有難いです 敬語。 「有り難い」の意味と語源

敬語の断り方の例文一覧

有難いです 敬語

一般的な「ありがたい」の意味 元々「ありがたい」という言葉は「有り難し(ありがたし)」という古語形容詞からできたものです。 「有り難し(ありがたし)」とは「あること(起こること、存在すること)」が「難(かた)い(むずかしい)」という意味です。 普段「ありがたい」と使っている言葉は、 思いがけない幸運や思っていた以上の状況になったときに使われていたものです。 現在では「ありがとう」という感謝の意を示す言葉に変化していますが、由来を知ると、重みのある言葉であることがわかります。 古語では「有り難し(ありがたし)」と漢字でかかれていましたが、 現在では「ありがたい」「ありがとう」とひらがなで表記するのが普通です。 ビジネスにおける「ありがたい」の意味とは? ビジネスの場面でも、 相手からの好意に対して感謝する意味として主に使用されます。 また、物事が上手く進んで喜ばしいことという意味もあります。 「ありがたい」の意味・使い方 「ありがたい」は形容詞なので、「お言葉」「お気持ち」などの名詞をすぐ後に繋げるようにしましょう。 そして、「 感謝します」 と付け加えるとより丁寧な表現になります。 気軽に感謝を伝える敬語 上司や目上の人との気軽なコミュニケーションを取りたい時に、「ありがたい」を使うと最適です。 たとえば、飲み会などの場で「ありがたい」と少しくだけた敬語を使うことで、相手との距離を縮めることが出来ます。

