は台湾です。 中国や台湾では日本のようにラーメンのトッピングにはしておらず、炒めものや煮込み料理などに使われています。 メンマは麻竹の筍を煮てから乳酸発酵後に天日乾燥を行い塩蔵します。 加工する工程で発酵させるので、メンマは発酵食品でもあります。 日本には塩漬けしたものと、乾燥させたものが輸入されています。 味付けメンマとして瓶詰で販売されているものは、塩抜き後に調味料で煮て味を調えたものです。 以前は「支那竹 チナチク 」とも呼ばれていましたが、今は「メンマ」の呼び名が主流となっています。 市販の味付けされたメンマは味が濃い目で塩分が多く、その分ナトリウム量も多くなります。 味が濃いのでおつまみには最適ですが、 ナトリウムが多いものを食べ過ぎればむくみの原因や腎臓に負担をかけてしまいます。 さらに調味液には油脂類が多いタイプもあるので、そういったものはカロリーも高くなります。 味が濃いものは、さっと湯がいてから使うのもいいでしょう。 細かく刻んでチャーハンの具にしたり、と炒めたり、和え物ではきゅうりととチャーシューの組み合わせが抜群です。 また、はカリウムを含むので、メンマと合わせることで過剰なナトリウムの排出に役立ちます。 今は水煮のメンマも販売されてるので、塩分やカロリーが気になる方は、自宅で好みの味付けを行ってみてください。

次の

メンマの原料となる竹の種類とは?割り箸でメンマが作れるって本当?

メンマ 材料

『改訂 調理用語辞典』 (社団法人全国調理師養成施設協会編) メンマ 【麺媽】 中国料理に用いられるタケノコの加工品。 中国の華南または台湾産のマチクが用いられる。 別名 シナチク,中国名 干笋(ガンスン)。 マチクを細く切って蒸し,塩漬けにして乳酸発酵させた後,天日で乾燥させて作る。 もどしてから中華そばの具などに用いる。 ------------ 消費者相談 (農林水産省) マチク(麻竹)とその加工品について教えてください。 回答 マチクはイネ科マチク属の植物で、ミャンマー(ビルマ)原産で、中国大陸南部や台湾、ベトナムで栽培されている大型の竹です。 その葉は大型のためチマキを包んだり、笠などの材料になります。 また、そのタケノコは直径が20cmにもなり、これを使った食材がラーメンの具材によく使われる「メンマ(シナチク)」です。 メンマは、マチクのタケノコを煮たり蒸したりし、乳酸発酵させた後に、乾燥させます。 料理に使う際には温水で戻してから使います。 ------------ こういうメンマも。 (日付注意).

次の

メンマとは?メンマの原料、作り方とは?メンマのカロリーと栄養効果とは?

メンマ 材料

概要 [ ] メンマはもともと南部やにおいて、 麻竹、 Dendrocalamus latiflorus Munro を発酵させ食用としていた食品である。 (竹)には温帯性タケ類(単軸型)、亜熱帯性タケ類(準連軸型)、熱帯性タケ類(連軸型)があり 、マチクは中国南部や台湾など亜熱帯性地方に産するタケ類である。 収穫時期のマチクは鎌で切り取れるくらいの柔らかさで、などに産するタケ類とは質感が違う(なお、マチク(麻竹)は温帯性タケ類の(真竹)とは別の種である)。 中国南部や台湾では収穫したマチクを蒸してから、さらににして密閉させた状態で発酵させた後、細かく裂いて天日乾燥したものが「筍乾」として食用にされている。 また、これらに味付けしてそのまま食べられるように調理した物も流通している。 日本ではのやのつまみとして用いられ、塩抜きの後に炒め煮にしたりに和えたりして調味される。 国産のタケノコを使ったメンマも少量製造されているが、国内消費量の99%は中国や台湾などからの輸入品である。 名称の由来 [ ] 日本の竹とは異なるの竹が原料であることから、では元来「支那竹」と呼ばれていた。 「メンマ」という名称は、台湾出身で創業者の松村秋水がに考案したものである。 語源は「ラー メン上の マチク」で、の抗議を受けての命名とされる。 メンマという名称はが認められなかったため、にが商品名として採用し、テレビCMで宣伝したことによって広く普及した。 現在では支那竹よりも一般的な呼称として定着している。 台湾ではメンマを筍乾、筍絲、筍茸、筍尾片などと呼ぶ。 では筍絲(スンシー)と呼び、柔らかく水煮された状態のものが販売されていて、とともにたなどとして食べられている。 台湾やには、メンマを汁かけ麺の具材として使う習慣がない。 お弁当の付け合せとしてよく使われている。 脚注 [ ]• 内村悦三『竹資源の植物誌』創森社、2012年、68頁。 内村悦三『竹資源の植物誌』創森社、2012年、145-146頁。 『東京新聞』夕刊2018年10月13日(8面)2018年10月21日閲覧。 自由時報. 2017年3月12日閲覧。 2007年5月16日. 2013年10月1日閲覧。 : p. 2013年9月2日. 2013年10月1日閲覧。 「 」 『MBニュース』第62号、、2013年5月。 2017年7月20日閲覧。 台湾南投縣政府. 2017年3月13日閲覧。 自由時報. 2017年3月13日閲覧。 関連項目 [ ] に関連の辞書項目があります。

次の