次の

有(り)難い(ありがたい)の意味

有難いです 敬語

感謝の気持ち「ありがたい」は丁寧語「です」と組み合わせて「ありがたいです」とすれば敬語として成り立ちます。 「ありがたい」という言葉自体は失礼に当たるような言葉ではありません。 感謝や嬉しい気持ちを示すときのフレーズとしてはGood。 これがビジネスで不適切というのなら「素晴らしい」といった形容詞もNGとなってしまいますね。 とくにビジネス会話ではサラッと使えるフレーズなので重宝します。 ただ、誤用乱用すると相手に不快感をあたえるためご注意を。 この記事の目次• 「ありがたい」「ありがたいです」意味と使い方 言い換え敬語についてみていく前に、 そもそもの「ありがたい」「ありがたいです」の意味と使い方について少し。 意味 「ありがたい(有り難い)」「ありがたいです(有り難いです)」の意味は…• 人の好意などに対してめったにないことと感謝するさま 例文「お気持ち、ありがたく頂戴します」• 都合よく事が進んでうれしく思うさま 例文「ありがたいことに雨がやんだ」 例文「弊社にとってはありがたくない状況だ」• またとないくらい尊い。 もったいない 例文「ありがたいお言葉」 もともとは、 「有り難い=こんなことめったに無い」という意味の言葉だったのですが、現代では感謝の気持ちを表したり、うれしく思う気持ちをあらわすのに使います。 「ありがたい」を丁寧語「です」とくっつけると「ありがたいです」という敬語になりますね。 「ありがたい」は形容詞なので、「です」をくっつけても差し支えありません。 敬語として成り立ちます。 使い方 「ありがたい」「ありがたいです」の使い方は…• 感謝の気持ちをあらわす 例文「ありがたく頂戴します」• 嬉しい気持ちをあらわす 例文「とてもありがたいです」 例文「とてもありがたく存じます」• ありがたい は正しく使えばまったく失礼じゃない ここでひとつ注意点を。 「ありがたい」「ありがたいです」は正しく使えばビジネスシーン(電話・メール・手紙・文書・社内上司・社外取引先・目上・就活・転職)にふさわしい敬語フレーズとなります。 「ありがたい」は目上のヒトに失礼だ!! みたいな勘違いしたウェブサイトがおおいので念のため。 間違っている敬語解説サイトにあえてツッコミを入れるようなことはしませんが、もし「ありがたい」がビジネスシーンにふさわしくないフレーズであるのなら、その根拠を示してほしいのですよね。 根拠も無く「使わないほうがいい!」としている人々ってホント頭悪いなぁって思います。 「ありがたい」がビジネスで不適切というのなら「素晴らしい」といった形容詞もNGとなってしまいますね(笑)。 そういうわたしも言語学者でもなんでもなくって、ただのおっさん営業マンなのですけが…偉そうなコメントすみません… ということなので、失礼に感じられる「ありがたい」の使い方と、そんなときどう言い換えする?を中心に解説していきます。 ビジネスシーンで「~してくれたらありがたいです」のようにお願いするのは上から目線に感じられてしまうため、言い換え敬語を使いましょう。 これが失礼に感じる理由は冒頭でも述べたとおり、もっと丁寧な言い換え敬語があるからです。 それでは言い換えを紹介していきます。 敬語は以下のように成り立ちます。 「いただければ」は「もらう」の謙譲語「いただく」+可能形+仮定の「~れば」• 「幸いです」は「幸い」+丁寧語「です」 使い方はたとえば、 「ご承認いただければ幸いです」とすれば「承認してもらえれば嬉しいなぁ」の意味になりますし、「ご連絡いただければ幸いです」とすれば「連絡してもらえれば嬉しいなぁ」の意味になります。 お願いに使うフレーズとしてはもっとも丁寧な敬語です。 「ありがたい気持ち」もちゃんと「幸いです」と言い換えることによって再現していますね。 他にもビジネスシーンで使える例文は以下のとおり。 — 使い方・例文 —• 何かを頼むときのビジネスメール結び 例文『ご連絡いただければ幸いです』 例文『ご確認いただければ幸いです』 例文『ご教示いただければ幸いです』 例文『ご意見いただければ幸いです』 例文『ご指示いただければ幸いです』 例文『お力添えいただければ幸いです』• 「いただければ幸いです」がもっとも丁寧な敬語となりますが、上司に使うにはちょっと大げさな表現かもしれません。 いずれにせよ、何を使っても丁寧な敬語です。 その他の言い換え敬語3つ お願い・依頼「~してくれたらありがたいです」の代わりにビジネスシーン(電話・メール・手紙・文書・社内上司・社外取引先・目上・就活・転職)で使える敬語フレーズ。 あとは、以下のような言い換えがあります。 ただしホントは尊敬語「くださいますよう」が正しい使い方。 他にもビジネスシーンで使える例文は以下のとおり。 — 使い方・例文 —• 何かを頼むときのビジネスメール結び ・例文『ご連絡(を)いただければと存じます』 ・例文『ご確認(を)いただきたく存じます』 ・例文『ご教示(を)いただきますようお願い申し上げます』 ・例文『ご意見(を)くださいますようお願い申し上げます』 ・例文『ご指示(を)いただければと存じます』 ・例文『お力添え頂ければと存じます』• でもビジネス敬語としては「ご連絡いただく」という使い方をするのが一般的です。 以降はすべて省略します。 ビジネス電話で「~してくれたら ありがたいです」と言いたい時に使える敬語フレーズ ここまではビジネスメール・文書でよく使う依頼の敬語フレーズを紹介してきました。 ただ、これをそのまま会話や電話で使うと堅苦しい敬語となってしまいます。 そこで、社内外のビジネス会話や電話で「~してくれたらありがたいです」とお願いするときのフレーズもまとめておきます。 ~していただけますか?~していただきますでしょうか? ビジネス会話や電話で何かを「~してくれたらありがたいです」とするときの敬語。 言い換え例文「~していただけますか?」• 言い換え例文「~していただけますでしょうか?」 意味は「~してもらえますか?」。 「もらう」の謙譲語「いただく」を使って敬語にしています。 使い方はたとえば、上司に何かをしてもらいたいとき。 「顧客Aにご同行いただけますか?」とすれば「顧客Aの訪問に同行してほしい」という意味の丁寧な敬語となります。 ほかにもたとえば、以下のような使い方をします。 — 使い方・例文 —• 例文「身に余るお言葉をいただき至極光栄に存じます・でございます」• 例文「このたびはノーベル賞をいただき至極光栄に存じます・でございます」• あとはフツーにお礼するときに使う敬語フレーズもありますね。 以下をご参照ください。 言い換え例文「ありがとうございます」• 言い換え例文「深謝いたします」• 言い換え例文「厚くお礼申し上げます」• 言い換え例文「感謝申し上げます」 こんなときどうする?最適な敬語フレーズをシーンごとに いろいろと情報が散らかってきたのでここで中間まとめ。 ビジネスシーンごとにどの敬語フレーズを使うべきか、という点につき整理しておきます。 電話や会話であれば… 「恐れ入りますが、~していただけますか?」 「よろしければ~していただけますでしょうか?」 「大変申し訳ないのですが~していただけますでしょうか?」•

次の

「嬉しいです」の目上に使える敬語?ビジネスでの言い換えは?英語表現も解説!

有難いです 敬語

20代のビジネスマンとして、しっかりしたビジネス敬語を身につけておくのは、実はとっても大切な武器になります。 ワールドワイドな企業では英語力が高い評価をされていますが、高い英語力をあげるためにはベースとなる日本語がしっかり話せるからこそだと思います。 まずは綺麗なビジネス敬語を丁寧に話すことができる人こそ、多くの業界や企業で重宝されるビジネスパーソンになります。 ビジネス敬語は社会人マナーとして必須 言葉を軽く発することができるインスタントな時代だからこそ、「ビジネス敬語を大切にすること」が求められています。 「ありがたい」などの敬語を適切に用いることができることも、実はビジネスマンにとって大切な要素のひとつ。 ありがたい気持ちを根底において、円滑なビジネス敬語を身につけていきましょう。 「ありがたい」は気軽なビジネスのお願いシーンで使える敬語 それではこれから、気軽なビジネスシーンで使える「ありがたい」の敬語の使い方を紹介します。 ビジネスでは自分と相手とで、コミュニケーションをしっかり取ることが大切です。 このコミュニケーションを取るための会話で、あまりにもガチガチの敬語で話してしまうと、相手と距離を生んでしまいます。 場合によっては気軽に話せる敬語を使う方が相手との距離も縮めることができます。 「頂けますか」をプラスして敬語に丁寧さを追加する クライアントとの打ち合わせなど、こちらの願望をより丁寧に伝えたい場合は「~して頂けるとありがたいのですが」というフレーズを加えると、より丁寧さが伝わり、上から目線が和らぐセンテンスになります。 あまり過剰に丁寧な敬語を用いると、かえって失礼にあたりますので、「ありがたい」などシーンに合わせて使うことをおさえておきましょう。 相手の空気を読んで「ありがたい」などの敬語を使い分けよう ビジネスのスキルアップさせるためには「ありがたい」や「頂く」などのフレーズの玉手箱をいくつか揃えておくと、多彩な言葉のキャッチボールが楽しめるようになります。 失礼にあたらない言葉をおさせておくことで、できる人材としての印象を相手に与えることも出来ます。 相手が何を求めているのかきちんと把握をして、受け答えをすることが大切です。 「ありがたい」の後に「感謝しています」という表現を付け加える ビジネスシーンにおいて、自分が担当した仕事や企画が誰かの目に留まり、上司や先輩からとても良い評価をもらえる機会があります。 そんな時に温かい言葉をかけてくれた人に伝える感謝の気持ちを「ありがたい」で表しましょう。 ただ「ありがたいです」だけではなく、「感謝しています」も付け加えて「ありがたいです、感謝しています」と言うと気持ちがより伝わります。 ありがたい」を「お心遣い」で言い換える 例えばビジネスシーンにおいて、上司や目上の目上の人から出張のお土産をもらったとします。 そのときに「ありがたいです」という感謝の伝え方は敬語としては不十分です。 そんなときには、「ありがたい」を「お心遣い」に言い換えて、「福岡のお土産なんですね!お心遣い本当にありがとうございます」などというようにしましょう。 空気を読んで「ありがたい」などの敬語を使い分けビジネスを円滑にすすめよう インスタントな日本語が増えている現代のビジネス敬語は、「ありがたい」などの敬語を適切に用いることは、ビジネススキルを高める重要なトピックスです。 ミーティングスキルを高めるポイントは「その場の空気を読むこと」「相手の要望を的確にとらえること」「ありがたいなどの敬語をつかい、丁重な態度で臨むこと」がキーポイントになります。

次の